searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

samanthahonamiさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
黒柴ひめちゃんの葛塚村だよりⅢ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/samanthahonami
ブログ紹介文
葛塚城堀之内に住んでます。毎日歩いているひめちゃんとおかあさんの見て歩きです。時には遠くにも出かけます。
更新頻度(1年)

330回 / 365日(平均6.3回/週)

ブログ村参加:2019/03/30

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、samanthahonamiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
samanthahonamiさん
ブログタイトル
黒柴ひめちゃんの葛塚村だよりⅢ
更新頻度
330回 / 365日(平均6.3回/週)
読者になる
黒柴ひめちゃんの葛塚村だよりⅢ

samanthahonamiさんの新着記事

1件〜30件

  • 早川物語番外編 2(香林の如意輪観音と西鹿田の西原橋)

    夕方、ひめちゃんは小次郎パパとお散歩に出ようとしました。あれ、紫陽花の花の上にアゲハチョウだもしかしてカップル?この紫陽花は、繰り返し咲きでよく咲いてくれます。今年も一番乗りですでも、こんな光景初めてですひめちゃんたちは、そっと通り過ぎます。南の方、小学校付近までお散歩して帰ってきました。あれ、まだいるでも、変な格好になってる青虫が生まれたらどうしよう「お使いがてら、笠懸の早川沿いを探索しよう」ということで、今回は長昌寺と金山神社をめざします。よくよく考えたら、JA新里とJA笠懸は市町村合併に先だって合併、みどり農協になってました。地続きでお隣だったのです新里駅の東を下り、武井遺跡を横目に、道なりに東に行きます。早川の手前に、小さな交差点があります。細い道に面して、香林(こうばやし)の如意輪観音(にょいりんかん...早川物語番外編2(香林の如意輪観音と西鹿田の西原橋)

  • 岩神様のものがたり

    ひめちゃんと獅子丸は、葛塚城の堀切跡を渡り、岩神沼(いわがみぬま)に到着です。あれえ、黄色い帽子の集団だひめちゃんは、子どもが苦手です。今日から、また集団登校が始まったのかな?少し後ろに下がって、通り過ぎるのを待ちます。クワバラ、クワバラひめちゃん、かなりのモコモコ状態です。また、換毛です。岩神沼は静かです今朝は、カモもサギも、だれもいません。右上角の森が高縄の摩崖仏です。岩神とは石の仏様、つまり高縄の摩崖仏のことです摩崖仏の方へ、上ります。このあたりは、棚田です。不思議な事に、沼より高い田んぼもあります高縄の摩崖仏に寄ります。検索してみると、桐生市指定の重要文化財になってます高縄の摩崖仏は、赤城山の泥流によって運ばれた高さ3.8m、幅約4mの大岩の南面に阿弥陀三尊像が彫られています。中央には、高さ56cmの阿...岩神様のものがたり

  • 白柴タバサちゃんの鹿田山漫遊記・番外編(長円寺の大カヤ)

    ひめちゃんと獅子丸は、元気に山上城付近を歩いてきました。暑いよーまだ8時ちょっと過ぎなのに、暑さ全開です山上城の紫陽花は、まだのようです。これから、晴れた日は、もう少し早めにお散歩に出ようね山際の重制石幢をあとに、大きなカヤの期を探して南に下ります。資料を持ってこなかったので、カンを頼りにあっちへ、こっちへ。やっぱり見つからないね、又にしようあれ、前方に「カヤの木→」の表示ですありました上の方が少し折れているようです。見つからなかったわけです。人間もタバサちゃんも、ちょっと水分補給してから散策です説明板があります。樹齢500年、幹の太さ6mとあります。長円寺は、元禄16年8月15日に建立されて、今は廃寺になっているのですね。カヤの実が結核に効くとされた時期もあったのですねここにあったお寺は長円寺、不動寺ではあり...白柴タバサちゃんの鹿田山漫遊記・番外編(長円寺の大カヤ)

  • 白柴タバサちゃんの鹿田山漫遊記 5(永平寺52世の生家と山際の重制石幢)

