住所
出身
ハンドル名
Angler-Fさん
ブログタイトル
Angler-F
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/anglerf
ブログ紹介文
東京近郊で青物、シーバス、メバルを中心に 気の向くままに釣行しています。
自由文
-
更新頻度(1年)

19回 / 240日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2016/09/11

Angler-Fさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 05/20 05/19 05/18 05/17 05/16 05/15 全参加数
総合ランキング(IN) 52,646位 50,291位 48,355位 47,918位 46,952位 46,721位 46,317位 960,726サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
OUTポイント 0 20 60 70 100 40 120 410/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
釣りブログ 1,252位 1,226位 1,176位 1,161位 1,138位 1,126位 1,120位 17,210サイト
東京・東京湾釣行記 9位 10位 10位 10位 9位 9位 9位 114サイト
今日 05/20 05/19 05/18 05/17 05/16 05/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 20,302位 20,373位 20,068位 21,309位 20,139位 21,344位 17,823位 960,726サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
OUTポイント 0 20 60 70 100 40 120 410/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
釣りブログ 1,032位 1,051位 1,051位 1,093位 1,048位 1,100位 946位 17,210サイト
東京・東京湾釣行記 9位 9位 7位 8位 7位 7位 7位 114サイト
今日 05/20 05/19 05/18 05/17 05/16 05/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 960,726サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
OUTポイント 0 20 60 70 100 40 120 410/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
釣りブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 17,210サイト
東京・東京湾釣行記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 114サイト

Angler-Fさんのブログ記事

  • 湾奥運河濁り(5月11日)

    翌日の土曜夜も同じ所へ19時半頃に出陣。昨日よりも更に流れなく、おまけに運河がひどく濁っている。1日で随分変わるもんだ、それでも開始早々、エリ10にチーバスがヒット。その後は全くアタリなく、時折、クルバチを見かけるがライズもなし。途中、顔見知りの方が周辺の運河から来られたが、同様に型見た程度との事でしばし歓談の後、21時半頃、チーバスを追加。小潮なので夜中下げになれば、濁りも変わるのかもしれないけれど、22時半過ぎに終了。湾奥運河濁り(5月11日)

  • 湾奥運河3(5月10日)

    平日金曜夜。20時半頃に前回の2か所目のポイントへ。潮回りのせいか、釣り場はガラ空きだけど、運河はクルバチや大き目のバチも抜けてライズも起きている。近くの水面では、魚がヒラを打つのが見える。流れがない中、ルアーを引いてくると手前でヒットしたのはマルタ。22時頃になってエリ10にチーバスがヒット。続いて、まともなサイズが掛かったけど残念ながらバラシ。その後も粘ってみたけれどソコリで反応悪く終了。湾奥運河3(5月10日)

  • GW湾奥運河2(5月5日)

    18時頃に現地着。大勢のルアーマンがいるが、偶然、昨日と同じ場所を確保出来た。18時半過ぎからスタートすると、もう水面にバチが泳いでいる。ほどなくしてアタリがあって、いい引きでタモに収まったのは56cm。その後、45cm位のを2本、ちょっと間が空いた後、更にサイズダウンでセイゴクラス。水面はクルバチも出て、賑やかだけど20時過ぎると流れも弛みだし、昨日も会った顔見知りの方と情報交換した後、別のポイントへ移動。こっちも等間隔でずらっと釣り人がいるけれど、なんとか空きを見つけて開始。流れが効いてライズも出まくり、すぐにエリ10で53cm。その後も50cmを追加して22時半頃に終了。本日は小さいのも入れて計6本、数まとまりました。GW湾奥運河2(5月5日)

  • GW湾奥運河へ(5月4日)

    GW後半、ようやく釣りへ。日中晴れて暑かった大潮のこの日、19時前から砂町運河へ。バチはちらほら抜けていて、運河の流心近くでたまにライズがある。スタートして数投目でスライで40cm位。その後、バラシが続いた後、20時過ぎに35cm位を連続で2本。以降は、流れも弛み周りの釣り人も撤収し始め、21時頃に3本で本日終了。周りでも同じようなサイズが上がっていました。GW湾奥運河へ(5月4日)

