searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ちせさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
sea moon
ブログURL
https://tabi-kurage.com/
ブログ紹介文
北海道移住生活編はじまりました。
更新頻度(1年)

76回 / 365日(平均1.5回/週)

ブログ村参加:2019/10/22

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ちせさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ちせさん
ブログタイトル
sea moon
更新頻度
76回 / 365日(平均1.5回/週)
フォロー
sea moon

ちせさんの新着記事

1件〜30件

  • 札幌の隠れ名スポット!?坂ビスケットの博物館・レトロスペース坂会館

    札幌に本社を構える、明治44年創業のビスケットメーカー「坂ビスケット」。 このビスケット屋さんに併設されている物館が面白いらしい...という事で、行ってみる事に。 博物館というか、坂ビスケットの社長が個人的に趣味で集めたものが展示されているレトロ空間らしい。

  • 【札幌観光】さっぽろ羊ヶ丘展望台!クラーク博士とラベンダー摘み取り体験

    青年よ、大志を抱け! との名言でお馴染みのクラーク博士。 彼の銅像が「さっぽろ羊ヶ丘展望台」に置かれている。 札幌農学校(現・北海道大学)の初代教頭として招かれたクラーク博士。 去り際、馬にまたがり言った言葉が「青年よ、大志を抱け」。 原文はBoys, be ambitious. カッコよく意訳しているものかと思っていたけれど、割とそのままでビックリ。

  • 【小樽観光】小樽駅前~小樽運河|海鮮丼とお散歩と小樽運河クルーズと

    午前中に、小樽水族館周辺にあたる「祝津(しゅくつ)」を堪能した後は、小樽駅前へ。 まずはここで海鮮丼を食べて、それから小樽運河を散策するのだ!

  • 【小樽観光】景勝地・小樽祝津パノラマ展望台&ミニ遊園地・おたる祝津マリンランド

    2年ぶりくらいの小樽観光。 小樽観光と言えば、小樽運河沿いでの観光コースが大定番! もちろん、午後からは小樽運河沿いにも繰り出す予定なのだけど、午前中は「祝津エリア」を訪れてみる。 祝津エリアは、小樽水族館がある付近。 祝津...読み方は「しゅくつ」。 ...というか、本当に小樽水族館周辺のみを満喫。

  • 【札幌近郊・低山登山】標高89mの天神山と、天神山緑地の散策

    [jin-fusen1-even text=【北海道登山紀】201/06/26] 札幌50峰のひとつに、「天神山」という

  • 眼科医に勧められたので、脳神経外科でMRIを体験してみた|緑内障か脳の病気か

    私は、「緑内障」という目の病気を患っている。 簡単に言うと、視野(視界)が常人より狭く、進行するにつれてどんどん見える範囲が狭くなっていき、最終的には失明するという病気。 一度発症すると治す事はできず、進行の速度を抑える為に点眼するだけの治療。 札幌に引っ越したので、また新たな病院を受診。 引っ越しが多い人生なので、今回で6件目の病院。 そこで、今まで言われたことのない話をされたのだ。

  • 【札幌近郊・低山登山】市街地に最も近い山、円山!八十八ヵ所ルート(GW)

    ゴールデンウィークの円山登山! 札幌の市街地から最も近い山、円山(マルヤマ)。 1時間ほどで山頂に到達できる、誰もが気軽に登れる山。 今回は、母と一緒の山歩き★ 登山は、学生時代の遠足以来、普段は運動らしい運動は一切しないという「超初心者」の母から「円山」なら登れそうだから行きたいと申し出があったので、人生初の母娘登山!

  • 【札幌近郊・低山登山】焼山~白旗山へ縦走|クマの恐怖に怯えながら(GW)

    [jin-fusen1-even text=【北海道登山記】2021/5/1] 札幌で、ゴールデンウィークの低山登山!

  • 北海道でお引越し!関東とは全く違う独特なルールとお部屋探しのポイント

    2020年、秋。 ネパールでの帰国難民生活を終えて帰国した私は、旅立つ直前まで暮らしていた関東へは戻らず、北海道への移住を決めた。 北海道に移住してきた当初は無職だった為、マンスリーマンションを6ヵ月契約。 そして2021年、春。 契約が満了したので、通常の賃貸マンションへお引越し。 関東とは異なる北海道独自のルール&特徴が、なかなかに面白い!

