プロフィールPROFILE

水原杏樹さんのプロフィール

住所
大阪府
出身
未設定

史跡めぐりにこだわった旅行をしていますので、いろいろウンチクを傾けることもありますが、現地ネタなど旅行記としても楽しめるものを目指しています。たくさんの人にわかりやすく、を目標にしていますので、気軽に読んでください。

ブログタイトル
世界史オタク・水原杏樹のブログ
ブログURL
https://ameblo.jp/serindia/
ブログ紹介文
「世界史オタク」が海外旅行に行って史跡巡りをする日記です。多言語多読(英・中・仏)もやっています。
更新頻度(1年)

33回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2015/04/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、水原杏樹さんの読者になりませんか?

ハンドル名
水原杏樹さん
ブログタイトル
世界史オタク・水原杏樹のブログ
更新頻度
33回 / 365日(平均0.6回/週)
読者になる
世界史オタク・水原杏樹のブログ

水原杏樹さんの新着記事

1件〜30件

  • 「A Fairy Tale-青い薔薇の精-」に感じた問題点(3)

    今回は私の空想です。こういう展開もどうかな?という…。なのでお気軽にお読みください。人気の「A Fairy Tale」という絵本。作者は謎の人物。新刊が出て話…

  • 「A Fairy Tale-青い薔薇の精-」に感じた問題点(2)

    昨日あれだけ書いたのにまだあるの?と、思われるかもしれませんが。なにしろ回数見すぎて「ル・サンク」読んでセリフも覚えてしまって、そうすると見れば見るほど理不尽…

  • 「A Fairy Tale-青い薔薇の精-」に感じた問題点(1)

    花組公演、あれだけ見ておいてブログに感想を書いていません。特にお芝居は見れば見るほど「?」に思うことが多くてなかなか書けず…ということもありますが、追っかけに…

  • 「中華の成立 唐代まで」 渡辺信一郎:著 シリーズ中国の歴史1(岩波新書)

    久しぶりに「世界史オタク」らしい日記かも。 新しい中国の歴史のシリーズの刊行が始まりました。「中国の歴史」…というワードに弱い。ということで買ってしまいました…

  • 宝塚GRAPH買えました!

    発売してすぐ売り切れ、再入荷しても売り切れ。2回目の再入荷は果たして…。お昼にキャトルのHPを見たら、「SOLDOUT」の文字がなくなって「カートに入れる」に…

  • 宝塚GRAPH11月号キャトルレーヴ限定版はずっと売り切れ

    宝塚GRAPH11月号はみりおちゃん(明日海りお)サヨナラ特集。 しかもキャトルレーヴ販…

  • 宝塚GRAPH11月号キャトルレーヴ限定版はずっと売り切れ

    宝塚GRAPH11月号はみりおちゃん(明日海りお)サヨナラ特集号。 しかもキャトルレーヴ…

  • 「FACTORY GIRLS」

     日米合作の新作ミュージカルの初演で、ちえちゃん(柚希礼音)が主演で、ウタコさん(剣幸)も出るし面白そうだなと思っていました。しかし大阪では3日間だけ。しかも…

  • 海外旅行に行けない理由

    福島旅行は去年の10月。その旅行記が今頃終わったわけですが、じゃあ今年は何をしてたんだと言うと。まず旅行に行けない一番の理由は…お金がない。自費で旅行記を出し…

  • 福島旅行記(23)

    そのあと、案内人さんは私が仏像とか歴史とかが好きだと思ったので、それに合わせた所に連れて行ってくれました。ひっそりとした道端の片隅に石仏が並んでいる場所とか。…

  • 福島旅行記(22)白水阿弥陀堂

    白水阿弥陀堂は、いわき市内なので、特に山奥ではないのですが周囲は静謐な山の中…という感じです。池があって、小さな反り橋を渡ると、国宝の杮葺きの阿弥陀堂が現れま…

  • 月組公演「I AM FROM AUSTRIA」

    13日に見てきました。12日は台風のため公演があるかどうか危ぶまれましたが、交通機関も一部運休はありましたがおおむね通常通り動いてましたし、公演は行われました…

  • 福島旅行記(21)いわきへ

    会津若松に戻ったら、次の目的地はいわきです。福島県は広い。会津からいわきまで遠い。計画を立てるときに会津からいわきまで行けるものか調べてみたところ、鉄道は時間…

  • 福島旅行記(20)勝常寺

    会津坂下の観光が終わったので、湯川へ移動します。坂下と湯川の境目に「道の駅あいづ」があり、そこから湯川に入ると勝常寺に行けます。勝常寺は徳一が開いた寺です。そ…

  • 福島旅行記(19)法界寺(中野竹子の墓)

