chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • 神棚でいつかはこんな祭り方をしてみたい おっ!って思わせてみるか

    神仏が嫌いな人でもキッチリしたものなら文句を言わない 家の中に神仏を毛嫌いする人がいると、「神がかったことばかりして」「宗教じみて馬鹿みたい」などと小言をいわれて腹が立つ人もいるようでして、だったら言われないようにする方法のひとつ「きっちりやる」といいでしょう。 だらしがなく、散らかり、中途半端で、手入れもしない・・・こんな状態だったら言われても返しの言葉でろくなセリフが出てこない。 しかし、きっちりというのは、金をかけるということではなく、揃わせる、整わせる、整頓する、、、ビシッとしていると小言が出てこないぞ。 物事に無頓着になってしまうと、他人にも薄々感じるものがあるからな。 熱狂的になっ…

  • 木製灯篭は祖霊舎や祭壇では欠かせない神具 神棚では贅沢品かも

    神棚で使うときには社の価格とのバランスも大事かもしれない 御本人が良ければそれはそれで何ら不都合がない、、、こういう言い方が無難な言い方になるわけなんだけど、外から見ると摩訶不思議なバランス感覚が見えてくることがあるかと思う。 一点豪華主義・・・これが実に同感してしまうときと、反感になってしまうときがあって、やるときにはとてつもなく楽しいのがこういう極端なとき、やめられないこともあるだろう。 神棚の祭り方をいろいろ見ていると、どうしてコレだけこんなに良い物を使うのか、また、この逆のどうしてここでコレを使うのかと考えてしまうような、全体としてのバランスを欠いてしまう祭り方も実際多いわけ。 誰もが…

  • 木札用の神棚として使える箱宮の外箱 神棚では収まりきれないとき便利

    社(宮形)では入らない木札を祭りたいときの参考例 神棚のことを社(やしろ)と言ったり、宮形(みやがた)と言ったりするのは、「神棚」を棚板として考えている地域もあるためなんだけど、「神棚の上に社を乗せてある」なんて言い回しをしてくれると、話がややこしくならずにわかりやすい。 全国各地の人と話をすると、文章でも会話でも用語の使い方に違いがあることに気づくので、今ではかなり慣れてきました、神仏絡みの言葉はいろいろあるからな。 ところで、木札を祭りたいけど神棚に入らない、特定の神札が入らない、入る神棚を選ぶと今度は祭りたい場所に入らない、、、ともかく、帯に短し襷に長しということが起きた時どうするか・・…

  • 使うなら本物 神前や仏前で使うスダレ 一枚掛けておくといいでしょう

    神仏前用の簾を家庭で使う場合には床の間、仏前などがとても多い まず、神前御簾、仏前御簾のパーツのバラ売りはしていないので、房だけあるか? 金具だけあるか? という問い合わせがちょいちょいありますが、当店ではできません、バラ売りをしている店を探してください。 それと、他店で購入されている御簾の修理もしていません、自前のものだけ対応しています。 この修理についてはお座敷すだれでも同様なことになります。 神社からの修理依頼もたまにあって、全て断っています。 こういうものはどこで作ったものでも同じように見えるのだろうし、違いもよくわからないこともあるだろうし、修理ぐらい簡単だろうと思われがちなんですけ…

  • い草上敷きに挿す上敷鋲で目立たなく馴染みやすいピンがあります

    透明の鋲と同系色、近似色だと思っている鋲は避けましょう ゴザにピンを挿して止めたいとき、ピンの頭が迷彩色が良いだろうと思いつつも似たような色を選んでしまうと、和室の場合には浮き出て見えてるからやめてきましょうか。 自然のようないろいろな色がある場所でもない、「縁の色」ってもっと単純だ。 それ故、そこにあると目立ってしまうものがあるので、そのとき選ぶならコレがオススメというものになる。 高いものではないからってバシバシ挿すものでもなくて、6畳なら20本程度で上敷きを敷けるし、補修用ヘリテープを使ってサイズ変更をした箇所でも20本もあれば余るはず。 要所に挿しておく、、、これだけのことなんです。 …

  • すだれ付きの特別仕様のガラス箱宮三社で一番小さなサイズの祭り例

    これ以上小さいと一社になり、三社では大中小になっていきます 箱型の神棚を探している、ガラスタイプの明るい神棚を探している、小さな三社を探している、、、このような条件であれば今回、神棚の祭り例として紹介をしているガラス箱宮三社16号御簾付き仕様があります。 一番小さなスダレ付きのガラス箱宮三社。 このサイズより小さくなると一社神殿になるので、三社として小型サイズを選びたいときにはおすすめです。 小さくなると神具を置けない・・・なんてこともなくて、薄型の箱宮であれば神具はお供物は乗せられないこともあるでしょうけど、通常スタイルで奥行きを取ってあるので、神具やお供物は中に入れておけます。 その事例と…

  • 神棚、祖霊舎、祭壇などで利用できる幅30cm超えの豆八足台 二段組も可能

    高さの違う台を二台置いて二段式としても使えます 小さな八足台と言ってみても、尺超えサイズになると使う場所が限られてくるので、大きな神棚、祖霊舎、それから八脚を使ったような祭壇だと、このぐらいのサイズの「豆八足台」を使ってみてもいいだろう。 「通常の高さ」と「一段低い高さ」を画像のように使えば二段式豆八足台となる。 やはり、段差があると格好良いよな、キマる。 豆八足台はとても便利な置き台になるから、水米塩などのお供えにとどまらず、神具を乗せる台としても使う。 下の画像で豆八足台6寸を使い神具を乗せた時の参考例を掲載しておきます。 なお、尺超えの豆八足台は1尺~1尺5寸までになるので、幅2尺が欲し…

  • 家を建てると不幸が起きる 偶然・迷信だけどね 地鎮祭ぐらいしておこうか

    鎮物を埋めるだけ 自分でできるからやっておくといい 霊感商法のようなものに引っかかり不吉な悪いことを言われると、この野郎 すぐに脅しやがって、なんて思いたくなるのもよくわかる、だから、感情優先ではなく理屈も加えて考えつつ話を聞いてみるのもいいかと思う。 「家を建てると不幸が起きる」など言われることがある、なんのこっちゃ? って人もいるだろうし、家なんか一生持てないから関係ないということもあるだろう。 根拠らしいモノはないね、こういうのは迷信です。 統計的な意味合いがやや強くて、経験的な事柄からきているので、もしやこのことでは? と思わせるような実体験者がいるはず、そのため全くの大外れでもないか…

  • 三宝の選び方は適材適所がいいだろう ともかくピンキリの神具です

    知れば知るほど種類のある神具 それが三宝 折敷 遠山三宝 「三宝」と聞くと世の中のあるものは皆同じと考えてしまう人もいるかと思う、しかし、実際は店ごと違うってぐらい種類があるので、あちらこちらの店を回って見てみるといい。 似ている・・・遠くから見れば同じように見える・・・違う違う、全然違う。 さて、お目にかなったものは見つかっただろうか。 種類があると一言でいってみても、何の種類かわからないかと思う。 三宝というのは折敷と台座部分からなるもので、台座には高さの低いものがあって遠山三宝などと言われることがある。 三宝、遠山三宝、折敷という順で低くなる、折敷は単なるお盆のような感じ。 さて、三宝と…

  • 破魔矢の絵馬は外してもいい 外した絵馬は飾っておけばいい

    おまかせ工房の破魔矢置き台シリーズは掛ける、置く、立てかける、差す いろいろな問い合わせがあって、破魔矢を置くと傾くのですが・・・なんていう問い合わせのような相談があって、よくよく聞くと絵馬の重さで傾いていたというオチなんだけど、中心に置くのではなく重心に置いてくれという返答で解決をしたことがあります。 説明ってどこまで必要になるんだろうか。。。 横向きに破魔矢を置きたいときには破魔矢掛け、破魔矢置きを使って貰えば解決するので、そのときには破魔矢を置き台のド真ん中にくるように配置しなくてもいい。 絵馬が付いている破魔矢なら重心はド真ん中にはありません、右か左に寄せればいいだけのことです。 何も…

  • DIYも可能かも 神棚用の棚板は軽くて組み立てやすい簡易的なものでも十分

    幕板と膳引きだけは必要か不必要か見極めてから選ぶこと どんな神棚向けの棚板にしても、後から幕板と膳引きを取り付けるのは難しいことがあるので、この2つのパーツについては事前に決めておくことを薦めたい。 幕板は飾りを兼ねた神前幕、注連縄などを付けたいとき必須のパーツです。 膳引きは引き出しになるので、お供えなどが多いときに使うパーツ。 棚板はDIY愛好家なら自分で作ってしまうぐらいハードルが低い神具かもしれない。 こんなことを書いてしまうと売れなくなる、、、なんてことも思わないんだけど、やってみたい衝動が強いときにはやってみろということをよく口にする。 やって失敗なら諦めがつく、棚板の部材を自前で…

  • 今どき日常生活で木製手桶、半桶、杓など使わない 地鎮祭のときぐらい

    祭事というのは本来のものを使う 寿司桶が出てくると失笑される 知らない人にとっては皆同じに見えてしまうということは、生活の中においていくらでもあるかと思う、しかし、どんな些細だと思うことでも見る人が見れば・・・ということはある。 意識の中に伸び代がないと助言が小言に聞こえてしまうこともある。 自分に興味がある方向だけ詳しくなる、何でもかんでも知るなんて所詮無理な話なわけ、それ故、他人に助言をしてくれる人は大事な人であり、耳を傾けられる人が身近に居るだけで財産かもしれないな。 相談相手、、、なかなか居るもんじゃない、居ない人のほうが圧倒的だろう。 普段の生活なら手に入れやすいものが周囲に揃ってく…