  • 【札幌近郊・低山巡り】三角山~大倉山~奥三角山のプチ縦走&おまけの荒井山

    [jin-fusen1-even text=【北海道登山記】2021/4/10] 北海道で「山」を始める事にした。 北海

  • 北海道で山オンナデビュー!旅に出れないので、その情熱を山へ向けてみる

    旅に出れずにあり余っているこのエネルギーを、山に使おう。 せっかく北海道にいるのだから、(そしていつまでもいられるとは限

  • 【札幌観光】円山動物園|冬の動物たちの様子を見に行こう★

    北海道で有名な動物園と言えば、旭川の「旭山動物園」。 札幌にある「円山動物園」は、いつぞやまでは普通の動物園だったのだけれど、旭山動物園を有名にした元・園長の小菅 正夫(こすげ まさお)氏が関与してから、驚くべき変化を遂げているとかいないとか。(←どっちだ) 札幌市環境局参与(円山動物園担当)という立場での関与らしい。 札幌育ち(現在は道外に在住)の私の従妹が久しぶりに円山動物園を訪れて、なんと年間パスポートを購入してしまった程に感動したらしい。 そんなに素晴らしい動物園ならば、ぜひとも行ってみようではないか!

  • 札幌芸術の森・野外美術館|かんじきウォークで北海道の伝統と冬を堪能★

    まだ札幌の町に雪がギリギリ残っていた3月上旬。 札幌芸術の森・野外美術館で行われていた「かんじきウォーク」という冬のイベントに参加。 札幌の郊外に広がる、7.5ヘクタールもの広大な野外美術館。 7.5ヘクタールは、甲子園球場2個分くらいの広さらしい。(甲子園球場行った事ないけど) そこには、67作家、74点の作品が展示されている。 今回は、「輪かんじき」という雪に沈まなない為の伝統的な履物を履いて散策!

  • 【札幌観光】北海道神宮頓宮へ初詣!真冬に、遠く北海道神宮を遙拝しよう(ご朱印・ご朱印帳)

    北海道を、その開拓期から見守って来た「北海道神宮」。 その昔、冬季の北海道神宮が積雪によって参拝が困難だった為に遥拝所として建てられたのが、北海道神宮頓宮。 厳しい冬季に、円山にある北海道神宮まで徒歩で行くのは大変(タクシーで15分程度の距離)なので、ここから北海道の守護神を拝めるならばさぞかし有難かっただろうな。 ということで、私も成り立ちに倣って「冬」に訪問! 初詣に行っていなかったので、丁度いい。

  • 【2020年】さっぽろホワイトイルミネーション|札幌の冬の屋外を楽しもう

    北海道の冬の有名なイベントと言えば、「さっぽろ雪祭り」! だけどコロナウィルスの感染拡大を懸念して、今年は開催が中止にな

  • 【札幌観光】秋の北海道神宮|北海道の守護神に移住のご挨拶(ご朱印帳・ご朱印)

    秋の終わり、11月初旬。 北海道への移住のご挨拶も兼ねて、北海道神宮を参拝。 遡る事、明治2年。 当時「蝦夷地」と呼ばれ

  • 【2020年進捗状況】人生で死ぬまでにしたい100のことリスト(前編)

    「アフリカ大陸縦断編」、「ネパール帰国難民生活編」、「北海道移住編」と、3編に及んだ2020年。 トゥエンティトゥエンテ

  • 人生で死ぬまでにしたい100のことリスト(前編)バックパッカー編

    人生で、死ぬまでにしたい100のこと。 ネパールでロックダウンに巻き込まれて帰国難民になっている間に、考えてみた。 漠然とした不安を抱える生活の中で、未来にやりたい事を考えるだけで生きる活力が湧いてきたもんだから、不思議だ。 なんだか凄くウキウキした。 今まであまり興味がなかったのだけれど、、、きっと100の事リストを考えるのは、人それぞれタイミングがあるんだな。 ネパールで考えた死ぬまでにしたい事リスト、50個を発表してみる。

  • エピローグ(後編)女ひとりでアフリカ旅、、そして最後に読者の皆様へ

    世界周遊の旅に出ようと思って、アフリカ大陸を目指した。 1ヵ月間のフィリピンでの語学留学を終えて、エジプト・カイロの街に

  • エピローグ(前編)コロナ禍で帰国したバックパッカー、住む場所について考える

    3ヵ月間の「アフリカ大陸縦断の旅」と、メインの旅の2倍の期間となった「ネパールでの帰国難民生活」、そしておまけの「14日

  • 自粛明けの成田観光|成田山新勝寺への参拝・頂いたご朱印は6種類!

    14日間の帰国後の自主隔離生活が終ったので、近くにある『成田山新勝寺』を参拝。 境内はとても大きく、ゆっくりご朱印も頂きながら巡って3時間くらい。 成田空港の出発・到着の前後泊で成田のホテルを利用する場合、時間があれば1度は立ち寄りたいスポット!

