searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

wfw−basserさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
BASSに魅せられ気の向くままに
ブログURL
http://windfieldway.com/basser/
ブログ紹介文
琵琶湖・池原・レイクエルサルト。バス釣り自体は超ベテランなのですが腕はさっぱりです。
更新頻度(1年)

8回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2017/08/18

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、wfw−basserさんの読者になりませんか?

ハンドル名
wfw−basserさん
ブログタイトル
BASSに魅せられ気の向くままに
更新頻度
8回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
BASSに魅せられ気の向くままに

wfw−basserさんの新着記事

1件〜30件

  • 桜マーク付きライフジャケット

    一昨年から琵琶湖でボートで釣りをする際、桜マーク付きのライフジャケットを着用しないといけないことになりました。レンタルボート屋で貸してくれるものは、桜マーク付きなので安心ですが、昔の自動膨張式や最近の安い物は桜マーク付きではありません。 2020年5月現在では桜マーク付きは1万円以上します。3000円や5000円で売っている物は、桜マーク付きではないので気を付けましょう。 ところで、この桜マークとは何かというと、特定の性能が出せることを型式認定しているもので、製造バラツキや使用方法のバラツキを加味しても、十分性能が発揮できるよう、かなりマージンを見て承認されたものです。 性能は7.5kgの浮力が24時間以上確保できないといけないのです。 そのへんの野池なら問題ないのですが、琵琶湖は海と同じなので、安全は妥協しないほうが良いので、渋々買うことにしました。もちろん、取り締まりも有りますしね。。。 色々なタイプのライフジャケットが有りますが、夏場のバス釣りが多いので、腰ベルトタイプにしました。 もちろん、自動膨張式。ボートがぶつかったりして転覆したら、とても手動でヒモを引っ張る余裕なんてありません。気絶しているかもしれませんし・・・。 一応、桜マークがちゃんとついているか広げてみました。そして、もう一つ重要なことがTYPEが色々あることです。色々書いてありますが、釣り用ならば、TYPE-Aを買っておいた方が間違いがありません。 バッチリ、TYPE Aですね! 今まで使っていたライフジャケットももったいないので、陸っパリやウェーディングの時に使おうと思います!

  • 再び大江川水系へ

    新型コロナウィルスの影響で、STAY HOME TOWNと言うことで、県外移動を自粛して、琵琶湖に行けず悶々としています。 せっかく息子の受験も終わり、琵琶湖に連れて行ってあげようと思っていましたが、コロナの影響でなかなか行けません。 先回、大江川水系の深浜大池(ヨット池)で遊ばせてもらったので、今回は大江川本体に行くことにしました。 大江川本体は、7年ぐらい前に一回と十数年前に数回、そして子供のころ(30年以上?)に1回で、片手ぐらい行ったことが有りますが、あまり釣れた記憶がありません。 魚影はそれなりに濃いのですが、人が多くあっちこっちに釣り糸が絡んでおり、あまり魅力的ではありませんでした。 今回、久しぶりの釣行で、どのように変わっているか期待して行きましたが、昔と全く変わっていませんでした。相変わらずマッディーな水でベイトフィッシュは沢山いました。ただ、コロナの影響で多少アングラーは少なかった。 水の花里橋あたりから南下して、高須輪中排水機場、最下流の大江排水機場と釣り歩きました。 周りの人もポツリ、ポツリ釣っており、それなりに期待させる雰囲気でした。 ただ、なかなかバイトが無く、最終的には最下流でなんとか一匹息子が釣り上げ終了。 特に大江排水機場は非常にベイトフィッシュが沢山おり、バスがフィーディングしているシーンが多くみられた。 息子曰く、水門側ではなく木が生い茂るほうで、シャロ―にベイトを追いかけているバスがいたので、3インチのゲーリーヤマモト・シャッドシェイプワームをノーシンカーでトゥイッチしたら来たとのことでした。

