searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE
ブログタイトル
福地脩悦・毎日更新の携帯ブログ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/fas-21
ブログ紹介文
ファースの家・開発者 福地建装 代表取締役社長 福地脩悦の毎日更新の携帯ブログです。
更新頻度(1年)

365回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2014/12/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、福地脩悦・毎日更新の携帯ブログさんの読者になりませんか?

ハンドル名
福地脩悦・毎日更新の携帯ブログさん
ブログタイトル
福地脩悦・毎日更新の携帯ブログ
更新頻度
365回 / 365日(平均7.0回/週)
読者になる
福地脩悦・毎日更新の携帯ブログ

福地脩悦・毎日更新の携帯ブログさんの新着記事

1件〜30件

  • SDGsの理念に!

    連日の自粛命令で自粛ストレスが膨らんでいるヒトも多いようです。写真はファース本部本社の社内に掲げるSDGs掲示物ですが、このような時こそ「誰ひとり取り残さない社会構築の実現」の理念を取り戻すべきなのでしょう。「春の来ない冬もなし」やがて新型コロナウイルスも終息する時も来るのでしょう。私達もSDGsの理念をもとにファース工法の研究開発を行っております。ファース本部オフシャルサイト毎日更新福地社長日誌コラムSDGsの理念に!

  • 中学校に教員用駐車場を開放

    今日は入学式ですが分散式で実施するそうです。そのため、学校の教員用駐車場を保護者用に使用するため、福地建装の駐車場を開放しました。早朝より、既に多くの先生方の車が入っておりました。福地建装スタッフ駐車スペースは西側に20名分を用意してあります。さて、今日の朝礼後は函館市内でファースの家のお引き渡し式を行う事になっております。ファース本部オフシャルサイト毎日更新福地社長日誌コラム中学校に教員用駐車場を開放

  • ファースシリカとコロナウイルス菌

    ファース工法の家の床下には300㎏くらいのシリカゲルを敷設しております。このシリカゲルを処方したファースシリカと新型コロナウイルスを吸着できるか否かを、空気環境の工学博士に調べて頂きました。下記の回答です。コロナウイルス菌の大きさは、直径80-220ナノメートル(nm)で、表面は細胞一般と同じ脂質二重膜で、スパイクタンパク質が多数生えています。この脂質二重膜はエンベロープと呼ばれ、スパイクと共に感染先となる宿主細胞を認識する機能を持つヘマグルチニンタンパク(ウイルスの表面上に存在する抗原性糖タンパク質)が埋め込まれています。シリカゲルの細孔は特殊な製品で50nm程度までがあり、更に特別な処理で100-200[nm]程度まで制御可能です。また、シリカ表面のSiOHは蛋白と結合して吸着します。従いましてコロナウイル...ファースシリカとコロナウイルス菌

  • 執務室の前の製図版

    今朝は気温14度まで上昇してまさに春の陽気です。今日は土曜日なので事務方のスタッフは出社しておりませんが、執務室の前にある時代遅れのドラフター製図板は、特許申請書に用いる下書き用のものです。誰もいない時に此処で線を引いていることが多くあります。今日も下書きを始めます。外は好天なので社内業務がもったいない気も致します。執務室の前の製図版

  • 出張禁止令で

    社員の出張禁止令を発してから役員会を除いて一切の出張を禁止ています。また会社に届く郵便物等の多くは、イベント中止や会合延期に関わるものです。新型コロナウイルスの感染者は、全世界100万人を超える事態になりました。私達も自分の健康法を保持しながら他人への配慮を怠らない気配りが必要です。みんなでこの事態を乗り切りましょう。私達も健康住宅システムのファース研究を加速させます。出張禁止令で

  • 研究開発室

    外気温が+6度もある北海道北斗市ですが、体感温度は冬とさほど変わりません。ときおり霧雨がぱらつく中を徒歩通勤してきました。弊社の研究開発室(写真)には色々な計測器材があり、世の中に存在しない建築部材の研究を行っています。今日も研究開発と執筆の仕事が多くなりそうです。研究開発室

