searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

やまさんのエンジョイ生活 Ver.2さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
やまさんのエンジョイ生活 Ver.2
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/okotas957
ブログ紹介文
趣味の登山、映画鑑賞、読書を日記風に紹介してます。
更新頻度(1年)

109回 / 365日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2014/11/25

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、やまさんのエンジョイ生活 Ver.2さんの読者になりませんか?

ハンドル名
やまさんのエンジョイ生活 Ver.2さん
ブログタイトル
やまさんのエンジョイ生活 Ver.2
更新頻度
109回 / 365日(平均2.1回/週)
読者になる
やまさんのエンジョイ生活 Ver.2

やまさんのエンジョイ生活 Ver.2さんの新着記事

1件〜30件

  • 五頭山の花

    9月13日(日)五頭山の花(アケボノシュスラン)を見に!アケボノシュスランの花が咲いてると聞いたのが5日。1週間ほど遅過ぎたか・・登山口(6:27)~三ノ峰(7:44)~前一ノ峰(8:07)~分岐(8:22)~中ノ岳手前(9:20)⑳~登山口(11:27)前一ノ峰から菱ヶ岳方面菱ヶ岳方面へ進むきれいに咲いてました群生してる所では残念ながらきれいでない!ここからは色にビックリなどの実前一ノ峰から飯豊連峰三ノ峰の避難小屋暫くすると別の山で見られるので狙ってみたい。五頭山の花

  • 平ヶ岳

    9月19日(土)平ヶ岳登山口(4:55)~下台倉山(7:09)~台倉山(8:00)~台倉清水(8:24)~白沢清水(9:02)~池ノ岳(10:12)~平ヶ岳(10:59)~玉子石(12:13)~池ノ岳(12:40)~白沢清水(14:04)~台倉山(14:23)~下台倉山(16:04)~登山口(16:44)暗い時間のスタートで写真は帰りに撮った明るくなってきた!平ヶ岳は遥かに遠い!?池ノ岳の池塘平ヶ岳山頂ですゴゼンタチバナの実手前のリンドウも良い!モウセンゴケ白沢清水急下降で着くが水少ない台倉山11時間半の21.6Kmはきつかったが、充実した登山でした。今度登るときは花が咲いてる夏が良い!平ヶ岳

  • 障子ヶ岳

    9月6日(日)障子ヶ岳🄿(6:00)~登山口(6:26)~紫ナデ(8:51)~小障子(9:26)~障子ヶ岳(10:16)~粟畑(11:46)~天狗角力取山(12:04)~天狗小屋(12:36)~水場(14:25)~焼峰(14:57)~眼鏡橋(16:05)~🄿(16:11)駐車場は一杯私のグレーの車は何処でしょう?!林道と別れ登山道へ中央に先に行った人が・・紫ナデ障子ヶ岳が目の前に主稜線はガスで見えず!花も少しありました開いたリンドウもありました障子池と障子ヶ岳粟畑左手は天狗小屋右手は天狗角力取山天狗角力取山山頂です土俵です?!天狗小屋の天狗!?オニシオガマダイモンジソウトリカブト「山形県の山」(山と渓谷社)には1泊2日で紹介されている。きつかったけど変化に富んでいて楽しめた。障子ヶ岳

  • 頭殿山

    9月5日(土)頭殿山7時過ぎの登山開始を考えて4時半前に家を出る。いつもの道を行くが、朝日川渓谷の土砂崩れの通行止め!大迂回路で朝日鉱泉近くの登山口に8時半に着く。登山口(8:42)~入口(9:09)~水場(9:55)~わらび野(10:21)~山頂(10:55)㉕~登山口(13:05)この後、400m先の朝日鉱泉へ花はないので、花のようなものを写す入口とあるからここから登山道!?カニコウモリもしかしてトンビマイタケ?!水場に到着たっぷりの水土砂が崩れている!わらび野山頂が見える!ブナ林を抜けて山頂ですが雲が邪魔してますギンリョウソウは硬かったここからはおまけ、朝日鉱泉から大朝日岳をみたり・・・明日は朝日連峰の北部の障子ヶ岳です!頭殿山

