searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Keiさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ダンボーと風景と
ブログURL
https://keiwithdanboard.blog.fc2.com
ブログ紹介文
ダンボーと一緒にあちこちおでかけしています。 愛機はCanon EOS 70Dです。
更新頻度(1年)

25回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2017/07/14

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Keiさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Keiさん
ブログタイトル
ダンボーと風景と
更新頻度
25回 / 365日(平均0.5回/週)
フォロー
ダンボーと風景と

Keiさんの新着記事

1件〜30件

  • 医食の学び舎(旧畑迫病院)

    津和野町にある旧畑迫(はたがさこ)病院へ行ってきました。入館料は200円。畑迫病院は明治25年(1982)、畑迫村の実業家 堀 礼造によって創設された私立病院です。鉱山業によって財を成した堀 礼造が、地域住民へ医療を安価に提供する機関として設立しました。鉱山業の不振等で堀家が経営権を手放した昭和6年(1931)以降、経営者の移り変わりによって畑迫医院 → 畑迫診療所と名称を変えながら地域に根差した病院として機能していました...

  • 郡山城(こおりやまじょう)周辺②

    毛利元就・一族墓所(洞春寺跡)です。少し山の中へと入っていきます。道は舗装されているので歩きやすかったです。こちらは百万一心碑。郡山城の改修に際して、元就が人柱に代わり「百万一心」と掘った石を埋めさせると工事がうまくいった、という伝説があります。一日一力一心「日を同じうにし、力を同じうにし、心を同じうにする」とも読め、国人が皆で力を合わせれば何事もなしえることを意味しています。元就の墓所に到着!元亀...

  • 郡山城(こおりやまじょう)周辺①

    広島県安芸高田市の郡山城(こおりやまじょう)周辺をお散歩してきました。戦国大名の毛利元就の本拠地として知られ、その居城でもある郡山城があった地です。まずは歴史民俗博物館で安芸高田市の歴史と毛利氏について学びます~。入館料は300円。館内は撮影禁止なので残念ながら写真はありません。博物館を出てお散歩開始。まずは清(すが)神社へ。戦国時代は郡山の鎮守社として毛利氏に篤く信仰されたとか。境内には立派な杉の木が...

  • 石見銀山 大森の町並み

    島根県大田市にある世界遺産 石見銀山の大森地区をお散歩してきました。江戸時代初頭、石見銀山の政治経済の中心地として栄えた大森地区。古い町家や武家屋敷、寺社が残り一帯は重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。町家をリノベーションしたおしゃれなカフェやお土産物屋さんもありますが新型コロナの影響もあってか、この日の観光客は私たちを入れて数人程度でした。すれ違う住民の方たちが笑顔で挨拶をして下さるの...

  • 木谷沢渓流

    鳥取県江府町にある木谷沢渓流をお散歩してきました。車はすぐ目の前にある奥大山スキー場の駐車場に停めます。木谷沢清流は「奥大山の天然水」のCM撮影地となっており近くにはサントリーの天然水工場があります。今回はダンボーも一緒です。(笑)少し歩くと「モリアオ池」という溜め池がありました。池の水が澄んでいてとってもキレイ。モリアオ池からまた少し歩くと、癒しの風景が~♪久しぶりに一眼レフとNDフィルターが大活躍!(...

  • 清巌寺の「おしろい地蔵」

    玉造温泉街にある清巌寺へ行ってきました。こちらのお寺には美肌にご利益のある「おしろい地蔵さま」がいらっしゃいます。本堂を参拝したら、おしろい祈願札(1枚300円)を頂きます。祈願札は「お顔用」と「おからだ用」の2種類があります。中に入っているお札には顔もしくは全身のイラストが描かれているので自身の気になる部分に色を塗り、お札を奉納します。お札を奉納したら、おしろい地蔵さまの下の扉の中にあるおしろいをお地...

  • 米子城跡

    ご無沙汰しております。前回の記事からまたまた1か月以上空いてしまいました。(汗)散歩がてら、鳥取県米子市にある米子城跡へ行ってきました~。駐車場はすぐ隣にあります。建物は失われていますが、石垣などは往時の姿をよくとどめており天守跡からは秀峰 大山、日本海、市街地、中海などが一望できます。米子市の中心地 湊山に築かれた米子城は山頂に五重の天守閣と四重の副天守閣を持ち、「山陰髄一の名城」とも称される壮麗な...