  • スモールマウスゲット

    新型コロナウィルスの影響で県外移動は自粛の中、琵琶湖に行けず色々趣向を凝らし、ストレス発散しています(笑)。 今回はスモールマウスバスが釣れるとのことで、とあるダムに行ってきました。 以前、下見に来た時は、うじゃうじゃいたのですが、増水と風が強く全く魚は見えず、テンションダウン気味。 ただ、先行者がポツリポツリといたので、やはりそれなりに釣れるようです。 今まで、スモールマウスバス自体、あまり釣ったことがないので、数少ない成功体験では、2~3インチのスモールサイズのクロ―系のワームに軽めのスプリットショットで間隔は40~60cmほどが良いようです。 今回、スモールタイプのクロ―ワームが無かったのでジャッカルのチャンクロ―を仕入れてきました。サイズは2.8インチと一口サイズ。 やり始めてすぐにサクッと釣れましたが、その後はさっぱり。ポイントを点々としましたが、下見に来た時から1mぐらい増水しており、どこを攻めれば良いのか・・・またゼロリセットで困りました。 今回はコロナ対策で近場でスモールが釣れることが分かり、それだけで大収穫でした。 ダム湖は水位の上下が激しく、ポイントがガラッと変わってしまうので、日を改めて増水時のポイントを探索したいと思います。

  • BIG Oで釣ったよ!!

    皆様、新型コロナの影響でなかなか釣りに行けなく、ストレスが溜まっていると思いますが、いかがでしょうか? STAY HOMEもしくはSTAY HOME TOWNで県外への移動は自粛したほうが良いということで、単独でも琵琶湖に行くことを躊躇しています。 コンビニやガソリンスタンドも一切寄らず、誰とも接することなく、家と琵琶湖を行き来するなら、なんら問題ないのですが、やはり他県ナンバーだと気が引けます。。。。 ・・・と言うことで、陸っパリで県内の釣り場に行って、ストレス解消しています。正直、大物狙いなら琵琶湖以外に全く行く気がしないのですが、新型コロナが収束するまでは、仕方が無いですね。。。 今回はちょっと趣向を変えて、陸っパリで今まであまり使っていなかったルアーテストもかねて大江川あたりをウロウロしてきました。 アメリカに住んでいたこともあり、伝統的なアメリカンルアーを好んで使用しています。特に琵琶湖では小さすぎて、全く使うチャンスが無いものをチョイスしてみました。 今回、ヨット池、牛池をぐるりと一周釣り歩きましたが、結局1匹しか釣れませんでした。実は地元民なんですが、一度も行ったことが無かったのですが、STAY HOME TOWNということでちょっと行ってみました。 先日からの雨で、水位が上がりだいぶ水温が低下したようです。外周の大半がアシで覆われているので、ジグでアシ際を丹念に狙っていけば、もっと魚に触れたかもしれませんが、上述のあまり使わないルアーシリーズで攻めたので、ちょっと攻めづらい池でした。 沖の水深は十数メートルとも二十メートルとも言われている。ただ、初めてでどこで根掛かりするか分からないので、比較的シャロ―レンジを攻めました。 今回、唯一釣れたのが、コットンコーデルのBIG O。BIG Oと言えば、クランクの元祖のような物で、1967年にバルサ製のBIG Oをフレッド・ヤングが作り、それをプラスチックで忠実にコットンコーデル社が再現した話はあまりにも有名。そして、モデルA、バルサB、POP-Rなどルアーの後にアルファベットを付け始めたのも、このBIG-Oの成功からなんです! そのBIG Oでは比較的小ぶりなC76。C78、C77、C76と3サイズあるが、オリジナルの大きさからぐっと小型化した感じ。バルサのオリジナル復刻版も持っているが、正直全く別物。。

  • 今のテレスコロッドはスゴイ!!

