モノとコト
住所
出身
ハンドル名
たかゆきさん
ブログタイトル
モノとコト
ブログURL
https://y-takayuki.com/blog/
ブログ紹介文
スキルアップ・福祉・モノ・コトを経験則から伝えていきます。
自由文
-
更新頻度(1年)

94回 / 104日(平均6.3回/週)

ブログ村参加:2019/05/04

たかゆきさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,267サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 20 10 10 0 30 20 20 110/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
資格ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,398サイト
自己啓発 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 280サイト
メンタルヘルスブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,105サイト
社会不安障害 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 420サイト
ニュースブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,502サイト
トレンドニュース 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,222サイト
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 39,667位 37,764位 37,533位 33,585位 31,429位 33,261位 32,284位 969,267サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 20 10 10 0 30 20 20 110/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
資格ブログ 371位 377位 367位 340位 321位 334位 321位 8,398サイト
自己啓発 5位 5位 4位 5位 5位 6位 6位 280サイト
メンタルヘルスブログ 1,108位 1,117位 1,110位 976位 924位 970位 933位 28,105サイト
社会不安障害 14位 14位 13位 13位 12位 14位 13位 420サイト
ニュースブログ 241位 228位 226位 198位 177位 187位 179位 9,502サイト
トレンドニュース 16位 15位 15位 12位 8位 9位 8位 1,222サイト
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,267サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 20 10 10 0 30 20 20 110/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
資格ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,398サイト
自己啓発 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 280サイト
メンタルヘルスブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,105サイト
社会不安障害 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 420サイト
ニュースブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,502サイト
トレンドニュース 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,222サイト

たかゆきさんのブログ記事

  • 【悲報】物語にロマンスが介入するとどちらかが容姿端麗である。

     【悲報】物語にロマンスが介入するとどちらかが容姿端麗である。こんにちは、たかゆきです。今日のテーマは「 物語にロマンスが介入するとどちらかが容姿端麗である。 」です。 我ながら、悲しいテーマを考えてしまいました。でも、この考え方は共感できる人が多いのではないかなと思っています。テーマではどちらか、と書いていますが、たいていは両方のケースの方が多いのですが、物語全廃んでロマンスが生まれる場合、片一方が容姿端麗のケースもあり得るので「どちらか」としました。天空の城

  • 「社会不安症」は身近にもいます。

    こんにちは、たかゆきです。今日のテーマは「 社会不安症は身近にもいます 」です。むしろ、社会不安症の人が身近にいないとなれば交友関係が物凄く狭い人で仕事をしていない人だと思います。・・・ってその人が社会不安症の可能性も考えられます。どちらにせよ、社会不安症自体が最近では周知されるようになったので、個人的には「いい時代になったな」と思っています。と言うのも、そもそも社会不安症って大勢の前で話をする時に声が震えるし、人を前にして筆記するだけで手が震える、という客観的に

  • おすすめの「目薬」

           こんにちは、たかゆきです。今日のテーマは「 おすすめの目薬 」です。普段から目薬を使っている人と、全く使わない人って極端に分かれるように思います。ぼくも以前は目薬を全く使わない派でした。目薬を差すと、目に浸透できなかった残りが溢れてティッシュなどで吹かないといけなくなり、面倒だなと考えていたし、何より、目薬を点す事そのものが億劫に感じていた、惰性人間なんです。あと、目薬を点す事で得られるメリットというのがあんまり感じていなかったことも、目薬を敬遠する

  • 「楽しみがない」は実はメリットがある。

    こんにちは、たかゆきです。今日のテーマは「 楽しみがないは実はメリットがある 」です。楽しみがあるから仕事や学業、家事なんかを頑張れるのに、楽しみがないことにメリットがあるなんてどういうコト?え!?矛盾してない、と思う方も多いはずです。楽しみがある方が頑張れるという意見自体は間違いではありません。 Point楽しみを目的に頑張ってしまうと、楽しみに依存してしまう可能性があるという見えないリスクを抱えている事をまず認識する必要があります。例えば仕事が終わって、

  • スケジュール帳って重要

    こんにちは、たかゆきです。今日のテーマは 「スケジュール帳って重要」 です。あなたは、スケジュール帳をどのタイプから選んでいますか?マンスリー(月)・ウィークリー(週)・バーチカル(日)と別れていたり、「マンスリー+ウィークリー」や「マンスリー+バーチカル」なんてありますよね。手帳によってレイアウトが全く違うので、同じマンスリー手帳でも使いやすと感じるものあれば、もっと改善できればいいなと思うものもあります。その人、それぞれの用途に合わせて使いやすい手帳を探してい

  • 氷河期世代への支援

    こんにちは、たかゆきです。今回のテーマは 「氷河期世代への支援」 です。ぼくも、氷河期世代に該当し、高校卒業したときには、就職なんて夢のまた夢という、未来への希望をもてない状況でした。ぼくらからすると、バブル崩壊後の不景気な時に社会人になっただけと認識していました。山々に囲まれた田舎の小さな町に生まれた自分ですから、高校卒業してから「いずれ上京して、良い会社に就職して、よりよい生活を満喫するぞ!!」と信じられないほど楽観的に考えていました。若い時はアルバイトでも

  • 【福祉の闇】ガイドヘルパーは必要なのか?

