searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Angler-Fさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Angler-F
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/anglerf
ブログ紹介文
東京近郊で青物、シーバス、メバルを中心に 気の向くままに釣行しています。
更新頻度(1年)

29回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2016/09/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Angler-Fさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Angler-Fさん
ブログタイトル
Angler-F
更新頻度
29回 / 365日(平均0.6回/週)
読者になる
Angler-F

Angler-Fさんの新着記事

1件〜30件

  • 旧江戸クロダイ(6月27日、28日)

    27日の土曜、小潮。混雑嫌なので朝10時半頃、旧江戸河口へ。到着した頃は釣り人多く、少し上流へ移動。曇りでたまに薄日が差す天気、流れもゆるく、少しづつ釣り場も空いてくる。13時近くまであちこち移動しながらルアー投げるが、なんかまったりした川からアタリ拾えず終了。翌28日の日曜は雨も止んだので、夕方から再度、旧江戸へ。16時頃に昨日とは違う場所へ入る、対岸の浦安側は満員だがこっちは幾分空いている。干潮前後だけど雨の影響か流れはあって、クロダイ狙いでルアーを投げていると17時頃に手前でヒット。レインのライジングサンで上がったのは50cm丁度の良型。その後、上げの流れが本格的に流れ始めた18時過ぎには終了。旧江戸クロダイ(6月27日、28日)

  • 旧江戸デイシーバス(6月20日)

    土曜、大潮。昨日は1日中、雨だったがこの日は朝から晴れ。もう空いただろうと朝9時頃、旧江戸に行くと場所がない。浦安側、葛西側もメジャーな所は超満員。仕方なく少し上流へ移動して、ようやく開始。水位も低くなっているのでテンポよく移動しながらクロ狙い。10時半頃、少し遠目に投げたレインにシーバスがヒット。40位。ならばと狙いをシフトして、その後も散発的に同じような40~50サイズが計3本。上げの流れが出始めた12時半頃に終了。旧江戸デイシーバス(6月20日)

  • 旧江戸クロダイ(6月6日)

    大潮、干潮廻りの時間帯、今日はクロダイ狙いで旧江戸こうま。朝10時過ぎに現地着、晴れて暑い。小まめに移動を繰り返して11時半頃にヒット、ドラグは使わず強い引きを堪能したのが嬉しい年無しサイズ。54cmはキックビートで。その後は最干という事もあり12時でストップ。翌日の日曜日は、今度は13時頃に現地着。案の定、空いているが晴れて暑い。昨日と同様、あちこち移動しながらルアーを投げるが、上げの流れが出始めてからもなかなかアタリがない。14時半頃にヒットしたが、手前にゴロタがあったんだろう、リーダが切れてしまい思わず空を見上げてしまった。15時過ぎると釣り人が増えてきたので終了。旧江戸クロダイ(6月6日)

  • 再び隅田川(5月29日)

    昨日、行きたかったけれど仕事で出陣できず、金曜夜に隅田川へ。小潮で満潮23時前(晴海)。20時頃から上げの流れの中で始めると、クルバチは見えないが、魚は残っているようで散発的にバチ系のルアーにアタリがある。バラシもあるけれど、22時前まで40前後の抜き上げサイズが3本ヒット。ルアーはアルデンテとかノガレ。その後、水門など3か所様子だけ見て廻って日付け変わる前に終了。再び隅田川(5月29日)

  • 隅田川(5月27日)

    後中潮、晴海満潮21時前。トリックバチの情報があった隅田川へ日没後すぐにエントリー。2か所目、20時頃、ボイル祭りに遭遇。しかしバチが多すぎてルアーの反応悪しのパターン。周りも悶絶しながらルアー交換に忙しい様子。こっちも次々に手を変え品を変えでだんだん焦ってくる。たまに当たるもバラシだったり、そんな中、アルデンテでようやく掛ったと思ったらコノシロ。もう最後、場所を少移動してボイル地帯から外れた暗部を引いて、ようやく1本、52cmがとれた所で30分強の時合が終了。あのカラーを持ってたらどうだったかとか振り返りも楽しいんだけど、また散財しそうで気をつけないと笑。隅田川(5月27日)

  • 湾奥運河(5月25日)

    暗くなってから久しぶりにメジャー運河へ。大潮で満潮は晴海19時過ぎ。引き波系のコバチが少量でライズも出ないが、ほどなくして1本ヒット、57cm。このタイミングで知り合いも50アンダー。時合だったのか、後続かず。見切って移動を繰り返すけれど、運河は、アミだったりハクだったり、、もうバチシーズン終盤。移動先でもいい話聞けず、早々に帰宅。湾奥運河(5月25日)

