プロフィールPROFILE

ジージさんのプロフィール

住所
ドイツ
出身
品川区

自由文未設定

ブログタイトル
ジージのドイツ散歩
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/ji-ji1213
ブログ紹介文
ドイツ、ハンブルク市に在住、39年目。 海賊版の退治方法を掲載しています。 どうぞご訪問下さい。
更新頻度(1年)

52回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2015/12/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ジージさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ジージさん
ブログタイトル
ジージのドイツ散歩
更新頻度
52回 / 365日(平均1.0回/週)
読者になる
ジージのドイツ散歩

ジージさんの新着記事

31件〜60件

  • ライブカメラで観光

    今日の記事は、前回の半分続きです。前回はハンブルクの天気予報のサイトでハンブルクの景色を見られる、と紹介させていただきました。前回の記事はこちらをクリックしてください。僕はハンブルクに住んでいるので、殆どの場所、景色がわかりますけれど、目線の位置が違うので、新鮮です。これはエルベ川で、右側にエルプフィルの建物が見えます。さて、今日は新しいことですから。天気予報のトップページをまず開きます。次に赤丸で囲ってあるHDLiveWebcamsをクリックします。するとこのような画面が現れます。左上は、コウノトリの巣ですね。コウノトリと言っても正確には西洋コウノトリ、シュバシコウですから。日本のコウノトリは絶滅していて渡り鳥ですが、シュバシコウはヨーロッパに居ついています。左下はフライブルクの目抜き通りです。さて、そのペー...ライブカメラで観光

  • 4月25日の日記

    久しぶりにハンブルクからの画像を皆様にご覧いただきます。でもその前に、ハンブルクの天気予報のサイトを紹介させてください。そのサイトをご覧になりたい片は、こちらをクリックしてください。ハンブルクの天気予報なんて見ても面白くない、と思うかもしれませんが、実はそのサイトでハンブルクの景色を見ることが出来るのです。かなり重いサイトなので、しばらくそのままにして、落ち着いたら赤丸で囲ってある“Webcamansehen"をクリックしてください。すると、クリックした時刻のハンブルクの様子がライブカメラで映されます。カメラが調整中の場合もありますので、その時には右側の列の中からどれかをクリックしてください。殆どがエルベ川の景色です。日本時刻はドイツ時刻より7時間先行しています。日本のお昼の12時は、ハンブルクの朝5時ですから...4月25日の日記

  • 昭和記念公園

    今回は、日本での最後の記事で、次回からはハンブルクの記事になります。昭和記念公園へは前回と同じように西立川駅川から入りました。公園に入ってすぐ正面の池です。前回は初めての訪問だったので、小冊子をいただいて、それを見ながら園内を散歩しました。今日の目的はイチョウ並木ですが、地図も見ないで歩き始めたのです。サザンカですね。僕の悪い癖で、1度でも訪問した場所は、知っているつもりになって歩いてしまうのです。楽チンそうでいいですね。しかしイチョウ並木がみつかりません。やっとこの橋を見つけて渡ります。この時期だと、大勢の方がいらしているので、なかなか思うような写真が撮れません。でもそれは他の人にも言えるでしょうね。あのジジイ、邪魔だな、どこか行ってくれ、と思っている方が絶対にいるでしょう。遠くから眺めているときれいなのです...昭和記念公園

  • 名古屋城 その3

    またしつこく名古屋城の記事ですが、今回で最後ですから安心してください(笑)この案内図を掲載しても、縮小しているから何がなんだかわかりませんね。でも名古屋城に行きたい、と思っていらっしゃる方にはこの様な物がある、と言う目安だと思ってください。こうやって見ると、黄金のゴジラに見えます(笑)右奥に見えるのが東南隅櫓で、手前に大きく見えるのが西南隅櫓です。金色ゴジラです(笑)ゴジラの頭に見えたのは、シャチホコの尻尾だったのですね。修復中なので、このやぐらが目障りでした。この小路が気に入ったのですが、人気なしで撮るのに何分かかったことやら。ここにずっとカラスが1羽いました。何とかカラスのいないシャチホコを撮りたかったのですが、居心地がいいのかずっといましたからね。おいおい、ここは名古屋城で、カラス城(岡山城)じゃあないん...名古屋城その3

