searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

aragrさんのプロフィール

住所
アルゼンチン
出身
未設定

日本の裏側に位置しているため、ビザは取得しやすいのに、それほど多くの日系移民がいないアルゼンチン。これから移住を検討している方に役立つ情報をお届けします。

ブログタイトル
アルゼンチンへの移住
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/aragr
ブログ紹介文
アルゼンチンへの移住における手続きに関することなどをお届けします。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2016/05/03

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、aragrさんの読者になりませんか?

ハンドル名
aragrさん
ブログタイトル
アルゼンチンへの移住
更新頻度
集計中
読者になる
アルゼンチンへの移住

aragrさんの新着記事

1件〜30件

  • ブエノスアイレスマラソン(ハーフ)完走記

    昨日、絶好のマラソン日和の中、ブエノスアイレスマラソン(ハーフ)が開催された。日本でマラソンにはまっていた時にも、各レースの完走記を記していた。中には物好きな日本の方がブエノスアイレスマラソンに参加することもあるかもしれないので、今回も記しておくことにした。いつもこの完走記は長文となるので、マラソンに興味の無い方はご注意を。レースの2ヶ月ほど前に参加を決めて何度か順調にトレーニングを積めたので、目標の1:45を上方修正していた。しかし、その後3週間ほど体調を崩し、完治したのが1週間前。結局一度も10㎞を走ることもできず、不参加も検討したが、折角なので、ゆっくりでも走ることにした。そんな感じだったので、気合も入らず専用サイトのチェックもしていなかった。日本と同じようにハーフだから当日にゼッケンの受け渡しがあるのだ...ブエノスアイレスマラソン(ハーフ)完走記

  • 厳しい現実

    先日もご紹介した番組だが、まだ見ていない方はぜひ一度ご覧いただきたい。NNNドキュメントTHE放射能この番組を見ると改めて当時東北、関東に住んでいた人は相当な被爆をしていたと思い知らされる。この中で2011年3月15日、世田谷区駒沢の測定所でピーク時に1時間当たり1100ベクレルもの値が測定されていた。当日、都内で1日屋外で作業をしていた人は、少なくとも数千ベクレルの核種を吸い込んだことになる。たったの1秒間に数千個の様々な各種の崩壊により遺伝子が傷つけられた。肺に取り込まれた核種は食べ物から摂取したものと違い、ずっと排出されないとも言われる。だとすれば、半減期の長いセシウム137などは5年以上経つ今でも、1秒間に何十回、多く吸ってしまった人なら何百回と崩壊を続け、遺伝子を傷つけ続けていることになる。個人的には...厳しい現実

  • ブエノスアイレスマラソン(ハーフ)にエントリー

    日本にいたころ、すっかりはまっていたマラソン。こちらに移住してからは、仕事が忙しいこともあり、たまに犬の散歩をかねて走ることがあったぐらい。今回はDNIが取得できたため、参加費用が安くなることもあってハーフマラソンにエントリーした。元々、体育会系なので出るからには、それなりのタイムで走りたい。それにはフルマラソンを走るにはあまりに準備不足。ハーフならあと2か月弱でしそれなりに走れるようになるかとふと思ったのがエントリーのきっかけ。思えば初のレースもハーフだった。そのタイム(確か1時間45分ぐらい)は切れるように頑張りたい。クリックお願いします!にほんブログ村ブエノスアイレスマラソン(ハーフ)にエントリー

  • 在外選挙に行ってきた

    先日、在アルゼンチン日本国大使館にて初めての在外選挙を行ってきた。正直、本当に投票したいという政党は無かったが、現政権に今回の選挙で3分の2の議席を取られることの無いようにまた、少しでも汚染地から被爆回避できる人が増えるようにという思いで投票してきた。日本では投票用紙に記入して投票箱に入れるだけだが、在外選挙では専用の封筒に二重に入れて投票する。同じ1票だが、これまでの投票よりもその重みを感じた。しかし、残念なことに大使館内ばかりか、大使館内のビル内でも在外選挙に来たと思われる日本人にすれ違うことも無かった。帰り際に話しかけてくれた大使館員の方に伺うと、やはり投票に来る人は少ないとのこと。かく言う私達夫婦も移住後しばらくはこの制度を知らなかった。この在外選挙は事前に日本大使館にて申請をすると約2か月後に最後に住...在外選挙に行ってきた

  • またしても準優勝

    アルゼンチンがコパアメリカでまたしても準優勝に終わった。0-0でPKで負けるという全く昨年と同じ結果に。これでアルゼンチンは1993年にコパで優勝して以降、W杯も含めると5度も決勝に進みながら、全て準優勝。オリンピックでいつも銀メダルの選手がシルバーコレクターと言われていたが、正にそんな状態。ここまで来ると負の連鎖というやつで余計なプレッシャーがかかっているようだった。今大会、好調にゴールを重ねていたイグアインがゴールキーパーとの1対1を含めた2度の好機を外し、代わって入ったアグエロの右足から放たれたシュートも大きく枠を外した。そして極めつけに、あのメッシまでもPKで枠を外すという信じ難い結果。マスチェラーノなどはこの5度の準優勝の全てを経験しているようで酷過ぎる。年齢的に厳しそうだが、ぜひ引退前に優勝してもら...またしても準優勝

  • 日本人の自然観は?