  • 大型神棚や祖霊舎で使うサイズの豆八足台 幅1尺~1尺5寸まで

    豆八足台は通常版と短足版がある 組み合わせれば二段式としても使える 神具というものは小さなものが多くて、大きな神具になるといきなり大きくなって、本殿で使うようなサイズになってしまうものが多い。 神鏡にしても、金幣芯にしても、真榊にしてもそうだ。 八足台という神具に至っては、その傾向が顕著で小さいか大きいかしかない。 小さなものを「豆八足台」などと言うことがある。 その豆八足台は普通であれば幅6寸(18cm)程度~8寸(24cm)程度のサイズのものが多く使われる。 神棚で使われることが多いせいか、小ぢんまりとしている。 しかし、大型サイズの神棚を持っている人、祖霊舎で使いたい人にとっては、豆八足…

  • 上敷きを敷くとき木枠があって上敷鋲を挿せないときには下穴をあけてから挿す

    小上がり、囲炉裏、堀こたつ、板の間など木枠で囲われた部分にゴザを使う 普通の環境であれば畳に挿すことになるので、このような施策を考える必要は全くありませんが、特殊な環境でゴザを使いたい、補修用ヘリテープを使いたいという問い合わせがある。 試行錯誤をされているようでして、接着剤で付けてしまうとか、もっと強力な両面テープを使うとか、それで使えるようになればいいんでしょうけど、私たちが行うときにはこのようにします、、、という事例です。 用意するものはドリルです。 汎用タイプのホームセンターで売られているようなもので十分、プロ工具である必要はありませんから、いろいろ太さのものが入っているセット物でも買…

  • 神棚に彩りを与える真榊 あると便利な豆八足台 神具セット

    神具セットに木彫りの雲は大小どちらか無料サービス期間中 よくわからない神具かもしれないが真榊というものがある、おそらく、どこの神社に行っても、どこの神道系教会に行ってもあるのではないだろうか? と思うぐらい珍しくもなんともない神具な割に、見たことがない、と言われるものが真榊。 興味がない、、、だから目に入らない、、、これに尽きると思う。 それでもいいんだ。 そもそも真榊が三種の神器の神具ですなんて、言われないとわからないわな。 初見でビシッと言い当てる人なんかこの世に居ないだろう。 でも、知ってくると置いてみたくるはず。 真榊にはプラスチック製と木製があるので、木製の方が高いけれど木製が良いと…

  • 神棚や祭壇で使う榊立てには2種類ある どちらを使うのか?

    神棚なら首長スタイル 祭壇なら囲い付きが多い気がする 結論はどれをどこで使っても良い・・・ということになるけど、それでは話が膨らまないので、経験的には副タイトルの通り「神棚なら首長のBスタイル 祭壇なら囲い付きのAスタイル」がよく使われている。 決まりがないけど、多少は理にかなった使い分けになるのではないだろうか。 榊立ての違いです。 榊立てをどこにどのように置くのか? ここが決め手になる。 神棚の周囲は狭いことが多いから、棚板の場合でも榊立てを引き出し側に置くこともあるし、あえて榊立てを使わないで真榊を置くこともある。 この真榊を置く方法は、生榊の費用がかかりすぎるということと、取り替えがと…

  • 和室の大きさ 日本家屋の間取り 江戸間 本間などの寸法

    現代の住宅の場合、和室はこの寸法で作られていないことが多い 身近なものでも話題にならないものだと知らないことも多くて、畳の上にゴザを一枚敷きたいだけでも、何を選んでいいのかわからないなんて当たり前にある。 まして、聞いたことがあるけれど何だっけ? みたいな領域になるのが、和室の話に多くて、毎日使っているけれど、何もわかっちゃいなかったみたいな、でもそれでいいんだと思います。 今どきの住宅は間取りなんかあって無いようなもの。 でも、そこで使うものは決まった寸法で作るから、今でも「江戸間」「本間」などの言葉が残っているわけだ。 っで、江戸間なら江戸だろう、だったら、東京なら江戸間で決まり・・・全然…

  • 箱型の神棚は神宮大麻(頒布大麻)のサイズが適合する 単体の社の神棚と違う

    箱型の神棚はコンパクトサイズ もっと大きなものは単体の社を使う 神札にはいろいろあって、一箇所の神社だけしか知らないとそれしかないと思ってしまう人もいるようなんだけど、形もいろいろ、サイズもいろいろ。 大きなほうが御神徳があると・・・いうことはありませんので、神様の背丈に合わせた家を探してみてください。 神棚にはざっくり分けて、「単体の社の神棚」と「箱型の神棚」がある。 単体の神棚のほうが大きなものが作られていることが多いから、大きな神札を持っている場合にはサイズの合ったものを選んでみてください。 箱型の神棚の場合には、全体的にコンパクトサイズになるので、「頒布大麻」と言われるサイズのものが適…

  • 神棚を並べるときには素材は同じものがいい 木目の揃ったものを置きたい

    三社の横に一社を置く 分社したり別の社として使う 分社なんて言い方をすることがあるんだけど、別にしておきたい神札があったりすると、それ専用の社を用意して横に置いておくことがある。 そのときには安い神棚でやるとチグハグ感が出てしまうので、それなりに良い神棚を使ったほうがいい、ともかく安い神棚は木目が滅茶苦茶になっているから知っておいてください。 気にしないならいいんだけど、そんな違いを知ってしまうと次回からのモノ選びで考慮するようになるかと思う。 尾州桧の神棚になると値段もそこそこしてくるし、何台並べても似たような「顔」になっている、そのため複数台並べておくときには、このような製品を選びます。 …

  • 本格的な固定式八足台は家庭では使わないほうがいい 組立式八足台にするべき理由

    家庭なら組立式八足台にして間違いなし 本格的な固定式は避けろ 右でも左でもないようなことを言っていてもしょうがないので、八足台の世界においては「固定式」と「組立式」とあるわけなんだけど、家庭で使うなら組立式にしてくれというお話です、言い方を変えるなら固定式は避けろということ。 固定式というのは、簡易的なものと本格的なものがある。 今回の画像は「本格的な固定式」になるので、参考になるかと思う。 なお、「簡易的な固定式」は初めから寸法が決まっているような祖霊舎向け八足台のことを言います、こちらの場合には今回の話とは無関係です。 それと他にも組み方があるかと思いますが、他の事業者の作り方まではわから…

  • 豆八足台を2台使う 上下の段差があれば出来なかったことができる

    より神前らしくなる 豆八足台という神具を上下2段にしてみる やってみてぇ~ いってみてぇ~ してみてぇ~と思いつつも、そのまま時間が経ち、興味も薄れて、昔話の回想録ばかりなってしまうと聞く側もあきてしまう、新しいことがないと話のネタも出てこなくなるから、動けるうちに動かないともったいない。 今を生きるしかないかもしれないな。 自分の神棚の飾り立てを思いついたら即実行の範疇だと思いますよ。 悩んで考え込む必要なんかありゃしない。 そんなに費用はかかりません、そして、なんだかおかしなものに見えてきてしまったときには後戻りもできる、さらに、上手に仕上がったら毎日見るものだから感無量ということになる。…

  • 神棚と御札と祓串 たったこれだけでも祭り方次第で整った形になる

    御札舎本一社の中に祓串を入れて扉を閉めてもおける 9月になると電話が増える、これは神社などで祭事が増えることも影響するのかもしれないが、問い合わせの内容次第では電話では全く答えることができないこともあります。 どうしても電話だと、突然の電話・・・ということになるわけなんだけど、特に「数字」ですね、寸法などは電話ではほとんど答えられません、手元に数字を持って話をしていません。 問い合わせの内容が、神棚の祭り方や神具の組み合わせなどであれば、全く問題ありませんが、神具のここの部分の寸法を聞きたいと言われてもその場では無理なことが多い、こちらも細かな数値を暗記しているわけでもない、というわけで「問い…

  • 二段式八足台のときの段差はどの程度がいいのだろうか

    二段、三段の八足台のときには段差を考えないといけない これから八足台を作って神棚設置台として使いたいとき、すでに既存のものの取り替えであれば考慮することがないだろうことに、「段差」がある。 一段式、つまり、一台しかないときには当然ながら段差などないので考える必要がないわけ、しかし、二段、三段となるとその段差が生じる。 さて、、、段差ってどの程度がいいのか? まず、八足台は使いたい人の希望する大きさで作るのが基本になっている。 そのため既製品というものは無いと思っていてもらって間違いではない、一部、祖霊舎の手前に置くために決められた寸法で作ってあるものがあるぐらい。 出来上がったものしか買ったこ…

  • 補修用ヘリテープを使えば自宅でゴザのサイズ変更、形状変更ができる

    縦横をカットしてタンスや柱を避けて敷き込むことができる 真夏の時期に比べると若干涼しくなったようなので、い草の香りが部屋に行き渡りやすくなるはず、そのため9月はい草上敷きの少し出荷が増えます。 5月、6月で先に敷いておくか、7月、8月を避けて9月、10月にするかみたいな感じ。 暑いと部屋の香りとしては消えてしまって、どうしてなのかね、部屋のモワァ~とした空気がそうさせるのか、朝晩の涼しさが感じられると空気が澄んできてゴザの安眠効果も増す。 ところで、部屋の四隅に柱があったり、角にタンスがあったりしているせいで、い草上敷きが使えない、敷き込めないと考えてる人はいませんかね。 やたらに切ってしまっ…