    昨夜は、雷雨になりました。でも、今朝は、スッキリと晴れました。影は、まるで魔女サマンサと子ども達といった印象ですひめちゃんと獅子丸は、今朝も北の方にお散歩です。今だけの景色、田んぼに逆さ赤城です田植えの済んだ田んぼが増えています。それにしても、細い水路が縦横に走り、水を供給しています。水田は大河だけでは成り立たず、細い水路が必要なのです鹿田赤城神社から、道路を南に渡ります。11番・山際の子育て地蔵堂と10番・重制石幢(じゅうせいどうしょう)をめざします。おや、何かあります屋敷神の稲荷様でしょう。「永平寺52世」と「生家」の文字が読み取れます実は、この永平寺52世の生家を探してここらに来た事があります。『笠懸村誌』(下巻・昭和62年)に「永平寺52世宣峰禅師」があります。宣峰禅師は、曹洞宗の本山永平寺五十二世をつ...白柴タバサちゃんの鹿田山漫遊記5(永平寺52世の生家と山際の重制石幢)

  • 白柴タバサちゃんの鹿田山漫遊記 4(新田氏ゆかり?の鹿田赤城神社)

    ひめちゃんと獅子丸は、堀之内を西に出て、諏訪神社の向こうの高台を歩いてきました。途中、ひめちゃんが動かなくなりました。2名のワンコ連れの見知らぬおじさんが、後ろからやって来たのです。獅子丸は、「ワンワン、俺は強いんだぞ」と、ちょっと威嚇。おじさんは、「元気な子だね」ひめちゃんは無言です。見ず知らずの相手の時は、獅子丸に任せるらしいです。行く手に浅間山と榛名山が見えますひめちゃんと獅子丸は、薬師の道に入ります。あれ薬師様、なんだかさっぱりしていますひめちゃんと獅子丸は、掘り返す場所のトリッコかな?ひめちゃんの勝ちです獅子くん、ひめちゃんに譲ることを覚えました帰り道、蕨沢川に架かる神社橋脇の、石造物廻りもきれいになってます百番供養塔隣は、馬頭観音でした今まで隠れている部分が多くて、よくわかりませんでした。下にいるの...白柴タバサちゃんの鹿田山漫遊記4(新田氏ゆかり?の鹿田赤城神社)

  • やっぱりトラウマです

    昨日の夕方のお散歩は、悲惨でした途中で突然集中豪雨になり、降りしきる雨の中をずぶ濡れになって帰ったのでした今朝は晴れましたひめちゃんの影も尻尾がちゃんと丸まってます獅子くんの足も長くなってます。ひめちゃんと獅子丸は、堀之内を北に出ます。おや、何だろう?赤ちゃんのようだけど?赤城山も爽やかに晴れました左の田んぼは、先日カモたちが食事をしていた所です。田植えが済むと、もう影もありません。帰り道、水路脇に大きな桑の木があります。実がなってますドドメがいっぱいなってます実家では、昔、養蚕をしていました。蚕に食べさせるために、桑をいつも切っていました。桑ってこんなに大きくなるものとは知りませんでしたあとどのくらいで完熟かな?穏やかに日中が過ぎて、夕方のお散歩です。ひめちゃんは、小次郎パパと、南の方に出ます。でも、二人とも...やっぱりトラウマです

  • 雷電宮の大雷神社

    夕方のひめちゃんと小次郎パパのお散歩は、20年に一度の豪雨の中のお散歩になりましたまずは、出だしからですひめちゃんは、4時半過ぎ、パパと南の方にお散歩に出ました。庚申塚古墳の当たりで、ライバル黒柴デイナちゃんと、「ワンワン、あたちの方が強いんだぞ」と吠え合いました。デイナちゃんのおばあちゃんが、「ポツポツ、落ちてきたねえ」でも、まだまだ、序の口、気にせずお散歩を続けます。近くにルピナスが咲いていますちょっと借景で、はいポーズルピナスは種を付けています。ここには毎年咲いているように思います。案外丈夫な花なのかもしれません。雨は、まだ気になりません。近くには、巨大な道祖神があります。かつてはたくさんの人々が行き交った場所なのでしょう。いつものように、更に南に行きます。中学校の信号の所で、ちょっと強くなりました早く帰...雷電宮の大雷神社

