searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

山名美穂さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
耳のないパンを焼く41の方法。
ブログURL
https://pan-mimi.hatenablog.com/
ブログ紹介文
40代の専業主婦が子育て・社会・ペット・趣味などについて書きます。料理やインテリア、ファッション、旅行、インスタ映えなどにはほぼ触れません。
更新頻度(1年)

153回 / 365日(平均2.9回/週)

ブログ村参加:2019/06/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、山名美穂さんの読者になりませんか?

ハンドル名
山名美穂さん
ブログタイトル
耳のないパンを焼く41の方法。
更新頻度
153回 / 365日(平均2.9回/週)
読者になる
耳のないパンを焼く41の方法。

山名美穂さんの新着記事

1件〜30件

  • レビュー・シャドウサイド#16「一番やさしくNLPのことがわかる本」

    NLP関連本のレビューです。浦登記「一番やさしくNLPのことがわかる本」(白石由利奈監修)。 一番やさしくNLPのことがわかる本 作者:浦 登記 発売日: 2010/02/25 メディア: 単行本 語弊を恐れずいうなら「女性らしい視点から書かれた」本。本のタイトルの「やさしい」は"kind"の意、そんな印象です。NLPスキルを使って問題解決をした(またはしている)誰かのエピソードが多すぎる気もするけど、各スキルの説明が丁寧でわかりやすい。あと、大葉リビのイラストも受け入れやすいものが多い。こちらもネットでは新品の販売は見当たらず。中古で330円だったのでぽち。以前紹介した「NLP超入門」 プロ…

  • 【パン耳クラブ通信10】機能価値と存在価値を分ければだいたいの悩みは解決する。

    アドラーさん発。備忘録的メモ。 人間にはふたつの価値がある。ちょっと三角形△想像してもらえますか。真ん中に水平な線を引いてください。下が存在価値、上が機能価値です。存在価値はそのまんま、存在自体に価値があるってこと。機能価値は、勉強ができるとか仕事ができるとか、社会的に第三者の評価の対象となるところ。人間はしばしばこのふたつを混同して、自己嫌悪の泥沼にはまる。分かる。 ふたつの価値の間には明確な線引きがされており、本来別物なわけです。なので「年収が低い」「社会的な肩書がない」「試験が不合格だった」などなど「機能価値」での(社会的な、他社による低い)評価を、線を越えて「存在価値」とまぜこぜにし、…

  • 昔話が「残酷ではない」のはなぜか。

    しばしば起こる「昔話の残酷な表現を残すのかなくすのか」討論。昔話に明るい人と話す機会があったので記す。結論から言うと「そもそも残酷ではない」、わたしはそう理解したよ。昔は「勧善懲悪」…良いことは奨励されるし悪はこらしめられる…が当たり前。やったらやられる、やられたらやり返す。党首が殺されたら相手の首を取りに行くタイプのやつだ(曖昧)。故に昔の人に残酷云々訴えても「ハイ?なんで悪事を働いて無罪放免なんですか?」ってキレられかねない(と思う)のだ。ご存知の通り昔話の元ネタってけっこうエグいんだけど、血がぶっしゃーーー、痛みに苦しんでぐうぇぇーーー!描写ってないよね(記憶の限りない)。なので案外子ど…

  • レビュー・シャドウサイド#15

    ホイ、明けましたね?今年もよろしくお願いします。 こそこそレビュー15回目、書籍です。 望月俊孝「見るだけで9割かなう!魔法の宝地図」 見るだけで9割かなう!魔法の宝地図 [ 望月 俊孝 ]価格: 1540 円楽天で詳細を見る ちょうど自身が宝地図を作り始めたところで、より効果的な宝地図の作り方を知れたらとネットで購入。感想を一言でと言われたら「思ってたんと違った」です(目次は立ち読み機能でみたんだけどね)。なんか楽し気なジャケットから、素敵な宝地図事例がたくさん見られるのかと思ってたら全然違くて。「宝地図の科学的根拠と具体的な話を挙げて、効果を説明する本」みたいな感じだった。興味深い研究もた…

