searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
写真で綴るすぎさんのブログ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/sugi713
ブログ紹介文
家庭菜園をやりながら、祭り、イベント、花、野鳥などの撮影しながら人生をめいっぱい楽しんでいす。
更新頻度(1年)

478回 / 365日(平均9.2回/週)

ブログ村参加:2015/04/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、sugi/abikoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
sugi/abikoさん
ブログタイトル
写真で綴るすぎさんのブログ
更新頻度
478回 / 365日(平均9.2回/週)
読者になる
写真で綴るすぎさんのブログ

sugi/abikoさんの新着記事

1件〜30件

  • 大磯 照ヶ崎海岸 アオバト

    朝自宅を常磐線で上野駅で東海道線に乗りかえ東京~横浜~大磯駅に、8時20分下車し歩いて15分で照ヶ崎海岸へ梅雨明けで天気は晴れ・・・雲が多く伊豆半島箱根丹沢富士山などが展望出来ません。アオバトは、5月初旬から10月頃で、一番のピークは7月~8月頃です。早朝の日の出から10時頃までと夕方が見やすい。照ヶ崎海岸は「大磯照ヶ崎のアオバト集団飛来地」として神奈川県の天然記念物に指定されています。アオバト全長約33センチの中型のハトで全体が緑色の美しい羽色です。頭から胸にかけては黄味色が強く、腹部は白っぽく、翼の肩の部分がブドウ色をしたのが雄で、雌との見分けが容易です。食べ物は木の実や果実が主体で大磯から20~30キロメートル離れた丹沢山地からの飛来が証明されているそうです。照ヶ崎海岸でアオバトの糞を採取して糞の中に排出...大磯照ヶ崎海岸アオバト

  • アンデルセン公園で食虫植物の展示

    先日アンデルセン公園に行った時、食虫植物のふしぎな世界と云う展示会を見て・・・食虫植物とは虫を捕まえて消化吸収する性質を持つ植物です。世界各地に約700種類ほど確認されている。捕まえた虫からの栄養は補助的な物で、普通の植物の様に葉で光合成で根からも栄養を摂っている。食虫植物は、落とし穴式・挟み込み式・吸い込み式などです。ウツボカズラは落とし穴式・・・筒や袋を形成し甘い蜜や臭いで虫をおびき寄せ落とし穴に落とす食虫植物です。吸い込み式水中で袋を形成し小さな虫などを袋の中に吸い込んで捕まえる。落とし穴式筒状の葉を地面から長くのばし筒の中に虫を落としこむ食虫植物挟み込み式の食虫植物ハエトリソウよく売られている。二枚貝挟み込み式タエトリソウは自分で動いて虫を捕まえる所が対になって葉を動かして虫を挟み込んで補虫する植物です...アンデルセン公園で食虫植物の展示

  • 三番瀬~佐倉城址公園へ 探鳥に

    バイクで船取線(8号線)を走って中山競馬場前を通って船橋三番瀬へ今日は大潮でシギチが近くで撮影出来ると思ってが、やはり秋の渡りが始まったばかりで少なかった。また、いたとしても遠すぎましたて。カメラで覗いて・・・潮干狩りする人を見てびっくりしました。ほとんど中国人らしい・・・ウミネコ・・・シギチが逆光位置にいて写真は良くないです。キアシシギメダイチドリ?三番瀬撮影が逆光になって・・・シギチが少ないので自宅へ帰る途中・・・昨日佐倉城址公園のアオバスクが夕方まだ離れてないという事を聞いたのでもしかしたらまだいるかもと思って行って見ましたが、やはりもう巣立った雛三羽と親二羽はいなかった。隣のサギコロニーを見て帰ってきました。途中帰り道ダイサギが集まっていました。三番瀬~佐倉城址公園へ探鳥に

