searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
笑って生きていたいよね
ブログURL
http://sorairo51.sakura.ne.jp/life/
ブログ紹介文
「性」に関する悩みの背後には、「心」の問題があることが多いです。セックスレスの問題に苦しんだ経験から、「性の悩み」を軽くするヒントを探していきます。「性の悩み」を軽くして、あなたの毎日がより良いものになりますように。
ブログ村参加
2017/01/21
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、kokoroさんをフォローしませんか?

ハンドル名
kokoroさん
ブログタイトル
笑って生きていたいよね
フォロー
笑って生きていたいよね

kokoroさんの新着記事

1件〜30件

  • ”必死”だったころ。

    凄く久しぶりに、夫婦間のセックスレスを「何とかしよう」とあがいていた頃のノートを見た。このころは、あわよくば「アフィリエイト」で副業収入を得られないか、と画策しつつ、毎日どうやったら妻とのセックスを取り戻せるのか、ということばかり考えていた

  • ”必死”だったころ。

    凄く久しぶりに、夫婦間のセックスレスを「何とかしよう」とあがいていた頃のノートを見た。このころは、あわよくば「アフィリエイト」で副業収入を得られないか、と画策しつつ、毎日どうやったら妻とのセックスを取り戻せるのか、ということばかり考えていた

  • 必要なもの

    自分自身にとって、本当に必要なものであれば、それを求めて動くことは仕方がないこと。そして、動いて手に入れたものが、本当に自分にとって必要なもの、であれば、手に入れた後は、心静かに過ごせる日々がやってくる。手に入れたはずなのに、心が落ち着かな

  • 必要なもの

    自分自身にとって、本当に必要なものであれば、それを求めて動くことは仕方がないこと。そして、動いて手に入れたものが、本当に自分にとって必要なもの、であれば、手に入れた後は、心静かに過ごせる日々がやってくる。手に入れたはずなのに、心が落ち着かな

  • 後ろから

    「恥ずかしい」って言われると、もっと恥ずかしがらせたくなる。自分は、Sだな、と思う。痛くするとか、嫌がらうことをする、というのは嫌いだが、女性が恥ずかしがっている姿を見ると、もっとしたくなってくる。女性が壁に手をついた状態で、後ろから少しず

  • ひとつに、、、

    お互いに、服を脱ぎ捨てて、生まれたままの姿で、抱き合う。相手の肌の温もりを、全身の肌で感じながら、柔らかく、唇を重ねる。舌と舌が溶け合うように。激しい刺激など、要らない。互いに、相手を愛おしみながら、静かにやさしく肌をなぞる。気がつけば、数

  • ひとつに、、、

    お互いに、服を脱ぎ捨てて、生まれたままの姿で、抱き合う。相手の肌の温もりを、全身の肌で感じながら、柔らかく、唇を重ねる。舌と舌が溶け合うように。激しい刺激など、要らない。互いに、相手を愛おしみながら、静かにやさしく肌をなぞる。気がつけば、数

  • せめぎ合い

    若い頃は、女性の身体を前にすると、早く服を脱がせて、早く触りたかった。今も、もちろんそういう衝動に駆られることはあるが、相手のことも、そして自分のことも、ジワジワと焦らしたい、という欲求を感じることも増えてきた。スカートを履いている女性の脚

  • もっと貪欲に。

    どうすれば、お互いが気持ちいセックスを出来るのか。自分で探さないと、誰も教えてくれないもんね。男は、自分がされて気持ちいいことは、女も気持ちいいものだと思い込んで、強く摩擦を与えようとする。それに、アダルト動画が拍車をかける。キスのときに、

  • もっと貪欲に。

    どうすれば、お互いが気持ちいセックスを出来るのか。自分で探さないと、誰も教えてくれないもんね。男は、自分がされて気持ちいいことは、女も気持ちいいものだと思い込んで、強く摩擦を与えようとする。それに、アダルト動画が拍車をかける。キスのときに、

  • エッチの時の会話

    アダルト動画を見慣れてしまうと、あれがセックスの標準だと勘違いしてしまうけれど。あんなに黙々と、ろくに会話もせずに、男はひたすら腰を振って、女はひたすら喘ぐばかり、なんて、そんなの、続いてもせいぜい10分か15分。エッチの間にも、もっと、会

  • エッチの時の会話

    アダルト動画を見慣れてしまうと、あれがセックスの標準だと勘違いしてしまうけれど。あんなに黙々と、ろくに会話もせずに、男はひたすら腰を振って、女はひたすら喘ぐばかり、なんて、そんなの、続いてもせいぜい10分か15分。エッチの間にも、もっと、会

  • 「努力しない」宣言

    連休前、だったか。ある日の夕飯時。何がきっかけで言い出したのかは忘れた。妻が「私に”女らしさ”を期待しちゃいけんのよ~。無理なんやけぇ。」という。分かっとるがな。バカバカしい。期待してると思ってんのか。これまで、散々こちらに注文つけて、やれ

