searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

メガソーラー速報さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
メガソーラー速報
ブログURL
http://megasolar-sokuhou.seesaa.net/
ブログ紹介文
メガソーラー、太陽光発電に関するニュース、深部記事、報道のスクラップ。
更新頻度(1年)

168回 / 365日(平均3.2回/週)

ブログ村参加:2016/05/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、メガソーラー速報さんの読者になりませんか?

ハンドル名
メガソーラー速報さん
ブログタイトル
メガソーラー速報
更新頻度
168回 / 365日(平均3.2回/週)
読者になる
メガソーラー速報

メガソーラー速報さんの新着記事

1件〜30件

  • メガソーラー開発、協議再開求める 木曽町に業者:中日新聞Web 2020年9月19日 05時00分

     木曽町三岳のゴルフ場跡地で計画されている大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設を巡り、事業者の太陽光パネルメーカー「トリナ・ソーラー・ジャパン・エナジー」(東京)と町は十七日、開発の前提となる町条例に基づく基本協定の締結に向けた協議再開について意見交換をした=写真。... https://www.chunichi.co.jp/article/123555?rct=nagano

  • メガソーラー発電所を長崎知事が視察|NNNニュース 2020.09.16 17:57

    太陽光発電施設の規制強化を検討する長崎知事らが甲斐市の太陽光発電施設を視察した。長崎知事は施設の各設置者によって異なる水害対策に懸念を示した。山梨県は大規模な太陽光発電施設の建設が相次ぐ中、災害対策などの観点から規制強化を検討している。  16日は、長崎知事や県議らが、すでに一部が稼働する甲斐市菖蒲沢地区のメガソーラー発電所を視察した。視察では、施設の担当者が雨に備え調整池を設けるこ…

  • 太陽光発電の「バブル」と「収束」 県内で地域との調和課題|高知新聞 2020.09.11 08:37

    四万十市が「不許可」を決めたメガソーラーの計画地周辺(2019年8月、四万十市三里) 「分散・自立型」発電模索  安倍政権下で進められたエネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)は、高知県内でメガソーラー(大規模太陽光発電)の進出ラッシュを引き起こした。しかし近年は地域とあつれきを生むケースが増え、価格も下落。「バブルは終わり」との声も聞こえる。資源が少なく、原発の安全神話も崩壊した…

  • 【ソロモンの頭巾】長辻象平 水上ソーラー発電 水草も魚も貝も水鳥も心配だ(1/2ページ) - 産経ニュース 2020.9.9 09:00

    ため池に設置された水上ソーラー発電所。パネルが冷えやすいので発電効率が高い  空き地や林野に設置されてきた太陽光発電のパネル群が「水上ソーラー」として、農業用のため池などに進出している。  池に浮かぶ太陽光パネルに遮られ、水中への入射光が減ると光合成で生きる植物プランクトンも水草も影響を受ける。酸素が不十分だと魚や貝も弱る。  水面が塞がれるので水鳥も困る。泳ぐ場所も食物も減り…

  • メガソーラー反対、住民らが団体設立 大津・清風:中日新聞Web 2020年9月7日 05時00分

     大津市清風町に設置が計画されている大規模太陽光発電所(メガソーラー)の設置に反対する周辺住民が、活動本格化のため新たに活動団体「びわ湖ローズタウン・メガソーラー設置反対住民の会」を設立し、六日に設立総会を開いた。 https://www.chunichi.co.jp/article/116840

  • 大分県、太陽光発電アセス強化 国立・国定公園など県土3割対象 - 大分のニュースなら 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate 2020/09/03 03:01.

     県は大規模太陽光発電施設(メガソーラー)の新設事業に対し、豊かな自然が広がる国立、国定公園内などの地域で環境影響評価(アセスメント)を強化する。事業者に自然環境や景観への十分な配慮を促し、悪影響が及ぶのを未然に防ぐ狙い。・・・ ※この記事は、9月3日 大分合同新聞 24ページに掲載されています。 https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2020/09/03/JD0059529120 https://archive.md/LBXWK<…

  • 太陽光発電、問われる環境対策 森林伐採や災害不安視 :日本経済新聞 2020/8/30 2:00

    大規模太陽光発電所(メガソーラー)の設置に身構える自治体が増えている。神戸市は豪雨による太陽光パネルの崩落事故を受け、事業用の一部を許可制とし、撤去費の事前積み立ても義務化する。静岡県伊東市は災害への懸念から大規模発電を認めない条例を設けたが、すでに計画を進めていた事業者との対立が続く。国の環境規制が遅れたしわ寄せが、地方の現場に及んでいる。 神戸市では豪雨で太陽光パネルが崩れ、新…