  • 名古屋城 その2

    前回の最後に書きましたように、名古屋城正門に向かって歩いていると人力車が客待ちをしていましたこのお兄ちゃんはあまり愛想がよくなかったですね。もちろんバイトでしょうが。バックに見えているのは金シャチ横丁です。金シャチ横丁はかなり長いようです。正門まであとひと息ですね。これが正門です。やっとここまでたどり着いたな、という感じでしたね。僕は入場券を買うときには、必ずジジババ割引があるかないかを訊ねます。まあこのような歴史的遺産を保持していくのに500円は高くないですね。正門を入ってすぐのところにあったのは、“徳川直道”と正室“春姫”の菊人形でした。美男、美女ですね。続けて歩いていると、こんなものが・・・これを見て、僕は急にがっかりしました。忍者ショーって、何とか名古屋城を有名にしたいショーじゃないですか。本当に必要な...名古屋城その2

  • 名古屋城 その1

    今では考えられないことですが、東京から大阪方面に向かって新幹線に乗り、進行方向右に座席を取ると、名古屋駅少し手前で名古屋城が見えたのです。すると車内放送が流れます。「ただ今当列車は三河安城駅を定刻に通過しました。次は名古屋、お出口は右側です」今はもう見えませんから。当時の新幹線の車両は0型だけでした。1988年になって10型が登場しますが、外見はほぼ同じで、内装だけ違ったのです。僕は10型には乗っていません。0型のトイレには、まだ和式便器があったのを憶えています。昨年は荷物を軽くしようと思い、一時帰国の際にノートパソコンを持って行きませんでした。ですから熱田神宮参拝のあと、駅でどのように名古屋城に行けばいいのか訊いたら、地下鉄市役所駅で降りればいいです、と教えてくれました。これが市役所駅で、背中側には金シャチ横...名古屋城その1

  • 六回忌

    皆様、個人的な都合により、普段のブログを休憩させてください。コメント欄は閉じていますし、今日の記事は後日非公開にさせていただきます。夏になると、ここObergurglで、毎年家族休暇を楽しんでいました。Obergurglで検索をすると、出てきます。これは娘が生まれた翌年ですから1981年8月です。HohemutAlm2670m山頂付近です。この場所も検索をすれば出てきます。娘は背中でグウグウお休み中。この子が今や2児の母親ですからね。Timmelsjoch峠、標高2509mこの日はちょっとガスっていました。バックの景色はイタリアです。イタリアとオーストリアの国境なので、当時はここに検問所がありました。本日はジージのブログを訪問いただきありがとうございました。明日からは普段通りのブログ記事を書くつもりでいます。皆...六回忌

  • 熱田神宮その2

    今日は前回の続き、再び熱田神宮です僕はどうも天邪鬼なようで、人様が撮らないような被写体に興味があるようですもちろんごく当たり前の被写体にもカメラを向けますけれどもね。七五三のお祝いに来ている人が多かったですね。そうするとそれを撮ってお金儲けをするカメラマンも多いわけです。そのようなカメラマンが大勢いるのを写真に撮ろうかと思ったのですが、つまらないので止めました。こんな情景に目が行くんですよ。でもしっかり撮るのは意外に難しいです。二枚でひと組だと思ってください。これも2枚でひと組です。もっとじっくり熱田神宮を見てもよかったのですが、このあとまだ行きたい場所があるので、そろそろ切り上げますね。熱田神宮をお楽しみいただけましたでしょうか。今日もジージのブログを訪問いただき、ありがとうございました。どうぞお気軽にコメン...熱田神宮その2

  • 熱田神宮、紅葉と桜

    タイトルは間違いではありませんから。名古屋で駅での移動で気付いたことは、東京に比べると階段が多いですね。住んでいる方は慣れていらっしゃるのでしょうが、ジジイには結構こたえました。熱田神宮駅で降りると、熱田神宮に入るためには幅のある道路に架かっている歩道橋を歩かなければならなかったのです。ですから信号機の付いた横断歩道まで歩いていき、そこで向かい側に渡りました。するとイチョウが目に入ったのでそちらに行くと、駐車場でした。東京で見た紅葉、黄葉に比べると、葉の痛み方が少なかったですね。この日は好天気の日曜日。七五三のお祝いに来ていらっしゃる方々がかなりいました。左側が駐車場なのですが、僕はいつの間にか神社内にいたのです。神社に来て、鳥居に向かって手を合わせないとなんとなく気が落ち着きません。あの歩道橋を渡れば鳥居の前...熱田神宮、紅葉と桜

