プロフィールPROFILE

福海さんのプロフィール

住所
未設定
出身
別府市

アトピー研究・商材開発・サポート暦25年。多くの克服者輩出から、95%以上の理論と推奨する。人間は菌との共生にて成り立っている。『ノーベル賞レベルメソッドの公開』。 アトピーは3年以内にゼロとなる~国・医師会が実践すれば~

ブログタイトル
アトピー標準治療をぶっ壊せ
ブログURL
https://umi293293.hatenablog.com/entry/2019/12/09/123748
ブログ紹介文
その結果(症状)には原因がある 真実の克服理論を公開し、現医療の裏側を暴く
更新頻度(1年)

27回 / 52日(平均3.6回/週)

ブログ村参加:2019/12/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、福海さんの読者になりませんか?

ハンドル名
福海さん
ブログタイトル
アトピー標準治療をぶっ壊せ
更新頻度
27回 / 52日(平均3.6回/週)
読者になる
アトピー標準治療をぶっ壊せ

福海さんの新着記事

1件〜30件

  • 2月 東京面談 限定5組(残2)のお知らせ

    日時 令和2年2月29日(土) 11:00~17:00 場所 東京都港区近辺 ※申し込み後のお知らせします。 費用 11,000円 面談時間 55分 セミナー・面談担当 赤嶺 福海 お申込 東京面談申し込みフォームへお書き込みください https://www.atoppos.co.jp/html/a-110.html アトポスSP アトピー性皮膚炎ランキング にほんブログ村

  • 【本批評】『最新医学で一番正しい アトピーの治し方』を読んでのレヴューを拝見した

    【本批評】『最新医学で一番正しい アトピーの治し方』を読んでのレヴューを拝見した凄い売れている。amazonでは堂々のベストセラー1位!◆買わずに批評は悪いかな?批評するんだから、買わなければいけないと思いながらも、目次を見て大方見えた。自分も3冊書いているので、小見出し見れば内容は殆ど判る。どんなレビューがつくか、興味あったが、こんな悪評とは思わなかった。小生が買えば、今回の数十倍のコメントとなるだろう。あ、小見出し批評するので買うか。って、21日入荷らしい。医者仲間の5つ星が半分以上(余ほど良い内容でなければ5は表記しない。サクラということね。)ですが、、、下記はどんな立場(一部判明)かわ…

  • 【コラム批評】世界最高のエビデンスでやさしく伝える 最新医学で一番正しい アトピーの治し方

    続きです。【書籍のご案内】『世界最高のエビデンスでやさしく伝える 最新医学で一番正しい アトピーの治し方』【内容紹介】 どうか、この本を「一番最初に」読んでください。 【赤嶺コメント】僕は、この内容では一番最後に読むべき本と感じた。最初だと、被害者になる可能性が大である。 皮膚科専門医が世界で信頼される100以上の医学論文と10000人を診た経験に基づいたいま一番信頼できる、本当に正しい治療法のすべて。 【赤嶺コメント】 信頼されるエビデンス100以上、10000人診て行き着いた結論が、『保湿』かぁ。大丈夫なのかなぁ。じゃぁ脱保湿推進される方々で改善された方が多いようだけど、どんな差なのかなぁ…

  • 【コラム批評】アトピー性皮膚炎の患者はなぜ、「民間療法」に傾いていくのか?

    アトピー性皮膚炎の患者はなぜ、「民間療法」に傾いていくのか?というコラムを見た。今、売り出し中の医者のコラムだ。今回2冊目の刊行で嬉しくて仕方ないようで、SNAで有頂天になっている。このタイトルの答えは簡単だ。『医者に診てもらっても改善できないからだ』この事に尽きる。そして、この著者の理論では40年前のステロイド剤理論と何一つ変わらない。10000人の患者を診たというけど、おそらく1人の克服者は出ていないだろう。(著書の理論で解決することは、専門家の小生からは考えられない)同業の医者を批判し、一度も訪問して運営の目的も知らない民間療法を批判し、患者に寄り添った言葉を並べ、自分だけは素晴らしいと…

  • 【プレス批評】マサイ族にもアレルギー持ちはいる?