  • 旧江戸で1本(3月26日)

    木曜夜、前回と同じ旧江戸へ。大潮満潮晴海で18時過ぎ。18時半頃から開始。手前にハクの群れがいて、バチも少量抜けていて、時折ボイルが出ている。この日もルアーをローテしながら、少しレンジを入れるとアタリ。でも正体はボラ。ここからボラの入れ食いで計7尾、嫌になってくる。お隣も同じようにボラと格闘されている。20時過ぎに数投間が空いた後のアタリで強い引き、ボラのスレか淡水魚かと思ったら、ひれ伸び測もランカー届かず、でも77cmのいいサイズでした。シンペンのフックは折られ曲げられ、取れて何より。その後は流れも弛みだし、21時前には終了。旧江戸で1本(3月26日)

  • 旧江戸へ(3月13日)

    金曜夜、満潮晴海で19時40分頃。19時半頃、旧江戸川へ。しばらくするとライズが出始め、J浦安でこの日買ったノガレを投げるが、なかなかアタらない。周りのアングラーが釣れ出して、焦る。評判のルアーなので、なんかムキになってアプローチを変えながら投げ続けるが、どうもダメ。このままでは時合を逃しそうなので、スライ他ローテした後、別のルアーでレンジを少し入れたらヒット、54cm。時間は丁度、20時半。さらに別のルアーに変えて、それぞれ46cm、45cmと追加した所でアタリが止まった。ふと見ると川面は大量のバチ。その後、22時まで粘ってみて3本で終了。旧江戸へ(3月13日)

  • 中川で釣れず(3月11日)

    水曜夜、大潮で満潮芝浦18時過ぎ。18時半頃、中川のメジャーポイントへ。釣り人たくさん。北風5mの予報通り風は強いけど川面の条件も悪くはない感じ。だけど19時過ぎて下げが効きだしてもライズもアタリもない。せめて誰かが上げれば気合いも入るんだけれど、21時過ぎて終了~。次は場所変えよう。。中川で釣れず(3月11日)

  • 中川で連戦(2月24日、26日、29日)

    24日の祝日。大潮2日目、18時頃着くとすでに満員。19時前から下げがはっきりと効き出したけれど、バチもライズもなく、遠くでシンペンに小さいのがヒットしたのみ。20時半には水位も下がって終了。26日(水)は前日バチがかなり抜けたと聞き、18時過ぎに中川のメジャーポイントへ。日中、小雨も降って寒いが風はなし。20時頃から手前ラインでライズが出るが、左右両隣が近くてルアーが中途半端にしか流せん。。3バイトをキャッチできず、ストレス抱えて21時過ぎに終了。29日(土)は中潮3日目。夜に現地に行くと空いている。風はなく、まったりとした川面。21時頃から下げが効きだしたが、雨が降り出し、一向にアタリなし。隣りのイケメンのお兄さん、上げた60cmは見切ってワームに変えてボトム引いたんだとか。柔軟にできるのも腕ですね。その後...中川で連戦(2月24日、26日、29日)

  • バチ抜けシーバス(2月10日)

    大潮。夜から中川へ。まだ1回り早い気もするけれど釣り場はずらっと混んでました。下げの流れが効きはじめて、表層を刻んだ後に、ロリベのバチカラーに代えて、1本。40位。その後、まわり見える範囲でも良型含めて出てました。20時頃、終了。いよいよ、これからですね。バチ抜けシーバス(2月10日)

  • 勝浦港アジ(2月8日)

    土曜。遅ればせながら今年の初釣りで外房勝浦へアジ狙い。街を散策した後、漁港へ。かなり混んでて三日月方面で何とかギリ場所を見つけて17時から開始。18時前後の30分位が時合だったようで20~22cm3尾、後はリリースしたもの含めてもツ抜けは出来ず。周りも渋く、大潮初日という事もあって水位がかなり下がった20時には撤収。アジは塩焼きでいただきました。勝浦港アジ(2月8日)

  • 外房カマスとか(12月28日)