  • 全国大会in釧路 中止を決定

    毎年恒例のファース全国大会は、今年は北海道釧路市で6月2日の開催予定でした。新型コロナウイルスの終息見通しのない状態での開催を中止することに致しました。今日は関係各社などに連絡、ご理解を頂く作業を行います。ファース本部オフシャルサイト毎日更新福地社長日誌コラム全国大会in釧路中止を決定

  • 駒ヶ岳の尾根付近の雪がなくなり

    北斗市の福地建装社屋の北側に見える大沼公園の駒ケ岳は、その姿で四季を見分けられます。今朝の駒ケ岳は、全身すっぽりと白い霊峰のような姿が、尾根のあたりの雪が少なくなり、地肌の見える部分が多くなりました。少しずつ本格的な春が近づいて来ているようです。さて、春の到来とコロナウィルスの終息が比例して欲しいのですが。ファース本部オフシャルサイト毎日更新福地社長日誌コラム駒ヶ岳の尾根付近の雪がなくなり

  • 週明けの北斗市・気温+5度の快晴です

    こんなに天気が良いのに外出を控える仕事に特化しています。猛威を奮う新型コロナウイルスの終息を待つため、総意を結集しなければなりません。「不要不急の排出禁止」果たしてこれだけで良いのかどうか。出掛けてもコロナに掛からない究極の方法も思考するとありそうです。知恵と工夫で成し遂げたいものです。ファース本部オフシャルサイト毎日更新福地社長日誌コラム週明けの北斗市・気温+5度の快晴です

  • 40年前の自分の造った階段室

    今年は建て替える予定ですが、写真は40年前に自らがつくった階段室です。鉄骨階段で踏板は木製、骨組み手摺の格子を鉄製です、上に載せた木製の手摺も曲線が実に上手くできています。今現在は、同じものを自分でつくることは出来ないでしょう。この階段室も今年は建て替えで取り壊す予定です。ファース本部オフシャルサイト毎日更新福地社長日誌コラム40年前の自分の造った階段室

  • 気温7度もありながら…

    強い陽射しを受け、気温7度もありますが、とても春風が冷たく感じます。真冬の氷点下と変わらない体感温度です。春の訪れにカラダが緩んでいるのかも知れません。コロナウィルスに負けないカラダづくりを行わなければなりませんね。今日は土曜日で事務方のスタッフは休みですが、ハウジング事業部が予約制で竣工見学会を行っております。ファース本部オフシャルサイト毎日更新福地社長日誌コラム気温7度もありながら…

  • 今日もデスクワークを!

    気温8℃となり、コートなしで徒歩通勤が可能となりました。しかし出張停止令は解除せず、社内業務が続きます。さっそく幾つかの急ぎの記事執筆や研究開発の仕事をこなします。午後には役員会議で新型コロナウイルス対策の現況と対策を協議します。ファース本部オフシャルサイト毎日更新福地社長日誌コラム今日もデスクワークを!

  • デスクワークの疲労感

    出張を控えて一ヶ月以上たちますが、デスクワークだけなら極めて苦痛を感じます。私の場合は、研究開発の実験や構想立案などで研究室を往き来するのですが、大半をパソコンで仕事を行います。また大学やメーカーとの技術的な遣り取りが停滞しており、基本的な研究に遅れが出ているように思われます。先ずは社内での研究と執筆を行う事になるのですが、とても疲労感を覚えるものです。ファース本部オフシャルサイト毎日更新福地社長日誌コラムデスクワークの疲労感

  • 温かそうで寒い初春

    今朝は-3度まで気温が下がった北斗市ですが、この時間は+5度まで上昇しました。春の陽射しは強いのですが、冷たい風が厳しかった冬の名残を残しています。それでも周辺の環境は昼間に気温が高くなるため、一日一日と春めいて来ます。春と同時に新型コロナウイルスが終息してくれることを念じます。ファース本部オフシャルサイト毎日更新福地社長日誌コラム温かそうで寒い初春

  • 分散登校を開始

    生徒達の元気な姿を見るのは嬉しいモノです。どうやら分散登校を始めたみたいで、中学生が会社の前の通学路を登校してゆきます。今朝は氷点下になり、水溜りには氷が張っています。それでも強い春の陽射しを浴びながら登校する生徒に頼もしさを感じます。さて、今日もファース研究開発と、それに関した原稿執筆を行います。ファース本部オフシャルサイト毎日更新福地社長日誌コラム分散登校を開始