  • 砂町運河へ(4月26日)

    GW前の金曜夜22時頃から砂町運河へ。小潮の遅い時間帯のせいか、時折霧雨が降る寒い夜だからか釣り人は数人程度。流れが効いてそうな場所でエリ10を流して水柱とともにヒットしたのは残念ながら、でっぷり太った50cmのマルタ。その後もマルタが続き、移動した所で20cmのチーバス。どこも総じて流れも緩く日付けが変わる頃に終了しました。砂町運河へ(4月26日)

  • 運河へ(4月19日)

    金曜日、大潮。早めに帰宅して砂町運河へ。20時半頃に到着するとバチ抜けボイル中。2投目アルデンテですぐヒット。10年使っているリールの挙動がおかしいのでよく見ると、出掛けに地面に落としてしまった時に内部のシャフトが折れたのかスプールが上下せず、まともに巻けない、、、という事で数投しただけで本日撤退を余儀なくされた。ちなみに、悔しさを晴らすべく、翌土曜日に19時頃、同じエリアへ行くと、ものすごい釣り人の数。まともに投げれず、ストレス抱えてまた次回。運河へ(4月19日)

  • 昭和島方面へ(4月6日)

    大潮の土曜日。夜に羽田に迎えに行かねばならん事もあって、7年前の雑誌に紹介されていた初場所へ。下見も兼ねて明るい内に入ると既に4人ほどルアーマンが。足元には小さなベイトが、投げたバイブにはサッパが絡む。暗くなると流れも出始め、ルアーや立ち位置をいろいろ変えてのぞむ。バチは見えなかったけれど、チーバス拾って20時前に終了。昭和島方面へ(4月6日)

  • また中川へ(3月23日)

    大潮の土曜夜。子供はナイトウォークというイベントとの事で父さんナイトフィッシング。花粉症で寝てる間の口呼吸から喉を痛め風邪気味で体調悪いながら、前回と同じ中川中流域へ20時前着。バチシーズン終わりで釣り人は6、7人。随分減った。既に下げの流れが効いてるが、川面はペタってて、投げたバチ系ルアーの引き波がよく見える。上から下までローテしてなめてみたが、何も起こらず、流れが弛んだ所で21時半過ぎに撤収。次回は場所を変えるつもり。また中川へ(3月23日)

  • 中川へ(3月11日)

    月曜夜に中川中流域へ。後中2日目、21時前に到着すると下げの強い流れが効いている状況で釣り人も多い。バチ系ルアーをローテしていると手前でリーリング中にヒット。いつものフッコサイズを確認したけれどタモ入れ時にバラシてしまった。その後もバチは見られなかったけれど移動しながらルアーを投げ続けるがアタリなく22時30分に撤収。次の潮回りに期待です。中川へ(3月11日)

  • バチ抜け(2月23日)

    前日、旧江戸分支流で場所によって大量にバチ抜けしたと聞き、旧江戸へ。後中の土曜夜、上げの時間からポイントに入り時間を潰す。下げに転じてしばらくするとかなりのバチが流れてきた。ボイルは出ないが上をローテしながら刻んでいるとどうにか1尾出ました。22時には水位も下がりバチも落ち着き撤収。本数がまとまった場所もあるようで、ここは10人以上いましたが、明らかに厳しいポイントでした。ちなみに翌日曜夜も21時頃から様子を見に行くと、前日と違い風もなく穏やか、しかしバチの量は明らかに減って釣り人は大勢ながら全く魚っ気なしでした。バチ抜け(2月23日)

  • 内房アジング初釣り(1月3日)