    土曜日、大潮。今年の釣り納め。イワシ乱舞の情報が出回ってた外房の某港に、14時前に到着するとカマスが釣れている。早速ルアーを投げると20~25cm位の小カマスが釣れてきた。地元の人たちは投げサビキで3尾4尾と一度にあげている。ルアーは、サイズがたぶん大きい事もあって数の分は悪いけれど、途中、小サバやセイゴ(リリース)もヒットして十分楽しめた。16時頃になるとアタリが止んで周りも帰りだしたので、コンビニ休憩。暗くなってからは約1年振りにアジング。常夜灯下はもちろん港内あちこち混んでいて、入れる所を移動しながら、21時前までに小アジ3尾、カマスも追加して終了。全て塩焼きで美味しくいただきました。外房カマスとか(12月28日)

  • 豊洲まだタチウオ(12月22日)

    仕事や親戚の葬儀他があって12月初釣行。勢いは衰えたものの、まだ湾奥でタチウオが出ているようで、日曜夜明け前、5時から開始。目の前レインボーブリッジがレインボーにライトアップされてて超きれい。潮回りが悪いからか釣り場はがら空き。海は池のようで、少し離れた釣り人が投げるルアーが着水して出来た波紋がきれいにこちらまで伝わってくる。釣れる気がしない海の様子だったけれど途中、少し潮が流れ始め、丁度6時頃、アタリがあってF4の良型があがる。特にベイトの気配もないけれど、ラッキーなヒット。その後、すぐに明るくなって6時半に終了、2Hに抑える為、小走りで駐車場へ戻りました。タチウオは塩焼きでいただきました。豊洲まだタチウオ(12月22日)

  • 豊洲タチウオ(11月30日)

    まだ釣れてるとの事で、土曜の早朝4時半前に到着。思った以上に混んでないが、防寒が甘かったせいもあって猛烈に寒い。早速投げ始めて、5時前にF4超えの良型があがる。5時過ぎると大潮満潮に向けて潮が流れ出し、釣り人も更に増え始めた。明るくなった6時前にもう1本追加。足元にはベイトが見えてる。6時過ぎて終了にして1本は隣のファミリーに進呈し、1本持ち帰り。そのまま朝食で塩焼きにして食べました。湾奥タチウオ、臭みがあると言う方もいるようだけど、自分には普通に美味しくいただきました。という事で夕方も出陣してみる事に。ところが、16時半前に現地着くと駐車場待ち3台。釣り場もすごく混んでるようなので諦めて、初めて行く別場所へ。ここもタチウオ狙いの釣り人が多かったけど、橋の真下の明るい場所だけが空いていたので1時間半ほど投げてみ...豊洲タチウオ(11月30日)

  • 横浜タチウオ(11月16日)

    翌土曜日は夕方からタチウオ狙い。混雑してるであろうふれーゆは避けて、根岸湾へ。16時頃、奥の岸壁に着くと竿が大量に並んでて隙間なし。一部空いてるじゃんと思った所は沖に傷害物あり。なのでここを諦め、ローソンから東電前までの湾に戻る。カップルに声がけして入れていただき、運良く場所確保。17時、暗くなりかけた頃にジグを投げ始めて数投ですぐにヒット。よく引いたのはF4を超える良型。続いて、小型が立て続けに2本ヒットするが、1本はあげてすぐにフックが外れて傷んでなさそうなのでリリース。この20分位が時合だったのかも。その後、18時前からテンヤというものに初挑戦。キビナゴ付けてワイヤー巻いて、意外に手間かかるんだね、手返しは悪そう。でも投げ始めて巻いてるとヒットして1本追加。本物の力なのかもしれません。その後はアタリなく、...横浜タチウオ(11月16日)

  • 豊洲ぐるりへ(11月15日)

    知り合いから豊洲で太刀魚が出てるとの怪情報があり、金曜夜、定時ダッシュで帰宅して案内してもらう。初めて行く豊洲ぐるり公園、20時半に駐車場着。そこから少し歩いて、広い釣り場に着くとレインボーブリッジが正面に、右手に東京タワーで夜景が超きれい。ほどなくして、柵にずらっと等間隔で並ぶほど混みだしてきた。90分投げたがアタリなく、潮もたるみだしたので、そして駐車料金も高いので撤収。なんか不完全燃焼だけど、どういう所かは分かった。豊洲ぐるりへ(11月15日)

  • ショアジギ(11月2日)

    土曜日、早朝から三浦半島先端の地磯へ。夜明け前から既に先行者多数でB級ポイントしか入れず。明るくなった6時頃から北東の風に乗せてジグを投げる。波っ気もあって悪くなさそうなんだけど、終始ベイトの気配なく、アタリもなく8時頃、撤収。帰りながら同じ磯の離れたポイントを廻るとカゴでイナダが出ている。その隣りのルアーマン達はノーヒットとの事で魚がコマセに着いてる感じか?ショアジギ(11月2日)

