chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
そよそよ https://soyosoyo.work

オリジナルの大人向け恋愛小説のサイトです。「そよそよ」では、男女恋愛小説、ボーイズラブ、2つとも扱っています。

斉藤杏奈
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2019/01/26

1件〜100件

  • 台風が来ていますね

    台風が通過する地域の皆様が、無事でありますように。 長らく間が空いてしまいました。前回の更新から一月も空いてしまっていて、

  • 願わくは、あなたの風に抱かれて 第07話

    「なかなか炙り出せないものですね」 彰親は、降り続ける雪を御簾内から眺めながら、ふうとため息をついた。 しつこく監視する嫌な

  • 願わくは、あなたの風に抱かれて 第06話

    かさねが桜花殿に入った頃に初雪があり、屋敷の庭が風情のある美しい化粧をしたと思ったのは、7日ほど前の話だ。最初は何もかも

  • 涼しくなってきましたね

    お盆が開けて、仕事が再開しました。このところ仕事が暇で、退屈しているところです。 そのうちどっと押し寄せてくるんでしょうね

  • 願わくは、あなたの風に抱かれて 第05話

    彰親がようやく唱えるのを止めた。 しばらく二人はそのままだった。 静寂を破ったのはかさねだ。 「私じゃない私が……出てました」

  • 願わくは、あなたの風に抱かれて 第04話

    紅葉が深くなる頃、楓の子供はだいぶ大きくなり、最近は頻繁にひっくり返ってうつぶせになるようになった。すぐに頭が重くなって

  • あっという間のお盆でしたね

    6日ほどあったのですが、あっという間でした。サービス業の時はあたふたしていました。今年はあたふたしていなくても、あっとい

  • 願わくは、あなたの風に抱かれて 第03話

    中宮のお住まいになっている弘徽殿に赴いた彰親は、女房の一人に御簾内に招き入れられた。侍従という通り名で、彰親より二つばか

  • Hugoサイト作成4アップと囚われの神子のお問い合わせについて

    Hugoのサイト作成、最終回をアップしました。結構長いけど、実際はもっとあれこれやってるんでさらに長いです。エンジニアの

  • Hugoで小説サイトを作成する その4

    サマリーに「……」を付ける。 これです。なんかぶっ切れてて変ですよね。私はなんか気になります。ので、「……」を付け足して、

  • 新連載始めます

    「願わくは、あなたの風に抱かれて」を連載開始します。やっと書く気になりました。平安時代もの。彰親の救済話ですが、杏風なん

  • 新連載始めます

    やっと書く気になりました。平安時代もの。彰親の救済話ですが、杏風なんでやっぱりすぐには幸せにはなれやしません。暗くて辛い

  • 願わくは、あなたの風に抱かれて 第01話

    二人の幼い若君と姫君が遊んでいる。棒切れを持って庭に字とも絵とも取れないものを書き、石を置いている。 何ともなしに御簾越し

  • サイト再開します

    2月に休止したので約半年間経ったことになります。子供の高校受験と仕事の多忙さが重なり、さらにいつも春先はナーバスになって

  • サイト再開します

    2月に休止したので約半年間経ったことになります。子供の高校受験と仕事の多忙さが重なり、さらにいつも春先はナーバスになって

  • Hugoで小説サイトを作成する その3

    ページャーを修正する。 前ページ、次ページのリンクのことですが、テーマのデモとなんか違う! 記事タイトルの上に表示されるはず

  • Hugoで小説サイトを作成する その2

    config.tomlの定義 Mainloadのカスタマイズにはいります。 まず、config.tomlを開き、自分の思うよ

  • Hugoで小説サイトを作成する その1

    Hugoとは Hugoは、Go言語で記述された、高速で動く静的サイトジェネレーターです。 動的サイトとは異なり、作成されたコ

  • antiXでbrother MFC695cdnプリンターを使う

    brother MFC695cdnという、2009年製の恐ろしく古い複合機を使用しています。 そしてそれをdebian系linuxである

