searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
自意識朦朧
ブログURL
https://www.gec-mo-ro.com/
ブログ紹介文
Simple Lifeを妄想するライフログ。 縛りのゆる〜いのんびりミニマリストを目指します。
更新頻度(1年)

166回 / 365日(平均3.2回/週)

ブログ村参加:2015/02/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、タカボーさんの読者になりませんか?

ハンドル名
タカボーさん
ブログタイトル
自意識朦朧
更新頻度
166回 / 365日(平均3.2回/週)
読者になる
自意識朦朧

タカボーさんの新着記事

1件〜30件

  • メンタリストDaiGoの心を強くする 300の言葉:メンタリストDaiGo

    ちょっと心が荒んだ時に一服 動画配信で今や『教える系配信者』としてもトップクラスのメンタリストDaiGo氏の著書。 こういう背中を押してくれる系の本って、ちょい凹んでるときに読むと耳障りがよくてホッとするんで気持ちがダウナーな時にあると重宝するのよ。 300の元気にしてくれる言葉が並ぶ。 出自不明だがちょっとネットで見かけたような…。 まあ、DaiGo氏は自分の経験を語るタイプというよりも、世界の様々な文献を参考に情報を抽出してくれるスタイルなので、どこかで聞いたような…ってのは当たり前。 ゆえにちょっと矛盾してるような言葉もあるが、こういうは自分なりに響いた言葉だけをそっと心に染み渡らせて、…

  • 【やめたコト】週末にビジネス書を読む

    ビジネス書は心のカンフル剤 ビジネス書をたまに読む。主に図書館で借りて(爆) 読んだからといって何かが変わることはとても稀だが、パワーアップした気持ちになる。Tips系のビジネス本ってのは多くを読んでいくと、だいたい似たようなことをいっていて、読む前から何となく想像はつくのだが、読むとわかったような気がしてモチベーションがアガる。 単細胞のボクにはピッタリのカンフル剤だ。 ただし休日は危険 モチベーションを引き上げるためのビジネス書だが、休日に読むと逆に気疲れを起こしてしまう。 「なにかやらなくちゃ!」というベクトルの力が脳にストレスを溜めてしまうよう。 ビジネス書の大半が、「周りに差をつけろ…

  • 反応しない練習:草薙龍瞬

    まわりの目が気になって息苦しい 最近「オレなんて…」と自虐的 ゆるく仏教思想を知りたい 悩みは「消す」ことができる。そしてそれには「方法」がある――ブッダの「超合理的で、超シンプル」な教えを日常生活に活かすには? 注目の“独立派”出家僧が原始仏教からひもとく“役に立つ仏教”。 Amazon 心が反応する前にすかさずブレーキ!…なかなかむずい… お坊さんが書く本が好き。 仏教や禅は「執着を捨てる」というミニマリズムの起点となる教えなので、ミニマリストを目指してるボクはよく読むジャンルの本。 ただガチの仏教関連の本は、言葉が難解すぎて速攻挫折したので、こういったお悩み相談的に柔らかい言葉で伝えてく…

  • 小さな掃除をしよう

    新しい習慣。 毎日どこか掃除する。小さなところをついでに掃除する。 ただ単純に気分が晴れるよ コレ大事 家でできるところ 歯磨き中に洗面台・鏡を磨く 入浴中に椅子や鏡周りの黒カビを取り除く 部屋でぼーっとしているときに、部屋の隅をクックルワイパーでさっと拭く 靴を履くときに靴を並べて、玄関をさっと掃いておく 職場でできるところ PCの電源を入れる前に画面を拭いて、キーボードを逆さまにしてトントン コーヒー休憩中にクイックルでホコリとり 午後の業務を始める前に机をウエットティッシュで吹いてリセット 夕方の集中力が途切れそうなときに書類と引き出しの中の整理 小さなコトを2分以内で終わらせる。これが…

  • 暮らしを、整える:部屋と頭と心のお片づけ (私のカントリー別冊)