    とうも。 いまだに、90年代ぐらいから時代が止まったままの、時代遅れアングラーです。 2年前までは狂ったように琵琶湖に行っていましたが、60オーバーを釣ってしまってからは、すっかりペースダウン。 ましてやタックルは、ここ数年全く買っておらず、完全に世の中のトレンドから取り残されています。 そんな中、久しぶりにBASSロッドが欲しくなりました。 それは、ちょっと自転車で散策した際に、釣りができるようなパックロッドが欲しくなったのです。 学生時代はパックロッドでスピニングでライギョですよ!! なんでも釣れればOKなんです。特にお金の無い学生はタックルにお金をかけれないので、一本の竿で色々な釣りをやっていました。もちろんバス釣りもこれ一本でしたが、エサ釣りからシーバスまですべてコレでした(笑)。 今では細分化された大量の竿をもって、ボートで琵琶湖でやっていますが、何となく大掛かりで、一日仕事になってしまいました。もう一回原点に戻って、お気軽な釣りがしたく、32年ぶりにテレスコピック(振り出し竿)ロッドを購入しました。 アブガルシアのホーネットスティンガープラス。HSPS-635ML-TE。 ご存知ホーネットスティンガーは非常に多彩なバリエーションがあり、その中のコンパクトロッドシリーズに、1本ずつテレスコモデルが存在しています。 まず、持った感じ、メチャクチャ軽い。 私が使っているアメリカの1ピースのオールドタックルより、軽いのではないかというぐらいです。 そして、継ぎ目は非常にしっかりとしており、テレスコ特有のぐらぐらした感じは全くしません。 なんとガイドはKガイドを使用しています。 なんと、ケースと穂先カバーもついていて、とてもお買い得感が有ります。 ロッドケースは固い樹脂でできており、遠征の時にラフに扱ってもびくともしない感じです。このままボストンバッグに入れて旅行に行けます。 さらにネオプレーンの穂先カバーが内蔵されており、普段の移動はこれだけでOKです。 リールをセットしたまま、穂先カバーを付けて移動して、素早く再開できます。これぞ、テレスコピックの醍醐味です。フックだけ気を付けておけば、ルアーも付けたままでもOKです。 それにしても、最近のテレスコはスゴイなぁと改めて感心しました。

  • 久しぶりの琵琶湖は暴風&激寒っ!

    今日は久しぶりに琵琶湖に。 昨年は子供の受験で1年間全く行けなかったので、1年半ぶりの琵琶湖釣行。 息子の友人もBASS釣りを始めて、一度琵琶湖でやってみたいとのことで、ガイドをお願いすることになりました。 久しぶりのバス釣りでワクワクして寝つけず、1時間ぐらいしか眠ることが出来ませんでした。。。 ところが、開始早々イヤな北風。 7時前から白波が立ち、さすがのバスボートも大きく揺れ、初心者の息子の友人はボート上で立っているのもやっとのこと。。。 始めはクランクやシャッドなどハードベイトで駆け上がりの上のステージでやる気のある朝一バスを狙う。エリアは瀬田川エリアの浚渫上のフラット。 しかし、冷たい北風で一気に湖上は冬に逆戻り。瀬田川エリアでもかなり波と強風で釣りにならない。 仕方なく風裏を廻るも反応は無い。 ミオ筋の上にあるゴロタ石を狙って、ようやく46cmのバスを一匹ゲット。リグは、エスケープツインのフリーリグ。しばらく釣りから離れていたら、やたらフリーリグが流行っていた。 これで、一気にテンションが上がるが、息子の友人がトイレ休憩で上陸。頻繁にトイレに行きたがるので、ちょっと体調不良を心配に。。。。なんせ友人も興奮してほとんど寝ることが出来なかったそうです。 その後も冷たい北風でどこも反応無し。 例年、3月はこんな感じで厳しいのだが、4月にはポロポロと釣れていた。ところが今回は3月に逆戻り。 午後も風が収まらず、嫌な予感が的中。息子の友人が船酔いでダウン。もうこうなると、一旦休止して陸上で休まないかぎり回復は不可能。波で全身ずぶぬれで、暖房で体を温めた。 1時間半ほど休憩したあと、夕方のラストスパート。 しかし、どこに行っても冷たい強風で、心が折れそう。。。 最後はアラバマリグまで投入してみるも無反応。 ガイドさんも、暴風&寒風の中、本当に良く頑張ってくれましたが、結局午前中の一匹のみ。 やはり、春は厳しいね~。

