searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

JR0ECQさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
JR0ECQの徒然日記
ブログURL
https://jr0ecq.hatenablog.com/
ブログ紹介文
CW大好き。あるQRP機との出会いをきっかけに、2019年に13年ぶりにアマチュア無線を再開。ベランダ設置のモービルホイップアンテナを使って交信を楽しみます。
更新頻度(1年)

104回 / 365日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2018/12/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、JR0ECQさんの読者になりませんか?

ハンドル名
JR0ECQさん
ブログタイトル
JR0ECQの徒然日記
更新頻度
104回 / 365日(平均2.0回/週)
読者になる
JR0ECQの徒然日記

JR0ECQさんの新着記事

1件〜30件

  • 3.5MHzでの海外初交信 ~ ARRL DX Contest

    今年のDXコンテスト第一弾は、ARRL DX Contest。昨年は受信だけ楽しみました。このコンテストに参加するのは、何と20年ぶりみたいです。 先日、トップバンドにデビューしたばかりだったので、さっそくトップバンドでの海外初交信を狙いたいところでしたが、TS-50Sは1.8MHzに出ることができません。 そこで目を付けたのが、トップバンドにデビューするために新調したセンターローディングのモービルホイップ、コメットHR3.5です。今まで3.5MHzでは海外局と交信したことがなかったので、このアンテナを使って、3.5MHzでの海外初交信にチャレンジすることにしました。ついでに、日中の14MHz…

  • 憧れの1.9MHzでの初運用(4) ~ KCJトップバンドコンテスト

    (前回のつづきです。) 10 いよいよ初運用 1.9MHzで運用するためのアンテナの準備が無事に終了しました。そして、トップバンドのデビューは、KCJトップバンドコンテストにすることに決めました。 アンテナの準備が済んでから数日後、お待ちかねのKCJトップバンドコンテストの日になりました。コンテスト初日の晩は風が強く、気象庁の観測データによると、終始、5~8m/sの北寄りの季節風が吹いていたようです。このため、モービルホイップの先端は風でしなり、ワイヤーは大きく揺れていました。 さて、コンテスト開始時刻になり、バンド内をワッチ。すると、名だたるコンテスターの皆さんが狭いバンド内にひしめき合って…

  • 憧れの1.9MHzでの初運用(3) ~ アンテナの準備(その3)

    (前回のつづきです。) 6 HR3.5を入手 手持ちのHF80FXを使用できればとても経済的だったのですが、HF80FXをベースにするのは無理であることわかりました。このままでは1.9MHzでの運用をあきらめなければなりませんが、ここまできて、あきらめたくはありません。 そこで、結局、参考にしたブログ記事で紹介されていたものと同じモービルホイップ、コメットのHR3.5を入手することにしました。Amazonで注文したところ、すぐに届きました。これを使えば、間違いなく1.9MHzで運用できるはずです。 7 HR3.5のSWR曲線を測定 はじめに、Nano VNAでHR3.5のSWR曲線を測定してみ…

  • 憧れの1.9MHzでの初運用(2) ~ アンテナの準備(その2)

    (前回のつづきです。) 4 Nano VNAを入手 アンテナの共振点がどこなのか調べるためには、アンテナ・アナライザなどの測定器が必要です。最近、安くて高性能な測定器として、Nano VNAの評判が良いことは知っていましたが、使いこなせる自信もなく、しばらく様子見をしていました。 そんなときにタイミング良く、HAM world 3月号が発売されました。そこには、Nano VNAの使い方が詳しく記載されていました。その記事を読んでみて、これなら使えそうと思い、AmazonからNano VNAと、SMA-M型の変換アダプタを入手しました。 5 Nano VNAでアンテナの共振点を測定 HAM wo…

  • 憧れの1.9MHzでの初運用(1) ~ アンテナの準備(その1)