  • 春先の雪景色

    今朝の北斗市は一面の雪景色でした。しかし、この時間になると殆ど消え去り今日は春らしい好天となるそうです。一朝一夕では春になりませんが、確実に厳しい冬から穏やかな春に近づいています。新型コロナウイルスも春の到来と同時に終息することを念じましょう。ファース本部オフシャルサイト毎日更新福地社長日誌コラム春先の雪景色

  • 連休中の会長執務室

    現在、北海道北斗市の外気温は+10度となっています。気温が二桁となり、完全に春の陽気となりました。本来は外での用務が良いのでしょうが、執務室(写真)から窓越しの函館山を見ながら、問い合わせ回答や原稿執筆を行っています。今日は函館市内でファースの家の完成見学会を予約制で行っており、ハウジング事業部(フクチホーム)スタッフが出向いています。寒い時の体感見学会でのファースの家は、説得力があります。この時期の体感会は調湿空間を違いを感じて貰えると思います。ファース本部オフシャルサイト毎日更新福地社長日誌コラム連休中の会長執務室

  • 春一番の強風が

    気温10度と温度だけをみれば完全に春です。しかし、真っ青に澄み切った春の空ですが、気温10度の強風はとても冷たく感じます。それでも春はこの北国・北海道にも近づいているのでしょう。さて、今日は函館市市内で予約制のファースの家見学会を行っています。当方は相変わらず、原稿執筆でパソコンとにらめっこです。ファース本部オフシャルサイト毎日更新福地社長日誌コラム春一番の強風が

  • 上磯中学校同窓会ホームページ

    今年は分散式の卒業式を終えた上磯中学校です。当方は2万人を輩出した上磯中学校同窓会の会長でもあり、上磯中学校同窓会ホームページを開設しています。同窓会事務局は上磯中学校にあるため、頻繁に更新できませんが教頭先生と相談して更新して参ります。上磯中学校を卒業した同窓生は「上磯中学校同窓会」で検索するとホームページがトップに出るのでコメント欄にメッセージをください。さて、今日も研究開発室で原稿執筆に励みます。ファース本部オフシャルサイト毎日更新福地社長日誌コラム上磯中学校同窓会ホームページ

  • 一気に春めいて来ました

    今朝はいつもと異なる時間帯に出社して朝礼に間に合わせ、いったん帰宅して再度の出社です。いつも見過ごす場所にある福寿草の花がこぞって咲き始めました。長かった北海道の冬も春の勢いに遠のきそうです。ファース本部オフシャルサイト毎日更新福地社長日誌コラム一気に春めいて来ました

  • 母の月命日

    毎月18日は母の月命日で妻が前の日から準備をしてくれています。朝に檀家寺の若和尚が来訪され、心のこもったお経をとなえてくれます。今朝は若和尚の来訪が早かったので自分も数珠をもって一緒に焼香ができました。ファース本部オフシャルサイト毎日更新福地社長日誌コラム母の月命日

  • 春の色濃く、されど気温は低し

    今朝の最低気温は氷点下の北海道北斗市でした。この時間は+1度になりました。写真は会社から南東の函館市方面を撮ったのですが、風景は完全に春の色合いです。それでも気温がなかなかついて来ません。5月でも20㎝の雪が降った事のある北海道ですからね。さて、今日もファース研究開発と原稿執筆で過ごすことになりそうです。ファース本部オフシャルサイト毎日更新福地社長日誌コラム春の色濃く、されど気温は低し

  • 会社の駐車場を中学校の教員用に開放

    晴天ながら気温0度の肌寒い朝を迎えた北斗市です。今日は、隣の上磯中学校で分散登校でのイベントがあるため、保護者も参加するため教員用に弊社の駐車場を開放しました。先生方は、卒業式も入学式も色々と工夫を行いながら、子供達の思い出作りの工夫を行っているようです。さて、弊社福地建装ファース本部は、週明けの通常通りの業務となります。ファース本部オフシャルサイト毎日更新福地社長日誌コラム会社の駐車場を中学校の教員用に開放

