searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

水原杏樹さんのプロフィール

住所
大阪府
出身
未設定

史跡めぐりにこだわった旅行をしていますので、いろいろウンチクを傾けることもありますが、現地ネタなど旅行記としても楽しめるものを目指しています。たくさんの人にわかりやすく、を目標にしていますので、気軽に読んでください。

ブログタイトル
世界史オタク・水原杏樹のブログ
ブログURL
https://ameblo.jp/serindia/
ブログ紹介文
「世界史オタク」が海外旅行に行って史跡巡りをする日記です。多言語多読(英・中・仏)もやっています。
更新頻度(1年)

28回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2015/04/16

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、水原杏樹さんをフォローしませんか?

ハンドル名
水原杏樹さん
ブログタイトル
世界史オタク・水原杏樹のブログ
更新頻度
28回 / 365日(平均0.5回/週)
フォロー
世界史オタク・水原杏樹のブログ

水原杏樹さんの過去記事

1件〜30件

  • 浜寺周辺散歩

    4月にいきなりシフト勤務になり、週2回だけ出勤してあとは家におこもりになりました。出かけるわけにいかないし、こんなにずーっと家にいてたら確実に運動不足です。歩…

  • 伍連徳~伝染病防止に賭けた人生~(7)

    2年後の1920年10月、今度はハイラルでペストが発生しました。病人はソ連の警備局員で、妻と3人の子供も亡くなりました。伍連徳が調べると、この妻は満州里に親戚…

  • 伍連徳~伝染病防止に賭けた人生~(6)

    今回のペストが発生してから、清朝政府は欧米各国に救援を求めていました。ちょうど各国の専門家が北京に集まったころ、伍連徳がペストを収束させていました。施肇基は、…

  • 伍連徳~伝染病防止に賭けた人生~(5)

    伍連徳は北京宛に遺体の焼却の許可を求める電報を打つため、于駟興に署名を求めました。さらに随行していた官員たちも署名しました。そして墓地は封鎖されました。電報を…

  • 伍連徳~伝染病防止に賭けた人生~(4)

    ロシア人はマスニが滞在していたホテルを封鎖し、徹底的に消毒しました。著名なフランス軍医でペストの専門家であったマスニの死の知らせは世界を震撼させました。そして…

  • 伍連徳~伝染病防止に賭けた人生~(3)

    1月2日、北洋医学堂の首席教授、フランス人のマスニが派遣されてきました。唐山でペストが発生した時に防疫に当たった経験のある医師です。天津で伍連徳とも面識があり…

  • 伍連徳~伝染病防止に賭けた人生~(2)

    1910年12月24日、列車はハルビンに到着しました。伍連徳は道台府の道員、于駟興を訪ねて現地の状況を聞きました。この病気はいささか奇妙なところがあるというこ…

  • 伍連徳~伝染病防止に賭けた人生~(1)

    これまで小説とドラマで1910年のハルビンのペストのことを紹介してきました。しかし、小説もドラマもフィクションです。もともとはハルビンに関する本を読んだときに…

  • 1910年のハルビンのペスト禍と中国ドラマ(2)

     さて、物語の後のほうでは革命党が満州地域に入ってきているのでハルビンの警察では取り締まりを命じられます。そうすると、伍連徳を助けてきたハルビンの商人会の会長…

  • 今朝の新聞に伍連徳の名前が!

    今朝の新聞に載っていました。中国では料理は大皿に盛ってみんなでつつくのが基本スタイル。しかしコロナの流行でこの習慣を改めようという働きかけが行われているそうで…

  • 1910年のハルビンのペスト禍と中国ドラマ(1)