    「マサイの方々には食物アレルギーとか喘息とかアトピーなどの持病を持ってるかたはあんまりいないんでしょうか。ある場合は、どのような対応や治療をしていますか?」

  • 【Q&A】カナダ在住 3ヶ月の男の子の相談

    ◆カナダ在住 3ヶ月のお子様(アトピー?) 【質問】 カナダ在住で3ヶ月前に長男を出産しました。年末頃から胸と手足にボコッとした貨幣湿疹が少しずつあれわれ、2ヶ月検診のワクチン接種の後に急激に増え、顔にも赤くポツポツ出てきました。瞼に赤い斑点を発見して以来、こするようになったので、食物アレルギー及びアトピー性皮膚炎を疑いました。小児科医は頭にある湿疹と全身用に軟膏を処方しましたが、ステロイドを含むものだったので現時点では一切使っていません。保湿にはココナッツオイル(殺菌作用があると聞いたので。。)をしようしています。完全母乳育児なので1月中旬から除去食を始めました。現時点で、卵、乳製品、大豆、…

  • 【トピックス】新薬『コレクチム』の広告活動が始まった

    新薬『コレクチム』の広告活動が始まった~この先、恐ろしいほどの医者の報告会・ネット活動が始まる~ ◆また被害拡大と自然回復が遅れる表記のままである。また、この1~2年は、このクスリの話で持ちきりであろう。被害者がさらに増えることと、クスリ離脱が遅くなり、さらに険しい道を進む皆様も増えてくる。ま、一時的には通常生活は出来ると思うが、その後の人生は大変である。4月に薬価決定だから、万全の準備をして少しでも早い販売となるだろう、、、気をつけてくださいね。何度も言います。アトピーの原因は、『抗体』の問題ではありませんから・・・。医療を学ぶ地域向け講座新百合ヶ丘総合病院で 区内古沢都古の新百合ヶ丘総合病…

  • 【トピックス】今年は例のアトピー新薬が販売される

    【皮膚・眼】アトピーに初のJAK阻害薬、加齢黄斑変性には新規抗VEGF抗体 【皮膚】【眼】2020年に発売が見込まれる新薬 <皮膚>19年1月/デルゴシチニブ(コレクチム)★/日本たばこ産業/アトピー性皮膚炎[外用JAK阻害薬]| <眼>―/ブロルシズマブ/ノバルティスファーマ/加齢黄斑変性[抗VEGF抗体]| 皮膚科の領域では、国内初の外用JAK阻害薬が登場する見通し。JTが自社創製のデルゴシチニブ(予定製品名・コレクチム)の軟膏剤をアトピー性皮膚炎の適応で申請しており、1月の承認、4月の薬価収載が見込まれます。まずは成人の患者が対象となりますが、JTは2歳以上の小児患者への適応拡大に向けた…

  • 【プレスリリース批評】アレルギー疾患対策強化 福医大、医師会など20日連絡協設立

    アレルギー疾患対策強化 福医大、医師会など20日連絡協設立 2020-01-17 福島県はアトピー性皮膚炎やぜんそくなど「アレルギー疾患」に詳しい医師や関係団体による連絡協議会を二十日に設立する。診療連携と人材育成を進め、治療環境の充実や疾患に関する正しい情報の普及を目指す。 福島医大付属病院など県内各病院の医師や県医師会、県薬剤師会、県看護協会、県栄養士会、県学校給食会、患者団体などの代表で構成する。二十日に福島市で初会合を開き、県内の現状や課題を把握する。その上で今後選定する「拠点病院」を核にした診療連携体制や医療関係者の技能向上、情報提供の在り方などを協議する。 医療機関への働き掛けでは…

  • 【Q&A】1才男の子の相談(アメリカ在住)

    ◆1才男の子の相談(アメリカ在住) 【相談】 氏名 = ○○○○性別 = 女身長 = 80体重 = 12血液型RH = +型 = AB飲料水 = 浄水器 治療 =2019年1月25日産まれの息子の事でご相談です。現在アメリカに在住しています。息子は乳児湿疹がひどく、3ヶ月のときに日本に一時帰国した際、アレルギー検査でIge572で小麦粉と卵のアレルギーが判明しました。その際に、保湿剤にステロイドを少し混ぜたものを処方され、今にいたるまで使っています。ひどいところには強いステロイド剤が処方され使っています。アメリカに帰ってきて、こちらの病院でもアトピーと診断されましたが、どう対処していいものかの…

  • 【Q&A】27歳女性・・・皮膚常在菌を増やすには、、、

    ◆27歳女性・・・皮膚常在菌を増やすには、、、【相談】 赤嶺先生、はじめまして。156cm、52kg、27才、女です。こちらのHP興味深く拝見し、実践できる事はしています。2年前10月、化粧品や石けんの使い過ぎが原因だと思うのですが顔がかぶれ皮膚科でステロイド(後で分かったのですが)と内服薬を処方され塗り始めて3日後、顔が赤く腫れ上がり再度皮膚科に行ったところ「強めのを出しときます」と何やら調合した軟膏を出されました。その薬も日に日に症状が悪化し夜もまともに寝れないくらいに顔がヒリヒリと痛痒くなりだしたので慌てて薬を止めました。 その後、約1年間は馬油や化粧品などを使用し少しは良くなったものの…