  • 快晴で気温-6℃に

    日曜日の今朝は、快晴の道南です。写真はファース本部福地建装の北側から見える大沼公園の駒ケ岳ですが、真っ白な雪に覆われた尾根の輪郭が青空に映えて見えます。ゆえに放射冷却で気温が低く、水溜りはカチカチに凍っています。景色は春ですが、気温は真冬の北海道北斗市です。今日はネット相談回答のため、誰もいない会社に出社してきました。ファース本部オフシャルサイト毎日更新福地社長日誌コラム快晴で気温-6℃に

  • フクチホームのエース達

    今朝は気温が-4度まで冷え込みましたが、陽射しが強くなり+2度まで上昇してきました。今日は事務方のスタッフは休みですが現場を持つフクチホームのエース達は出社しています。私の隣からデジタル機材のメンテナンスや私の研究実験の資材作成、ビジアル作成などを行う久保田公明君、社歴40年で福地建装がここで工務店を行った時に大工で入社したアナログメンテナンスを担当の近江松男君、入社3年目の一番若い大工の入口賢二君です。今年もフクチホームの「ファースの家」受注状況は順調で、早速建て込みなどの準備で現場へ出かけて行きました。ファース本部オフシャルサイト毎日更新福地社長日誌コラムフクチホームのエース達

  • 上磯中学校の変則式な卒業式を

    開放した福地建装の駐車場は、上磯中学校の教職員の方々の車で満杯になりまsた。今日は一生に一度の卒業式を新型コロナウイルス関係で、形を変えて実施するそうで。保護者と生徒達だけを幾つかに区分けして実施するそうです。色々な工夫を行いながらの卒業式となりますが、これもまた生徒達には一生、心に残る卒業式となるのでしょう。卒業式を祝福し、旅立つ生徒達に幸あることを念じます。ファース本部オフシャルサイト毎日更新福地社長日誌コラム上磯中学校の変則式な卒業式を

  • 休校なのに先生達は多忙です

    いまだに学校が休校中ですが、学校の教員用駐車場はいっぱい(写真)になっています。生徒が学校に来ない時の支援活動は、登校時より多忙だとも云います。休校中でも学力に遅れを取れないような工夫を行っているのでしょう。弊社は、出張禁止を発令して暫く経ちますが、色々な課題が出て来ております。スタッフの安全を確保できるかどうかの見極めを吟味する必要がありそうです。さて今日は、研究開発や来客対応、原稿執筆などの用務をこなします。ファース本部オフシャルサイト毎日更新福地社長日誌コラム休校なのに先生達は多忙です

  • 出張自粛も丸一ヶ月近くに

    過去に丸一ヶ月間も出張しなかったことは10年来はありませんでした。やはり研究開発には色々なインプットが必要です。ネット情報だけでは、手や目の感触でモノづくりの思案が構想できないものです。新コロナウィルスが落ち着くの見計らって視察研究を再開したいと思うのですが…出張自粛も丸一ヶ月近くに

  • 春の小川

    水路を塞いでいた雪が溶けてなくなり、小川のせせらぎが春の風情を感じさせます。気温+3度、決して温かくはありませんが、春の兆しは気温に関係なく周辺に雰囲気をもたらしております。今日は雨の予報ですが、午後から雨になりそうです。「春の雨」雨の日は、雨の日の過ごし方があります。ファース研究の日和なのかもしれません。ファース本部オフシャルサイト毎日更新福地社長日誌コラム春の小川

  • 田んぼの雪が完全に消えました

    福地建装ファース本部本社屋の隣はJA上磯支店、ライスセンター、上磯中学校校舎などがありますが、南側には田んぼが広がっております。この田んぼの雪が完全に溶けて無くなりました。今朝の通勤時の気温+4度、コートなしでも寒さを感じなかくなりました。一日一日と春らしくなりました。後は新型コロナウイルスの終息を願うばかりです。ファース本部オフシャルサイト毎日更新福地社長日誌コラム田んぼの雪が完全に消えました

カテゴリー一覧
商用