  • 何もないけど重要な史跡(原之城遺跡と上植木廃寺跡)

    ひめちゃんと獅子丸がよく行く新沼の近くにも、牧場があります。道沿いに、子牛用の牛舎があります。冬の間、防寒のためでしょう、道端側(西側)に、ビニールトタンが立てられていました。春になっても、一向に取り外す気配はありませんでした。昨日の朝、ひめちゃんたちが通ると、あれ、トタンが外されている後ろ姿で失礼します。やっと、会えました風通し良くなって良かったね。東の牧場は黒毛和牛ですけど、こちらは乳牛です。みんなだいぶ大きくなりました「伊勢崎には、何にもないけれど重要な史跡がある」と、さる方からご教示をいただいて、その遺跡・原之城遺跡(げんのじょういせき)に行ってきました。ナビを入れると、ほぼまっすぐ南を指してます「到着しました」とナビの声に周りを見ても、案内板しかありません。東西約110m、南北約170mの豪族居館遺跡...何もないけど重要な史跡(原之城遺跡と上植木廃寺跡)

  • 早川物語番外編・西鹿田中島遺跡と中島薬師

    七海ママは、最近眠っていることが多くなりました。今日は暖かいので、末っ子のひめちゃん&獅子丸と、そこらまでの昼散歩に出ましたなんとか、子ども達の後に続いて帰ってきましたじつは、昨夜、ママは右の田んぼに落ちたのです高齢犬のママとパパは、夜散歩にも出ています。もうためておくことが苦手になっているようです。昨夜は、夜なのに、白い大きな鳥がいました。何だろうとみているうちに、ママだけ足を滑らせてしまったのです人生(犬生)16年、いろいろなことがありますでも、末っ子たちとお散歩ができてよかったね清水新沼からの帰りに、いつもとは違う道を選び路地を入りました。ここで、西鹿田中島遺跡と中島薬師に出会いました。本来ならば、白柴タバサちゃんの鹿田山漫遊記・番外編といきたいところです。でも、タバサちゃんがちゃんと写っている写真が2枚...早川物語番外編・西鹿田中島遺跡と中島薬師

  • 白柴タバサちゃんの鹿田山漫遊記 3 (早川物語番外編・芍薬と九輪草の清水新沼)

    今朝はやっと雨が上がりました。ひめちゃんと獅子丸は、東の牧場の方へ行きます。ヤギさんいるかな?いました、今朝はちゃんと立ち上がってますひめちゃんは、関心ないようです。獅子くんが、ニューフエイスに気づきました。男の子のようです。山神橋を渡って右折して、シブヤ沼を目指します。角度が変わったら、ヤギの数が増えましたママです去年子ヤギだったヤギくんは、お嫁さんがきてパパになっていたのです清水新沼に寄って帰ります。あれ、駐車場が密です人間は慌ててマスクをします。説明板というか、案内板というかがあります。実はこの沼は、早川の水を引いているという情報があります。水が吹き上げるほど出る吹上で、どうして早川の水を引くのでしょう?記念碑にしっかり書いてあるというのです。そうならば、ここは早川物語番外編という事になります。(FC2ブ...白柴タバサちゃんの鹿田山漫遊記3(早川物語番外編・芍薬と九輪草の清水新沼)

  • 白柴タバサちゃんの鹿田山漫遊記 2(子育て庚申と子どもの嫌いな庚申様)