  • ボート免許更新

    皆さん、春爆の準備は良いでしょうか? いよいよ、年間通して一番BIG BASSが釣れるスポーニングになりましたね。 ボートなら年中ロクマルを狙えますが、陸っパリだとなかなかチャンスがありません。ただ、この時期はむしろ陸っパリにチャンスがあるので、行くしかないですね! さて、私はボート派なので、免許は必須ですが、5年に1回の更新の時期になりました。5年も間があると完全に更新時期を忘れてしまいますが、しっかりと免許を取ったところから案内がやって来ます。 正式には小型船舶操縦免許証といって級があって運転できる船の大きさ、陸からの距離など決まっています。 私は4級を取ったのですが、ルールが色々変わって、今は2級(1マイル以内)の免許になっています。まあ、海には行かないので琵琶湖でバスボートが運転できれば何でも良いです。 更新費用は1万2~3千円ぐらいが相場です。 必要書類は ・免許のコピー ・4.5cm×3.5㎝(パスポートサイズ)の写真2枚 ・委任状 です。 ちょっとした身体検査(視力等)があり1時間30分ぐらいで終わります。 ボート免許不要の小型ボートも有りますが、効率良くポイントを廻るには15馬力ぐらいのボートに乗りたいので、やはり免許は欲しいですね。 一回取っておけば、5年に1回の更新なので楽ですよ。 BASS釣りやる人なら、ぜひ、取っておきましょう!

  • あけましておめでとうございます。

    あけましておめでとうございます。昨年は平成から令和に変わって、今年はいよいよオリンピックイヤーですね。 昨年は結局、なんと一回もバス釣りに行けませんでした!! そんな年は今までの人生の中で数回しかない。 なんやかんや言って、1回は必ず行っていたが、本当に今年はゼロ回で、自分でもびっくり! 特に、子供が幼稚園ぐらいからは子供を連れて、毎週のように行っていたが、今年は受験でさすがに行けなくなってしまったのです。。。 特にアメリカに住んでいた時は家の裏に池があって、会社から帰って晩飯後に釣りをする(夏は夜9時ぐらいまで明るい)・・・なんて生活をしていたので、3日に1回ぐらい釣りをしていたと言っても過言じゃないのです。 住み始めた時は池の水も凍っていたので、そんなところにバスがいるとは思わなかったが、なんと50オーバーがポンポン釣れるのにはびっくりした。ほとんどプライベートポンド状態だったので、本当によく釣れた。 こんな寒い所にバスがいるなんて・・・・。 その後、狂ったようにバス釣りにのめり込み、ついにはメキシコ・レイクエルサルトまで行ってしまいました!!! 帰国後は琵琶湖に入り浸りで・・・アメリカやメキシコでかなわなかった60オーバーも達成して・・・ちょっと燃え尽き症候群ですね。 そして、ここ数年は子供も部活や受験でなかなか行けなくなり、ついに昨年はゼロになってしまったのです。 私自身は友人や一人で行っても良いのですが、息子が怒るのでなかなか申し訳なくで行けないですね。特に受験で苦しんでいるので、今年は受験が終わったら、心おきなく行きたいですね! だから、この正月は、悶々とネットショッピングですね?! 今なら福袋ですね! やっぱ、寒い冬はコタツでネットショッピングに限りますね!!

  • 平成最後のナチュラム祭(最後にして最大!)

    一方、忙しくてなかなか行けない貴方! そんな人は道具を買って欲求不満を解消するしかありません。 そこで、今日は・・・ 平成最後のナチュラム祭のお知らせです! バサーの皆さんなら、ご存知だと思いますが、毎回ナチュラムのセールは本当にお買い得なものが一杯で、見逃せません!! そのセールが過去最大と言うからには、絶対に見逃せませんよ! 4月3日 18:00~スタートです!

