プロフィールPROFILE

メガソーラー速報さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
メガソーラー速報
ブログURL
http://megasolar-sokuhou.seesaa.net/
ブログ紹介文
メガソーラー、太陽光発電に関するニュース、深部記事、報道のスクラップ。
更新頻度(1年)

285回 / 345日(平均5.8回/週)

ブログ村参加:2016/05/26

メガソーラー速報さんのプロフィール
読者になる

メガソーラー速報さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,609サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 20 40 230 290 40 40 40 700/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
環境ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,343サイト
自然保護・生態系 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 249サイト
野立て太陽光発電 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 41サイト
風力発電・太陽光発電 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 686サイト
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(OUT) 12,549位 12,454位 11,571位 10,440位 10,697位 10,202位 9,463位 977,609サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 20 40 230 290 40 40 40 700/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
環境ブログ 26位 23位 22位 21位 21位 19位 19位 3,343サイト
自然保護・生態系 5位 5位 5位 5位 4位 4位 4位 249サイト
野立て太陽光発電 3位 3位 3位 2位 2位 2位 2位 41サイト
風力発電・太陽光発電 28位 26位 25位 20位 22位 21位 18位 686サイト
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,609サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 20 40 230 290 40 40 40 700/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
環境ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,343サイト
自然保護・生態系 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 249サイト
野立て太陽光発電 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 41サイト
風力発電・太陽光発電 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 686サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、メガソーラー速報さんの読者になりませんか?

ハンドル名
メガソーラー速報さん
ブログタイトル
メガソーラー速報
更新頻度
285回 / 345日(平均5.8回/週)
読者になる
メガソーラー速報

メガソーラー速報さんの新着記事

1件〜30件

  • メガソーラー反対1.4万筆 四万十市 住民ら市長に署名|高知新聞

     高知県四万十市三里の四万十川沿いの民有地に東京の事業者が計画している大規模太陽光発電所(メガソーラー)について、三里地区、下流の佐田地区、観光業や漁業関係者らでつくる「四万十川を後世に伝える会」などは8日、市が建設を許可しないよう求める要望書と、県内外から集めた署名計1万4698筆を中平正宏市長に手渡した。... https://www.kochinews.co.jp/article/322867/ http://archive.md/esqw2

  • 三重)太陽光発電施設を抑制 四日市市が開発規制強化へ:朝日新聞デジタル

    四郷風致地区。住宅地に隣接した丘陵地(右手)に豊かな緑が広がる=2019年11月7日、三重県四日市市室山町  太陽光発電施設による景観や環境への影響が指摘されるなか、三重県四日市市は、都市における良好な自然的景観を維持する目的で定めている「風致地区」での開発行為について、規制を強化する方針を固めた。土地を造成する際の「緑地率」を高めることを視野に入れて、関連条例の改正に向けて動く。…

  • 四国電、増える太陽光発電 迫る出力制限の影【日本経済新聞2019年11月3日】

    四国で太陽光などの発電事業者に稼働の一時停止を求める「出力制御」の可能性が強まっている。天候で発電量が左右する太陽光の導入量が徐々に増え、8月末で2010年3月末の26倍の259万キロワットまで拡大したからだ。自然エネルギーを巡る四国電力の取り組みを追った。 揚水運転で余剰電力を吸収する四国電力の本川発電所(10月25日、高知県いの町) 10月25日、四国の中央付近に位置する水力発電の「本川発電所…

  • 再生エネ、災害への備え急務 期待の非常電源に死角  :日本経済新聞

    台風15号の被害を受けた千葉県内の太陽光発電所は4時間にわたって燃え続けた(9月9日、千葉県市原市) 太陽光発電など再生可能エネルギーの防災面のもろさがクローズアップされている。今秋以降の相次ぐ大型台風では千葉県内の水上メガソーラー(大規模太陽光発電所)火災など被害が発生、風力発電でも設備の課題が指摘される。日本は山間地や水上などで再生エネの開発が進んだ半面、コスト削減が優先され安全基…