  • レビュー・シャドウサイド#14

    こそこそレビュー14回。小倉広「もしアドラーが上司だったら」。あんまりうだつの上がらない会社員男性がアドラー心理学に明るい上司「ドラさん」との関わりの中で成長する、サクセスストーリー仕立てのアドラー心理学の本です。アドラー心理学といえば!の「嫌われる勇気」より親しみやすい設定で、非常に読みやすく分かりやすい。「嫌われる勇気」を購入して読まずにわたしによこした配偶者も、1日で読了したもよう。息子も読んでいましたが途中でやめたようです。 わたしの場合、具体的には ・機能価値と存在価値の切り分け ・人間は95%できていて、できていない5%に悩む ・より大きな共同体の利益追求 ・信頼と信用の違い ・ネ…

  • レビュー・シャドウサイド#13

    化粧品のレビュー。今回はSHIRO(シロ) シアバター&ワランぶきモイストリッチクリーム。フェイス用クリームです。45gで7,000円。よいおねだんするわねぇ。見た目はクレイっぽくテクスチャもかためなんだけど、手の平の温度でゆるむので、すんなり馴染みます。前回レビューしたオールインワンゲルが230gで600円くらいであることを考えると、効果が感じられないと悲しい。が、使い始めて数日、サイコー!って感じは、正直しない。BAさんがこころから推してる感じだったので、期待値が高くなりすぎたのかもしれない。会計後にSHIRO基礎化粧品のパンフレットをもらって。全身用バームが1,800円だって、実はそれで…

  • レビュー・シャドウサイド#12

    こそこそレビューするやつ12回目。NLP関連の本をまとめて3冊go! 芝健太「プロが教えるはじめてのNLP超入門」 図書館で借りたNLPの「当たり」本。各スキルが丁寧に説明してあるNLPの辞典的良書です。ぜひ手元に置きたい本なのだけど、現在どのネットショップでも取り扱いがないもよう。中古品はやたら高い。リニューアル版とかないのかな。これに代わるNLPの本を山名は探しております。 ★★★★ 若本勝義「夢をかなえるNLP」 迷えるビジネスパーソンがカフェNLPのオーナー、リチャードにコーチングを受けるみたいなストーリー仕立て。リチャード界隈がやや胡散臭く、主人公もすぐに洗脳されそうなタイプ。出会っ…

  • レビュー・シャドウサイド#11

    どうも。久しぶりのコスメレビューです。アブグラン オールインワンゲル。230gの台容量。230g、小さめの鶏もも肉(むね肉も可)1枚分ですよ。定価3,800円が某化粧品アウトレットサイトです600円くらいだったです。以前似たようなオールインワンゲルをレビューしました。 ググるとこちらも同様にドンキ的なところでワンコインで売られているらしい。パーフェクト・オール・イン・ワン・ジェルに勝るとも劣らない「無」感。無色透明なビジュアルも手伝ってか、「無」。特別つっぱるわけではないが重ねても一向に潤わない。怒ったりしないからわりに真剣に在庫処分なのかなんなのか価格のカラクリ教えてほしい。身体中に惜しみな…

  • 【パン耳クラブ通信9】相手に伝わらないのは自分のせい?

    NLP的には「相手の反応が自分のコミュニケーションの成果」って考えがあるですよ。でもさ、誰がなに言っても通じない人いるよね……と考えながら、それってつまり、自分はもうその人と打ち解けるための努力はしないって決めて終わった…ってことなんかしらとふと思いました。反応が悪いからといって、相手が悪いと決めつけてしまわなければ、とりあえずはいいのか。こちらにも「もう大丈夫です☆」と線引きする権利はある。自分でできることはやるけど、好かない相手に自分が悪いと悩むのもナンセンス。線引き。最終的には自分が線引きするだよ。だぁ!土足で踏み込んでくるタイプへの対応方法は⁈図書館で借りた12冊のNLP関連本を読み終…