    先日のKCJトップバンドコンテストで、ついに憧れの1.9MHzにデビューすることができました。そこで、アンテナの準備から順番に、いままでの経過を振り返りたいと思います。 1 アンテナの検討 昨年、4階のベランダからHFのオールバンドで運用ができるようになり、TS-50Sで出たことのないバンドは、1.9MHzのみになりました。このため、日頃から、1.9MHzで運用するための何かよいアンテナはないものかと思っていました。 ベランダからだと、釣り竿アンテナとATUの組み合わせがポピュラーみたいですが、釣り竿は長くて目立つ上に、釣り竿を手摺に安全に取り付けるのが面倒そうなのと、ATUが結構いい値段がす…

  • JARL会員局名録

    今日、予約していた局名録が届きました。予想はしていましたが、20年前のものと比べてみると、だいぶ薄くなりました。

  • QSLカード

    今日、QSLカードが届きました。今回の枚数は128枚で、前回の93枚よりも多くなりました。8Jや8Nで始まる記念局のカードが10枚もありました。これからじっくりと拝見いたします。ありがとうございました。

  • ねずみのステッカー

    今日、QSOパーティのステッカーが届きました。これで再開してから2枚集まりました。 昨年は、リグがHT-1Aしかなかったため、このブログに「7MHz CWだけで十二支を完成」させたいなんて書いていましたが、そんなことを書いたことなどすっかり忘れていました。今年は、TS-50Sを修理して運用バンドの制約がなくなったこともあって、10MHzでも運用したのでした。これからは、できるだけいろんなバンドで参加したいと思います。

  • QSOパーティ

    アマチュア無線を再開してからちょうど一年がたちました。そして、再開後二回目のQSOパーティに参加しました。 昨年のQSOパーティは、HT-1Aを使って7MHzのQRPで参加しました。その結果、初日で20局を達成することができず、かなり苦労しました。 そこで、今年はTS-50Sを使って、今まで参加したことのなかった10MHzからスタートすることにしました。 さて、QSOパーティ初日の午前、スタート時の10MHzのコンディションはまずまず。しかし、呼びまわり専門のため予想以上に時間が経過してしまいました。そのうちにコンディションが低下してしまい、10MHzだけでは難しくなってしまいました。 結局、…

  • 2019年のアマチュア無線の総括

    2019年は、1月のQSOパーティーでアマチュア無線を再開してから、いろんなことがありました。そこで、2019年のアマチュア無線の運用について総括してみたいと思います。 -・-・ --・- -・-・ --・- -・-・ --・- はじめに、2019年の運用の概要をまとめてみました。詳しくは、このブログの各記事に記載したとおりです。 1~3月: ・7MHz/14MHzのQRP機 HT-1A(5W)、縦振電鍵 HK-3、ベランダに設置したモービルホイップ HA4S(10mH)にて、13年ぶりにQSOパーティーでアマチュア無線を再開。しかし、コンディションが悪く、思うように交信できず苦戦。 4月: …

  • 2019年12月のエリア別交信件数

    まだ月末まで少しありますが、2019年12月のエリア別交信件数をまとめました。 コンディションが悪いことに加えて、11月末のCQ WW CWコンテストでDXとたくさん交信できて満足してしまったことや、年末で何かと忙しいこともあって、交信件数は少なくなりました。 交信はすべてCWによるもので、19件のうち15件はA1 CLUBとKCJのOAMのキー局との交信でした。A1 CLUBの第900回記念OAMに参加していなかったら、2019年の最低の月別交信件数を記録するところでした。

  • A1 CLUBの第900回記念特別OAMの表彰状が届く

    先週の土曜日、12月21日に実施されたA1 CLUBの第900回記念特別OAMに参加したところ、運よく9局すべてのキー局と交信することができました。そこで表彰状を希望したところ、本日届きました。参加証も先日いただきました。A1 CLUB OAM部会のみなさま、ありがとうございました。 思い起こすと、第1回のOAMに参加したのが2002年6月7日です。それから休みなくずっと続いているなんて、すごいことだと思います。 ログを遡ってみたところ、第10回までは、ほぼ毎回(第1,2,4,5,6,8,9,10回)参加していました。コンディションによってはキー局が聞こえなくて参加できない日もありますが、これ…