  • アンデルセン公園 ひまわり祭り

    ふなばしアンデルセン公園は、ワンパク王国、メルヘンの丘、子ども美術館、自然体験、花の城の5つのゾーンからなる総合公園です。自然の起伏や雑木林を生かした園内は四季折々の花で彩られ、緑豊かな憩いの場として幅広い年代も楽しみできます。今回はひまわり祭りが見に・・・北口から入る時にはコロナ感染防止のために体温測定、消毒して入場入ってすぐ岡本太郎さんの「平和を呼ぶ」像向日葵園内が約2万株のひまわりが植えられています。虹の広場前のひまわり太陽の橋の向日葵風車前の向日葵風車前の向日葵風車はデンマーク・オーデンセ市のフュン野外博物館に現存する1800年代に建設された風車を手本に、デンマークの職人によって組み立てられた粉ひき風車メルヘンの丘イベント広場と噴水向日葵の名はサンタスティックファイヤー風車前の向日葵・サンビリーバブルひ...アンデルセン公園ひまわり祭り

  • 日比谷公園のユリ花壇と薔薇

    日比谷公園2000平方メートルに28種、約1万2600個の球根が植えられ・・・昨年まではなかった花壇でオリンピックの為に植えられたのでしょう・・・ユリの花は白やピンクなど今年は新型コロナウイルスの影響で東京へ撮影が少なかったのでユリが咲いている事を知らずに満開を見逃してしまいました。日比谷公会堂と薔薇薔薇は少し見頃を少し過ぎていましたが、綺麗でした。アメリカ芙蓉(アオイ科フヨウ属の多年草)首掛け銀杏と松本楼ユリの花壇・・・もうほとんど見頃を過ぎていましたおが・・・かのこゆり(赤鹿の子)かのこゆり(白鹿の子)ユリはユリ科ユリ属の球根植物でヽ北半球の亜熱帯から亜寒帯にかけて自生しています。日本にはこのうち15種が自生しておりヽその半数は日本の固有種です。球根を食用とし、救荒植物として扱われてきたほか日本最古の書物「...日比谷公園のユリ花壇と薔薇

  • 家庭菜園 胡瓜の苗・小玉スイカ・トマト・雑草作業など

    家庭菜園胡瓜の苗を第三弾として植え替えました。胡瓜の種を7月22日に種を蒔いて7月31日には植え替え出来るまで成長して前回トウモロコシが植えてあった所に堆肥と肥料を混ぜて苗を植えました。胡瓜の苗雨ばっかりでしたので芽出しも早く伸びが早かったです。4苗植えて・・・あとは周りの人へ上げました。胡瓜現在収穫は1日1~2本そろそろ終わります。トマト雨除けして赤くなってきた時に虫が入ってきたので虫除けとして周りを網袋して防げた。種から育てたトマト実ってきています。空いてる畑に挿し木したトマトも・・・下仁田ネギ落花生里芋落花生は昨年、台風19号で流され浸水して全滅になった所から今年芽が出てきたので植え替えました。胡瓜落花生(全滅になった所から今年芽が出てきたので植え替えました)小玉スイカ雑草をかって整えました。今年は、雨と...家庭菜園胡瓜の苗・小玉スイカ・トマト・雑草作業など

  • 浮間公園 小雨の降る中、野鳥撮影に

    浮間舟渡駅前にある浮間公園は野鳥の宝庫・・・この時期の目的はササゴイで、雛が巣立ちしていました。着いてすぐに撮影で出来ました。親が餌を持ってくるのを待つササゴイの雛五羽の雛がいて島には入ったり出たりしていましたひ。ササゴイ(笹五位)は、ペリカン目サギ科ササゴイ属。成鳥は,頭頂から後頭と頬線が青みのある黒色で,額から後頭には長い冠羽がある。背や肩羽頬からの体下面は青灰色で,胸の中央に白い白線がある。翼は淡紺色で,白い羽縁の笹の葉模様が特徴である。ササゴイの親とカルガモササゴイの雛カルガモの親子浮間公園で見れた野鳥は、ササゴイ、カルガモ、ゴイサギ、オナガ、オオバン、カラス、ダイサギほかなどでした。写真はゴイサギ浮間公園小雨の降る中、野鳥撮影に