  • 結局みんな掃除は嫌い。

    少し前に中高年のごみ屋敷が増えているみたいなニュースを読んだ。へぇ。ひとり暮らしの老人だったり、親の介護を終えた50代だったり。孤独死はごく身近な話である。そんな感じでした。その数日後「片づけられない20~30代が増多い」という記事を発見。曰く彼らの親世代、40~50代はなんでもやっちゃう世代(なんだよその世代)で、子どもに片づけ・捨て方を教えることなくきちゃったもんで、20~30代になった子どもは物の捨て方がわからず、でも買い方は知っていて、結果汚部屋のごみ屋敷……とのことでした。つまるところ、全世代でごみ屋敷化は増えており、みんな掃除が好きではないという結論に達した、わたしの中で。巷にはミ…

  • 100回続けても変わらない説。

    特化できる分野がないならブログでもなんでも100回続けると次のステージが見えてくるみたいな話をここ数日で何回か目にした。へぇ。何人かの人がそう言っているんだからある程度信ぴょう性がある話なんだろうな。コーチングやNLP、心理学のスキルや知識をシェアしようと作ったInstagramのアカウント。現在投稿数は30。あと70ポストしたら心理のプロになれるのだろうか。よーしがんばるゾ。ところでこのブログの記事数は300近いのであるが特になんにも変わっていない。おかしいな。いいんだ別に。 メリー・クリスマス☆

  • ジェシーがLITTLE MIXを脱退する。

    LITTLE MIXのジェシーが脱退した。健康上の理由である。こころない中傷などでメンタルが不安定になったりしてたのは知っていたけど、脱退にまで至るとは思っていなかったので、ちょっとショックだったりする。わたしが悲しいとか残念とかいうのも違うと思うんだけど、密かなジェシー推しとしてはなんとも言えない気持ちでおります。ジェシーが心身の健康を取り戻し、彼女らしく新しい一歩を踏み出すのを願います。否否。脱退と休養がすでに大きな前進だと思うです。 ところでLITTLE MIXの"Sweet Melody"とCitizen Qweenの"Call Me Qween"の衣装が似ているのだけど、ああいうの流…

  • 宝地図を作ったらカオスだった話。

    カオスなんて使い古されたことばは嫌なんだけど他に表現も思いつかないのでカオスといいます。宝地図を作った。宝地図(またの名をビジョンボード)というのは、自分が手に入れたいものなどの写真や絵を貼って、夢や目標を実現させようという板だか紙だかのことです。よく目標は紙に書き出すといいますけども、それの可視化版、ビジュアル版くらいに思うといいんじゃないかな。わたしが知ったのは自分の写真を中心に、手に入れたいもの・大切なものの写真を 貼っていくというものだったです。早速手帳の空きページに作成開始。まず自分の右上に諭吉が乱舞する写真を貼った。その次におネコの写真を3枚ほど。それから家族写真。わたしは、とにも…

  • 人はなぜ占いを必要とするのか考察。(メモ)

    なぜ世の中にスピが溢れているのか。なぜ時代が変わっても占いは衰退しないのか。そんな話が少し前に出た。最近心理系の本読んだり動画観たりしてて「人は自分に都合のいい情報を取りに行く」みたいな話があった。そういや占いも、結果から自分の境遇や思想と重なる部分を見つけて「そうそう、やっぱり?分かってくれる?当たるー!」と感じるところにフォーカスして、「それは違う」ってとこはさして注目せず読み飛ばしがちだなって。それって正に、占い結果から自分に都合のよい情報だけを勝手に読む側が拾ってくれる便利なシステムなわけで。そら永遠になくならんわな、と腑に落ちた話です。当たるとか当たらないとかではなく、わたし達は占い…

  • 人は事実ではなく感情で動く。(メモ)

