住所
-
出身
-
ハンドル名
amiさん
ブログタイトル
tukatuku-inotiのブログ
ブログURL
https://tukatuku-inoti.muragon.com/
ブログ紹介文
『花より男子』の二次小説です。CPは、<つかつく>・<総優>・<あき桜>です。
自由文
更新頻度(1年)

139回 / 56日(平均17.4回/週)

ブログ村参加:2019/01/29

amiさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/23 02/22 02/21 02/20 02/19 02/18 全参加数
総合ランキング(IN) 1639 1689 1663 1852 1910 2126 2213 949827サイト
INポイント 60 200 280 190 260 180 160 1330/週
OUTポイント 1910 10100 17630 10460 8760 9150 9060 67070/週
PVポイント 2550 9910 12390 7850 7980 8700 8440 57820/週
小説ブログ 18 18 18 18 19 22 24 12154サイト
二次小説 12 12 12 12 13 13 13 874サイト
今日 02/23 02/22 02/21 02/20 02/19 02/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 77 75 81 104 112 115 119 949827サイト
INポイント 60 200 280 190 260 180 160 1330/週
OUTポイント 1910 10100 17630 10460 8760 9150 9060 67070/週
PVポイント 2550 9910 12390 7850 7980 8700 8440 57820/週
小説ブログ 11 11 12 14 14 14 14 12154サイト
二次小説 11 11 12 14 14 14 14 874サイト
今日 02/23 02/22 02/21 02/20 02/19 02/18 全参加数
総合ランキング(PV) 588 607 620 588 592 605 613 949827サイト
INポイント 60 200 280 190 260 180 160 1330/週
OUTポイント 1910 10100 17630 10460 8760 9150 9060 67070/週
PVポイント 2550 9910 12390 7850 7980 8700 8440 57820/週
小説ブログ 8 8 8 8 8 8 8 12154サイト
二次小説 8 8 8 8 8 8 8 874サイト

amiさんのブログ記事

?
  • Fall in Love…<あき桜>  6.

    <あきらside> 桜子は、俺等 F4&T3の前に現れた。 俺等は、桜子との再会に喜んで居たのだが、桜子は、申し訳無さそうにしていた。 牧野は、桜子を茶化すかの様に言って除けていた。 「桜子、如何したの?  そんな桜子、見たくないよ。」 俺は、桜子をF3&T3も、受け入れて...

  • 一方通行の恋…<つかつく>  10.

    <司side> 俺は、驚愕的な言葉を聞いてしまった。 だから、ここ最近、類とあいつは、会って居るのかと、悟ってしまった。 多分、類は、静から、あいつを紹介されたのだろう? 静が居ねぇ間の穴埋めとして…。 何処か、静に雰囲気が似ているあいつを…。 類が、ここ最近、笑う様に成っ...

  • Fall in Love…<あき桜>  5.

    <あきらside> F3&T3と会った後、俺は、親父に相談を入れた。 「親父、相談に乗ってもらいてぇ事が有ってよ。  構わねぇか?」 「まあ、話しの内容にも寄るだろうが…な?  まあ、言ってみなさい‼」 俺は、意を決して話し出した。 「俺の高校の頃からの仲間に、ちょっと、厄...

  • 一方通行の恋…<つかつく>  9.

    <司side> 俺が、『赤札』を撤回した事で、あいつは、“学園が平和に成った。”と、喜んで居ると、類から、聞いた。 あれから、俺は、毎日の様に、非常階段を訪れていた。 そんなある日、見たくねぇものを目撃してしまった。 それは、類とあいつが、楽しそうに非常階段で、話ししている...

  • タマのお気に入り…<つかつく>  短編

    <ついさっきなんですが…。  娘から、「タマちゃんが…?」と、言われ、驚愕しました。  携帯を見せられ…佐々木すみ江さん…。  90歳…大往生ですよね。  佐々木すみ江さんが、演じられた『タマさん』…大好きでした。  お悔やみ申し上げます。>   私は、道明寺家の使用人に成...

  • Fall in Love…<あき桜>  4.

    <あきらside> 先ずは、桜子の旦那とされる男の事業について、調べ始めた。 桜子が言っていた通り、裏が有った。 『三条』の名を利用して、至福を肥やしているのは確かな様子だった。 しかも、あくどい経営をして居る様子だった。 俺は、F3にヘルプ要請のLINEを送った。 『桜子...

  • 一方通行の恋…<つかつく>  8.

    <司side> 俺は、あいつの態度に、ショックを起こしていた。 パーティーの時の俺の決死の呟きにも、見向きもせず、無視されて…。 それだけじゃねぇ~‼ あいつに近寄ろうとする輩の多い事…(怒)。 俺等の周りにも、遠巻きから見られている分には、まだ、マシで…。 態と、俺に触れ...

