プロフィールPROFILE

yukideviさんのプロフィール

住所
インド
出身
京都府

自由文未設定

ブログタイトル
インド生活 Living in India
ブログURL
http://yukidevi.blogspot.com/
ブログ紹介文
インド、ビハール州、ブッダガヤ近郊の貧しい農村の子供達の教育支援をNGOを運営。インド生活ブログ。
更新頻度(1年)

11回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2016/06/22

yukideviさんのプロフィール
読者になる

yukideviさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(IN) 49,029位 50,338位 50,185位 40,582位 40,558位 40,603位 51,178位 977,705サイト
INポイント 0 0 0 0 0 8 0 8/週
OUTポイント 0 0 9 0 8 0 16 33/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
教育ブログ 454位 464位 457位 409位 409位 414位 488位 9,322サイト
日本語教育 23位 23位 23位 23位 23位 27位 30位 360サイト
海外生活ブログ 1,995位 2,049位 2,037位 1,714位 1,710位 1,717位 2,072位 35,263サイト
インド情報 36位 38位 40位 38位 37位 35位 39位 418サイト
海外NPO・海外NGO 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 36サイト
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(OUT) 54,915位 57,092位 46,203位 49,004位 49,043位 49,411位 49,544位 977,705サイト
INポイント 0 0 0 0 0 8 0 8/週
OUTポイント 0 0 9 0 8 0 16 33/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
教育ブログ 578位 606位 434位 466位 470位 496位 492位 9,322サイト
日本語教育 33位 36位 23位 26位 26位 27位 29位 360サイト
海外生活ブログ 2,801位 2,897位 2,378位 2,446位 2,462位 2,580位 2,585位 35,263サイト
インド情報 61位 64位 59位 60位 60位 60位 58位 418サイト
海外NPO・海外NGO 2位 2位 1位 1位 1位 圏外 1位 36サイト
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,705サイト
INポイント 0 0 0 0 0 8 0 8/週
OUTポイント 0 0 9 0 8 0 16 33/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
教育ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,322サイト
日本語教育 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 360サイト
海外生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 35,263サイト
インド情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 418サイト
海外NPO・海外NGO 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 36サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、yukideviさんの読者になりませんか?

ハンドル名
yukideviさん
ブログタイトル
インド生活 Living in India
更新頻度
11回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
インド生活 Living in India

yukideviさんの新着記事

1件〜30件

  • チャートプジャの日、生まれくる者、死にゆく者

    チャートプジャは、北インド、特にビハール州、 ウッタルプラデシュ州やオリッサ州などで大変大きなお祭りです。 三日間、太陽神に祈り、断食をします。 その三日目の今日、いいニュースと悪いニュースが入りました。 早朝、儀式のため川へ行った生徒が溺れて亡くなりました。 9年生のランジャイです。

  • 映画化「スーパー30」に生徒が入門!

    7月12日からインド全国公開された映画「スーパー30」。 リティック・ロシャンが演じた主人公、アナンダ先生は、 実は数年前から親しくさせていただいています。 <Super 30 official trailer> テレビ東京系列「未来世紀ジパング」の取材の通訳がきっかけで、 貧しい子供達の教育をしていることが共通していて、仲良くなりました。 なんと、私たちが運営するNGOの学校スーリヤ校の卒業生2名が、 アナンダ先生の塾ラマヌジャン・アカデミーで学んでいます。 貧しい学生として、特別枠で入学を許可していただきました。 塾の運営を仕切っていらっしゃるアナンダ先生の弟プラナブさんにも 大変お世話になっています。

  • ティーチャーズデイ@ブッダガヤ日本語教室

    9月5日、インドの「ティーチャーズデイ」(教師への感謝の日)は、午前中はNGOチルドレンエイド運営のスーリヤ・バハルティ・スクールへ行って参りました。 そして、午後からはガヤの塾がゲストとして呼んでくださっていたのですが、 あいにく次女の熱が高くなり、外出は諦めました。 (次回のイベントには必ず参加します〜!ごめんなさい。) そして、夕方、BNC(ブッダガヤ日本語教室)で、 「ティチャーズデイ」のお祝いをしていただきました。