  • ガラス箱宮に2サイズの違う神具一式セットを入れたときの参考例

    神具一式セットの極小とそのワンサイズ上を組み込んだときの事例 箱型の神棚では幅2尺というサイズになると大型サイズになるわけなんだけど、場合によってはもっともっと大きなガラス箱宮スタイルの神棚を探している人もいるかと思う、そのときには探してもらうか、、、特注で作れるところを探すかしかないでしょう。 木箱スタイルの箱宮であれば五社があります「箱宮 幅2尺7寸 五社 27号 尾州桧」になる、こちらは尾州桧版になるので、廉価版のほうでいいときには東濃桧版を探してみてください。 実際、簡単に言うと幅60cm、高さ40cm,奥行き30cmの箱って考えると、意外と大きなものになる。 普通の棚板だと棒と板だか…

  • 国産神具と外国産神具の比較 見比べ 違い セトモノセット

    形も色合いも若干違うけど重さは国産より外国産のほうが軽いようだ 一度、自身の記録のためにもこの企画をやってみたかったので、「セトモノセット 日本製と外国製の違い 比較 見比べ 違い」という内容です。 実際、違うことは遠の昔からわかっていたことなんだけど、こうやって比較してじっくり見てみると、違うと言えば違うな、とまじまじ思うわけです。 ここまでじっくり見比べたのも過去にないかもしれない、写真を撮りながらいろいろ勉強になった。 左側が国産のセトモノセット、そして、右側が外国産のセトモノセット。 共に同じサイズで「水玉1.5寸」「平子2.5寸」「皿2寸」「榊立て3.5寸」。 以前から海外生産の神具…

  • 国産神具と外国産神具では驚くほどの価格の差はない ちと違う程度

    モノ選びで最安値しか選ばないなら国産神具は使えないと思う おまかせ工房では平子、皿、榊立て、水玉をセトモノセットとして販売していて、この組み合わせはかなり昔々に出来上がっていて、あちらこちらの店でセットとして販売していることもあり、取り替えるときにはセットごとという人たちが多いわけ。 でも、水玉だけでいい、平子一個だけというバラ売りの要望もないわけではいけど、おまかせ工房では今も昔もバラ売りはしていません。 理由は、皿一枚だけを梱包材で包んで箱に入れて明細や送り状も打ち出してという作業ができないからです、毎日その作業を何十個とする補助要員もいない。 これらセトモノ類は神具の中では価格競争が最も…

  • しめ縄の交換は毎年 神前幕の交換は定期的 どちらも幕板は必須

    幕板がないと天井から吊るすことになって格好が悪くなるぞ 注連縄と神前幕を二重にして掛けておく祭り方もあるので、そのときには何パターンかあるけどやや上級者向けの祭り方になるので、普通は掛けたとしてもどちらか一方だけで終わる、注連縄だけ、神前幕だけが良いだろう。 その絞り込んだひとつの掛け方で失敗をしたのか、それでいいのかがわからないまま、祭っていることも多々あるわけでして、インスタグラムで掲載される「神棚の祭り方」は年始になるとご自身の神棚を見せたくなる人達がアップしているので見て回ると参考になるかもしれない。 ただ、投稿されている写真の3割ぐらいは業者の宣伝ですから、これはこれで綺麗な祭り方で…

  • 神棚にも中身が何もない空洞の神棚がある 箱宮の外箱ケースのみ

    社がない状態だから都合がいいことがあります 木札が多いかな 箱そのものを社に見立てて使う神棚があって、空洞のガラガラ状態なんだけど使い勝手がこういうスタイルじゃないと都合が悪いときには便利なんです。 東濃桧バージョンと尾州桧バージョンがあって、ホームセンターなどでは東濃桧の方を扱うかな、専門店なら尾州桧の方を扱うはずです。 この神棚ケースには3サイズあって、というか元々は箱宮10号一社、箱宮16号三社、箱宮20号三社として作っているものの、社をセットせずに外箱のみの販売をしているわけだ。 社があると神札専用に近づいてしまって、木札などが収まらないことが頻繁に起こり、むき出しのまま貼り付けたり、…

  • 神棚の扉にスダレを付けるのは目隠しとオシャレ度を増すため

    取り付ける方法は簡単 選び方は「幅」で選ぶといい 扉御簾というものがあって、取り付ける場所は神棚の扉になる場合がほとんどだと思うけど、木箱のような御神体を持っている場合には、その木箱の中に取り付けることもある。 以前、屋根の軒下にはだめなのか? ということを聞かれたことがある、そこじゃない、と答えた記憶があるんだけど、軒下では格好が悪いし、そもそもそこには御簾なんか付けません。 そして「すだれの基本」として、真下まできていなくてもいい、下が空いても気にしない、、、という点を伝えておきたい。 どうしても床まで垂れ下がっていないと気がすまないというのであれば、サイズオーダーでも作れることもあるので…

  • 座敷すだれの修理は購入店舗へ依頼をしてください 他店のものは扱いません

    おそらく自社製品以外の修理を行うところはないかもしれない お座敷すだれの修理依頼を頼まれることが稀にあって、結論としては「他店の商品は修理をしない」ということなんだけど、実は、修理という作業は新しく作るより手間も難易度も増す。 ありとあらゆるものがそうなのかもしれない。 新しく作ったほうが、、、早い、、、安い、、、物作りをしている人なら木工に限らず、金属加工だろうが皮革製品だろうが、建築、土木の業界だろうがなんだろうがよくわかるかと思う。 それと、このような天然素材を相手にした製品の場合に破損などをしたら、替えがきかない、という特性があって、預かった修理品の竹ひごを作業中に折ったとしても、同じ…

  • 日本で唯一の破魔矢 龍神破魔矢は日光山輪王寺大猷院のみの販売

    破魔矢にしては独特な形状 昇龍はやはり箱から出して飾りたい 破魔矢は知っているけれど、龍神破魔矢は知らないなという人たちもまだまだ多くて、ちょうど一年ぐらい前にテレビで知ったという人たちが殺到したこともあって、二ヶ月待ち、三ヶ月待ちは当たり前だったかな、龍神破魔矢は以前からあるんだけど、有名人が紹介すると殺到する。 今は落ち着いてきたので通常に戻っているから、龍神破魔矢の入手は通販(現金書留のみ)または現地(大猷院)で得られます。 ただ、日光山輪王寺大猷院の通販と言っても現金書留のみの取り扱いになるようなので、詳しくは「日光山 輪王寺 大猷院」のHPを見て、申し込んでみてください。 大猷院の授…

  • 神棚に祓串を置いてみる 置き場所、置き方のバリエーションは無限大

    神具は単体のみより組み合わせると魅力が増しやすい 今回は祓串の紹介になるから、単体で神棚の脇に置いてみた画像を用意したわけなんだけど、神具というものはあれこれと違うものを並べてあることのほうが多いはず。 その組み合わせを次第に楽しめるようになっていくと面白みが増す。 ただ、何かの参考例のようなものは欲しいところ、そうじゃないとあっという間にちんどん屋になってしまう危険性がある。 祭るって意外とセンスが必要なんだ、でもね、「ちんどん屋にしたい祭り方」というもの一方であるから、そこから先は好みってことです。 祓串の話は何度もしているので、せっかくだから「ちんどん屋になってるよ」というものがどういう…

  • 畳の向きと上敷きの向き 祝儀敷きと不祝儀敷き 現代は気にしない

    職業で行っている人たちの真似はしなくてもいい 細かすぎる 日本にはきめ細かく物事が進んでいく美徳感のようなものがあるせいか、日本の作法、しきたりにのみならず、税法から生活習慣に至るまで、何から何まで細かすぎてしまう傾向が強くて、疲れ果ててしまう気がしてしょうがない。 「道」が好きな国民性だから、どの道でも職人芸を必要とする域にきているのだろう。 大雑把で無頓着だと社会から弾かれてしまうな。 ところで畳に関しても似たようなことがある。 畳は一度敷き詰めたらその家を壊すまで不変のまま、、、何を変えるのか? と言いたくなるものだと思う、しかし、畳には「祝儀敷き」「不祝儀敷き」というものがある。 一体…

  • ガラス箱宮三社 しめ縄付き、柵付き、雲彫欄間仕様の祭り方の参考例

    定番の三社 角張ったエッジを効かせてある箱宮 この注連縄付きのガラス箱宮三社に神前幕を付けてしまうと、注連縄が隠れてしまうので普通はしませんが、箱宮神殿のスタイルのときには注連縄を箱宮の手前には取り付けないほうがいいようにも感じていて、やはり、内部の屋根の下が最も適している場所になるのではないでしょうか。 もし、この軒下ではなく手前に注連縄を付けておきたいという場合は、本体に付けるのではなく、棚板の上に置いて幕板に注連縄を付けるスタイルだとキマリます。 注連縄のポジションはキマる場所というのがあって、何処もかしこもというわけでもないので、意外と難しいオプションなんですよね、サイズもいろいろある…

  • 空間に灯篭を吊り下げたいときには吊り灯篭 ただしサイズはワンサイズ

    祖霊舎では灯篭は常備品のようなもの 吊り下げタイプは神棚でも使う 神棚に灯篭を置きたいときには、プラスチック製のものから木製のものまでいろいろあるかと思うので、そこから先のことは各人で決めてください。 尾州桧で作った木製の灯篭が良い、、、でも、置き場所がない、、、棚板が小さすぎた、、、ということがしばしば起きる。 天井から吊り下げて使うタイプの吊り下げ式の木製灯篭があります。 ともかく狭い、棚板のサイズを大きくしたいけど、それは後回しということがある。 棚板って超ベースの部分になるから、おいそれと取り替えるまでに至らないことがあって、ポン付け、取り替えるだけ、こんな風なものなら簡単なんだけどな…

