住所
出身
ハンドル名
maemuki-koushiさん
ブログタイトル
大学非常勤講師日誌―日々を、前向きに―
ブログURL
https://maemuki-koushi.hatenablog.com/
ブログ紹介文
大学の非常勤講師って、いったいどんな仕事・立場なのだろう?複数の大学で仕事をする立場から、大学毎の違い、大学生との関わり、研究、ライフスタイルなど、大学非常勤講師の実情を綴ります。
自由文
-
更新頻度(1年)

7回 / 27日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2019/06/19

maemuki-koushiさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 07/16 07/15 07/14 07/13 07/12 07/11 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 966,596サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 10 10 20 40 20 30 140/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
教育ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,372サイト
教育論・教育問題 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 658サイト
大学教育 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 324サイト
教育者(大学) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 45サイト
今日 07/16 07/15 07/14 07/13 07/12 07/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 35,684位 36,972位 35,699位 36,994位 38,515位 45,970位 51,706位 966,596サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 10 10 20 40 20 30 140/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
教育ブログ 141位 152位 138位 148位 147位 209位 239位 9,372サイト
教育論・教育問題 28位 30位 29位 29位 29位 34位 38位 658サイト
大学教育 5位 6位 5位 5位 8位 9位 10位 324サイト
教育者(大学) 3位 3位 3位 3位 3位 3位 4位 45サイト
今日 07/16 07/15 07/14 07/13 07/12 07/11 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 966,596サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 10 10 20 40 20 30 140/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
教育ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,372サイト
教育論・教育問題 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 658サイト
大学教育 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 324サイト
教育者(大学) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 45サイト

maemuki-koushiさんのブログ記事

  • 大学教員公募について、考える。

    文系の研究者として身を立てるには、大学の専任教員を目指すというのが王道です。しかしながら、大学の専任教員のポストに就くのは、本当に難しいことだと、感じています。公募の場合、1名採用のところ、数百人応募してくるということも。まれにスルっとなれる方もいらっしゃいますが、現役大学教員の多くの先生方は、苦労した末に職を得られたと思います。 私も、その難しいチャレンジの渦中にいます。まだ一度も呼ばれたことがないので、いったい、どうやったら公募で採用されるのか、いや、せめて面接まで辿り着けるのかと悩んでいるところです。そんなときにネットで検索をしていたら、「武蔵野日記」という、大学の教員をされている方のブ…

  • 大学非常勤講師が「研究」を仕事にする方法~その③~

    前回、前々回のブログに引き続き、「大学非常勤講師が「研究」を仕事にする方法」です。その①では、自分の研究に関係する研究所で仕事をするという方法、その②では、研究している行為自体を仕事にするという方法を紹介しました。今回(その③)は、ずばり、 研究を事業にしてしまうという方法です。 研究を事業にするとは? 大学非常勤講師は、その多くが研究者です。私も、自分自身を大学の非常勤講師であり、研究者だと思っています。例えば、レストランのシェフが料理をつくること、映画監督が映画を製作することが本業であるように、研究者にとっての本業は、研究をすることです。 研究者にとって、研究をすることが本業なのは納得いた…

  • 大学非常勤講師が「研究」を仕事にする方法~その②~

    大学非常勤講師が、「研究」を仕事にする方法として、前回のブログ(「大学非常勤講師が、「研究」を仕事にする方法~その①~」 )では、自分の研究に関係する研究所で仕事をするという方法を紹介しました。今回は、「研究している行為自体を仕事にする」という方法です。 非常勤の研究員になるという方法 非常勤講師をしながら、研究している行為自体を仕事にする代表的な方法は、日本学術振興会特別研究員(いわゆる(PD・DC2・DC1)*1になることです。研究に従事するという名目で、月給(20万円)と研究費(年間150万円)が支給されます。大学院博士課程に在学している(していた)方なら痛いほどお分かりだと思いますが、…

  • 大学非常勤講師が「研究」を仕事にする方法~その①~

    前回のブログで、大学非常勤講師のワークパターンについて、自分のことを事例に書かせていただきました。 maemuki-koushi.hatenablog.com 私の場合、非常勤講師の仕事が約60%、それ以外が40%です。非常勤がメインにはなりますが、それ以外の割合も決して少なくありません。 「研究は仕事にならないものか」と模索する 大学非常勤講師の方は、学会等に所属し、何らかの形で研究をしている方(広い意味での研究者)が多いと思います。私もそのうちの1人です。大学で授業を担当することは、もちろん有意義で楽しいと感じていますが、私にとって、研究をすることは、何より面白く、大好きなことです。 とこ…