    このたびのCOVID-19の流行で、よく引き合いに出されるのが中世ヨーロッパのペスト、1930年代のスペイン風邪。しかし私が思い浮かべるのは1910~11年の…

  • 「草原の制覇」 シリーズ中国の歴史3

    岩波新書・シリーズ中国の歴史3巻は「草原の制覇」。(古松崇志:著)タイトルだけでウットリ。実際中を見てみると、ウットリするキーワードがいっぱい~。騎馬遊牧民、…

  • ファン・メーヘレン

    2日のBSプレミアムの「ダークサイドミステリー」でファン・メーヘレンを取り上げていました。フェルメールの贋作で有名な人です。この人の名前を知ったのは「エロイカ…

  • シリーズ中国近現代史最後の2巻

    「世界史オタク 上海・ハルビンを行く」を書いた時、もうちょっとちゃんと中国の近現代史を知っておいた方がいいなと思いました。それでちょうど岩波新書から「シリーズ…

  • 「ムーラン」英語版サイト2

    こっちの方が動画の画質もいいし、下の方にも動画があります。メイキング映像もあるし…。壁を走ったりワイヤーワークがあったり、香港映画みたい。前の日記でリンクした…

  • 「ムーラン」英語版サイト

    「ムーラン」のことを調べていたら英語版サイトが見つかりました。https://www.disney.com.au/movies/mulan ふたつ前の日記でリ…

  • 「ムーラン」にはリンチェイも出演する!

    ゆうべはみりおちゃんの初仕事のニュースに興奮してそれだけ見て満足していました。しかしよくよく「ムーラン」のキャストを見てみると…。 リンチェイ(ジェット・リー…

  • 明日海りお様の初仕事は「ムーラン」の吹き替え!

    ついにみりおちゃんの退団後の初仕事の発表がありました。https://www.disney.co.jp/movie/mulan/news/20200320_0…

  • 渡辺謙の「The King and I」を見て

    数年前、渡辺謙がブロードウェイで「王様と私」のリバイバル上演で王様役のオファーを受けて話題になりました。その公演のロンドン公演版がWOWOWで放送されました。…

  • 「江南の発展 南宋まで」 シリーズ中国の歴史2

    「江南の発展 南宋まで」シリーズ中国の歴史② 丸山充拓著 岩波新書シリーズの2巻が出ました。タイトルに見るように、江南をテーマにしています。例えば中国では「南…

  • 「なにわ夫婦八景」

    桂米朝五年祭「喜劇・なにわ夫婦八景 米朝・絹子とおもろい弟子たち」松竹座で上演中。見に行ってきました。桂米朝の奥さん、絹子を中心に描かれた物語で、絹子を演じる…

  • 「A Fairy Tale-青い薔薇の精-」に感じた問題点(3)

    今回は私の空想です。こういう展開もどうかな?という…。なのでお気軽にお読みください。人気の「A Fairy Tale」という絵本。作者は謎の人物。新刊が出て話…

  • 「A Fairy Tale-青い薔薇の精-」に感じた問題点(2)

    昨日あれだけ書いたのにまだあるの?と、思われるかもしれませんが。なにしろ回数見すぎて「ル・サンク」読んでセリフも覚えてしまって、そうすると見れば見るほど理不尽…

  • 「A Fairy Tale-青い薔薇の精-」に感じた問題点(1)

    花組公演、あれだけ見ておいてブログに感想を書いていません。特にお芝居は見れば見るほど「?」に思うことが多くてなかなか書けず…ということもありますが、追っかけに…

  • 「中華の成立 唐代まで」 渡辺信一郎:著 シリーズ中国の歴史1(岩波新書)

    久しぶりに「世界史オタク」らしい日記かも。 新しい中国の歴史のシリーズの刊行が始まりました。「中国の歴史」…というワードに弱い。ということで買ってしまいました…

  • 宝塚GRAPH買えました!

    発売してすぐ売り切れ、再入荷しても売り切れ。2回目の再入荷は果たして…。お昼にキャトルのHPを見たら、「SOLDOUT」の文字がなくなって「カートに入れる」に…

  • 宝塚GRAPH11月号キャトルレーヴ限定版はずっと売り切れ

    宝塚GRAPH11月号はみりおちゃん(明日海りお)サヨナラ特集。 しかもキャトルレーヴ販…

  • 宝塚GRAPH11月号キャトルレーヴ限定版はずっと売り切れ

    宝塚GRAPH11月号はみりおちゃん(明日海りお)サヨナラ特集号。 しかもキャトルレーヴ…

  • 「FACTORY GIRLS」

     日米合作の新作ミュージカルの初演で、ちえちゃん(柚希礼音)が主演で、ウタコさん(剣幸)も出るし面白そうだなと思っていました。しかし大阪では3日間だけ。しかも…

  • 海外旅行に行けない理由

    福島旅行は去年の10月。その旅行記が今頃終わったわけですが、じゃあ今年は何をしてたんだと言うと。まず旅行に行けない一番の理由は…お金がない。自費で旅行記を出し…

カテゴリー一覧
商用