  • 祖霊舎には祭具を置きましょう 神棚と違って何もないと殺風景です

    祭りです 神棚のほうが祭り色が強いけど祖霊舎も同じ 祭具って言うのは神具のことなんだけど、こと祖霊舎になると神具というより祭具という言い方をすることがあって、でも、祭りたてる雰囲気として神棚のほうが祭り色が強いようにも感じていて、よくわからなくなってしまうな。 祭具・・・祖霊舎では祭具・・・神棚でも祭具って・・・やはり、神具というほうが馴染むかと思う。 祭りたてるぐらいの量だから祭具なんだろう。 神棚で使うものと祖霊舎で使うものは同じものです。 別物でもない。 神棚も八足台などを使って祭っている人たちは、祭具と言うぐらいの量を置いてあることはよくあること、三宝が3台、4台あっても不思議じゃない…

  • 巫女の緋袴などの装束衣装 どうせなら本物をコスプレで使いたい

    御装束を販売していましたが、今は本職業の人向けのみです 装束衣装というのはそれぞれのジャンルで用意をされていて、儀式のときに使うものを指すことがほとんどなんだけど、ユニホーム、制服だって類似したようなもんなんだよな。 しかも、衣装次第で素人だろうが無関係だろうが、あっという間に関係者になってしまう、神仏のジャンルなら一気にあらたかが増す気になるので衣装の力はあなどれない。 おまかせ工房が通販を始めて24年目になるので、ネット通販の黎明期の頃から始めていたわけなんだけど、初期の頃は本物の装束衣装の販売をしていて、そのためかコスプレ用として使いたい要望などもあったかな、今は本職の人たちのみの対応に…

  • 祖霊舎の前に置く八足台 祭壇にしたり玉串を置いたりと便利な置き台

    祭事のとき玉串を使うなら小型の八足台は用意しておくといい 普段から日常的に玉串を用意しているご家庭は少ないかと思うけど、祭事のときには神職側が用意してくることが多いかな、榊の枝に紙垂が付いたり、大麻が付いたりする参拝のときにはお馴染みのものです、「たまぐし」「たまくし」など言います。 いざ祭事が始まってしまうと玉串は置き場が困るものなので、祖霊舎を持っているのであれば一台ぐらい小型の八足台を用意しておくと、いざというときには便利な置き台になることだと思う。 ただ、常時出して使うことは・・・ちと無いかもしれない。 経験的には、祖霊舎の前に普段は何も置かないことが多いだろう、物を置いてあると生活の…

  • 神鏡の素材は、「1.5寸、2寸、2.5寸はニッケル」「3寸~はクローム」

    神具は寸表記が多くてわかりずらいかも でも尺貫法を変えることもない 神鏡を使うとき、ほとんどの場合で1.5寸、2寸、大きくて2.5寸のものがあれば、これで9割以上の事が足りる。 もっともっと大きな神鏡もあるけど、そういうものが業務用なんです。 業務用というのは価格も違う、だいたい、神鏡一台で何十万円もするのだから、家庭で使うようなものじゃないことは明白だね。 業務用なんて言うと、神社だのお寺だのっていう場所を想像しがちなんだけど、実はもっともっと使われている場所がある、知らないのは単にそういう場所に行ったことがないだけだと思う。 そもそもこのような神具類って、どうだどうだと見せるようなものでも…

  • 箱型の神棚はコンパクトサイズになります 五社であれば横幅20cmの差

    箱宮は全体的にコンパクトにまとめられる利点がある 神棚には単体の神棚(通常の社の形をしたもの)と箱に入った箱宮と呼ばれるもので大別できるかと思う。 用途などが違うだろうから、比較検討をしてもなかなか結論がでないのではないだろうか、むしろ、全く違うもので見比べていても埒が明かないので、こっち。と決めてからあれこれ選んだほうが前に進めるはずです。 全般的に箱型のほうがコンパクトサイズになる。 「箱宮の社」と「単体の社」は違う、構造が違うので、単体の社を箱型に入れておきたいときには、小型サイズ用神棚ケース、中型サイズ用神棚ケースのような、一回り大きなものを用意しておかないと入れられないかと思うので知…

  • 細長いゴザを使ってみたい 園児のゴロ寝 廊下敷き

    特殊な形状の敷物なので既製品というものはまず世の中にありません まず、テレビ番組の企画で「水上を走るときに使う敷物のようなもの」ではゴザは使いませんので、そのときには藁を使うことがある、、、問い合わせであったから先に書いておこうかな。 湖畔に敷物らしきものを浮かべて、その上を走る、、、昔、何度か見たような気もするけど、い草上敷きを使って使えないことはない、しかし、これは沈みます、早く沈むというか、浮いている時間が短いというか。 それにコスト的に上敷きを使うのはもったいないと思うので、藁を編んだ敷物、お米を包むときに使うものを長くしたものを使うといいでしょう、「むろ」なんて言い方もするかな。 と…

  • 季節の変わり目 物事の節目に神具を取り替える 神鏡は特によくある

    気分転換のつもりで取り替えてみるといい 場所も置き方も変えてみる 神具というのは一度用意をしておけば滅多に取り替えることがないものだと思うけど、それでも交換していくものがある、それが神鏡と神前幕かな。 神前幕は一年掛けておくと汚れてしまうから、定期的に取り替える人たちが目立つわけ、と言っても年に一回、二年に一回などの頻度だから負担になるようなこともないかと思う、そして、神前幕は洗濯をしない、使い捨て。 神鏡は種類やサイズがあることもからわかるように、置き場所を変えればサイズを変えることもある、そして台座を取り替えたいときもある。 ということで、、、神鏡の取り替えのお話。 台座にストーリーがある…

  • 神棚周りがゴチャゴチャしていたら整えられます 神棚用ガラスケース

    壁や柵は結界と言われる境目 身の回りは結界だらけ 「結界 けっかい」という言葉は業界の人たちの間では頻繁に使われる言葉なんだけど、生活の中でそうそう出てくるキーワードではないと思う、ただ、ふと自分の家でも見渡すと、気がつけば身の回りに結界が多いことに気づく。 とはいうものの、壁とか塀も結界の一部と言えばなんとなく、あぁ~そういうもののjことね、とピンと来るかと思う。 鳥居、しめ縄、神前幕など間仕切り要素のあるものが結界です。 ここからここまで。 こういう区切りがあったほうがいいということで、あれこれ昔々の人はやってきたんでしょうけど、神棚の周りがゴチャゴチャしていることもあって、そんなときには…

  • 御霊舎の海老錠は必需品 後から付けるなら最初からあったほうがいい

    神棚でも霊舎でも一番手前の扉は御扉(みとびら)と言います 「扉」でもいいんだけど「御扉 みとびら」という単語が使えるようになると、お!知っているな、ということになるので、自慢げになって鼻の下を擦りたくなるかもしれない。 本殿で使われる扉のことを御扉なんて区別する場合もあるけど、本社も末社も神様の扉なら御扉と言って間違っちゃいないはずです。 そのため神棚でも御扉ということがあるけど頻度としては低めかな、やはり、祖霊舎、御霊舎の扉になると「御扉」がよく使われる。 っで、家で祭事が行われるとき、「御扉開閉」という行為は先に開けておくことを薦めていて、これは海老錠に慣れていないと焦っていつまで経っても…

  • 祭事では実用性が全くない神具を持ち出して使うことがある 鍬鎌鋤

    かなりしっかした神事の祭典で使う地鎮祭向けのカマ、スキ、クワ 鍬鎌鋤に限って言うなら、特に今回の特上鍬鎌鋤はかなりしっかりとした祭事で使う神具になるので、ここまでの製品は費用もかなりかけた地鎮祭で使うことになる。 桶などの手水用具とは違って、鍬鎌鋤は代用品はいくらでもある。 特上の鍬鎌鋤は従来から使われているもので、持ち手の滑らかさ、重量バランスなどがとてもいいので、こちらとしても昔々から一切変えない作り方で提供している。 良い物は良いんだけど、価格面では安くない、むしろ、高い部類になるので、地鎮祭の規模、祭事の形式に合わせたものを用意しておくといいでしょう。 それと、見てわかるように木製です…

  • 小さな店の集客イベントは人との距離が短いほうがいい おみくじ企画が面白い

    毎回毎回ワンパターン じわじわくる小さな楽しみは長続きする 神教みくじというものがあって、その内容は前向きになることばかり書かれていて、当たる外れるということではないので、最終的には文言を自分に都合がよく解釈して呑み込むとちょうどいい感じの内容になっている。 人を痛めつけるようなことは書かれていないし、小馬鹿にする内容でもないので、何か足りていないものを気づかせてくれればラッキーなんだろう。 神社でよく使われる御神籤が神教みくじになる。 不思議なことに、同じ文面でも若い世代が読むのと、熟年世代が読むのとでは全く意味の取り方が違うこともあるわけでして、大人になればあれこれ知ってきます。 統計的に…

  • 御霊・霊璽・御霊代と言われるものが増えてきたら一台にまとめる

    10人分を1台にまとめておく ぎゅうぎゅう詰めでは良くないと思う 祖霊舎の場合には大きいこともあって、容量に余裕があることが多いはずなんだけど、それでも20人超えになってくるとかなり窮屈に感じることもあるだろう。 御霊舎の場合には10人分ぐらいは問題ないと思うけど、いっぱいあるな、窮屈そうだなと思ったら、繰出型という霊璽を使ってひとまとめにしておくことがあるので、10人ひとまとめに出来るものですが、余っていても問題なし。 先々のことを考えて、コンパクトにしておきたいときには、最初から繰出型の御霊を使うこともある。 仏教でいう位牌のようなものですから、似たいようなものは位牌でもある。 位牌を神道…

  • 神棚にある生榊をやめて真榊に変える 費用的にもかなり助かるはず

    生榊は神棚の中で一番費用がかかることがある 費用も手間もかかる 昨今、生榊の入手が難しくなってきている地域が増えだして、近所の生花店も閉店してしまったり、車がないとスーパーマーケットまで行けなかったり、だからって通販で生榊を取り寄せるまでもないと思ってみたりと、シバや香花ではなく「サカキ」の取り扱いで止めたくなってきた人が増えている。 サカキって神棚でしか使わないんじゃないかってぐらい用途が狭い。 っで、サカキの造花を使うこともある、、、生榊は取り替えないといけない。 この定期的に取り替えるという部分が、おそらく、神棚全体の中で数十年と祭っている過程において最も費用がかかっていたなんてことが普…

