愛人になりたかったわけじゃない
住所
出身
ハンドル名
鬼灯(ほおずき)さん
ブログタイトル
愛人になりたかったわけじゃない
ブログURL
http://ko0921.blog.jp/
ブログ紹介文
この主人公は貴方のすぐ近くにいるかもしれません・・・ご愛読下されば幸甚に存じます。
自由文
-
更新頻度(1年)

40回 / 144日(平均1.9回/週)

ブログ村参加:2019/03/27

鬼灯(ほおずき)さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 08/12 全参加数
総合ランキング(IN) 10,416位 13,019位 15,981位 19,619位 18,266位 16,112位 12,151位 969,147サイト
INポイント 30 36 30 30 12 0 42 180/週
OUTポイント 12 18 24 30 24 43 14 165/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 157位 188位 206位 239位 213位 205位 172位 11,964サイト
ロマンス小説 1位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 58サイト
主婦日記ブログ 352位 418位 483位 587位 581位 543位 441位 26,708サイト
アラフィフ主婦 29位 38位 43位 50位 49位 48位 37位 952サイト
大人の生活ブログ 153位 180位 207位 239位 227位 207位 177位 4,786サイト
恋愛小説(愛欲) 13位 15位 15位 18位 17位 15位 14位 387サイト
今日 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 08/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 29,953位 29,852位 26,185位 26,281位 24,766位 23,741位 22,829位 969,147サイト
INポイント 30 36 30 30 12 0 42 180/週
OUTポイント 12 18 24 30 24 43 14 165/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 297位 288位 252位 251位 228位 218位 201位 11,964サイト
ロマンス小説 5位 5位 5位 4位 4位 3位 3位 58サイト
主婦日記ブログ 993位 997位 906位 915位 886位 861位 851位 26,708サイト
アラフィフ主婦 104位 104位 106位 104位 97位 93位 95位 952サイト
大人の生活ブログ 545位 540位 500位 505位 493位 469位 460位 4,786サイト
恋愛小説(愛欲) 46位 46位 41位 43位 41位 42位 39位 387サイト
今日 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 08/12 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,147サイト
INポイント 30 36 30 30 12 0 42 180/週
OUTポイント 12 18 24 30 24 43 14 165/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,964サイト
ロマンス小説 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 58サイト
主婦日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 26,708サイト
アラフィフ主婦 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 952サイト
大人の生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,786サイト
恋愛小説(愛欲) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 387サイト

鬼灯(ほおずき)さんのブログ記事

  • あの時にいちばん気持ちいいのは。

    今年も早や、半分が過ぎてしまいます・・・。歳を重ねるごとに月日の経つのがドンドン加速してゆきます。彼と出逢って、いつかずっと一緒に過ごせる日がくると信じて、一緒に笑って、呑んだり食べたり、お風呂に入ったり、して、それから 一緒にくっついて寝ていたのが、大

  • 「大事にする」っていい台詞ですね・・・。

    今年もまた、暑い夏がやってきますが、人生はすでに秋から冬へとさしかかっている秋子です。(このブログを最初から読む)最後の恋も終わり、また、忙しく仕事と家事に追われるだけで、楽しみといったら、せいぜい、映画を観たり、テレビの連ドラ「きのう、何 食べた?」を

  • サレ妻、シタ夫って嘆いてる60代以上が見つかりません・・・。

    確かに、不倫には何の未来もないし、誰かを不幸にしてまで幸せになれるはずもなかろう・・・と思います。ですが、高齢になってくるとちょっと事情が違ってくるのでは、と このところ感じるんです。 (このブログを最初から読む)例えば、ツイッターに溢れかえっているたく

  • 身体が許してくれないいんです、忘れることを。

    その昔、子供の習い事の保護者会会長をしていたことがありました。毎月のように役員会で、お母様方と集います。ひとしきり真剣に子どもたちの活動計画サポートだとかイベントの企画なんかを話したあとは、井戸端会議に突入します。ある日、そこに帰国子女のママが入ってき

  • そして不倫する男性は、何回でも不倫する。

    前回記事で、不倫した女性は、再起不能になるのが、ほとんどではないかと投稿しました。それにひきかえ、不倫する男性は、何回でも不倫すると言うことを投稿します。実際に、私が、お付き合いしていた彼は、私と付き合う前にも、何人もの女性と不倫してきたみたいでした

