searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

メルさんのプロフィール

住所
八代市
出身
中央区

『嘲笑せず、嘆かず、呪わず、ただ理解する』(スピノザ) 14歳、アスペルガー(ADHDハイブリッド)の女子が、気に入った本などを書いていきます。

ブログタイトル
観際メルの哲学レンズ
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/meru2029/
ブログ紹介文
『嘲笑せず、嘆かず、呪わず、ただ理解する』(スピノザ) 15歳、女子が気に入った本などを書いていきます。
更新頻度(1年)

31回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2017/01/09

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、メルさんの読者になりませんか?

ハンドル名
メルさん
ブログタイトル
観際メルの哲学レンズ
更新頻度
31回 / 365日(平均0.6回/週)
読者になる
観際メルの哲学レンズ

メルさんの新着記事

1件〜30件

  • 近況報告

    ほぼ一カ月ぶりの更新になってしまいました。お久しぶりです。最近は、大学受験にむけての勉強に本腰を入れて取り組み始めました。私が目指す大学の入試は、英語と文化史中心、主に読解力を試される傾向にあります。過去問を解いてみて、人文系の読解は全く問題なさそうでし

  • 【放送大学】雇用社会と法(`17) 第10回

    第10回、「パワハラの法律問題」まとめ・感想です。まず、パワハラには多様なパターンがあり、一般的に「職場のパワーハラスメント」と呼ばれているものは、同じ職場に働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、精神的・身体的苦痛を与えるまた

  • メルの懺悔室 第10回

    あっという間に10回目になりました。見てくださっている方、懺悔を寄せていただいている方、本当にありがとうございます。最近、「懺悔」ではなく「相談」がよく来るようになりました。お悩み相談ではなく、あくまでも皆さんの「懺悔」を聞くコーナーですので、今後懺悔を送

  • 【放送大学】雇用社会と法(`17) 第9回

    第9回、「女子労働問題」まとめ・感想です。まず、女子労働問題に対し行使される法について、以下を挙げることができます。1、性差別の禁止2、性格人格権の保護 (主にセクハラ問題)3、家庭責任との両立 (育児休業介護法、少子化対策基本法などが制定済み)4、女子労働

  • 【放送大学】雇用社会と法(`17) 第8回

    第8回、「私的領域の確保」まとめ・感想です。今回は、業務命令や施設管理のコントロールなどによる使用者と労働者間のトラブル(プライバシーやワークライフバランスに関係する)、それに対し労働者に発生する権利を学びました。まず労働者は、職場においても私的自由や自己

  • 【放送大学】雇用社会と法(`17) 第7回

    第七回、「職場の人間社会と法」まとめ&感想です。今回は、職場における人間関係、その影響での退職問題などを学びました。まず、雇用をめぐるトラブルについては、使用者には様々な労務管理の対応方法があります。対処法のパターンとしては、ソフトな順に1、直接の指導・教

  • 【放送大学】雇用社会と法(`17) 第6回

    第6回目、「労働時間の規制」まとめ&感想です。今回は、労働契約上の基本的な労働条件の一つである、“労働時間”について広く学びました。日本には「過労死等防止対策推進法」というものが2014年に成立していますが、なぜそもそも長時間労働の規制が必要なのでしょうか。そ

  • 【放送大学】雇用社会と法(`17) 第5回

    第5回目、「賃金の確保」まとめです。今回は、労働において最も重要な要素である「賃金」について学びました。まず賃金の定義ですが、労基法11条により「この法律で賃金とは、賃金、給料、手当、賞与その他名称の如何を問わず、労働の対償として使用者が労働者に支払うすべ

  • 【放送大学】雇用社会と法(`17) 第4回

    第4回目、「業務命令権」感想です。今回は、使用者が持つ「業務命令権」とはなにか、濫用の定義、過去の裁判例などを学びました。まず、業務命令の目的は多様で、その拘束力に違いがあります。1、職場秩序の維持を目的とするもの2、労働能力の評価・向上に関するもの3、

  • 【放送大学】雇用社会と法(`17) 第3回

    第3回目、「労働契約の締結」感想です。今回は、労働契約を結ぶ時の詳しい契約内容、それの是非を争う裁判例、労働における権利・義務について学びました。労働者の権利の中核を担っているものは、賃金請求権だそうです。賃金の定義としては、労基法11条で「賃金、給料、手

  • 【放送大学】雇用社会と法(`17) 第2回

    第2回目、「権利実現の仕組みと仕方」の感想です。今回は、労働における「権利の実現」について、そして円滑な相談の仕方を学びました。まず、“権利”を実現させるために必要な要素は五つあるようです。1、法に関する知識や情報を、権利主張する者が持っている。2、権利

  • 【放送大学】雇用社会と法(`17) 第一回

    今年度から、放送大学の選科履修生になりました。興味のある分野をより深く学びたかったのと、AO受験をする予定なので、それに役立つと考えて入学しました。ちなみに、熊本県では高校生の放送大選科履修生は初めてだそうです(笑)「雇用社会と法」という科目を履修すること

  • メルの懺悔室 第9回

    メルの懺悔室、第9回目です。今回もお年玉について。私も昨年から働き始めたので、お年玉をあげるのがいかに大変か、この年になってやっと理解しました。今年お年玉を頂いた時は、「ありがとう」の気持ちと「申し訳ない」という気持ちで半々でしたね(笑)私は、お年玉は高