  • 箱型の神棚 箱宮神殿に彩りを加える簡易的な神前御簾

    簡易的な神前御簾は祖霊舎、神輿、山車には使いません 明るい神棚にしておいたいときには、少し神具を置けば解決するので、色付きの神具を使ってみるのがいいでしょう、真榊、かがり火などはアクセントになる。 それとは別に、箱型の神棚を使っているときには神前御簾を掛けておくこともあるので、今回のような横長の簡易的な御簾を使うと、パッと明るくなるのでオススメの方法なんだけどね。 簡易的御簾の取り付けは紐がついていればそれを使うもいいでしょうけど、釘を使って竹ひごの間に挿して、神棚側の木部に挿す。 そして、その取付場所なんだけど「箱宮の内側」が基本になるので、外側に取り付けないほうがいいだろう、なんとなくバラ…

  • 畳の縁と上敷きの縁 似て非なるもの 補修用ヘリテープは上敷き用です

    畳縁の修繕のため使うときには上敷鋲を必ず挿すこと 「畳縁」と「上敷縁」・・・同じものであると勘違いをしている人もいるようですから、ブログでも書いておこうかと思います。 同じものではないけれど、全く違うものでもない、それは似て非なるもの。 初見だとよくわからないかもしれないな。 「畳縁」は上敷縁より幅が広いことがほとんどでして、それは畳に縫い付けるときの構造を知っていれば広くないと作れないことがよくわかる。 畳の縁は直角になっている部分に裏面から縫い合わせてから、折り返して表面を出し、そして側面でも縫い合わせていくわけだ。 そのとき下紙というものを直角部分に挟んでから折り曲げておく、下紙がないと…

  • 神棚を板戸にしたい DIYでするもヨシ 板を買ってきて差し込むもヨシ

    戸板と間違えやすいけど戸板は雨戸などで使うものを言う 板戸と戸板というのはややこしい言葉でして、「戸板 といた」というのは屋外にさらしてもいいような雨戸の役目をする板のことを指していてペラペラの板であることがほとんどなんです。 そして、「板戸 いたど」というのは同じ目的であるけど、門でも使うし室内でも使う、戸板よりしっかりした造りのものを指しますから、板戸>戸板という関係でして、しかしながらこの中間を意味する言葉もないし、役目としてもないから使い方を間違えることもない、、、というわけなんだけど、慣れるまでどっちがどっちかややこしい。 っで、神棚や祖霊舎の場合には「板戸」と言います・・・これでピ…

  • 上敷鋲の選び方 透明は避けて同系色も避けるのが目立たないコツ

    色を馴染ませるのがコツ それが最も気にならないようになる 一点の曇りも許さないとなってしまうと生活しずらくなるので、多少違っていても、多少崩れていても、多少ならいいじゃないか程度の気持ちに余裕が欲しい分野がある。 色というのは意外と難しい。 上敷鋲という誰も気にしないようなものを選ぶとき、大失敗しやすいことがあるから知っておいてもいいだろう。 まず、透明の頭の上敷鋲はやめておけということなんだけど、透明は消える、ということではない、単に透明樹脂のプラスチックということ。 これが光に反射してしまう、和室の床にピカピカ光るものが点在する結果になる。 しかし、初めて上敷鋲を選ぶとき、何色にするか迷っ…

  • 一社の神棚に神札は一枚だけしかいけないのか? 何枚も入れていいのか?

    昔からあるやり方としては2種類ある これで迷いが消えるはず 作法のようなものは何時のどこから生まれてくるのか定かではありませんが、どういうわけか皆がするので右へ倣えになる、まぁ、それが集団社会の中ではギスギスしない行き方なんだろう。 食事の時にはこうする、挨拶をする時にはこうする、エスカレーター、エレベーターに乗る時にはこうする、、、という具合に、生まれてしまった国ごと地域ごと家庭ごとの違いはあれど、なんとなく意識をせずにできるようになるまで時間がかかる。 正直、作法やしきたりが多すぎている気もしないわけではないが、こと神棚に至ってはひとつのルールのようなものが生き続いているので、迷ったら「作…

  • 使い方、使い道のわからいずらい神具 三宝、神のせ台、大角、雲脚台、丸形三宝

    三宝、遠山三宝、折敷のグループ 大角、紙のせ台のグループ その他 神具を選ぶ時の用途という話になるんでしょうけど、どこでどの神具を使うのか迷ってしまうことがあって、厳密な使用場所というものがないせいか、それらの決め事はその場その場で違うと先に言っておくほうがいいだろう。 似ている神具のとき、どっち? なんてよくある話だし、どっちでもいいけれどココではこれを使うと決めてあるときにはそれに従うだけ、むしろ、決めてくれって感じ。 決めてしまえば迷いなし、、、ってことだ。 要するに昔からあるもののせいか、製造工程が単一化しているというか、上の部分は同じでも脚の部分が違うせいで、使う場所が違うといういか…

  • 破魔矢はもっと楽しめる 守護矢、龍神破魔矢などの飾り方 

    破魔矢は部屋ごとあってもいい 統一性を抑えつつ飾り方を変える 揃っているような統一感があったほうが綺麗に見えるかと思うから、おまかせ工房の破魔矢シリーズは違う置き方、飾り方をしても違和感がおきないかと思う。 こっちはプラスチックの台に乗せて、こっちは空き箱の上の乗せて、こっちは画鋲で留めてとかいうチグハグ感が出てしまうと、何だこりゃ、になりやすい、一種類だけならそういうこともわかりずらいけど、違う置き方をするものをいくつか家の中で飾るときには、統一性の原則みたいなものが整っているほうが良いかと思います。 破魔矢は刺す道具ではありません。 向ける道具というほうが正しいかもしれない。 という基本を…

  • 神棚を床の間に置きたい ベストな空間がそこに余っている

    Cの位置なら八足台がオススメ 神前御簾を上に掛ければ文句なしの完成 和室のデッドスペースとも言われ始めている感もある「床の間」なんだけど、ともかく、代々受け継ぐにはどうしても持て余してしまう空間なわけだ。 初代の人はわかって作っているから、ここにはコレを置こう、など目的がはっきりしていて、これまた用意できるものも骨董など由緒正しいものだったり、珍しいもの、入手が困難なものなど、思い入れも相まって見たい見せたい・・・さらには見せびらかしたいものなどを置けたわけ。 ところが、二代目、三代目となるとどんどん嗜好性も変わったり、そもそも置くものがないなんてことになって、得体の知れないツボや掛け軸では、…

  • 知ってくると神棚の祭り方が変わる まずは基本を過ぎてから始めてみる

    金幣芯、祓串、神鏡の組み合わせは神道では珍しくない祭り方 神仏の物って一般的と言われるような飾り方以外のものになると、怪しさ満点にもなりやすくて、一体これはどの教義? 何教? なんて言いたくなる飾り付けもあるわけなんだけど、おまかせ工房のブログは怪しさはありません。 見慣れないかもしれない、、、この程度のものは出てくることもあるだろうが、それは一般的をちょい過ぎたぐらいの内容になるので、アマチュアを過ぎてセミプロぐらいの内容でして、ちょうどいい感じの誰でも通る道程度になります。 今回の祓串、神鏡、金幣芯の神具は、それぞれを単品で置くことがあっても、組み合わせて置くとなると・・・玄人っぽさがでて…

  • い草上敷きをタンスの下に敷いているならカットしたほうが何かと良い

    補修用ヘリテープで出来ることをYouTube動画でまとめてあります 表題の通りなんだけど、切らないといけないというハードルをクリアできるなら、その後の和室がとても快適になるかと思うので、是非、面倒がらずにゴザのカットをして欲しいわけだ。 画像のように和室にタンスがある部屋は山ほどあるわけでして、そのタンスの下にゴザを敷き込むのはちょっと待って・・・ということなんだけど、実際のところはカットができないからタンスを動かして乗せてしまうような間違った敷き方をしているはず。 い草上敷きは切れるから、専用の補修用ヘリテープを用意して、最後に上敷鋲を挿して完成となる、作業はさほど難しい話ではないので、下の…

  • 雪洞(ぼんぼり)が出来上がってきました 白木の雪洞はこれで決まり!

