プロフィールPROFILE

あいえぬじー。さんのプロフィール

住所
福島県
出身
福島県

始めまして、久しぶりの投稿です。送信法を学びながら操作しています。

ブログタイトル
あいえぬじー。 病を乗り越え、日々元気に!。
ブログURL
http://blog.goo.ne.jp/aizu3310
ブログ紹介文
健康な身体を目指して、塩分少なめな食生活と小まめな水分補給を心がけて、 自主運動で体力づくりを。
更新頻度(1年)

88回 / 365日(平均1.7回/週)

ブログ村参加:2018/08/05

あいえぬじー。さんのプロフィール
読者になる

あいえぬじー。さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 979,915サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,395サイト
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 979,915サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,395サイト
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 979,915サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,395サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、あいえぬじー。さんの読者になりませんか?

ハンドル名
あいえぬじー。さん
ブログタイトル
あいえぬじー。 病を乗り越え、日々元気に!。
更新頻度
88回 / 365日(平均1.7回/週)
読者になる
あいえぬじー。
病を乗り越え、日々元気に!。

あいえぬじー。さんの新着記事

1件〜30件

  • 食事と健康

    エルカ酸と心不全との関係は。どんな要素が病気などの因子になっているのか見定める研究が行なわれていると言う。私にはわからないが、研究が盛んに行われているらしい。役立ちそうな複数の研究を統合して分析してるらしい。食事と健康

  • 食事と健康

    糖尿病になぜなるのでしょう。食べ物が関係することは確かですが、様々なことが絡まり合っているようです。中、糖尿病の1型は生活習慣と関係ない自己免疫系の疾患が原因だと言われているようです。生活習慣の改善で予防可能なのは2型のようです。食事の改善も、大切だといわれています。食事と健康

  • 食事と健康

    合併症には重篤になるとことが多いと。狭心症に心筋梗塞そして脳梗塞など直接生命にかかわる病気のほか、腎症で透析が必要な状態になったり、認知症のリスクを上げたりもするようです。糖尿病の血行障害から両足が壊死して切断された人がいました。また眼底出血で失明したこともありました。糖尿病には、数々の病名があるようです。生活習慣病・食事と健康が如何に大切か。食事と健康

  • 食事と健康

    食生活が大切な理由。ブドウ糖はぼくたちが生きていくための、いわば「燃料」になります。インスリンの働きが悪いとブドウ糖が血中に留まって細胞に入っていきにくくなると言われています。細胞に栄養がいかなくまる。血中のブドウ糖濃度が高止まり続けると、血管の細胞のタンパク質や脂質と結合してダメージを与えてしまいます。血糖値が高いだけでは自覚症状にとぼしいのが問題ですが、昔は合併症が出るまで気づかないこともあったと言われます。食事と健康

  • 食事と健康

    環境因子や遺伝子や代謝の因子が、どれだけ糖尿病に関与していたか、それを介して予防ができることが大事です。食事というのは、そのひとつの大きな要素なんです」「健康情報」よりも、こういった研究のあり方を知っておくことは意味があると思います。糖尿病は、膵臓から出るホルモンであるインスリンが十分に分泌されずに、働が鈍くなり、血液中のブドウ糖(グルコース)の濃度、つまり血糖値が高いままになってしまう病気です。食事と健康

  • 食事と健康

    糖尿病や肥満。「糖尿病を予防するにはどんな食生活を送るといいのか、どんな生活習慣が望ましいのでしょうか。日本でも多く治療を要する患者さんがいると言われています、世界的に見ると数億人もいて、今でも増えています。糖尿病を入り口にしていろんな病気につながっていきます。心臓の病気だったり、腎不全だったり、血管系の疾患の危険因子です。医療費がかさんで社会的な負担になるということで、予防が重要です。どれだけ糖尿病に関与しているのか見つけて、それを介して予防が必要です。食事は、そのひとつの大きな要素なんです。」食事と健康