  • 小蓮華山・鉢ヶ岳

    8月30日(日)小蓮華山・鉢ヶ岳(鉱山道)蓮華温泉(4:10)~天狗の庭(6:05)~白馬大池(7:04)~船越の頭(8:14)~小蓮華山(9:12)~三国堺(9:57)~鉱山道分岐(10:40)~鉢ヶ岳往復~鉱山道分岐(12:20)~瀬戸川パイプ橋(16:08)~蓮華温泉(17:07)昨年との違い:白馬岳往復(景色も望めず?)⇒鉢ヶ岳往復に変更ヘッドランプを付けて歩き出す!トリカブトとサラシナショウマ天狗の庭付近からの眺め白馬大池のテント場からたまに振り返ります!イブキジャコウソウトウヤクリンドウ三国境コマクサが残ってました鉢ヶ岳往復?!左上=白馬岳右上=旭岳鉢ヶ岳山頂!下りで見たカライトソウの群生ライチョウを見つけて慌てて、3羽目で撮れたウサギギクと後方のアズマギクミヤマアケボノソウその1ミヤマアケボノソウ...小蓮華山・鉢ヶ岳

  • 巻機山

    8月26日(水)巻機山登山口(6:04)~3合目(6:22)~5合目(7:12)~7合目(8:37)~前巻機(9:32)~御幡屋(10:09)⑳~山頂(10:48)~御幡屋(11:20)~6合目(12:42)~登山口(14:03)花も少なかったが景色は最高でした!巻機山

  • 金城山

    8月25日(火)金城山登山口(6:50)~4合目(8:20)~5合目(8:42)~7合目(9:44)~分岐(9:53)~9合目(10:23)~山頂(10:46)避難小屋(11:10)㊵~8合目(12:17)~5合目(13:24)~2合目(14:11)~分岐(14:33)~🄿(14:36)きつかったけど無事に戻てきました!金城山

  • 飯豊縦走その2

    8月19日(水)飯豊縦走その2(御西小屋~飯豊山荘)御西小屋(5:28)~御手洗の池(6:58)~烏帽子岳(8:24)~梅花皮小屋(9:17)~北股岳(10:17)~門内岳(11:40)~胎内山(12:05)~分岐(12:13)~梶川峰(12:56)~滝見場(14:12)~飯豊山荘(16:15)今回は写真のみ、コメント等を近日中に書く!飯豊縦走その2

  • 飯豊縦走その1

    8月18日(火)飯豊縦走その1(大日杉~御西小屋)大日杉登山口(5:00)~地蔵岳(8:36)~御坪(10:42)~切合小屋(12:03)~御秘所(13:17)~本山小屋(14:21)~本山(14:47)~御西小屋(16:09)今回は写真のみ、コメント等を近日中に書く!飯豊縦走その1

  • 黒斑山周回

    8月12日(水)黒斑山周回🄿(7:28)~槍ヶ鞘(8:45)~トーミの頭(8:58)~黒斑山(9:18)~蛇骨岳(9:51)~仙人岳(10:33)~Jバンド(10:57)~分岐(11:36)~湯の平分岐(11:49)~トーミの頭(13:14)~中コース~🄿(14:10)槍ヶ鞘視界がきかず!?トーミの頭でも景色望めず先に進んで振り返ってみた視界がきかず、午後から雨という1Km先の蛇骨岳で判断!なんと!?天気が回復する兆しここからは慎重に登山道ははるか下ですダケブキの群生は圧巻トリカブト**ナデシコイブキジャコウソウトーミの頭を捉えるが・・**アザミウメバチソウ天気も回復し花も景色も堪能できた。本当は逆回りを予定していた。草すべりを登ることになった!3日連続の登山になった。二日で620Km走った!?黒斑山周回