  • 台風21号大雨 無届け埋め立て、土砂崩れ 千葉・大網白里の住宅数棟被害【毎日新聞2019年11月2日】

    千葉県大網白里市南玉で住宅が被害にあった現場=地元住民提供  無届けで土砂を埋め立てたとして、千葉県などが行政指導していた大網白里市と千葉市にまたがる山林で、台風21号の影響を受けた大雨による土砂崩れが10月25日発生し、全壊1棟を含む数棟の住宅が被害を受けていた。県などへの取材で明らかになった。県と両市は同30日、土地を造成していた地元不動産会社に崩れた土砂を元に戻すよう指導した…

  • 台風余波、最大級メガソーラー「凍結を」 調整池の能力足りず - 毎日新聞

    台風15号で被害を受けた南房総市に設置された太陽光発電パネル=10月28日、中島章隆撮影  10月の大雨や9月の台風15号などで千葉県鴨川市内の被害が大きかったことを受け、地元の市民団体や漁協の5団体は、市内の山林約146ヘクタールを切り開いて国内最大級のメガソーラーを設置する計画の凍結と見直しを県と市に求める方針を固めた。  5団体は、鴨川市漁業協同組合▽安房淡水漁業協同組合▽鴨川の山と川と海を…

  • 四万十川メガソーラー審査へ 四万十市が申請受理 反対住民は県に要望書【高知新聞2019年11月1日】

    月内にも可否  高知県四万十市三里の四万十川に面した民有地(約8・3ヘクタール)で計画されている大規模太陽光発電所(メガソーラー)について、市は31日、東京の2事業者の申請を正式に受理した。今後、計画で示された洪水対策や、パネルを遮蔽(しゃへい)する植栽の実効性などを審査する。中平正宏市長は「11月下旬には(許可、不許可を)判断したい」としている。  市によると、事業主体は土地の約…

  • メガソーラー、河津に3施設目計画 県環境アセス対象 /静岡 - 毎日新聞

     河津町で3施設目となる大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設が計画されている。県環境影響評価(アセスメント)条例の対象に3月にメガソーラーが追加されて初のケースで、同町の規制条例の対象にもなる。  県は昨年8月に県環境影響評価条例の施行規則を改正。敷地面積が50ヘクタール以上または森林伐採面積が20ヘクタール以上の施設を新設する場合、事業者に環境アセスを義務づけた条例が3月に施…

  • 大規模太陽光発電巡り賄賂要求 収賄疑いで南島原市議逮捕 長崎県警【毎日新聞2019年10月30日】

    長崎県警本部=長崎市尾上町で2019年3月1日、松村真友撮影  長崎県警は30日、同県南島原市で計画された大規模太陽光発電所(メガソーラー)事業を巡り、業者に賄賂を要求したなどとして南島原市議の下田利春容疑者(69)=同市布津町丙=を収賄と恐喝未遂の疑いで逮捕した。  逮捕容疑は2017年5月、同市布津町内でメガソーラー事業の予定地内にあった市有地の払い下げを求めていた電気設備会社(東京)の営業…

  • 太陽光アセス 環境への配慮を怠るな | 岩手日報 IWATE NIPPO

     大規模太陽光発電所(メガソーラー)事業が来年4月から国の環境影響評価(環境アセスメント)の対象となる。急増する一方で対策の遅れが指摘されていたが、ようやく実施される。  県は先ごろ、対象面積について国の基準より厳しくする方針を県議会で示した。環境への配慮が進むことが、発電施設と地域社会の共存前進につながってほしい。  太陽光発電所が次々と設置されるようになったきっかけは、東京電…