  • ふれーゆ太刀魚サワラ(10月26日)

    土曜日、前日の大雨も上がって朝から晴れ。午後からタチウオが好調らしいふれーゆ裏へ。何度か行った事はあるけれど釣りをするのは今回が初めて。明るい内は青物でもと早めに着いてびっくり、超絶混んでる。つばさ橋を目の前にした面に微妙な隙間を見つけて、両隣に声かけて入れさせてもらう。でも明らかに狭くてルアーをなげるのは厳しそうなんで1時間、何もせず待機。海は来る途中で見た河川のひどい濁りよりはマシだけど周りのサビキとかも何もあがってないみたい。正面に投げるスペースが出来たのでジグで開始、16時過ぎにアタリがあって、隣の方にタモのサポートをいただき、70cmのサワラがあがる。その後、夕マズメは大勢の釣り人が場所を探して何度も行き来して溢れかえるすごい状況。17時頃からタチウオが上がりだし、ロッドとジグを変えて2本上げて1本バ...ふれーゆ太刀魚サワラ(10月26日)

  • 浦安へ(10月19日)

    土曜日夕方。浦安へ。台風後でもイナダが残っているようで、ものすごい混雑。海の色はかなり濁ってるけどベイトは多いみたい。スレでコノシロがよく掛かる。1.5H投げたけど、ノーヒット。見える範囲では、3本くらい上がっていたけれど、釣り人の数からすれば、かなり渋い。17時には暗くなってきて終了、日も短くなったもんだ。浦安へ(10月19日)

  • 地磯イナダ(9月27日)

    平日金曜、三浦半島先端付近の磯へ。午前4時過ぎに入ると満員御礼、今週こそは竿を出したいので急いで別の場所へ移動。釣り座を確保でき、明るくなった5時過ぎからジグを投げる。5時半すぎに表層で1本目、45cm。傍でネコが3匹待機してるので血抜きして、持っていかれないようクーラーへ。なんか手返しが悪い。続いて、ルアーを変えて2本目40cm。そして3本目は掛かりが浅かったのか手前でバラシ。それ以降、アタリが止まって、20分弱くらいの時合だったのかな。天気もよく気温も上がる中、7時過ぎまでジグを投げてから、エギングにスイッチ。前中でだいぶ潮も引いた8時半頃に終了。刺身と塩焼きで美味しくいただきました。地磯イナダ(9月27日)

  • 徘徊(9月22日)

    日曜、早朝4時過ぎ、三浦半島先端の地磯へ着くと想像以上のすごいウネリと強風。既に多くの先行者がいて時折、飛沫を浴びている。空きはあるんで、どうしようか迷ったけれど安全をとって悔しながらも撤退。その後、何か所か廻ったけれど、満員だったりでろくに竿も出せず、最悪な状況。ふてくされて仮眠とった後、三戸浜や斉田浜を廻って北上したりと今日は現調デー。いつか何かの役に立つでしょう。徘徊(9月22日)

  • 横須賀太刀魚(9月6日)

    平日金曜、後中潮。前回のリベンジで横須賀へ。先週、大阪梅田で購入した関西限定カラーや関東では見慣れないルアーを持って気合い万全で16時頃に到着。既にタチウオ狙いで場所取りの釣り人も多い。34度近い猛暑のこの日、明るい内は青物でもとジグを投げるが、周りでもあがる事なく、夕マズメへ。18時頃には釣り場は満員御礼で、その多くが太刀魚狙い。早速グローのジグを投げていると18時半にヒット。ここ最近、いろいろなサイトで景気のいい釣果が載っていて期待したけれど、左右、自分の見える限りでは他に2本あがったのみであまりにも渋い。1本目以降、全くアタリなく、釣り場も空いた20時すぎに終了。横須賀太刀魚(9月6日)

  • 横須賀へ(8月23日)

    金曜、夕マズメから横須賀のメジャーポイントへルアー太刀魚狙い。激しい雷雨があったせいか、平日だからか7割ほどの入り。明るい内から廻りでジグで数本上がり出して期待したけど4回のアタリがいずれもフッキングせず。暗くなってからはエサ組も不調で、常連さん曰く、昨日の方が良かった?とか。リーダを切られてルアーをロストした所で、ストレスマックスのまま終了。早くリベンジしたいなぁ。横須賀へ(8月23日)

