searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ぴっぴさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
やっぱり竜が好き
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/pippi4510-pippi4510/
ブログ紹介文
野球(主に中日ドラゴンズ)について語ります
更新頻度(1年)

120回 / 365日(平均2.3回/週)

ブログ村参加:2016/10/05

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ぴっぴさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ぴっぴさん
ブログタイトル
やっぱり竜が好き
更新頻度
120回 / 365日(平均2.3回/週)
読者になる
やっぱり竜が好き

ぴっぴさんの新着記事

1件〜30件

  • 3人にとって忘れられない試合

    マツダスタジアムで行われた広島との11回戦は8-1で中日の勝利。先発での初勝利を飾った福谷。初めてフルでマスクを被りチームを勝利に導いた郡司。そしてプロ入り初ヒットを打った根尾。彼ら3人にとって今日は忘れられない試合になったのではないでしょうか。福谷は本人も言

  • そろそろ点を取ってもらいたい

    マツダスタジアムで行われた広島との10回戦は1-6で広島の勝利。今日はチャンスを作ることはできました。それを「前よりはマシ」ととらえるか、「点が取れていないのは一緒」ととらえるか。野球はヒットの本数やチャンスの回数を競う競技ではなく点の取り合いなので、個人的

  • 中軸が打たなきゃ点は入らない

    ナゴヤドームで行われた巨人との9回戦は2-2で引き分け。勝ちたい試合でしたし、勝機のあった試合だったと思います。それを勝ち切れなかった。この引き分けはかなり悔しいですね。リードを守り切れなかったとはいえ、10イニングを2失点で切り抜けた投手陣は頑張ってくれたと

  • 福田に起爆剤になってもらいたい

    ナゴヤドームで行われた巨人との8回戦は3-1で中日の勝利。今シーズンチャンスでなかなか打てていなかった福田がついにやってくれましたね。大竹、中川が出てくる8回、9回は苦しいだろうなと思っていた中で7回裏に逆転スリーラン。初球、甘く入った変化球を見送った時には正

  • スイッチを入れたのは大野雄大

    ナゴヤドームで行われた巨人との7回戦は7-1で中日の勝利。2回裏、1アウト1,3塁で8番打者の井領がセカンドゴロでホームタッチアウト。正直、「今日もホームが遠い試合になりそうだ」と思ってしまいました。それがピッチャー大野雄大にタイムリーが飛び出し先制。今シーズン

  • 打線が起動していない

    ハマスタで行われた横浜との9回戦は0-3で横浜の勝利。今日も点が取れませんでした。ビシエドに最後のヒットが出たのが7月31日。それからの5試合の得点は3点、0点、0点、2点、0点。1試合の平均得点が1点では苦しいですね。しかも、この5点はエラー絡みで取った3点と、昨日の

  • 全然打てない

    ハマスタで行われた横浜との8回戦は2-8で横浜の勝利。まったくと言っていいほどいいところが無い試合でしたね……21イニングぶりに得点は入りました。しかし、これは井領の内野安打と大島のライト線に運んだツーベースでの1点。決してとらえたと言える当たりではありません

  • 点が取れない

    ハマスタで行われた横浜との7回戦は0-3で横浜の勝利。デジャブかと思う程に日曜日と同じような打ち取られ方を続け、2試合続けて無得点。土曜日もエラー絡みでしか点が取れておらず、しっかりとした得点は金曜日に周平がタイムリーを放ったところまでさかのぼらなければなり

  • 勝ちを付けられなかった

    ナゴヤドームで行われたヤクルトとの9回戦は0-0で引き分け。延長10回を1人で投げ抜いた梅津を見殺してしまったと見るべきか、1点も取れなかったのに負けなかったと見るべきか。このあたりは人によって感じ方は変わってくるでしょう。個人的には、借金が6あるチームがホーム

  • 山を3度乗り越える

    ナゴヤドームで行われたヤクルトとの8回戦は3-1で中日の勝利。勝野がそれなりどころか8回奪三振6与四球0で1失点の快投。そんな彼になんとか勝ち星を付けられたことですし、いい勝ち方だったのかなと思います。今日の勝野はターニングポイントをいくつも乗り越えられましたね

  • とりあえずの1勝目

    ナゴヤドームで行われたヤクルトとの7回戦は5-3で中日の勝利。初回にホームランであっさり先制を許してしまった。村上の前の山崎にフォアボールを出し、村上に被弾。リードを3点に広げられる。バントで小フライを上げゲッツー。これで3度企図3度失敗。今日の大野は手放しで

  • 「負けなかった試合」だけど、チーム事情的には勝ちたかった

    マツダスタジアムで行われた広島との9回戦は4-4で引き分け。2点ビハインドの終盤に追い付き引き分けに持ち込んだのですから「負けなくてよかった試合」なのかもしれません。しかし、チームとしてはどうしても勝ちたかったのに、そして勝機もあったのに取り切れなかったとい

  • ホームランで決まる

    マツダスタジアムで行われた広島との8回戦は0-2で広島の勝利。お互いの先発投手が好投したこの試合、こういう競り合いは往々にしてホームランかミスが決め手になるなんてよく言われますが、その例に漏れずホームランで勝負が決まることになりました。なぜ広島にホームランが

  • 次こそ福谷に勝ちを付けたい

    マツダスタジアムで行われた広島との7回戦は3-2で中日の勝利。嫌な形で逆転された後に再逆転。粘り強い野球ができました。先発の福谷は6回10奪三振無四球。正直、今日は柳の復帰試合になるだろうと早とちりをしていたので昨日の予告先発時には驚かされたのですが、この福谷が

