searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

坂木さんのプロフィール

住所
長岡京市
出身
久御山町

次に行きたい場所の参考になれば幸いです。 最果志向とは… ただただ行けるところまで行ってみたい。何もなくても構わない。「何もないこと」を見に行く。そんな変わった性癖を勝手に定義。 故に、職業は普通の会社員であるものの、休みのたびにあてもなくフラリ旅に出てしまう。

ブログタイトル
最果志向 〜放浪家坂木さんの足跡〜
ブログURL
http://skkmusic.blog.jp/
ブログ紹介文
この数十年の放浪履歴を元に思ったこと・感じたことなどを訪問者の目線で綴る『旅エッセイ』ブログ
更新頻度(1年)

31回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2016/06/05

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、坂木さんの読者になりませんか?

ハンドル名
坂木さん
ブログタイトル
最果志向 〜放浪家坂木さんの足跡〜
更新頻度
31回 / 365日(平均0.6回/週)
読者になる
最果志向 〜放浪家坂木さんの足跡〜

坂木さんの新着記事

1件〜30件

  • 1997年のスリラット高速道路と初バンコクの思い出話

     時は1997年。タイ王国の首都バンコクは急拡大する大都市で、モータリゼーションの波が押し寄せていたが、交通インフラの整備は追いついていなかったように思う。 公共交通機関で言えば、地下鉄はおろか高架鉄道BTSもなく、唯一の鉄道である国鉄はコミュータートレインでは

  • 鄭州夜話

     中国の河南省は、その領域の大半が黄河の南岸に位置することから付けられており、省全体が広大な華北平原に収まっている。中国で最も歴史のある地域の一つで、省内には日本でもよく知られている洛陽・開封・商丘・安陽などの古都や少林寺(嵩山)などがある。 その河南省

  • 自家製コリアンダーシードと100円ペッパーミル

     3週間ほど前の記事にパクチーの実がなった写真を載せておりましたが、それらを収穫し、しばらく乾燥させておいたら写真のようになりました。 いわゆるコリアンダーシード、スパイスとして使えます。パクチーよりも格段にカメムシ臭が薄く、若干オレンジピールのような酸味

  • 家庭菜園で太陽の偉大さを感じる今日この頃

    パクチーの実 冬から春まではボチボチだったウチの小さな小さな庭の家庭菜園も、最近温かくなってきて急速に育つようになりました。やはり太陽の力は偉大だと感じます。 写真はパクチーの実です。いわゆるコリアンダーシードですね。鉢植えのパクチーはグングン育って観葉

  • 田んぼに水が張られて

     数日前、裏の田んぼに水が張られました。家の窓の景色から季節の移り変わりを感じられるのも、考えてみれば贅沢な生活です。都会暮らしの経験があるからこそ、気付けるのかも知れません。色々な経験は人を豊かにしてくれるものだと思いたいものです。 窓からは季節を問わ

  • 出雲大社の京都分院

     国内にはいくつか島根県の出雲大社の分院が点在している。京都にある分院は、旧丹波国の中心都市・亀岡の郊外にある。 同じ亀岡市内には旧丹波国の一之宮だった『出雲大神宮』があるが、これとは別物であり、基本的には所縁もない。 また出雲大社の分院といっても、正確

  • 【音遊び】『がんばれゴエモン!からくり道中』ステージBGMメドレー【自動演奏ピアノ】

     コナミのファミコン時代の名作ゲーム『がんばれ!ゴエモン からくり道中』のステージBGMのメドレーを自動演奏ピアノに弾かせてみました。子供心に鯔背なサウンドが頭にずっと残っていました。音遊びは引きこもるのに良い遊びですね。 アーケードゲームの『Mr.五右衛門』

  • 春の山野の花

    一昨日に引き続き、COVID-19を避けて山で散策しにいったら、見かけた春の花を備忘録として。 ムラサキケマン。綺麗で可愛らしい花に見えるけれど、花も葉も茎も食べたら大変なことになる毒草。よく似た花で薬草になるものがあるのもややこしい。 ショウジョウバカマ。 形