    こんにちは、たかゆきです。ガイドヘルパー(移動介護従業者または移動支援従事者)という制度を知っていますか?知的障害者または視覚障害者、全身性障害を患っている人に対して、外出時の補助を行う職業(または資格)です。サービスを利用する方の年齢等によって、サービス利用時間は制限されているので、使いたいだけサービスを使うことができるわけではありません。また、サービス単価は1880円/hとそこそこの料金ですが、利用者のサービス利用額は月に多くて3000円と上限があります。この

  • 頭の中が騒がしい

    こんにちは、たかゆきです。人間誰しも、嫌なコト、楽しいコト、嬉しいコトなど外的要因によって、自分の頭で「思考」を巡らして、同じことを循環してしまういがちです。自分の中ではそんな思考どっかに行ってしまえ!!と思うのですが、どうしても同じような事を考えてしまいます。人間は「思考する」生き物ですので仕方ありません。しかし、上であげた 外的要因によって、自分の心が乱されるのはちょっと考えモノ ですよね。そもそも、外的要因は誰かによって「刺激」を与えられ、それに対して反応す

  • 「できない」は解決できる

    こんにちは、たかゆきです。今日のテーマは 「できないは解決できる」 です。結論をいうと、Point「人と同じスピードで習得できないことでも、時間をかけて継続していけば少しずつ身に付きます。人より歩みが遅いと感じて諦めてしまってはそれ以上の成長はありませんが、地道に続けていけば、結果はついてきます。他の人が1時間で理解できる問題を1日かかって理解できたなら、相手が頑張ることを辞めたとき、あなたが努力を続けていれば、追いつくことができるのです。」フェイスブックのC

  • 社会不安症と向き合うにはどうすべきか

    こんにちは、たかゆきです。今日のテーマは 「社会不安症と向き合うにはどうすべきか」 です。「社会不安症」とは何か。以前は 「社交不安障害」 や 「対人恐怖症」 と言われていた症状ですが、症状の名称は時代背景などからコロコロ変わっていきます。社会不安症を的確に表現している意味では「対人恐怖症」のほうが的を射ていますが、人によって症状の程度の差がありますし、対人恐怖と言っても、慣れ親しんだ友達や家族と話をする際は特に不安症の症状はでてきません。気の置けない人は良しとし

  • 「生活保護」を受給するようになると人間は変わるのか?

    こんにちは、たかゆきです。今日の議題は 「生活保護を受給するようになると人間は変わるのか?」 について書いていきます。結論から言うと、 「9割以上の人が変わります。」 理由として、人間は基本的に自分にとって楽な方を選ぶ習性のある生き物だからです。世の中にはサラリーマンや会社経営、フリーライター、芸能人など多種多様な仕事がありますが、基本的には仕事そのもの、また、人間関係など多大なストレスを感じながら、かつ、人生において最も大事な時間を浪費しながら社会生活を送ってい

  • 体形の維持できている人は努力家である

    若い頃、10代20代までは、 何の努力をしなくても 、標準的な体形を維持することができます。特に、学生時代に体育会系の部活動をしていた人は、スポーツをしない期間が多少続いても、学生のころとさほど変わらない体形でいることができます。しかし、30代以降、 誰かにどう思われようがどうでもいい と思っている人が増えると思います。偏見かもしれませんが、結婚し、子供ができれば自分より子供を優先させて、 自分の体形に関して後回しになってしまう 人もいると思います。また会社でも若

  • ブログに懸ける思い

    こんにちは、たかゆきです。このブログを開設して3か月が過ぎていますが、何とか継続的に更新をすることができています。ぼくはサラリーマンとして、職場に行って働いている立場なので、どんなに頑張って仕事をしても、将来金持ちになる見通しはありません。暮らしていくうえで必要なお金を稼ぐことはできます。贅沢をしなければ、普通の生活が送れるので人によっては満足した人生と決定づけることができます。しかし、どんなに満たされている人生を送っていても、自分の可能性を上げることができるの