  • 佐久穂のメガソーラー計画中止 事業者「採算合わず」 | 信濃毎日新聞[信毎web] 2020年9月1日

    メガソーラーを建設予定だった佐久穂町の計画地(奥の山間部)。事業者が町に中止を伝えた=31日  南佐久郡佐久穂町で一条メガソーラー(三重県)が進めていた大規模太陽光発電所(メガソーラー)計画について、親会社の一条工務店(東京)が事業全体を中止すると町に伝えたことが31日、分かった。国は未稼働の発電施設に発電開始の期限を設け、遅れた場合に電力会社による買い取り価格を減額する方針を示し…

  • 宇久にメガソーラー考える会 住民ら、事業者に説明求める方針 佐世保 | 長崎新聞 2020/8/30 15:00

    メガソーラーなどの地域課題を考える住民団体の発足集会=佐世保市宇久町、妙蓮寺  佐世保市宇久島で計画されている国内最大級の大規模太陽光発電所(メガソーラー)などの地域課題について考える住民団体「宇久島の生活を守る会」の発足集会が29日、同市宇久町であり、計画に対する島民の理解が不足しているとし、事業者に説明を求めていく方針を決めた。  メガソーラーの建設は九電工(福岡市)などが計画。地…

  • 太陽光発電 条例規制を 県有識者会議が初会合【政治・行政/山梨】 | さんにちEye 山梨日日新聞電子版 2020年08月21日 08時37分

    県は20日、太陽光発電施設の設置や維持管理に対し、条例化などによる規制強化を検討する有識者会議を立ち上げた。県は5年前に策定したガイドラインに基づいて指導するなどしてきたが、強制力はなく、実効性が課... https://www.sannichi.co.jp/article/2020/08/21/00441400 http://archive.md/SHaWN

  • 長野・霧ケ峰メガソーラー撤回 水源、貴重な動植物…「国内最大級」住民NO - 毎日新聞 2020年8月19日 18時40分

    「貴重な自然が残るこの場所に、メガソーラーパネルが31万枚も並ぶ予定だったんですよ。計画が撤回されて本当によかった」と話す柴田豊会長=長野県諏訪市の霧ケ峰高原近くの計画地で2020年8月7日午後2時33分、坂根真理撮影  長野県諏訪市郊外の霧ケ峰高原周辺で、大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設計画「諏訪市四賀ソーラー事業」(仮称)を進めていた新電力会社Looop(ループ、東京)がこのほど、県など…

  • 岩手県遠野市 メガソーラー河川汚染で住民団体が要望|NNNニュース 2020.07.28 20:15

    岩手・遠野市小友町の大規模太陽光発電所、いわゆるメガソーラーの工事現場から赤土を含んだ泥水が大量に流出し、周辺の環境を破壊していると住民が主張している問題だ。下流域に住む住民団体は28日、市に嘆願書を、また、事業者に抗議書を提出し、改善を要求した。遠野市小友町を流れる外山川と小友川の合流地点だ。奥から流れてくる外山川が茶色ににごっているのがわかる。上流にはメガソーラーの工事現場があり…

  • 太陽光発電に関する有識者会議を立ち上げ|NNNニュース

    山梨県が太陽光発電設備の設置について新たなルールを検討する有識者会議を来月にも立ち上げる方針を固めた。5年前に策定したガイドラインの課題を検証し、必要があれば県独自の条例の制定も視野に協議を進める考え。  太陽光発電施設の設置をめぐっては、県は2015年に制定したガイドラインで事業者に事業計画や維持管理に関する指針を示している。有識者会議では、指針の効果や課題を検証し、新たな規制が必…

  • 豊かな里山、保全を メガソーラー開発「反対する会」 調査で希少生物、数多く見つかる 山添 /奈良 - 毎日新聞 2020年7月19日

     山添村の馬尻山で民間事業者が建設を計画している大規模太陽光発電施設(メガソーラー)に、住民から強い反対運動が巻き起こっている。現場が地元の水源地であることに加え、村などによると、業者から地元への説明もほとんどないためだ。住民らで設立した「反対する会」は今月5日に現場で生物調査を実施。希少生物も数多く見つかり、改めて里山の豊かさを示す結果となった。  経済産業省によると、県内で稼働…

  • 太陽光事業、設置の差し止めを 豊島・住民ら、地裁に仮処分申請 /香川 - 毎日新聞 2020年7月17日

    豊島で計画されている太陽光発電事業について説明する(左から)豊島自治連合会の石井亨顧問、木村益雄会長ら=香川県庁で、金志尚撮影  豊島(土庄町)で計画されている民間企業による太陽光発電事業を巡り、地元住民らが「設備の強度が不十分で風雨に耐えられない可能性がある」などとして設置工事の差し止めを求める仮処分を高松地裁に申し立てた。代理人弁護士が16日、明らかにした。  代理人弁護士らに…