  • 食事と健康

    「何を食べれば健康によいと思いますか」の根拠は。「ケンブリッジ大学の研究員、日本で言う厚生労働省の研究者でもある。MRCは、医学研究の公的研究拠点を英国各地に散らばせています。MRCはイギリス政府が医療関係の研究を委託する仕組みで、国立の研究所を構えるのではなくて、各地の大学や研究所が研究を進める形を取っている。「疫学」や「分子生物学」や「がん」などのMRCユニットがある。疫学ユニットには、50人を超える研究者がいるそうです。食事と健康

  • 食事と健康

    食と健康には。食も栄養疫学という分野があり、日々、「よい食べ物」「悪い食べ物」について研究を深めています。食物の健康情報の多くは栄養学の範疇だと思われています、その「根拠」の多くの情報を提供しているのが栄養疫学です。ケンブリッジ大学の栄養疫学者は語っています。食事と健康

  • 食事と健康

    「何を食べれば健康によいか」知りたいですね。この時に言う「科学的根拠」は、もともと疫学という学問に由来すると言われているようです、難しいですね。日本では占いと混同されることがあるほどマイナスのイメージが有るようですが、様々な応用科学の分野では、重要な役割を担っていると言われているみたいです。医療における具体例があると言われ、着目する必要があるようです。食事と健康

  • 食事と健康

    コーチ付きのジムに通う知人に多いのは。「低炭水化物食ダイエット」を支持している人が多いようです。肉中心の食生活が良いと言って、外食でステーキを頼んだ時にマッシュポテトがついてきても手を付けないことがあるようです。可能なところではブロッコリーなどにかえてもらうなど。こういったことは、どれだけ妥当なのかを考える必要があると思う。極端に感じる人も多い思えるし、矛盾を感じる食事と健康は。大切に思えますのですが。皆さんはどうですか。食事と健康

  • 食事と健康

    食事の献立のレベルとして。「地中海ダイエット」(地中海食)が皆さんに知られませんが。野菜や果物、ナッツに全粒粉のパン、魚介類とチキン、オリーブオイルや適量の赤ワインといった、地中海の世界でよく食べられているものを真似た食事が健康的に良いというので、近所のファミレスなどに行くと強引に進められるものです。いかがですか。食は健康と云いまさね。良く考えましょう。食事と健康

  • 11.22「いい夫婦の日」

    11.22「いい夫婦の日」。感謝の思いを言葉でいい尽くせる自身が大切。相手への尊敬と信頼が大事。11.22「いい夫婦の日」

  • 11.22「いい夫婦の日」

    11.22「いい夫婦の日」。感謝の思いを言葉でいい尽くせる自身が大切。相手への尊敬と信頼が大事。11.22「いい夫婦の日」

  • 食事と健康

    食材に、よく食べられている野菜や果物は。食材では、野菜や果物は今も昔もヘルシーな食べ物だと思われております。タンパク質の供給源としては魚や鶏肉がよいというのもよく聞きます。悪く良くいわれるのは炭水化物系で、砂糖はもちろん、白米を代表とする「精製された穀物」を食べることの良し悪しが取りざたされいます。近所ステーキハウスは「肉は健康食」と大きく書かれたパネルを掲げて客を呼び込んでいますが、「健康食は肉」本当に大丈夫でしょうか?。食事と健康

  • 食事と健康

    かつて悪者のように扱われていた脂質も、不飽和脂肪酸というものは体によいらしい。片や炭水化物の評判は大分悪いようです。毒だと言い切る人もいるようです、気を付けましょう。脂質が悪い時代から、炭水化物ヘの時代へ、健康情報だったのではないでしょうか。皆さんはどう思っていますか。食事と健康