  • 日比谷公園の大輪朝顔展と変化朝顔展を見に行ってきました。

    日比谷公園で毎年恒例の夏の風物詩になっている大輪朝顔と変化朝顔展今年は新型コロナウイルスで中止かなと思っていましたが三蜜を避けながらの開催されていました。大輪朝顔と変化朝顔の逸品が一堂に揃う日本最大規模の朝顔展示会です。明治40年に東京朝顔研究会(朝顔を愛する伝統ある会)が創設されて毎年開催されています。先人から継いだ優良品種や栽培技術を継承し、より大きな朝顔を作ることを目標に、栽培にされています。東京朝顔研究会の会貝数は約200名だそうです。ひとつひとつ丁寧に育ちあげられた超大輪の朝顔で各朝顔には各賞優秀佳など記入されていました。美しいだけでなく大きさも審査対象だそうです。今年は新型コロナウイルスで入谷の朝顔展などほとんど中止されて・・・大輪朝顔を見て元気を頂きました。超大輪の朝顔「団十郎」変化朝顔展示会変化...日比谷公園の大輪朝顔展と変化朝顔展を見に行ってきました。

  • 上野公園 不忍池のハス

    上野不忍池のハスが今年も見頃になりました。ハスは葉っぱが不忍池にいっぱいに張って大きな花を輝いています。一番花が咲いてから約一カ月以上にもなり、花数が多く咲いて今は朝早くから花を見る為に沢山の人が密にならない程度に撮影しています。上野・不忍池は、江戸時代以前は、不忍池のあたりは沼地で、藍染川が流れ込み、不忍池の辺りから先は忍川となって、隅田川へと流れていた。不忍池にいつごろから八スがあった?は、延宝5年(1677)に出版された「江戸雀」という本に紹介されている。「涼しやと池の蓮を見かへりて誰かは跡をしのばずの池」不忍池にいつ誰が八スを植えたかはわかってないそうです。不忍池のハスを調査した大賀一郎博士は「不忍の蓮」という文章の中で、「不忍池に八スを植えたのは、上野桜ヶ丘に別邸があった林道春(林羅山)かと考えたが、...上野公園不忍池のハス

  • 野田コウノトリの里 今年 放鳥されたタイヨウとヤマト

    野田コウノトリの里で、今年生まれの雛(タイヨウ)が7月15日の放鳥されてまだいると思い訪れてみました。ちょうどタイヨウは、コウノトリの里の周りを歩いていました。タイヨウはGPSは、つけていません。足環の色右脚;赤・赤左脚;赤・黒です。コウノトリの里の江川地区には、平成29年に生まれで放鳥された「ヤマト」がやってきています。観察・撮影する時のお願い観察・撮影する時は、150メートル以上離れてください撮影する時は、ストロボ、ライトなど、光を発するものを使用しないでください追いかけたり、驚かしたり、大きな音を出さないでください。また、餌を与えないでくださいコウノトリは、田んぼにいることが多いので、農作業の邪魔にならないようにしてください車両などを駐車する時は、交通ルールを守り、通行の妨げにならないようにしてくださいヤ...野田コウノトリの里今年放鳥されたタイヨウとヤマト

  • 北柏ふるさと公園 ナツズイセン カワセミなど撮影

    手賀沼の畔にある北柏ふるさと公園に・・・目的はカワセミでしたがほとんど飛んできませんでしたので、花の撮影に今時期のナツズイセンが綺麗に咲いていました。北柏ふるさと公園の自転車置き場の朝顔入口周辺辺りの花畑周りひまわり(向日葵)ナツズイセンが、綺麗に咲いていました。茎がスイセンに似て、花が夏に咲く事からナツズイセンという、またハダカユリ(裸百合)とも呼ばれる。ナツズイセン(夏水仙)は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草紫陽花終わっていますが綺麗ですね。公園には鳩、ツグミなどカワセミ少なかった・・・池の周りはツグミがいっぱい飛んでいましたモミジアオイ北アメリカ東南部原産のアオイ科フヨウ属の大型の宿根草アメリカフヨウアカバナフヨウ(赤花芙蓉)北柏ふるさと公園ナツズイセンカワセミなど撮影

  • 成田山参道を散策 ウナギ祭り開催中

    成田山表参道をバイクで入り成田山新勝寺へ四連休ですが、成田山表参道ではウナギ祭りで、成田山祇園祭と同じぐらいの混み方です。新型コロナウイルス感染症中なのに大丈夫かなと思うぐらいの混み方です。私はバイクでヘルメットしてマスクでゆっくり走り・・・表参道ウナギ祭りも開催されています。参道を登って行こうと思っていましたが、下ってくる車が多く一時的に密になるので引き返しました。ウナギ祭りほとんどのお店がウナギを捌いています。食べたかったが、店も混んでいて蜜に成るので止めました。成田山総門成田山仁王門成田山新勝寺仁王門成田山参道を散策ウナギ祭り開催中