  • 伊東のメガソーラー 工事差し止めを求め住民が提訴 /静岡【毎日新聞2019年10月29日】

     伊東市八幡野地区で大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設を計画している「伊豆メガソーラーパーク合同会社」を相手取り、地元住民らが28日、工事差し止めを求める訴訟を静岡地裁沼津支部に起こした。建設は八幡野川の氾濫、決壊や土砂崩れを発生させ、原告と家族の生命、身体に危害を及ぼすとしている。  訴状や支援団体によると、原告らは昨年8月、同支部に工事差し止めを求める仮処分を申し立て、今…

  • 太陽光発電装置から煙・壊れた設備に注意を【SBC信越放送2019年10月28日】

    太陽光発電装置から煙・壊れた設備に注意を 長野市できょう、浸水して壊れた太陽光の発電装置から煙が出ました。 消防は、火災や感電のおそれがあるとして注意を呼びかけています。 午後0時半ごろ、長野市津野の太陽光発電の装置から煙が出ていると近くにいた人から消防に通報がありました。 煙が出たのは、発電した直流の電気を交流に変換するための装置で、電気を送るための配線は浸水した際になくなったと…

  • 別府市の農地転用贈収賄 顧客優先で無許可転用か 本体事業は3年15億円 /大分【毎日新聞2019年10月26日】

     別府市の農地転用手続きを巡る贈収賄事件で、贈賄容疑で逮捕された佐野保人容疑者(70)が社長を務めた佐野土木建設は、汚職の舞台の太陽光発電所造成事業で、3年で15億円以上の土木事業を受注していた。発注元の酒造会社は同社の主要取引先で、民間受注事業の大半を占める。不正転用の農地は当初の事業計画になく、地権者も複数いたことから、県警は見積もりを誤った佐野容疑者が、大口顧客をミスで逃さぬよ…

  • 別府市の農地転用贈収賄 太陽光発電予定地が舞台 恒松容疑者、勝手に認可か /大分 - 毎日新聞

    恒松直之容疑者 贈賄で逮捕の佐野容疑者 工期に焦り依頼、謝礼渡す?  別府市の農地転用の許可手続きを巡る贈収賄事件で、農地から転用されたのは、同市のメガソーラー(太陽光)発電所の造成工事に関連した土地だったことが、捜査関係者などへの取材で分かった。収賄容疑で逮捕された同市農業委員会長、恒松直之容疑者(71)は、農地法に違反した転用を認め、工事は転用許可を得ずに着工されていた。太陽光を…

  • 県基準は50ヘクタール以上 太陽光発電の環境アセス【岩手日報2019年10月24日】

     県議会9月定例会は23日、総務、文教、環境福祉、商工建設、農林水産の5常任委員会を開いた。来年4月から環境影響評価(環境アセスメント)の対象となる太陽光発電事業について、県は国の基準(100ヘクタール相当)より厳しい事業面積50ヘクタール以上を必須とする方針を示した。既存事業が環境に悪影響を与えていることなどを受け、事業者に環境に配慮した事業計画の策定を求める。  県によると、太…

  • 函南メガソーラー、川勝知事「基本的に反対」 法規制働きかけ【静岡新聞アットエス2019年10月21日】

    土砂崩れで送水管が破断した現場を視察する川勝知事=函南町丹那  川勝平太知事は20日、台風19号の土砂崩れで送水管が破断した函南町丹那の復旧工事現場を視察し、近くの同町軽井沢で計画が浮上している大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設について「基本的に反対」と述べた。その上で森林開発に関する法律を改正し行政が厳しい規制を行えるよう国に働きかける必要性を示した。  メガソーラーの危険性…

  • 裾野市メガソーラー規制条例案 市民に説明、理解求める【静岡新聞アットエス2019年10月20日】

     裾野市は18日、大規模太陽光発電所(メガソーラー)設置を規制する条例案に関する市民向けの説明会を同市役所で開いた。市は条例制定に至る経緯や条例に盛り込んだ規制基準などを説明し、理解を求めた。  市の担当者は現状の市の条例では発電事業自体を規制ができない現状を挙げ、設置の動きに一定の歯止めをかける目的から条例制定に至ったと説明した。  出席者の「設備の維持管理が適切かをどう指導するか…