  • アトピー完全克服のための考え方と実践方法

    アトピー完全克服のための考え方と実践方法 ◆10000人以上の克服者輩出そう云えば、もうこの活動を始めて25年が経過しました。その間、アトピーに特化した深い研究と乳酸菌やミネラル・ローション開発、実践サポートを行い、35000人を越える方々と出会いました。メール相談・掲示板相談・セミナー面談者・克服者からの紹介の中から10000人を超える完全克服(再発なし)をサポートしてきました。何故、再発がないかというと、体全体を整備して結果的にアトピーが改善するという方式だからです。少し時間は要しますが、厳しい痒みから開放する事ができます。その間、克服の理論を実体験できれば会得でき、この後の健康な人生に役…

  • 【Q&A】30歳主婦・・・昔の私に戻りたい!

    30歳主婦・・・昔の私に戻りたい! 【相談】 初めまして。私は30歳の主婦です。現在札幌に在住しています。 私はもともとアトピー体質で、手には10年近くステロイドを使用していますが、2年半前に突然、顔と体に出始めました。それから毎日がアトピーとの戦いで、寝ても覚めて頭からアトピーのことが離れず、とても悩んでいます。 ステロイドは顔に良くないと思ったのでが、少し使用してすぐやめるつもりで処方されるがままに使用しました。そして原因を調べようとパッチテストをしたり、医師の言うとおり外的要因をいろいろ改めていったのですが、結局原因はわからずじまいでした。 それでもステロイドを使わずにいようと、オイルや…

  • 【Q&A】2ヶ月の赤ちゃんアトピー?

    ある程度理論部分は出てしまったので、 今週は、yahoo知恵袋に出ていたご質問に答えてみます。では、早速 ◆【相談】 生後2ヶ月の赤ちゃんです。少し額や頬に乳児湿疹があり、湿疹が出たらロコイド(凄く低いステロイド剤入り)を塗るように指導されています。生後1ヶ月まで真っ赤っかのお猿さんのような顔だったのですが、1ヶ月過ぎたら透き通るような白い肌になりました。しかし、湿疹出てくるとまた赤ら顔になり、ロコイドを塗ると翌日また真っ白の肌になります。 ロコイドを塗らないと、湿疹のブツブツが赤いと言うより全体が赤ら顔になるのはなぜでしょうか? 湿疹はなくても赤ら顔にになったらロコイドを塗るべきですか? 赤…

  • エビデンス馬鹿~一番大事なのは●●なのよ~

    ちょっと毒吐き。 先日、小生が【アトピー性皮膚炎発症の要因】で コラムを書いて、ツイッター連携させると、恐ろしいほどの攻撃を食らった。 エビデンスを出せ~。 お前は何様だ~。 厚労省へ通報だぁ~。 などと、『おい、お前本当に医者かよ、名前を言ってみろ、俺の目の前でその言葉言ってみろ、教えれば直ぐに行ってやるよ』 と、応答しても何もアクションできない、、、弱虫。 民間者がアトピー克服論を出すと、 【何とか医療団】という方々が群がって、 『エビデンスを出せ』ってうるさい。 モルモットや改ざんデーターのエビデンスより、 困っている方々が改善するか否かと思う。 その結果がエビデンスでしょう、、、。 出…

  • アトポス便り No.56号  アトピーとガンについて

    ■□━━ 一般社団法人アトポスSP■□□ アトポス便り No.56号 (2020年01月10日) https://www.atoppos.co.jp/ ━━━━━━━━━━━━━━━━□■ 新年お慶び申し上げます。令和元年は、観測史上初の降雨や風害など多く見舞われました。被災された皆様にはお見舞いもうしあげます。本来であれば、傍に行って対応したいところですが、毎日の煩雑にお力になれませんでした。今年はオリンピックイヤーであり、日本全体が盛り上がり、多くの外国人も訪れて賑やかになるでしょう。まだ7ヶ月あるといっても、直ぐにやってきます。そしてあっという間に終了し、次は万博に向けて盛り上げとなりま…

  • またまた●●な医者が本を出すみたい

    またまた患者を悩ます、いや被害者を多くする本だと予想される。だって、克服の出口が見えないんだもの。

  • 1月の東京面談 5組限定

    東京面談1月 日時 令和2年1月25日(土) 場所 東京都港区近辺 ※申し込み後のお知らせします。 費用 11,000円 面談時間 55分 セミナー・面談担当 赤嶺 福海 お申込 東京面談申し込みフォームへお書き込みください https://www.atoppos.co.jp/html/a-110.html アトポスSP アトピー性皮膚炎ランキング にほんブログ村

  • 新薬ディクピセントの処方効果は?