  • 花夢の里

    芝桜とネモフィラを撮りに広島県世羅町にある「花夢の里」へ行ってきました。入園料は800円。~5/16(日)まで「芝桜とネモフィラの丘」を楽しむことができます。久しぶりにダンボーも連れてきました~。(笑)「歩いている人みんなが僕を見るからちょっと恥ずかしかったよ!」byダンボー近くで撮ると意外とスカスカなので、遠くから撮るのが一番キレイかも…。(汗)ネモフィラ畑へ移動します。ネモフィラを撮るのは初めて。かわいいお花...

  • 段部のしだれ桜

    先日、雲南市加茂町にある「段部のしだれ桜」を見に行ってきました。3月26日撮影。桜は見事に満開~♪あまりにの大きさにビックリ!推定樹齢は340年だそうです。広角レンズを持ってくればよかった…と後悔しました。(悲)枝の下に入ると桜の花がシャワーのように降り注いできます。あぁ…なんて美しい…。(ウットリ)まだまだ桜が見たい!と思い、斐伊川堤防桜並木にも行ってみました。こちらも見事に満開~♪春休みに入っていたからか、...

  • 津軽三味線

    津軽三味線を習い始めてはや4年。なかなか上達しません。「そりゃそうでしょ!だって全然練習してないじゃない!」byダンボー師匠から「一日5分でいいから毎日三味線に触りなさい」と言われていますが触っていません。(汗)「練習する気にならないのは毎回ケースから出したりしまったりするのが面倒だからだ」と言う自分勝手な言い訳をし、気が向いたときにすぐ三味線に触れるように三味線スタンドを購入しました。(写真参照↑)とこ...

  • 松江フォーゲルパーク

    またまた久しぶりの更新です。先月、玉造温泉へ行った帰りに松江フォーゲルパークへ寄ってみました。予定外に訪れたのでカメラは持っておらず。スマホでの撮影です。(汗)フォーゲルパーク内では一年中お花が満開!2月の寒い寒い時期に色鮮やかで元気いっぱいのお花たちを見ることができ気持ちが明るくなりました。(喜)かわいいペンギンたちにも会えましたよ♪飛行ショーで元気に羽ばたくルリコンゴウインコのあおばちゃん。あぁ…新...

  • 久しぶりの更新!

    今年初の更新です~。気が付けばもう2月も半ば…早いです!(大汗)10都府県に緊急事態宣言が発令されてから実家や子供たちの所へ帰ることもできず仕事以外はずっと家の中に引きこもっていました。桃太郎電鉄を買ったので平日は夕食後から、休みの日は朝から晩まで夫と桃鉄三昧。夫婦で桃鉄廃人と化しております。(苦笑)夫が「たまには気分転換に散歩にでも行かへん?」と言うので車で1時間ちょっとの所にある植物園へお出かけしてき...

  • 韓竈(からかま)神社

    出雲市唐川町にある「韓竈(からかま)神社」です。車は神社の手前800m(後野バス亭付近)にある駐車場に停めました。駐車場から神社までの道は道幅が狭く離合困難ですので、こちらの駐車場の利用をお勧めします。韓竈神社は「マツコ&有吉の怒り新党」や「秘密のケンミンSHOW」「しゃべくり007」など数々のテレビ番組で紹介されたパワースポットなのですが…参拝するのがとっても大変なのです。(汗)写真では分りにくいかもしれませんが...

  • 鰐淵寺(がくえんじ)

    息子が遊びに来ているので、少しお出かけしてきました。鰐淵寺(がくえんじ)です。入山料は500円。かつては修験道の霊地として広く知られあの武蔵坊弁慶も修行したといわれている名刹です。根本堂を参拝し、浮浪滝へ向かいました。浮浪滝は修験者の守護神「蔵王権現」の聖地とされ石段の下から谷川沿いの小道を西へ8分ほど進んだ先にあります。足場が悪く滑りやすいのでスニーカーなどの歩きやすい靴で行かれることを強くオススメし...