    福島の原発事故以降、多くの日本人がそれまで持っていた価値観について考えさせられたはず。しかし、その後の振る舞いを見る限りは、その価値観を変えるまでには至っていないように思われる。今回、自然に対する価値観、自然観について調べていると意外な発見があった。日本人の自然観の長期推移上のリンク先のデータによると、日本人は1970年ごろを境に、それまで増え続けていた「自然を征服する」という考え方から「自然に従う」という考え方にシフトしている。しかし、原発事故後の2013年のデータでは大きな変化は見られない。自然観の国際比較さらに上のリンクを見ると日本人の自然観が他国のそれと大きく異なっていることがわかる。こちらにも自然に従うべきという回答もあったら更に興味深いデータだったのだが、、、国際的に見ても、最も自然を大切にする自然...日本人の自然観は?

  • 興味のある方は必見

    放射能の話題が連続してしまうが、この問題に興味があり、まだ見ていない方には是非見ていただきたい。NNNドキュメントTHE放射能こんな内容の番組が深夜帯とは言え、民放キー局、しかもあの日テレで放送されていたとは驚いた。事故後5年以上が経過し、少しずつでもマスコミの姿勢が変わりつつあるという形の表れであると期待したい。私が特にこの番組で注目したのが、ベクレルという単位について分かり易く説明していた所だ。放射性物質は目に見えず、匂いも味もしないため、沢山周りに存在していても実感しにくい。その上その量を表す単位も分かり難い。ベクレルは放射性物質が1秒間に崩壊する原子の個数を表す単位。1ベクレルは1秒間に1回放射性物質が崩壊する事を表す。しかし、中には1ベクレルは1個の放射性物質の原子があると勘違いしている人もいるようだ...興味のある方は必見

  • 日本は大丈夫なのか

    被爆回避でわざわざ地球の裏側のアルゼンチンに移住するなど、かなりレアなケースかと思っていた。しかし、既にこちらで二家族、同じ理由で移住した方々にお会いしている。そのご家族は共に一旦、西日本に避難してからこちらに移住されている。我が家も当初はそのように考えていた時期があり、比較的自然栽培が盛んな鳥取や、移住者への援助がある地域を検討していたこともあった。しかし、実際に西日本に移住された方が想像以上に西日本にも汚染があったという話を伺い、思い切ってアルゼンチンを選択して良かったと感じた。特にそのご家族が実際に線量計で測定されたところ、0.3マイクロシーベルトもあったという。私がそちらより遥かに福島に近い埼玉の自宅でも0.2を超えることはなかった。しかし、ここには大きな問題があることも教えていただいた。何と日本で手に...日本は大丈夫なのか

  • あの事故が全てを変えた

    福島第一原発事故が無かったら、私達がこの国に移住することも無かった。あの事故さえ起きなければ、人間の見たくも無かった愚かな一面をまざまざと見せつけられることも無かっただろう。それは、日本政府や原発推進派に見られるような経済や既得権益を優先した対応や、その術中に見事に嵌められてしまっている多くの日本国民のことでもある。残念ながら日本は先進国の中でもマスコミ鵜呑み度が高い。2010年末のデータでイギリスの14%に対し、日本は70.2%。かく言う私も事故後2年ぐらいはマスコミの情報を鵜呑みにしていた一人だった。アルゼンチンの鵜呑み度はわからないが、多くの日本人が原発事故の情報でTVの情報を信じているとアルゼンチン人に話した際は妙に納得していたので、こちらの人間はTVをそれほど信用していないようだ。逆に日本では「そんな...あの事故が全てを変えた

  • 車での出勤初日でまさかの

    先日、やっと保険に加入できたので、早速車で出勤した。高速道路を使ったが80kmほどで車が悲鳴を上げている感じだった。以前のオーナーの手入れ不足や走行距離が27万kmを超えているという問題もあるだろうが、改めて日本車の良さを実感する。こちらの人もそれを知っているからか、中古でも日本車は高く、やむなくフランスの車にした。ただ、こちらの燃料にはガソリン、ディーゼルの他にGNCというプロパンガスのようなものが普及している。このGNCは他の燃料の半額ほどで済む。私の場合は通勤や納品でそれなりの距離を走るので、GNC付きのものにした。お蔭でバス通勤と左程変わらない費用で通勤できるので、この選択は良かった。話が横道にそれたが、車での初出勤日。無事に仕事を終え、帰路につこうと農場を出た目の前で、警察数人で検問中。無事に通過でき...車での出勤初日でまさかの

カテゴリー一覧
商用