    新薬ディクピセントの処方効果は?~これも大問題となる薬かも=費用対効果基準から~ メカニズム 昨年4月より新薬認可に沿って処置し始められた『ディクピセント』だが、2週間に1度の処置で良いこと、薬理作用などが明確であることなどから期待され、各皮膚科で開始された。 SNSなどで使用者確認すると、あまり変化はない、かなり良い、断然良い、これで改善まで行くかも・・などのツイートがあるが、最近のツイートでは、かなり効果ありという報告が多い。 しかし、当方が考えるアトピー発症原因などから考慮すると、抗体を操作して本当の改善にいたるのだろうか?異物の侵入路は一切考えていないが大丈夫なのだろうか? 当方が考え…

  • 『令和』時代もアトピーの鎮静化は見えないのか

    『令和』時代もアトピーの鎮静化は見えないのか 今年は、東京オリンピックが開催され、2025年には大阪万博が開催と、日本全体が盛り上がっています。 しかし、アトピーの治療進化どころか退化しているような気がしてなりません。これまでステロイド剤、プロトピック軟膏は副作用があること、殆ど解決しないことから、アトピーっ子を持つ親は、自然療法や多くの民間療法に走り始めた。 皮膚科学会理事を始めとする皮膚科医たちは、『アトピービジネス』とテレビや雑誌、書籍などで騒ぎたて、厚生役人と共謀し、薬事法や医師法などを盾に、阻止し始め、ステロイド剤反対の研究者には、殺人まで犯す強行にまで及んでいる。 最近においては、…

  • 産婦人科医の実態・・・出産を軽視する医者たち

    産婦人科医の実態・・・一生のスタート地点である出産を軽視する医者たち 当方アトポスSPでは、生後間もなくのアトピー発症要因の問題ポイントは、出産環境にありと位置づけて、多くの聞き取りをしてきました。産道への抗生剤投与、帝王切開出産は、正常免疫システムを阻害する処置となっていることは、25年の経験で確認している。ただ、止む終えず、生まれてくる赤ちゃんやお母さんの事を優先にした帝王切開は、致し方ないところだと思う。 しかし、当方での聞き取り統計でも、年々増える帝王切開出産の裏側に何かあると、さらなる聞き取り調査をしている中、下記の投稿を目にして、怒りが納まらないので、ここにアップしてみた。人類存続…

  • 『産婦人科医の大罪』

    今回は、 『産婦人科医の大罪』についてお知らせします。 ※厳しい文章となりますがお許しください。 恐ろしい、内容です。 『出産前後の問題』で、アトピー発症の根源となる内容はこれまでお知らせしました。 この雑菌社会で生きるためには免疫保持が絶対条件であり、その免疫基材は、通常母親の産道で受け取ることで、この社会での免疫保持が出来るとお知らせしてきました。 この事は、25年前に小生が発表しましたが、多くの研究者や新聞記者は、 「何を素人が」と失笑したことを 今も覚えています。 今は、イギリスでもこのこの事を大きく取り上げ、帝王切開出産には、母親の産道にある乳酸菌を綿棒で採取し、赤ちゃんの唇に塗布す…

  • アトピーに対応する皮膚科医・小児科医不要説

    謹 賀 新 年 2020年元旦 アトピーに対応する皮膚科医・小児科医不要説 30年で約700万人と増えたアトピー患者。 さらに、ステロイド剤被害によって、人生を大きく狂わされた数百万人の成人の方々。 携わった医者誰もが、その責任を負おうとはしない。 『これは俺(私)の問題ではない。厚生省や皮膚科学会のガイドライン通りに処方しているだけ、そんなことは上に言ってくれ!』 という感じでしょう。 長い時間待たせて、検査して、 『それでは検査結果の出る来週にもう一度きてください』 と、高い検査費用を得る。そして翌週、 結果を報告し薬の処方を行ない、除去食材を報告する。ただ、それだけ。 その間、白衣を着て…