  • 四阿山と根子岳

    8月11日(火)四阿山と根子岳登山口(7:35)~2.5Km2.1Km地点(9:17)~根子/四阿山分岐(10:10)*1~四阿山(10:51)*1地点(11:39)~根子岳(13:05)~🄿(14:28)🄿から歩いてここから登山道にキキョウのような花が大きい!花も景色も素晴らしい!好きな花その1=ホソバシュロソウダケブキマツムシソウイブキジャコウソウ山頂も密写真も花で日陰で休息根子岳へ向かいます!根子岳到着です好きな花その2=ヤナギラン快適な登山でした。普通の日なのに登山者が多いのは百名山や花のせい夏休みのせいか学生も多い。四阿山と根子岳

  • 守門岳再び

    8月10日(月)<山の日>守門岳(二口コースからの周回)🄿(7:22)~護人清水(7:56)~滝眺め(9:04)~大岳分岐(10:10)~山頂(11:01)㊵~大岳分岐(12:22)~大岳(13:05)~保久礼小屋(14:44)~別登山口(15:11)~🄿(15:32)ブナ林が良い!護人清水ゴゼンタチバナの実青雲岳オヤマリンドウ守門岳山頂前回との接点は山頂だけ!浅草岳方面山頂から振り返ってみる右は大岳イワショウブホツツジの色合いも良い!先っちょがおもしろい?!大岳分岐からこれから進む大岳ジャコウソウ振り返って中央が守門岳大岳に到着保久礼小屋ジャコウソウその2オオナルコユリの実にビックリヤヤブカンゾウと知る蒸し暑い中の登山は汗びっしょり!?水分補給が半端じゃないトータルで500㎖が4本分か土日が雨であった月曜日(...守門岳再び

  • 鳥海山再び

    8月4日(火)鳥海山再び🄿(7:39)~滝ノ小屋(7:58)~<八丁坂>~河原宿(9:17)~月山森~T字分岐(11:13)~千畳ヶ原~鳥海湖分岐(12:42)~七五三掛~文殊岳(13:52)~伏排岳(14:31)~<あざみ坂>~<湯ノ台道>~河原宿(16:47)~🄿(17:55)登山口までの道を車で走行中タチギボウシの群生アップにするとこんな感じですアオノツガザクラダイモンジソウミソガワソウウサギギクトキソウT字分岐チョウカイアザミニッコウキスゲの群生ヨツバシオガマイワブクロイワギキョウチョウカイフスマオクキタアザミ鳥海山再び

  • 荒沢岳

    8月2日(日)荒沢岳登山口(6:20)~前山(7:01)~前嵓基部(8:30)~前嵓頂上(9:16)~9合目(10:32)~山頂(10:53)山頂(11:50)~登山口(15:19)水場急登が続いて1合目かなりの大きさのキノコでした昨日登った越後駒ケ岳がくっきりとこの後難所が続きます!鎖場の連続ですが花を見ながらしばし休息赤い線に沿って登ってきた前嵓からこれから登っていく登山道時々右手には越後駒ケ岳が見える7合目の樹々の間からも越後駒ケ岳が随分登ってきたが・・・とうとう山頂に!中ノ岳、兎岳、丹後山の稜線も素晴らしい眺めに満足ほぼ1時間のんびり過ごす下山も気が抜けない!花を撮った!岩の下は梯子が待ってますこの山は何年ぶりだろう!片道4.4Kmしかないがきつい山最後になるかも知れない。荒沢岳

