searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Rikoさんのプロフィール

住所
美浜区
出身
稲毛区

自由文未設定

ブログタイトル
がらくた織物工房
ブログURL
https://riko122.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
織り作品など作ったものの掲載のほか、織り関係用語集・織り組織図マクロの公開などをしています。
更新頻度(1年)

110回 / 365日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2016/03/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Rikoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Rikoさん
ブログタイトル
がらくた織物工房
更新頻度
110回 / 365日(平均2.1回/週)
読者になる
がらくた織物工房

Rikoさんの新着記事

1件〜30件

  • 2020年初の洋茶綿の収穫

    洋茶棉がはじけていました。収穫!ほわほわですねー。全部でもまだ2個しかはじけていないですが、今更よく花が咲いています。一か月後くらいに収穫…無事にできるといいですが。...

  • 永遠(大昔の行書創作作品)

    ベッドの下から出てきた書作品、その三。写真を撮ったのはこれだけなので、とりあえずはこれで終了です。大学歌を書く、というテーマだった年がありまして…みんなで大学歌の歌詞の中に出てくる言葉を書きました。永遠。当時、作品につけたひと言には、永遠なものなんてないというような、否定的なことを書いた気がします。永は今見てもいまいち気に入らないけど、遠はいい気がするなあ…。...

  • 臨書 王獻之 洛神賦十三行(大昔の楷書作品)

    ベッドの下から出てきた書作品、その二。これ、二枚で一つの作品です。書の世界で一番(多分)の有名人の王義之の、息子の王獻之の作品。大学で楷書をテーマに作品を書いた年があって、その時にパネル表装で出したものです。テーマ作品はみんなで揃えてパネルで出すことになっていたので、気に入っていてもパネル表装なんですよね…。そう、気に入っているのです。まず「洛神賦」なのがいいじゃないですか(笑)。しかも十三行。中...

  • 大昔の仮名作品

    ベッド下を掃除したら、書作品が出てきました。片付ける前に何枚か写真を撮ったので、紹介します。電子的に記録を残しておいたら、そのうちえいやっと捨てる気になるかもしれないし…。大学で、二年生から書道関係の単位を取り始めました。これはその初年度。仮名作品を展示することになっていました。当時、仮名…苦手だなあ…と思っていたので、姑息にも「万葉仮名にしちゃえ!」と、万葉仮名の歌を選びました(笑)。全紙一枚なの...

  • 2020年初!和綿がはじけました

    今朝、和綿がはじけていました。おそらく一番最初に咲いたやつですね。裂いたのが7/25。はじけたのが8/28。大体一か月です。そうかと思えば、今日になってようやく花が咲いた和棉もあります。...

  • 2020年初の和棉の茶の花

    和棉、白はいくつか咲きましたが、茶はまだだったんです。今朝ようやく咲いていました!ところで洋棉の方は割と花が咲いています。いますが、咲いた後、実になる前に落ちちゃうのが多くて…。栄養が足りないんですかねえ。暑すぎですかねえ…。うーん、今年は最終的にいくつ収穫できるやら…。...

  • 大きいフクロウを使い切る

    姉のフクロウスカートを縫った生地、4パネル分買ったので大きいフクロウは4羽いました。スカートに2羽使い、バッグに1羽使いました。残り一羽で何か作れないかなー、このバッグなら作れるかも!と生地をキープしていました。で、その残りで今までマスクとかティッシュ入れを作っていたわけですが。この夏、とうとうキープしていた布で、バッグを作りました。大きいフクロウ側。小さいフクロウ側。生地にそれほど余裕がなく、一...

  • 鳥柄のキャミソールを何かにする3

    鳥柄のキャミソールもラストワン。最後はどうしようかなと思いましたが、つるして荷物入れにするなら長いのもあった方がいいかな、と、できるだけ長くしてみました。ほとんど元のキャミソールサイズなので(裾の折り上げ部分で塗ってあるので、元より2cm位短いだけです)、キャミソール感が楽しめるかと…。まあ、底を一か所縫っただけなので、もっと小さいほうがいいとか要望があったら、縫いなおします。...