  • 不倫した女性が もう次の恋はできなくなる理由。

    元々は、愛人になりたかったわけじゃない秋子です。(このブログを最初から読む)子育ても一区切りして、第二の人生を助け合って楽しく歩けるパートナーを見つけたかったです。「大好きになった相手が妻帯者だった。」そんな女性が溢れかえっていること、そして同じ数だけ不

  • 何の罪もない弱い立場の者がどん底に突き落とされる。

    それは、突然の出来事だった。(このブログを最初から読む)私の大学生の娘が、2年生の時にイギリスに短期留学をすることになった。夏休みを利用してほんの1か月ほどだが、初めての海外生活、いくら英文学科だからといって心配しないわけがない。電子辞書を買ってあげるく

  • 男性のいちばんの悩みってハゲなんですね。

    ずっとモテてきた彼にも、致命的なコンプレックスがあった。それは、・・・AGA(若ハゲ)である。30代の頃からどんどん進んで、最初はマープ増毛法、でしたかね、一時 流行りましたよね。あれを何回もやって何十万もつぎ込んでいたようですが、とうとう奥様からダメ出

  • 生理中の性交は、妊娠リスクは減るが感染リスクはあがる。

    河野さんと深い仲になって2年目のある日、突然 視界がゴミだらけになった。両目とも、酷い飛蚊症になっていて、あわてて眼科に行ったが、加齢によるものだと、あっさり言われてヒアルロン酸の点眼薬をだされただけだった。2-3日様子をみたが全く改善しそうにないし、そ

  • 青天の霹靂。~春~

    河野さんとの蜜月な日々が1年近く続いて、明くる年の3月。 (この恋を最初から読む。)世の中そんなにうまくいくはずはなく、彼の単身赴任生活はたった1年で終止符がうたれた。そう、また、一昨年と同じように奥様がまた彼と同じ地区に転勤されてまた同居されることとな

  • ラブレター

    その頃、私がよく、ちょっとしたメモ用紙に手紙をかいていた。昔、携帯もなかった学生時代、よく可愛い便せんとかにちょこちょこ書いて、授業中に友達に回したり、好きな男の子の机や下駄箱の中に入れたりしてた、あんな感じで。 (この愛を最初から読む)すると、ある日、

  • ささやかな幸せ。

    彼と一緒にいて、何がいちばんの楽しみかというと、それはもちろん、仲良く一緒に眠れることだが、それともうひとつは、一緒に美味しいものを食べながら美味しいお酒を呑めることだった。ほとんど好きなものとかが同じで、、、まあ同じ酒飲みだからでしょうが(笑)、「今日

  • 青天の霹靂 ~秋~

    紅葉狩りシーズンの三連休のことだった。(この状況を最初から読む)私は、仕事で、彼は、週末よろしく、戸建ての自宅で家族と過ごしていたことだと思う。なので普通は、電話などかかってくるはずはない。ところが、仕事が終わって、久しぶりに同期の女友達と夕食を共に

  • 「自分は嘘がつけないタチで」という人で、嘘をつかない人はいない。

    人の良さそうなタイプで、よく、「いや、私は本当に嘘のつけないタチでねえ~、自分でもいやになっちゃうんですよ~。」などと苦笑しながらもっともらしく話す人がいますよね。「ヘタに嘘ついてもすぐに顔にでる、とか、しどろもどろになってすぐにバレちゃってね、」・・・

  • 新婚さん ごっこ。

    GWの後半を どう過ごしたか思い出せない。(秋子のブログを最初から読む)きっとその頃は、まだ、朝に夕に彼から、恥ずかしくなるくらいラブラブなメールが届いていたと思う。いつの間にか、山歩きグループ、例の一件、のことは、話題にも上らなくなっていた。出逢って一

  • 楽しいイベントになるはずだったのに。

    アットホームなカラオケ大会だったのだが、メンバーにひとりに、物凄くエロい人がいた。(このくだりを最初から読む)藤沢さんという、見た目は気の弱そうな、男性にしては華奢な体つきのその人は、やはり妻帯者だったが、今回は自分ひとりでの参加だった。奥様も同じ趣味で

  • 憂鬱なGW・・・。

    離婚してから、GWとか盆休み、何末年始とかが嫌いになった。(このブログを最初から読む)何処へ行っても、楽しいそうなカップルや仲良く歳をとっているご夫婦、小さな子供を囲んで笑ったり怒ったりしている家族で溢れかえっているから。(・・・自分たち家族もあんな頃あ