    神道の照明器具 火袋(覆)が六角形だからわかりやすい しばらく在庫切れをしていました雪洞が各サイズ出来上がってきたので早速ブログで書いていきたいと思いますが、灯篭、松明、行灯、提灯など灯りとりとして昔から利用してきたものの一つに「雪洞 ぼんぼり」がある。 行灯と雪洞の違いは何か? 提灯ならピンとくるとかね、少し疑問に思うところもあるわけなんだけど、大きな違いは・・・雪洞は火袋が六角形という点かな。 もっと専門家に言わせれば、歴史なども含めて説明してくれるんでしょうけど、ここが見てわかる違いなんだよ、、、と言うならやはり六角形かな。 ならば、火袋のことを「覆 おおい」とも言うんだけど、火袋が六角…

  • 国産神具に激安品はありません むしろ激安品には手を出すなというジャンル

    いろいろ売られているから行き着くところは適材適所なんだけどね 物価が下がっていると何でもかんでも安いのが当たり前と思ってしまうこともあるようでして、100均で何でも揃うから・・・という買い物を好む場合もあるだろう。 何でも揃うと言ってもね、人それぞれなんだろう。 プラスチックのような樹脂製品だと、金太郎飴のようにどこを切っても同じ素材ですなんてことが言えることがあるよな、でも、木製品の場合には切り方ひとつで木目から節目から全然違うものが出来上がる。 そのためいいとこ取りをしたものは自ずと高くなるわけなんだけど、どうもそこが今ひとつ伝わらないことがあって、価格の違い、がわかりにくいことがあるかも…

  • 国産の御霊、霊璽を使おう 選び方は型と高さで選ぶだけ

    御霊 霊璽は指定をされたらそれを選び 継承するときには類似を選ぶ 神道は人口が少ないこともあって、周囲に聞いてもよくわからない返答になりやすいので、仏教事のようにはいかないこともある。 というか、日本には宗派だの流派だのって区分けがあって、自分の家のこともよくわからないのに、他の家のことはさらにわからないと言ってもいいかと思う。 香典ひとつとっても、仏教と神道って違う? なんて聞かれて、正しく返答できる人は該当したことがある人だけだろうな。 そんな神道なんだけど、位牌と聞けばピンとくる人でも、神道だと霊璽、御霊、御霊代など呼び名があって、さらに、四十九日と聞けばこれまたピンとくる人は多くても五…

  • 業務用の金幣芯を家で使う場合には家紋を入れる もしくは巴紋

    高さ60cmを超える金幣芯はほぼ業務用です 金幣芯という神具がある、家庭で使う場合には小さなもので十分なんだけど、一部、祖霊舎や祭壇形式で祭られている家庭の場合には、25cm~30cmぐらいのものを使うこともある。 さらに業務用となると60cmを超えてくるので、こういう金幣芯は家庭ではまず使われない。 使われることが滅多にないので情報も少ないのはしょうがないね。 っで、意外と知らないこととして、業務用、つまりは神社や仏閣で使うような金幣芯には紋所を入れるということ。 なにやらやたらと格好良く見えてくるものなんだ。 さらに金箔仕様になる。 ということは、、、値段もかなりする、こんな値段は知ったと…

  • 細長い八足台・八脚案 転倒対策として固定金具で留めておくこともある

    細長いときには天板の裏側で留めておくと良いでしょう 八足台を製作するときには、決まった寸法、既製品というものがないので、使う人が使いやすいサイズで作ることになる、そのため一件一件すべて違う、まず、同じ寸法で別々の人の八足台を作ることはありません。 中には細長いものを希望することもあって、「高さがある」というより「細長い」という形状だね、こういう形状のものは見ての通り地震でもきたら倒れてしまうような気もする。 そんなときには「留め金具で固定」してみてはいかがでしょうか。 金具なのでできることなら目立たせたくはない。 そこで天板下の脚部分に取り付けておくと綺麗な留め方ができるかと思う。 下の画像の…

  • 桧製の神棚にはヤニがでやすい 特に夏場に多い 無水エタノールで消えます

    桧特有の木目に沿って樹液が線上に出てくるものがヤニと言われるもの 神棚の管理について書いてみようかな。 まずヤニは桧に見られるので杉には出でないし、むしろ、桧であるという証明にもなりそうなんだけど、板の木目に黄色の樹液が滲み出てくることがある。 乾いた布で拭いてもダメ、水で濡らした布で拭いても消えない。 「無水エタノール」っていうものがあって、それを使うと消えるから、気になるようならやってみて。 無水エタノールってカメラ好きなどはよく使うかもしれないな、揮発性がとても高いので蓋を開けてそのままにしておくと空っぽになってしまうぞ。 一眼レフのセンサーなどの清掃でも使うね、ともかく濡らしても即乾く…

  • 神棚の手前で使っている豆八足台で一段低いものがあります

    通常型と短足型 組わせて使えば二段式の豆八足台にもなる 寸法というのは使ってみないとなんとも言えないこともあるので、神具の大きさ選びはなかなかドンピシャとはいかないこともある。 初めて神棚を選ぶ時に神棚セットなるものを選択することもあるでしょうけど、そのときの神具の大きさというものは、このぐらいでいいかな、というものを選んでいるはずです。 これもあとから、これは大きく、これは小さくということが出てくる。 豆八足台という神具が「もう少し高さの低いものがないかな」という事例がとても多いので、短足型豆八足台というものがあります。 神棚というものはそのポジションから、見上げる位置にあることが多いので、…

  • 神棚の上の天井に「雲」っていうものを見かけたことがある

    本流は「雲」 それ以外は亜流 雲だけでは物足りなから作っただけの文字 人様の神棚を見た時に「雲」と書かれたものを見たことがあるかもしれない、いろいろな雲、それからいろいろな文字があるけれど、絶対数としては何も無い方が多いかと思う。 でも、付けておきたいな、と思ったときに選ぶなら「雲」でしょうね。 本来は雲だけだったわけなんだけど、雲だけでは類似品ばかりになって売りづらいもんだから他の文字を作っていく、いわば、本流は雲、亜流はその他という区分けができる。 とは言うものの、貼っておきたいなら好きな文字を選べばいいのさ。 機械で作られた文字ならいくらでも製作している業者もいるから、天、空、宙などそれ…

  • 上位版のガラス箱宮の神棚 欄間雲彫、柵、しめ縄付き、紙垂付き

    神棚のパーツは後から増やしたり取り替えることがほとんどできません モノにはいろいろな特性があるかと思うけど、こと神棚に限って言うなら「後付パーツ」というものがほぼありませんね、そのため必要なものはすべてセットされているわけだ。 一方で、特徴的なパーツになるとそれだけ欲しくなることもある。 特に「欄間」部分、これは和室でもそうなんだけど襖の上にある飾り部分のこと、これがあるかないかで品格がずば抜けて違うように見えてしまう。 そのため昔の純和風建築では欄間に費用がかかるというのも頷けるわけ、それと床の間だね。 しめ縄であれば後から付け加えることができるし取り替える・・・ということは人がお金を出しや…

  • 質問:ゴザは切れるのか? 答え:専用品の補修用ヘリテープを使えばできる

    切ったのに何もしないとバラバラになって捨てることになるぞ 表題の問い合わせはかなりあります、「切れるの?」ということなんだけど、切れます、ただし、後始末をしっかりしておかないと副題のようにバラバラになってゴミ箱直行になるので、必ず「専用品の補修用ヘリテープ」を用意してから、そして、「上敷鋲」を最後に挿して完成させてください。 でも作業がどのようにするのかわからない・・・下のYouTubeにまとめてあります。 画像のような留め方をしてしまうこともあるはず、これは悪いアドバイスですね。 全く後先を考えないで人に「あーしろ「こーしろ」とデタラメアドバイスをもらってしまうと、い草を折り曲げて鋲を挿して…

  • 紋付きの神前幕を選ぶ時には知ってから選んでも遅くない

    巴紋、稲荷紋、卍紋、菊紋など神前幕には紋付きのものがある まず、卍紋、菊紋は家庭ではあまり使われないので知っておいてください、ゼロではありませんが一般的ではないというぐらい少ないんです。 多くの場合、紋付きの神前幕であれば巴紋、稲荷紋のどちらかで事が足りる。 それと個人宅で家紋を入れた神前幕を使いたいときには、オーダーを受け付けている店で依頼をしてください、おまかせ工房では神前幕の特注は受けていません。 ところで、その神前幕について、同じ名称、同じサイズのものを別の店で買っても違うことがあります・・・というお話なんですけど、神具にはよくある話なんです。 同じ店で選べば同じものがくる・・・これが…

  • 神棚で祓串を置くべき場所の参考例 扉前・階段前・左右など

    祓串を神棚に置くと祭り方のバリエーションが一気に増えます 祓串の祭り方に正解なし、、、という結論になるぐらい祓串の置き方には様々な置き方があって、一本のみならず二本、三本と増えていくと、次第に面白くなってきてしまうし、他の人のものを参考に見てみると、その置き方の種類の多さにびっくりする。 身の回りで見かけないなら、神社に足を運んでみるといい。 八足台と言われる机のような台の上にあったり、中央ド真ん中にドンとおいてあったり、扉を明けるとそこにあったり、神鏡と一緒に置いてあったり・・・こんなのほんの一例に過ぎないぐらいだ。 置き忘れているのではないか? なんて思いたくなるようなところにあったりもす…

  • 真榊の左右は決まっている あとは木製台軸でいいのかプラ製でいいのか

    左側に草薙剣 右側に八咫鏡と八坂瓊曲玉 反対には置かない おまかせ工房の真榊は全サイズ木製台軸仕様になっているので、後はサイズで選ぶだけでいいかと思うけど、真榊では最も小さなサイズが一番使われるということも先に言っておこうかな。 ところで、真榊は配置が決まっている神具なので、画像のような左右の置き方をする、この逆はしないので知っておいてください。 左右対象だったら間違えないし、迷わないんだけどね、真榊は左右非対称の神具、こういう神具も珍しいかと思う。 怪しい神具ではありませんよ、神社の拝殿内部に行くと大きな真榊が左右にドンドンと置いてあることが多いはず、余りにも小さな神社、それから地域で管理を…

  • 民宿や旅館向けで作っている特売品のい草上敷き

    他の上敷きと違ってサイズ変更、縁の選択、品質の選択ができません 主に業務で使う民宿や旅館向けとして作って自由度が全くないので、縁と価格が気に入ってくれればお買い得ですというラインの上敷きになります。 おまかせ工房の上敷きは個人向けとして、縁の種類を選んで、い草の品質も選べて、さらに、間取りや広さに応じて自由にサイズを決めて作れる、サイズオーダーが基本と言えばそうなるかな。 しかし、こちらの上敷きは「サイズは江戸間と本間だけ」「縁はNo.5だけ」「品質はランク7だけ」ということになる、それでは面白くないかと思うので「ランク7の品質でランク6の料金」という特売品になっています。 そろそろ全国的に海…