    ただモノを減らし続ける断捨離に疲れ気味 家にいても落ち着かない シンプルな生活に憧れる むりやり捨てなくていい。心と頭を片付けよう ずいぶん昔に購入したムック本だが、嫁も大好きでずっと処分せずにもってる一冊。 いわゆる断捨離本ではなくて「暮らしを整理する」。つまり、心を片付けることで、より良いライフスタイルを実現していこうという趣旨のTipsを紹介している。 なんでも「捨てろ捨てろ」と断捨離することに強迫観念をいただくようになっている人には、ちょっと息抜きになるかと思う。 モノ・心・頭の片付け 3つのテーマに分けて、片付け方のTipsが紹介されている。 ムック本ゆえ、たくさんのカラー写真がたく…

  • 手ぶらで生きる。:ミニマリストしぶ

    さとり世代ミニマリストに興味がある 極限までモノを減らしたい ミニマリズムのマネタイズに興味津々 「あれを買わなきゃ、あれを食べなきゃ、もっと稼がなきゃ……」それらの望みは、本当に実現したいものだろうか? 「人からよく思われたい」「恥ずかしい思いをしたくない」という「見栄」によるものではないだろうか? 見栄を捨てないまま、自由になることはない。見栄を張るためにお金を稼ぎ、ほしい物を手に入れたらすぐ「もっと上」の欲望が湧き起こる……。 ミニマリストしぶが、お金をかけて「強調」するものは3つ。「健康」「能力」「時間」を伸ばす物だけ。家やファッション、持ち物で見栄を張ることは、絶対にしない。 「なに…

  • 図書館には頭を空っぽにしていく

    本はもっぱら図書館で 図書館をよく利用している。 最近はコロナの影響で最低限の時間しか滞在できない。 でもそれほど不満はない。 何故かと言うと、ネットで読みたい本を予め予約しているから。 貸し出しの準備が整ったら図書館からメールでお知らせがくる。その時だけ出向けばよい。 最近の図書館はどんどん便利になって、よっぽどマイナーは本でない限り取り扱いがある。 市内の全ての図書館が連動しているので蔵書の検索もらくらく。(大阪の場合) 読みたい本を見つけたら即ネット経由で予約して、ピンポイントで活用できる。 ただこの方法も問題があるにはあって… 人気本の予約人数… ベストセラー本や流行りの本も複数の図書…

  • 【映画評】伊賀忍法帖

    公開 1982年 制作 日本 時間 110分 監督 斎藤光正 出演 真田広之/渡辺典子/千葉真一/中尾彬 ストーリー ★★★★★ アクション ★★★★★ 結局はアイドルのラブストーリーもの ★★★★★ 山田風太郎の原作を『戦国自衛隊』の斎藤光正が演出したSFX時代劇。戦国争乱の世、主家三好氏の殺害を企む禅正は、奈良大仏殿に火を放つ。伊賀忍者・城太郎は三好氏の美姫・右京太夫を救い出すが、禅正を操る悪魔の化身が現れ壮絶な死闘を繰り広げる。 amazon 歴史×忍者×妖術 原作は戦後日本を代表する娯楽小説家のひとり山田風太郎。 今作を含む忍法帖シリーズは累計300万部以上を売り上げる一大ベストセラー…

  • 【書評】フィンランドのファミリースタイル:ジュウ・ドゥ・ポゥム

    長い自粛期間で神経すり減り気味 家の中を新鮮にしたい なんだかんだでマリメッコ 冬が長いフィンランドのお家の中は色彩あふれる癒やしの空間 初めてのヨーロッパ方面の旅行は映画『かもめ食堂』に憧れてフィンランドに。 もう10年以上前だが、関空から直行便があり日本から一番近いヨーロッパなんて触れ込みだった。とはいえ約8時間のフライトは当時喫煙者だったボクにはなかなかキツかったけどね(´・ω・`) それまでは、主に東南アジアにバックパッカーとして渡航していて、熱くエネルギッシュな街のパワーにテンションを上げていたんだが、あれね…若くないとしんどいねアジア\(^o^)/ とかく初めて渡ったヨーロッパは空…

  • やめたコト【facebookの常時表示】

    ブラウザ常駐のSNS ついこの前までPCのブラウザにはFacebookが常駐していた。 SNS中毒というわけではない。Facebookへの投稿はもう数年前からやってない。 ただ仕事先で知り合った人とFacebookでお友達になることがよくある。 そういう人からごく稀にFacebook経由でお仕事の連絡が入ることがある。 なので最近のお友達登録は一回しか会ったことがない知人とも呼べない方々ばかり… しかしお仕事としてであればキチンと対応が必要なんで常時ブラウザのタブが開いてるわけなのね。 時間とやる気泥棒のSNS ただね。デメリットがすごい。 もうね。開いてたらダメ。気がつけばウォールを何十スク…