  • コロナ禍の前と後|帰国後の日本は、まだ海外旅行の続きをしているみたいだ

    帰国後の日本は、私が知っている日本とは少し様子が違っていた。 それもそのはず。 海外旅行中に、コロナウィルスの大流行という前代未聞の事態が発生したからだ。 コロナウィルスが発生し、日本社会が酷く混乱し、そしてコロナウィルスと付き合いながらなるべく普通に生活しようという落ち着きを取り戻しつつある日本。 私はコロナウィルス発生前から、この落ち着いた日本へとタイムスリップしたので、みんなと一緒にこの過程を過ごしたわけではない。 だから私にとっては、様子が変わった世界へ突然に飛び込んだ感覚。 なんだかまだ少し、海外旅行をしている様な気分。

  • 14日間の自主隔離生活中に食べたスーパー&コンビニごはん|日本のお弁当は最高だ

    成田のホテルで過ごした、14日間の自主隔離生活。 食事は、スーパーやコンビニのお弁当。 1食500円前後で美味しいお弁当が食べられるのだから、侮れない。 スーパーやコンビニのお弁当だけだなんて、絶対に飽きるだろうと思っていたけれど、全くそんな事はなかった ラインナップとクウォリティが素晴らしすぎるよ、日本のスーパー! という事で、今回は自粛中に食べたお弁当のお話し。 え?そんなのどうでも良過ぎる??笑

  • 14日間の隔離生活開始|GO TO TRAVELでお得にホテルステイ★

    海外からの帰国者は全員、帰国日の翌日から起算して14日間「自主隔離」をしなければならない。 公共交通機関を使わずに自宅に帰宅できない人は、ホテルなどの公共施設で過ごす事になる。 以前は「帰国者用の宿泊施設」というものを検討していた。 成田空港まで送迎付きだし、キッチン付きの個室なので自炊も可能。 だけどGO TO TRAVELのおかげで、ホテルに格安で滞在できる様になったので、そちらを利用する事に。 通常料金の35%引きで利用できるのだから、かなりお得! 帰国がもう少し早ければ利用できなかったから、かなりラッキーなタイミングで帰国できたと言える。

  • ついに帰国!乗客僅か〇人のマレーシア航空のVIP対応&帰国後の抗原検査の流れ

    朝5時、空港のベンチの上で目が覚める。 寒かった。 パーカーにダウンジャケットも羽織ったけれど、それでも寒かった。 寝袋も、預けずに持って来れば良かったな。

  • カトマンズ空港、まさかの入場拒否!?コロナ禍での国際線利用はひと苦労

    [jin-fusen1-even text=【ネパール帰国難民生活】2020/09/09] [jin_icon_drop

  • さようならポカラ!チャータータクシーで首都カトマンズへ移動するよ

    朝、目覚まし時計の音に起こされる。 目覚まし時計の音で目覚めるなんて、一体何ヵ月ぶりだろうか。 身支度を済ませて、昨日土砂降りの雨のせいでずぶ濡れになった洗濯物を回収。 宿泊客がほとんどいないのをいいことに、空き部屋に干してファンを全力で回して乾かしていた。 うん、だいぶいい感じに乾いている。

  • ポカラ最終日の夜|私の大好きなポカラのレストランと大忙しの荷造り

    ある日突然にロックダウンが始まり、「帰国難民」となって約5ヶ月と2週間。 ロックダウン前の滞在を含めると、約6ヵ月もの間ネパールで過ごしていた事になる。 そして、そんな終わりの見えない日々も、どうやらようやく終わろうとしているみたい。 「旅」ではなく「生活」をしていたネパールでの日々。 それは「日常」だったのか、それとも「非日常」だったのか。

  • ポカラからカトマンズへの移動準備|通行許可証の取得とタクシーの手配

    9/10のフライトで、ついに日本へ帰国する事となった。 首都のカトマンズはまだロックダウン中で、都市間の長距離移動も許可されていない。 滞在中のポカラから空港のあるカトマンズへ行く為には、タクシーを手配して通行許可証を取得しなければならない。

  • ネパールの国際線フライトの運航再開!?帰国方法について考える(2)

    延長に次ぐ延長で、再開の兆しが全くなかった国際線フライト。 長い間「運航停止期間の延長」といった形の通達が続いていたのだけれど、「8/17に運航再開!」とはっきりと宣言されたのが7/21。 今回はもしかしたら本当に出るのか!? と思ったのもつかの間、ロックダウンの解除により感染者が増えたネパールは再度のロックダウンに入り、更に国際線フライトの再開も8/31まで延期になり、そして間もなく9/1まで延期になっていた。 そして、8/28。 大使館から、「9/2から再開!」の連絡が来た。 5日後に、第一便が飛ぶと言う事になる。

カテゴリー一覧
商用