    「もしアドラーが上司だったら(もしアド)」を読んでいる。「嫌われる勇気」もそうだったけど、自信のない若者にアドラー心理学に明るい年長者が働きかける物語仕立てで書かれている。人の感情を掻き立てるために、ストーリー性を持たせているのかな、と思う。もしアドは日本の若いビジネスマンが主人公なので、よけいにわたし達は共感しやすい。その手には乗らん。と、斜に構えて読んでます。嫌われる勇気より、ずっと読みやすいです。人間の脳は複雑であり、非常にシンプルでもある。それを体感・実感できた瞬間から、人生は動き出す。です。脳のありかた、扱い方。うまく使えば、成長・利益。悪く使えば、搾取(詐欺)。「コロナで収入、不安…

  • レビュー・シャドウサイド#10

    こそこそレビュー。今回も書籍です。清原康正監修「小説を書きたい人の本」。なかなか興味深くふむふむと勉強になったと同時に過去書いた小説にものすごいダメ出しを頂戴しました。コレはやめましょうって書いてあることをことごとくやってしまいましたよ……。実を言うと起承転結ってピンとこないんだけど「シンデレラ曲線」はすごい分かりやすい。物語を創るのによいガイドがあるものだ。物書きを目指される方は是非とも読まれぇーい。

  • 小6に厨二病を説明するべきか否か。

    勉強にしろスポーツにしろ、失敗する姿を人に晒すのは格好悪いし怖いと息子談。なんでもかんでも中途半端で人より突き抜けて優れたところがない僕はダメだ。苦手なものならある、アレもコレも…的お話が先日。おかんわたし、また無意識に説得に入る。パーフェクトな人より弱みが見られる人の方が魅力的ではないか。君だって友だちが失敗したからってなじったりバカにしたりはしなかろう?そういう事する人がいたらその人がアレだよ。人より抜群に優れたところって…あんた小学生じゃん。まだ見つかってないだけだって(おかんは見つからないまま42歳になったけどな!)。まあ答えは出ないし、一旦解散。最近夜な夜なYouTubeで過去にマル…

  • レビュー・シャドウサイド#9

    こそこそレビューするヤツ8回目。書籍、木村佳世子「図解やる気と脳力を引き出すNLPコーチング術」。難しくて分からんわ。NLPとはなんぞやと全体を知りたくて図書館で検索して出てきた少ない選択肢の中の1冊。初心者なのか管理職なのか…誰に向けて書いてるのかよく分かんないけどアホウなわたしにはよう分からんだ。この本を読んでもググっても「NLP」を一言でばしっ!と説明してくれる文言に未だ出会えない。なんかこう、噛み砕いて短文で説明しようとするとふわっとした「脳の仕組みを使ってポジティブに」みたいはことばになる。うーん。で、本の最後の方に書いてあった通り「全てはリフレーミング」なのだと思う。コーチングする…

  • 校長先生から電話がかかってきた話。

    先日初めて校長先生から電話がかかってきた。ひぇぇぇ。しかも夜だよ。なにやらかしたんだよ息子!と思ったら、「今回行事で生徒の〇〇が△△の事情で□□になりました。該当する山名さんに事前に言えなくてすみません」ってとんでもないこちらの都合を学校でご配慮いただいているのに校長先生がわざわざこちらこそすみませんって話でした。で、まぁこういうお電話の対象はわたしだけではなかったようで。「今回周知が遅れたことの謝罪お手紙を今作ってるんです」と。ん?「こんな文言を入れようと思うんですけど、(読み上げ)、ご不快になられたりします?」と。なぜにわたしに聞くか。どこかから「山名の母は文章大好きおばちゃんであると漏れ…

  • 【パン耳クラブ通信#8】おとんが子どもに武勇伝語りがちな理由。

    とりわけ父親が子どもと「よし!話すぞ!」ってなって、すわ会話ってなっても、普段関りが少なく子どもの日常生活を知らないから話題が見つからないってことはままあるらしい。話題がないから話が弾まない。話が弾まないからおとんが自分の昔話して終わっちゃう。あるいは「お前も~しろよ!」みたいな結論で終わる。それで満足するのはお父さんであって聞かされただけの子どもは特に面白くないわけだ。そういえば我々の親世代も「あんたが子どもの時はこうだった」みたくよく言わない?ありがたく拝聴すべきなのかもだけど正直なところだからなんやねんて思いますすみません。それも現在離れて暮らすわたしと親との間に、あんまりコミュニケーシ…