  • 【祝】「小泉進次郎」「滝川クリステル」結婚

    こんにちは、たかゆきです。小泉進次郎氏について小泉進次郎氏と言えば、将来の総理大臣候補の代表格ですよね。そんな彼が滝川クリステルさんとご結婚されたというニュースが入ってきたので驚きました。と言うのも、小泉氏はあまりにも浮いた話が耳に入ってこなかったからです。彼は政治家として、将来有望氏されている存在であるため、多くの記事やニュース、「YouTube」なんかでも動画上がったりとどうしても注目の的です。まずは、ご結婚おめでとうございます!!小泉進次郎氏の話し方というの

  • 心が疲れる

    こんにちは、たかゆきです。仕事をしていると、いろいろな出来事やトラブルが発生します。気力でなんとから飛び越えてきた問題も年齢とともに、ハードルが上がってきているように思います。結果、ハードルに躓いて、転ぶのですが・・。同じ会社で働いているパートの方が3人同じ仕事をしているのですが、3人が3人自分ファーストの考え方で、他の二人が自分よりもよい境遇であればそれに関して不満を口にします。正直言って、「そんなに不満を口にするほどの仕事をこなしてないよな」と思うのですが、出

  • https://y-takayuki.com/blog/2019/08/05/775/

     こんにちは、たかゆきです。仕事ができる人、できない人の定義は勤めている会社によって変わってきます。しかし、根本的に仕事ができない人の特徴は具体例を挙げることができます。仕事ができない人を少し見ていきましょう。1:簡単な仕事を難しくする。仕事ができる人難しい仕事を簡単にする普通の人  難しい仕事をそのまま取り組む仕事ができない人簡単な仕事を難しくする。     まず、仕事ができる人は、難しい仕事をできる限り誰にでもできるように細分化

  • 「重度障害者」国会議員になる!!凄いな

    こんにちは、たかゆきです。山本太郎氏率いる「れいわ新鮮組」から2人の候補者が参議院選挙で当選しましたね。こんな時代が来るとは思いもしませんでした。福祉関係の仕事をしていた期間もあるので、障害者の人に対して、特別な存在として考えることはありませんが、世の中のほとんどの人は、障害者、しかも、重度となるとどうしても、健常者と比較してしまいますよね。国民の大半が「重度の障害を持っている人が議員にならなくても、障害を持っている人の声を国会に届ける人が議員になればいいので

  • 「ゲーム」を止めて気づいたコト。

     こんにちは、たかゆきです。最近、ゲーム(ビデオゲームに類するモノです)を止めて、いくつか気づいた事があるので書いていきます。 ちなみに、ぼくがプレイしていたゲームは「ストリートファイター5AE」という格闘ゲームです。 ゲームに関してはWHOが定義した「ゲーム障害」の問題から、3億円を稼いだゲーマーの話題まで、賛否はありますが、僕としては、ゲームをプレイすることに否定的な考えは持っていません。 でも、ゲームに費やした時間を他の事に当ててみたほうが充実できる

  • 「韓国」が理解できない

    こんにちは、たかゆきです。最近ニュースで取り上げられている、韓国に対する「ホワイト国除外」について、韓国の主張が理解できません。そもそも「ホワイト国」とはキャッチオール規制(補完的輸出規制)(英語: Catch-All Controls)は、外国為替及び外国貿易法を根拠として2002年4月に導入された[1][2]、日本における安全保障貿易管理の枠組みの中で、大量破壊兵器及び通常兵器の開発等に使われる可能性のある貨物の輸出や技術の提供行為などを行う際、経済産業大臣へ

  • 考えず、「上司の指示に従う」が勝ち

    こんにちは、たかゆきです。仕事をしていると、上司からの指示が現場の状況と相反していると感じる事があります。 人によっては反発する人もいれば、指示に従う人もいます。反発してしまうと、指示を出した上司は反故にされたと部下の評価は下がるでしょう。 しかし、指示に従えば、やってみた結果が例え芳しくなくても、共同責任になるので、評価が下がることはないです。また、指示に従って行った行動であれば、上司目線で考えると、きちんと仕事に取り組んでくれたという、プラスの評価を与え

  • ゲームは無駄なのか?

    こんにちは、たかゆきです。インターネット技術が発達して、ネットゲームが盛んになりました。家にいながら、世界中の人と交流することができるという、20年前では夢のような技術です。オンライン・オフラインどちらでも、ゲームが楽しめる今の時代ですが、それ以上に昔と違っているのは、ゲームを開始するに当たって、無料という設定になっているケースも多々あります。これは課金制度という、強くなりたければお金を払ってくださいという内容です。しかも、課金したらほしいものが手に入るということ

  • あなたの会社、「法定雇用率」は達成できてますか?

