プロフィールPROFILE

takeさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
アドバンスエアロ
ブログURL
https://advancedaero.hatenablog.com/
ブログ紹介文
スポーツクラブで運動しましょう! エアロビクスや格闘技系のエクササイズで楽しく体を動かしましょう! ランニングマンやヒールジャックのステップができるようになる。
更新頻度(1年)

15回 / 23日(平均4.6回/週)

ブログ村参加:2019/11/13

takeさんのプロフィール
読者になる

takeさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 979,879サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
健康ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30,898サイト
エアロビクス 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 44サイト
ダイエットブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 22,657サイト
ボディコンバット・レスミルズ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 22サイト
演劇・ダンスブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,047サイト
ヒップホップダンス 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 40サイト
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(OUT) 77,446位 80,203位 80,115位 66,292位 80,482位 80,259位 80,482位 979,879サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
健康ブログ 1,448位 1,522位 1,501位 1,067位 1,541位 1,536位 1,544位 30,898サイト
エアロビクス 3位 3位 2位 2位 3位 4位 4位 44サイト
ダイエットブログ 906位 935位 932位 792位 940位 945位 948位 22,657サイト
ボディコンバット・レスミルズ 4位 4位 4位 3位 4位 4位 4位 22サイト
演劇・ダンスブログ 645位 662位 667位 636位 686位 676位 662位 5,047サイト
ヒップホップダンス 4位 4位 5位 5位 4位 4位 4位 40サイト
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 979,879サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
健康ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30,898サイト
エアロビクス 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 44サイト
ダイエットブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 22,657サイト
ボディコンバット・レスミルズ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 22サイト
演劇・ダンスブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,047サイト
ヒップホップダンス 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 40サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、takeさんの読者になりませんか?

ハンドル名
takeさん
ブログタイトル
アドバンスエアロ
更新頻度
15回 / 23日(平均4.6回/週)
読者になる
アドバンスエアロ

takeさんの新着記事

1件〜30件

  • 強度と難易度

    スタジオエクササイズの 強度と難易度は比例関係にあるのか? エアロだと大体当てはまる でも 格闘技系やズンバは全然違う 多分ですが 元々のコンセプトが異なっているから グループファイトやボディコンバットのコリオは かなり簡単 それだけではすぐに飽きてしまうでも、音楽だったり イントラの盛り上げだったり そして 簡単だけど乗りやすいコリオ の調和というか、総合的な完成度がかなり高い更に 個人レベルで強度の調整を出来る エアロだと 中級の人が 初級、あるいは初中級 あたりのクラスに入ると 大きく動きやすいので 強度を高めることができるエアロ上級者の場合は 難しい動きでも 難なくこなせる(はずな)の…

  • 男性におススメなエアロ

    エアロは女の人向きのエクササイズ だと思っていました 実際、やっているのは女性の方が多い正直なところ 私もエアロは女子供の遊びで 大人の男性向きのエクササイズではないと。。。でも、それは大きな勘違い 一種の食わず嫌い? エアロを見くびっていましたエアロを独占して 楽しんでいる女の人たちが 男の人たちに入ってこられるのを拒んで 秘密にしている面もある!? 本当のところは 誰にとってもお勧めのエクササイズですでも特に男性にお勧め と言うのは 男の人は女の人よりも 体の硬い人が多いから、多分 エアロは男の人がめったに使わない筋肉 を使うエクササイズ例えば、ヒップシェイク 腰振りなんて動作は エアロで…

  • ボディジャム

    ボディジャムはレスミルズでやっている ダンス系のエクササイズです ズンバほどクネクネした動きはないけれど ヒップホップとはまた違った感じの踊り 動きは面白いと思った でも 右側だけの動きしかないので 物足りない感じが。。。エアロの基本的な動きは シンメトリーになっている これを体が規定値と捉えているから イントラの先生に聞いたら 動きは定められているので 勝手に作ることはできない とのことせっかく面白いコリオなので 両方向からの動きがあったら もっと面白いっと思う シンメトリーとは、左右対称の動きのことで スタジオで行うほとんどのレッスンは シンメトリーの動きになっている

  • ヒールジャック

    ヒールジャックだけは エアロを始めたばかりの人では 絶対にできないステップです音感の良い人でリズム感に優れている人なら グレープバインもVステップ、Aステップも 多分簡単にできるし 誰にとってもエアロの動きをアスターするのは さほど難しいことではないエアロの動きは8カウント単位で 構成されている だから重心の移動がカウントによって 行われるのを気をつければよい だけなので 運動神経が良くて エアロの大体の動きを あっという間にマスターできる人でも ヒールジャックだけは できるまでにある程度の時間がかかる右移動 右足かかとを付けて跳ねる この反動で右足をジャックして 左へ移動し 左足かかとで着地…