  • 感謝申し上げます。  ②

    皆様、こんにちは! amiです。 いつも、『tukatuku-inoti』をご覧下さり、感謝申し上げます。 今日も、感謝の意を込めて、投稿させて頂きました。 私の大好きな花男のCPは、『初めまして』でも、お伝えしております通り、<つかつく>・<総優>・<あき桜>です。 です...

  • Fall in Love…<あき桜>  3.

    <あきらside> 俺が送ったLINEから2日後にやっと、桜子から連絡が入って来た。 俺と桜子は、二人っきりで会う事にした。 美作商事が経営しているカジュアルレストランに桜子を呼び出し、個室で会う事にした。 「桜子、お前、幸せなのか?」 桜子は行き成り過ぎて、吃驚していた。...

  • 一方通行の恋…<つかつく>  7.

    <つくしside> 桜子から、声を掛けられた。 「先輩、何か、あっち(桜子は、F4の方を向きながら)から、視線を感じるんですよ  ね?」 私は、桜子から言われた方向を見向きもせずに、言って除けていた。 「へっ??  気のせいじゃないの?」 だって、桜子の言う方向は、さっき、...

  • Fall in Love…<あき桜>  2.

    <桜子side> 私は、“会いたくない‼”と、思っていた人と会ってしまった。 私は、家の為に、好きでもない人と24歳で結婚した。 子宝には恵まれなかった。 結局、その方とは、上手く行く事はなく、私が28歳の時に離婚した。 現在は、私が32歳の時に、20歳も違うIT企業経営者...

  • 一方通行の恋…<つかつく>  6.

    <つくしside> 私は、(牧野)邸で、朝から、パーティーの準備をしていた。 パーティーは、夕方から…。 “こんなに早くから準備をしなくてはいけない訳…。”と、愚痴りたく成る心境だった。 で、準備が、ほぼ整った時に、滋さんから、連絡が入って来た。 “つくし、準備は、OK‼”...

  • Fall in Love…<あき桜>  1.

    <あきらside・プロローグ> 俺は、美作あきら  36歳…。    俺は、26歳の時に、親の勧めも有り、また、企業間同士の提携話の件も有り、俺も経営者側の観点から、見合いをし、そのまま、結婚した。 何時までも、『マダム・キラー』では、居られねぇのも有ったのは事実だったのだ...

  • Fall in Love…<あき桜>  まえがき

    皆様、こんにちは! amiです。 いつも、『tukatuku₋inoti』をご覧下さり、有難うございます。 本日からお送りします、『Fall in Love…<あき桜>』は、ほんとに、“不意に思い付いたっ‼”と、言う名の、妄想した二次小説、何です。 昨年10月11日に、友人...

  • 一方通行の恋…<つかつく>  5.

    <つくしside> 私達 T4は、学年が違う。 因みに、F4は、4人共、同学年らしいけど…。 私達 T4は…。 滋さんが、高校3年。 私と優紀が、高校2年。 桜子が、高校1年。 私と優紀は、幼稚舎から中学までは、桜林女学院だった。 だから、優紀とは、幼少期からの幼馴染で親友...

  • Wデート??【好きに成ってしまった訳】…<あき桜>・<総優>  続編②

    そんな桜子の様子を見てしまったあきらは、此の埋め合わせをする事を誓っていた。 一方、総二郎も、優紀の頑張りには、感謝していた。 優紀には、何か、褒美を遣ろうと、考えて居た。 そんな時、あきらにしても、総二郎にしても…。 2月には、『Valentineday』が、有る事を思い...

  • 一方通行の恋…<つかつく>  4.

    <楓side> 私(わたくし)は、司が、牧野財閥の令嬢 つくしさんに惹かれて居るという報告を、SPより受けた。 司もパーティー嫌いだが、つくしさんはその上を行く、パーティー嫌いという情報は、兼ねてから、噂で聞いて居た。 成らば、此方から、打診すれば良いだけの事…。 道明寺財...

  • Wデート??【好きに成ってしまった訳】…<あき桜>・<総優>  続編①

    あきら・総二郎は、現在は、大学4年だが、此の3月に卒業予定だ。 だからって、訳でも無いだろうが…。 あきらは、美作家の家業である美作商事の仕事の密度が高く成って居た。 あきらの父親で有るたかしは、あきらの恋人である桜子があきらの傍に居る事で、仕事に精を出す様、あきらに促して...

  • Wデート??【好きに成ってしまった訳】…<あき桜>・<総優>

    皆様、こんにちは! amiです。 いつも、『tukatuku-inoti』をご覧下さり、有難うございます。 1月11日に、仕事の帰りに、遅いランチをしていた時(17時頃に成ったんです。)、一緒にランチ(?)をしていた仕事仲間と、話しして居て、話しのネタを貰ったので、二次小説...