  • 八幡市・男山ソーラー 計画行き詰まり 府指導で林地開発申請の必要も/共産党「土地買収の必要ない」 | 京都民報Web 2020年7月12日

    不法造成が行われた計画地  八幡市男山で大阪市の業者がソーラー建設を計画している問題で、業者が宅地造成法にもとづく工事の許可申請をしたものの、府の指導に従うと開発面積が1ヘクタールを超え、林地開発申請および府の条例で地元合意なども必要となる可能性が出てきたため、行き詰まったまま半年が経過していたことがこのほどわかりました。  業者は2018年、約5ヘクタールのソーラー計画を地元に示して…

  • メガソーラー不許可 楠見地区「条例基準満たさず」 和歌山市 /和歌山 - 毎日新聞 2020年7月11日

    記者会見する尾花市長=和歌山市役所で2020年7月10日午後2時0分、最上聡撮影  和歌山市の楠見地区で計画されている大規模太陽光発電施設(メガソーラー)について同市は10日、市条例に基づき不許可にしたと発表した。市の審議会が3月、「許可基準を満たしているとは言いがたい」と答申を出していた。  記者会見した尾花正啓市長は「審議会で景観に与える影響や災害の懸念が指摘された。住民からも…

  • 県指定希少野生植物 飯能でコクラン 太陽光発電施設計画地 /埼玉 - 毎日新聞 2020年7月11日

    太陽光発電施設計画地でみつかったコクラン=埼玉県飯能市阿須山中で  飯能市阿須山中の加治丘陵で、県は6月30日、大規模太陽光発電施設とサッカー場の建設計画地に、県指定の希少野生植物のコクラン(ラン科)があることを確認した。市民団体「加治丘陵の自然を考える会・飯能」が案内し、市と開発事業者も同行した。  コクランは県西部の常緑樹林に生育し、初夏に花が咲く。造成予定地の山林の斜面で数株…

  • 土砂の大量搬入ない? 住民警戒 宇治田原町・太陽光発電施設目的に森林伐採工事 | 京都民報Web 2020年6月27日

    現場を調査する日本共産党の今西久美子(右)、山本精両町議 過去に「盛り土条例」違反事例も  宇治田原町岩山で、大阪市の業者が「太陽光発電用地の測量」として約3000平方メートルの森林伐採の申請を行い、進入路の造成、伐採作業を進めています。小学校の通学路をダンプなどの工事車両が通行するほか、同町の他地域で別業者の太陽光発電設置工事で、計画地内に大量の土砂が持ち込まれた事例があったことから、…

  • 業者、県に事業廃止通知 諏訪のメガソーラー計画 | 信濃毎日新聞[信毎web] 2020年6月27日

     諏訪市四賀の霧ケ峰高原近くの大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設計画で、事業者のLooop(ループ、東京)は26日、環境影響評価(アセスメント)の手続きに関わった県などの機関に事業の廃止を正式に通知した。ループは18日、環境アセスへの対応が困難―などとして、地権者に撤退を表明していた。  ループのアセスを巡っては、有識者による県環境影響評価技術委員会が水源や動植物への影響を指摘…

  • 神戸新聞NEXT|阪神|大規模パネルの太陽光発電計画を中止 宝塚東部の山林 2020/6/26 05:30

     兵庫県宝塚市東部の山林で進む大規模太陽光発電所の建設事業について、手続きをしていた大阪市の業者が事業の中止を決めたことが25日までに、関係者への取材で分かった。地元住民らが中止を求める署名活動をしており、事業者側が「住民の反対などもあり、社内で総合的に考えた」として今月16日に県に報告した。 https://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/202006/0013455981.shtml http://archive.md/DbBoo

  • 田辺静岡市長は「工事がずさん」と指摘 山間部の太陽光発電施設を視察 FNNプライムオンライン 2020年6月24日 水曜 午後7:55

    住民が反対している静岡市の山間部の太陽光発電施設を、田辺市長が視察し「工事がずさん」と指摘しました。 葵区黒俣では大阪府の業者が山林を切り開き、新たに0.9ヘクタールの土地にソーラーパネルの設置を計画しています。 住民は土砂災害や河川への影響があるとして建設の反対を求めていて、24日 田辺市長が現場を視察しました。 既に去年8月から隣接する土地では韓国の事業者が太陽光発電を始め…