  • 3月の大潮

    皆さん3月の大潮で春爆楽しんでいますか?春爆とはスポーニングのバスが今まで全く釣れなかったのに突然バタバタと釣れ始めるシーズンインの合図であり、BIG BASSが釣れる最大のチャンスタイミングなんです。 ご存知の通り産卵は大潮の時に行われることが多いので、大潮のタイミングで浅瀬へ一気に上がってきます。 したがって、陸っパリでもBIG BASSが釣れるチャンスなのです。 今年の3月の大潮は5、6、7、8日と20、21、22、23日。 そして、4月は4日、5日、6日。 琵琶湖ならば、3月初旬もしくは2月下旬がBIG BASSが釣れるチャンスです。この時期の琵琶湖は当たりはずれが大きく、小さな体力が無いバスは全く釣れず、いち早く動き出すBIGママがドカーンと釣れるからです。 ただ、60cmぐらいまでなら4月1週ぐらいまでなら、かなりの高確率で釣れます。しかし、3月下旬から学校が春休みに入り、人間も活発になってきますので、やはり3月20日~23日の大潮は、有給休暇を取ってでも、行きましょう!! 現実的には南湖でも南からスポーニングが始まり徐々に北の方へスポーニングエリアが移動していきますが、それと共に第2陣が出てきたり、2月下旬から5月ぐらいまでダラダラと続くので、条件が揃うといきなり春爆が起きることが有ります。 私自身はスポーニング時期の陸っパリはあまりやったことが無く、ボートがメインなので、さほど大潮を意識していません。 あと、プリスポーンの当たりはずれの多い釣りは基本的に好きではない(花粉症で釣りに行きたくない・・・)ので、春爆を味わったことは無いのですが、陸っパリの人は絶対に外せない時期ですね! あと、ウェイトで自己記録を狙うならこの時期です。なんせプリスポーンなら、同じ長さのBASSでも1.2倍ぐらい重いので、10ポンドオーバー狙いならこの時期ですね! さぁ、春爆狙っていきましょう!!!

  • Basserならカッコイイ部屋に住みたいよね!

    バス釣り好きのBasserなら、誰しも憧れるアメリカンテイストの部屋! ロッドスタンドやタックルケースはもちろんですが、それ以外のちょっとした小物でぐっとアメリカンになりますよ! まずは、壁時計!バスの絵が大胆に書かれていい感じですね。 そして、アンティークな温度計。デジタルの温度計全盛の今、あえてアナログチックな温度計。これがいい雰囲気を出しています。 こんな、絵が一枚あるだけでグッと雰囲気出てきます。あなたのレコードフィッシュの写真だけでなく、ちょっとおしゃれな絵を飾ってみて! そして、これは・・・おっと、この帽子はラパラを買った時に入っているチケットを数枚集めてもらえるやつです!これを知っている人は本当に筋金入りのバサーです!!昭和からやってますね!! この寒い季節はタックルだけではなく、ちょっとした小物を買って、お部屋のドレスアップはいかがでしょうか?

  • 昔はメガバス欲しさに福袋 買ったねぇ~

    皆さん、今年もあと数日で終わりですね。 もう、福袋は買いましたか? えぇっ!! まだ年を越していないのに福袋って? そうなんです。今は年越し前から福袋をネットで発注して、年が明けてから届くというのが定番なんです。 そう言えば、昔はメガバスと抱き合わせて、店の要らないカスばかりを詰め込んだ福袋(正確には抱き合わせ販売で違法行為)を良く買っていました。 それも、正月早々から朝からお店の前に並んで・・・。懐かしい。。。 今はどこでも入手できるようになって、そんなことも無くなりましたねぇ。 今の福袋は結構初めから中身が見えるものが多く、ネットで中身を公開して販売している物や、昔ながらのお楽しみ福袋もある。何れにしてもお買い得であることは間違いないので、今年はネットで福袋をぜひ買ってみてください!

  • 12月20日まで!急いで!