    七海ママは、久しぶりに皮膚炎が起こってしまいました今日は2度目の通院です。だいぶよくなったということで、注射して、3日分のお薬をもらって帰りました。ママは、もうすぐ16歳になります。お薬袋の年齢換算表は、衝撃です16才以上がないのですでも、ママがいない日々は考えられません。いつまでも長生きしてね鹿田山周辺の案内図によれば、近くに「清水の道祖神」があるはずです。行って見ましょうタバサねーちゃんの後ろが道祖神、並んでたくさんの庚申塔群です。後ろ姿で失礼します。一番右は馬頭観音です。除草剤の海でなくて、よかったついでだから、清水の秋葉様もお参りしておきましょう。案内図を頼りに、細道に入ります。また、階段です。でも、タバちゃん、がんばって登ります。クンクン、情報収集です。人間は、静かに手を合わせます。アタチを美人に撮っ...白柴タバサちゃんの鹿田山漫遊記2(子育て庚申と子どもの嫌いな庚申様)

  • 白柴タバサちゃんの鹿田山漫遊記(302段の階段登りました)

    冷たい雨の朝でした。ひめちゃんと獅子丸は、ビンボー合羽でお散歩です。冷たい雨の中で、けなげに咲いている花に出会うと、元気になります先日動物病院の帰りに、吹上集会所の隣の付近の案内図を見ました。近くに、建岩への階段も見えました。まあ、あそこなら密ということもないだろうし、行ってみよう階段がすごいので、タバサねーちゃんはパスかな?お出掛け察知したタバサねーちゃんは、もうしっかり自分もお出掛けするつもりです。じゃあ、行こう吹上集会所の前に、ちょっと駐車させてもらいます。道の反対側にも、車が止まってます。説明板を確認です。中央に渡良瀬養護学校があります。今は、渡良瀬特別支援学校というらしいです。その右に吹上集会所があります。その後方に建岩があります。とりあえずの目的地です。登り口の階段に向かいます。あたち、頑張るよ登り...白柴タバサちゃんの鹿田山漫遊記(302段の階段登りました)

  • 晩春のむーはうすガーデン2020

    ひどい雨の朝ですひめちゃんたちは、ビンボー合羽でお散歩です。もちろんだれにも逢いません。ビンボー合羽は、ビニール風呂敷や市指定のゴミ袋を利用しただけのものです。でも、背中が濡れないというだけでも、みんなの負担がとても軽くなるようです貫頭衣型のレインコートは、どうしてワンワン市場から消えてしまったのでしょうひめちゃんちには、黒柴がやってくる前に、グレーのペルシャ猫がいました。彼女の名前は、ムーです。当時はとても珍しく、「まるで伝説の大陸ムーの猫だね」というわけで、ムーと名付けられました。ひめちゃんちは、ムーちゃんち(むーはうす)なのです。彼女がだいぶ高齢になった頃(2000年秋)に初代黒柴犬・三四郎がやってきました。ムーおばあちゃんは、三四郎と仲良く暮らしていました。誰もが彼女は天寿を全うすると思っていました。と...晩春のむーはうすガーデン2020

  • 白柴タバサちゃんの山上城本丸登城記

    ひめちゃんと獅子丸は、堀之内を北に出ようとしました。あれ、まだ8時前なのに、県外ナンバーの車もある堀之内の出口にある、ミニカーのレース場には、何台もの車が集まってます相模ナンバーの車もあります。今朝は5時頃には家を出てきたかな?stayhomeじゃなかったっけもうレースをしています。ハンター獅子丸、興奮していますここは、古い牛舎を利用した、地味な施設です。でも、知る人ぞ知る所なのでしょう。なんとか引っ張ってその場を離れます。クワバラ、クワバラ先日、山上城本丸を目指して断念しました。5月13日、再び山上城本丸を目指します。常広寺からの近道を利用です。工事中ですけど、通れます。左下にめだたないですけど、双体道祖神がありますここは街道ではないのでどこかから移動してきた物でしょう。素朴でいい感じです。道中の安全を祈りま...白柴タバサちゃんの山上城本丸登城記

  • 清水の水辺公園(おやつはイベルメック)