  • 大学非常勤講師のワークパターン

    大学で非常勤講師をしていると、同じ非常勤講師でも、専業非常勤講師(「大学非常勤講師の2大パターン」参照)の方だけでなく、本務校や本業がある兼業非常勤講師*1の方など、実にいろいろな立場の方がいらっしゃることに気づかされます。大学非常勤講師という仕事は、さまざまな立場の方がしているという点に、その特徴があると思います。だからこそ、自分がこの仕事とどう関わっていったら良いのか、大学非常勤講師という仕事を自分らしくするには、どんなワークパターンがいいのかを日々模索しています。そこで、大学非常勤講師のワークパターンを整理しながら、そのワークパターンについて考えたいと思います。 大学非常勤講師の2大パタ…

  • 心を打たれたオファー

    自分が大学で非常勤講師をする以前、ゼミの先輩方から、「一度非常勤をやると、どんどん声がかかるよ」という話を聞きました。その時は、まだ、全く声がかかっていなかったので、「一つだってすごくありがたいのに、いくつも声がかかるなんて、夢のような話だなあ」と思っていました。そんな私も、博士課程の4年目になる2016年度から、非常勤講師をさせていただくことになりました。最初は、2つの大学で3コマ持たせていただくことになりましたが、非常勤講師を始めて約1ヶ月後、ゼミの先輩が専任の仕事が決まったとのことで、後期(秋学期)から本ブログのC大学で1コマ担当することになりました。さらに翌月、本ブログのA大学では、自…

  • 授業中の学生さんの発言を受けて

    今日は、B大学で授業(教職課程の科目)でした。 ところで、教育課程の授業を担当していると、履修している学生さんのうち、親御さんが教員というケースに少なからず遭遇します。授業中に、親御さんが教員をされているある学生さんが、学校の先生に、 「あなたの親御さんは先生なんだから、〇〇できるはず(なのに、何故できないの?)」 と、レッテルを貼られたのが、辛く・苦い経験だったと話して下さいました。 この発言を受けて、このこと自体が看過できないことで、きちんと問わなければならないことだと思いました。もう少し具体的にいうと、 教師はなぜ、他者に対し、レッテルを貼ってしまうのか ということです。これは、自戒を込…

  • 毎週の秘かな楽しみ

    大学の非常勤講師は、複数の大学に出校している場合が多いと思います。私は今年度、6つの大学で授業及び研究関係の仕事をしています。1つの大学には週に1回しか行かないので、平日は、毎日違う大学に行っていることになります。 非常勤講師を始めたばかりの頃は、大学毎にシステム、環境、設備等が違うので、それに慣れずに戸惑うことが多かったです。ですが、非常勤4年目の今となっては、その状況にずいぶん慣れたと思います。元来、旅好きなので、毎日違う大学・街に行けることが、かえって楽しいと感じるようになりました。 さて、曜日毎に違う大学に行くことの秘かな楽しみは、何といっても「ランチ」です。各大学の教職員用の食堂、学…

  • 100分授業になって…

    大学の1コマは90分のところが多いですが、ここ数年、100分に変わったところも増えてきたように感じています。私は現在(今年度・春学期)、4つの大学で授業を担当させていただいていますが、そのうちの1校が今年度から100分授業になりました(100分×14回)。 今年から100分授業になった大学(以前のブログでご紹介したA大学)は、今年で授業を担当して4年目。昨年度までは90分×15回だった授業を、100分×14回で行うので、だいぶシラバスを変える必要がありました。授業の総合的な長さは同じでも、回数が減るので、実際的に扱える内容は精選せざるを得ません。それに加え、1コマが100分になると、授業を履修…

  • 昨年度の業務を振り返る①-博論の執筆と仕事の効率化―

    昨年6月に本ブログを書き始めたものの、その後公私ともに激務となってしまい、ブログを書くことができなくなってしまいました。現在は多少落ち着いたので、今まで書けなかった分として、昨年度の業務を振り返っておこうと思います。第一弾として、激務の最も大きな要因であった、「博士論文(以下、博論)の執筆」と、そのために仕事を効率化する必要性にせまられていたので、そのことについて書きたいと思います。 ** 博士論文の執筆は、とにかくハード 昨年度までは、博士課程に在学中の身で(いわゆるオーバードクター)、非常勤講師をしている状態でした。特に昨年度は博論を提出する年度だったため、研究と非常勤(+α)の仕事の両立…