  • アオバズク そろそろと思い見に

    我孫子から印西を通って目的地・・・佐倉城址公園アオバズクのいる場所に~もうそろそろ巣立ちするのではと多くの人が木の下で眺めていた。巣立ちしたか聞いて見るとまだでした・・・今まで遅い時は8月に入ってからも巣立ちがあったそうです。アオバスクは、いつも6月にやって来て毎年、大きな欅の木に巣を作り抱卵し7月上旬~中旬には雛が生まれ、7月下旬~8月には巣立ちしている。たまご抱卵は約21日だそうです。今日は♂と♀が巣穴から出て巣を見張っていました。♂のアオバスク♀のアオバスクじっと巣を見張っています。アオバスク横から鼻が目立ちます。アオバスク(青葉木菟、Ninoxscutulata)は、フクロウ目フクロウ科アオバズク属です。前回はエンジェルポーズを取ってくれまして。今回はじっとしているばかりでした。次のアオバスク撮影は確実...アオバズクそろそろと思い見に

  • 紅龍山 布施弁天東海寺 ぴんぴんころり地蔵など

    あけぼの山公園の桜山に野鳥撮影に行った後、布施弁天さまへ紅龍山布施弁天東海寺は関東三大弁天で大同2年(西暦807年)に弘法大師空海御作といわれる弁財天像をご本尊(秘仏)として開山された祈願寺です。布施弁天楼門総欅二階建で素木造りの彫刻で綺麗で竜宮城の門のような形をしています。階下に四天王仏法僧を守護している四神(東方の持国天)南方の増長天西方の広目天北方の多聞天布施弁天境内へ布施弁天本堂は、享保2年(1717年)に建立された屋根は、入母屋造で、正面の屋根に突き出すように据破風を設け、正面の軒には3間分の唐破風付きの向拝がつくられています。屋根は本来、茅葺きであったものを、現在は茅葺形の銅板葺きに変えられています。鐘楼と三重塔鐘楼は全国でも珍しい多宝塔式の総欅造りで、みかげ石積み八角形に、12本の円柱で円形の本体...紅龍山布施弁天東海寺ぴんぴんころり地蔵など

  • 手賀川のヨシゴイ・アマサギなど

    手賀沼の下流・手賀川へヨシゴイの幼鳥が巣立ちしたと云う事で見に行ってきました。巣から離れて見やすい所に出てきていました。ヨシゴイの親子の餌やりヨシゴイ(葦五位、葭五位)は、ペリカン目サギ科ヨシゴイ属です。幼鳥なのに、もう立派な羽が生えています。ヨシゴイの幼鳥ヨシゴイの親足のしっばりがすごい幼鳥まだ巣立ったばかりで・・・ジッとしていました。飛びたいけど飛べない幼鳥親はジッと見ていました。アマサギ(猩々鷺、飴鷺)は、ペリカン目サギ科アマサギ属に分類される鳥類日本では、亜種アマサギが夏季に本州の至る農地に繁殖のため飛来し(夏鳥、九州など暖かい地域で越冬する(留鳥)今期は見る機会が少ない・・・ツバメコブハクチョウの親子大きくなりました。手賀川のヨシゴイ・アマサギなど

  • 車山高原の草花と野鳥

    車山高原春から秋にかけて草原一帯には緑の季節で、約600種類もの高山植物が咲きます・・・特に、ニッコウキスゲが黄色い絨毯を敷き詰めたように咲きます。今回、見て撮影した草花を紹介します。(花の名前はわからないのが多かったので・・・)ニッコウキスゲユリ科アヤメアヤメ科外花被片のアヤが特徴的タチフウロ(7月下旬~9月上旬)ハクサンフウロフウロソウ科?ウツボグサシソ科コバイケイソウユリ科ウスユキソウ(7月~9月)シシウドカラマツソウキンポウゲ科キンバイソウキンポウゲ科アザミノビタキ一羽だけ撮影できました。車山高原の草花と野鳥