  • 全部裏目

    ナゴヤドームで行われた阪神との9回戦は3-9で阪神の勝利。梅津が6回2失点の好投。エラーに乗じて先制点を取り、福田には待望の1号ホームランが飛び出す。そのまま勝てれば乗っていくきっかけにもなった試合だっただけに残念でした。梅津がもう1イニング行ければそれに越した

  • 石川昂弥の使い方は悩ましい

    ナゴヤドームで行われた阪神との8回戦は1-0で中日の勝利。お互いにホームが遠い中、チャンスを多く作った中日が先に点を取り、そのまま逃げ切った。そんな試合だったという印象です。先発の勝野は6回無失点7奪三振。今日はゾーンの中で勝負できており、それが結果につながっ

  • 欲をかいたのか手が無かったのか

    ナゴヤドームで行われた阪神との7回戦は2-5で阪神の勝利。1点リードの7回表に出すリリーフは谷元でよかったのか。今日のポイントはここですね。先発大野雄大が5イニングで降り、6回を佐藤でつなぎ迎えた7回。個人的には祖父江、ゴンサレス、ライデルで逃げ切れたらいいなと

  • 今後がいろいろ悩ましい

    ナゴヤドームで行われた巨人との6回戦は1-6で巨人の勝利。「福が打たれたから仕方がない」でもまぁいいのですが、いろいろな悔いというか力不足を感じる試合でした。まず触れなければならないのは5回裏、代打で出てきて1球も振らずに見逃し三振に倒れた石垣について。1点ビ

  • 先制するまで粘れた

    ナゴヤドームで行われた巨人との5回戦は5-0で中日の勝利。やはり先制点というものは大事で、先制するまで粘った松葉のピッチングと大島の先制タイムリーが大きかった試合だと感じました。先週に引き続き6回無失点と好投した松葉ですが、実は三者凡退のイニングは4回の1度だ

  • どうしたもんかねぇ……

    ナゴヤドームで行われた巨人との4回戦は0-4で巨人の勝利。初回、やや乱れ気味だった菅野から0アウト1,2塁のチャンスを作ったところまではよかったのですが、クリーンナップが続けず。2回も三者凡退ながら粘ることはできました。しかし、先制点をもらい、かつ修正できた3回

  • 地に足を付けよう

    甲子園球場で行われた阪神との6回戦は3-11で阪神の勝利。相手のミスで同点に追い付きながらも勝ち越し点を取れず、その裏に自爆して結局惨敗。まぁ酷い試合でした。先発の梅津はコースを狙い過ぎて苦しい投球になったとのこと。先週まで今日の梅津のように苦しむこと多かっ

  • 加藤を使うということ

    甲子園球場で行われた阪神との5回戦は3-8で阪神の勝利。昨日、試合を決定づける糸原のタイムリーは近本の盗塁がきっかけで生まれたものでした。あのような足を使った攻撃を封じる為なのか、それとも勝野との相性を鑑みてなのか、今日のスタメンマスクには加藤を選択。加藤は

  • 選手層を厚くしたい

    甲子園球場で行われた阪神との4回戦は1-4で阪神の勝利。今の平田はなかなかに酷い状態です。ピッチャーとの間を上手く合わせられず、速い球には差し込まれ変化球には突っ込んでしまう。最近、投球のラインにスイングの軌道を入れてボールを線でとらえるバッティングがいいな

  • これから勢いづいて行きたい

    ナゴヤドームで行われた横浜との6回戦は8-0で中日の勝利。昨日ヒットを放った溝脇と井領に代え不調の阿部と平田をスタメンに復帰させ、得点力不足に悩む中でキャッチャーに加藤を起用。このオーダーを見た時は正直大丈夫かなと思ったのですが、それが大当たりしましたね。阿

  • もっと余裕が出ればなおよし

    ナゴヤドームで行われた横浜との5回戦は2-1で中日の勝利。先発松葉が6回途中1失点。後を受けた藤嶋、祖父江、福、ライデルが苦しみながらも無失点でリレーし逃げ切り勝利。新しい勝ちパターンの初陣もいいスタートを切れたと言っていいでしょう。やはり先発投手が頑張ってく

  • 先発が苦しい

    ナゴヤドームで行われた横浜との4回戦は3-5で横浜の勝利。先発の山本が4回につかまり5失点し、このイニングを投げ切れずKO。確かに守備に足を引っ張られた面もありました。石川駿のベース踏み忘れはセカンドを守る機会が少ないからと擁護していいレベルのミスではありません

  • 疲労困憊

    ナゴヤドームで行われた広島との6回戦は2-7で広島の勝利。先発を守ろうとするとリリーフは疲弊し、リリーフを保護しようとすれば先発がすり減る。今日はそのバランスを取ろうとして大失敗してしまったように見えました。先発の梅津はストレートの制球が定まらない中でも粘っ

  • めまいがする

    ナゴヤドームで行われた広島との5回戦は4-19で広島の勝利。一昨年、巨人に20点取られた試合がありましたが、その試合は地方の上毛球場で行われたもの。ホームの、それも日本で最も点の入りにくいナゴヤドームで19点取られた今日の方が恥ずかしいと私は思います。先発の勝野

  • 日常の中の非日常

    ナゴヤドームで行われた広島との4回戦は3-2で中日の勝利。今日から5000人を上限に観客が入るようになったプロ野球。そんな日に5つの球場で3本サヨナラホームランが飛び出るのは「エンターテイメントプロ野球」の底力なのかもしれません。ナゴヤドームのサヨナラを決めたのは

  • 非常事態

    ナゴヤドームで行われたヤクルトとの6回戦は6-8でヤクルトの勝利。先発が5回持たず。それでもリリーフと打線が粘り逆転したのに守護神の炎上で逆転負け。色々な意味で苦しい試合になってしまいました。岡野は解説の人に指摘されていたように最初から飛ばし過ぎて3回にはガス

カテゴリー一覧
商用