プロフィールPROFILE

坂木さんのプロフィール

住所
長岡京市
出身
久御山町

次に行きたい場所の参考になれば幸いです。 最果志向とは… ただただ行けるところまで行ってみたい。何もなくても構わない。「何もないこと」を見に行く。そんな変わった性癖を勝手に定義。 故に、職業は普通の会社員であるものの、休みのたびにあてもなくフラリ旅に出てしまう。

ブログタイトル
最果志向 〜放浪家坂木さんの足跡〜
ブログURL
http://skkmusic.blog.jp/
ブログ紹介文
この数十年の放浪履歴を元に思ったこと・感じたことなどを訪問者の目線で綴る『旅エッセイ』ブログ
更新頻度(1年)

236回 / 365日(平均4.5回/週)

ブログ村参加:2016/06/05

坂木さんのプロフィール
読者になる

坂木さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(IN) 6,919位 6,842位 8,805位 10,018位 11,929位 15,136位 17,111位 978,509サイト
INポイント 10 80 30 30 50 20 80 300/週
OUTポイント 40 40 90 120 40 20 20 370/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 172位 167位 233位 272位 328位 441位 519位 43,350サイト
台湾旅行 18位 18位 23位 23位 25位 29位 31位 601サイト
中国旅行(チャイナ) 5位 4位 6位 7位 8位 8位 9位 424サイト
タイ旅行 6位 6位 6位 7位 7位 9位 10位 620サイト
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 18,532位 20,678位 22,342位 27,180位 41,500位 52,799位 63,333位 978,509サイト
INポイント 10 80 30 30 50 20 80 300/週
OUTポイント 40 40 90 120 40 20 20 370/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 509位 583位 635位 799位 1,421位 1,978位 2,569位 43,350サイト
台湾旅行 32位 35位 38位 45位 62位 75位 90位 601サイト
中国旅行(チャイナ) 6位 6位 6位 7位 16位 23位 27位 424サイト
タイ旅行 18位 21位 22位 28位 42位 57位 61位 620サイト
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,509サイト
INポイント 10 80 30 30 50 20 80 300/週
OUTポイント 40 40 90 120 40 20 20 370/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,350サイト
台湾旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 601サイト
中国旅行(チャイナ) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 424サイト
タイ旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 620サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、坂木さんの読者になりませんか?

ハンドル名
坂木さん
ブログタイトル
最果志向 〜放浪家坂木さんの足跡〜
更新頻度
236回 / 365日(平均4.5回/週)
読者になる
最果志向 〜放浪家坂木さんの足跡〜

坂木さんの新着記事

1件〜30件

  • 厦門の蚵仔煎(牡蠣のオムレツ)

     蚵仔煎と言えば、日本では台湾名物の牡蠣のオムレツとして知られている。台湾の夜市や食堂街に行けば、見かけないことはないと言ってよい。 ただし台湾の料理の多くは中国大陸から来たもので、特に台湾島に近い海岸沿いの潮州や福建省をルーツとするものが多い。したがっ

  • これまでに泊まった中で一番良かった宿は…

     おそらく私は平均よりは遥かに多くの旅をしてきたほうだと思う。もちろん各地の宿にもたくさん泊ってきたことになる。海外への渡航日数の合計も365日を越えてしまったし、国内旅行を含めれば数えることも困難なくらいだ。 ただ、私はそれほど宿にはこだわりはないし、基本

  • 真冬にずぶ濡れにならないように注意しましょう

     そのとき私は河南省登封の街での道端で路線バスが来るのを待っていた。すると遠くから何か大きな音が近づいてくる。正体に気が付いた私は、すぐさま持っていた荷物を抱え、工事中の路肩を横切ってなるべく車道から離れた。 近づいてきたのは散水車だ。11月だったので猛暑

  • スラーターニーの公園ダンスとビリー隊長

     スラーターニーの街をぶらぶらと散策した後、夕食を探すことにした。ちょうど宿からそれほど遠くないところに夜市の開く通りがあったので色々と買いこもうと思ったのだが、まだ少し時間が早かったようなので近くのターピー川のほとりまでフラリと歩いてみた。 夕刻なので

  • 道端の充電ステーション

     中国の街を歩いてみると、ありがちな普通の近代的な街並みでも日本人にとっては珍しいもの、というのもしばしば出会うものである。 こちらは街の随所でみかける充電ステーション。中国においてはどこでも頻繁にみられるもので、まったく珍しいものではない。 中国では国

  • 泉州市の山上の国姓爺

     日本でもそうだが、時折山の上などに巨大な像などが立っているのを見かけることがある。昔はたいてい「何だろう/誰だろう」と思いながらも分からず仕舞いということが多かったが、昨今ではスマホなどによって、その場で調べることさえ容易である。便利になったものだ。 