  • Linuxを始めよう

    私の周りでLinuxを使っている人はいない。 高校生の子どもたちの周りにもいない。それどころか何それと返されるらしい。Li

  • 天使のマスカレイド番外編 佑太の煩悶 第2話公開

    めっちゃくちゃこの話も間が空いてます。第一話、3月ですよ書いたの。もう皆忘れ去ってそうな……。 ちょっと気になる女性が出て

  • 天使のマスカレイド番外編 佑太の煩悶 第2話公開

    めっちゃくちゃこの話も間が空いてます。第一話、3月ですよ書いたの。もう皆忘れ去ってそうな……。 ちょっと気になる女性が出て

  • 天使のマスカレイド番外編 佑太の煩悶 第02話

    その日の夜は主に千歳と美留がわいわいと盛り上がって、将貴と佑太がそれに追従する形で楽しく過ごせた。最近ぐずってどうしよう

  • 改稿の社長のおこのみ第4話をアルファポリスに公開しました

    だいぶ間がまた空いてしまい申し訳ありません。 社長のおこのみ第4話 ←こちらからどうぞ。 改稿前の話の流れがどうにも我慢ならな

  • 改稿の社長のおこのみ第4話をアルファポリスに公開しました

    だいぶ間がまた空いてしまい申し訳ありません。 社長のおこのみ第4話 社長のおこのみなんですが、改稿前の社長がどうにも我慢なら

  • 小説家になろうを退会します

    皆様お元気でしょうか。私はなんとか元気な方です。 7月より新しい仕事が始まり、ようやく慣れてきたところですが、お決まりの体

  • 小説家になろうを退会します

    皆様お元気でしょうか。私はなんとか元気な方です。 7月より新しい仕事が始まり、ようやく慣れてきたところですが、お決まりの体

  • 【日記】天使のマスカレイド番外編 佑太の煩悶 第01話 UP!

    久々の掲載です。おらー、平安話はどうなんだよ? なのですが、勉強不足すぎることがわかったので、延期します。すみません! 書こ

  • 天使のマスカレイド番外編 佑太の煩悶 第01話

    「ほら、仏頂面」 車を運転していた佑太は、妻の美留に耳を引っ張られ、危ないじゃないかとその手を払った。もう、佑太の兄の将貴

  • 【日記】天使のマスカレイド番外編 佑太の煩悶 第01話 UP!

    久々の掲載です。おらー、平安話はどうなんだよ? なのですが、勉強不足すぎることがわかったので、延期します。すみません! 書こ

  • お知らせ

    2010年から登録していた「モバスペBOOK」「mobile space」ですが、訪問者数が激少ないため、削除し退会するこ

  • お知らせ

    2010年から登録していた「モバスペBOOK」「mobile space」ですが、訪問者数が激少ないため、削除し退会するこ

  • 謹賀新年

    謹賀新年 コロナ禍の騒ぎでいろいろ大変でしたが、無事に新年を迎えることができました。今年が皆様にとって良い年でありますよう

  • 謹賀新年

    謹賀新年 コロナ禍の騒ぎでいろいろ大変でしたが、無事に新年を迎えることができました。今年が皆様にとって良い年でありますよう

  • ご無沙汰しております。

    ご無沙汰してます。 長い間小説を書いていませんが、放置も良くないなと思い、久々にブログを書きます。 6月で時が止まってしまっ

  • ご無沙汰しております。

    ご無沙汰してます。 長い間小説を書いていませんが、放置も良くないなと思い、久々にブログを書きます。 6月で時が止まってしまっ

  • サーバーを変更しました

    さくらインターネットのスタンダードを利用していましたが、データベースを使用しなくなり、毎年5000円以上払っているのもな

  • サーバーを変更しました

    さくらインターネットのスタンダードを利用していましたが、データベースを使用しなくなり、毎年5000円以上払っているのもな

  • あとひとつのキーワード 第21、22、最終話 更新

    あー……やっと終わりました。 たっぷり1年以上かかりましたね……。 キャラクターが癖のある暗い人が多くて、書いてて暗くなり結

  • あとひとつのキーワード 第21、22、最終話 更新

    あー……やっと終わりました。 たっぷり1年以上かかりましたね……。 キャラクターが癖のある暗い人が多くて、書いてて暗くなり結

  • あとひとつのキーワード 第23話(完結)

