searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

飲みすぎさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

「まずは形から」なんて言いますが、テニスをしていると「世の中は外観から形成されていく」とよく思います。だから「基本」が役に立たないのは当たり前。正誤以前にまず基本(と言われるもの)が無ければ形にすらならないからです。そんな世の流れを理解した上で立ち向かうべき課題とは、テニスの基本をより成熟させていくことではないかと思うのです。「初めからある答えなど無い」それを教えてくれたテニスに感謝です。

ブログタイトル
テニス技術の覚書
ブログURL
http://tennisnotice.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
テニス技術で悩みに悩んで既にライフワークのブログです・・・。テニス技術でお悩みの方のお役に立てたら幸いです。
更新頻度(1年)

4回 / 348日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2019/08/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、飲みすぎさんの読者になりませんか?

ハンドル名
飲みすぎさん
ブログタイトル
テニス技術の覚書
更新頻度
4回 / 348日(平均0.1回/週)
読者になる
テニス技術の覚書

飲みすぎさんの新着記事

1件〜30件

  • 薄いグリップの昔のフォア雑記(2020/2/6~ )

    難しい「薄いグリップの昔のフォア」に改めて向合い約7年・・・得たことを追記形式(上に追記)で書いてみようと思います。 ・インパクトを見直す ・グリップを見直す ・スイングを見直す ・その他■雑記(2020/6/18)(無駄な雑記なのですぐ消す予定です・・・)以前書いた記事「テニスで角運動量保存則は「罠」である!」 (←クリック)の理解が少し深くなったので書いてみます。 おまけです・・・すぐ消す内容ですが、先の記事には入れて...

  • そもそもモーメントって何? (独り言、2020/1/5)

    テニスの軸回転を改めて考えていて、「モーメント」という力学の基本中の基本でハマってしまいました・・・。物の動きは「モーメント」と「力」で考えますが、そもそもモーメントって何なのか、何故、入力する「1つの力」に対する出力が「2つのモーメントと力」に別れるのかと・・・これはおそらく・・・力が物体に入力され拡散する時、その力の伝わりを以下に分けて考えた方が分かり易いからではないかと。・「せん断(力が同方向に伝わる元)...

  • テニスの回転軸 雑記(2019/9/27~)

    久々に「回転軸」について考えていて、思うことを追記形式で幾つか書いてみようと思います。 (随時追記。数回は続けたいです・・・)■「体軸を動かす打球方法で、果たして  打球時の肩の負荷は緩和できるのか?」(2019/12/8)この分かり易い解を探して探して・・・既に数ヶ月(泣)●体軸=回転軸 では、前にスイングするのに 後ろに下げる部分が必要になる。(非効率) ※後ろに下げた部分につられて他の部分も  後ろに下がり所望のス...

  • テニスの「軸」理論には罠がある!

    今更ではありますが、以前から書きたかった「軸」について書いてみます。以下の内容は簡単でも重要なのですが、未だにこの話を見ないのは何故・・・(涙)「フォアハンドは軸中心の回転で打て」、「この選手は軸が全くブレない素晴らしいフォアを打ちますね」・・・等々今も昔も「軸」の話は頻繁に聞きますが、その割には軸についてのちゃんとした説明をこれまで見たことが無く、未だに軸に嵌り込んで悩んでいる人は多い気がします。(昔の自...

  • 雑記(独り言、2019/2/26~)

    追記形式の雑記です。(半年近く雑記ばかりは・・・と思いつつ)■右手フォアでは「右肩」が前!(2019/7/25)色々批判が聞こえてきそうですが、ちょっと待って下さい。右手の片手バックハンドが打ち易いのは「右肩が前だから」。その理屈で考えれば、右手フォアで右肩が前だと都合が良い・・・ではないでしょうか?まあ理屈はさて置き、自分(飲みすぎ)は上記の認識を持った後にスイングフォームを1から組み直し、現在ではフォアスイング...

  • テニスで角運動量保存則は「罠」である!

    普通に誤解され利用され続けている物理法則・・・そんな話を少しだけ書かせて下さい。「フィギュアスケートで腕をたたむと 速いスピンになる理由は、 角運動量保存則で説明できる」「テニスでも大きな回転のスイングから 小さな回転のスイングにすれば スイングスピードは速くなる」さて、そんな主張をする人に質問です。■ <質問>■ 「回転の大きさの変化でスイングスピードが増すのであれば、■  そのエネルギーは何処から来...

  • 「軽く打ちましょう」を知る

    ■■「軽く打ちましょう」とは、■■■■「難しくても軽く打てるスイングを目指しましょう。■■ 軽く打てる程正しいスイングに近付くので。」■■■■という意味。■■(単純にリラックスしても軽く打てる訳では無い)コーチから「軽く打ちましょう」と言われて、「自分はドカドカ打っているのに何が

  • 「やる気」の問題?

    大切な言葉を忘れない内にメモしておきます・・・。■■ ●「やる気」と「出来る」■■ ■■  「(やる気)→(出来る)では無く、■■   (出来る)→(やる気)なのです」 (心理学者の言葉から)「出来ないのはやる気が無いからだ」「やる気の問題」「やる気を出せ」 等々、よく聞く言葉ですが、それは順番を間違えていると思うことがよくあります・・・。追伸、ただ、ではテニスを出来ない人が「出来るようになりたい!」と練習に励むのは一体...

カテゴリー一覧
商用