砂漠の徒然草のブログ
住所
アメリカ
出身
駿河区
ハンドル名
砂漠の徒然草のブログさん
ブログタイトル
砂漠の徒然草のブログ
ブログURL
https://nevadatsurezure.muragon.com/
ブログ紹介文
ネバダで単身赴任、心の泉を求めて彷徨うワタシ。
自由文
-
更新頻度(1年)

103回 / 308日(平均2.3回/週)

ブログ村参加:2017/11/19

砂漠の徒然草のブログさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 全参加数
総合ランキング(IN) 32,693位 28,872位 28,873位 28,865位 31,465位 31,464位 31,563位 972,124サイト
INポイント 0 0 0 10 0 20 0 30/週
OUTポイント 0 10 10 0 10 30 50 110/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 475位 367位 372位 371位 428位 426位 433位 27,130サイト
つれづれ 20位 17位 16位 16位 19位 19位 18位 857サイト
海外生活ブログ 2,024位 1,832位 1,832位 1,822位 1,981位 1,971位 1,985位 34,989サイト
アメリカ西部情報 18位 17位 16位 16位 15位 17位 16位 593サイト
アメリカ情報 101位 96位 96位 95位 101位 99位 100位 1,481サイト
今日 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 35,643位 34,320位 33,164位 30,539位 29,753位 30,767位 28,295位 972,124サイト
INポイント 0 0 0 10 0 20 0 30/週
OUTポイント 0 10 10 0 10 30 50 110/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 365位 346位 337位 282位 272位 284位 258位 27,130サイト
つれづれ 10位 11位 11位 9位 9位 9位 9位 857サイト
海外生活ブログ 2,961位 2,937位 2,816位 2,700位 2,698位 2,724位 2,614位 34,989サイト
アメリカ西部情報 29位 29位 27位 25位 22位 23位 22位 593サイト
アメリカ情報 143位 145位 142位 138位 138位 142位 133位 1,481サイト
今日 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,124サイト
INポイント 0 0 0 10 0 20 0 30/週
OUTポイント 0 10 10 0 10 30 50 110/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,130サイト
つれづれ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 857サイト
海外生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 34,989サイト
アメリカ西部情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 593サイト
アメリカ情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,481サイト

砂漠の徒然草のブログさんのブログ記事

1件〜30件

  • 六の宮の姫 霊的事件 その2

    手代木さんの霊現象解決の鍵を持つ本と言うのが芥川の短編小説「六の宮の姫君」でした。 ブログなのであらすじを長々と書けないので簡単にまとめます。 平安時代のお話です。 父母に愛されて育った六の宮の姫君でしたが、その父母が亡くなり生活苦に陥ります。 乳母の薦めで貴族の男性に嫁ぎ...

  • 「六の宮の姫 」霊的事件 その1

    あれは40年前の秋の事でございます。 落ち葉が道を覆う頃、一人の女学生が教会に伝道されて来ました。 (ここまでは大奥のナレーション的に) 法政大学で日本文学を学ぶ彼女は、色白でロングヘアーの見るからに華奢な女性でした。 伝道した矢沢さんと応接室にいたので僕は(若い時なのでオ...

  • 何人もいる私

    日曜日の朝、MSNニュースを見ていたら、多重人格症 の記事が目に留まった。 ツイッターネーム「メンタル何人もいる人」ことharu さんの記事でした。 多重人格は「解離性同一性障害」と呼ばれ、haru さんは「国内で気軽に会える多重人格の人」を標榜されている。 彼女(彼?)は...

  • あの世はどの世

    「頼んでもいないのに、自動的に連れて行ってくれる所はど〜こだ?」のナゾナゾの答えは「あの世」です。 人間60を超えると体調のみならず、「次の世の事」もお墓買うだけではなくって霊的な準備も必要だ。 10年後か20年後か、はたまた今日か明日かわからないが確実に来るのが「あの世」...

  • 昭和8年「主婦の友」主婦の心得

    今回LAに帰った時に、またまた凄まじい本を奥様から渡されてしまった。 「主婦の友」の新年号付録「家庭作法寶典」である。 昭和8年の本だ。 昭和8年と言えば日本は国際連盟を脱退し、ドイツではナチスが台頭して来た時代だ。 なんでそんな時代の本がロサンゼルスに住むオジサンの元に巡...

  • Labor Day 休日。

    今日はLabor day の休日です。 折角LAに帰って来ているので家族4人で映画を観に行った。 車で5分のモールの中に映画館はある。 近場にショッピングモールがあるのは有難い。 台湾系のモールなのかダイソーやカレーハウスなど日本関連のお店が目立つ。 観たのは”Angel ...