    ものすごく疲れる一日だった。 早く家へ帰ろうと北山の屋敷の裏口へあの夢乃に案内してもらった。すると、たまたまそこへ屋敷へ帰

  • あとひとつのキーワード 第22話

    不意にバリアーが消えた。 「どうしてなの? どうして封印が完全に解けたの? すみれが靖則を許すはずがないのに……!」 沙彩が悔し

  • あとひとつのキーワード 第21話

    ものすごい量の前世の記憶がなだれ込んでくる。さすがに辛くてしゃがみこんだ私を靖則が抱き上げて、寝台に腰掛けさせてくれた。

  • あとひとつのキーワード 第20話

    沙彩は部屋を出ていき、その後、真嗣さんは鍵をかけた。 「そんなに怖い顔をしないでください。私と結婚したいって言ってたじゃな

  • あとひとつのキーワード 第19話

    『今日も美しいね、ジョセフィーヌ』 王宮の廊下で背後から突然話しかけてきたのは、ソフィアの父の宰相だ。初老に入っているとい

  • あとひとつのキーワード 第19話、第20話 更新

    ああああ、やっと、やっとここへ到達しましたよ。 第20話の最後の数行のために、この暗い重い話を書き始めたんですよ。 やっとだ

  • あとひとつのキーワード 第19話、第20話 更新

    ああああ、やっと、やっとここへ到達しましたよ。 第20話の最後の数行のために、この暗い重い話を書き始めたんですよ。 やっとだ

  • あとひとつのキーワード 第18話

    ばこんと頭を叩かれ、痛くて目が覚めた。 叩いたのはひなりだった。 「やっと起きた。寝坊にも程があるわ」 「靖則にやられたの! 見

  • あとひとつのキーワード 第18話 更新

    なんとか更新です。 うーん、乗れれば書けるもんですね。 次はいよいよ沙彩登場です。

  • あとひとつのキーワード 第18話 更新

    なんとか更新です。 うーん、乗れれば書けるもんですね。 次はいよいよ沙彩登場です。

  • あとひとつのキーワード 第17話 更新

    更新しました。 ぼちぼちといきます。

  • あとひとつのキーワード 第17話 更新

    更新しました。 ぼちぼちといきます。

  • あとひとつのキーワード 第17話

    朝食を食べ終えて靖則の様子を見に行くと、靖則は既に起きていて、しかも布団を畳んでいた。 「ちょっと、怪我は大丈夫なの?」 「

  • あとひとつのキーワード 第16話 更新

    今週はたぶんここまでかなー。 ちょっとすみれが柔らかくなってますね。傷つける人がいないからでしょう。 靖則を早く起こしたいで

  • あとひとつのキーワード 第16話 更新

    今週はたぶんここまでかなー。 ちょっとすみれが柔らかくなってますね。傷つける人がいないからでしょう。 靖則を早く起こしたいで

  • あとひとつのキーワード 第16話

    結局、ひなりと私が同じ布団で寝ることになってしまい、窮屈な寝心地で最悪な夜を迎えることになった。 「いいじゃないの。女同士

  • あとひとつのキーワード 第15話

    あれ以来、ひなりは他社へ出向しており、詳しい話を聞けていない。謎掛けみたいな言葉を残してくれたせいで、物思いが増えた。 そ

  • あとひとつのキーワード 第15話 更新

    三ヶ月ぶりの更新です。 いよいよ佳境に突入です。 私的にはものすごく長かった……。 黒だったものが次々に白へ変わっていく時です

  • あとひとつのキーワード 第15話 更新

    三ヶ月ぶりの更新です。 いよいよ佳境に突入です。 私的にはものすごく長かった……。 黒だったものが次々に白へ変わっていく時です

  • 新型コロナで更新止まってます

    一応生きてます。 スーパーのレジをしているため、新型コロナ騒ぎの影響をもろに受けてます。もうクタクタ。 毎日毎日すごいお客さ

  • 新型コロナで更新止まってます

    一応生きてます。 スーパーのレジをしているため、新型コロナ騒ぎの影響をもろに受けてます。もうクタクタ。 毎日毎日すごいお客さ

  • あとひとつのキーワード 第14話 更新

    現在の時間枠に戻った回です。 相変わらずなすみれです。そんな彼女につきまとってくるひなりさんと食事し、出先でとんでもない地