  • 2020年の初の洋棉の花

    今朝水をやったら、洋棉(茶)の花が一つ咲いていました。しかしその隣にピンクになった花があったので、実は昨日一個目が咲いていたようです。裏側で咲いていたので気が付かなかったかな…。でも、どちらも高さが20cm位しかないんですが…。今年は小さいままなのかな…。ところで和棉(白)も前回咲いたのと同じ木に二個目が何日か前に咲いていました。あとは和棉(茶)が一個も咲いていない…。...

  • 鳥柄のキャミソールを何かにする2

    「わーいファスナーつけなくていいんだー」と前作をサクサクと作ったものの。「あれ?しかしファスナーつけてと言われて、ファスナーを買っておいたような…」と思い出しました。探したらありました。薄ピンク1つと白2つ。うわー。ピンクもう縫っちゃったよ。今後何かで使うことあるかな…。ま、まあ、あるんだから黄色のキャミソールにはファスナーつけてみようか!というわけでつけました。ちょっとわかりづらいですが、口のとこ...

  • 鳥柄のキャミソールを何かにする1

    何年か前?に姉から子ども用のキャミソールを3枚預かりました。鳥好きな姉にお知り合いがくれたそうですが、着られるわけでもないので、何かにして、と。まあ鳥柄のところだけ使うなら、どうとでもしようがあるなと思ったのですが…「紐は切らないで」と。…いやバッグにするならこの向きの紐じゃない方がいいと思うんだけど…。そのうえ「ファスナーつけて」と。つまりキャミソールの形をそのまま使いたいっぽい。えーファスナーつ...

  • 2020年の初の和棉の花

    うちのベランダの棉は今年も発育が悪いです。この程度にしか伸びていません。そんな中一番奥の和棉はそれでも30cm位には達していまして。花もこれが一番先に咲きました。うーん、今年の収穫はどうかな…。せめて和棉の白と茶一個ずつ、洋棉の茶一個は収穫したい。(来年につなげる種が…)...

  • カード織りの準備

    輪状整経したカードを、織り始められる状態まで用意しました。結果…、見事に糸の通し方は16枚全部間違えていましたね!SとZを勘違いしました!全部直しながら張りました…。とほほ。まあでも全部間違えたということは、通し方の考え方自体は間違ってなかったんですよ…。負け惜しみ?きっと次は間違えない。うん、多分…。あ、ちなみに輪状整経はどんなカード織りにでも使える整経方法ではありません。全部のカードが同じ色の糸を使...

  • りーえ【リーエ】【Rye】多分ノルウェー語。リーエとはシャギーのことだそう。経糸二本毎に緯糸を絡ませてループを作る手法で、それだけ聞くとノッティングのトルコ結びのような気がする。参考:『BILLED VEV―矢吹恵子の絵織物バッグ』(2009/5/2記)りじっとへどる【リジットヘドル】筬綜絖。筬綜絖一枚で二枚の綜絖と筬の役目をする。(2005/11/9記)りじっとへどるばた【リジットヘドル機】筬綜絖が用いられた織り機。二枚綜絖とほ...

  • 輪状整経に挑戦

    カード織りを一本終わらせてカードが空きました。さて、紙糸のバッグの紐を織ろう!…ってなりました。それでは整経です。糸の必要量は計算してあります。カード織りの整経…は、いつもは整経台を使って、1枚目のAの色Bの色Cの色Dの色…、2枚めの…、、、、、という順でやっているのですが。あ、そうだ輪状整経やってみよう!と思い立ちました。輪状整経。去年のスピニングパーティーのWSで、ちょろっと実演して下さったんですよ。「...