  • マラッカの猫

     マレーシアの古い港町マラッカの街中を歩いていると、たくさんの猫に出会った。私はとりたてて猫好きというわけではないし、動物の写真はタイミングが難しいので、出会うたびにシャッターを切ったわけでもない。しかし、それでもいくつかの写真が撮られていた。 川を渡る

  • 橙色に染まった空

     超大型台風19号、我が家は暴風域の端をかすった程度でしたが、それでも昨日の昼間はものすごい風と雨でした。 夕方、ピークが少し過ぎてきたころ、台所の窓が橙色に染まっていました。まるで外が火事のようです。窓を開けてみると、世界がオレンジ色。閉じていたリビング

  • 【音遊び】ZABADAK『明日からの風』を自動演奏ピアノで鳴らしてみる

     ZABADAK(ザバダック)、知らない人も多いかも知れませんが、知る人の間では熱狂的な人気を誇った音楽ユニット。 昔、バンド演奏の補助用に作ったのですが、結局使わなかったデータを古いフォルダから見つけました。 元のアンサンブルを自動演奏ピアノ1台で鳴らせるよう

  • 知られざる京都郊外の国宝所有寺院『蟹満寺』

     日本においては国宝のない都道府県というのも存在するわけだが、京都府には多数の国宝が存在している。大半は京都市街にあるが、いくつかは郊外にも点在している。市街の著名な見どころに注目が行ってしまうせいか、郊外の国宝や重要文化財などはその価値のわりに知名度が

  • 金門島で金門牛を食す

     中国福建省厦門の沖に浮かぶ台湾領の金門島。ここには高梁酒をはじめとしていくつか名産品があるが、金門牛もその一つであるとのことで、食べさせてくれるレストランに行ってみることにした。 最近は便利なもので、こういうな名産やそのお店などもネットを使えば現地です

  • タイ南部ハジャイの街中にあった中華系仏教寺院『慈善寺』

     華僑もたくさん住むタイでは、中華風の祠を見かけることも少なくはない。大きな街なら必ずと言っても良いほど見かける。だがハジャイの街を歩いていて見かけたこの中華風の寺院は、道観すなわち道教寺院ではなく、仏教寺院のようだった。 中国でよく見かける木造の寺院で

  • 私が台湾で一番気に入った夜市『基隆廟口夜市』

     台湾の都市には、大抵夜になると露店街、すなわち夜市が立つところがある。大きな街では複数の夜市がたつことも多いのだが、それぞれ規模や客層が違ったり、特色があったりして、雰囲気が異なる。それが楽しくて、私も一般的な旅行者にしては結構多くの夜市を訪れているほ

  • シー・タンマソーカラートの公園

     ナコーンシータンマラートの街を南北に貫く大通りラーチャダムヌン通りをソンテウの乗って走っていると、古い城壁らしきものを見かけたので、降りてみることにした。 そしてこれは城壁のすぐそばにあった公園の像。なんだか立派な像である。 シー・タンマソーカラートの

  • 【音遊び】『はなまるぴっぴはよいこだけ』を自動演奏ピアノに弾かせてみる 

    『はなまるぴっぴはよいこだけ』は数年前にやっていたアニメ『おそまつさん』の第一期のオープニング曲です。 特に熱狂的ファンというわけではなかったのですが、なぜかこの曲だけが数年経った今でもたまに頭を駆け巡るので、ちょっと遊んでみることにしました。 レトロゲ

  • 巻きが多い太極図

     四川省成都の青羊宮にあった太極図。陰陽太極図とか太陰太極図、陰陽魚などと呼ばれ、モンゴルや韓国、あるいはチベット亡命政府の国旗や、そのほか中華圏やその影響の強い東~中央アジアでも、いろいろなところで見かける図案である。 ただ、この太極図は少し巻きが多い

  • 【音遊び】アイスクライマーを自動演奏ピアノで再現してみる

     ファミコンのアイスクライマーのBGMです。小学校の時に友達の家でやったなぁ、と…学年を覚えているので、たぶん1985年です…。 ゲームスタート→メインステージ→ボーナスステージ(=タイトルBGMと同じ)→クリア 知っている方は懐かしさを、ご存知ない方は「初代のフ

  • 厦門のイチゴミルクザク

     厦門の目抜き通り、中山路をぶらぶらと歩いている時だった。草苺牛奶の文字と絵が目に入った。いわゆるイチゴミルクである。なにやらスイーツのお店のようだ。 酒飲みは甘党ではないことが多いらしいが、私はお酒も飲むし、甘党でもある。特にイチゴ系のスイーツには目が