  • ティーチャーズデイ@スーリヤ・バハルティ・スクール

    9月5日、インドでは「ティーチャーズデイ」、教師に感謝する日です。 ブッダガヤのスーリヤ・バハルティ・スクールでも、ティーチャーズデイを全校生徒がお祝いしてくれました! 生徒達が教師にケーキを食べさせてくれます。 私は10クラス全部周ったので、ケーキだけでお腹いっぱいになりました。

  • 2019年7月のJLPT(日本語能力試験)結果が発表されました!合格者多数誕生!

    7月に行われた日本語能力試験(JLPT)の結果が、8月27日、発表されました。 BNC(ブッダガヤ日本語教室)からは、N3に3名が合格、 N4に8名が合格、N5に24名が合格いたしました! 皆さん、おめでとうございます〜!

  • インド独立記念日とラクシャーバンダン

    8月15日は、インドの独立記念日です。 そして、今年は兄弟姉妹の儀式の日「ラクシャーバンダン」も同じ日になりました。 予想通り大変忙しい1日となりました〜!

  • JLPT2018年12月試験結果

    インド、ビハール州、ブッダガヤ近郊の貧しい農村の子供達の教育支援をしているNGOを運営しています。

  • インド人の若者に技能実習制度(TITP)のセミナーを開催

    12月23日、ブッダガヤのマハマヤパレスホテルで、インド人の若者に対して、 技能実習制度(TITP : Technical Intern Training Program)のセミナーが開催されました。 H&A India Pvt. Ltd. の金成さんが、セミナーでTITPについてご説明くださいました。 前日には記者会見にたくさんのジャーナリストが取材にいらっしゃり、 各新聞にセミナーについての記事が掲載され、地元のニュースにも流れました。 当日は、開始時刻の一時間前から若者たちが集まり始めました。

  • 日本語教育能力検定試験、合格しました〜!

    ついに、日本語教育能力検定試験に合格しました〜! 実は去年も受験して、残念ながら不合格でした。 日本語教育の経験は12年以上になります。 独学で自分なりの方法で教えて来ました。 これまで教えた生徒の中にはN1、N2も取得した者もおります。 N3・N4・N5取得者は多数おります。 「日本語教育能力検定試験」に合格するための知識は、 普段、授業で教えている知識とはかなり範囲が違いました。 <私の勉強方法> 私の勉強方法は、やはり過去問を理解することから始めました。

  • 母子保健プロジェクト・2018年12月(中絶の相談。名前のない赤ちゃん。)

    今日はアメリカからのボランティア二人と一緒に 母子保健プロジェクトに行って来ました。 綺麗な双子さんです! 母子保健プロジェクトを行っている村の卒業生の家で、 サリーを着付けてもらいました。 ブッダガヤのある北インドは今「冬」です。 (インド人的には) でも、昼間はポカポカ陽気で、 雪が降っているアメリカから来た二人には 少し暑いくらいです。 今は稲刈りの季節で、参加者は少し少なめでした。 それでも毎回来てくれるお母さんや赤ちゃんが元気な様子を見て、 ほっとしました。 雨季にたくさん見られた皮膚病も綺麗に治っていました。 体重が少しずつ増えている赤ちゃんもいました。 中には数ヶ月間、全然体重が増えない赤ちゃんもいます。 そんな場合は、病気をしていないか、 栄養が取れているかなど、生活状況を聞きます。 前回、訪問した時、妊娠5ヶ月頃の妊婦がいて、 中絶の相談を受けました。 もう中絶は母子共に危ないと教師たちが説明しました。 すでに3人子供がいて、4人目は家族の生活が難しくなるので 中絶を考えたのだそうです。

  • JLPT(日本語能力試験)デリーで受験!(12月)