  • 学生の相談

    昨日と今日はA大学で授業でした。昨日の授業が終わった後に講師室に戻ろうと、学内を移動していたところ、学生さんに呼び止められました。2年前に授業を担当していた方(2人)でした。近況報告などを聞き、充実した学生生活を送っている模様。二人とも教員免許を取得していて、実習先が決まったこと、そのうちのお一人は本気で教員を目指す決心をしたと話してくれました。非常勤講師という立場なので、基本的には授業での関わりですが、こうして数年経っても近況などが聞けるのは、とても嬉しい限りです。しばらくお二人の学生さんと話をしたあと、そのうちのお一人と向かう方向が一緒だったので、道すがら話してました。話が止まらず、結果的…

  • 非常勤講師が受けられるサポート&サービス その3

    今日は、C大学で授業でした。今年の前期に担当することになった授業は、選択科目ということもあり、履修者が4人と少人数。その分深い議論ができるのがいいです。今日は、C大学のサポート&サービスについて、紹介します。給湯室の利用 出勤時に事務室にて、講師室の鍵、コピーカード、カードキーの3点セットを渡されます。このカードキーは、給湯室の鍵で、教職員だけ利用できるようです。中に入ると、お水とお湯のサーバーがあり、さらにティーパックの緑茶、ほうじ茶、インスタントコーヒーが用意されていて、自由に飲んで良いことになっています!お砂糖やミルクも用意されています。たまに、シンクの脇や冷蔵庫の中に、教職員さんからと…

  • 研究者として工夫していること―研究時間の確保について―

    大学非常勤講師の場合、担当するコマ数は、人によって、あるいは専門分野によっても違いがあると思います。私の場合、月~木曜日が大学での非常勤講師+αの仕事、金~日は自分の研究や調査、翌週の授業準備、学会や研究会への参加に充てています(もちろん、休息を含むプライベートな予定も)。 大学非常勤講師というのは、担当する講義に対してその対価をいただく仕事ですが、各専門分野の研究者ないし専門家・実務家です。私は教育学が専門ですが、少し前まで実務家であり(後述)、現在は研究者ということになります。今日は非常勤講師の研究者の側面について書きたいと思います。非常勤講師が研究を行うには、制度面・資金面・環境面等にお…

  • 各大学のサービス&サポート その2

    今日は、B大学で講義でした。小規模な女子大で、一クラスの人数は少なめ(30人弱)な、アットホームな雰囲気です。小さな森の中に大学があるといった感じで、緑が多く、とても景色が良いところです。 さて、今日はそんなB大学のサービス&サポートを紹介したいと思います。 印刷サービス A大学に引き続き、印刷サービスについて。B大学の印刷システムは、原則印刷室のスタッフの方に印刷していただきます。教員が使えるコピー機は一台しかないということもあり、全面的にお願いしています。3授業日前までなら、メールで印刷原稿と申込書を送ると、講義までに印刷していただけます。また、当日でも講義の一時間くらい前までならOKとの…

  • 非常勤講師も利用できるサポート&サービス その1

    今日は梅雨らしい天気。弱い雨、かえって濡れますね…と書いていたら、忘れ物(レインコート)に気づき、大学までUターンでした。 さて、一昨日のブログに、3つの大学で授業を担当していると書きました。仮にそれらの大学をそれぞれA大学、B大学、C大学とします。一昨日と昨日はA大学で講義でした。前日のうちにほぼ準備が終わっていたので、資料を持って教室に行けば良いだけでした。といっても、すべて自分で準備したわけではありません。A大学には、印刷サービスはじめ、非常勤講師(以下、非常勤と略記)も利用できるサポート&サービスがあります。実にありがたいです。 非常勤が利用できるサポートやサービスは、大学によって違い…

  • 大学非常勤講師、前を向く

    はじめまして。るりたまと申します。大学非常勤講師を始めて、3年目になりました。現在、3つの大学で、教職・教育関係の授業を計5コマ(通年では10コマ)担当しています。昨今の大学非常勤講師に関する報道等は、雇い止め、高学歴低所得、専任教員との所得格差といった、どちらかというと明るくない話題が多いように思います。私自身もそのような報道・記事等を見て、落ち込んだり不安になったりしたこともありました。そんな状況なので、大学非常勤講師について、もっと前向きで明るいことを話題にする記事があってもいいのではないかと思うようになったのです。そこで、大学非常勤講師という仕事について、まず自分が前を向き、あえて前向…