  • 山歩きと台風の爪痕と春の花

     COVID-19のせいで、人が居るところに出かける気にはなれませんが、人がいない山の散策なら問題ないでしょう、というわけで、近くの山(京都の西山)へ山歩きに出かけてみました。 平日の昼間には人に会うこともあまりないのですが、今日は少し広い主要山道ではたまにハイ

  • 【雑記】箱庭ではなく箱畑

     我が家の玄関の軒先には、二畳分程度の小さな庭がある。ちょっと大きめの箱庭と言えるくらいの大きさだ。 昨日、家内がご近所の軒先にある色鮮やかな花が植えられているプランターを見て、「ウチもパンジーでも植える?」などと言う。私の答えは簡単だ。「パンジーは食べ

  • 南フランスのニースで車上荒らしにあった話

     しばらく更新が滞ってしまった。忘れる前に書き留めておきたい写真や思い出はたくさん残っているのだけれど、一度サボると「明日でいいか」とサボり癖がついてしまう。このままでは追いつかなくなってしまうので、意識的に筆をとることにする。 この車上荒らし事件も話せ

  • I♡KL

     マレーシアの首都クアラルンプールのフォトスポットとなっているクアラルンプール・シティギャラリー前の真っ赤なI♡KLのモニュメント。なんと撮影するために多くの人が列を成しているのだ。皆が次々にモニュメントの前でポーズを決めて写真を撮っていく。 私はこんなもの

  • 福田五星の三輪車

     福建省泉州にて。 中国に『福田五星』というメーカーがある。バイクベースの三輪車や電動の三輪/四輪自動車を作っている会社だ。 古い会社の古いモデルというわけではないはずだ。しかしオート三輪が街を闊歩していた時代を知る人ならば、懐かしさを感じるフォルムでは

  • 安徽省で泊まった細い路地の奥の趣深い宿『黄山徽舍民宿客栈』

     2013年の年末も近づいた頃、日本から杭州に飛び、バスで安徽省黄山までやってきた。 昔は新しい土地に着いたら、まずは宿探しと情報収集から始まったものだが、それらはもうネットで手軽にできる時代だ。基本的にあまり旅程を決めない放浪旅でも、次の目的地を決めたら宿

  • 電動車特売場

     河南省鄭州の街をフラリと歩いていた時に、電動車特売場(电动车特卖场)なるものを見つけたので、少し入ってみた。  日本で電動車と言えば、EVすなわち電気で動く四輪自動車を指すのが一般的ではないかと思うが、ここで言う電動車(电动车)とは、電動スクータや電動三

  • 逃した栗は大きかった

     その日、私は大阪から東京経由で厦門に飛び、厦門の空港から、そのまま厦門の市街には行かず、泉州行きのバスに乗って、泉州市までやってきた。初の泉州市、初の福建省だった。 バスが到着したのは泉州航空飯店というホテルの前だった。この日の宿は予約していたが、ここ

  • 思い出の伊丹空港展望デッキ

     大阪国際空港。現在ではその名に反して国際線は飛んでいないが、国内路線においては今でも関西の主たる空の玄関口である。その所在地から、伊丹空港と呼ぶことも多い。 この伊丹空港、昔からターミナルに無料で入れる展望デッキがある。私は、この空港に限らず、空港で時

  • 京都の方除けの神社『城南宮』

     京都の南部、ちょうど名神高速道路の京都南インターの近くに、城南宮という神社がある。古くから、家相などの方角に関する厄除け、『方除け』の神社として知られている。そこから転じて、引っ越しや旅の厄除け、更には交通安全の神様としても信仰されるようになった。 最

  • 台湾の蚵仔煎

     先の記事で先に厦門の蚵仔煎を載せてしまったが、ついでに台湾の代表的な感じの蚵仔煎も載せて置く。これ以外でもたくさん食べているし、いろいろなバリエーションもあったので、必ずしもこうだとは限らないが、たいていこんな感じだったようには思う。 先の記事と見比べ