  • 社説 メガソーラー撤退 地域主体の再エネ開発へ | 信濃毎日新聞[信毎web] 2020年6月22日

     霧ケ峰高原近くの大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設計画について、事業者が撤退を決めた。  環境影響評価(アセスメント)への対応が難しく、反対する地域住民から理解が得られないと判断した。  事業区域が200ヘクタール近い国内有数の計画だ。森林を大量伐採する開発が水資源や景観に悪影響を及ぼし、土砂災害も誘発するのではないかと懸念されていた。  東日本大震災後、太陽光は最も有望…

  • 軽井沢メガソーラー、国に「FIT認定取り消し」を求める意見書可決―函南6月議会 / 伊豆新聞デジタル 2020年6月19日 16時30分

     函南町議会6月定例会は19日、最終本会議を開いた。歳入歳出の総額に約1億円を追加する本年度町一般会計補正予算など26議案、軽井沢地区で計画される大規模太陽光発電所(メガソーラー)について「FIT(固定価格買取制度)認定取り消し」などを国に求める意見書1件を原案通り可決し、閉会した。  全会一致で可決した意見書は、同地区の事業に対し「状況から鑑みて、国の事業計画策定ガイドライン(太陽…

  • 静岡市長「近く現地を見に行きたい」(静岡放送(SBS)) - Yahoo!ニュース 6/19(金) 18:25

     静岡市の中山間地で開発が計画されている太陽光発電施設について、田辺市長は不安を払拭するため、近く現地を見に行きたいと話しました。  太陽光発電施設は、大阪の事業者が静岡市葵区の黒俣地区に建設を計画しています。地元住民からは、木を伐採することによる土砂崩れや、環境破壊を心配する声が上がっています。 <田辺信宏静岡市長>「皆さんの声をしっかり受け止めて、行政として不安を払拭すべく取り…

  • 太陽光発電 事業者が地元住民に説明 (静岡市)(静岡放送(SBS)) - Yahoo!ニュース 6/19(金) 12:21

     静岡市の中山間地で開発が計画されている太陽光発電施設について、事業者側が6月18日、反対する地元住民に対して説明会を開きました。  太陽光発電施設は、大阪の事業者が静岡市葵区の黒俣地区に建設を計画していますが、地元住民からは、木を伐採することによる土砂崩れや環境破壊を心配する声が上がっています。説明会には事業者側と地元住民の他、県や市の担当者も出席しました。 <事業者>「この場所に…

  • 諏訪のメガソーラー 事業者が撤退表明 | 信濃毎日新聞[信毎web] 6月19日

     諏訪市四賀の霧ケ峰高原近くで大規模太陽光発電所(メガソーラー)を計画していた事業者のLooop(ループ、東京)は18日夜、同市内で地権者が開いた会合に幹部らが出席し、事業から撤退する方針を正式に表明した。環境影響評価(アセスメント)への対応が難しく、地元住民らの理解がなかなか得られない―との理由。地権者側に異論はなかったという。ループは19日、県に撤退方針を伝える。  霧ケ峰一帯…

  • 太陽光発電の設置、届け出制に 大町町 「抑制区域」も条例化|行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE 2020年6月17日

    杵島郡大町町に設置されている太陽光発電施設。設置の際は今後、届け出が必要になる  佐賀県杵島郡大町町は、太陽光発電の施設設置について「抑制区域」を設け、届け出制にする条例を制定した。町民から「まぶしい」などの苦情があったことがきっかけで、罰則や中止の強制力はないが、条例で設置者に理解を求める。  出力10キロワット以上の施設が対象で、着工の60日前までに(1)施設の構造や位置図(…

  • ハッチョウトンボの生息確認 南山城村・メガソーラー建設予定地近く 京都府・登録天然記念物 | 京都民報Web 2020年6月17日

    ハッチョウトンボ(オス) 開発の影響受けやすい、住民「保全措置求めていく」  京都府の登録天然記念物で、府のレッドデータブックで準絶滅危惧種にも指定されているハッチョウトンボが、今年も相楽郡南山城村のメガソーラー建設予定地近くで生息していることが確認されました。住民らは「希少な種を保全するよう引き続き府や村に求めていく」と話しています。  ハッチョウトンボは体長1~2㌢で、日本一小…

  • 日高市条例、廃止申し入れ書提出 メガソーラー事業者 /埼玉 - 毎日新聞 2020年6月17日

     日高市高麗本郷地区での大規模太陽光発電施設(メガソーラー)の開発を規制する市条例は憲法違反だとして、事業者のTKMデベロップメント(東京都)が廃止などを求めて市に申し入れ書を提出していることが16日、判明した。代理人弁護士が明らかにした。市の対応次第では提訴する考えを示している。  市は2019年8月、太陽光発電施設建設に同意しない保護区域を市が指定できる規制条例を施行。同社の事…

カテゴリー一覧
商用