  • 越後駒ケ岳

    8月1日(土)越後駒ケ岳枝折峠登山口(6:40)~明神峠(7:15)~道行山(8:05)~小倉山(8:48)~百草の池(9:42)~駒の小屋(10:50)~山頂(11:15)~駒の小屋(12:45)~小倉山(14:01)~登山口(16:06)ガスで視界もきかず!明神峠色が付くのか?!駒ケ岳4.7Kmとある!小倉山山頂に向かったら視界が開けた百草の池ヨツバヒヨドリバックの山は見えず!登山道を振り返ってみた雪が残ってる沢筋晴れてきた=元気が出てきた!駒の小屋山頂方面へ晴れてるうちに着きたい!山頂に着くも景色は全く見えず!花を求めて天狗平方面へ進むキンコウカ最後になってこんな感じ!?靴もズボンの下の方も泥だらけ!登山道もぬかるみも多く苦労した。本当は今日<荒沢岳>の予定でした。登山口で雨が降っていたので諦めた。明日は...越後駒ケ岳

  • 門内岳(飯豊)周回

    7月24日(金)梶川尾根~門内岳~丸森尾根S(5:00)~湯沢峰(6:26)~滝見場(7:07)~五郎清水(7:37)⑩~梶川峰(8:33)~胎内山(9:55)~門内小屋(10:20)~門内岳(10:30)~門内小屋S(12:00)~地神山(12:36)~地神北峰(12:58)~丸森峰(14:05)~夫婦清水(15:13)~G(16:17)渓流の橋を渡って梶川尾根登山口丸森尾根の登山道が見える登山道脇にこんな大きなブナ振り返ると朝日連峰!梅花皮岳と小屋も見えるより鮮やかに!石転ビ沢滝見場五郎清水急降下で水場へそこから撮ったミヤマクルマバナ三本カンバミヤマコウゾリナ梶川峰手前の赤い漆がいい!ニッコウキスゲと池塘を入れて鮮やかな色で咲いてたマツムシソウが咲いていたクルマユリ後ろのマツムシソウは咲いてない!チシマギキ...門内岳(飯豊)周回

  • 雨の後の登山

    7月22日(水)花の様子見+櫛形山9時半にナツエビネの様子を見にある山に出かける!朝方の雨で濡れた道が気になるが・・時間が十分あり天気も悪くはないので櫛形山を目指す桜公園🄿(11:20)~願文山(11:44)~大峰山(12:43)~法印峰(13:32)~櫛形山頂(14:06)下山開始(14:30)~法印峰(14:58)~<*>~桜公園🄿(16:25)*:土砂降りに遭うクルマユリが多く見れた蕾もあった7月23日(木)火打山を断念、その後八国山4時前に高速へ。200Km近く走って火打山の登山口に着く。県外ナンバーの車も多くあり、降りしきる雨の中を登り始めてた。暫く様子を伺うも諦めて戻ることに。柏崎近くになって日も差してきて明るくなった。どこかないかと地図を見てて決めたのが八国山!クルマユリとヤマユリが凄かった。駐車...雨の後の登山

  • 姥沢から月山

    7月17日(金)月山は姥沢口から登山口(7:37)~リフト上駅からの合流(8:50)~牛首(9:20)~山頂(10:25)㉟~紫灯森(12:24)~姥ヶ岳(12:40)~リフト上駅からの合流(13:30)~登山口(14:10)テープ内の文字は区魔除け対策!御宝清水オタカラコウ前方の景色振り返って朝日連峰チングルマとイワカガミ鮮やかな色のイワカガミリフト上駅からの合流イワイチョウとアオノツガザクラスキーを楽しむ人たちとコース(前方)雪の上も歩きます!牛首ニッコウキスゲを入れて!アズマシャクナゲあまりの素晴らしさで振り返ってばかりウラジロヨウラク山頂到着ヒナザクラウズラバハクサンチドリシュロソウ山頂から歩いてきて振り返るトキソウ姥ヶ岳山頂地元は天気が今一。北上して良かった。花も沢山見れたので満足!姥沢から月山