    寒くなって足が遠のいてしまっていたけれど初釣りへ。ルアーで良型のカマスが釣れていると聞いた冨浦に15時頃、到着。船道に向けてルアーを投げている人に聞くと2時間で1尾あがった程度で周りも渋いとの事。とはいえ、せっかく来たのでルアーを投げ始めてみたがやっぱりアタリなし。周りを見渡すと先端でカゴウキの親子がアジを次々に釣っているので、見学に行くと、撒いたコマセに多くはないけれど群がるアジ玉が見える。ロッドをチェンジし、少し離れた所だけれど、どうにか釣り座を確保して外側へアジングビームを投げると20cm級が釣れてきた。夕マズメのひととき、アジ5尾にカマスも釣れてきた所で暗くなり北風も出てきて終了。夕マズメは対岸の突堤含めて、更に多くのカマス狙いのルアーが飛び交っていたけれど芳しくない様子でした。塩焼きで美味しくいただき...内房アジング初釣り(1月3日)

  • 油壺ボート釣り(11月24日)

    3連休の中日、土曜日。何年か振りにボート釣りに行こうとBさんと三崎で合流。予定していた金田湾のボート屋に連絡すると強風で出ないとの事。同様に北風で大津のボート屋もダメ。という事で急遽、三浦半島西側、油壷の横溝海岸のボート屋へ。聞くと沖でカワハギやマダイが狙えるとの事だけど、そんな仕掛けは持ってないので、小網代湾内でシロギスを狙って9時頃から漕ぎ出す。最初は、対岸の小網代テトラとの間を結ぶ湾口で流すもベラやイイダコがかかるのみでアタリなし。次に沖とは逆方向、湾内の生け簀に近い岸寄りでようやく15㎝級のキスがヒット。昼前からは、回り込んで吹いていた北風も徐々に弱まり、大潮干潮周りで太陽も顔を覗かせるようになってまったりとしたボート釣り。ボート屋に15時までに戻るまで、シーボニアの目の前の湾内でキスは散発的に釣れる感...油壺ボート釣り(11月24日)

  • 横須賀立ち寄るも(11月17日)

    土曜日、大船で用事を済ませて、夕方帰りに横須賀のメジャーポイントへタチウオ。潮回り悪いが、北風が吹いて波っけがある。15時頃、カゴでイナダが1尾あがったようだがほとんど青物の釣果は見られないようで、釣り場も比較的空いている。16時半前からルアーを投げ始めるが暗くなると正面の風と波がますます強くなり、18時過ぎに撤退。帰る人続出で釣り場はガラ空きでした。横須賀立ち寄るも(11月17日)

  • 諸磯(11月3日)

    祝日土曜日、今後の現調も兼ねてぶらっと三浦半島の諸磯へ。ソコリ過ぎた朝10時頃にゆっくり到着。先着のBさんの隣りに入って時折、数尾のソーダ?がイワシを追って高速ナブラが出ている中、ジグを投げてみたり、珍しくジャリメをつけて投げ釣りしてみたり。。底が根回りのようでベラが入れ食い。昼すぎて今度は近くの護岸でチョイ投げ。。ボートの往来が頻繁にあるせいかアタリが遠いが、Bさん、22cm級の良型のキスが連発。そんな感じで喋りながらまったりと時間は過ぎて終了。帰りは三崎でご当地メニューのまぐろソースかつ丼をいただきました。諸磯(11月3日)

  • 横須賀早朝タチウオ(10月28日)

    メジャーポイントで早朝5時から。日曜のせいか超満員。まだ暗い内からメタルジグを投げ始めて、数投目にヒット。その後、5時半過ぎて明るくなった頃から周りで釣れ始め、サゴシも交じっている。2尾目もヒットしたが右隣のタチウオと交錯してしまい、PEから切れてしまってタイムロス。隣との距離も近いし潮の流れがあるせいか周りでもお祭りが続発。結局、わずか15分程度の時合で追釣できず、6時以降は周りでも何もあがらず。7時半頃に撤収。なんか消化不良で終わり、更に帰りは横浜のマラソン大会の交通規制で迂回させられて疲れて帰宅でした。タチウオは塩焼きで美味しくいただきました。横須賀早朝タチウオ(10月28日)