  • 【パン耳クラブ通信#7】「○○しなさい」は指示待ち人間製造マッシーン。

    チャイルドコーチングアドバイザー®の試験合格のお知らせ及び認定証がきました。パチパチパチ。ほいアウトプット7回目。子育てにおいて「〇〇しなさい」って指示命令がよろしくないのは有名かと思う。思うが書く。まず子どもは一方的に命令されるだけなので気分が悪い。いくら正しいことを言われても受け入れにくくなる。一方向コミュニケーションなので子どもの意見・思想は組み込まれない。「うっせー」「違う!」と反抗されるならまだいい。そのうち親(先生・大人)には「言ってもムダ」「どうせ聞いてくれない」ってことになって黙る。言うこともないので考えなくなる。ハイハイ大人の言うことに従っておけば人生いいわけしょ?ってなる。…

  • 注意喚起のつもりが脅してた話。

    元来慎重な性格で初めてのことに積極性を見せない息子であるが、もうこれくらいはするっとできるだろうなってことを「ひとりでしれ」って言ったら予想外に嫌がった。困った。明日明後日にやってもらわんと困る。いや、やるしかないんだ。応援したりことばをこねこねしても根本的なご不安は払拭できない様子。どうしたものか。先日人生における2回目のコーチングがあったんでコーチにこの件を話したところ「これまでに意図せずとも恐怖を煽る声かけしてこなかった?」みたく聞かれたうわ思い当たる節がありすぎるるる。ゲーム機を外でやるのはいろんなトラブル源になるから危険だよ。帰り道は慎重に周囲をよく見て。あの建物は死角が多いし不審者…

  • 【パン耳クラブ通信#6】子どもとの「約束」は単に親が決めたことだったりする。

    子どもが約束を守らない。うんあるある。ところでそのお約束、出どころはどこだろうか?紐解くと親の「こうしましょうね」に、子どもが「イエス、マム」と言っただけだったりする。一見互い同意の上に成り立ってるようだけども、その実子どもの意思は汲まれていないうんあるある。ソフトな指示命令。約束したにもかかわらず、履行しないばかりか他ごとを始めるなんて話もしばしば聞く。親にやれって言われたことと、自分で思いついたことと、どっちに意欲的になるかっていったら後者である。致し方ない。ルールや約束ごとの取り決め時には子どもも参加させたげて。採用はできなくても意見は聞いたげて。「参加させる」だけじゃ意味がない。「参加…

  • 【パン耳クラブ通信#5】リフレーミング。

    コーチングに関して5回目は「リフレーミング」。フレームに接頭辞リがついたタイプのよく聞くやつ。ともすればネガティブモードで生きてきたわたしには気持ち悪く聞こえる「どんなことも、ポジティブに考えよう☆」みたいな話。こういうふわっとした表現は好かんで地に足をつけて考えよう。自分が事実の前に掲げてる枠(フレーム)を別のものにしてみる、別の枠に入れて別角度から見てみる。つまり視点を変えて物事見ようってシンプルな話。よくあるのが容器に水が「もう半分しかない」か「まだ半分もある」例えですね。耳にタコタコタコタコって拒絶反応起きそうだけど、もう少しほじくる。そこそこ夏っぽい日に、目的地までの距離があと2/3…

  • 【パン耳クラブ通信#4】コーチングとカウンセリングの違い。

    はい、アウトプット4回目。カウンセリングとコーチングの違い。カウンセリングは、感情と過去に焦点を置いたアプローチ。相手の気持ちや感情を受け止めて、過去に遡って原因を探して、抱えている問題解決を目指す。癒し効果です。こころエナジーがゼロ未満の人を、ゼロ以上まで戻す感じ。コーチングは行動と未来に焦点を置くです。今の感情を受け止め、その先の行動を一緒に考えて、解決を目指す。カウンセリングとコーチングには共通項が多い。相手の今の感情・気持ちを大切に受け止める。傾聴する。サポートする……。でも精神的ダメージが大きい、例えば精神疾患を患ってるとか、そういう人にコーチングはほぼ機能しない。足の骨折れてる人に…