  • 車窓からの眺め

    東海道新幹線に乗ったことは仕事ではよくあるのですが、今回は名古屋の友人を訪問です。友人が三河安城で降りるように言ったので、ひかりに乗って、途中でこだまに乗り換えてもよかったのですが、乗換えが面倒くさかったので、こだまに乗ったままに決めました。東京駅で駅弁と飲み物を選んでいる時からウキウキしていましたねまず進行方向右に席を決めたのですが、平日のこだまはガラガラでした。まずお弁当を食べて、その後でのんびりしたあとは富士山の撮影です車窓からなので、あんまりはっきり写っていません。何枚撮ったでしょうか、まるで富士山を初めて見る子供のようでしたね。やがてお城が見えたので撮ったのですが、なにしろアッという間に通り過ぎてしまい、3枚しか撮れませんでした。これでもその3枚の中で1番できがよかったのです。何城かわからなかったので...車窓からの眺め

  • テストです

    テストですスクリーンショットの画面を見てください。テストです

  • 明治神宮

    いろいろ不都合があって、またブログを書き直す羽目になってしまいました。これでうまくいくといいのですが・・・まだ少し変ですね、やりにくいです。明治神宮

  • 神宮外苑のイチョウ並木

    時期はずれの写真です(笑)おととしの紅葉、黄葉はすばらしかったのですが、昨年は木の葉の塩害でほぼ全滅でしたね。それに、昨年はこの時期、撮影したのは11月16日でしたが、ヤッケなどは要らない気候でした。まだ黄葉していませんね。それでは絵画館の方に足を向けてみましょう。おととしはこのような催しがなかったように記憶しています。未練たらしくまた並木を振り返りました(笑)出店がかなりありました。どちらかというと、この辺で沈没したい雰囲気ですね(笑)飲むのが好きな連れがいたら、絶対ここで沈没していましたね。おととしは名古屋から酒の好きな友人とこの並木道を見に来たのですが、その時にこの催し物があったら、全員ここで沈没だったでしょう。またまた未練です。神宮外苑のイチョウ並木でした。今日もジージのブログを訪問いただき、ありがとう...神宮外苑のイチョウ並木

  • バンジージャンプ その2

    今回は昨日の記事の続きです。女性読者のためにイケメンお兄さんを撮りたかったのですが、頭の後ろが薄いオッサンになってしまいました。空中にいる時に両腕を組むのは、ザイルが首に巻きつかないようにするためです。首に巻きついてしまったら即死ですから。両腕を開いているのは、着地寸前です。愛想がいいですね。僕に手を振っているのかな(笑)これは怖そうですね。そろそろ着地です。好みの顔をしているので、この子を何枚も撮っている間に、次の子が降りてきました。でも別のアングルから着地の写真を撮れたので、それでよし、ということにしますね。この後ももう少し撮っていたのですが、気が付いたらかなり時間が経っていました。お腹も空いたし、この近所には食べる場所がないので、そろそろ家に向かいます。クレーンの列です。機関車さん、バイバイ、また来るから...バンジージャンプその2

  • バンジージャンプの季節になりました

    久しぶりに最新記事です。先日、運河土手を散歩していた時に、対岸にある港湾博物館のバンジージャンプが出来るクレーンが目に入りました。ですのでいつからシーズン開始か調べたところ、こちらの時間で昨日と今日だったのです。昨日は買い物で時間がなかったのですが、今日は久しぶりに20度を越す陽気だったし、近道を見つけたので、バンジージャンプを見に行く気になりました。この機関車を見ると、ああ、そろそろ港湾博物館だな、と思います。これがバンジージャンプのクレーンですね。これは港湾博物館に着く手前で撮りました。まだ距離とか絞り、速度など設定が終わっていなかったので、テスト撮りの段階です。飛び降りる時に両手を上に組むのですが、これはロープが首に巻きつかないようにするための防御策です。これは男性だったので、以後の写真はカット(笑)女性...バンジージャンプの季節になりました

  • 法蓮寺

    またまた更新の時間が開いてしまい、申し訳ございません。今日紹介させていただく法蓮寺は、旗岡八幡神社の別当寺です。別当寺についてはこちらをご覧ください。日陰の部分と日向の部分があって、非常に見づらいです。このお寺には、荏原七福神の恵比寿様が飾られています。続きの画像をご覧になっていただいて、その間に荏原七福神の説明をさせてください。荏原七福神につきましてはこちらをご覧ください。僕が日本に住んでいた時には、この荏原七福神を知りませんでした。あとで調べたところによると、1991年に制定されたようで、僕がドイツに来た後ですね、安心しました。荏原という地名ですが、源義家の末裔と言われている当地の領主・荏原義宗から来ています。ですから、この近辺には荏原の名前の付く物が多いです。例えば、ここへの最寄り駅は荏原町という名前です...法蓮寺