  • 厦門の蚵仔煎(牡蠣のオムレツ)

     蚵仔煎と言えば、日本では台湾名物の牡蠣のオムレツとして知られている。台湾の夜市や食堂街に行けば、見かけないことはないと言ってよい。 ただし台湾の料理の多くは中国大陸から来たもので、特に台湾島に近い海岸沿いの潮州や福建省をルーツとするものが多い。したがっ

  • これまでに泊まった中で一番良かった宿は…

     おそらく私は平均よりは遥かに多くの旅をしてきたほうだと思う。もちろん各地の宿にもたくさん泊ってきたことになる。海外への渡航日数の合計も365日を越えてしまったし、国内旅行を含めれば数えることも困難なくらいだ。 ただ、私はそれほど宿にはこだわりはないし、基本

  • 真冬にずぶ濡れにならないように注意しましょう

     そのとき私は河南省登封の街での道端で路線バスが来るのを待っていた。すると遠くから何か大きな音が近づいてくる。正体に気が付いた私は、すぐさま持っていた荷物を抱え、工事中の路肩を横切ってなるべく車道から離れた。 近づいてきたのは散水車だ。11月だったので猛暑

  • スラーターニーの公園ダンスとビリー隊長

     スラーターニーの街をぶらぶらと散策した後、夕食を探すことにした。ちょうど宿からそれほど遠くないところに夜市の開く通りがあったので色々と買いこもうと思ったのだが、まだ少し時間が早かったようなので近くのターピー川のほとりまでフラリと歩いてみた。 夕刻なので

  • 道端の充電ステーション

     中国の街を歩いてみると、ありがちな普通の近代的な街並みでも日本人にとっては珍しいもの、というのもしばしば出会うものである。 こちらは街の随所でみかける充電ステーション。中国においてはどこでも頻繁にみられるもので、まったく珍しいものではない。 中国では国

  • 泉州市の山上の国姓爺

     日本でもそうだが、時折山の上などに巨大な像などが立っているのを見かけることがある。昔はたいてい「何だろう/誰だろう」と思いながらも分からず仕舞いということが多かったが、昨今ではスマホなどによって、その場で調べることさえ容易である。便利になったものだ。 

  • マラッカの猫

     マレーシアの古い港町マラッカの街中を歩いていると、たくさんの猫に出会った。私はとりたてて猫好きというわけではないし、動物の写真はタイミングが難しいので、出会うたびにシャッターを切ったわけでもない。しかし、それでもいくつかの写真が撮られていた。 川を渡る

  • 橙色に染まった空

     超大型台風19号、我が家は暴風域の端をかすった程度でしたが、それでも昨日の昼間はものすごい風と雨でした。 夕方、ピークが少し過ぎてきたころ、台所の窓が橙色に染まっていました。まるで外が火事のようです。窓を開けてみると、世界がオレンジ色。閉じていたリビング

  • 【音遊び】ZABADAK『明日からの風』を自動演奏ピアノで鳴らしてみる

     ZABADAK(ザバダック)、知らない人も多いかも知れませんが、知る人の間では熱狂的な人気を誇った音楽ユニット。 昔、バンド演奏の補助用に作ったのですが、結局使わなかったデータを古いフォルダから見つけました。 元のアンサンブルを自動演奏ピアノ1台で鳴らせるよう

  • 知られざる京都郊外の国宝所有寺院『蟹満寺』

     日本においては国宝のない都道府県というのも存在するわけだが、京都府には多数の国宝が存在している。大半は京都市街にあるが、いくつかは郊外にも点在している。市街の著名な見どころに注目が行ってしまうせいか、郊外の国宝や重要文化財などはその価値のわりに知名度が

  • 金門島で金門牛を食す

     中国福建省厦門の沖に浮かぶ台湾領の金門島。ここには高梁酒をはじめとしていくつか名産品があるが、金門牛もその一つであるとのことで、食べさせてくれるレストランに行ってみることにした。 最近は便利なもので、こういうな名産やそのお店などもネットを使えば現地です

カテゴリー一覧
商用