  • 未来をクリエイト

    今日、鮨屋の大将と話していたら、寿司職人を探していると言う。 ロサンゼルスもラスベガスも最低賃金がかなり上がるので、賃金の高いお店に取られてしまい職人さん確保も頭の痛い問題だ。 それに誰でもすぐに寿司を握れるようになるわけでもない。 大将は投げやりぎみに「AI 寿司ロボット...

  • 有難い日曜日

    日曜日の朝はチャーチに行って礼拝に参加してきました。 「神の国とその義」を求める道は険しいと痛感。 午後はYouTube で手塚治虫の「ブッタ」の映画一部、二部を観ました。 生、老、病、死の苦しみから逃れ、真理を得る為に苦悶された若きシッタルダを学びました。 大分マンガの原...

  • 声の印象。

    妻曰く「人の印象は声が9割」 多分、どこかのテレビか雑誌で見たのであろう。 調べてみたら、その本がよう売れているらしい。 う〜ん、確かチョット前に「人は見た目が9割」と言う本も売れていた様な.....。 どっちなんだろう〜...,, 確かに、声も重要である。 思い起こせば懐...

  • マグロが無い。

    マグロが高騰している。 ボスが不在の時に今年最大の危機に陥った。 ボスは15年ぶりに日本に帰っている。完璧に浦島太郎となっているだろう。 こんな時によりにもよって、主力商品のハワイのメバチマグロが全然水揚げされていない。 マグロは鮨屋の花である様に魚屋の花でもある。 マグロ...

  • 「罪と罰」

    朝、会社に行くと部下の一人が「昨日”OJ “に会った」と言う。 「OJ???」 部下と肩を組んで写真に写っているオッサンをよく見るとO.J シンプソンだった。 昨夜 レストランで飲んでいたら偶然会ったらしい。 かつてのフットボール界の主役(スーパースター)であり全米を震撼か...

  • 風に舞うプラスチック バック。

    うだるような暑さが続くベガスである。 人間、暑いと頭をやられるのか銃撃事件が多発している。 この前テキサスのEl Pasoでの悲劇が起きたばかりなのに、先日はペンシルバニアでも銃撃事件が起こった。 アメリカに来てどうしても理解出来ないものが二つある。 高すぎる健康保険と銃規...

  • 「恨みの構造」

    最近、とある若者との会話で気づいた事がある。 過去に恨みがあると、なかなか前に進めない。 「過去に囚われ、未来志向が出来ない」のだ。 「信じていた人に裏切られた。」 「会社や組織に裏切られた。」 「家族に愛されなかった」 など恨みの要因は現代社会にゴロゴロ転がっている。 外...

  • お寿司屋さんでのマナー

    今日はIT部長のOさんがサンフランシスコに帰るので、お疲れ様ランチでお鮨を食べに行った。 会社のSNSに使える写真を撮るのも仕事の一つでもある。 Oさんが最後にオーシャン トラウトと小鯛の写真を撮りたいと言うので握って貰った。 アメリカのお寿司屋さんは養殖真鯛を良く使われる...

  • 神秘家列伝

    週末LAで過ごしていた。トーランス市のBook off に行って本を物色していたら水木しげる氏の「神秘家列伝」があった。 エマニュエル スエーデンボルグの本は昔読んだ事はある。 キリスト教会の力が強かった18世紀で突然「私は霊界を見てきた」と言ったのだから随分批判されたよう...

  • オイラのIQは何⁉︎

    連日暑い日が続く。 来週ラスベガスは110度(摂氏43度)を超える。 室内は冷房が効いていても、外に出ればボ〜としてくる。 最近のオーダー忘れや間違えが多いのは、この暑さのせいだろうか。 朝、セールスチームで間違いやオーダー忘れの防止策について話し会った。 平均年齢64歳の...

  • 本鮪茶漬け。

    近所のオジサンから何冊かの本を頂いたが、殆どが時代小説だったが、その中に魯山人の本があった。 パラパラ見ていたのだが、読めば読むほど頭にくる。 ラスベガスで簡単に手に入れられる食材では無いのだ。 それでも何か庶民でも食べれる物は無いものか探していると「お茶漬け」の章があった...

  • 初恋の味

    「初恋の味」と言ったらカルピスである。 初恋とはこんな味なのかなと良く分からないながら、夏の暑い日に飲んでいた少年時代であった。 先日カンブリア宮殿で「カルピス」を扱っていた。 今年で100周年だそうだ。 お歳暮にカルピスを頂く事が多かったのだろう、夏休みと言えば蝉の声とス...