  • 江戸川放水路ハゼクラ(8月17日)

    土曜日、大潮。予報ではまだ南の強風やウネリが残るというので青物は諦めて今シーズン初のハゼクラへ。台風一過で猛烈に暑い。11時前に妙典へ。濁りはさほどないけれど、最近の天候のせいなのかアタリは渋く、更に川底の海藻がルアーにやたらと絡んでくる。あちこち移動したが単発が続くので見切って行徳橋に移動。こっちはかなり混んでいる。なんとか空いているスペースを見つけてルアーを投げると、すぐに型見たが後が続かず、暑い事もあって13時過ぎに撤収。江戸川放水路ハゼクラ(8月17日)

  • 勝浦港立ち寄り(8月2日)

    平日金曜休みをとって外房へ海水浴へ。その帰り、20分だけ投げさせろと勝浦港へ立ち寄り。前回来たのはいつだったか。。港の近くにパチンコ屋があったり駐車場がきれいに整備されてて随分変わった。港の入り口の表示板を見ると、時間によっては釣り禁止のようだ。18時頃に墨名堤防の外側テトラで始めるが足元がおぼつかないので内側へ。小型のジグを投げていると、たまたまマズメの時合に当たったようでヒット。家族の見てる前で慎重に寄せてショゴ32cmがあがる。親父としては得意げだけれど、全く釣りに興味がない家族は引き気味。血抜きしてすぐに撤収しました。塩焼きで美味しくいただきました。勝浦港立ち寄り(8月2日)

  • 旧江戸河口(7月26日)

    平日金曜。台風のウネリ予報でショア青物を断念。代わりに数日前に動画で見たチヌを意識して10時前に渚ポニーへ。小潮で満潮が11時半頃。南風が強いが天気よく猛烈に暑い。手前をボトムノックしながら探るが、水面ゴミだらけでやりづらい。小一時間で今度は舞浜大橋を潜って移動。先行者2人でこっちもゴミが多い。鉄板に変えて沖でマゴチがヒット。小さいけどね。暑さで疲れて13時過ぎに撤収。旧江戸河口(7月26日)

  • 三崎港へ(7月20日)

    土曜夕方16時半過ぎにBさんと三浦半島先端付近の地磯へ。大潮の満潮19時、海はウネリがあって磯によっては波をかぶって近寄れない所も。曇り空の下、2人でジグを投げるが小型のバラシがあったりエンピツカマスが上がる位でまともなヒットせず。暗くなってから三崎港へ。マルイカ狙いのエギンガーが大勢いて、何とか隙間を見つけてエギを投げるも全くアタリ無し。数日前にシーバスが廻ってからイカが消えたとか、もう終盤とかいろんな声を聞いたが、とにかくイカを見かける事なく22時前に撤収。三崎港へ(7月20日)

  • 三浦半島ショアイナダ(7月12日)

    平日金曜。休みが取れたので、またまた三浦半島先端付近の磯へ。雨降りで潮回りがよくないせいか(長潮干潮朝7時半頃)明るくなった5時に入ると珍しく誰もいない。その後、上物師が1名やってきたが、結局、終了するまで2人だけでした。海は予報とは異なり軽いうねりがあって若干サラシも出ていて雰囲気は悪くない。ジグを投げていると何度かアタリがあった後、小型のワカシがあがる。続いて、35cmのワカシがヒット。沖でたまに小さいボイルが出ているけど波でよく見えづらい。手前はダツが群れているようだ。潮位は低いが潮は流れていてたまに当て潮だったり二枚になってみたりという感じ。6時半頃までにワカシ5尾。アタリが途絶えたので諸々チェンジした後、暫くするとフォール中にひったくられて予想外の良型が登場。先月、沖合いで跳ねてたのはこのサイズか、、...三浦半島ショアイナダ(7月12日)

  • また地磯へ(6月21日)

    平日金曜、青物のナブラはここ数日鳴りを潜めてるようだけどかすかな期待を持って早朝4時30分に三浦半島先端の地磯へ。海は軽いうねりが残っていて、ヒラスズキ狙いの方とか、よく拝見しているブロガーの方とか5人ほどがルアーを投げている。手前でジグにイワシが絡み、朝6時前後の満潮で条件は悪くない。しかし、途中、ダツが釣れた以外はボイルもアタリもなし。9時近くまで粘ってみたけど潮位も低くなり終了。また地磯へ(6月21日)

カテゴリー一覧
商用