searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

野原ヘイヤさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
rinomo.club
ブログURL
https://rinomo.club
ブログ紹介文
ライフログです。
更新頻度(1年)

44回 / 313日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2019/05/20

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、野原ヘイヤさんの読者になりませんか?

ハンドル名
野原ヘイヤさん
ブログタイトル
rinomo.club
更新頻度
44回 / 313日(平均1.0回/週)
読者になる
rinomo.club

野原ヘイヤさんの新着記事

1件〜30件

  • コールマンのスキレットを手にいれた

    大きめのチキンに焼き目をいれたらフライパンごとストーブに置くだけ。ストーブに置くだけ調理は僕にとっての冬の風物詩であり僕にとっての冬ご飯。(季節はすでに春ですけど・・・)2020年1月のある晩、いつものようにチキンの焼ける音に耳をかたむけな

  • オムライス流行りがきてます

    今年になってからオムライスをちょいちょい作るようになりました。それはマイブームといっても過言ではないと思います。実のところ(べつに内緒にしていたわけではないけれど・・・)、これまで僕のフェイバリットにオムライスは含まれておらず、僕はケチャッ

  • 柔らかくて肉汁溢れるとろける肉だけが美味しい肉なのでしょうか?

    ステーキ用の鉄板皿でばかり肉を食べているけれど、いい加減、飽きてきています。肉を口いっぱいに頬張りたいとの欲求が嘘のようになくなりました。人間、過ぎるのはよくないとあらためて実感している今日この頃です。さて、今回は牛サガリの鉄板焼きでもと思

  • NRUCのポーチ

    栃木県真岡市にアトリエとショップをかまえるアウトドアのガレージブランド、NRUC(ヌルク)。現在、僕が愛用するポーチは同ブランドのGODARD(ゴダール)という商品。そのゴダールを僕は洗う暇がないほど何時も持ち歩いている。そのくらい気に入っ

  • 冬はストーブ調理

    2月末に今さらですが、冬になると部屋のストーブで調理をすることが増えます。汁ものをコトコト煮たり、少し大きめのチキンを焼くなんてときにも便利。何より部屋を暖めながら調理ができるところがよいですね。仕事から帰ったらストーブに火を入れ、風呂と洗

  • 沸き立つ湯気と芳香にテンションがあがる皿。それがステーキ皿だと思います。

    このところはストーブ調理でチキンばかり食べてますが、盛りつけ皿にステーキ皿を使うのが流行りです。熱々のステーキ皿に玉ねぎやキャベツをてきとうに敷いて、その上に焼きあがったチキンをのせたらソースをかけて出来上がり。ジュージュー音をたてるソース

  • えのきと大根、手羽元のタイ雑炊 ☆☆☆

    鍋の脇役である、えのき。こいつには思いのほか味があるし出汁もでるんだなと気がついたのは20代のころでした。きっかけは住込みで働いていたバイト先で口にした「えのきのスープ」だったのですが、それを口にした時の驚きは今も覚えています。残念ながら鍋

  • 豚入りきんぴらごぼうの和え飯 ☆☆

    /きんぴらごぼうにはよくトライしますが味が安定しません…というか失敗します。今回も何かがおかしいなと思いながら作っていたのですが、途中で豚肉を投入して和え飯のタネに方向転換した次第です。実はこれ、ごまかし手としてよくやります。仕上がったきん

  • ローストビーフ用の牛肉で450gのビックステーキ ☆☆☆

    ローストビーフ用の牛肉で450gのビックステーキは星3つ 大きすぎのではなかろうかと思うようなサイズにカットした肉を 「えい!」と口の中に押し込む。当然、一度では入りきらず口からはみ出した肉の端をフォークでコントロールして、ぐいぐいと口の

  • ナンプラーで焼うどん ☆☆☆

     そういえば、人生初のナンプラークッキングは何の変哲もない焼うどんの味付けにナンプラーを使いました。タイ料理で言うところのパッタイのようなものです。ナンプラーを使うにあたっての工夫といえば「桜エビ」を使ったことぐらいです。ほんと、何の変哲も

  • アノラックパーカー選ぶなら L.L.Bean マウンテン・クラシック・アノラック がよいと思います。

    LLビーンといえば、トートバックやビーンブーツが有名ではあるけれど、アノラックパーカーこそがLLビーンの代名詞的アイテム。などと僕は勝手に思っている。その理由には僕が少年時代に愛用していたからといことが多分に含まれる。けれど、アノラックパー

  • 【お知らせ】明けましておめでとうございます。

    新年、明けましておめでとうございます。皆さまにおかれましては、2020年の正月はいかがお過ごしだったでしょうか?私は昨年9月より着手する予定でおりました 当サイトのリニューアル作業が紆余曲折あって2019年の年末からの開始となってしまい、年

  • 手羽元と豆腐の4本半丁タイスープ ☆☆

    手羽元と豆腐の4本半丁タイスープ  正直に言うとパクチーは苦手です。数年前に流行ったパクチー鍋なんて絶対に振舞われたくない料理です。ですが、苦手ではあるはずのパクチーがないと寂しい。そう感じさせる料理もあるから料理って不思議だなと思います

  • 鰹の塩辛のパスタ ☆☆☆

    鰹の塩辛のパスタは3つ星  アンチョビが食べたいな…と思ったけれど買い置きのアンチョビなんてあるはずもない。少し思案して閃いたのが鰹の塩辛を使うことでした。片口イワシの塩漬けをオイルに浸したアンチョビ。鰹の内臓を塩漬けにした鰹の塩辛。どち