  • 一方通行の恋…<つかつく>  3.

    <つくしside> 私は、放課後、いつものカフェで、滋さんと桜子にも、今週の土曜日のパーティーに出席しなければならなく成った訳を話ししていた。 滋さんからは、愚痴っぽく言われてしまった。 「結局、そう言う事に成るんじゃない⁉  じゃあ、素直に行くって、腹を括れば良かったでし...

  • Valentine party【従兄妹物語】…<T4>  番外編⑪

    桜子は、滋と静にも、聞いて居た。 つくしは、滋のパートナーが、つくし自身の従兄妹である恭兄の話題だけに、何と無く聞き辛く感じていた。 滋は、その辺は、お構い無しの様で…。 反対に聞いて欲しそうにしていた。 「で、滋さんは、如何だったんですか?」 滋は、瞳(め)が、輝いて居た...

  • 一方通行の恋…<つかつく>  2.

    <つくしside> その日の夜、ディナーの後、私は、パパの書斎に呼ばれた。 いつもより、早目の帰宅だった事に、少々、テンパっていた私だったけど…⁉ 取り敢えず、呼ばれたので、パパの書斎に向かった。 パパの書斎に入るなり、例のジュニアのパーティーの招待状をパパから、見せられた...

  • Valentine party【従兄妹物語】…<T4&静>  番外編⑩

    T4&静は、あの『Valentineday』の2月14日の数日後に、集まった。 この日は、つくしの親が経営している…。 所謂、『牧野コーポレーション』が、経営しているカジュアルレストランに集まった。 桜子から、話しを切り出して来た。 「皆さん、『Valentineday』は...

  • 一方通行の恋…<つかつく>  1.

    〈司side〉 俺らF4は、英徳学園に通っている御曹司軍団。 そして、俺等に対抗する様に結成されたのが、同じ英徳学園に通う令嬢達のT4。 兎に角、俺等 F4が、女共に、“きゃー、きゃー”と、言われると言うなら、あいつ等 T4も男共に人気が在るらしい。 何故か、あいつ等 T4...

  • 一方通行の恋…<つかつく>  まえがき

    皆様、こんにちは! amiです。 いつも、『tukatuku₋inoti』をご覧下さり、有難うございます。 今回の二次小説は…。 実は、仕事の帰りに、電車(女性専用車)に乗車した時の高校生らしき3人娘の会話をヒントに描いてみました。 所謂、盗み聞きです。 失礼しました。 話...

  • Valentine party【従兄妹物語】…<あき桜>  番外編⑨

    あきらは、部屋に行く際も、桜子が、何を企んで居るのかを、じーっと、観察していた。 実は、あきらは、桜子の企みを何と無く気付いて居たのだった。 何故なら、F3&恭二が、『Hot wine』を、飲んで居る際も、端から見れば、普段と変わらない様子には見えるが…。 あきらの眼からす...

  • Valentineday【やっぱり、私は】…<つかつく>  番外編②

    <司side> そして、2月14日が来た。 そう、その日 2月14日は、ババアも約束通り、俺とつくしを19時には上がらせてくれた。 そして、俺とつくしは、リムジンに乗り、NYメープルに向かった。 そして、俺とつくしが、NYメープルの地下駐車場から、最上階専用エレベーターで上...

  • Valentine party【従兄妹物語】…<総優>  番外編⑧

    <一部の表現に、不快で在ろう言葉が入って居ます。  お詫びします。> 総二郎は、部屋まで歩いて居る間も廊下では、何時もの如く、優紀の肩を総二郎の方へ、引き寄せて、優紀を抱き締めていた。 で、部屋に入り、キーを閉める成り、総二郎は、優紀の背後に周り、優紀を背後から抱き締め、優...

  • Valentineday【やっぱり、私は】…<つかつく>  番外編①

    <司side> 俺は、2月14日の『Valentineday』の日に、アメリカンスタイルで、つくしの歳の数だけ(今年は、20本)の赤い薔薇の花束をつくしに『present』するつもりで居た。 だから、2月14日は、俺のキープしているNYメープルの俺の部屋に、赤い薔薇の花束を...

  • Valentineday【やっぱり、私は】…<つかつく>  まえがき

    皆様、こんにちは! amiです。 いつも、『tukatuku-inoti』をご覧下さり、有難うございます。 1月8日は、友人宅に、年始の集まりに行って来ました。 久し振りに、話しに華を咲かせてきました。 で、友人の一人が、急に…。 「もう直ぐしたら、『Valentineda...