  • 【音遊び】がんばれゴエモン2 ステージBGMメドレー【自動演奏ピアノ】

     コナミの『がんばれゴエモン2』、ファミコン時代のゲームです。後にSFC版でも『奇天烈将軍マッギネス』とサブタイトルがついた「がんばれゴエモン2」が出ていますが、それよりもずっと前のFC版のシリーズ2作目です。 中学生の頃、友達と延々クリアするまで頑張った記憶

  • 【音遊び】ベートーベン ピアノソナタ第8番『悲愴』第3楽章 自動演奏ピアノ

     ゲームの曲ばかりではなく、クラシックで遊んだりもします。とはいえ特に編曲もしていませんし、自分で弾くほうが良いのだとは思います。演奏が安定してミスはでませんし、聞くには良いです。 ただこういう遊びをすると、人間が弾くときのテンポや音のタイミングのズレ、

  • 露天商と官憲のいたちごっこ

     厦門の中山公園は市街中心近くにある都市公園である。バスに乗って何度も前を通り過ぎていたので、一度立ち寄ってみることにした。 この時はちょうど休日で、子供連れ中心に賑わっていた。私が訪れたのは南門からだったが、入口付近にはちょっとした食べ物や玩具・風船な

  • 【音遊び】FF6 決戦 自動演奏ピアノ専用アレンジ

     最近、音遊びにかまけて、旅行記事をサボりがちです…。 今回はFF6(ファイナルファンタジーⅥ)のボス戦の曲「決戦」を自宅のピアノで。歴代のファイナルファンタジーのBGMの中でも人気上位の曲です。 はじめは連弾をイメージして書き始めるのですが、ピアノプレイヤー

  • 台湾鉄路で最も開発が遅れた南廻線

     台湾は九州くらいの広さの島である。今では鉄道でぐるりと一周することができるのだが、開通したのは20世紀も終わり頃の1990年代である。台湾南部で台湾第二の都市・高雄から南東部の台東までは屏東線→南廻線と走ることになるが、この南廻線が最後に開通した路線だ。 そ

  • 【音遊び】ハイドライド3 The space memories(オープニング) 自動演奏ピアノアレンジ

     最近、音遊びにかまけてブログ更新をサボりがち…。 さて今回は『ハイドライド3(Hydlide3)』のオープニング曲、The Space Memoriesを自宅のピアノプレイヤーで。もう30年以上前のゲームです。懐かしいと思った方は、古くからのゲーマーですね。 一人で弾くのは不可

  • 厦門・白鷺洲公園の謎の造形物

     この日は旅程も終わりに近づき、時間を少し持て余したので、厦門の街中の公園をふらりと散策していた。なかなか広大な公園のすべての場所を周ってみたわけではないが、歩いているとなんだか奇妙な造形物に出くわした。 とりあえず近寄ってみることにする。 近寄ってみて

  • 【音遊び】FF5 ビッグブリッヂの死闘 ピアノソロ(自動演奏ピアノ版)

     久々の音遊びネタです。 2年くらい前に一度適当に音だけ取って放置していたデータをピアノソロにして遊んでいました。ピアノプレイヤー(自動演奏ピアノ)に演奏させていると、いつのまにか人間には弾けない譜面になっていきます。2年前の同曲の遊び記事はコチラ⇃ 

  • 『ゴム水』の次は『セブン水』

     以前の記事でも触れているのだが、日本のように全土において水道水をそのまま口できるというのは、世界的には珍しい。タイでも水道水はそのまま口に入れることはできない。 そんなタイではコンビニを含め、街のいたるところで水が売られている。日本でよく見るミネラルウ

  • 街角の濡髪の女神

     タイ南部チュンポーンの市街を、特に行く宛もなくフラリと歩いて散策していた。ちょうど街の中心部と街はずれとの境界辺りに川が流れており、その川に沿って遊歩道があった。少しばかり歩いてみると、小さな祠の裏手に出た。 この祠、観光ガイドはおろかGoogle Mapにも載

  • 天王山の旗立松

     天王山といえば、まず思い浮かぶのは『天下分け目』『山崎の合戦』ではないかと思う。 本能寺の変で織田信長を討った明智光秀が、いち早く中国地方遠征から京都に軍を返してきた羽柴秀吉の軍を、山崎で迎え撃った戦いである。 以下の近代の地図で見てもわかるが、山崎は

  • 北方原生花園

     北海道の気ままなドライブ旅で、ちょうど本土最東端の根室の納沙布岬を訪れ、そこから海に沿って知床や羅臼の方面に向かって走り始めたのだが、少し進んだところで『原生花園』の文字を見つけたので車を止めてみた。 原生花園とは、手付かずの自然の状態でもたくさんの花

カテゴリー一覧
商用