    12月2日、ブッダガヤ日本語教室の生徒、31名がデリーでJLPT(日本語能力試験)を受験しました。 N1・1名、N2・3名、N3・3名、N4・5名、19名の合計31名です。 無事、受験を終え、今、帰りの電車の中です。 デリーから彼らが送ってきてくれた写真は食事の写真ばかり、、、! 食事以外の時間は勉強をしていたり、写真どころではなかったのでしょう。

  • 結婚20周年!日印国際結婚

    今日10月1日は、私たち夫婦の結婚20周年の記念日です。 20年前、・・・・二人とも若かった・・・! そして・・・細かった・・・・! 日本での披露宴の写真です。 日本で記念撮影。 2001年(17年前)にNGOを夫婦で始めました。 数年前の結婚記念日の写真です。 子供を四人授かりました。 現在、長男は大学生、長女は高校生、次男は中学生、次女は幼稚園生。 主人の両親と妹二人。 お義母さんや義妹のムニさんにインドのしきたりや儀式の仕方を教えてもらいました。 義妹のアルカちゃんにはヒンディー語を教えてもらいました。 ビハール州州知事ニティッシュ・クマール氏と。 元州知事ジタラム・マンジー氏と。 インド政府法務・情報通信大臣ラビシャンカル氏と。 大恩人メヘロトラご夫妻と。 IIT(インド工科大学)受験塾「スーパー30」のアナンダ氏と。 20年来の友人、ジャルカンド州の警察長官バリ氏と。 近所の象と。 大恩人であり友人の娘さんの結婚式。 ホテルの従業員や卒業生たちと。 20年、あっという間です! スーリヤ校の卒業生も大学生になったり、結婚して子供が生まれたり、 クリケット選手やレスラーになる子、 日本語通訳を目指す子たちも。 まだまだ小さな子供たちがたくさん! これからも夫婦仲良く喧嘩しながら、頑張ります!

  • 母子保健プロジェクト 乳幼児の皮膚病

    母子保健プロジェクトでは、村のお母さんと子供達の健康相談をしています。 毎月、2カ所の村で、新生児の身長と体重を測定し、成長の記録を取り、 お母さんたちに子供達の健康について考える機会を作っています。 増えているか、減っているか、極端に減っていたら原因は何か。 7月から9月にかけての雨季には、多くの乳幼児が皮膚病になります。 子供と接する母親にも感染ります。 汚い水で洗った衣服を汚い場所で干し、 生乾きのまま着せることが原因だと考えられます。 あまりにも皮膚病がひどい場合は、ブッダガヤのNGOが運営する診療所を紹介します。 また、予防として、洗濯の仕方、干し方の指導をします。 そして、洗濯の際に水に混ぜる消毒液を配布しています。 沸騰させた熱湯で子供服を消毒する方法も教えていますが、 火をたき、お湯を作るのは贅沢なので、なかなかしてもらえません。 村での洗濯は、共同の井戸で洗うことが多いのですが、 雨季にはその井戸の周りに、溢れたどぶ水が流れ込み、大変汚い状況です。

  • 卒業生が総合格闘技59キロ級優勝!

