searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

ゆうです!!!さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ゆうです!!!
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/amikumi
ブログ紹介文
籐編みしています
更新頻度(1年)

6回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2017/05/31

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ゆうです!!!さんの読者になりませんか?

ハンドル名
ゆうです!!!さん
ブログタイトル
ゆうです!!!
更新頻度
6回 / 365日(平均0.1回/週)
読者になる
ゆうです!!!

ゆうです!!!さんの新着記事

1件〜30件

  • 神 芳子 バスケタリー展

    カゴバッグ・アクセサリー・小作品2020年4月26日(日)~5月1日(金)AM11:00~PM7:00(最終日はPM5:00まで)籐の皮を使って、素材を活かしたテクスチャーを表現した大きなオブジェの造形。そして、暮らしの中で使うシンプルで素材感のある作品等です。神芳子バスケタリー展

  • あけましておめでとうございます

    あけましておめでとうございます

  • 2020年 1月 講習会

    2020年1月講習会

  • 第83回 新制作展~国立新美術館

    開館時間10:00~18:00(入場17:30まで)休館日9月24日(火)最終日9月30日(月)14:00終了(入場13:00まで)金曜日夜間開館:9月20・27日(金)20:00終了(入場19:30まで)入場料:一般800円、学生・65歳以上無料国立新美術館東京都港区六本木7-22-2アクセス・東京メトロ千代田線乃木坂駅6出口より美術館連絡口に直結・東京メトロ日比谷線六本木駅4a出口より徒歩約5分・都営地下鉄大江戸線六本木駅7出口より徒歩約4分第83回新制作展~国立新美術館

  • 2019年 10月 講習会

    2019年10月講習会

  • 2019年7月 講習会

    2019年7月講習会

  • ウィンドウから観る造形

    ウィンドウから観る造形

  • ウィンドウから観る造形

    ウィンドウから観る造形

  • 2019年4月 講習会

    2019年4月講習会

  • バスケタリージャパン 2019展

    バスケタリージャパン2019展

  • あけましておめでとうございます

    あけましておめでとうございます

  • 第82回新制作展 ~国立新美術館

    フェニックスH250cm×W140cm×D50cm第82回新制作展~国立新美術館

  • 籐 AMIKUMI インテリアとバッグ

    定価2300円+(税)ご購入申し込み、お問い合わせ先ー小西貿易株式会社ーhttp://www.e-rattan.net/籐AMIKUMIインテリアとバッグ

  • バスケタリー インテリアとバッグ

    定価2200円+(税)ご購入申し込み、お問い合わせ先ー小西貿易株式会社ーhttp://www.e-rattan.net/バスケタリーインテリアとバッグ

  • 「すてきにハンドメイド 2010年6月号」 の作品紹介します

    NHKテレビテキストすてきにハンドメイド2010年6月号アバカ麻のトートバッグとセカンドバッグご訪問ありがとうございました「すてきにハンドメイド2010年6月号」の作品紹介します

  • 「籐で編むかごバッグと小もの」 の作品紹介します

    2005年6月30日発行㈱雄鶏社「掛け編みのバッグ」たいへん人気のバッグです鈴木恭子「ますあじろのバッグ」デザインと持ち手が斬新です神芳子「菱かさね模様のバッグ」菱かさね模様と留め具もおしゃれなバッグ寿山和美「六つ目返し編みの巾着」古布使いのバッグ児玉典子ご訪問ありがとうございました「籐で編むかごバッグと小もの」の作品紹介します

  • 第82回新制作展

    絵画、彫刻、スペースデザインの3部門<会期>2018年9月19日㈬より10月1日㈪まで・10:00~18:00入場は17:30まで)・金曜日は20:00終了(入場は19:30まで)・最終日10月1日㈪は14:00終了(入場は13:00まで)・休館日9月25日㈫<会場>国立新美術館〒106-8558東京都港区六本木7-22-2http://www.nact.jp/第81回会場入り口アクセス・東京メトロ千代田線乃木坂駅6出口より美術館連絡口に直結・東京メトロ日比谷線六本木駅4a出口より徒歩約5分・都営地下鉄大江戸線六本木駅7出口より徒歩約4分第82回新制作展

  • バスケタリーの造形から見えるもの

    aaca2018.7no.80発行一般社団法人日本建築美術工芸協会編み組みのテクニックを原理とした、主につる植物である籐の芯と皮を用いて線で構成した造形表現を“バスケタリーの造形”として発表しております。振り返りますと、長く続けている中でいくつか思うことがあります。一つめですが、初心の頃はデザインを重視した立体を考えることが、とりわけ挑戦であるかのように思い込み、複雑な造形などを数多く制作発表してきました。しかし、ここ数年はテクニックの原理に素材を活かして趣を重ねたシンプルで美しい造形を心掛けています。それは、籐との年月の中で編み組み原理の素晴らしさを再認識したからでもあります。活かすことに重点を置いたことで無駄な線が取り払われました。引き算を繰り返し、本当に必要な線を大切にした結果、シンプルで「美しい」と感じ...バスケタリーの造形から見えるもの

カテゴリー一覧
商用