  • あとひとつのキーワード 第14話 更新

    現在の時間枠に戻った回です。 相変わらずなすみれです。そんな彼女につきまとってくるひなりさんと食事し、出先でとんでもない地

  • あとひとつのキーワード 第14話

    そして私は、今の状況下にあるわけだ。 沙彩のシナリオ通り、今日も真嗣さんの会社で白い目で見られながら、仕事をしている。 午後

  • あとひとつのキーワード 第13話 更新

    連日更新です。凄いや! ってなわけで、ついに靖則に強行突破される回です。そして、やっと時間枠が冒頭に戻ります。長かった……

  • あとひとつのキーワード 第13話 更新

    連日更新です。凄いや! ってなわけで、ついに靖則に強行突破される回です。そして、やっと時間枠が冒頭に戻ります。長かった……

  • あとひとつのキーワード 第13話

    退院の日の朝、いつも午後に来る靖則が朝食を取っている間に来た。 「ずいぶん早いわね」 「仕事は休みました」 靖則は私の荷物をち

  • あとひとつのキーワード 第12話 更新

    二ヶ月ぶりの更新になります。 いやはや、年末年始が忙しすぎて今になりました。本当に凄く忙しかったんですよ……。 んで、一息つ

  • あとひとつのキーワード 第12話 更新

    二ヶ月ぶりの更新になります。 いやはや、年末年始が忙しすぎて今になりました。本当に凄く忙しかったんですよ……。 んで、一息つ

  • あとひとつのキーワード 第12話

    半年に渡る苦しいリハビリが終わる頃、季節は梅雨に入っていた。 靖則はほぼ毎日私のリハビリに付き添い、来るなと言っても頑とし

  • 謹賀新年

    謹賀新年。 今年も皆様にとって良い年でありますように。 私もマイペースではありますが、小説更新を目指します。 よろしくお願いし

  • 謹賀新年

    謹賀新年。 今年も皆様にとって良い年でありますように。 私もマイペースではありますが、小説更新を目指します。 よろしくお願いし

  • おわび

    囚われの神子の目次ページに、存在しないリンクが貼られたままになっていました。 ずーっと気づいておりませんでした。 教えてくだ

  • おわび

    囚われの神子の目次ページに、存在しないリンクが貼られたままになっていました。 ずーっと気づいておりませんでした。 教えてくだ

  • あとひとつのキーワード 第11話 更新

    大馬鹿の父親に酷い目に合わされる回です。可哀想すぎるので短くしました。このクソ親が沙彩よりも嫌いだなあ。 だんだん無気力に

  • あとひとつのキーワード 第11話 更新

    大馬鹿の父親に酷い目に合わされる回です。可哀想すぎるので短くしました。このクソ親が沙彩よりも嫌いだなあ。 だんだん無気力に

  • あとひとつのキーワード 第11話

    それから数日後、父が来た。 ノックもなしに入ってきた父は、横になっている私に起きろと命令した。まだ痛む身体を苦労して起き上

  • あとひとつのキーワード 第10話 更新

    前回、コメントをくださった皆様ありがとうございます。 さて、コアなところの入り口へ話が進んできました。沙彩が悪事をばらす回

  • あとひとつのキーワード 第10話 更新

    前回、コメントをくださった皆様ありがとうございます。 さて、コアなところの入り口へ話が進んできました。沙彩が悪事をばらす回

  • あとひとつのキーワード 第10話

    女に刺されて数日後、目覚めた時には処置は全て終わっており、麻酔が施されている身体には違和感しか無かった。 一番先に目に入っ

  • あとひとつのキーワード 第9話 更新

    三ヶ月ぶりぐらいの更新になります。 いよいよ急転直下の展開です。すみれはこの先さらに酷い目に遭うので、辛い方は完結までお待

  • FC2ブログに戻しました

    2010年から登録していた「モバスペBOOK」「mobile space」ですが、訪問者数が激少ないため、削除し退会するこ

  • FC2ブログに戻しました

    三ヶ月ぶりぐらいの更新になります。 いよいよ急転直下の展開です。すみれはこの先さらに酷い目に遭うので、辛い方は完結までお待

  • 白の神子姫と竜の魔法 第34話(完結)

