searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
たくげんBlog
ブログURL
http://takugen.seesaa.net/
ブログ紹介文
山登りなど、旅の参考になるBlogを目指して書き綴ってます。
更新頻度(1年)

15回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2015/08/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、たくげんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
たくげんさん
ブログタイトル
たくげんBlog
更新頻度
15回 / 365日(平均0.3回/週)
読者になる
たくげんBlog

たくげんさんの新着記事

1件〜30件

  • 雨乞岳(北杜市) ー南ア前衛 清冽な水をもたらす山

    読んで字のごとく、水不足に苦しむ人らが 雨乞いをしに登ったとされる山。 そんな雨を願う山は今ではサントリー白州蒸溜所や コカコーラ白州工場などが東麓にあるように 名水を生む山となっている。 南アルプス山系の山梨百名山で最北に位置する山。

  • 茅ヶ岳4 -イワカガミ咲く 観音峠から

    深田記念公園にある説明には深田久弥が3月、 この山を登山中に脳出血で倒れたときのことが書かれている。 仲間の「この辺りはイワカガミが咲いてきれいです」 との言葉に、すっかり喜び 「そうですか」とうなずいたのが最後だったという。 イワカガミが咲くのは梅雨時期、 春先に咲いているものではないが 茅ヶ岳を登る上で見ておきたい花である。

  • 王岳 -西湖根場浜の御坂山塊

    甲府盆地から眺めて富士山近辺の御坂山塊の中で 一番高く見える節刀ヶ岳より右へ右へと目をやると 台形のように見える稜線がある、それが王岳である。 随分立派な名前であるが、 甲斐国志には大嶽と表記されており 恐らくはそこから転じたものであろう。

  • 笠無 -比志津金山塊の最高峰

    奥秩父山系の中で須玉町へと伸びた山々を 比志津金山塊というが、 その山塊の最高峰が笠無である。

  • 斑山 -八ヶ岳茅ヶ岳間にある気になる山

    まだらと書いて「まんどり」と読む。 瑞牆山へ行くのに増富ラジウムラインを 上がっていく途中にある山。 秋はきのこ採取や狩猟をしている都合で 入山禁止となっている。

  • 高ドッキョウ -海が見える山梨百名山

    山梨百名山の中では最南端の山。 山名には経が聞こえて「高読経」と当てたとか、 突起がなまってドッキョウになったとか諸説ある。

  • 苗敷山 -甘利山手前の気になる山

    甘利山よりも人里に近いところにある山。 国土地理院の地図では旭山と表記されているところで、 北側のピークに山頂標がある。 南側には穂見神社という、 奥院にしては随分立派な建物がある。

  • 石割山 -山中湖へ 初冬の富士見物

    山中湖のそばにある道志山塊の山。 山頂直下にある石割神社が山名の由来で そこには真っ二つに割れた巨岩がある。

  • 杓子山 -とにかく富士が近い!絶景の山

    高所から富士を見るのにここより他に 近くで眺められるところはない とすら思える大変人気の山。 南麓には忍草と内野の2つの地区からなる 忍野村がある。

  • 湯村山 八王子山 天狗山 -湯村の甲府名山

    甲府市街地より北西側、 温泉地である湯村から見上げると 山頂部が白い特徴ある山が見える。 山の向こうには 帯那川を堰き止めた人造湖、千代田湖がある。

  • 槍ヶ岳 後編 -北アの3000m級稜線歩き

    北アルプスで3000mを越える山は 槍穂高連峰に集中していて8座ある。 個々がとがっている故に 鞍部まで下ると3000mを下回るが 中岳~槍ヶ岳間だけは3000mをキープしながら 縦走することが可能である。 北アルプス唯一の実質3000m級稜線。

  • 槍ヶ岳 前編 -日本第五の高峰

    今さら槍ヶ岳について語るのも愚かなくらい、周知の山である。 三千米を越える高さと言い、颯爽とした鋭い形と言い、 わが国の山の中で最もユニークな存在である。 - 深田久弥 日本百名山 -

  • 八ヶ岳(西岳 編笠山) -八ヶ岳南端 富士見高原から

    権現岳の西にあることからその名がつく西岳、 八ヶ岳の南端部にありながら西というのは不思議なことだ。 権現岳が八ヶ岳山岳信仰の修験道の中心だった頃 立場川以南の中で一番西にある山という意味で 西岳と呼んだのがはじまりだとされる。