  • 車山高原 ニッコウキスゲ

    本百名山の一つ「霧ヶ峰」車山高原ニッコウキスゲを見る日帰りハイキングに・・・車山展望リフトにて・・・車山高原満開のニッコウキスゲビーナスラインニッコウキスゲ(ゼンテイカ(禅庭花)キスゲ亜科の多年草。山地や高山の草原に群生することが多い。地下茎は短く根は赤褐色で強い植物松戸(4:35)~日暮里・新宿・高尾から中央本線~各駅で上諏訪下車でアルビコ交通で茅野駅行き車山高原下車車山高原ニッコウキスゲ

  • 水郷佐原アヤメパーク ハス

    水郷佐原あやめパークは、約8ヘクタールで、昔懐かしい水郷の情緒が味わえます。6月は「あやめ祭り」、江戸・肥後・伊勢系など400品種150万本のハナショウブ、7月~8月にかけては「はす祭り」があり、約300品種のハスが鑑賞できます。今年は新型コロナウイルスでイベントは中止になりました。ハスの花は見れますので見に行ってきました。あやめパークで栽培しているハスの品種は約300種。日本最大です。大賀ハス、舞妃蓮・南京から贈られた中国種等が沢山の花を咲かせます。また、珍しい数千枚の花弁を持つ千弁蓮(多頭蓮)や、花の中にもう一つ花を咲かせた様に見える重台蓮・八重絞りの大洒錦といった日本では数少ない貴重な品種が栽培されています。まず最初に池に咲いているハス・・・白万万・白の八重咲き・宇治三室戸寺解放紅蓮・紅一重・武漢市疏采科...水郷佐原アヤメパークハス

  • 家庭菜園 虫・蝶が少ないのが影響? 今日の収穫・・・

    今年は長雨と寒い日が多いので虫、蝶がほとんど見かけない日が続いている。家庭菜園の農産物にも影響が出ている・・・小玉スイカでは、今まで収穫出来たのは二個だけで収穫したが、甘味が少ない小玉スイカの苗はいっぱい花(雄花・雌花)咲いているが・・・受粉しているが、途中でほとんど散ってしまう状況が出ている。(苗自身も実っていないのを知っているか様に花が最近は多くなってきている)胡瓜、今年は苗を多くしたが、一本の収獲量が少ない胡瓜の苗・・・今収穫中の苗も終ってしまうので五日前に種を蒔いたら葉っぱが出てきました。大玉トマトは、順調です。雨除けテントの中で、虫が寄り付かない様に穴あき袋に包んでいます。ミニトマトイエロー雨除けしていません・・・里芋今年は雨が多いので葉っぱが例年より実りが良いです。家庭菜園の周りはツバメが多く飛んで...家庭菜園虫・蝶が少ないのが影響?今日の収穫・・・

  • 手賀沼~我孫子根戸新田のハス

    手賀沼公園から北柏方向の遊歩道の根戸新田側にある八重のハスが満開にハスの名には藕糸蓮(ぐうしれん)と云うハスです。藕糸連の花の特徴は・・・花弁が108~148枚と多く、花弁の色が赤くあでやかなです。地下茎を延ばし、先の方に次々に蓄立ちをして花を咲かせます。蓮根は食べられないそうです。昭和45年(1970)頃、岩国市の佐藤誠氏と土浦市の八島八郎氏とが共同で開発・・・この蓮田は2002年5月、八島八郎氏から栽培の許可をうけて、苗が植え付け(我孫子トラスト)が行われた。藕糸蓮は平成13年12月、皇太子の敬宮愛子内親王の誕生され、健やかな成長を祈念して、土浦市八島農園から300人のボランテアで蓮糸を取り出し、敬宮の紋、五葉つつじ紋入りの袱紗を織り献上されたそうです。藕糸(ぐうしれん)は、蓮の茎や蓮根から取れる糸の事で、...手賀沼~我孫子根戸新田のハス