  • 読書20204月から

    4月9日(木)「グッドバイ」(朝井まかて著)朝日新聞(1/11)「夢を追う女性貿易商の維新史」と紹介長崎の油商・大浦屋の女あるじ、お希以―のちの大浦慶・26歳。黒船来航騒ぎで世情が揺れる中、無鉄砲にも異国との茶葉交易に乗り出した。商いの信義を重んじるお希以は英吉利商人のヲルトやガラバアと互角に渡り合い、“外商から最も信頼される日本商人”と謳われるようになる。やがて幕末の動乱期、長崎の町には志を持つ者が続々と集まり、熱い坩堝のごとく沸き返る。坂本龍馬や近藤長次郎、大隈八太郎や岩崎弥太郎らとも心を通わせ、ついに日本は維新回天を迎えた。やがて明治という時代に漕ぎ出したお慶だが、思わぬ逆波が襲いかかる―。いくつもの出会いと別れを経た果てに、大浦慶が手に入れたもの、失ったもの、目指したものとは―。円熟の名手が描く、傑作歴...読書20204月から

  • 笙ヶ岳

    7月10日(金)笙ヶ岳とおまけ大平登山口(7:20)~見晴台~清水大神~とよ(8:40)~河原宿(9:03)~山頂(10:03)㉟~鳥海湖分岐(11:15)~河原宿~とよ~見晴台(12:13)~登山口(12:37)4時過ぎに家を出て北上する。午前中曇りを目指して170Km。登山口は階段からヨツバシオガマの色が良い!ヨツバシオガマの群生ヒナザクラチングルマアオヤギソウイワイチョウ「とよ」なる場所!ハクサンチドリの色が良いイワカガミ河原宿夏道が出てるが雪の上を歩く人がいたハクサンイチゲヒナザクラも沢山咲いていたハクサンイチゲも沢山!ニッコウキスゲも群生シャクナゲも咲いてたアオノツガザクラガスで見えず!鳥海湖へは行かずウサギギク見晴台から大平山荘ハクサンチドリ登山口の駐車場早く降りてきたが雨が降ってきた。帰りに遊佐町...笙ヶ岳

  • 読書20202月から

    2月9日(日)「赤い髪の女」(オルハン・パムク著)2019/12/7朝日新聞「重低音で潜む、父殺しのテーマ」と紹介ある晩、父が失踪した。少年ジェムは、金を稼ぐために井戸掘りの親方に弟子入りする。厳しくも温かい親方に父の姿を重ねていたころ、1人の女に出会う。移動劇団の赤い髪をした女優だ。ひと目で心を奪われたジェムは、親方の言いつけを破って彼女の元へ向かった。その選択が彼の人生を幾度も揺り動かすことになるとはまだ知らずに。父と子、運命の女、裏切られた男…。いくつもの物語が交差するイスタンブルで新たな悲劇が生まれる。ノーベル文学賞作家の傑作長篇。2月14日(金)「脳に棲む魔物」(スザンナ・キャハラン著)マンハッタンでひとり暮らしをする24歳の新聞記者スザンナが心身に変調を来したのは、ある朝突然のことだった。最初は虫に...読書20202月から

  • 小雨の会津朝日岳

    7月5日(日)小雨の会津朝日岳(南会津)車で出発(4:20)~磐越道(安田~会津坂下)~柳津~252~289~登山口(いわなの里)登山口(7:19)~三吉ミチギ(8:16)~人見の松(9:16)~叶の高手(9:36)~熊ノ平避難小屋(10:17)~バイウチの高手()~山頂(11:12)80~叶の高手(14:30)~登山口(15:16)橋を渡ってスタートシモツケソウとオカトラノオ一つ目の沢越え2つ目の沢越え水量が多い!アジサイの花鮮やかその1アジサイの花鮮やかその2三吉ミチギ(=水場)ショウキラン根の裏の暗い所でも咲いてた人見の松登山道こんな岩場を越えて行く!ギンリョウソウこんなに濡れて!叶の高手叶の高手を過ぎてすぐにあった!左の樹は削られて階段状に?朝日岳避難小屋熊の平山頂まで0.9Km!ツガザクラの色も良い!...小雨の会津朝日岳