  • そういう人、というだけ

    レスの問題に直面してから、「自分自身を守るため」に妻の言動や行動を観察するようになった。と言っても、冷静にそれが出来るようになったのはこの1年くらいの間ではあるけれど。以前、「(妻は)俺のことをバカにしている!」と頻繁に腹を立てていた。こち

  • ちょっと「不完全」なところに

    以前、同じような内容で記事を書いた覚えがあるのですが。女性の多くは、プロポーションばっちり、いわゆる「ボン!キュッ!ボン!」みたいなスタイルが男性受けする、と思っているようですが。男の好みって、本当に色々あるので。例えば、胸はそれほど大きく

  • 気持よくなるためには、力も速さも必要ない

    アダルトビデオは、男が見て「興奮」するために作られているので、あの通りにしても、男女ともに「気持ちよく」はなりません。アダルトビデオの中では、男がとにかく激しく打ち付けるように早く腰を振って、それで二人とも気持ちよくなっているような「演技」

  • 「問題解決」のスタート地点は

    セックスレスの問題について悩んでいる人は、恐らくほとんどの方が「この問題をどうにかしたい」と考えていると思います。でも、この「どうにか」の部分は、意外と「曖昧」だったりするんですよね。「パートナーとセックスが出来るようになりたい」なのか。「

  • 日曜日の食事

    日曜の夕方になると、決まって妻はイライラし始める。夕食の献立を考えて、作るのが嫌いなのだ。日曜の昼食についても、同じだ。「休みの日に、食事の準備をする」というのが、嫌なのだ。時分時になると、必ずと言っていいほど「何にする?」「どうしようか?

  • 「テクニック」でレスは解消しない、けれども。

    もう、何度も記事に書いてきたこと、ではありますが。男女問わず、拒否される側がセックスレスを克服するのに、自身の「テクニック」を磨くことは、「レスの問題解消」にはつながりません。僕も、この問題に悩み始めた当初は、「自分のしているセックスが、妻

  • 死ぬまでに

    以前、「あと1週間で地球が滅亡するなら、何をしたいか」と問われたことがあった。1週間。1か月。1年。それとも、今日限り。コロナのこともあって、「死」について、「健康」について色々と考えさせられることが増えたが、「死ぬまでにやりたいこと」につ

  • 「セックス」に「重い意味」をつけすぎている、のか。

    日本人は、「性」に割と大らかな民族だった。以前このブログでも書いたが、農村や都市部の商家などでは戦前まで「夜這い」という風習や、祭の後の「乱交」騒ぎなど、普通にあったようだ。「貞淑であること」を求められたのは、ごく一部の特権階級の娘だけ、と

  • もっと彩り豊かな世界を

    「性」に関する情報が、以前に比べれば随分と手に入りやすくなった今、ですが。それでも、より良い、より気持ちのいいセックスをしよう、ということには抵抗を感じる方もまだまだ多いんだな、まだまだ「性=タブー」だと感じている人は多いんだなぁ、と思いま

  • 追い記事です。

    昨日の記事の、追い記事です。+++++「あなたの苦しみは、私には関係ない」と言った妻の発言。頭の半分、冷静なところでは、妻がそう言った気持ちも分からなくもない。「一緒に頑張る」と言ってしまえば、何か行動しないといけなくなる。これまでセックス

  • 一番、ダメージが大きかったのは

    セックスレスの問題で、これまで色々衝突して、色々言われたりしてきたけれど、その中で一番、ダメージが大きかったのは妻のこの一言。「あなたが苦しんでいようと、私には関係ない。」+++++拒否される側の苦しみの根幹にあるのは、パートナーがこの問題

  • 年齢による衰え

    僕は今、40代半ばです。若いころから、性欲が強い方だと自覚していた自分も、やはり少しずつですが年齢による「衰え」を感じることも増えてきました。具体的に言えば、「持続時間」が前より短くなったこと。それと自分では凄く興奮しているはずなのに、勢い

  • セックス中の会話

    「セックスというのは、男女間の究極のコミュニケーション」だって。 誰かが言ってました。 誰が言っていたのかは忘れましたが。「気持ちいい」「気持ちよくない」「痛い」「こそばゆい」etc... セックスの最中には、「相手に伝えるべきこと」「相手

  • 「身も蓋もない」ことだけれど。

    今日書くことは、これまで「はっきり書くこと」を避けてきたこと。はっきり言って「身も蓋もない」ことだから。「セックスレスの克服のゴール」を、「パートナーとセックス出来るようになること」に置いている場合。そのゴールが達成できるかどうかは、「パー

  • 「身も蓋もない」ことだけれど。

    今日書くことは、これまで「はっきり書くこと」を避けてきたこと。はっきり言って「身も蓋もない」ことだから。「セックスレスの克服のゴール」を、「パートナーとセックス出来るようになること」に置いている場合。そのゴールが達成できるかどうかは、「パー

  • 「セックスレス」の結果、得たもの

    こういう風に書くと、「セックスレスは良いこと」だと勘違いする人がいると思いますが。ならないで済むなら、パートナーとの間でセックスレスにはならない方がいい、というのは前提の上で。それでも、ポジティブな面を挙げるとしたなら。これは、あくまで「個

カテゴリー一覧
商用