  • フキとコンビーフのパスタ ~黒胡椒で誤魔化し風~

    フキとコンビーフのパスタ ~黒胡椒で誤魔化し風~  レトルトのパスタソースが美味すぎてついついそっちに触手が伸びますが、週に3回も食べるとさすがに飽きるので時間があるときはラフにスパゲティを作ります。その日、庭に野草を植えることを好んだ祖

  • 【和え飯】ファミマの焼き鳥と山椒の葉の和え飯

    2019年5月11日に作った和え飯ファミマの焼き鳥と山椒の葉の和え飯  チャーハンほど頻繁に作りませんが時々は「和え飯」(混ぜご飯)を作ります。ただ、ほぼ100パーセント好みの味に仕上がらないので「もう作るのやめようかな」などと思うのです

  • イカの塩辛を使った残飯チャーハン ☆☆

    イカの塩辛を使った残飯チャーハンは中々!  時間がない時のために冷凍保存している白飯になかなか手が伸びずにいるので、時々、チャーハンを作ります。時間がないときのための保存食を食えないほど多忙なのかというとそうでもないのですが、2019年は

  • まぐろの生姜焼き丼

    2019年4月21日に作った「まぐろの生姜焼き丼」まぐろの生姜焼き丼は3つ星丼! 骨はないし血合いもない。身もぶつ切りで大きい。ひょっとして昨日の刺身の日落ち品かな?普段見かける煮つけ用と様子が違う。そんな「まぐろの切り身煮付け用」をスーパ

  • ナンプラーを手に入れた

    先日の記録で、最近は「魚醤」に興味津々であるが、もともと魚醤が苦手ということもありキッチンに魚醤の類を備えても使い切る自信がない俺はその代用として塩辛使用しているということを書いた。けれど、昨晩、これまたカツオの塩辛を使いながら酸辣湯スープ

  • 2019年7月26日(金)久しぶりに空を見上げました。

    愚図ついた天気の続いた7月。その空に青空を期待する事も叶わず、いつのまにか空を見上げることも少なくなっていたのだけど久しぶりに見上げたら青空とそこに浮ぶ白い雲が目に留まった。天気予報では週末に台風がやってくるとのことであった。この空はその影

  • ブログ開設後、3年目?

    ブログを書き始めて2年ほどの歳月が過ぎた。当初のプランではブログによる収入により、今頃にはフリーな人間になっているはずだった俺なのだが相変わらず会社員を続けている。もっともブログを書きたいと思った動機はまったく別なものであり2年前に立てた副

  • 勤務先のInstagramアカウントをフォローされると困るんですけど…。

    Instagramが下火になりつつある昨今。今さら公式アカウントを立ち上げた我が勤務先。この自体は俺にとってまったくもって歓迎できない。なぜならInstagramは匿名で利用することに意味があると思っているからだ。そのため会社公式アカウント

  • ナンプラーやニョクマム、しょっつるといった魚醤をときどき口にしたくなる。

    先日、幼少の頃は魚介類が苦手でまったく食えなかったということを書いたけれど、今現在はそんなことはない。むしろあれほど嫌だった焼いた海老やイカの香りを嗅いだだけでよだれが垂れるほどであり、好物の部類に入る食い物にまでランキングはアップしている

  • ブラックタイガーの思い出。

    スーパーの魚介類売り場に立ち寄り「ホヤ」はないかと物色していると、ブラックタイガーが目に留まった。俺はブラックタイガーを見るとときどき思い出すことがあり、先日もそれを前にしてふと思い出した。今となっては魚介類をほうばる俺だが、子供の頃、刺身

  • EVERNEW(エヴァニュー) チタンティーポットがなんか好き(ECA318・ECA317)

    エヴァニューのチタンティーポットを使用して早いもので6年ほどか経過しているのにも関わらず、こいつがどうしてこんな形をしているのか謎だった。さらに白状すれば、こいつがティーポットであることすら知らずに使っていたのだから製作者には申し訳なく思う

  • 即席麺の湯量から考えるアウトドア・クッカー選び 

    アウトドアでしようするクッカー選びにおいて、クッカーの容量を示す表示から『何をどのくらい作ることができるのか』をイメージできないということに気がついた俺は、即席麺の必要湯量を自分の物差しにしようと思いたちデータをとった。今回はそのデータをも

  • 即席麺に必要なお湯の量 (備忘録)

    アップする予定の記録を書いていたら、ふと気になった事があった。それは調理器具の容量表示についての疑問だったのだけど、どうしてそれを疑問に思ったかといえば、山道具の容量表記を確認しても『その容量で何がどのくらいできるのか』という事が俺はイメー

  • 2019年。シリオ自慢の4シリーズが「なんだかカッコいい」

    幅広足の強い見方といえばシリオ。そのシリオがいつの間にか「なんだかカッコいい登山靴」を売り出していた。もちろん、すでに巣鴨ゴローのブーティエルを所持している俺が新たに登山靴を新調することはないのだけど、そこはやっぱり「なんだかカッコいい登山

  • 使い捨てライターの奇跡。BICジャパンの使い捨てライターに驚く。

    先日、洗濯機のドラムから衣類を取り出していた時のこと不意にカタンカタンと音がした。とっさに有りがちなアレについて「またやっちまった」と俺は思った。前回は小銭入れ、その前は鍵束、さらにその前は消しゴムだったような気がする。まぁ、兎に角、俺はア

  • オピネル(OPINEL)について

    「そういえば1本もナイフもってないな」と気がついたら、ナイフが欲しくて欲しくてたまらなくなった数年前、勢いに任せて購入したナイフはアウトドアショップでよく見かける女子うけのよさそうなナイフを擁するブランドのアレだった。それがコレ。あまりに柔

カテゴリー一覧
商用