  • 【書評】人生是、途中なり:松尾スズキ

    非常にベタに人生悩んでる どうせ相談するならとんがった意見が聞きたい 松尾教信者 著者のメールマガジンの人生相談を再構成し「恋愛篇」と「人生篇」の2冊に分けて書籍化。こちらは「人生篇」。演出家、作家、俳優、映画監督とさまざまな仕事をこなす著者が「仕事」「人付き合い」「生きざま」の悩みについて真摯に答える。 Amazon あなたのベタなお悩みに意外に誠実に応えてくれる人生相談本 メールマガジンで募集された相談に回答するいわゆる人生相談本。恋愛編と人生編の2部に分かれており、こちらは人生編となる。生きてきてふと思うモヤモヤな普遍的なお悩みに松尾スズキがいたって誠実にまっとうにお答えする。いやほんと…

  • 【映画評】ハンター

    公開 2011年 制作 オーストラリア 時間 100分 監督 ダニエル・ネットハイム 出演 ウィレム・デフォー/フランシス・オコナー/サム・ニール ストーリー ★★★★★ サスペンス ★★★★★ いぶし銀のデフォーが素敵 ★★★★★ 経験豊富な傭兵(ようへい)で、腕は確かなハンターのマーティン(ウィレム・デフォー)は、バイオテクノロジー企業の依頼で幻の野生動物を発見し、サンプルを採取するためオーストラリアのタスマニアを訪れる。ベースキャンプ代わりの民家で暮らす母子との交流を経て、孤高の人生を歩んできた彼は人間らしい感情を取り戻し、自身の生き方を見つめ直していくが……。 シネマトゥデイ 久々主演…

  • 【書評】最小限主義。「大きい」から「小さい」へ モノを捨て、はじまる“ミニマリズム"の暮らし:沼畑直樹

    ミニマリストの源流を垣間見たい ミニマリズムの精神を培いたい ミニマリズムは貧乏人の隠れ蓑じゃないよ モノも、仕事も、人間関係も最小限でいい―部屋を片付け、モノを捨て、減らす。キレイになった部屋で考える。さて、次は何を減らそう?最小限主義=ミニマリズムで「ぜんぶ」減らしていくと、日々は静かで美しく、より日本人的に変わっていった…。日本人が幸せになれる、ミニマリズム幸福論! Amazon ミニマリストの先駆けとなった一冊 実は何年も前に手に入れていたが、最近読み返してまた感銘を受けたのでちょっと感想をば。 一生で2回以上読む本ってそんなに多くないと思うけど、この本はその中の1冊。 佐々木典士氏の…

  • 【手放す】今週手放したモノ#15

    自粛した5月の閉塞感から打って変わって活動的になった6月。 時間が経つのがはえぇはえぇ。あっという間に7月も半ばですわ。 祝日もないブルーな6月があっという間に過ぎたのは幸いだが、まじでなにをやったかすら覚えてないね\(^o^)/ Wi-Fiルーター 100%リモートワーカーである我が家のネット環境は下り100MBの超ロースペック。 それに廉価版wifiルーターでなんとかしのいでる状態。 これでもwebデザインの仕事できるんだから、今の一般的な光回線のネット環境ってオーバースペックなんじゃね?と勘ぐってしまうよ。 まあ普通に使う分には特に不満はないんだが、フォートナイトするにゃあちと辛い。 ネ…

  • 【映画評】西遊記2~妖怪の逆襲~

    公開 2017年 制作 中国/香港 時間 110分 監督 ツイ・ハーク 出演 クリス・ウー/ケニー・リン/ヤオ・チェン/スー・チー ストーリー ★★★★★ ファンタジーアドベンチャー ★★★★★ もはやCG作品でいいんじゃね…? ★★★★★ 病気ながら、孫悟空(ケニー・リン)、猪八戒(ヤン・イーウェイ)、沙悟浄(メンケ・バータル)を引き連れ天竺へ旅をする妖怪ハンターの三蔵法師(クリス・ウー)。美女に化けては近づく人間を食う蜘蛛女たちを退治した孫悟空が、理不尽な三蔵法師を始末しようとその機会をうかがう中、一行は比丘国へ。国王・九宮真人(ヤオ・チェン)に迎えられるが、常軌を逸した気分屋である国王の…