  • 昭和記念公園 ひまわり・ゆり

    東京へ月一の予約定期検診・・・滞在50分の後山手線~中央線~青梅線「西立川」で降りて・・・電車は山手ではやっと座れる程度中央線青梅線では四人席で二人と云う空いている状態で良かったです。昭和記念公園西口から入園してすぐに豪華な姿のカサブランカが咲いていました。オリエンタルハイブリッド・アスカ紫陽花ロード紫陽花まだ綺麗に咲いていました。サギソウ一輪だけハーブガーデンの花ハーブの丘のヒマワリ(キク科)サンフィニティが開花中です。毎年春にチューリップガーデンとなる渓流広場のひまわり今年のひまわりは原っぱ西花畑、渓流広場夏花壇の一部にも植栽、開花時期は8月半ば頃を予定。昭和記念公園ひまわり・ゆり

  • コウノトリ(特別天然記念物) 4月生まれ~放鳥されました。

    野田コウノトリの里過去に絶滅したコウノトリ(特別天然記念物「国内希少野生動植物種」に指定)の野生復帰をめざしてコウノトリの放鳥や自然環境の再生保全を目的として作られた施設です。野田コウノトリの里今回で6回目の放鳥・・・今年は4月8日3羽が誕生して7月1日、放鳥準備の生態調査の為の発信機を取り付けようと捕獲時に、ケージ内でフェンスにぶつかり、懸命な処置をしていたが、残念な事に2羽の死亡事故しましたので、今年の放鳥は一羽となりました。放鳥するコウノトリはタイヨウと名付けれたオスです。10時頃コウノトリの里の上部のケージが空けられた・・・野田コウノトリの里の滞在しているヤマト(♂:H29放鳥)が、屋根に10時51分タイヨウ(放鳥)が飛だす。上部ケージから飛び出す・・・野田コウノトリの里の回りを5分ほど休む事なく飛んで...コウノトリ(特別天然記念物)4月生まれ~放鳥されました。

  • 大平野生植物園 ヤマユリまつり

    我孫子から利根川の栄橋を渡って利根町へ利根親水公園の古代ハスが満開になっているか?・・・見る全体的に見頃が続いています。古代ハスの大賀蓮・・・古代ハスを見てから・・・初めて行くヤマユリの名所「大平野生植物園」をグーグルマップを利用して7~8分でした。大平野生植物園の入口には5~6台の駐車スペースがあり、入場料は無料です。大平野生植物園は、ヤマユリの名所で、利根町の五十嵐五郎さんが所有する里山でした。同氏が死去後、10年ほど放置されていたが、平成21年(2009年)から地元の有志が中心となり植物園として運営しています。植物園の広さは約2,000㎡の広さに50種類以上の植物が育てられています。毎年3月かたくり鑑賞会、7月やまゆり祭りを開催されています。入口は階段状になって山道になっていて山野草を見ながら登って行きま...大平野生植物園ヤマユリまつり

  • この蝶の名は・・・新種? 調べてもわからない

    臨時でブログ更新下の蝶が解らない?いくら調べても蝶蛾図鑑にも載ってない。この蝶の名は・・・新種?調べてもわからない

  • 手賀沼定期探鳥会の後、北印旛沼へ

    月一開催されている手賀沼の定期探鳥会朝8時集合して手賀沼へヒドリ橋から第二機場へ移動する場では、ホウジロが数羽鳴いているホウジロダイサギダイサギとチュウサギが判別が難しいもっと知りたいと思った・・・ゆったりと泳ぐオオバン今の時期は鳥影が少ないです。手賀川ではヨシゴイが・・・飛び立つ見やすい所にヨシゴイが探鳥会でのチェック出来た野鳥はキジ、カイツブリ、ヨシゴイ、ダイサギ、アオサギ、ホウジロ、オオバン、モズ、ツバメ、ハクセキレイ他計29種でした。野鳥の少ないこの時期ですので、仕方ない確認でした。探鳥会の後、北印旛沼へヨシゴイ、オオヨシキリの撮影手賀沼定期探鳥会の後、北印旛沼へ