  • 太陽光や風力発電、伊万里市許可制へ 説明と市長同意義務化【佐賀新聞LiVE2019年10月19日】

    伊万里市は、太陽光発電や風力発電施設を設置する事業者に対し、地元住民への事前説明と、市長の同意を得ることを義務付ける条例案を12月定例議会に提出する。 https://www.saga-s.co.jp/articles/-/443394 http://archive.fo/Evf1k

  • 豊かな自然保護へ規制強化 富士見町などで太陽光発電条例【中日新聞2019年10月13日】

    太陽光発電事業計画が浮上した小川平吉の別荘跡地=富士見町で  八ケ岳連峰西麓に位置する富士見町と原村が今年、太陽光発電設備の設置基準や手続きを定めた条例を新たに制定した。茅野市も生活環境保全条例を改正する形で条例化。三市町村ともガイドラインを設けて事業者に適正設置を促してきたが、地元住民とのトラブルは後を絶たず、説明会の開催を義務付けるなど拘束力のある条例へと踏み込んだ。豊かな自然…

  • 太陽光発電所の建設中止求め…住民が小樽市に署名提出 北海道【HBCニュース2019年10月7日】

    東京の事業者が小樽に建設を予定している太陽光発電所をめぐり、住民が建設中止を求め小樽市に署名を提出しました。 太陽光発電所の建設予定地は小樽市塩谷1丁目にある広さおよそ5400平方メートルの土地で、去年6月、東京の事業者「くにうみエナジー」が小樽市から買い取りました。 住民らは、建設にあたり事業者からの説明が不十分で土砂災害や雷による火事のおそれがあるとして、中止を求める650人分の署名を…

  • 風車や太陽光パネルの設置規制で景観条例制定へ にかほ市【秋田魁新報2019年10月4日】

     秋田県にかほ市は、風力発電の風車や太陽光発電パネルの設置を規制することを盛り込んだ景観計画と条例の策定を進めている。九十九島周辺(同市象潟町)は風車の建設を禁止するなどの規制を設ける。風車や太陽光パネルを計画と条例で直接規制するのは県内の自治体で初めて。年度内に計画を策定し、条例案を市議会に諮る見通しだ。海上は市域には含まれないため、洋上風力は規制の対象外。  景観に影響を与える…

  • 太陽光パネル2千万円相当、窃盗の容疑で男3人逮捕 栃木県警など【下野新聞SOOn2019年10月2日】

     建設現場から計2千万円相当の太陽光パネルを盗んだとして、県警捜査3課と那須塩原署は2日までに、窃盗の疑いで大田原市、配送業男(48)といずれも福島県郡山市、アフガニスタン国籍、古物買取業男(49)、男(24)を逮捕した。アフガニスタン国籍の男2人は容疑を否認している。  逮捕容疑は共謀し、4月21日午前11時40分ごろから午後3時40分ごろまでの間、那須町、太陽光発電施設建設現場から太陽光パネ…

  • 台風で太陽光パネル損壊 白石の貯水池【佐賀新聞LiVE2019年9月30日】

    台風の影響で損壊した太陽光パネル=杵島郡白石町新拓の有明貯水池  22日夜に佐賀県に最接近した台風17号の影響で、杵島郡白石町にある農業用水のため池「有明貯水池」の太陽光パネルが損壊していたことが分かった。被害は全体の3分の1程度に及び、設置業者が撤去作業に追われている。  町によると、パネルは太陽光発電事業で町と協定を結んだウエストエネルギーソリューション(広島市)が管理してい…