  • 簡易的な神棚の棚板は支柱を切って短くすることができる

    幕板なしであれば支柱をカットして短くできる もっと上に設置できる もはやこんなことは説明はいらないはずなんだけど、念のため書いておくと、幕板有りではカットしてはいけない、幕板を取り付ける場所が無くなってしまう。 とは言うものの、全く不可能でもない、ただし、コの字に木材を切り出せるだけの道具があればできる、ノコギリとノミがあればできるけど、ノミを持っていないとカッターですることになるだろう、ということでDIY好きなら可能と書いておく。 簡易的な棚板セットで幕板の無いタイプは、No.1,No.2、No.3、No.4、No.5になるので、この品番のものであれば支柱カットが可能となる。 支柱をわざわざ…

  • 座敷すだれの部品 自分で交換修理ができる丸カンのある留め金具

    この金具はクネクネ曲げると折れてしまうから一発で仕上げてください 今、神前御簾のほうに注文が集中していることもあって、座敷すだれ本体の注文は一時停止していますが、ほんの僅かですが金具があります。 金具と言っても座敷すだれを長押に引っ掛けるときに使う留め金具部分。 こういう金具はおそらく街中探しても見つからないのではないかというぐらいのものだと思うので、通販以外で探すのは無理でしょう。 この金具を交換したいと思っている場合には、錆びていたり、丸カン部分が足りなかったりしているかと思う。 そのままにしておくと目立ちます、座敷すだれの金具は大事なパーツになるから、とても目立ってしまう特徴がある。 手…

  • 神棚が先か 神札が先か 大きな木札はどうしたらいいのか?

    大きな木札を基準に神棚を選ぶととても大きな神棚になってしまう 神社の御札にはいろいろなサイズがあることを知らないこともあるようでして、一枚いただけばそれしかないと思ってしまうかもしれないけど、他のサイズのものもある場合が多いので、これで大きすぎるな、というときには、小さな神札に変えてもらったり、一度戻して新たに入手してみるのもういいでしょう。 紙の神札もあれば、木札もある、特に木札の場合には大きくなりがちでして、神棚に収めようかと思ってもサイズ的に大きすぎて収まりきれないこともある。 もし、そんなときには神棚ケースのような外箱のようなものを神棚として使ってしまう方法もあるから、せっかくいただい…

  • 神棚の重さは三社の中型サイズで約2キロ 重たいものではありません 

    神棚は板の集合体 軽いんですよ 軽くないと都合が悪い 神棚の「重さ」を聞かれることが稀にありますが、ざっくり言うなら「三社の中型サイズで2キロぐらい」ということを参考にして、1社ごと700グラムって感じでとらえておけばいいかと思う。 10グラム単位で考えるようなものじゃないし、神棚は板の集合体です。 神棚って設置をしたらガチガチに固定をして、一度置いたら一生動かさないようなものではない、清掃もするし移動もする、棚板から下げてね、そんなものだから木の塊ではなく、板の集合体ということね。 素材にもいろいろあって、桧より欅のほうが重いとかそういう話はあるけれど、気にするような部分でもないかもしれない…

  • 和室の10畳間は上敷を使う時に「逆縁 ぎゃくべり」仕様になります

    い草上敷き10畳は縁の向きが他の畳数と違う 90度違う 逆縁仕様 ゴザなどは誰も気づかず興味もあらずと分野になるかと思う、買ってきて敷いてちょうど良ければそれで良し、誰も「向き」を考慮している人はまず居ない。 そういうもんです、だから、説明すればいい。 普通、10畳の向きが他の畳数と違うなんて、仕事で関わっている人だって知らないこtもあるぐらいだ。 でも、、、これは知っておかないと部屋の見た目の広さにも影響するだけではなくて、金額にも関係してくるから無駄な知識じゃありません。 横長というか、幅長というか・・・幅のほうが長さより長い・・・逆縁の状態。 い草上敷きというのは、4.5畳、8畳は正方形…

  • このような神棚三社は存在しません 片屋根が二社大黒の本来の形

    元々、二社大黒という神棚は片屋根スタイルなんです 見る人がみると左右対称のほうがバランスが良く見えるようでして、まぁ、これは誰でもそうなんでしょうけど、「下の三社は存在しない神棚」なので、そのつもりでご覧ください。 人と話をしていると、「好き勝手なことを言って・・・」という話も飛び出してくるから面白いわけなんだけど、二社大黒という神棚でどうしてそんな形をしているのか? というなんとも説明しずらいことを聞かれることがある。 昔からそうなんですよ、、、ぐらい返答しかできない、、、伝承です、、、とでも言っておきたい。 言われてみれば、片屋根の神棚はそうそうない、やはり二社大黒ぐらいかな。 屋根違いの…

  • 灯篭は雪洞でもない かがり火でもない 回転灯籠でもない 提灯でもない

    灯篭って何? 神様や霊の通り道を照らすものです 「灯篭」「灯籠」とか書くよね、「篭」「籠」はどっちを書くんだろうかなんて考えてしまう、なにやら常用漢字の第一水準と第二水準というなかなか足を踏み入れることがない領域の話になるので、結論としてこのページのブログでは「篭」を使いたいと思います。 木製灯篭、プラスチック灯篭など様々な灯篭がある。 木製と言ってもいろいろな素材の木で作られているから、良い素材のものを探しているときには尾州桧の木製灯篭を候補にいれてみてください、繊細です。 ところで、似たようなものがあって、雪洞(ぼんぼり)、篝火(かがり火)、回転灯籠(かいてんとうろう)、提灯(ちょうちん)…

  • 神棚用の御簾を祖霊舎につけない でも祖霊舎用の御簾を神棚につけることはある

    同じようでも神棚向けの簡易タイプの御簾と神前御簾は何もかも違います 似てるよ、そっくりだ、房が違うだけ? なんて言いたくなるかもしれないが、簡易御簾と神前御簾は素材から作り方から全く違うものになるので、価格も大きく違います。 神前御簾は手持ちの神棚より高いなんてことはザラにあるだろうと思っていて、神前御簾にも用途があるから、そこら辺を簡単に説明してみたい。 本格的な神前御簾には2種類ある、規格寸法のものとサイズオーダーのもの。 規格寸法のものは祖霊舎で使うことが目立つ、サイズオーダーはどこでも使うので実際に作るときにはサイズオーダーのほうが圧倒的に多いんです。 今回の規格寸法の神前御簾は主に祖…

  • 知らないと誤魔化されるぞ 神道で使う八脚案・八足台はピンキリ

    安いモノには訳があり高いモノにも訳がある 適材適所で選びたい 八足台(八脚案と言ったり案とだけ言ったりします)を作りたい人たちが多くて、おまかせ工房でも年間を通じて数多くの八足台を製作していますが、世の中でいろいろな八足台が売られていますので、まずはあちらこちらを見て回り、ここだ!と思ったところに依頼をしてみるのがいいでしょう。 そのときのアドバイスです、、、木材を知るのは時間がかかるので、まずは簡単なレクチャーをしておきたい。 木の板・・・と聞いて頭に浮かぶ種類が少ないほど素人になる、知ってくるとたった一言なのに走馬灯のように板がダダダと頭の中を流れていく。 そのぐらい種類もあればそれぞれが…

  • 祖霊舎として作られたものを神棚として使うのはいいのか?

    神と祖先をごちゃごちゃにしなければいいのではないだろうか 表題のことを稀に聞かれることがあって、宗教家に聞けば別の答えが出てくるかもしれないが、基本的に祖霊舎は祖先が入る家であり、神棚は神が入る家です。 家がないのは良くないから何かに収めておきましょう・・・というのは誰でも言うかな、そのためむき出しのまま祀っておくことは避けたい人たちがとても多い。 っで、この祖先と神を一緒に入れておくことはしない、というか見たことがない。 なんとなく言い伝えのような、そういうことを伝統、習慣というんだろうけど、誰もしてはいけないなんて言わないけど誰もしないみたいな、そんなことがある。 もっとも、この逆もあるわ…

  • 神鏡、金幣芯、祓串は外に置いたり中に入れたりして神棚を祭れる神具

    国産神具を使ったひと味違う神棚の祭り方 玄人ウケする神具の配置場所 物事はなんだかわらないときには、しない、手を出さない、近づかないという基本三原則みたいなこともあるので、まず、見てわからないときには聞いてみて、聞いてもわからないときには「プロに相談」するのがいいかと思います、どの道にも必ず達人のような知識見識経験のある御仁が居ます。 神具の世界では、神具を知らないとなんだかわからない、そりゃそうです。 こういうものは普段意識をしないものだから、形から入るのもいいだろうけど、少し知ってから始めると、いままで見えなかったものが脳裏をかすめますよ、知ってくるってそういうこと、しかも、興味が湧いて面…

  • 日本家屋の間取りについて和室の広さや大きさを知ってもいいだろう

    畳の大きさと上敷きの大きさは同じ 一度は部屋を測っても損はしない たかが1cmや2cmの違いなんか気にしないよって人でも、自分が買ってきた敷物の寸法が大きすぎたら店に文句の一つも言いたくなるかもしれないが、その部屋・・・一度は測ったほうがいいよっていうことなんです。 おまかせ工房ではサイズオーダーで作る上敷きのほうが圧倒的に多いせいか、指定された寸法でキッチリ作れるけど、既製品しか販売しないような店だと「おたくで買ったゴザが大きすぎるんだけど」という苦情とも文句ともクレームとも言えるようなことを言われてしまうこともあるようです。 店の製品は間違った寸法では作られていることはない、それは和室の広…