    ひめちゃんと獅子丸は、堀之内を北に出ます。またも借景で、はいポーズです。ひめちゃんは、地面が気になるようです。きれいに咲いているのは、牡丹(ぼたん)か芍薬(しゃくやく)か?牡丹かとみまごうほどの、大輪の芍薬です芍薬といえば、ひめちゃんちの絞りの芍薬、やっと絞りが出てきましたさて、今日、おかあさんは笠懸の動物病院に行ってきました。帰りに、いつも気になっていた吹上集会所の案内板を確認です。鹿田山周辺案内図、このあたりの史跡の案内図です「川もないのに水害に見舞われた」とありますそういえば、地図左上にある水辺公園、そこを通るときナビは清水という地名を表示していました。水が湧き出るのかな?そうだ、今日は寄って行こう公園の東半分は遊具があって親子連れが遊んでいました。西半分が、沼になっています。奥に見える道を、左からよく通...清水の水辺公園(おやつはイベルメック)

  • まぼろしの山上城

    ひめちゃんと獅子丸は、岩神沼に着きました。クンクン、誰が通ったのかな?今朝はサギさんいません。カモさん、一羽だけいました。そのまま、北上して新沼を目指します。きれいな花が咲いています借景で、はいポーズウツギの花かな?満開の時に、初めて遭遇です。新沼にも、鳥の姿はありません。あちこちで田植えの準備が始まって、みんな出張しているのかな?常広寺文書に、最初はなんだか分からない一枚の図面がありました。画像の重さの関係で3枚でアップです。左半分です。鏑木さん、重要な所に住んでます山上藤七郎氏秀ですって家臣団の一覧では、たしか山上藤七郎正秀でした。さすが修験者さま、稲荷大明神も祀ってます。左半分の上のおまけ部分です。右半分です。先日見返して、ハタとひらめきました。たくさんの家臣団を抱えた、山上城の図面です。城地3万余坪とあ...まぼろしの山上城

  • 主君の回向を善昌寺で(善昌寺は山上氏の菩提寺か?)

    ひめちゃんと獅子丸は、今日も堀之内を北に出ました。さて、赤城山をバックに一枚撮ろうね。あれ、電池切れだ昨日の朝、田んぼにいたカモさん、まだアップしてませんでした。田植えの準備で、田んぼに水が入り始めています。この季節、時折り、田んぼでカモやサギを見かけることがあります。みんな熱心にお食事中です田んぼを歩いてます人家のそばですけど、平気です。ひめちゃんたちが通っても、飛び立ちませんでした。きっとおいしいご馳走が、いっぱいいるのでしょう常広寺文書の中に、意味深な文書があります。大雑把な、内容です。山上城の城主・山上六郎左衛門尉秀直の嫡子は、山上七郎秀諦です。山上七郎秀諦の嫡子は、徳之進正忠で、彼は鏑木(かぶらぎ)姓を名乗った。山上七郎秀諦の次男は、山上新左衛門正勝です。山上七郎秀諦の三男は、山上藤七郎正秀です。今右...主君の回向を善昌寺で(善昌寺は山上氏の菩提寺か?)

  • やっぱりオールドローズは強かった

    夕方、ひめちゃんは小次郎パパと南の方にお散歩です。パパは、この夏14歳になります。夕方になると、休校中の子ども達が、外に出て遊び始めます。子どもが苦手なひめちゃんは、及び腰です。ああ、よかった子ども達が行ってしまって、一安心ですこのツツジの木は、三つ葉ツツジだと思います。他のツツジとは全く葉の形が違います。庚申塚古墳を通って帰ります。夕日の中の親子ですここは、古墳より後ろに見える双体道祖神の方が注目されています。赤城山は霞んでいます。古墳上にも、庚申塔があります。かつては、かなりのパワースポットだったのでしょうひめちゃんちに、いつの間にか薔薇が咲き始めましたほとんど、お世話もできませんでしたけど、元気に咲いてくれた薔薇たちのご紹介です一番バッターで、咲いてくれましたお名前忘れましたでもオールドローズです。ラレー...やっぱりオールドローズは強かった

  • 正応4年の謎(「御尊書」考)