  • 河津にメガソーラー計画 県改正条例、初の対象【静岡新聞アットエス2019年9月28日】

    太陽光発電施設計画地  河津町逆川地区で、民間事業者による大規模太陽光発電施設(メガソーラー)の設置が計画されていることが27日までに分かった。敷地面積80ヘクタールのうち、最大40ヘクタールに太陽光パネルを設置し、最大で26メガワットを発電する計画。太陽光発電施設の無秩序な開発を抑制するために県が施行規則を一部改正した環境影響評価条例で、3月の施行後初の環境影響評価(アセスメント)…

  • 内部積み立ても検討 太陽光設備の廃棄費用【建通新聞2019年9月25日】

     経済産業省は、太陽光発電設備の将来的な大量廃棄を見据えた制度設計で、事業者に廃棄費用の外部積み立てを求めることを基本としながら、適切な維持管理などの条件を設けて、例外的に内部積み立ても認めることを検討する。 https://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/190925590009.html http://archive.fo/KNTHr

  • 経産省、大規模再生エネ促進 固定買い取り→市場価格上乗せ【産経ニュース2019年9月23日】

     経済産業省が、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)の見直しに乗り出している。大規模な太陽光発電や風力発電などでは、現行のFITを取りやめ、電力の市場価格に一定額の補助金を上乗せする仕組みに変更する方向で、議論を進めている。再生エネを主力電源に育成すると同時に、家庭や企業の負担を減らす狙いだ。  FITは再生エネの一定期間の発電量全てを、電力会社が固定価格で買い取る仕…

  • 反対意見を慎重に審議 メガソーラーで県見解【わかやま新報2019年9月21日】

    和歌山県和歌山市北部の和泉山脈で計画されている複数の大規模太陽光発電施設(メガソーラー)に対し、地元自治会や住民から反対の決議や署名が相次いでいることについて、県は、専門家による県太陽光発電事業調査審議会で慎重に審議し、計画認定の可否を判断する姿勢を示した。 18日の県議会で、片桐章浩議員(改新クラブ)の一般質問に田中一寿環境生活部長が答えた。 片桐議員は、反対署名や決議を同審議…

  • 横根高原メガソーラー計画、中止求め連絡会発足へ 立民・福田氏ら現地調査【下野新聞SOON2019年9月17日】

    建設予定地周辺で調査をする福田氏(右から3人目)ら=16日午前、日光市足尾町  日光市と鹿沼市にまたがる前日光県立自然公園内の横根高原に建設が計画されている民間の大規模太陽光発電施設(メガソーラー)問題で、立憲民主党第2区総支部長の福田昭夫(ふくだあきお)衆院議員らが16日、建設予定地周辺を調査した。今後、超党派、市民団体による連絡会を立ち上げて国、県、市に中止を求める働き掛けをして…

  • 太陽光の「卒FIT」/電気の使用を考える機会に【河北新報オンラインニュース2019年9月17日】

     一般の住宅で普及が進む太陽光発電。この余剰電力の買い取りは2009年11月に始まり、12年から「固定価格買い取り制度」(FIT)に移行する形で行われていたが、ことし11月以降、10年間の契約が順次終了する。  いわゆる「卒FIT」だ。太陽光設備の設置世帯では契約終了後、設備をどう活用していくか。それを考えるいい機会となるはずだ。  東北6県に新潟県を加えた東北電力管内では、2009…

  • メガソーラー反対相次ぐ 四万十市の三里、佐田で説明会【高知新聞2019年9月16日】

     四万十市三里の四万十川沿岸で東京の事業者が計画している大規模太陽光発電所(メガソーラー)について、同市は13、14の両日、三里地区と下流の佐田地区で住民説明会を開いた。参加者からは景観や災害時の影響を懸念する声が相次いだという。  説明会は住民側の意向で報道機関には非公開。関係者によると、13日の佐田地区は19人、14日の三里地区は17人が参加した。... https://www.kochinews.co.…

カテゴリー一覧
商用