  • 食事と健康

    何が健康に良いのか。食事にかかわる情報は人気が高いようです。どんな食物を、また何を食べればよいのか。なにがヘルシーで、なにが危険な食べ物かなど。栄養にまつわる栄養素のレベルでは、最近では追いきれないほどたくさんの種類のサプリなどが、ドラッグストアの棚に並んでいます。食事と健康

  • 食事と健康

    「何を食べれば健康によいと思いますか」の根拠は食生活の中にこそあるのです。今の世の中には、健康情報が満ち溢れています。どうすれば、今以上より健康になれるのか、誰もが知りたいと願っています。「私もです。」貴方は。食事と健康

  • 食事と健康

    「健康によい食事」とか「体に悪い食べ物」などと、健康情報のなかでも人気の「食」の話が沢山あります。なかには、極端だったり矛盾したりする話が多いようです、何を信用していいのか、それだけ食事は健康になくてはならない基本のように思えます。食事と健康

  • 健康を学んで

    清涼飲料水の摂り過ぎに注意しましょう。缶の清涼飲料水は甘味があり、1缶120〜160kcalです。160kcalはごはんを軽く茶碗1杯のエネルギーに相当するようです。何本も飲むとお腹はいっぱいになり、結果として栄養バランスを崩してしまうことになります。水分を補給する場合には、水やお茶などにしましょう。健康を学んで

  • 健康を学んで

    水分の上手な摂り方。睡眠中にも汗をかく、そのメカニズムは分かりませんが、朝起きたときには軽い脱水傾向にあると思ってもよいかもしれません。脳血栓症が睡眠中に起きやすい理由の一つにあげられます。私も経験をしています。起床時はコップ1杯の水分補給をすることは大切なことです。夜中も、目が覚めたら水分補給をするようにしましょう。水分は体にとって欠かせないものなので、十分に摂ることが大切です。食事にはお茶や汁物を添えましょう。汁物は薄味にするのがコツです。水分は一日1.5ℓ~2ℓは必要です。十分注意してください。健康を学んで

  • 健康を学んで

    からだには水分が必要です。水分は、私たちの体にとって欠くことのできないもので、体重の2/3が水分です。そのうちの7%が血液と言われています。水分は、体の中に取り込んだ栄養を運搬して、消化や吸収する役目をしています。必要にない老廃物を運び出す役目もしています。運動をすると、体の中で熱が発生しますが、汗が出て体温の調節をしてくれています。水の1日の必要量は、コップ約12杯と言われています。過激な運動、労働をするとき、夏季には比較的多く必要になります。水を飲む量は、季節や、年齢、また体質によって変わってきます。水分を摂りすぎると血液が薄くなり、血圧が高くなったり、下痢などをおこしやすくなり、疲れやすくもなる場合があります。特に夏の暑い時など、水分の摂取量には気をつけましょう。健康を学んで

  • 健康を学んで

    おいしい水とは何だろう。ミネラルとの関係を考えるとカルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなどのミネラル分が全くなければ気が抜けたような味のない水になり、逆にミネラルが多すぎると重い感じのする飲みにくい水になります。1Lあたり30〜200mgがよいとされています。硬度も考えて1Lあたりのカルシウムのイオンとマグネシウムイオンの和を炭酸カルシウムの量に換算したものを硬度といいます。おいしい水の硬度は、10〜100mgで、日本の水の硬度はこの中に入ります。温度には個人差が夏は10〜15℃がよいといわれますが、冬はこの温度がおいしく感じるとは限らず個人差があるようです。健康を学んで

  • 健康を学んで

    水分の上手な摂り方といえば毎日のようにうだるような暑さの中で多量の汗をかき、がぶがぶ水を飲み過ぎて食欲をなくしてはいませんか。上手な水の摂り方を覚えましょう。おいしい水ってどのような水だと思いますか。水道の水の安全性に対する不安や健康に対する関心がまっていますが、ペットボトル入りの水の消費が年ごとに増えており、それと同時に水の味や成分に対する意識も高くなっているように思います。健康を学んで