    ひめちゃんと獅子丸は、堀之内を北に出ました。ひめちゃんと獅子丸が、東の方に行こうとします。じゃあ、久しぶりにヤギさんに会いに行こう東の牧場にやって来ました。ここには道標があります。ちょうど電柱の下です。右の細い道が本来の道なのです。ひめちゃんたちは、西月田(前橋市粕川町月田)の方角からやって来たことになります。ヤギさん、いるかな?いましたでも、立ち上がりませんひめちゃんも換毛期でかゆいようです。獅子くんの得意ポーズをしてます。ひめちゃんの後ろに、山神様の石宮があります。後ろの鏑木川に架かる橋の名は、山神橋(さんじんばし)です。ヤギさん、今朝は立ち上がりません体調でも悪いのかな?お大事に、バイバイ、またね専門家の鑑定によって、山上氏家臣団は、天保3年(1832)に、大峯派権大僧都鏑宝院・鏑木武七正保によって、作成...正応4年の謎(「御尊書」考)

  • 常広寺文書の鑑定(山上氏家臣団の創作)

    晴れすぎるほど晴れましたひめちゃんと獅子丸は、堀之内を北に出て、岩神沼を通ります。サギさん、いるかな?沼の上を、グレーの物体が横切りましたアオサギですいつもの位置に着地です。まもなく、飛び去っていきました。後には、いつものカモのカップルです獅子くんは、沼の前で、いつもの20年もいるような顔で、はいポーズですあまりの暑さに、すぐ上の高縄の摩崖仏をまわって帰ります。ひめちゃん、いい子でハーネスを外してもらうのを待ってます大勢で暮らしているので、ひめちゃんのお部屋(サークル)には、テラスの柱があります。でも、激突もせず、飛び込んでいます新里の人は、「ろまん」が好きなようです。山上は「ろまん」にあふれた土地のようです。「山上ろまん」について、かつて存在した「黒柴ひめちゃんの葛塚村だよりⅡ」(yahooブログ)にいくつか...常広寺文書の鑑定(山上氏家臣団の創作)

  • 白柴タバサちゃんの常広寺参詣記(生きている山上ろまん)

    お昼近くには、良いお天気になりましたひめちゃんと獅子丸は、七海ママの昼散歩に付き合います。晴れたので、午前中室内犬をしていたママも、お外のお部屋でお昼ご飯です(新着記事です。)先日、またもタバサねーちゃんは、お出掛けを主張します。じゃあ、山上城本丸を目指そうか本丸近道の常広寺に駐車です。雨上がりの朝だったので、倒れたジャーマンアイリスを持っていきます。やっぱ、本橋院殿の供養塔には、花はありません本橋院殿は、獅子丸家(獅子丸が7年間養子に行っていた家)のご先祖様です。そして、この常広寺を開基したそうです。ちょっと廻りも掃除して、花を飾りますこの奥が、山上城本丸への近道です。実は工事中だったので、18年2月の写真です。石屋さんが、お墓の改装中でした。「こんにちは」久しぶりだったので、いろいろ話に花が咲きました。タバ...白柴タバサちゃんの常広寺参詣記(生きている山上ろまん)

  • ひめちゃんちの花盛りアイリスコレクション2020

    夕方のお散歩は基本的に、ひめちゃんは小次郎パパと、獅子丸はタバサねーちゃんと出掛けます。たいてい堀之内を南に出ます。葛塚城の東の堀切が流れ込んでいた沼跡、ここが除草剤を撒かない草むらで、みんなよく寄ります。その後さらに下って、小学校近くまで行きます。別々に出掛けても、何故かよく行き会います獅子丸とタバサねーちゃんは、気が合っているようですでも、獅子丸はパパに目を合わせません素知らぬふりをして、やり過ごします。群れの平和のために、気を付けているようですひめちゃんちのアイリスコレクション2020、パート2ですヒゲの色が花びらと同じなので、ドラキュラキッスではありません。黒系(濃い紫)の品種を集めたこともありましたけど、今年はあまり咲いていませんジャパネスクな色彩ですいいですねなんとなく、お肉のイメージ鮮やかな黄色で...ひめちゃんちの花盛りアイリスコレクション2020