  • 今年度の振り返り【高校一年】

    今年度もそろそろ終わりが近づいてきました。昨年度に負けず色々なことが起こり、また成長できた一年でした。このタイミングで少し振り返ってみようと思います。まず、私が入学した高校は公立通信制高校でした。それがかなり大きな影響を与えています。入学してすぐ私はアル

  • メルの懺悔室 第8回

    メルの懺悔室、第8回目です。今回は、節約に奮闘する新婚の方からの懺悔です。私のポリシーとして、「見えない(存在を知らない)ものは存在しない」というものがあります。自分が全く知らないもの、存在を認識していないものは、自分にとって“世界に存在しない”ことになっ

  • 『アマルティア・セン講義 経済学と倫理学』

    アマルティア・セン講義 経済学と倫理学posted with ヨメレバアマルティア・セン/徳永 澄憲 筑摩書房 2016年12月07日 ・面白さ    ★★★★☆・読みやすさ  ★★★☆☆・本の概要1998年のノーベル経済学

  • 『労働と人生についての省察』

    労働と人生についての省察posted with ヨメレバシモーヌ・ヴェイユ/黒木義典 勁草書房 1986年01月 ・面白さ    ★★★★★・読みやすさ  ★★★★☆・本の概要フランスの哲学者、シモーヌ・ヴェイユの著

  • メルの懺悔室 第7回

    メルの懺悔室、第7回です。今回は、少し遅れていますが“お正月”にちなんだ懺悔です。私自身、もらったお年玉は全て自分で管理する家に育ったので、横取りされた経験はありません。しかし、自分のお年玉が勝手に使われているのに気付いたときのショックは想像できます(笑

  • 『社会学的方法の規準』

    社会学的方法の規準posted with ヨメレバエミール・デュルケーム/菊谷 和宏 講談社 2018年06月11日 楽天ブックスAmazon ・面白さ    ★★★★☆・読みやすさ  ★★★☆☆・本の概要マックス・ウェーバーと並ぶ

  • お正月に選ぶ本三冊 2020

    今年もお年玉(+バイト代)で本を買ってきました。今年はかなり去年と差が出ています。それでは、どうぞ(*^^*)1、『はじめての政治哲学』 デイヴィッド・ミラーはじめての政治哲学posted with ヨメレバデイヴィッド・ミラー/山岡 龍一 岩波書店 2019年04月17日

  • あけましておめでとうございます

    遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます。年末年始はずっとバイトでバタバタしていました。やっとゆっくりできるようになりました。色々ありましたが、おかげさまでバイトを始めてから半年ちょっと、めげずに続けられています。写真は、

  • メルの懺悔室

    今回は、貰ったアクセを壊してしまったのを、なかなか言い出せないという懺悔です。これは本当によく分かります(笑)できれば隠し通したいところですが、ちょっと無理がありますよね。素直に言ってしまった方が、案外穏便に済みそうです。

  • きっかけは「彫刻」展

    先日、熊本市現代美術館の『きっかけは「彫刻」』展に行ってきました。高村光太郎の「手」を筆頭に、ロダニズムを受け継ぐ近代・現代彫刻が展示されていました。戦前の彫刻はかなりの数が写真撮影OKだったので、自分のカメラで心置きなく撮ることができました。骨の表現がと

  • メルの懺悔室 第5回

    メルの懺悔室、第5回目です。今回は、図書館所蔵の本を破って返してしまった方の懺悔。そういった“ページを使って遊べる系”の本は、だめだと分かっていても遊びたくなってしまいますよね。ですが、本来は公共のものなので、皆さんは破ったり書き込みをしたりしないように

  • 16歳の誕生日に選ぶ3冊

    今日10月29日、私は16歳になりました。毎年恒例、今読みたい、あるいはおすすめできる本を3冊選びました。今年は、去年と少し違うラインナップです。1、『重力と恩寵』 シモーヌ・ヴェイユ重力と恩寵posted with ヨメレバシモーヌ・ヴェイユ/冨原眞弓 岩波書店 201

  • 『別冊 太陽 尾形光琳』

    尾形光琳posted with ヨメレバ河野元昭 平凡社 2015年09月24日 Amazon ・面白さ    ★★★★☆・読みやすさ ★★★★★・本の概要江戸時代の画家、尾形光琳にフォーカスを当て、カラーの図版と共に作品や世界観を

  • メルの懺悔室 第4回

    メルの懺悔室、第4回目です。今回は、いじめなのか違うのか、そんな出来事の懺悔が寄せられました。今回私が「いじめだ」と答えたのは、私が考える“いじめの定義”に当てはまっていたからです。私が考える“いじめの定義”は、「(いじめの)受け手が嫌だと感じている」「客

  • 『美の歴史』

    美の歴史posted with ヨメレバウンベルト・エーコ/ジローラモ・デ・ミケーレ 東洋書林 2005年11月 Amazon ・面白さ    ★★★★★・読みやすさ ★★★★☆・本の概要ウンベルト・エーコが「美とは何か」という

  • 『闇の美術史 カラヴァッジョの水脈』

    闇の美術史posted with ヨメレバ宮下規久朗 岩波書店 2016年05月 Amazon ・面白さ    ★★★★★・読みやすさ ★★★☆☆・本の概要カラヴァッジョ作品の紹介と解説が主だが、美術における「光と影」が意味するも

  • メルの懺悔室 第3回

    メルの懺悔室、第3回目です。今回は、何かのオタクの方ならみんな分かってくれる回だと自分で思います(笑)自分が勧めたものを好きになってくれて、そして一緒に語れるようになるならば、貸したものが帰ってこないことなんて、あまり気にしないのではないでしょうか。返して

カテゴリー一覧
商用