  • 旗岡八幡宮

    今日は旗岡八幡宮を紹介させてください。旗岡八幡宮は、“はたがおか”と読みます。由来は、平忠常の乱を平定するために、長元3年(1030年)に源頼信が下総に赴く途中、この地に宿営し霊威を感得して、八幡大神を奉り、戦勝を祈願したのが名前の由来となったそうです。実際に神社が建立されたのは鎌倉時代だそうですが、正確な年はわかりません。ですので、この地は源氏ですから。近くには小学校が2校あって、旗の台小学校と源氏前小学校です。僕が子供のころには八幡様と呼んでいました。一時帰国すると、毎回この神社を訪問するのですが、今日は今まで紹介しなかった部分に重点を置きました。狛犬は毎年紹介していますね(笑)神輿が正面に向かって左にあったのですが、今まで気づきませんでした。なんとか狛犬をきれいに撮りたいのですが、2匹を画像に入れるのは難...旗岡八幡宮

  • ハンブルクの春

    ブログを再開してから前回まで、全て日本の記事でしたが、今日は久しぶりにハンブルクの記事です。今年に入ってから2月末まで写真を撮る気持ちにならなかったのですが、3月に入り、やっとその気になりました。しかしこの頃は、まだデジ1眼レフを手に、交換レンズをリュックに入れて写ん歩に行くまでには至っていなかったので、小型なニコンのデジカメ、クールピックスA900での撮影です。買い物道路に入る前にある桜の木です。この桜の木の花は、かなり白っぽかったですね。こちらはスーパーから50メートルほど手前にある桜の木ですが、かなりピンクが強いですね。花に飛んできたハチを撮りました(笑)ボケの花です。僕のことじゃあありませんからね(笑)まだ小型な木でしたね。レンギョウの花が咲くと、そろそろ復活祭だな、と感じます。もう復活祭は終わって、ウ...ハンブルクの春

  • バラの花

    手抜きをしているわけではありません。ただ載せる画像が1枚しかないだけです(笑)。実家に咲いていたバラの花です。種類は聞き損ないました(失礼)バラに限らず、画像は撮る時間によって表情がまったく変わりますね。バラの花はその典型ではないでしょうか。順光と逆光ではまったく違いますから。個人的なことで恐縮ですが、少しずつ体調がよくなってきました。今のところ家とスーパーの往復だけですが、今後、もっと足を伸ばせるようになる、と思っています。今日もジージのブログを訪問いただき、ありがとうございました。どうぞお気軽にコメントください。では次回まで皆様、今多くのブログの海賊版が出回っています。あなたのブログは大丈夫ですか?これはgooブログだけでなく他のブログにも対応しています。海賊版を退治したい方、あるいは自分のブログの海賊版が...バラの花

  • 多摩川浅間神社

    昨年の一時帰国の際、重いのでノートパソコンは持っていきませんでした。まあ、持っていっても同じ結果だったと思いますが。実家は東急電鉄が広がっている場所にあって、昔、多摩川園と二子玉川園という遊園地があったのです。この時はちょうど菊の時期だったので、多摩川園(今はありません)には菊人形が展示されていたので、多摩川園に行く気になったのです。そうすると、多摩川園はなかったし、駅の名前も多摩川になっていました。駅の周りも昔の面影がなかったので、多摩川を見るつもりになって歩き始めました。すると、多摩川が見下ろせるような高台があったし、階段もあったので登ったのです。今までこの神社を知りませんでしたね。すると、母娘が階段を降りてきたのです。ちょうど七五三の時期でもあります。下の方はしっかりした石段だったのですが、途中はジジイに...多摩川浅間神社