  • 楠木正成の愛馬を祀った(?)岩穴観音

    今朝、ひめちゃんと獅子丸は、堀之内を北に出ました。岩神沼には、久しぶりに、アオサギの姿がありましたひめちゃんたちに気がついて、飛び立って行きました。後には、カモのカップルがいましたひめちゃん、はいポーズですよ穏やかな朝です花好きおばさんのガーデンです。黄色い牡丹がたくさんの花を付けていました(2018年9月11日)小平の大杉を後にして、岩穴観音(いわあなかんのん)の矢印の方にハンドルを切ります。その後は、行けども行けども、表示がありませんそのうちに、右の高台に赤い建物が見えましたけど、ちょっと違うかな?さらに、行けども行けども、表示も案内もありません川の岸で土木作業をしているおじさんに逢いました「すみません、岩穴観音は何処でしょう?」「もっと下だよ、来すぎだよ。途中ユンボがあったろう、その200mくらい下で山側...楠木正成の愛馬を祀った(?)岩穴観音

  • パワースポット・小平の大杉

    晴れました昨日は、雨と風に悩まされましたけど、明るく晴れましたひめちゃんと獅子丸は、諏訪神社の向こうの高台を歩いてきました。赤城山も青いですこの道が、山上多重塔への近道です。帰りに、畑のジャーマンアイリスを確認です。きれいに咲いていますでも、倒れている子もいますおかあさんは、ひめちゃんたちとおうちに帰った後、ハサミを持ってまた畑に行きました。倒れている子を切って、抱えて帰ります。切り口が乾かないとアイリスは病気になってしまいます。倒れた子は、晴れた日の午前中に切らなければなりません。背の高いアイリスの宿命です。花瓶が足りない、うれしい悲鳴です(2018年9月11日)みどり市の岩穴観音を目指しました。小平(おだいら)の鍾乳洞をすぎると、だんだん寂しくなります時折人家はありますけど、対向車のなく、ますます寂しくなり...パワースポット・小平の大杉

  • 白柴タバサちゃんの新緑の近戸神社参拝記

    少し小雨っぽい朝でした。でも、ひめちゃんと獅子丸は、元気に堀之内を北に出ました。赤城山には、雲が重く垂れ込めています。鳥の鳴き声がします気がつくと、隣の田んぼにカモが何羽もいましたむこうも気がついて飛び立って行きましたいつもは上の沼にいるカモさんかな?田植えの準備で、耕されて水が入ってます。カメラは間に合いませんでした5月3日、タバサねーちゃんはミニドッグランに行くと見せかけて大脱走。車の廻りをうろついています。お出掛けしようよじゃあお出掛けしよう。とりあえず、多重の塔にでも行こう。あれ、車がいっぱいだ広くはない駐車場に車がいっぱいです密だじゃあ、近戸神社だこちらは、他に車はありませんでした。あれ、拝殿が開いてるそうだ、今日は祝日だった初めて、灯籠の銘を確認します。石工さん、柏倉の人です。高遠とか黒川谷ではあり...白柴タバサちゃんの新緑の近戸神社参拝記

  • ひめちゃんちの早咲きアイリスコレクション2020

    ひめちゃんと獅子丸は、堀之内を北にでて、諏訪神社脇を下って帰ります。ツツジが満開ですたくさんの花が咲いていますこれらのツツジは、たしか秋にも咲きました。二季咲きでも、こんなにパワーをもっているのですひめちゃんちのガーデンと畑に、ジャーマンアイリスが咲き始めましたここ2、3日で、一挙に咲き始めています。夢中になって集めていた頃は、カタカナの名前の不思議なほどよく覚えていました。今は不思議な事にほとんど忘れました。でも、咲いてくれると本当にうれしいものです黄色だけど、ただの黄色ではないタイガーハニーだったかな?不思議な色合いです。けっこう古株で、丈夫です背丈もあまり高くなく、切り花にしてよく飾ります。ついでに、近くにある黄色いツツジです。ほかのツツジより少し遅めの開花です。白い花もいいものですみんなが華やかだと、か...ひめちゃんちの早咲きアイリスコレクション2020