  • 「夏の騎士」

    先週LAに帰った時に本屋に行った。 目にとまったのは「夏の騎士」だった。 夏らしいキレイな表紙であった。 今週末に時間を取って読もうと思ったが、チョットだけ読んでみようとめくっていたらアレヨアレヨと2時間半で最後まで読んでしまった。 面白かった。 本帯にあるように百田版「ス...

  • 「おぎん」

    最近YouTube で芥川龍之介の作品の朗読を聞いている。 夕食を作っている時や、ボーとしてる時に聞けるので便利だ。 「蜘蛛の糸」「杜子春」の様な児童向けの作品は良く覚えている。 「鼻」「羅生門」「藪の中」なども有名なので覚えていた。 「芋粥」「地獄変」は昔読んだかな〜と言...

  • サンタモニカ

    砂漠で生活していると、無性に海が見たくなる時がある。 奥様の誕生日でもあったので家族でサンタモニカに行ってきました。 随分昔には海沿いの町ベニス(サンタモニカの横の町、イタリアではありません)に住んでいた事もあるが、やはり海沿いの町は涼しい。 町の名の聖モニカは教父アウグス...

  • テフロン フライパン

    「テフロン加工のフライパンは癌の原因になるの?」と奥様からのテキストが入った。 随分昔に有害だと聞いた事があった気がしたが、さほど気にせずに使っている。 休み時間に電話をして「その質問は何?」と聞いてみた。 実は昨日、奥様が夕食の用意と長男の焼肉弁当を一生懸命作っていた時で...

  • 暗闇の中から声が聴こえる。

    物騒な世の中になったものである。 ロスで近所の日本人のお婆さんの家に泥棒が入った。 このお婆さんは犬を連れての散歩で、よく家の前を通るので奥様と友達となった。 手前の坂を登って小高い丘のゴージャスな家に住んでいらしゃる。 先の独立記念日には奥様と次男が花火パーティに呼んで頂...

  • 趣味の悪いデザイン。

    ホテルの裏の駐車場に行ったら、随分と恥ずかしい車が停まってました。 下水の配管修理だろうが、これではドライバーが可哀想。 ちょっと趣味の悪いデザインだぜ。 オジサンはこの運転席に座るのはゴメンだな。

  • 航空券買いました。

    物の価値とは分からないものである。 何故に1週間で200ドル、300ドルもプラスが変動するのであろうか。 日本行き航空券の事である。 10月後半に帰国予定であるが、もちろん航空券は安い方が良い。 基本ANA を使っているが7/4の休日前にチックした時は750ドル、休日後に調...

  • 「都会の絵の具」

    昼間の忙しい時間に奥様から電話があった。 「あたしゃ騙されたね。ショックだよ、こりゃ詐欺だね〜。」となにか楽しそうに話している。 実は30年来の友人からあるヘルス商品を買っているのだが、2、3日前に気に入っている商品が古くなったので注文の電話すると 「本当は100ドルするん...

  • 独立記念日

    今日は独立記念日のお休みです。 日が暮れればホテルからドンドコ花火が上がるのだが、8時を過ぎないと暗くならない。 丁度オジサンが眠りにつく頃に花火は大砲の連続射撃音の様にあがるので、今夜は眠りにつき難い夜となる。 今年も後半に入るので今日の休みはヨレヨレ掃除とダラダラ整理の...

  • ピーマン争奪戦

    今年も半分が過ぎてしまった。 早いものである。 週末LAに帰って来ているが、奥様がナメクジと熾烈な戦いをしていた。 奥様が丹精込めて育てているピーマンをナメクジが狙っているのである。 夜、涼しくなると何処からとも無くナメクジがノロノロと現れて、出来立てのピーマンを食べてしま...

  • 仮面の告白

    YouTube を流し見していたらオレラジの中田敦彦が三島由紀夫の「仮面の告白」を解説していた。 「男と美と死」をテーマにした解説は面白かった。 確か高校か大学の時に読んだ記憶はあるが全然覚えてませんでした。 と言うより文章理解能力が無く、よく分からんかったのかもしれない。...

  • 顔認証システム

    先週末は教会のイベントがあり、忙しかった。 MGM Grand Resort で行われ、かなりの人が集まった。 人種、宗教、宗派の壁を超えて 、理想と平和の為に手を取り合う事は次世代の為にも重要である。 全米から集まった人の中にも見知った顔が何人もいた。 何人か顔認証は出来...