  • 令和元年度の1アマ試験の合格率を通算してみた

    令和元年度に実施された3回の1アマ試験の合格率を通算してみました。 合格者数は522名、合格者の中で最も受験番号の大きい数から申請者数は少なくとも2256名、そして受験率を75%と仮定して計算すると、令和元年度の1アマの合格率は31%となりました。総務省の統計によると、昨年度の合格率は42.3%でしたので、今年度はかなり狭き門だったようです。

  • 新元号 令和アワードが届く

    本日、新元号 令和アワードが届きました。CQ誌の編集部のみなさま、ありがとうございました。特記は、CW 455 QSOでした。 CQ誌の1月号やWebサイトには受賞者一覧の速報版が掲載されています。みなさん、いろんな特記で申請していますね。今のバンドやモードのアクティビティを反映しているようで面白いです。モード別では流行りのFT8が多いのが目立ちます。

  • 1アマ試験の合格率(令和元年12月期)

    本日、1アマと2アマの合格発表がありました。さっそく、いつもの計算方法により、1アマの合格率を概算してみました。 その結果、今回は38%でした。前回8月期の27%よりも高くなりました。 jr0ecq.hatenablog.com 1アマの合格率は、昨年の12月期から、概算で50%→45%→27%→38%と推移しています。 (独自の計算方法によるもので、公式発表の数値ではありませんのでご注意ください。)

  • IARU HFチャンピオンシップと20年前のARRL DXコンテストの参加証を受け取る

    先日、ARRLのウェブサイトから、7月に参加したIARU HFチャンピオンシップコンテストの参加証を受け取りました。 jr0ecq.hatenablog.com そのときに、20年前のARRL DXコンテストの参加証を見つけて一緒に受け取りました。たった1件の交信でしたが、ログを提出していたんですね。 jr0ecq.hatenablog.com 思いがけず嬉しく懐かしい瞬間でした。

  • 2019年11月のエリア別交信件数

    2019年11月のエリア別交信件数をまとめました。すべてCWでした。 国内は、コンディションの低下の伴いアクティビティも下がり、わずか20件でした。参加したコンテストは、JA9コンテストのみでした。 これに対して、海外は、CQ WW CWコンテストの交信のみで80件でした。最遠では7MHzでイタリアと交信できるなど、100Wとモービルホイップでも十分に楽しめました。

  • 昨日届いたQSLカード

    昨日、前回よりもさらに大きな封筒でQSLカードが届きました。数えてみたら93枚もありました。前回の67枚から大幅にアップです。今から整理するのが楽しみです。 発行してくださった皆様、ありがとうございました。

  • 17年ぶりにCQ WW CWコンテストに参加 ~ DXコンテストとWAC

    先日のCQ WW CWコンテストに参加しました。17年ぶり4回目の参加でした。初回の1997年には、初めてヨーロッパと交信でき、感動しました。 当時、DXコンテストに参加することによって、初めてアジア以外の局と交信してから2年ほどでWACを完成させることができました。WACの申請に使ったQSLカードは、1996年の7MHzでのアジア(日本)、1997年の7MHzでの北アメリカ(コロラド)とヨーロッパ(ハンガリー)、14MHzでのオセアニア(ハワイ)、1998年の14MHzでの南アメリカ(アルゼンチン)、1999年の21MHzでのアフリカ(南アフリカ)の局のものでした。 このWACはアマチュア無…

  • JA9コンテストに参加

    昨日、JA9コンテストのHF電信部門に参加しました。このコンテストは、この私が過去に2年連続入賞したことがあるという、世にも珍しいコンテストです。ちなみに、2000年度の入賞は、QRP機のSSTによるものでした。 さて、今回はというと、コンディションが悪すぎました。一応、7MHzを朝8時から正午まで聞いていましたが、私のところからはほとんど何も聞こえない時間帯が多く、11時台にコンディションが一時的に良くなったときに少しまとまった数の交信ができただけでした。 これからの季節、もう7MHz以上のバンドの伝搬は、国内向けにはあまり良くないのでしょうね。早くも春が待ち遠しいです。