  • 古代榛沢郡家(こだいはんざわぐうけ)の中宿遺跡

    ひめちゃんと獅子丸が、七海ママとやって来ます。おかあさん、お昼だよおかあさんは、畑で草むしりです。じゃあ、帰ろうか微妙に位置を換えながら、帰ります。末っ子達とのちい散歩、ハイシニアのママの至福のひとときのようです(2018年9月14日)横瀬からまっすぐ下ると、「道の駅おかべ」にでます。道の駅の隣に、中宿遺跡(なかじゅくいせき)があります。前から気になっていたのですけど、今回初めて足を向けてみました。道路を渡ると、蓮池と校倉造り(あぜくらづくり)の建物が見えます。蓮は、原始蓮とあります。いわゆる、古代蓮ですね。残念ながら、花の季節はすぎていますこの次は蓮の花の季節を狙いましょう遺跡の案内板があります。B・Cにあたる復元された校倉造りの建物です。B・Cについて説明板があります。校倉造りの前には、Aの部分です。本来は...古代榛沢郡家(こだいはんざわぐうけ)の中宿遺跡

  • 古代榛沢郡家(はんざわぐうけ)の中宿遺跡

    ひめちゃんと獅子丸が、七海ママとやってきますおかあさん、お昼だよおかあさんは、畑で草むしりです。じゃあ、帰りましょう微妙にⅠを換えながら、帰ります末っ子たちは、ハイシニアのママ似合わせてお散歩です(2018年9月14日)横瀬からまっすぐに下ると、「道の駅おかべ」に出ます。古代榛沢郡家(はんざわぐうけ)の中宿遺跡

  • 続・新田荘横瀬郷(ぞく・にったのしょうよこぜごう)

    ひめちゃんと獅子丸は、堀之内を北に出ます。葛塚城の堀切跡には、去年のガマの穂が残っています。でも、新芽も出ていますこのまま道なりに、北上する予定でした。でも、ひめちゃんがどうしても東に行くと主張します。急遽、東の牧場を目指しますヤギさん、いるかな?おはよう、ヤギさん獅子くんは、近寄ってご挨拶です今朝の君の瞳は輝いているねひめちゃんは、ヤギさんに関心なさそうですこの橋(山神橋)の向こうの坂は、サマンサ坂です。ひめちゃんたち家族の前にいた、黒柴第一世代・サマンサおばちゃんの魂が天に昇って行った所です。(2018年9月14日)横瀬神社を後に、隣の華蔵寺に参拝です。まず、山門を目指します。参門脇に、屋根に大中黒の目立つ建物があります。毘沙門堂ということです。大中黒の紋ということは、新田氏の関係かな?まあ、山門へ行きまし...続・新田荘横瀬郷(ぞく・にったのしょうよこぜごう)

  • ひめちゃん&獅子丸の山上城散歩

    ひめちゃんと獅子丸は、堀之内を西に出て諏訪神社を南に下ります。ひめちゃん情報収集中です。右上にみえる白い建物は、粕川歴史資料館です。その前の森は膳城です。その左は膳八幡神社です。いつもは、道なりに降りていくのですけど、今朝は左の脇道に入り、山上城を通って帰ります。山上城の縄張り図です。(『茨城・栃木・群馬の城郭』新人物往来社)左上の隅から入って、二の丸と三の丸の間を通って帰ります。右奥の森は、膳氏ゆかりの龍源寺です。膳城と山上城は、別城一郭といいますけど、本当に近いです。畑になりそこなった膳城とはちがって、山上城は、遺構がよく残っています。二の丸と三の丸の間の小道を帰ります。クンクン誰か通ったのかな?きょうだい、シッポが良く巻いています三の丸跡を見上げます。多くの人は、ここが山上城と納得満足して退却しています村...ひめちゃん&獅子丸の山上城散歩

カテゴリー一覧
商用