  • 健康を学んで

    健康を学んでアルコールを飲んでもいい条件は以下のとおりです。・血糖調節が長期間良好に保たれていること・体重が標準もしくはそれ以下に保たれていること・飲みはじめても一定量で止まる人・インスリン療法、とくに経口血糖降下薬の投与を受けていないこと・合併症がないこと・動脈硬化性病変をもっていないこと・肝臓、膵臓の疾患がないこと。・以上の全てを満たすこと。交際などでアルコールを飲む機会のある人は、必ず医師と相談し、飲酒量を決めてもらうことが必要です。健康を学んで

  • 健康を学んで

    健康を学んでアルコールは、主治医の許可を得てから飲む。指示量は守ることが必要低血糖を避けるためにも空腹時に飲まないように主食・主菜・副菜のバランスの良い食事と一緒に飲むことを心掛ける。アルコールを飲んでもよい条件があります。特に薬物療法を行っている患者さんにとっては、アルコールは注意が必要です。アルコールは飲み薬やインスリンの効果を強くして、ときには低血糖症を起こす作用があります。アルコールを飲んでもいい条件を良く聞きましょう。健康を学んで

  • 健康を学んで

    健康を学んでアルコールを飲むときに注意すること。アルコールは肝臓で分解され身体に吸収されていきますが、肝臓が処理する能力を超える量のアルコールが入っていくと、アセドアルデヒドが血中に増えて、頭痛や吐き気などといった不快な症状がおこします。お酒を飲まない肝臓を休める日「休肝日」を週に1〜2度つくって、肝臓を休ませることが大切です。糖尿病の方がお酒を飲むのは、好ましいことではありません。医師の許可がでている人でも、1日・ビールなら中瓶1本、日本酒ならコップ1杯弱、ワインならグラス3杯に抑えるように心がけましょう。健康を学んで

  • 健康を学んで

    健康を学んでアルコールは、かなりのカロリーがあります。てんぷら、フライ、から揚げ、ポテトチップス、レーズンバターなどのカロリーの高い食品を、お酒と一緒につまんで食べてしまうのは、カロリーの摂取が多すぎてしまうのでよくありません。アルコールの栄養は、まったくと言うほど・ほとんどが熱量で栄養素が含まれていないので、主食(ごはん、パン、麺類など糖質の多い食品)の量全部と交換することは避けてください。アルコールを飲んでいても、必ず茶碗1杯程度のご飯類を食べましょう。健康を学んで

  • 健康を学んで

    健康を学んでお酒を飲むときに第一番に注意しなくてはならないのは、正しい飲酒量を守ることです。ただお酒だけを飲むのではなく、“食べながらゆっくりと飲む”のが原則です。さらに、食品については、良質のたんぱく質を含む脂身の少ない肉類、魚介類、卵、大豆製品や、ビタミン・ミネラルを含んだ野菜・きのこ・海藻などの食品を取り合わせて、栄養のバランスのよい肴を工夫することが大切です。例えば、さしみ、焼き魚、納豆、おひたし、酢の物、枝豆などが良いですよ。健康を学んで

  • 健康を学んで

    お酒の上手な飲み方と注意点。おつまみの内容にもひと工夫を!!お酒を飲むときに第一に注意することは、適度な飲酒量を守ることです。そして、ただお酒だけを飲むのではなく、“食べながらゆっくり飲む”のが原則です。健康を学んで

  • 健康を学んで

    健康を学んで「飲むなら食べる」のが大原則です。お酒は「百薬の長」といわれますが、程々に飲むのには心をリラックスさせ、人間関係をスムーズにするなどの利点があります。ただ、自制心を失ってつい飲み過ぎたり、また、食欲を増進する作用もあるので、ほかの食事も多くとってしまいがちです。糖尿病の方のとって、特に飲酒は危険をともないます。お酒の上手な飲み方に注意をしましょう。健康を学んで

カテゴリー一覧
商用