    会津坂下まちなかガイド最後の訪問地は法界寺です。ここには中野竹子の墓があるのです。戊辰戦争で娘子隊の一人として果敢に戦い果てました。と、言われますが、当時は「…

  • 霊山歴史館

    まさか自分が一人でここに行くようになるとは思いませんでした。日本史興味ないはずだし。しかし今年リニューアルして、特別展として「激闘!新選組」という展示があると…

  • 「レビュー・ニッポン・モダンタイムス」(DVD)

    今年のGWに表記の公演が行われたのですが、東京のみの公演だったので見られませんでした。予約販売限定でDVDが出たので購入してみました。昭和初期の「モダン」な時…

  • 二つの「ON THE TOWN」

    兵庫県立芸術文化センターで「ON THE TOWN」を上演するというのは、去年から劇場で予告が出ていました。もともとここでは毎年佐渡裕によるプロデュースオペラ…

  • 福島旅行記(18)会津坂下3・立木観音

    次に目指すのは恵隆寺です。しかし、まずはその近くの心清水八幡神社へ案内されました。もとは恵隆寺とセットだったのが、明治の神仏分離令で分けられたものです。お寺と…

  • 福島旅行記(17)会津坂下2上宇内薬師堂

    次に向かったのは主要目的の上宇内薬師堂(かみうないやくしどう)です。文字通り薬師如来があるのでそれが見たかったのです。お寺は無住なので事前予約が必要です。連絡…

  • 「ロックオペラ モーツァルト」って

    星組新トップコンビと上演作品が発表されましたが…「ロックオペラ モーツァルト」って前に梅芸で見たやつじゃないんだろうか。中川晃教と山本耕史がモーツァルトとサリ…

  • 福島旅行記(16)会津坂下1・古墳

    翌日、朝早くからドアをあちこちでバタン、バタンと開け閉めする音が聞こえます。まだ私の起きる時間じゃないのにーと思いながらうつらうつらしながらなんとなく聞こえて…

  • 福島旅行記(15)会津坂下に泊まった訳

    まだ続く福島日記…いつまでかかっているのか、すでに開き直り?で、とにかくどれだけかかっても最後まで書く。 滝沢本陣で会津若松の観光は終わりです。この日はここか…

  • 第一目的

    福島日記も終わっていないのに、なしくずしに東京日記が続いています。実は東京へ行った第一目的はこちらで…。ヴェネチアを舞台にした稀代のプレイボーイ、カサノヴァの…

  • 旧新橋停車場

    今回東京に行くに当たり、宿泊地として選んだのは新橋でした。東宝劇場から意外と近そうだったこと、渋谷へ行くにも地下鉄1本で行けることなどです。それで、新橋駅を降…

  • 「20世紀号に乗って」

    東京都庭園美術館はJR目黒駅から徒歩です。そこから渋谷まで近いです。そのあと渋谷の東急シアターオーブへ行きました。上演されているのはブロードウェイ・ミュージカ…

  • アール・デコの館、東京都庭園美術館

    東京都庭園美術館は、もともと朝香宮邸として建てられました。1933年の竣工で、当時流行のアール・デコ様式で装飾されています。アール・デコが好物の私は以前から行…

  • 福島旅行記(14)滝沢本陣

    飯盛山を降りてきたら、次に目指すのは滝沢本陣です。滝沢組郷頭横山家の住宅だったもので、歴代会津藩主が参勤交代の時に旅支度を整えた休息所として使われてきました。…

  • 福島旅行記(13)飯盛山3・白虎隊記念館

    さらに降りていきますと、白虎隊記念館があります。2階建ての白壁の土蔵風の建物です。中に入ると…広い空間があって壁側が大きなガラスケースになっています。かなり大…

  • 福島旅行記(12)飯盛山2・さざえ堂と戸の口堰洞穴

    飯盛山のてっぺんから下りる順路が示されていますので、そこを降ります。普通の石段です。途中にお土産屋さんがありました。何の気なしに通り抜けしてみると、絵葉書が目…

カテゴリー一覧
商用