  • グループブラスト

    ブラストはmossaのステップ 基本的な動きが主体のエクササイズ 簡単に言うと踏み台昇降運動シンプルな動きが主体で ちょっとだけ方向転換があるくらい なので 初心者から思いっきり 楽しめるエクササイズジャンプを多く取り入れているので やっていて気持ち良い でも ステップ台を使って飛ぶのは 普通に飛ぶよりも疲れる ものすごい運動量になるので 特に、思いっきり高く飛びながら バレーボールのブロックや バスケットのジャンプのように 両手を高く上げると 最高の全身運動になり すごく楽しい太ももだけではなく 全身の筋肉が乳酸だらけ になるけど面白い 多分パワー系の中でも一番きつい エクササイズなので こ…

  • 上達の仕方

    より早く上達する方法があるのか? と言えば、 同じ先生ばかリ出ること が多分ですが一番の早道 何故なら、 先生ごとに動きの特徴があるからで それはクラスが上がっても変わらないから 色々な先生のレッスンに出ると それはそれで面白いのだけど先生によって動きに特徴があり コリオの作り方が様々なので手当たり次第にレッスンを受けていると 受けてる方は頭の中がこんがらかったり 体に馴染んできた動きが 変に反応したりするので 上達が遅れるかも とは言っても 楽しいのが一番なので 初中級から中級レベルになれば 特定のイントラ専門の追っかけで 行くも良し 時間の許す限り色々な先生のレッスンを 楽しむのも大丈夫で…

  • 基本ステップ

    エアロの基本のステップは下記の4つこれさえ覚えてしまえばエアロの足の動きは大体できる はっきり言って、大して難しくないはず グレープバイン、Vステップ、Aステップ、ボックス これらのステップはエアロビクスの基本の動きなので しっかり取り組みましょう最初は右から覚えますが 右足始動、左足始動の両方をマスターする グレープバインの注意点は 腰を常に正面に向けて動くこと そして1歩目を大きく動くとること Vステップ、Aステップは 単に形だけ真似ををしないようにVステップの最初の一歩を 大きく前方に踏み込むそうすると 体を前方から後ろに戻すため 2歩目もぐっと踏み込んだ状態になるので 太ももが踏ん張る…

  • ズンバ

    ズンバって何? 変な名前だと思った記憶があるいつの間にか広まったズンバは ラテン系ダンスをベースにしたエクササイズ曲に合わせて先生の動きを見ながら動くので 全くの初心者でもOKそのくせ、ラテンダンスのステップや 腰のひねりが入ったりするので 男の人にはかなりきつい! 何しろ、これまであまり使ったことのない筋肉を使うので 予想以の効果があったりするそれに、これはスタジオで行う他のレッスンもそうだが 一般的な普通の男性は、踊り系のレッスンを女子供向けのものだと 認識している場合が多い 正直なところ、私もそう思っていました(反省) やってみたら、これを女性だけの楽しみにしているのは もったいない、と…

  • ヒップホップ

    フィットネスクラブでのヒップホップは 入門編なので エアロの初級クラスの人なら 普通にレッスンについて行くことができるレベル音楽に合わせて 体が自在に動くように感じるのは嬉しいエアロはダンスの動きを取り入れてるけど ウォーキングやランニングの一種なので 上半身は常に真正面を向いているし 上半身を変に動かしたりしない ヒップホップは上半身の筋肉も使うので エアロに一見似ているけど かなり違ってるように思うそのほかにも 裏拍のリズムでダウン、アップなど難しい 腕をぐるぐる回す有名な動きを丸ごとやった 見ていると ゆったりしたコリオのように感じていたけど 早い!速い!人に見せられるレベルとの違いを痛…

  • ダンスエアロ

    ダンスエアロはダンステイストを取り入れた エアロビクスであるとのことですが、 実のところ よく理解していないのが実情です以前からあったくるくるエアロのこと? 勝手に呼んでいただけなので 当初からダンスエアロと言ったのかな? YouTubeでダンスエアロを検索して スーパー級イントラさんのグループ フィットネス4の動画を見ました最初見たときは、ものすごく感動しました! チャンネル登録して、動画を幾つも見たけど すごい!楽しそう!あんなに動ければ最高だなと思いました。 まだマイブームです あの足の動きに手をつけて 全身運動にしてくれたら もっとずっと面白くなる!! ように思った多分最強

  • ファイドウ

    ファイドウもボディーコンバットやグループファイトと同じく 空手やボクシングの動きを取り入れたエクササイズ メーカーはラディカルフィットネス 多分一番新しいメーカーなのかな?受けた回数は一番少ないけど 直近でやったのはファイドウでした この3つのエクササイズはとても良く似ているので それぞれの特徴を挙げるのは難しいどれを受けてもそれぞれ面白いと感じるはず