    9月9日、デリーで開催された総合格闘技のインド全国大会で、 卒業生ダネンジャイが59キロ級で優勝しました〜! ダネンジャイはスーリヤ校第4期卒業生です。 (スーリヤ校在校中、制服を受け取った時の写真) ダネンジャイは、子供の頃から、プロレスラーになることが夢でした。 田舎の子供達はスポーツ選手と言えば、クリケット選手しか知リマセン。 「プロレスラーになりたい」と言ったのは、ダネンジャイだけで、 なんて変わった子だろうと思っていました。 子供の夢として微笑ましく思っていました。 ところが、10年生になり、スーリヤ校を卒業する頃、将来の夢を聞くと、 また、「プロレスラーになりたい」と、キラキラとした目で言いました。 10年生は16歳前後。 この年齢でこんな夢を見ているのは、ちょっと子供っぽすぎるので、 私は将来が心配になりました。 「その夢もいいけど、とりあえず大学で勉強しようね」 とアドバイスしました。 卒業後、奨学生の募集の際、ダネンジャイはさらに熱く夢を語りました。 情熱は確かに本物だと感じました。 でも、実際のところ、ダネンジャイの家は裕福ではなく、 どちらかと言うと貧しい家庭です。 自主トレで体を鍛えているので引き締まった体をしていましたが、 なにぶん、痩せていました。 憧れのション・セナとはあまりにも体格が違いました。 レスラー養成のジムは非常に高額でした。 支給している奨学金の何倍もしました。 私はダネンジャイに言いました。 プロになれるのは一握りであること。 ジムの費用が高すぎるので奨学金は出せないこと。 本気なら、アルバイトでもして、ジムの費用を貯めること。 彼の夢を応援してあげたい、でも、現実の厳しさを教えることも、 彼のためだと思い、厳しいことを言いました。 それから、彼はパトナに行き、アルバイトをしながら学業を続けました。 そして、またブッダガヤに帰って来ました。 そして、ガヤのジムに通うようになりました。 ジムのコーチは、ダネンジャイの貧しい状況を理解し、才能も認めてくださり、 特別奨学生として破格の料金でトレーニングを受けさせてくださいました。 今回、ビハール州の59キロ級代表に選出され、 デリーでの全国大会に

  • 日経スペシャル・未来世紀ジパング「人類vs使い捨てプラスチック」

    主人が通訳と撮影コーディネーターをさせていただきました! 9月12日(水)夜10時放送の <日経スペシャル・未来世紀ジパング> 「世界のゴミ第三弾」・「人類vs使い捨てプラスチック」 是非、ご覧ください。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 9月12日(水)放送の未来世紀ジパングは「人類vs使い捨てプラスチック」 今年6月インドの、ある州でレジ袋やストローなど“使い捨てプラスチック”の使用が完全に禁止されました。地元政府は世界初の“プラスチックGメン”を組織して取り締まりを強化、街は大混乱に陥っています。  一方、世界では“プラスチック代替品”の開発競争が進み始めています。人類の未来をかけた“プラスチックごみ”との壮絶な戦いを追いました! http://www.tv-tokyo.co.jp/zipangu/

  • ブッダガヤ日本語教室・文化祭(夏祭り)

    8月14日、ブッダガヤ日本語教室の生徒たちが、文化祭を開催しました。 日本料理やインド料理のカフェの出店をし、それぞれの味を楽しみました! カフェが終了してから、日本語スピーチ発表会をしました。 日本の歌などを歌って、最後は阿波踊りをしました。

  • 速報!JLPT(日本語能力検定試験)合格発表!祝!合格者多数誕生!

    速報です! 今日、8月22日は7月に受験したJLPT(日本語能力検定試験)の合否発表の日です! 朝早く、合格した生徒たちが報告に来てくれました〜! お祝いのお菓子も持って来てくれました! N1合格・チャネッシュ 125点の高得点合格です。 しかも、前回N1に合格したんですが、合格ギリギリの点数だったので、 何と、もう一度挑戦しました! そして、見事、125点という高得点を出しました! チャネッシュは今、帰省中なので、前の写真です。 N2合格・ニーラジ(写真真ん中) N3合格・ビカッシュ2(左) N3合格・ニーラジ2(右) N3合格・ビクラム(左) N5合格・アミット(右) みんな、とても頑張りました! N1合格者1名 N2合格者1名 N3合格者4名 N4合格者2名 N5合格者6名 の結果となりました。

  • 8月15日インド独立記念日祝賀式典(2018)