  • 食事は30分で食べ終わるのが理想的【ダメ、早食い】

    飯を減らせばそりゃ痩せる 今年の健康診断も安定の初期肥満♪どうもボクです。 一般的な体重増加の原因は運動不足と日々の食事。まあ主に食事が大きいね。 最近は夕方にガス欠を起こすので、間食がマストになってしまった。デスクワークゆえ、脳への糖分がほしくてね… そして夜はちゃんと一食分のご飯を食べるのでカロリー過多気味。 原因がわかれば後は簡単。少し量を減らせばいいだけだが、これが一番辛い… あからさまに減らすというのは精神的に来るものがある。 食事は遅くも早くもなく30分程度で終わらせるのが理想らしい 調べてみると、量を減らして食事にかける時間を調整することで効果がだいぶ変わってくるようで。 理想は…

  • 【書評】多動力:堀江貴文

    やりたいことは全部やりたい 特別な人間になりたい ホリエモンがいうんなら絶対だ 「石の上にも三年」「真面目にコツコツ」が評価される時代は終わった――。インターネットの到来で、ありとあらゆるモノがつながった今、次から次に自分が好きなことをハシゴしまくる「多動力」を持った人間が求められている。一度に大量の仕事をこなす術から、1秒残らず人生を楽しみきるためのヒントまで。堀江貴文ビジネス書の決定版! Amazon より多く動く力 多動ということば、最近認知されてつつある発達障害の話題でよく出てくる。 注意力散漫で過集中もしくは集中できずに刹那的に行動してしまうこと。どちらかといえばネガティブなイメージ…

  • 【今日やめたコト】ブログからはてなスターを撤去【2年ぶり二回目】

    はてなスターを「また」やめてみた はてなブログ利用者には人気度とモチベーションの指標となる『はてなスター』システム。 いわゆるブログ記事に「いいね!」をつけるシステムね。 スターを複数個つけれたり、はたまた有料のカラースターがあったりとただの「いいね!」よりも感情を表現しやすい工夫がある。 相互フォロワーの挨拶代わりにも使えたり、はてなブログの仲間内のコミュニケーションに強い制度なのね。 ……で、やめてみた。また。 数年前に一度このブログから撤去して数カ月後に復活したという経緯があったんだけど、また気持ちがぶり返してきちゃってね。 www.gec-mo-ro.com ここが気になる『はてなスタ…

  • 【映画評】のみとり侍

    公開 2018年 制作 日本 時間 110分 監督 鶴橋康夫 出演 阿部寛/寺島しのぶ/豊川悦司/斎藤工 ストーリー ★★★★★ 時代劇 ★★★★★ いくつになっても脱げる寺島しのぶの女優魂 ★★★★★ 作家・小松重男の時代小説「蚤とり侍」を、『後妻業の女』などの鶴橋康夫監督が映画化した時代劇。裏稼業である「のみとり」を命じられた武士が、人々に助けられながら奮闘するさまを描く。エリート藩士から「のみとり」になってしまう主人公に阿部寛がふんするほか、寺島しのぶ、豊川悦司、斎藤工、風間杜夫、大竹しのぶ、前田敦子、落語家の桂文枝らが出演。 シネマトゥデイ 猫の蚤とり→男の娼婦 猫の蚤とりとは馴染みの…

  • ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく:堀江貴文

    ホリエモンが好き ホリエモンが嫌い 人生盛大にしくじった 誰もが最初は「ゼロ」からスタートする。失敗しても、またゼロに戻るだけだ。決してマイナスにはならない。だから、一歩を踏み出すことを恐れず、前へ進もう。 堀江貴文はなぜ、逮捕され、すべてを失っても、希望を捨てないのか?ふたたび「ゼロ」となって、なにかを演じる必要もなくなった堀江氏がはじめて素直に、ありのままの心で語る、「働くこと」の意味と、そこから生まれる「希望」について。 Amazon 堀江氏出所後、初の書籍 証券取引法違反でがっつり1年9ヶ月も塀の中で過ごした堀江貴文氏。 仮釈放されたのち、はじめて書き下ろされた書籍。 当時の暴れん坊ぶ…