  • 温泉津温泉・湯元 薬師湯

    美又温泉に宿泊した帰りに、温泉津(ゆのつ)で日帰り温泉を楽しんできました~。温泉津温泉・湯元 薬師湯です。入浴料は500円。ゆっくり入りたかったので家族湯(40分・800円)に入りました。薬師湯は温泉津にある世界遺産の温泉で、日本温泉協会の天然温泉の審査で最高評価の「オール5」を受けた100%本物のかけ流し温泉。源泉の温度はなんと46℃!!最初に掛け湯をした時、あまりにも熱かったので「こんな熱いお風呂には入れない!」...

  • 津和野城跡

    太鼓谷稲荷神社を参拝した後は津和野城跡へ。標高362mの霊亀山上に築かれた中世の山城跡です。神社から300mほど坂を下りた所に津和野城跡へ向かう観光リフトの乗り場があります。利用料金は往復700円です。リフト降り場から城跡までは片道徒歩20分。令和3年3月まで津和野城跡の出丸石垣修理工事のため出丸の見学ができません~。工事に伴い仮設道が設置されていました。仮設道を歩くのは楽ちんでしたが、その後に急な山道が出現!...

  • 太鼓谷稲成(たいこだにいなり)神社

    日本五大稲荷の一つ。太鼓谷稲成(たいこだにいなり)神社です。日本で唯一「稲成」と表記され、願望成就の願いが込められているそうです。願望成就の他に商売繁盛、開運厄除けの神様としても信仰を集めているとのこと。油揚げとローソクをお供えし、新型コロナウイルス感染症の収束をお願いしました。御朱印も頂いてきましたよ~。私が頂いたのはフツーの御朱印(300円)ですが、限定御朱印(500円~)などもありました。よろしければポ...

  • 津和野カトリック教会

    殿町通りに移動してきました。こちらは津和野カトリック教会です。古い町並みに西洋ゴシック建築の建物がひときわ目を引きます。無料で見学できるとのことだったので聖堂の中に入ってみました。なんと!畳敷きでした!(驚)鮮やかなステンドグラスがとてもステキです~♪日が差すと畳にステンドグラスが映ってすごく幻想的…。現在、津和野カトリック教会は修理工事のため土日を除く平日は聖堂の内覧不可となっています。工事期間中(...

  • 乙女峠マリア聖堂

    続いて、乙女峠マリア聖堂へ。駐車場もあるので車で近くまで行くこともできますが、運動がてら歩いて向かいました。急な坂道を上っていくと…見えてきましたよ~。乙女峠マリア聖堂はその愛らしい名前とはうらはらに悲しい歴史を持つ聖堂なのです。キリスト教が厳禁だった明治元年に長崎から送られてきた153人の隠れキリシタンは津和野藩の改宗のすすめに応じなかったため拷問によって37人がこの乙女峠で殉教の道を選びました。その...

  • 鷲原八幡宮

    9月の4連休中日。山陰の小京都 津和野へ行ってきました~♪まずは鷲原八幡宮へ。駐車場が見当たらず、何度も前を通り過ぎました。(汗)神社の前の川を渡った所にパーキングスペースがあったのでそちらに車を停めました。鷲原八幡宮には鎌倉の鶴岡八幡宮のものを模したという「流鏑馬の馬場」があります。こちらの流鏑馬の馬場は日本で唯一原型を残しており毎年4月に行われる流鏑馬神事は多くの見物客で賑わうそうです。社殿は国の重...

  • 千丈渓

    ホテルをチェックアウトしてから、江津市にある千丈渓へ寄ってみました。千丈渓は江の川の支流八戸川に合流する日和川が岩肌を浸食してできた約4.8kmの渓谷です。実は数年前に一度訪れたことがあるのですが、平成25年の豪雨水害で公園内が被災し復旧対策工事中で立ち入り禁止になっていました。今年の4月1日に一部復旧工事が完了したとの情報をHPで確認したのでリベンジです!令和2年4月1日林道は立ち入り禁止、遊歩道は千丈敷まで...

  • 山郷の温泉宿 ホテル川隅

    夏休み後半は「温泉宿でゆっくりしたい!」と思い浜田市にある旭温泉へ行ってきました。今回宿泊したのはホテル川隅さんです。県西部で宿泊するのは初めて!お部屋の設備は古く、かなり昭和感溢れるお宿でしたがそれが逆に良い味出してます。Go To トラベルキャンペーンのおかげでかなり料金がお安くなっていたので露天風呂付の客室にしました。「トロトロのお湯が気持ちいいよー。お肌がツルツルになったよ!」byダンボー夕食は安...