    今年は、仕事が忙しくて、なかなかバス釣りに行けませんでした。 気が付いたら、秋の良い季節を逃して、もう冬の声が・・・。 歳末セール・・・そして福袋の時期ですね!! 釣りは行けなくても、物欲は留まることを知りません?! さて、今日は歳末ナチュラム祭のご紹介です! 30%、40%は当たり前!!50%もありますよ! Revo PRMなんて60% OFFです。 もちろん、リールや竿だけでなく糸やルアーなどの小物やアパレル関係もあります。もちろんキャンプ用品もありますよ! 普段安売りしないカスタムハンドルなどのパーツはもう売り切れ続出です。 この歳末ナチュラム祭は12月20日までなので、急いでください。

  • 猛暑の琵琶湖は厳しい・・・でも、50アップ!

    お盆休みの琵琶湖は相変わらず雨不足で、放水量も少なく各地でアオコが発生して非常に水が悪い。琵琶湖リサーチTVで平村尚也さんも限りなくノーフィッシュに近いと厳しいコメント。 まさに「ノーフィッシュ警報発令中」 しかし、今日は朝から曇り気味で、またまた悪い癖で、朝のゴールデンタイムをビッグベイトやトップで遊んでしまった。このタイミングで真剣に沖で狙えば良いのだが、どうしてもトップで釣りたいので、毎回シャロ―で遊んでしまう。 まずは、先日買ったポンパドールMEGA!!このデカいノイジーで来たら楽しいのだが・・・・。 お次はガンタレル、デストラップPOP・・・一通り、デカデカルアーを投げ続け・・・せっかくの曇りが終わり、日が照ってきた。 「動きは良し」そして「バイトなし」「異常なし」「ゴールデンタイム終了」 今回も、朝一の美味しい時間をノーフィッシュで過ごしてしまった。 日が照ってきて、無風状態になってきて、いよいよ「ノーフィッシュ警報」もMAX状態。比較的水がきれいな「木の浜沖」で粘ったが、全く反応なし。 「下物」の浚渫あたりは、琵琶湖リサーチTVので言っているように、アオコと泥にごりで壊滅状態。狙っているアングラーも少なかった。ラバージグ、テキサス、ネコリグなど、一通りやるもノーバイト。 10時を過ぎて「アクティバ沖」でジェットスキーやカヤック軍団の中で少し粘ってみることに。こちらは東岸より水がきれいだし、やや風が吹いてきたので、多少釣れる感じがした。私はドラッギングをやって、バスの居場所を探していたら、息子がついにヒット! すると、ANOストレート7のネコリグに43cmのグッドサイズがヒット。 O'PAL前のエビ藻が僅かに生えている所で、エビ藻に引っ掛けて、外れたタイミングできた。 最近、息子のお気に入りがANOストレート7に重めのネイルシンカーを入れて、ベイトのネコリグ。それなりにサイズがあるので、比較的良型が釣れる! しばらく、粘るもののジェットスキーなど騒がしくなってきたので、東岸からずーっと伸びてきているウィードのアウトサイド「=雄琴港~カネカ沖あたり」で、ANOストレートばかりではつまらないので、フリックシェイク6.8で同様にネコリグをやってみると、さっそく52.5cmのバスが釣れた!(これまた息子に・・) その後半日は、灼熱地獄で・・・何もなし(涙)

  • 久しぶりの入鹿池

    ただでさえ釣れないフィールドとして有名なのに、真夏の入鹿池はさらに輪をかけて釣れない。ここ数年行ったことが無かったのだが、たまたまKFIカップという大会がやっていたので、出てみることにした。 この夏はずーっとメチャクチャ晴れていたが、なんと今日は珍しく曇りで雨の予報。雷さえ来なければ、絶好の釣り日和!! 流石に入鹿池の大会だけあって、筋金入りのコアな入鹿池フリークの結集。皆さん、バウデッキにフットコンエレキで、魚探も最新式のGPS付き・・・・。 さぁ、ローライトでいかにも釣れる雰囲気・・・。 しかし、赤壁から五条川付近を攻めるも・・・ノーフィッシュ。 う~ん。水温が高いのか・・・・反応が無い。しかし、常連さんは50オーバー、40オーバーも。やはり、ポイントを知っているし、ちゃんとプラで池の状況も確認している。 数年ぶりにぶっつけ本番な我々に口を使ってくれるほど、入鹿池は甘くなかった。40人ぐらい参加しているが釣れたのは10人ぐらい。それじゃ、我々に釣れる訳ないか・・・。