  • 水平軸ひねりの図案4の応用4

    「SPINUTS No.81より抜粋」の冊子の図案4の応用。4つめをやりました。「久」柄だな、と思っています。5/3に経糸を準備して、5/4から織り始め、ほぼ織りきった状態でしばらく置きっぱなしにしていて、7/15に織り終えました。意外に日数かかりました。表はほら「久」ですよね。裏は右側です。途中で連続柄の向きを変えました。変えたところのアップがこちら。こちらも写真から読み取って図案を作って織ったわけですが、合ってるんじ...

  • 『糸から布へ―編む・もじる・組む・交差する・織る技法』

    先日でかい本として『The Techniques of Tablet Weaving』を紹介しましたが、厚い本といえばこれでしょう。 いや、厚さでいえば『世界の織機と織物』の方が勝っているかもしれません。しかし、『世界の織機と織物』は、ちょっと厚めの紙で、全部で400頁くらいです。A5ですし。『糸から布へ―編む・もじる・組む・交差する・織る技法』は、上質紙かなーという紙で、本文だけで493頁です。そしてB5です。すごいです。ただ、『The T...

  • 幻の織りWiki

    GTTの使い方を模索する中で、使い方わかったらメモとるの、どうせならHTMLでとっておこうかなあ…、と考えました。だったらWikiが楽かなあ、Wikiにするなら用語集もWikiに適した内容なんだからWikiに移すかー、どこか無料のWiki…あ、FC2にあるじゃん!…と安易にFC2にWikiを作りました。それで、まず中身があるから用語集を転載し始めたのです。しかし…記法がmarkdownでもtextileでもない…のかな。独自?書きづらい…。それでもなんと...

  • 『The Techniques of Tablet Weaving』

    GTTの使い方を模索している今日この頃なわけですが。GTTのHPに置いてあるマニュアルは、v1.06用です。そして現在DLできるGTTはv1.17です。その間に機能が増えているのですが、当然増えた機能についての記載がありません。以前にも書いていますが、Brocade PatternとTwist-Patternですね。サンプルがあるのでこういう柄が作れるんだーというのはわかるのですが、どういう織りなのかがわからないので、どう織るのかもさっぱり…(苦笑...

  • 耽閒遺形(大昔の篆刻作品)

    前のがらくた織物工房の記事を少しずつ整理しているのですが。PC内のバックアップ用のディレクトリに多分アップしていないこんな画像がありました。大学3年の時に授業で彫ったものです。「耽閒遺形」=かんにふけりけいをわする清閑なる事にのみ心を寄せて、此身をも打ち忘れてしまふ【王中・元】二寸印なので、わりとでかいです。実物写真もありました。まあ比較対象がないので大きさはわからないですね…。実物は物置を探せばあ...

  • モモイロインコなストライプ

    土曜日姉が飼いオウムを連れてうちに来ました。「モモイロインコ」という名ですがオウム。おじさん好きな女の子ですが、何故か好かれている私は、おそらく彼女にとっておじさん枠…。それはともかく色合いがはっきりしたオウムなので、思いついて久しぶりにStripeCamで撮影してみました。写真からストライプやチェックが生成できるツールです。前に試したのは紅葉。元の写真ストライプチェックにもしてみましたが…カラーリングがく...

  • 端糸利用布でポケットティッシュカバー その2

    端糸利用布でポケットティッシュカバー第二弾。第一弾で予告した防水布のポケットを作るタイプです。こうなりました。ポケットティッシュカバー2と同様、パターンレーベルさんのMサイズの型紙Aで作りました。ポケット側はこう。防水布で、ぴんぴんするのでポケットのふたの周囲はステッチをかけました。織り地の厚みがありすぎるので、やっぱりちょっともこもこしますね。赤線が入っている方はともかく、紺の方はひっくりかえした...

  • 夏向けHKマスク その2

    ブラウスの生地で夏向けマスクを作った時、実はその白布で裏地はもう1セット切って縫ってました。そして、しじら織りで表地を1セット切ってました。ミシンに白糸がかかってたので、作りきらなかったんですよ(笑)。先日バッグの裏布を変えるときに、ミシン糸を濃色に変えたので、このマスクも仕上げました。渋い。裏側はこんな。しじら織りでマスクと思ったのは、ユザワヤさんでしじら織り布でのマスク作りを勧めていたからです...