  • 【映画評】刑事ニコ/法の死角

    公開 1988年 制作 アメリカ 時間 99分 監督 アンドリュー・デイヴィス 出演 スティーヴン・セガール/パム・グリア/シャロン・ストーン ストーリー ★★★★★ アクション ★★★★★ 実はちょっと豪華な配役 ★★★★★ シカゴ市警の敏腕刑事ニコ・トスカニーニ。麻薬取引の現場に張り込んだ彼は、壮絶な銃撃戦の末、全員を逮捕する。が、何者かの圧力により犯人たちはすぐに釈放され、ニコは捜査から外されてしまう。納得できない彼は独自に捜査を始め、元CIA特殊工作員の能力と合気道の技を駆使し、法を逃れた悪を追いつめていく。セガールの衝撃的な映画デビュー作として知られる本作品は、ニコの妻役でシャロン・…

  • 【書評】ヨチヨチ父-とまどう日々-:ヨシタケシンスケ

    新米パパという認識すら薄いパパ そんなパパに冷めた目線を送るママ なにはともあれヨシタケシンスケが好き ママっていつもイライラしてるよね?パパって何か蚊帳の外だよね・・・?話題の絵本作家・ヨシタケシンスケが父になってわかった“トホホな真実"を描く初の育児イラストエッセイ! Amazon 新米パパ必読&ママにも是非読んでもらいたい 幼い子どものいるご家庭なら知らない人はいないはず。 絵本作家として『りんごかもしれない』『ふまんがあります』など近年の絵本業界に革命を起こしたヨシタケシンスケ氏。 そう!コレコレ!という日常で何気なしに思っていた疑問や想像をドンピシャでついてくる着眼点にメロメロなのよ…

  • 新習慣『チートデイ』

    なにしてもよいチートデイ コロナ自粛からお仕事は完全リモート。 平日は子どもの送り迎えで朝と夕方の時間が固定される。 土日は同じく子どもの教室の送り迎えと家族サービスでルーティン化。 ほぼイレギュラーな予定は入る余地がない毎日。 平日に外出する時間は一時間もない。 毎日が安定したルーティンでこれはこれで気持ち的にはフラットなんだが、あまりの変化のなさに長く続けていると気持ちが落ちることがままある。 毎日に変化がないってことは停滞してるってこと。 これは全体でみると徐々に落ちてるんよね。 そこで月に一度は有休をとってなんでも好きなことをしてよいという日を作った。 ダイエットでいう『チートデイ』で…

  • 【映画評】アップグレード

    公開 2018年 制作 アメリカ/オーストラリア 時間 95分 監督 リー・ワネル 出演 ローガン・マーシャル=グリーン/ベティ・ガブリエル/ハリソン・ギルバートソン ストーリー ★★★★★ SFバイオレンス・アクション ★★★★★ 士郎正宗の世界 ★★★★★ 近未来で妻のアシャ(メラニー・ヴァレジョ)と穏やかに生活していたグレイ・トレイス(ローガン・マーシャル=グリーン)は、突如現れた正体不明の組織に襲われる。妻は殺され、グレイは一命を取り留めるが、全身がまひしてしまう。悲しみに沈む中、ある科学者から実験段階にある人工知能チップ“STEM”を肉体に埋め込む手術を提案され、彼は受けることにする…

  • 【映画評】謝罪の王様

    公開 2013年 制作 日本 時間 126分 監督 水田伸生 出演 阿部サダヲ/井上真央/竹野内豊/岡田将生 ストーリー ★★★★★ コメディー ★★★★★ 伏線回収 ★★★★★ 謝るとき、人は誰でも主人公。 主演の阿部サダヲ、ヒロイン・井上真央はじめ、贅沢なほどバラエティに富んだ錚々たるキャストが集結! 主人公の東京謝罪センター所長・黒島譲を演じるのは、個性派・演技派・人気実力派どれも兼ね備えた天才俳優・阿部サダヲ。 そして本作のヒロイン、謝罪センターのアシスタントとなる典子には井上真央。さらに、岡田将生、尾野真千子、高橋克実、 松雪泰子、竹野内豊、荒川良々、濱田岳と日本映画界に欠かせない名…