  • アトピー性皮膚炎処置における『脱保湿』の有用性と、ほとんど行われるワセリン・軟膏などの油脂系保湿による悪化拡大の理由

    contents 『油脂系保湿の問題点』 アトピー改善(緩和)目的に保湿剤を使用 異物排泄口に蓋をすれば、他の部位から排泄する どんな事をしても異物排泄は、根源を解決しない限り発生することになります。 問題の油脂系保湿の悪化理由です。 『皮膚常在菌が死滅すれば正常皮膚は構成できません』 重要なのはph(ペーハー)なのです。 雑菌排除できれば、その部位はカサブタとなります。 『腸管内の整備』を第一に行い、『脱入浴』『脱保湿』を行い、徐々に範囲縮小しながら改善へ向かうこととなるのです。 『ミトン使用の良否』 これまでに発症の要因が出産環境にあること、二次的な要因に外部からの異物付着侵入と記述してき…

  • アトピーと産道の関係と、高確率でアトピーのお子様が出来ないための究極の対策をお伝えしましょう。

    アトピーと産道の関係と、高確率でアトピーのお子様が出来ないための究極の対策をお伝えしましょう。 contents ■結果(アトピー)には必ずその原因はあるのです 出産時における処置を理解していれば、発症しないで、確実に回避できる方法をお知らせします。 「何で美男美女の健康なこの二人からアトピーのお子様が生まれたのか」 その産道に悪気なく抗生剤を投与するのです。 院内に設置された光線部屋の稼動です。 では、どうすれば? 1 膣抗生剤処置はお断りしましょう。 2 光線療法はお断りしましょう。 3 出来れば普通分娩で出産しましょう。 間違いありません。 自分たちで我が子を守るしかありません。 アトピ…

  • アトピー性皮膚炎の本当の原因(根源)

    アトピーが急増する理由 昭和30年以前にはなかったこの皮膚炎が、今これほど急速に増えているのは何故でしょう。たった50年で人間の遺伝子が変化などするはずはありません。ならば環境変化のせいでしょうか?確かに利便性を追求したことで、自然環境も体内環境も化学物質によって汚染され、それらが負の遺産となって子ども達に引き継がれていることは間違いないでしょう。すでに日本の赤ちゃんの4人に1人が、 生後まもなくからアトピー性皮膚炎を発症 しています。この年々増え続ける生まれながらのアトピーの原因が、すべて環境変化にあるとすれば、そこを根本から見直さない限りアトピーは増え続けることになり、現状のまま世代が入れ…

  • アトピー性皮膚炎医療の背景

    ステロイド剤は、アトピーを長期化させる。 ステロイド軟膏 昭和30年代以前は、生まれてまもなくの乾燥性湿疹に悩まされることはあっても、時間と共に改善できていた症状でした。けれど、当時(昭和30年前後)開発された夢の薬「ステロイド剤」の登場により、病体は大きく変化してきたのです。確かにこのステロイド剤を乾燥肌に使用すれば、短時間で劇的に改善しますが、使用を止めると再発を繰り返し、さらに症状範囲は拡大の一途を辿り、また別の症状を併発することも多く報告されました。このステロイド剤の副作用報道によって、使用者は一時的に激減しましたが、皮膚科学会は総動員で、ステロイド剤のイメージ修復に取り組みました。民…

  • アトピー性皮膚炎医療の背景

    ステロイド剤は、アトピーを長期化させる。 ステロイド軟膏 昭和30年代以前は、生まれてまもなくの乾燥性湿疹に悩まされることはあっても、時間と共に改善できていた症状でした。けれど、当時(昭和30年前後)開発された夢の薬「ステロイド剤」の登場により、病体は大きく変化してきたのです。確かにこのステロイド剤を乾燥肌に使用すれば、短時間で劇的に改善しますが、使用を止めると再発を繰り返し、さらに症状範囲は拡大の一途を辿り、また別の症状を併発することも多く報告されました。このステロイド剤の副作用報道によって、使用者は一時的に激減しましたが、皮膚科学会は総動員で、ステロイド剤のイメージ修復に取り組みました。民…

  • 乳児湿疹って? アトピー性皮膚炎って? 

    乳児湿疹って? アトピー性皮膚炎って? これまで多くの赤ちゃんの相談にのって、乳児湿疹かアトピー性皮膚炎かの判断がつかないので、判断して欲しいという相談が多くあった。当方では聞き取りすれば、殆ど間違いなく判別できるが、ご両親では、目の前の症状に動揺して正確な判断は出来ないことでしょう。 ただ、この場面での治療(処置)を間違うと赤ちゃんに厳しい思いをさせることになる!乳児湿疹について(アトピー性皮膚炎を含む) 乳児時期に起きる皮膚症状で、一見アトピー症状と分別がつかない状況にあり、 「ま、乳児だから多くおきるので仕方ないわぁ、直ぐ良くなるでしょう」 と安心するお母さん。 「わ、、困った、アトピー…

カテゴリー一覧
商用