  • 羊の角の柄もGTTで予行演習

    GTTでは垂直軸ひねりもできる!では羊の角の柄も予行演習しておきましょう!…というわけで挑戦。いやこれはまた苦労しました…。Card Setupは、図案2のようにやる…のですが、以前に書いた通り、この図においては、\(右下向き矢印)がZで、/(右上向き↑)がSです。で、回転させてみたところ「あれ、色が違う??」ってなって、Ram's Hornでやったように、Weaving Image上で色を塗ろうとしたら…、思ったのと違うところに塗れました...

  • GTTで予行演習

    GTT、デザインを考えられる、ということはつまり、織るのの予行演習になりますね。で、「あ、毎回毎回、どこから回転変えるんだっけ??とかになる、SPINUTSのあれ、デザイン作っておけばいいんじゃーん!」と思い立ったので、作ってみました。実際にカードに糸を通してから「しまった通し方逆…」とかなると非常に悲しいので、予行演習は有益です…。えーと、色々複雑な話があるのですが、結論から言うと、GTTではカードの表面を人...

  • GTTを使ってみた:基礎編のおまけ

    Weavyのフリーペインティングモードのことを書いた最後に「GTTの使い方を調べる」と書いた通り、昨日はそのあとGTTの動画をまた見ました…。基礎編はThreaded-in Patternなのですが(これなんて訳せばいいんでしょうねえ…)、Threaded-in Patternで書いてないことがあるので、書いておきます。1. Card Setupでカードの準備をしますが、糸の色は選ばずに終わります。動画と同様、カードは12枚で1~7までをZ、残りはSにしてAcceptし...

  • Weavy発見記念、フリーペインティングモード再挑戦!

    その昔、Windows版のカード織りデザインツールを探していて見つけたWeavy。ジオシティーズに置かれていたので、なくなってしまったのですが。昨日、GTTの使い方、だれか日本語で書いていないかなーと往生際悪く探していて、Weavyを発見しました!サイトが明治大学に移転していました!!ついでに当時、どこに書いてあるのかよくわからなかった論文のありかも発見したので読んでみたところ、フリーペインティングモードについての記...

  • 水色か灰色か

    裏布を取り換えた紙糸のバッグ。紐も作ろうと思っています。バッグの両脇は多分ベルト織りでこういう柄です。同じ糸があるわけではなし、同じには用意できないので、色合いが近いものを、どうせならカード織りで用意するか、と思いました。色合い…黒とグレーと青、ですかね。でも最近カード織りに使っているユザワヤの刺し子糸、グレーは手持ちにありません。っていうか、そもそもあの刺し子糸、灰色売ってたっけ?…と思って、ユザ...

  • 紙糸バッグの裏布取り換え

    端糸利用布でティッシュカバーを作ったあと、この布と防水布を組み合わせて、ティッシュカバーを作ろう!防水布を出そう!…と思ったら、「あ、ついでに懸案のあのバッグの裏地も作ろう!」となりました。懸案のあのバッグとは、その昔、アトリエ・ダーラヘストさんの展示会で購入した紙糸で袋織りされたバッグです。自分のブログには過去に載せてない…かな。でも以前に箕輪先生のブログで紹介していただいたはず!…と探したら見つ...

  • 端糸利用布でポケットティッシュカバー

    端糸を利用して織った布で、昨日はさっそく作りました。ポケットティッシュカバーを。元々ポケットティッシュカバーを作ろうと思ってこの幅で織ってたんですよね。試し縫いがてらの端切れ利用で、市販の布でポケットティッシュカバーをいくつも作っていましたが…。デジカメ入れがいいね!…と思って織り始めたわけですがちょうど今回使った部分はとりわけデジカメ入れと似ていたので一緒に写真を撮りました。裏側はこんな感じ。これ...

カテゴリー一覧
商用