  • 三崎港イワシとか(10月20日)

    土曜日、夜明け前からBさんと磯へ。明るくなった朝5時40分頃から先週に続き、青物を狙うが若潮で凪ぎの海にベイトの気配も薄く、全くアタリなし。移動して食事休憩はさんで三崎の花暮岸壁に行くと大勢の釣り人、サビキでイワシが上がっている。釣具屋へ行き、コマセを買って晩飯のおかずを確保する事に。Bさんと11時頃から14時すぎまでひたすら釣って、数えなかったけど束以上。ウルメがメインでカタクチが2割とトウゴロウも若干。14時頃、近所の高齢者ホームのレクで竿出していた1人がウキ釣りで45㎝の黒鯛を釣り上げて周りもビックリ。イワシは唐揚げでビールと一緒に美味しくいただきました。三崎港イワシとか(10月20日)

  • 横須賀サバ(10月12日)

    平日金曜日、代休で夜明け前の暗い中、三浦半島先端付近の磯へ。既に先行者多く、釣れてる証拠かと期待しながら準備。明るくなった5時半頃からキャスト開始。で、そこから3時間、大潮の満潮前後をひたすら投げ続け8時半、全くアタリなく終了。周りでもあがらず、ベイトの状況が変わった様子。猛烈に疲れて仮眠をとった後、今度は夕方の部。明るいうちから横須賀のメジャーポイントに着くと平日だけどかなりの人。海は赤潮の帯が入っている。曇りだからか日の入り前に近くの人が太刀魚を上げると、自分も含めてなんか一斉に周囲が殺気立つ感じ。ジグを変えて投げていると強いアタリ。太刀魚かと一瞬期待するも40㎝の良型のサバ。しかし偶然だったようでそれ以降では周りでも見かけず。本命の方は暗くなりかけた頃から急に正面の北風が強くなり、白波も激しく立ちはじめて...横須賀サバ(10月12日)

  • 横須賀タチウオ(9月29日)

    土曜日。台風のうねりを懸念して狙いを変えて、9月絶好調の横須賀エリアのタチウオへ。メジャーポイントで朝5時から。朝マズメ、穏やかな海から早くも廻りでタチウオが釣れ出すと、自分のメタルジグにも久しぶりのタチウオがヒット。ベイトのイワシの群れに集まっているようでライズまでしている状況。左隣の人はポッパーで釣りあげている。開始から1時間でメタルジグで3本、バイブレーションで1本の計4本と楽しめた。6時以降は時合が終わった感じで前の日はイナダが釣れたそうだが青物は見かけず、カゴ釣りで良型のサバが2本あがっていた。7時すぎに終了。塩焼き、ムニエルで美味しくいただきました。横須賀タチウオ(9月29日)

  • ショアイナダ入れ食い(9月21日)

    金曜、休みとってイナダ狙い。道中、かなりの雨がふっていたけど三浦半島先端付近は曇りで肌寒い。Bさんと合流して夜明け前の磯へ。前回と違ってウネリもなく落ち着いた海、前中で干潮が朝7時半頃だったか。明るくなった5時半前から先発サムライジグをキャスト。ほどなくしてイナダがヒット、でも足元ピック寸前にバラシ。数投後にもまたヒットして1尾目を無事にキャッチ。6時頃だったか、そこから7時過ぎまで怒涛の入れ食い。もう表層ただ巻きで、交換したどのルアーでもヒット、アタリがあってフッキングせずとも背びれ出して追い食いしてヒット、足元まで数尾追いかけてくるのも見えて、最高の展開。もう2度と味わう事ないかも。ベイトに相当数のイナダの群れが廻っているようで時折、あちこちでボイルしている。7本上げた所で休憩。弓角、ジグの両刀使いでイナダ...ショアイナダ入れ食い(9月21日)