  • 山歩きグループ WHH☆

    彼の山歩きのグループの名前はWHH,We heart hiking。私たち山歩き大好き!「いいんじゃない?楽しいそうな名前の楽しいそうな仲間たちだね。」私は、そう話したが、彼はあまり嬉しそうではなかった。実を言うと…と、先日とは違う(楽しいことばかりのようだったのと)話を聞

  • 山歩き。

    彼の趣味が山歩きだなんて知らなかった。(この彼のことを最初から読む)雪山に登るような本格的なものではなく、春から秋、季節のいい時に、そこそこ汗をかいて気晴らしをする程度のものだと笑って言った。「色んな人と出逢えて楽しいよ!」と言われた時に「あ~、きっとナ

  • 歩くATM

    彼の年収と奥様の年収は、どちらも800万くらいらしかった。いわゆる勝ち組。ところが、彼のお給料は全て奥様が握っていて、毎月サラリーマンと同じ程度のお小遣いを渡されるだけだという。何か欲しいものがあっても奥様が認めなければ却下、病院にかかったりしても領収書

  • 合鍵のトリセツ。

    まさか、合鍵を渡されるなんて、夢でもみていたのではないか、とホッペタつねったくらいだ。「この人は、本当に私のことを愛してくれてるんだ」そう思わせるのに十分な出来事だった。(この恋を最初から読む)お花見デートの帰り、満員電車の中でふたりとも立ちっぱなしだっ

  • 合鍵

    初めて河野さんと会ったのが、2月7日水曜日。それからずっと、私のスケジュール帳には、毎週水曜日の欄に「K」と記されていた。メールや電話は、朝に夕に続いていた。いつの間にか 彼の存在が当たり前のように私の日常を占拠していった。逢えるのは、週に1度だけだけど

  • 未だにそんな古い糖尿病の薬を服用してるの?

    その、彼からのメールは 普段とは違った。 (この恋を最初から読む)絵文字一つもない、パソコンで打ったであろう、長い、まるで論文のようなメールだった。要約すると、自分は30代半ばから糖尿病で、職場の検診でひっかかって、近くの開業内科医でもう何年も薬をのんで

  • 糖尿病で完全なEDだった・・・。

    約束の水曜日。まだ、逢うのは2回目だというのに、何回もメールをかわしていたせいか、なんだかもう、ちょっとした恋人気分だった。最初のデートであんなことになったくらいだから、もしかしたら・・・と、そう、もしかしたら、いつ何で救急車で運ばれたりするかもしれない

  • 見るとキュンとする、男性の仕草。

    今回は、本編とは、あまり関係ありませんので、お急ぎの方は、どうぞスルーしてくださいませ。女性向けの、こういう記事はよく目にしますよ。ホンマでっか!?TV でも、「モテ仕草」と、各種シチュエーションでよくやってました。やはり、日本は男尊女卑からなかなか抜け出せな

  • サプライズごっこ。

    いつの間にか、彼氏彼女 になっていた。(今回の記事は、サプライズ記事で、本編の進行とは、あまり関係ありませんので忙しい方はスルーしてくださいな。)私たちが出会ったのは、ちょうどバレンタインデーやホワイトデーの季節だった。彼は糖尿病だし(笑)チョコレートは

  • 「~なさい。」と言われる喜び。

    私の仕事は薬剤師で、週に1~2回は当直というか夜勤もあった。何もなければ休めるが、緊急手術や急変があれば、管理薬剤をだしたり、血液製剤を手配したりと眠れない時もある。昔は夜勤専従で働いていたこともある。お給料が断然いいのでね。  (このブログを最初から読む

  • 水曜日の約束。

    婚活サイトに挑戦し続けて、やっと気の合いそうな(大好きになれそうな)人と出逢えた。・・・と思ったら、その人は既婚者だった。(この恋を最初から読む)そりゃあもう、ショックでした。どん底まで落ち込みそうでした、正直。ところが、その、河野さんから、以前と変わら

  • 出逢ったばっかりなのに・・・。

    カラオケボックスを選んだのは、間違いだったかもしれない・・・。   (この恋を初めから読む)その相手が実は妻帯者だったとわかって、しかも社会的立場もそこそこあって・・・、その一緒に呑んでいた居酒屋界隈は、彼の仕事関係の人達といつばったりあってもおかしくない

  • やっと良い人と出会ったと思ったら既婚者だった…。

    第二の人生を 一緒に歩いてくれる人を見つけたいと…一生懸命、パソコンの中で探して…やっと、今度こそ、価値観の合いそうな人が見つかった。(これまでのくだりは、コチラから)…何度かメールのやり取りをして、いよいよリアルでの デートが実現したのに…。その、初めての