    こんにちは、たかゆきです。障害者が活躍できる職場は世の中に沢山ありますが、実際に身体障害者と知的障害者、精神障害者などでは活躍できる分野は異なってきます。もちろん、身体障害者の中でも、人によって障害の重さ、部位などによって活躍できる範囲や業種は変わってきます。ちなみに、障害者の方は一般的な採用枠に応募して入社するケースと、障害者枠で応募して入社するケースとを選ぶことができます。そこで、障害者枠で入社した人を会社全体の何パーセント雇用しているかというコトを「法定雇用率」

  • 『マックジョブ』誰にでもできる仕事

    こんにちは、たかゆきです。アメリカでは、マニュアル通り行えば誰にでも一定以上の作業ができる仕事を『マックジョブ』と言うらしいです。マクドナルドで働いている人からすると、反感を買いそうな言葉ですよね。しかし、日本でも沢山『マックジョブ』に該当する仕事は存在します。公務員はその代表格でしょう。もちろん、覚える仕事の範囲は部署によって違ってきますし、部署の垣根を越えて異動をしなければいけないので、覚えることは沢山あると思います。しかし、基本的な考えとしては「マニュアル」「OJ

  • 「医療費無料の国」の真実に愕然

    こんにちは、たかゆきです。『医療費無料の国』として有名なデンマーク。税金が日本と比べ高いことから福祉・医療の分野で先進国と思っている人は多いのではないでしょうか?ぼくも『医療費が無料』と聞くと、羨ましいと思っていました。税金を上げれば日本も同じように制度化できるのではないか!?と期待を抱いていました。でも、頭のどこかで、疑問もありました。デンマークと同じように福祉・医療制度を整えることで日本も同じように『医療費を無料』にすることはかのうだろうか?日本では健康保険加入者

  • 「安定しない職業」と知っていて選んだのは誰?

    こんにちは、たかゆきです。今、ニュースで話題を独占している、「吉本興業所属の芸人による闇営業」ですが、情状酌量の余地がないように思えるのは僕だけでしょうか?「芸人」という職業は「夢」のある職業です。自分の芸一つで沢山の人を笑顔にしてくれます。一方、一定以上テレビやネットなどで知名度が上がらないと、収入が極端に不安定と言われています。いわゆる、「ハイリスク、ハイリターン」です。プロ野球選手、サッカー選手、囲碁棋士、競輪選手などなど、スポーツ選手も同じように、相手に

  • 「幸せ」と思える今

    こんにちは、たかゆきです。高校を卒業してから、沢山の職業を経験してきました。「コールセンター」「力仕事」「工場勤務」「福祉職」「証券会社」「ITインストラクター」などなど、安定した生活とは程遠い、フラフラした人生だったと思います。ぼくが望んで仕事を転々としてきた部分があることは否定しません。自分は今よりもっといい職場に転職できるはず、と思い込んでいました。だから、いばらの道を歩いてきたようにも思えます。仕事がなくて、苦しんだ時期もありました。ぼくは仕事人間的な部分もあ

  • 知らない事が多い、は素晴らしい。

    こんにちは、たかゆきです。30歳を超えると、大抵の事は経験してきたり、今まで経験してきたことを基盤に推測したりできるので、全く知らない世界に足を踏み入れる事はなかなかないですよね。また、体の動きが鈍くなるせいか、新しいことへのチャレンジ、好奇心が希薄になりがちで、既存のモノに安心感を抱いてしまいます。仕事をしている人であれば、10年も同じ部署で働くと、たいていの事は無意識にできるようになります。わからない事があったとしても、ある程度のことは、経験をもとに応用すること

  • 福祉現場の職員は知的グレーゾーンが多い、は本当か?

    こんにちは、たかゆきです。学校を卒業したときに、就職氷河期と言われる時期と重なってしまった人は今なお正規の職員として働けていない、そんなケースは沢山あります。こればかりは、運が悪かったと思ってしまいます。今の様に、売り手市場と呼ばれる状況であれば、大して頑張って仕事をしてこなかった人間でさえ以前と比べて簡単に就職することができるのですから。逆に、この売り手市場でありながら、普通の会社に採用されなかった人はどのような人なのかというコトになりますよね。本人が希望して福

  • 自殺は悪いこと?

    前回、参議院選挙の記事を書きましたが、参議院選挙のポスターに安楽死ついて検討するべきと訴える候補者がいたので、安楽死について考えていると、そもそも自殺って悪いことなのかという、ちょっと範疇を超えた事を考えてしまいました。そもそも、自殺はあらゆる宗教で禁忌とされている行為ですし、現代の道徳の観点からみても、いいことだとは言えません。しかし、いいことだと言えないにしても、自殺を考える人の人生を、同じように自殺を否定する人が歩んだら、同じように自殺を否定することができるので