    今年(2018年)も、8月15日、インド独立記念日祝賀式典をスーリャ・バハルティ・スクールで行いました。 まずは、国旗の掲揚からスタート! 国旗が丸くくくられていて、中には花びらが入っています。 国旗が開く瞬間、花びらが降って来ます。 いつも、この瞬間を撮影するのが難しいんです。 今年こそは、、、! と、 アングルを決めて、 今だ!カシャ! やった〜! カメラのディスプレイで確認したら、まさにその瞬間が撮れていました! それが、この写真! なんと! 絶妙なタイミングで校長先生の拳が主人の顔の前に、、、! ああああ! ある意味、奇跡! 校長先生〜! 実は、毎回、校長先生がかぶってしまうことが多いのでした。 今回の主人のスピーチのテーマだった、「プラスチック製品禁止」を、 スーリヤ校でも実施することに。 日本は終戦記念日ですが、インドはその2年後、1947年に独立を果たしました。 インド独立軍の活躍は、日本軍の援護なしには不可能でした。 戦地になったインパール出身の友人たちは日本軍の軍人たちを大変尊敬しています。 インド独立のために遠い地の果てで戦い、亡くなった皆様に、 心からの感謝を、みんなで捧げました。 インド独立記念日、おめでとうございました。

  • インド・ブッダガヤに図書館建設・奇跡の4日間!

    インド、ブッダガヤのスーリヤ・バハルティ・スクールに、 図書館ホールが建設・寄贈されました〜! 日本の夢現財団からの寄贈です。 日本からイシンホームの大工さんたちがボランティアでご参加くださいました! スーリヤ校の生徒や卒業生、保護者もボランティアでお手伝いしました。 1日目 夕方2時間ほどで、柱の土台が完成! 2日目 上棟式! 3日目 屋根完成!内装と壁の木材、完成!レンガ積み作業開始。 4日目 竣工式! 北インドは雨季ということもあり、断続的に雨が降る中の作業でした。 木材や金具などは、日本から運搬されました! 基礎の部分は、支援を受けて現地の職人たちが工事をしました。 現地の方法で、一生懸命作ってくださいました。 基礎の工事の様子のビデオです。↓ コルカタの港から、トラック3台で、木材などが輸送されました。

  • 学校校舎の屋根が完成!

    スーリヤ・バハルティ・スクールの学校校舎の屋根の改修工事が終わり、 屋根が完成しました〜! 完成した屋根の様子と、生徒たちの喜びの声です。 屋根の改修工事が始まった時の様子です。 2014年にビハール州で歴史的な大雨洪水災害が起こり、 スーリヤ校も被害を受けました。 その被害の様子です。 以前の屋根は、小さな瓦ぶきで、老朽化に加えて 大雨やネパール大震災の時の地震の影響を受け、 ひび割れたり、ずれたりしていました。 そのため、雨季には雨が降る度に、 屋根から大粒の雨がだだ漏れで、 生徒たちは教科書を机や鞄に入れ、 授業を中断せざるを得ませんでした。 雨季は約3ヶ月間続きます。 雨は毎日ではありませんが、 授業の進行に影響が出ていました。 7月、屋根の改修工事が完成しました。 新しい屋根はコンクリート製で、 天井が高く、雨季の大雨だけでなく、 長い夏の間も強い日差しの熱からも守ってくれます。 ご支援をくださいました、ハワイのエル・カンターレ財団に、 生徒・教師一同、心より感謝申し上げます。

  • 当ホテルがボジプリ映画に登場!

    インド・ブッダガヤの当ホテル「マハマヤパレス」が、ボジプリ映画に登場しました〜! ((注)ジブリ映画じゃなくて、ボジプリ映画です!!!) ブッダガヤのあるビハール州で主流なのは、ボジプリ映画ですが、その中には地元の方言を使ったマガヒ映画もあるんです! ボジプリ映画は一つのジャンルになっているのですが、今回の映画の舞台がガヤらしく、マガヒ方言を使っています。 マガヒはマガダ地方の人々が話すマガダ語のことです。 ビハール州のボジプール地方の方言を使う映画のことを「ボジプリ」映画と言います。 ボジプリ映画業界は、多分、ボリウッドのライバルだと思っています。 (ただ、思っているだけです)

  • インド花嫁のオキテ1

    インドに住んでいるとなかなか漫画を描く道具が買えないので、 思い切ってペンタブレットを購入し、描くことにしました。 (一応、一揃えは日本一時帰国の時に買って来たのですが、 紙類がかさばるのであまり持って来れませんでした、、、) まだ慣れていないので、線が不安定ですみません、、、! トーンの調節などもまだ実験しています。 不定期ですが、インド生活(特にど田舎)ならではのエピソードを 製作してまいりますので、よろしくお願いします。