  • 国賀めぐり定期観光船

    国賀めぐり定期観光船に乗船するため浦郷港へ。スケール感抜群の国賀海岸を船頭さんの名調子とともにめぐります。所要時間は1時間半、料金は3,000円です。船引運河を抜け外海へ~。こちらは鬼ケ城。鬼の伝説に因んだ形をした奇岩が続いています。かなり霞んでいますが、摩天崖です。海から見るとスケールの大きさに圧倒されます。通天橋が見えてきました。陸から見るだけではわからない、この荒々しさ!(驚)こちらは観音岩。見る角...

  • 摩天崖(まてんがい)

    摩天崖(まてんがい)にやってまいりました。摩天崖は巨大なナイフで垂直に切り取ったような海抜257mの大絶壁!正式に言うと、ここは摩天崖の頂上でして。このように国賀海岸の絶景を見渡すことができます。一帯が放牧地となっているため、牛や馬がのんびり草を食む姿がみられます。癒されますわ~♪車が来ても驚きません。道のど真ん中を堂々と!(笑)陸から国賀海岸を楽しんだ後は、海の上からも楽しみます。この後、国賀めぐり定期...

  • 通天橋

    赤尾展望台から通天橋へ。駐車場に車を停めて歩きますが長い坂道があるので暑さもあり、行き帰りでかなり疲れました…。通天橋から魔天崖へと続く遊歩道は一生に一度は訪れたい「遊歩百選」に認定を受けているとのことなので猛暑じゃなければ歩いてみたかったです。(所要時間60~90分)通天橋に到着~。通天橋は元々洞窟であったところが海蝕作用によって周辺部分が崩落したために洞窟の一部分を残してできたアーチ状の景勝地です。...

  • 赤尾展望所

    隠岐の島の旅2日目。朝イチのフェリーで西ノ島町(島前)へ向かいました。西ノ島町の別府港に到着後、まずは赤尾展望所へ。隠岐を代表する景勝地 国賀海岸を一望できる人気スポットなのですが。霧が出ていて全然見えない…。(悲)仕方がないので、ササッと写真を撮って撤収~。こちらの「摩天崖(まてんがい)」へと向かいます。摩天崖へ向かう途中、たくさんの牛たちと出会いました!赤尾展望所周辺は牛や馬の放牧地となっているの...

  • "島のひかり"が彩なす海の宿 羽衣荘

    隠岐の島で宿泊したお宿はこちら。「

  • ローソク島遊覧船

    宿泊するお宿のチェックインを済ませ、「ローソク島遊覧船」に乗船しました。所要時間は約50分、料金は3,000円。ローソク島は高さ約20mの奇岩で、夕陽が先端に重なるとまるで巨大なローソクに火を灯したように見えるのです。近くで見ると…かなり荒々しい!(驚)夕陽が島の先端に灯る瞬間は遊覧船からしか見ることができません。少しずつ日が落ちてきました。いいぞいいぞ~!あともう少し!きましたー!(喜)いかがでしょう?火が灯...

  • 隠岐郷土館と五箇創生館

    三大杉を訪ねた後。乳房杉の次に楽しみにしていた壇鏡(だんぎょう)の滝へと向かったのですが、こちらも落石のため通行止めで見ることができませんでした…。(涙)仕方がないので予定を変更し、隠岐郷土館と五箇創生館へ。明治初期の旧周吉外三郡(きゅうすきほかさんぐん)役所庁舎を移築・修復した隠岐郷土館。洋風木造のとてもステキな建物です~♪館内には国や県指定の民俗文化財がたくさん展示されていました。続いて、郷土館の...

  • 隠岐の島 三大杉

    先週は夏休みを頂きまして、1泊2日で隠岐の島へ行ってきました。松江市美保関町にある七類港からフェリーに乗り隠岐の島町(島後)の西郷港へと向かいます。所要時間は約2時間半。少し横になって休みます。ダンボーもしっかりマスク着用です。(笑)西郷港に到着後、隠岐の島の三大杉のひとつ「岩倉の乳房杉(ちちすぎ)」へと向かったのですが先日の記録的大雨のせいで道路が通行止めになっており見ることができませんでした。(悲)...

カテゴリー一覧
商用