  • 雨の鬼が面山、浅草岳

    6月28日(日)南岳・鬼が面山・北岳・前岳・浅草岳六十里越トンネル(登山口7:40)~南岳(9:24)~鬼が面山(10:17)~北岳(11:00)~前岳(12:16)~浅草岳(12:33)~昼食~天狗の庭(13:35)~浅草岳(14:01)~前岳(14:20)~北岳(15:26)~鬼が面山(15:41)~南岳(16:13)~登山口(17:31)登山口巻きついて咲いてるのはイワガラミあまりにもかたまっていたので撮ってみたわずかに咲いていたツバメオモトこんな岩場は左に巻いていきます南岳前を歩く人たちがヒメサユリの写真を撮ってる!ウラジロヨウラクと共に鬼が面山頂浅草岳が見えてきた振り返って中央奥が南岳北岳に向かう登山道北岳を過ぎるといったん降りていきます振り返ると越後三山が見えた!まだまだ先は遠い立派なナルコユリにビ...雨の鬼が面山、浅草岳

  • 守門岳は大白川コース

    6月23日(火)守門岳は大白川コース登山口(8:06)~布引ノ滝分岐(949m8:46)~水場(9:45)~山頂(11:09)㊿山頂(12:00)~布引ノ滝分岐~<急降下>~布引ノ滝(14:05)~登山口(14:42)登山口登山道の様子①登山道の様子②色の良いツツジだが手前の樹々が・・登山道の様子③ユキザサ水場登山道はこの後左に上がっていくヒメシャガニッコウキスゲこれからいろんな花が咲くのでしょうランのような❓ウラジロヨウラクとタニウツギ花びらが大きいシラネアオイ山頂手前で咲いてたオノエラン山頂です何故か同じコースで登った人たちだけ!ホウチャクソウ青雲岳方面がわずか見えたが・・登山口の様子④何とシャクナゲが咲いていたここから激急降下の連続の道布引ノ滝を目指すギボウシ布引ノ滝上部布引ノ滝中部手前の樹々が邪魔布引ノ...守門岳は大白川コース

  • 花の磐梯山続編

    6月21日(日)花の磐梯山続編(=種類増)前回とほぼ同じコースを登る。前回見れなかった花を求めて。登山口(8:13)~分岐(8:27)~三合目(9:40)~四合目(9:52)~山頂(10:16)山頂(11:27)~お花畑(11:52)~渋谷登山道分岐(13:00)~赤埴山(13:32)~登山口(14:05)前回見れなかった花を中心に載せます!アオチドリ前よりも多くまとまって咲いていたミツガシワ前も咲いてたが沼に入り何とか撮れたレンゲツツジの色が良い!前はバックに磐梯山を入れたが・・ベニバナイチヤクソウコケイラン終わり気味も多かったヤマハタザオまとまるとそれなりに?ウラジロヨウラク色が良いので撮ったタニウツギ弘法清水小屋グンナイフウロ山頂にも咲いていたコウリンタンポポ前回は探せなかった!探したのは登山道を離れてで...花の磐梯山続編

  • 徳網山+<花>

    6月20日(土)徳網山+<カキラン>天気も最高なので朝日連峰を望める山に登ることにした!登山口(9:57)~505地点(10:32)~638地点(11:02)~山頂(11:29)山頂(13:00)~638地点(13:41)~505地点(14:08)~登山口(14:27)登山口にあった案内図きれいなブナ林が続く登山道たまには凄いものもある!池のような場所もあるブナの間から青空が見える!花は望めないがツツジだけが色を添えてる立派なブナもある山頂が見える!山頂手前で咲いていたツツジ徳網山山頂です!西朝日岳、大朝日岳・・右端に祝瓶山時間を変えてここから下山の写真です樹に付いてるカイガラのようなものは?白い花が咲いてるのだが・・最後の一枚は蝶々ここからおまけです。山友からの情報でカキランの咲いてる所に寄った。綺麗に咲いて...徳網山+<花>