  • CSW62 国連でのセミナーでスピーチ

    CSW62 2018年、3月22日、エル・カンターレ財団からご招待いただき、セミナーのゲストスピーカーとして、ニューヨークの国連本部で、インドでのNGO活動についてスピーチをさせていただきました。 国連でのセミナー、大成功でした! 途中、ところどころ、パワーポイントが動かなくなったり、ビデオが繋がらなかったり、ハプニングもありましたが、全体的には大成功でした! 私も自分のベストを尽くせたと思います。 英語でのスピーチは、何度も練習したのですが、暗記して話そうとすると考えてしまうので、時間が倍になります。 10分以内に話さなくてはならないので、本番は紙を読むことにしました。 時々顔をあげて、会場のみなさんの顔を見るようにしました。 スピーチの内容はこんな内容でした。 ・スーリヤ校の説明 ・13歳で結婚させられた女子生徒(流産の経験など) ・幼児婚の習慣について ・スーリヤ校生徒に対して、幼児婚反対の教育。 ・センター試験前日に結婚させられた女子生徒(心の病に) ・卒業後、親が決めた相手と結婚した女子生徒。(本人が納得) ・ビハール州の状況。貧困や最低識字率など。 ・信仰教育の大切さ。 ・女子卒業生たちへの職業訓練(コンピュータ教育など) 私の発表後、お一人、アフリカ人の方が質問してくださいました。

  • 骨折固定具を外す手術が成功し、学校に復活!

    カラン君が学校に戻って来ました〜! 彼は一ヶ月半学校を休んでいました。 1年半ほど前に、自転車で下校していた際、トラックに追突され、全身打撲、大腿骨と腰骨を骨折し、一時意識不明になりました。 州都パトナの病院で手術が行われ、大腿骨の腰との関節部分に何本か固定具が埋め込まれました。 1年以上経ち、そろそろその固定具を外さないといけなくなり、またパトナの病院に行きました。 ところが、そこで手術前の検査を受けると、医師は「固定具の手術は失敗だった。もう一度さらにしっかりした固定具を埋め込まないといけない。」と言いだしました。 その手術費用は、固定具を外す手術の何倍もするということでした。 困ってしまったご両親は、別の病院を探すことにしました。 あちこちの病院を周り、ガヤの外科専門のクリニックに行きました。 すると、検査結果を見て、ガヤの医師は、「失敗ではない。もう固定具を抜いても大丈夫です。外す手術をしましょう。」と言いました。

  • 新しいスクールバスで通学開始!

    2017年11月、スーリヤ・バハルティ・スクールに新しいスクールバスが寄贈されました! 寄贈してくださったのは日本の夢現財団です。 メンテナンスや外装ペイントを経て、2018年1月、デビューしました〜! 新しいスクールバスで初通学! その様子はビデオでご覧ください。 バス通学の生徒はもちろん、全校生徒、そして教師たちも大変な喜びようです! スクールバスは学校の顔。 みんなとても誇らしげです! これまで使っていたバスは、とても古く、修理に修理を重ねて大切に使って来ました。 大洪水で屋根や床やシートも腐り、まさにボロボロの状態でした。 古いバス、こんな感じになってました。 何度も何度も修理をして、時々エンジンが止まりながらも、さらに頑張りました。 古いバスさん、今まで長い間、本当にありがとう〜!