  • ルリマツリ

    タイトルを花に止まっている蝶だか蛾の名前にしたかったのですが、僕の知らない種類でした。この種類をご存知の方は、どうかご教授ください。自分ごとで申し訳ないのですが、1月、2月と写真を撮りませんでした。カメラには幸いカビが生えていなかったので、良かったと思っていますが、レンズにカビが生えることはあるようです。撮影したのは11月7日。ルリマツリはプルンバゴとも呼ばれていて、学名はPlumbagoauriculataです。まあ、花が目的ではありませんから。今日もジージのブログを訪問いただき、ありがとうございました。どうぞお気軽にコメントください。では次回まで皆様、今多くのブログの海賊版が出回っています。あなたのブログは大丈夫ですか?これはgooブログだけでなく他のブログにも対応しています。海賊版を退治したい方、あるいは...ルリマツリ

  • 紅葉の季節になりました

    もちろんこのタイトルは冗談です(爆笑)体調がよくなかったので更新の間隔が開いてしまいました。まだ以前のように写ん歩に行けるわけではないので、しばらくは古い、日本で撮った画像になってしまうことをご承知ください。写真としてはいいと思うんですが(笑)菊花展の写真もたくさんあるのですが、さすがにそれを全部紹介するのは気が引けます。まあ、次はどんな写真になるのか楽しみにしていてください。今日もジージのブログを訪問いただき、ありがとうございました。どうぞお気軽にコメントください。では次回まで皆様、今多くのブログの海賊版が出回っています。あなたのブログは大丈夫ですか?これはgooブログだけでなく他のブログにも対応しています。海賊版を退治したい方、あるいは自分のブログの海賊版があるかどうかを調べたい方は、こちらをクリックしてく...紅葉の季節になりました

  • 林試の森公園

    僕が日本に一時帰国すると、必ず訪れる場所が何ヶ所かあって、林試の森公園もその一つです。今回はもちろん紅葉の様子を見に行ったのですが、あまり期待はしていませんでした。林試の森公園にはいつも同じ出入り口を使います。まあ、実家からはこの出入り口が1番近いから当然ですね。紅葉に期待していなかったのですが、でももしかすると、と思っていました。でも撮ったのは緑と枯れ葉が殆どでした。ソメイヨシノの紅葉ですが、ズームアップすると葉の痛んでいるのがわかります。僕が公園で撮影していると、40歳半ばくらいに見える男性が、蜘蛛の巣をどのように撮ったらいいか、と僕に聞いたのです。その方はカメラをお持ちではなく、スマホだったのですが、実際に僕が撮って説明をするのが1番わかりやすいと思ったので、よりによって1番嫌いな蜘蛛の巣を撮る事になって...林試の森公園

  • 秋の日

    皆様、大変ご無沙汰しています。体調がイマイチ落ち着かないので、今後も更新の間隔が空いてしまうと思うので、どうかご容赦ください。さて、もうクリスマスなのにこのタイトルは時期遅れですね。でもまあ久し振りだ、という事でご覧下さい。↑なんのこっちゃ今日もジージのブログを訪問いただき、ありがとうございました。どうぞお気軽にコメントください。では次回まで皆様、今多くのブログの海賊版が出回っていますあなたのブログは大丈夫ですか?これはgooブログだけでなく他のブログにも対応しています海賊版を退治したい方、あるいは自分のブログの海賊版があるかどうかを調べたい方は、こちらをクリックしてください閲覧履歴の削除方法を知りたい方は、こちらをクリックしてくださいスマホの閲覧履歴の削除方法を知りたい方は、こちらをクリックしてください。秋の日

  • 母と子の森

    今日のタイトルは“母と子の森”ですが、場所はなんと新宿御苑なのです。新宿御苑を訪れた方でもこの場所を知らない方は多いでしょうね。母と子の森ですから、僕のようなジジイは入れません(笑)ここには多くの大木が残っているし、森林浴も出来ますよ。新宿御苑には広場もあるし、紅葉がきれいな場所もあります。でも僕はこの場所が好きですね。だから他の人にあまり教えたくありません。ゴーストを狙ったのですが、失敗!この場所のヒントは、新宿門からすぐです。ラクウショウの木と空気根です。ここには紅葉がどうだか見に来たのですが、やはりまだ早かったようです。これは別の木ですから。空気根は面白い形状をしていますね。ここでは空気根がある場所に立ち入らないように、木で作った歩道があります。ご覧になれましたか?木の歩道がありますね。ラクウショウの紅葉...母と子の森