  • 花の磐梯山

    6月17日(水)花の磐梯山赤埴林道🄿(9:10)~分岐(9:25)~三合目(10:15)~弘法清水小屋(10:50)~山頂(11:15)山頂(12:03)~お花畑の天狗岩(12:40)~<探検>~赤埴山(14:12)~🄿(14:33)🄿からわずかの時間で分岐点に着くコケイラン磐梯山を捉えてます!アオチドリハクサンチドリ色は薄い!ハクサンチドリ色は普通磐梯山手前は沼ベニバナイチヤクソウ蕾多しウラジロヨウラクツツジと磐梯山手前が暗い残念!三合目から銅沼と小野川湖ツツジと天狗岩そして待望のバンダイクワガタ手前にバンダイクワガタ後方は櫛ヶ峰コイワカガミ今年も見れたオダマキオダマキその2磐梯山山頂!山頂から山頂から猪苗代湖山頂でもバンダイクワガタゴゼンタチバナツマトリソウ天狗岩と櫛ヶ峰コケイランが並んでる!ハクサンチドリ...花の磐梯山

  • 雨の番屋山

    6月13日(土)雨の番屋山+α(猿毛岳)吉ヶ平山荘🄿(7:07)~馬場跡分岐(7:22)~布倉越(=雨生池)~番屋山(8:55)~里眺め(9:12)~椿尾根~馬場跡分岐(10:33)~🄿(10:55)番屋山とあざみサイハイラン馬場跡分岐雨生池とブナ林番屋山山頂山頂から守門方面葉で雨の様子が分かる!土砂崩れの跡の登山道椿尾根炭焼竃跡無事に戻ってきたここからは帰りに登った猿毛岳の様子登山口(12:30)~猿毛岳山頂(13:18)~第一展望台(13:33)~登山口(14:26)右=数が多くない?ウリノキ猿毛小屋何で?こんなところにバラ凄い根?!ウツギヤマボウシ雨の番屋山

  • 光兎山のヒメサユリ

    6月9日(火)光兎山の一人ヒメサユリ祭り!登山口(7:28)~千刈コース分岐(8:07)~奥山(=虚空蔵峰8:32)~観音峰(8:55)~雷峰(9:34)~姥石(9:51)~山頂(10:33)㉚~雷峰(11:48)~水場案内(12:19)~奥山(12:41)~登山口(13:34)中束コーススタート笹峰休み場?!千刈コースと合流奥山(虚空蔵峰)観音峰と登山道ヒメサユリもうつってる!飯豊連峰の山々ヒメサユリが続きます!姥石山頂に近づいてきた右中央の雷峰から通ってきた登山道光兎山山頂朝日連峰の山々が見える!ツツジの色が良い「雷大権現」帽子がのっていた観音峰光兎山が見える最後の地点奥山=虚空蔵峰無事戻って来ました!登山者が少ないので独占してしまった。虫もいない山頂でのんびりできた。天気も最高でヒメサユリも綺麗に撮れた。...光兎山のヒメサユリ

  • 栂峰

    6月7日(日)栂峰(東北百名山)駐車(7:00)~登山口(7:17)~水場(9:00)~蔵王神社(10:27)~山頂(11:11)~登山口(15:15)*悪路で普通自動車では大変マフラーがおかしくなって180°曲がる所で駐車このカーブ駐車スペースありコケが生えた橋を渡る「徒歩時間片道2時間30分」とあるが?!登山道の始まりはこんな感じ異常に長い鼻の象ユキザサ杉の大木が目だつ水場近くに多くあったウスバサイシンタケシマランこの後沢山見るが花小さく撮りにくいサンカヨウタケシマラン大きさは中コシアブラの木遥かに高く採れずに撮る蔵王神社水色と黄緑とピンクのコントラスト登山道の真ん中にミズバショウコブシとヒバと青空タケシマラン大きさ小栂峰山頂少し先の雪のない所で咲いてたシラネアオイそこから見える山々山頂近くは針葉樹が多い山...栂峰

カテゴリー一覧
商用