  • インド共和国記念日

    1月26日、スーリヤ・バハルティ・スクールでインド共和国記念日をお祝いしました。 国旗の掲揚をして、国家を斉唱しました。 インド共和国記念日は、1950年にインド憲法が発布され、共和国となったことを祝う日です。 今年は、日本から河野太郎外務大臣がレセプションに出席されたそうです。 河野太郎外務大臣による「インド共和国記念日レセプション」出席 また、今回、インド政府は、ASEAN10カ国の首脳を招待しました。 異例のASEAN全首脳出席=インド記念日、中国けん制で結束 「インドは過去、同記念日式典に安倍晋三首相、オバマ前米大統領らを主賓として招いたことがあるが、今回は初めて東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国の首脳を招待。」 恒例の軍事パレードは、色んな意味ですごいです! 写真はこちらのリンク(AFP)からどうぞ! インド共和国記念日、首都で盛大なパレード開催 インド共和国記念日、各地でパレードや式典 警備犬も勇姿披露 生徒たちはミニ・国旗を持ち、国旗のデザインのサンバイザーをかぶったり。

  • 祝・合格!JLPT・N1、N4、N5(日本語能力検定試験)

    ブッダガヤ日本語教室から6名の合格者が出ました〜! N1・1名、N4・2名、N5・3名合格いたしました! N2やN3に挑戦した生徒たちは惜しくも数点足らずで合格には至りませんでした。 今回の快挙は、N1に初受験で合格した生徒C君です! 昨年、N3に合格してから、半年の準備でN2に初受験で合格し、さらに半年準備してN1に初受験で合格しました〜! つまり、一年でN3からN1までレベルアップしたのです。 すご過ぎ〜! 写真左:在校生S君、右:C君 そして、N4に合格したN2君とV2君は、まだ日本語を勉強し始めて1年足らず。 N5に初受験で合格し、そしてまたN4に初受験で合格しました! それから、まだスーリヤ校在校生のS君はN5に合格しました! 在校生の中で初めてです! 10年生でセンター試験の受験勉強もしながら、よく頑張りました〜!

  • 幼児婚禁止・持参金禁止のヒューマン・チェーンに参加しました!

    1月21日(日)、ビハール州全体で行われたヒューマン・チェーンに、スーリヤ・バハルティ・スクールの6年生から10年生が参加しました。 去年はビハール州で施行された禁酒法賛成のヒューマン・チェーンでした。 今年は、幼児婚禁止・持参金禁止の法律に賛成するヒューマン・チェーンです。 この法律も、ビハール州政府が制定しました。 以前から、法律的には、幼児婚や持参金は禁止されていました。 しかし、その法律を守る人はほとんどいなかったのです。 私たちスーリヤ校は、以前から幼児婚を防ぐ教育を行ってきました。 ブッダガヤ周辺の村では、幼児婚はごく普通のことです。 よくあるパターンは、8歳前後で親が決めた相手と一回目の結婚式をします。 これは婚約の儀式のような感じで、普通はその後もそれぞれ自分の実家で暮らします。 (働き手として、幼少時から嫁ぎ先に行かされる場合もあります) 女の子側が初潮を迎えたら、2度目の結婚式をして、正式に嫁入りします。 だいたい、13歳から15歳前後の頃です。 スーリヤ校の前身チルドレンスクールを始めた頃(2001年〜)に通っていた女子生徒は、13歳前後で結婚させられた子が多かったです。 将来を期待していたとても優秀な女子生徒もおり、5年生、6年生くらいで結婚させられ、私は大変ショックを受けました。 そして、教師たちの協力を得て、スーリヤ校の生徒たちに、結婚年齢の法律を守るよう、常に呼びかけることにしました。 インドの法律上の結婚可能年齢は、女子は18歳、男子は21歳です。

  • テロ?爆発物発見。世界遺産マハーボディ寺院。

    ブッダガヤの世界遺産マハーボディ寺院周辺で、いくつか爆発物が見つかりました。 ニュースでは、スリランカ寺の前、カラチャクラ広場周辺、マハーボディ寺院周辺でいくつか爆発物が見つかったという情報が流れています。 一部のメディアの情報には、水筒が爆発した音がした、水筒が爆発した跡が見つかった、とあります。 けが人はいないようです。 三日ほど前、子供達を連れてマハーボディ寺院に参拝したところだったので、冷や汗が出ました、、、! 今、ブッダガヤにはチベット仏教のダライ・ラマ法王がいらっしゃっています。 インド内や海外からチベット難民や僧侶が大勢来ています。

カテゴリー一覧
商用