  • 手賀沼 ハス群生地 全滅 希望の一輪咲く

    手賀沼のハス群生地は手賀沼に架かる手賀大橋より東へ約700メートルにある「ハス大群生地」7月下旬から8月にかけて見事なハスの花が咲きます。夜明けに開花するハスの優雅な姿をひと目見ようと早朝から足を運ぶ人も・・・手賀沼ハス群生地は手賀沼の30分の1、サッカー場約33個分でした。今年はハス群生地にハスがなく全滅・・・全滅のハス群生地に・・・希望の一輪だけ咲いていました。希望の一輪のハス今年は新型コロナウイルスがあり・・・将来への希望の一輪になりました。・・・全滅のハス群生地・・・我孫子側の手賀沼親水公園水の館の展望台から見たハス群生地なんにもありません・・・昨年までのハス群生地(水の館展望台から)手賀沼のハス群生地大規模な自生地で、昭和20年代初期、岩井新田地区の農家が市場出荷する為に、市川市の行徳から種根を取りよ...手賀沼ハス群生地全滅希望の一輪咲く

  • 小玉スイカ・大玉トマトの手入れと大量収穫

    梅雨入りしてから毎日雨続きと異常気象と新型コロナウイルス感染症も増えているので、大変な世の中になってきましたね。今日は家庭菜園に・・・小玉スイカ今年は雌花が出来てもほとんど実の育ちが悪かったが、やっと実が・・・受粉したのは全部消えていましたが、知らない内に数個育ちそうな実が出来ていました。小玉スイカ大きくなって35日目が二個ありました。そろそろ収穫しょうと思っても天気が悪いので真っ赤になっているか心配で・・・今日も眺めて触っただけでした。大玉トマト昨年まではほとんど中玉トマトでしたが、今年は全部大玉トマトにしました。心配しながら・・・真っ赤になってきてから害虫が入り・・・袋でトマトを保護したら綺麗な大玉トマト出来るようになった。ミニトマトは2苗(赤・イエロー)だけ植えてみました。里芋胡瓜最初ベト病(葉っぱ枯れる...小玉スイカ・大玉トマトの手入れと大量収穫

  • 土浦サギコロニーのチュウサギとゴイサギの雛

    7月10日は、9日の続きでWindowsのパワーポイントのスライドショウを作成する事が出来た・・・ホームページのスライドショウは簡単にできる様になっているが動しかたの設定がめんどくさい感じを受けた。今日のブログは、先日見に行った土浦サギのコロニーのチュウサギとゴイサギの雛の写真をチュウサギの親子雛は目がキラキラしていたチュウサギこんな風にも・・・チュウサギの雛と親ちょつと大きくなったチュウサギの親子ゴイサギゴイサギの親子雛の前ではすごい顔に・・・ゴイサギ雛の方がすごい雛の三兄弟アマサギの雛と親いつも土浦サギコロニーへ行く目的は「アカガシラサギ」の撮影です。土浦サギコロニーのチュウサギとゴイサギの雛

  • 土浦コロニーのアマサギと雛

    昨日(7月9日)は、午前中は野鳥を守る会の写真を提出する為のパワーポイントのスライドショウ作り方を勉強し午後からは高齢者免許の講習会を受けての一日でした・・・散歩も家庭菜園もない珍しい一日でした。今日のブログは、先日見に行った土浦のコロニーのアマサギの写真を・・・アマサギの親子餌を持ってきてアマサギライオン丸みたいな恰好アマサギの雄雌アマサギとチュウサギ?アマサギと前回紹介しましたアカガシラサギ・・・アマサギチュウサギアカガシラサギ土浦コロニーのアマサギと雛

  • 自宅のベランダ 蜂の巣・・・駆除

    自宅のベランダに蜂の巣が二つ出来ているのを見つかり・・・今回は小さな蜂の巣でしたので自分で退治することにしました。前回(2016年)の蜂の巣は家の高い位置に大きな蜂の巣二つ・・・・・・観覧注意・・・アシナガバチでした。アシナガバチはスズメバチほど凶暴性はない・・・見た目は怖いです。蜂は近づく物、黒い物、甘い匂いに強く反応し、見張り役の蜂がいて、動く物があればたまに寄ってきます。その際手で払ったり、攻撃したりすると、警戒フェロモンを分泌して一気に攻撃的になり、集団で襲ってくるそうです。2016年の蜂の巣蜂の習性は・・・スズメバチ・アシナガバチ・ミツバチ・マルハナバチは集団行動し、巣を作り女王蜂を中心に集団(社会)行動。蜂は1年の内、活動期間が短く、巣を作り始めてから活動を終えるまでを春から秋にかけての間に完了する...自宅のベランダ蜂の巣・・・駆除

カテゴリー一覧
商用