  • 【書評】古書カフェすみれ屋と本のソムリエ:里見 蘭

    カフェが好き 日曜の昼間、コーヒー片手に暇つぶししたい ちょっと強引な草食系男子好きの三十路独女 すみれ屋で古書スペースを担当する紙野君が差し出す本をきっかけに、謎は解け、トラブルは解決し、恋人たちは忘れていた想いに気付くー。オーナーのすみれが心をこめて作る絶品カフェごはんと共に供されるのは、まるでソムリエが選ぶ極上のワインのように心をとらえて離さない5つの忘れ難いミステリー。きっと読み返したくなる名著と美味しい料理を愉しめる古書カフェすみれ屋へようこそ! Amazon カフェ飯と本とミステリーがほどよくブレンドした深夜ドラマ的ショートストーリー 念願のカフェすみれ屋をオープンしたオーナーすみ…

  • 【映画評】シェフ 三ツ星フードトラック始めました

    公開 2015年 制作 アメリカ 時間 115分 監督 ジョン・ファヴロー 出演 ジョン・ファヴロー/ソフィア・ベルガラ/ジョン・レグイザモ/スカーレット・ヨハンソン ストーリー ★★★★★ 飯テロ ★★★★★ 豪華なカメオ出演 ★★★★★ 一流レストランの料理人カール・キャスパー(ジョン・ファヴロー)はオーナー(ダスティン・ホフマン)と衝突。創造性に欠ける料理を作ることを拒み、店を辞めてしまう。マイアミに行ったカールは、とてもおいしいキューバサンドイッチと出会い、元妻(ソフィア・ベルガラ)や友人(ジョン・レグイザモ)、息子(エムジェイ・アンソニー)らとフードトラックでサンドイッチの移動販売を…

  • 【書評】風の谷のあの人と結婚する方法:須藤元気

    マルチな人間になりたい 人間は何者にもなれるという確信がある ナウシカは俺の嫁 格闘家から作家へ。変幻自在のトリックスター・須藤元気が、“幸せに生きるヒント”を大公開。「自分をポジティブに変える近道は、プラス思考の人たちの中に身を置くこと」「無理をして失敗するよりは、少し楽にして続けたほうがいい」―自分を見失いそうになったとき、読めば心が軽くなる。哲学に笑いを交えた未だかつてない名エッセイ。 Amazon もうタイトルがあれだけどちゃんとした自己啓発本 レスリング選手としてスタートして、トリッキーなスタイルの格闘家として多くのファンを魅了した後、引退、俳優、書家と様々な肩書(肩書は現在も増殖中…

  • 【映画評】アンダーワールド ブラッド・ウォーズ

    公開 2017年 制作 アメリカ 時間 92分 監督 アンナ・フォースター 出演 ケイト・ベッキンセイル/テオ・ジェームズ/ララ・パルヴァー/トビアス・メンジーズ ストーリー ★★★★★ アクション ★★★★★ 恐るべき美魔女 ★★★★★ 長老の命を奪ったために、仲間から追われる日々を過ごすセリーン(ケイト・ベッキンセイル)。だが、マリウス(トビアス・メンジーズ)が率いる宿敵ライカン族の攻勢に押されているヴァンパイア族は、彼女を呼び戻して兵士を育成するように迫る。行方不明の娘イヴがライカン族のターゲットになっていることを知り、セリーンは戦いに身を投じる。マリウスと激闘を繰り広げた末に追い詰めら…

  • 【映画評】続・深夜食堂

    公開 2016年 制作 日本 時間 108分 監督 松岡錠司 出演 小林薫/河井青葉/池松壮亮/キムラ緑子/佐藤浩市 ストーリー ★★★★★ 飯テロ ★★★★★ 佐藤浩市のどクズっぷり ★★★★★ 安倍夜郎の人気コミックを小林薫主演で描いたテレビドラマの映画版「深夜食堂」の続編。路地裏にたたずむ深夜営業の小さな食堂「めしや」を舞台に、個性豊かな客たちが織り成す悲喜こもごもを描く。「めしや」に喪服姿の常連客が次々と訪れる中、同じく喪服を来た範子がやって来る。彼女は喪服を着ることがストレス発散になるという変わった趣味の持ち主だったが、本当の通夜の席で出会った喪服の似合う渋い中年男性に惹かれていく。…

カテゴリー一覧
商用