  • グループファイト

    グループファイトもボディーコンバットと同じく、 格闘技の動きを取り入れたエクササイズです。 元々の名前はグループキック空手やムエタイの動きを取り入れているのも、 ボディーコンバットと同じで特に違いを感じられません。でもグループファイトの方が 「バックキックはこのようにしてください」 とか 「ラウンドハウスの膝の位置はここ」 など その都度、説明があるので好感が持てる単なる見様見真似で動くと 特に足の向きなどが正しくないと エクササイズの効果がない などを考えると ボディーコンバットよりもレッスンとして優れている ような気がする 同じようなプログラムが別々に存在している理由は メーカー(運営会社…

  • ボディコンバット

    ボディコンバットは格闘系の動作を中心に行われるエクササイズで パンチやキック、そしてジャンプ これらを曲に合わせて行います正面にいる先生の動きのとおりに真似をするのは すべてのスタジオエクササイズ共通ですが動きそのものは単純なので、誰(全くやったことのない人)でも参加して楽しめるという特徴がありますにも拘らず、動きが簡単な分だけ、 参加者は自分の体力に合わせて強度を上げることが可能な プログラムですニーキック連続16回とか! 太ももが乳酸だらけになっても これでもか!という場面に出くわすことが多いストレス発散にとても優れたエクササイズです

  • 立ち位置について

    レッスンを受ける場所はどのあたりが良いのか?答えは 自分がやりやすいと感じる場所 です私の場合は、左右が空いていて動きやすい場所が良いので、一番前でも後ろでもかまわないと思っているのですがでも現実は、と言うと。。 多人数で行うレッスンのため混んでいる なので、左右前後に気を遣いながら動くことになるこのように窮屈感から抜け出せない1時間だった みたいなことばかりですが。。お互い様ですよね ところで 新しく入会した人が突然一番前に陣取る場合がありますが、 これはマナー違反なので止しましょう! 限りなくアウトなので例えるなら、会員制スポーツクラブは分譲マンションのようなもので 公営のジムは賃貸アパー…

  • スタジオに入ろう

    スポーツクラブに入ったら、面白そうなプログラムに参加しましょう。 スタジオで行うレッスンの中に必ずあるはずです。最初は躊躇するかもしれませんが、せっかく入会したのですからどんどんやってみましょう。 その時に気をつけることは、一つだけです。それはスタジオで行うレッスンは集団でするので、回りの人たちに迷惑をかけないようにするだけ。初めて入ったクラスなら、近くの人に「ここ大丈夫ですか?」と声をかけてみましょう。 新しい縁ができるかもしれないので。

  • エアロビクスのレベルについて

    エアロビクスのクラスは、受講者の上達に沿ってクラスが分かれています。 クラス別の大まかな特徴は下記のとおりです。 初心者クラス エアロビクスの入り口なので 基本的なステップ動作が中心 グレープバインやVステップ、Aステップなどを覚える 8カウントのリズム 歩く動作が基本 初級クラス 初心者クラスの基本的な動きが分かった人が 各種の基本動作を体に馴染ませる VステップやAステップ、ボックスは 右回り、左回りの両方をできるようにする グレープバインは 正面を向いたまま行うこと(意外にできない人が多い) 初心者クラスからくると急に難しく感じるが シンプルな動きなので1~2カ月で慣れるはず 初中級クラ…

  • スポーツクラブに入る目的は

    ダイエットのため 健康のため 運動が好きだから など色々ありますが 長く続けるには 楽しくできることが一番私は減量が目的でスポーツクラブに入りました。 ランニングマシンや筋トレしか頭になかったのですが、 スタジオの様子をガラス越しに見たら、 大勢の人たちがとても楽しそうに飛び跳ねていました。「これはすごい!」早速、翌日からスタジオデビューしました。

  • スポーツクラブについて

    スポーツクラブはフィットネスクラブとも呼ばれていて 元々からあるスポーツクラブは ①プール ②スタジオ ③ジム ④風呂、サウナ付き の4つが揃っているところが多い しかし 最近は、プールなし、スタジオなし の マシンに特化したジムも人気がある ①プール 25mプール ウォーキング用プールのあるところも ※元々はスイミングスクールとして発達してきたからか? ②スタジオ 1面~2面 エアロビクスや格闘技系などの動的なエクササイズ用 ヨガやピラティスなどの静的なエクササイズ用 ※レッスンの選択肢からいっても、1面より2面あった方がよい ③ジム 有酸素マシン ランニングマシン、バイク、クロストレーナー…

カテゴリー一覧
商用