  • 「7MHz CW QRP」特記のJARL三賞と我がQRP機たち

    先日、アマチュア無線を中断する前のQSLカードをチェックしていたら、「7MHz CW QRP」特記のJCCが完成していることが分かりました。今さらですが、折角なので申請しました。届いたのがこれです。 アマチュア無線を中断する前には、同じ特記のAJDとWAJAを取得していました。 これで「7MHz CW QRP」特記のJARL三賞が揃いました。ちなみに、JARL三賞とは、JARL発行アワードのうち、最も歴史の古いWAJA、AJD、JCCのことを言うそうです。 並べてみると、特記の文字のフォントがすべて異なっていることが分かります。発行時期によって違うのかどうなのか分かりませんが、統一してくれた方…

  • 令和2年カレンダー全国市町村マップが届く

    国土地理協会から令和2年カレンダー全国市町村マップが届きました。B1版の大きくて立派な日本全図です。返信用封筒を発送してからわずか2日で届きました。ありがとうございました。眺めているだけで楽しいです。 平成11年以降に合併した市町村が緑色になっていて、合併前の市町村名も表示されています。合併が多い都道府県、少ない都道府県があって、面白いです。また、無線で交信した(している)相手局の位置をすぐに調べることができて便利です。

  • 原昌三(JA1AN)メモリアルアワードが届く

    10月の初めに申請していた原昌三(JA1AN)メモリアルアワードが届きました。

  • CQ WPX CWコンテストの参加証を受け取る

    5月にCQ WPX CWコンテストに参加しましたが・・・ jr0ecq.hatenablog.com そのコンテストのウェブサイトを見に行ったら参加証が発行されていたので、受け取りました。海外コンテストの参加証は、はじめていただきました。費用も手間も掛けずにいただくことができて、とてもいいですね。ありがとうございました。

  • ALL JAコンテストのコンテストアワードが届く

    ALL JAコンテストの参加記念に申請していたコンテストアワードが届きました。サイズはA4で、17年前のものよりも小さくなっていました。 jr0ecq.hatenablog.com 17年前は、B4サイズでした。

  • 2019年10月のエリア別交信件数

    2019年10月のエリア別交信件数をまとめました。 18年ぶりに声を出して1件だけSSB、その他はCWでした。そのうち78件は、全市全郡コンテストでの交信でした。 モービルホイップにQRPでは厳しい季節になってきました。すべてTS-50Sによる交信でした。

  • SWRが高くて焦る

    この前の土曜日の早朝、某クラブのオンエアミーティングに参加しようと思い、いつものようにアンテナチューナーでチューニングしようとしましたが、なぜかチューニングが取れません。SWR計をつないでみたら、SWRがとんでもない高い値になっていました。 はじめは原因が分からず、少し焦りましたが、一つずつ異常がないか確かめていきました。そして、ようやく原因が分かりました。 原因は、同軸ケーブルのコネクタの接触不良でした。そのコネクタは、20年くらい前にはんだ付けしたものでしたが、無線を休んでいた間の保管状態が悪かったらしく、いつの間にかプラグの表面が腐食して少し黒くなっていました。今まで正常に使えていたのは…

  • KCJコンテストの賞状を飾る

    先日、KCJコンテストの賞状をPDFで受け取りましたが、紙の賞状を希望したところ、早くも届きました。 jr0ecq.hatenablog.com とりあえずクリアーファイルに入れたまま飾ってみましたが、これでもいい感じです。ありがとうございました。

  • 台風一過の全市全郡コンテストに参加

    このたびの台風19号の被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。 この台風のせいで、昨年まで参加していた新潟シティマラソン(今年は全市全郡コンテストと日程がぶつかったためエントリーしませんでしたが・・・)も中止になってしまいました。今朝、信濃川沿いにジョギングに出かけたところ、大会の中止の反動なのか、いつもは見かけない方が、たくさんジョギングされていました。 さて、楽しみにしていた全市全郡コンテストの方はというと、風がとても強かった土曜日の夜は参加しないことにし、明けて日曜日、テレビニュースで各地の被害を見るにつけ、参加する気もだんだんと失せてきたものの、せっかく楽しみにしていたのだからと、9…

  • KCJコンテストの賞状を受け取る

    KCJコンテストの賞状をPDFで受け取りました。やっぱり入賞は夢じゃなかった。ありがとうございました。 jr0ecq.hatenablog.com

カテゴリー一覧
商用