    それから、百年の年月が過ぎた。 私は久しぶりに、ジークフリードのお城から王都の近くに転移し、そこから馬車で王宮へ伺候した。

  • 白の神子姫と竜の魔法 第33話

    オトフリートは、ジークフリードが傷口を治そうとするのを、頑なに拒否した。 「私は、この城に……鈴……様がいらした時に、黒…

  • 白の神子姫と竜の魔法 第32話

    あれ? いつまで待っても衝撃が来ない。それどころか、ジークフリードは私を離し、黒竜公を追う。 「お待ちを! 父上」 黒竜公は立ち

  • 白の神子姫と竜の魔法 第31話

    「銀……」 私の呟きに、オトフリートはくすりと笑った。 「最初に貴女の夢に訪問した時に、そう言ったでしょう? 私は銀の竜族だと

  • 白の神子姫と竜の魔法 第30話

    白木さんに会いたい。彼女はきっと、オトフリートに詳しいはずだ。だって、私の夢の中へ一緒に入ってきたくらいだし。 私もそんな

  • 白の神子姫と竜の魔法 第29話

    皇太子妃候補からは外されたとのことで、私はその日のうちに王后の棟へ移った。ギュンター王子にまた言い寄られたら困るし、ジー

  • 白の神子姫と竜の魔法 第28話

    侍女たちが、おろおろと懇願している。 「お鎮まり下さいませ、王后陛下。どうか、どうか……」 「お前たちこそお下がり。私はその

  • 白の神子姫と竜の魔法 第27話

    結局、何の収穫もないまま、貴重な外出日は終わってしまった。 知りたくもないのに知った情報は、ギュンター王子は何が何でも私を

  • 白の神子姫と竜の魔法 第26話

    翌朝、妙な色の飲み物を、シャルロッテに手渡された。 クリスタルのグラスに入っているそれは、白色に七色の虹が混ざっているよう

  • 白の神子姫と竜の魔法 第25話

    「やっと行ってくれたのね、ドリス様のところへ」 はー……。 気が抜けた私は、ソファに深く沈みこんだ。 連れ去られてから、もう一

  • 白の神子姫と竜の魔法 第24話

    ぶわりと何かが吹き出て、周りが七色の虹に包まれた。 オトフリートに抱きしめられたまま、身体はどこかへ運ばれていく。夢だけれ

  • 白の神子姫と竜の魔法 第23話

    『ロザリン姫について、どこまでご存知ですか?』 「ギュンター王子のお兄さんの婚約者で、血縁に黒竜公の妹君がいらっしゃるって

  • 白の神子姫と竜の魔法 第22話

    ああ、また夢の中だ。 この空間は記憶にある……。 確か、白木さんとオトフリートに夢の中で出会った時、こんな柔らかな空間だった

  • 白の神子姫と竜の魔法 第21話

    あー……あったかい。 ふんわりふわふわ……気持ちいい。すべすべだし。ん? すべすべって何が? すべすべ……。 違和感に目をぱちっ

  • 白の神子姫と竜の魔法 第20話

    ジークフリードの手のひらが、熱い。 何度も何度も、私の首筋に口付けを繰り返し、体温を移すかのように密着する。うれしそうに囁

  • 白の神子姫と竜の魔法 第19話

    「黒竜公……」 オトフリートがつぶやいた。 黒竜公って、ジークフリードのお父さんよね? 道理で顔が似てると思った……。すごく怖

  • 白の神子姫と竜の魔法 第18話

    薄暗い中で目覚めたら、清潔で真っ白な天井が目に入った。 「気づきましたか? まだ時間は少ししか経ってません。同じ日の夜です」

ブログリーダー」を活用して、斉藤杏奈さんをフォローしませんか?

ハンドル名
斉藤杏奈さん
ブログタイトル
そよそよ
フォロー
そよそよ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用