  • 瑞牆山2 -大ヤスリ岩を眺めながら

    甲武信ヶ岳を中心とする奥秩父一帯が 今年の6月に日本国内では10箇所目となる 生物圏保存地域(ユネスコエコパーク)の登録決定となった。 長野、山梨では既に志賀高原、南アルプスが それぞれ登録済みであり今回の甲武信が2例目となる。

  • 筑波山 -筑波山頂めぐりのみち

    筑波山を日本百名山に選んだことに 不満な人があるかもしれない。 高さ千米にも足りない、 こんな通俗的な山を挙げるくらいなら、 他にもっと適当な名山が いくらでもあるではないかと。 - 深田久弥 日本百名山 -

  • 堅破山 -茨城北部の奇岩巡り

    水戸徳川家二代当主の水戸光圀公が ここへ訪れたときに見た真っ二つに割れた石から 山名がついたとされる。 伝承が残る奇岩の多い山である。

  • 八溝山 -茨城の最高峰

    八方が谷で深く刻まれていることに由来する 茨城最高峰の八溝山。 南麓には名水百選にも選ばれている 八溝川湧水群がある。

  • 甲府名山一覧 たくげんの登山記録

    こうふ開府500年を記念して2019年に甲府市が 信玄と武田24将にちなんで25山を選定。 (随時更新)

  • 奥久慈男体山 後編 -日本三名瀑袋田の滝へ

    袋田の滝は奥久慈男体山より北へ5km先にある。 海底火山が隆起してできたものだという。 2008年には既存の観瀑台より上に 新たに観瀑台が設置され、 正面から滝の全景を見渡せることができるようになった。 奥久慈一の観光スポットである。

  • 奥久慈男体山 前編 -奥久慈の奇峰

    久慈郡大子町と常陸太田市との間にある山。 かつて久慈郡は日立市や常陸太田市も 含まれていたが現在では大子町のみである。 八溝山北面から流れる久慈川流域の 県境辺りが奥久慈である。

  • 十枚山 -安倍東山稜一の展望地

    山梨県の南端にある南部町と 静岡県の梅ヶ島温泉郷との間にある、 安倍東山稜の中で一番見晴らしがいい場所。 静岡では急な上り下りを滝の数え方の「枚」を用いて 「登り十枚、下り十枚」と表現するそうで 滝が幾つも続いているような急斜面 という意味からつけられたとされる。

  • 高川山 -秀麗富嶽十二景11番

    相模川水系の笹子川と桂川に挟まれたところにある 電車でアクセス可能な手軽な山である。

  • 守屋山 後編 -諏訪の大展望地 西峰からの景色

    守屋山東峰には守屋神社奥宮という 鉄柵で守られた祠が鎮座する。 守屋山には雨乞い信仰があり、 祠を山頂から突き落として 祭神の怒りを買い雨を降らせたという。 今はさすがにそのような習慣に倣って 突き落とすことがないよう 柵で守っているということだ。

  • 守屋山 前編 -諏訪の大展望地 東峰からの景色

    国道152号を挟んで南アルプスと 平行して伸びている伊那山地、 これも南アルプスの一部とするならば 守屋山は南アルプスの最北端の山という位置づけとなる。

  • 富士見山 -身延町早春の富士景色

    「富士見」という地名は関東中部の 様々な場所で目にするが、 山に富士見とついたものはこの山だけ。 南アルプスの前衛、早川町と身延町の境にある山。

  • 笹子雁ヶ腹摺山 -もう一つの秀麗富嶽十二景4番

    雁がその腹をするようにして尾根を飛んでいく という云われの山は大月市に3つある。 笹子雁ヶ腹摺山の南西に笹子峠がある。 大菩薩連嶺、御坂山塊を境に 西を国中、東を郡内と呼ぶが 笹子峠はこれら東西を繋ぐ 甲州街道最大の難所であった。

  • 茅ヶ岳3 ー尾根筋から尾根筋へ

    年明け登山は去年と同じく茅ヶ岳。

  • 滝子山 後編 -緩やかなズミ沢の道へ

    別名三つ丸、古くは鎮西ヶ丸などと呼ばれていた滝子山。 名前の通り鎮西八郎為朝伝説が残っている。

  • 滝子山 前編 -秀麗富嶽十二景4番

    電車で行ける場所にある 大月市が選定する秀麗富嶽十二景の一つ、滝子山。 大菩薩嶺から伸びる小金沢連嶺の南端になる。

  • 十二ヶ岳 節刀ヶ岳 後編 -御坂山塊の中央へ

    どこから見上げてもきれいな三角錐に見える節刀ヶ岳。 三ツ峠山から蛾ヶ岳へと続く 御坂山塊主稜線のおよそ中央に位置する。

カテゴリー一覧
商用