  • 【パン耳クラブ通信#3】コーチングとティーチングの違い。

    シェアという名の備忘録その3。コーチングとティーチングの違い。ティーチングは教える側の知識などを相手に習得させる一方向のコミュニケーション。ティーチング方式の子育てだと、子どもは教える側の限界を超えられない。教わった以上のことは、分からない、知らない。未知のできごとに遭遇しても、「習ってないから」対応できない。「考える機会」を与えられずにくれば、自分で考えることができなくても致し方ない。対してコーチング。相手の話を聴き問いかけることで、本人から夢・目標・行動・自発性などを引き出す双方向のコミュニケーション。子育てではコーチ役の大人、が子どもの可能性を一緒に見つけていくです。自分で考え行動するサ…

  • 残念な老人たち。

    駅ビルが老人でごった返していた。パンを買おうとしたら老女が割って入ったので譲った。彼女はノールックでレジにパンを置いたが、そこから財布探しが始まる。否否。複数お持ちのかばんを全部目の前に広げるとこから開始。待てど暮らせど財布が出てこない。店員さんがレジを打って(っていうのかな)商品を差し出してもまだ出てこない。わたしの背後に人が待っている気配がする。譲ったことを若干後悔した。あー。わたしはピッて払うだけなのよねぇと思いながら待った。老女はわたしをノールックのまま去っていった。店員さんがわたしに向かって言う「お待たせしました」にいろんな感情が混ざりすぎてる。だいじょぶアナタハナンニモワルクナイネ…

  • 【パン耳クラブ通信#2】「コーチング」ってなに?

    勉強したり本を読んだりしているチャイルドコーチングやNLPについて。2回目「コーチングってなあに?」。これを1回目に持ってくるべきだった。コーチングは「相手から『目標・夢・意欲・行動・自主性』などを引き出す『教えない』アプローチ」である。コーチングには「答えはコーチングを受ける人が持っている」という原則がある。つまり親が答えを与えるのではいけないのだ。子どもの話を聴き質問することで、本人が自分の中から答えを導き出すわけだ。具体的には子どもに「どうしたらいい?」って聞かれたら「○○しなさい」「○○に決まってるでしょ」じゃなくて、「君はどうしたい?」「どうしたらいいと思う?」「そのためには、なにを…

  • 【パン耳クラブ通信#1】コーチングの「コーチ」、語源は「馬車」

    チャイルドコーチングの勉強したりNLPの本読んだりしてるので学んだことを書くです。今回は「コーチング」の語源について。「コーチング」の「コーチ(coach)」の語源は「馬車」、「人や荷物を目的地まで届ける馬車」の意が「大切な人を、その人が望む行き先まで送り届ける人」に発展。チャイルドコーチングにおける「大切な人」とはつまり「子ども」であり、行き先を決めるのも子ども自身である。コーチングする側に立つ親ができるのは「支援・サポート」で、「ヘルプ」ではない。コップの水をこぼさないで運べるようになるまでお付き合いするわけで、こぼさず運べないから親がやっちゃうのではいかんわけだ。水入りコップを無事運ぶ能…

  • レビュー・シャドウサイド#8

    こそこそレビューするシリーズ8回目。今回も書籍。 内山明子「たった1日で叱らない・イライラしないママに変わる!魔法の『NLP子育て』」 魔法の「NLP子育て」 作者:内山 明子 発売日: 2010/07/22 メディア: 単行本 個人的5段階評価 ★★★★☆ NLPの入口が分からなさすぎたので、切り口が子育てなら読みやすいかな、と。 NLP的アプローチがちょこちょこ書いてあり、具体例も多く分かりやすい。「ちょこちょこ」が超初心者にはありがたい。チャイルドコーチング(や、他の心理学も多分)とNLPの共通項も見つけられてよかった。巷によくある「子育て中のママ、がんばってるね。たまには楽していいんだ…

カテゴリー一覧
商用