  • バッテリーが重くて・・・M24MFでいいじゃない。

    レンタルボートでエレキ持ち込み派の皆さん、バッテリーって本当に重くないですか? 世の中にはリチウムイオン電池なるものがあるのですが、まだまだ庶民の手の届く値段じゃないし・・・。 ・・・と言うか、そんな金があれば、バスボート借りるよね。手ぶらで行って・・。琵琶湖でもエンジン付きの和船にエレキ持ち込みなら1万円切りますよね。小さいリザーバーでエンジン無しなら2000円ぐらいで一日楽しめます。 しかし、問題が・・・。それは、バッテリーの重さです。まぁ、重いのなんの。通常ボイジャーのM27MF(105Ah)は23.6kgもあります!! 私はこれを琵琶湖でボート乗り場で何度か運んでいるうちに、ヘルニアになってしまいました。(最終的には手術をする羽目に・・・) それ以来、何とか荷物を軽くしようと、エレキ付きのボートを借りるようになったのですが、はやりもったいない・・・・(庶民なので) そこで、またバッテリー生活?をするべく、少し軽い奴をセレクトしました。M24MF(80Ah)19.9㎏。 たかが、3.7㎏がどれほど効くか分かりませんが、ちょっとこれでやってみることに。昔はM27MFの流通量が圧倒的に多く、容量の小さいM24MFの方が割高という逆転現象が起こっていましたが、今では多少M24MFのほうが値段も安くなり、トライする価値はあります。昔はM24MFのほうが容量が少ないくせにメチャクチャ高く、あほらしくてトライも出来なかった・・・。 ぱっと持った感じは、「う~ん。重い・・。」 流石にリチウムイオンのように、劇的には軽くなりません。

  • やっべぇ。ナチュラム祭 終わっちゃう!

    やべぇ!!!年に一度!夏の大セール! 「ナチュラム祭」が始まっていた!!! 夏に大活躍のBBQグッズ、キャンプ用品はもちろんアウトドア&釣り具、そのほか夏のレジャー用品が豊富な品揃え!欲しかったあのリールやルアーなど、大幅値下げで売っています!! 半額以下は当たり前!?数量限定の超目玉アイテムは早い者勝ちです!! ナチュラムってセールも安いのですが、時々メチャクチャ安い値段で売っていることがあります!在庫処分したい時やちょっと型落ちのモデルなど、その辺の小売店ではありえない値引きで売っています! だから、これを機会にちょくちょく覗いてみてください!! 絶対に掘り出し物見つかりますよ!!

  • デカルアー好き?!

    全国の釣りに行けなくてモヤモヤしている人たち、こんにちは。我が家も息子が部活等でなかなか行けず、フラストレーションがたまっています!!! そこで、忙しいすき間をぬって、ルアーを買ってしまう訳ですが、そんな時は、youtubeなどのネット情報に踊らされて、自分のフィールド規模も考えず、ついついビッグベイト買っちゃいますよね。 CRIMSON CREATURE Death Trap POP たしかにこのタイプ無かったね。まさに琵琶湖のためのルアー。琵琶湖でギルが水面でちゅぱちゅぱやっている姿そのものですね。 ジャッカル ガンタレル ご存知ギル系ビッグベイトの元祖的な感じですね。動きは最高ですが、まだこれで釣ったことはありません。まぁ、そもそも琵琶湖になかなか行けないので、登場することがありません(涙)。 ジャッカル・メガポンパドール ちょっと前からノイジー系のビッグベイトが流行り始めたので、ポンパドールもMEGAを出してきました!!今回はこちらを購入! カラーはウシガエール。一番欲しいと思っていたカラーが売っていてラッキーだった!!! ことらは海外の大型魚を狙うニーズにこたえると言うことで、強靭なフックなどワールドクラスに仕上がっています。

カテゴリー一覧
商用