  • 新宿御苑の菊花展 その2

    菊の写真をかなり撮ったので、それを全部掲載すると、もう1回菊花展の記事が続いてしまうので、写真をだいぶ削りました。不精したかったのかもしれませんね(笑)ここではそれぞれの菊を全て撮ったのですが、この1枚に全て写っているので、これで終わりにしますね。菊ばかり見ていると、こんな写真でもすばらしく見えます(笑)では次の場所です。ここでもこの1枚に全て写っているので、これで終り。この木から新芽が出たのではないと思います。よく見ると、別の種類の芽も出ているので、タネがもぐりこんで発芽したのでしょう。それよりもボケていますが、アメンボウが写っているのです。撮った時に気付けばよかったのですが…菊は実際に見る方がきれいですね。では次に行きましょう。今回は不精しないで全部載せますね。それに特別サービスもあります。あまりにも花弁?...新宿御苑の菊花展その2

  • 新宿御苑の菊花展

    新宿御苑を訪問して写真を撮りましたが、菊花展とその他の写真を分ける事は止めて、御苑を見て回った順に写真を掲載する事にしました。菊の写真ばかり続くと飽きがくると思ったからです。ゴチャゴチャ書かないで、ご覧いただきますね。僕は新宿御苑を訪れると、千駄ヶ谷門から入り、新宿門から出ます。そうする事に理由はないのですが、いつからかそうなってしまいました。しかし千駄ヶ谷駅から新宿御苑へ行くのに、あの道は何とかならないのでしょうか。はっきりとした紅葉は見られません、残念でした。菊花展に行く道の両側に菊のポールがあって、人がいなくなるのを待っていたのですが、それは無理でしたね。これは右、そしてこれが左のポールです。昔、東急東横線に多摩川園前という駅があって、その駅のすぐ近くに多摩川園と言う遊園地がありました。その遊園地で、毎年...新宿御苑の菊花展

  • 洗足池周囲の散策

    今日は前回の続きです。前回最後に紹介した神社から右に降りていくとこの像があります。細かい説明は省きますが、名馬“池月”の像で、源頼朝が再起して、鎌倉に向かう途中、洗足池近辺に宿営しているとこの馬が現れ、池に映る月光の輝きのように美しかったので、池月と名付けられたそうです。その像を後にして歩いていると、見えたのがこの木です。夏みかんの木だ、と書いてありました。公害もないし、無農薬でしょうね。それでは前回、初めの方に紹介した神社に行きましょう。これは洗足池弁財天(厳島神社)です。この場所には神社以外、面白い物はないので、再び橋を渡ります。そして橋を渡った正面に見える景色です。階段を登って行くと、閑静な住宅街なのですが、今日はパスしますね。こんな所にいなくてもいいと思うのですが、居心地がいいのでしょうか。では続けて歩...洗足池周囲の散策

  • 洗足池の景色

    11月23日の夜11時に日本から戻ってきました。その日はヘロヘロだったので、今日更新したしだいです。洗足池は昔日蓮上人が足を洗った事から名付けられたそうです。東急池上線の洗足池駅で降りると、正面にありますので、ご覧になりたい方はどうぞいらしてください。実家から歩いて30分ほどの場所にあるので、子供の頃はよく遊びに行きましたね。実家から、まずルリマツリの花を撮ろうと思って咲いているはずの場所に行ったのですが、花はあまり元気がありませんでした。その代わりに蛾が止まっていたのですが、種類はわかりません。元気のない花が殆どだったのですが、かろうじて1枚だけ撮れました。では洗足池に向かいましょう。洗足池に着いて、まず目に入るのがスワンボートです。平日の昼、誰も乗っていませんでした。紅葉していれば、タイトルを“洗足池の紅葉...洗足池の景色

  • 一時帰国します

    皆様がこの記事をお読みになる頃は、おそらく空の上ですね。東京、羽田には5日着で、帰りは23日、羽田発です。この飛行機だと速くていいのですが(笑)今回はノートパソコンを持っていかないから返事を書けませんので、コメント欄は閉じさせてください。今日もジージのブログを訪問いただき、ありがとうございました。どうぞお気軽にコメントください。では次回まで今日もジージのブログを訪問いただき、ありがとうございました。どうぞお気軽にコメントください。では次回まで皆様、今多くのブログの海賊版が出回っていますあなたのブログは大丈夫ですか?これはgooブログだけでなく他のブログにも対応しています海賊版を退治したい方、あるいは自分のブログの海賊版があるかどうかを調べたい方は、こちらをクリックしてください閲覧履歴の削除方法を知りたい方は、こ...一時帰国します

カテゴリー一覧
商用