searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

サラさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
月夜のサラ
ブログURL
https://ameblo.jp/black-strawberry-me/
ブログ紹介文
東方神起の妄想小説を貴女に
更新頻度(1年)

31回 / 89日(平均2.4回/週)

ブログ村参加:2020/01/10

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、サラさんの読者になりませんか?

ハンドル名
サラさん
ブログタイトル
月夜のサラ
更新頻度
31回 / 89日(平均2.4回/週)
読者になる
月夜のサラ

サラさんの新着記事

1件〜30件

  • 月明かりの下で 29

    マンションを引き払い、戻ってきた母さんには連絡をして、新しい住所と電話番号を伝えた母さんは俺がモデルなんか仕事にするとは想像もしていなかったからと、言葉も見つ…

  • 月明かりの下で 28

    俺は久しぶりにあの街に帰った長居をするつもりはない段ボールに積めてあった物をキュヒョン宛にして、宅急便で送った不動産屋に行って解約の手続きをしたもう部屋には家…

  • 月明かりの下で 27

    俺はキュヒョンがそんなに売れているカメラマンだとは知らなかったキュヒョンのお陰であっという間に俺は注目を集めた30歳過ぎてのデビューまさかの売れ具合に俺はつい…

  • 月明かりの下で 26

    それからキュヒョンと腹いっぱいに食べて、キュヒョンのマンションに泊めてもらうことになったシャワーを順番に浴びたあと、二人とも好きな赤ワインでまた乾杯をしたキュ…

  • 月明かりの下で 25

    ソウルについて約束の時間までぶらぶらしたこんな時間を過ごすのも久しぶりだのんびりとウィンドウショッピングしたり、カフェでコーヒーを飲みながら持ってきた本を読ん…

  • 月明かりの下で 24

    ユノ俺はユノから離れられないと思っていたユノ だってそうだと思っていたよそれなのに  一言も  何も聞きたくないってことをどう受け止めたらいいんだ俺達は快楽だ…

  • 月明かりの下で 23

    俺は翌朝いつもの仕事にいく時間に目が覚めて、そのまま起き上がり荷物を片付け始めた今日は出来るだけ無心にやるべき事をやる最小限必要な物を残して段ボールに入れて、…

  • 月明かりの下で 22

    俺はドアを見つめて今日一日を振り返ったユノにはもう俺はいらないんだ・・膝から力が抜けてその場で座ったそっと後ろから肩に手を置かれ  振り向くと事務のおばさんだ…

  • 月明かりの下で 21

    俺は急いで帰った事務所に着くと真っ直ぐにユノの所に向かったノックしてドアを開けたらいなかった事務のおばさんまでいない…会議室か急いで会議室に向かったノックして…

  • 月明かりの下で 20

    約束をした場所に着いてみればもう親父が先に来て待っていた「 あの女を二度俺達の所に来ないようにして下さい。」「 全くお前は…挨拶もまともに出来ないのか?」「 …

  • 月明かりの下で 19

    翌日は俺は仕事に行くと、事務所の駐車場にその女がいて車から降りてきた「 おはよう、チャンミンさん 」「 もうここに来ないで下さい。やめて頂けないのなら法的手段…

  • 月明かりの下で 18

    「 そうか …」「 ヒョン、僕はちゃんと断ったんだよ。何でここに来たのか知らないけど 迷惑をかけてすみませんでした 」「 ここでは もうこの話しはやめよう。皆…

  • 月明かりの下で 17

    翌日…俺は役所に書類を取りに出かけた終えて事務所に戻ると、ざわざわしていたワンフロアーだから、広めに間を開けてパーテーションで区切ってはいても声は聞こえるユノ…

  • 月明かりの下で 16

    そして・・ユノはその後何故か裁判で負ける事が増えたそうすると自然と顧客が減ってしまう負けず嫌いなユノだから、次こそはとがむしゃらに弁護した俺も手伝えるものや過…

  • 月明かりの下で 15

    ユノの唇が与えてくれる温かいもの俺を癒して安心させてくれる唇の柔らかさに神経を集中していると強ばった肩の力が抜けていく「 ユノ、ありがとう。落ち着いたよ 」「…

  • 月明かりの下で 14

    「 チャンミン  大丈夫か?」「 ユノの方こそ驚かせてごめん 」とにかく親父の近くから遠ざかりたかった地下鉄の駅に向かい階段を降りるユノは何も言わず着いてくる…

  • 月明かりの下で 13

    ユノと一緒に仕事をしながら、俺も少しずつ相談者を抱えた簡単に終わる案件はほとんどなくて、離婚でも相続でも変わらず時間がかかった相談者の気持ちも聞きながら、出来…

  • 月明かりの下で 12

    何度も重ねる唇合わせる肌・・胸・絡まる脚そして…舌お互いを撫でまわし、吐息に溺れる既に固くなったお互いに手で握りしめるユノはいつだって俺を見つめて迷いや嘘がな…

  • 月明かりの下で 11

    翌年には、事務所を引っ越ししなければならない程になったそれぞれの分野で人手が必要になったので、その都度必要に応じて人を増やしていただんだんと相談に来る人が落ち…

  • 月明かりの下で 9

    そして、ユノは隣の県で独立して事務所を構えた俺はどれだけ一緒に始めたかったことかでも ユノはぎりぎりまで俺と準備をしていたから、俺の気持ちもわかっていてくれた…

  • 月明かりの下で 9

    そして、ユノは隣の県で独立して事務所を構えた俺はどれだけ一緒に始めたかったことかでも ユノはぎりぎりまで俺と準備をしていたから、俺の気持ちもわかっていてくれた…

  • 月明かりの下で 8

    こちらからどうぞにほんブログ村にほんブログ村東方神起ランキングサラ

  • 月明かり下で 7

    大学を卒業して大学院に行き司法試験に合格し司法修習を受けてやっと弁護士の資格をとれた俺達は大手の事務所に入り、仕事を始めた時に一緒に住み始めたそれから5年たく…

  • 月明かりの下で 6

    その日から俺達は少しずつお互いを知ったユノは始めは検事を目指していたけれど、人を裁くよりも守りたい、力になりたいという自分に気がついて方向を変えたらしいゲイで…

  • 月明かりの下で 5

    こちらからどうぞ月明かりの下で 5にほんブログ村にほんブログ村東方神起ランキングサラ

  • この記事は表示できません

    この記事には一部、Amebaの健全なサイト運営にふさわしくない言葉・表現が含まれている可能性がある為アクセスすることができません。

  • 月明かりの下で 4

    「 ヒョン アイスが溶けちゃうよ 」「 あぁ、そうだった。アイス…アイス 。んまいなぁ 」「 ヒョン  いつから俺が気になっていたの?」俺はアイスに集中するユ…

  • 月明かりの下で 3

    「 お、綺麗にしてるなぁ。チャンミン 」「 好きなんですよ、整っていると落ち着くんだ。ヒョン、コンビニで買ったデザートは冷蔵庫に入れておくからね  」お湯を沸…

  • 月明かりの下で 2

    俺達は学生時代からの付き合いだった俺はバイでユノはゲイだ俺は急に背丈が伸びた10代の後半からモテ始めた女ばかりではなく、男からもたくさん告白を受けたそして初め…

  • 月明かりの下で 1

    申し訳ありません何故か飛ばされてしまいました月明かりの下で 1にほんブログ村にほんブログ村東方神起ランキングサラ

カテゴリー一覧
商用