  • 洗練された単純さが魅力 伝統工芸士が作る神札のみの神棚

    付属のリングを後付すれば破魔矢を引っ掛けておけます 先にリングのことを書いておくと、このリングを付ける部分に小さな穴が空いているから、他の場所には付けないこと、間違っても未経験者が穴を空けないでください。 穴を空ける作業にも技術が必要になる、難しいことではないけど未経験者の話で「穴をあけるだけだろ」「ドリルがあるから」「ネジなんかねじ込むだけ」というような段階ならやらせないこと、経験者の言葉ならいいんだけどさ。 本体を固定した状態で、小さな穴(1mm未満)を垂直もしくは水平に空けられるなら追加穴が可能になるかと思います、反対側に空けたりね。 ところで、この神棚は伝統工芸士 山下学(第50682…

  • 神鏡の台座には物語がある 単なる造形物というわけではない

    多くの場合 自然の描写かな 竜だけは架空の生き物だけどね 神鏡にはいくつかの形があって、デザインという見方をしてしまうとそうじゃないと言いたくなるわけですが、物語というか自然の描写が形になっているわけだ。 そんな見方をしていくと神鏡を取り替える人もいるんだよということが伝わりやすいかもしれない。 コロコロ変えます、節目や季節、年に一回とかね、そのため何種類があるし鏡のサイズも大小ある、単体で置くこともあれば複数台並べることもある、位置を変えれば大きさも変えたくなるという具合です。 おまかせ工房の神鏡は、1.5寸、2寸、2.5寸はニッケル、そして、3寸以上はクロームになっていて、ガラスでもなけれ…

  • 神棚を床の間に設置するとき上部に神前御簾を掛けておきたい

    上から下までではなく神棚の上ぐらいまでの下がり寸法が多い 床の間を改良して神棚を置きたい人たちが増えてきていることもあって、八足台の製作や今回の神前御簾の製作が忙しくなってきました。 そのせいか初めて利用することも多くて、こういうものに身近に接する機会も少ないかと思うので、おまかせ工房ではいろいろな切り口で説明をしています。 今回は「床の間」の上が空く・・・ということで、そのときには神前御簾で軽い目隠しをしておけば、それらしくなるから一枚掛けておくといいでしょう。 床の間の上から下までではなく、神棚の上にくる程度、つまり、中途半端に空間が出来てしまうようなときには、そこは隠しておいたほうが断然…

  • 箱型の神棚は総支出を抑えることができる 棚板がいらない

    棚板があればその上に乗せられる 棚板を分解する必要もあるかも サブタイトルの説明からしようかな、「棚板を分解する必要もあるかも」というのは箱宮をそのまま棚板の上に置いておきたいときに、棚板の広さ(幅と奥行き)を測るかと思うけど、箱宮神殿はこれ以上小さくならないからダイレクトに乗せる作業になる。 そのとき棚板の横から入れるか、前から入れるか、棚板を分解してから入れるかの三択になるかと思う。 棚板に「幕板」があるときには、幕板だけ取り外せばいいこともあるだろうし、棚板を取り外して全部分解してから入れて、そのまま設置をしなければならないこともある。 もし、棚板の上に置きたいときには、棚板を見て判断し…

  • 神棚の棚板は軽いほうが良い 簡易タイプの棚板を使ってみる

    こだわりがあるときには大工に重厚な棚板を作ってもらうこと 神棚の棚板を選ぶ際に既製品と特注品があるので、どっちにしようかなと考えてしまうこともあるでしょう、既製品にもいろいろあるし。 それから特注品なんか高すぎて手が出ないよってこともあるかもしれないが、まずは工務店に相談してみるところからかな、工務店も「既製品」の棚板から選ぶことも多々あるけど、ともかく取り付け、設置が難関箇所になることは事実です。 特注品を考えている人なら、予算もある程度は見込んでいるはず、小さな棚板を特注する人もいない、大きな棚板にあるだろうし重いはず。 その重さ・・・棚板って大きくなれば重くなる・・・ここが取り付けで難し…

  • 空箱のような神棚だからできる祭り方もある 木札や御神体を祀る

    スダレを付けたりすることもできる 壁掛け仕様にもできる 箱型の神棚 箱型の神棚には御簾を取り付けることがあって、今回の箱宮の外箱にも専用の御簾を用意していますから、後からでも付けられるし注文時ならこちらでしっかり取り付けておきます。 それとは別に、基本的な使い方としてガラス箱宮ではない今回のような木箱のような神棚の場合には、「置くだけ」という使い方をするわけなんだけど、壁に直接取り付けたい人もいるので、その場合には「吊金具希望」を選んでくれれば無料で金具の取り付けをするサービスをしているから利用してみてもいいでしょう。 箱型の神棚というものの「社がない」神棚が今回の外箱です。 素材は上位版の尾…

  • 気になったら土地に埋める 鎮物という土地の神様への貢物

    怪しい習慣ではありません その歴史は古墳から出土するぐらいだから 何をやってんの? と言われるようなことは生活の中にいくらでもあるわけでして、むしろ、何もしない人に対して逆に「何をやっているの?」と聞き返したいぐらいという御仁もいるだろう。 まして、実生活の場面ではまず登場することがない行為・・・鎮物の埋納なんか怪しい宗教儀式に見えても誰も咎めないわな。 神がかってすることでもないんだけど、ともかく機会がない、鎮物を埋めるって何? という人のほうが圧倒的に多いかと思うけど、ある節目にぶち当たると現れてくるものなので、いつかそんな機会に出くわしたら埋めておけばいいだけの話です。 まず「鎮物」は「…

  • 見てもらいたいものは板のほう 神棚で使うと超便利という板

    ズレない 乗せられる 運べる 等間隔 良いとこだらけの固定台 画像だけみると板の上に水玉と皿が乗っているだけのように見えるかと思うけど、穴が空いてあいていているわけだ。 その穴も面取り加工をしてあるから、セトモノの曲面部分が乗ってもズレないようになっている、これた単純に穴だけあけた状態であれば左右に揺れるというか安定しないんだ。 今回は国産神具のセトモノの紹介ではなく、おまかせ工房が船舶向けとして作り出していた固定台のほう。 元々は、神棚を船の中で使いたいということから、さて・・・どうするか・・・ってことで、この固定台を作り出した経緯がある。 船舶と言ってもいろいろな船がある、軍艦レベルから舟…

  • い草上敷きを角位置の処理で斜めに切って繋ぐことはできない

    斜め切りの繋げ合わせは見た目が良いけどそれは無理 ゴザの問い合わせで、主に建築業者からの問い合わせが稀にあって「斜めに切って繋げたい」という内容のものがある。 これは推測なんだけど、施主の希望を叶えたいということで、あれこれ問い合わせているんでしょうけど、または、デザインをしている人の無茶振りかな。 施主であればしょうがない、ともかくあれこれ聞き回って無理なら無理と伝えればそれで納得をする、しかし、デザインをしているときにはこだわり先行型だと、こちらも突っぱねるしかないね、業者と業者の会話って少し違う。 い草上敷きというのは、斜め切りができません。 一部、特殊な方法を使って斜め切りをして加工す…

  • 出神殿薄型三社を壁にかけたいときにはココに三角吊り金具を付ける

    尾州桧の出神殿三社は背面も桧になっている 東濃桧は化粧板 この薄型の三社には東濃桧版と尾州桧版があって、姿形はほぼ同じなんだけど素材が違うことはもちろんだが、背面の素材も違うので知っておいてもいいだろう。 尾州桧版のほうが価格的に比べれば高くなる、東濃桧版のほうが安い。 でも、背面なども木製で作るか、化粧板にするかでコストが大きく違ってきてしまうのはしょうがないね、でも、そこら辺をしっかり書いてある店は少ないかと思う。 もっとも、商品ページでは細かすぎる表記はよくわからなくなるだけということもあるだろうし、何かしら店側で情報発信ができるなら、こんな内容も知っておいて損はないはずです。 ところで…

  • 一台を数十年、いや、百年使う御霊・霊璽などはちゃんとしたものを選ぶこと

    尾州桧で作った御霊・霊璽 神道では位牌とは言いません 消えてなくなるような、消費をするだけの物事になると、知らぬ間に湯水の如くお金を費やしてしまうことがあるのは誰でもそうかもしれない、サービスとか飲食とか、手元に残らないものに人はお金を費やしてしまいがち、原価なんかゼロに近いものも多いからな。 もう身の回りのものが揃って、取り替えたいものも一巡しているのかもしれないが、物事には相応というものがあるから、残るものでケチらないほうがいいかと思う。 高すぎず安すぎず、それなりにしっかりしたものを選ぶこと・・・ってこの当たり前が一番難しいんだけどね、当たり前の生活とか、当たり前のなんとかとか、わかっち…

  • 唯一無二の神棚 床上、背面、天板など総檜のガラス箱宮 本雅三社

    フルオプションの仕様から引き算していくのが神棚の作り方 物作りの方法にはそこの事業所ごとのやり方があるわけなんだけど、「足し算」「引き算」のような考え方がある、足していって形にしていく方法、減らしていって形にしてく方法、他にもあるんだろうけど大別するとこんな二択になっていく。 商品なのでコストやら市場価格やら、作れるんだけどこんな値段じゃ売れないよ、なんてものばかり作っていても仕事にならないので、嗜好性が強いものほど引き算になりやすいかな。 神棚においても引き算で作ることがあって、最初に「こういうものが良いね」という仕様で作ってみる、そして、ここは代替品を使い、ここは共通部品にして、、、という…

  • 神棚の扉にスダレを取り付けたいときに見ておくべき画像

    サイズオーダーも可能、しかし、3サイズから選ぶように出来ている まず、神棚の扉用の御簾は神前御簾のように柔軟なサイズといかないものの、多少の範囲であればサイズオーダーでも作れる、ただ、規格寸法を変えた製作になると割高になるので、まずは見積からということになる。 一枚だけを作るためのコストが負荷される・・・という言い方ならわかりやすかな。 扉御簾は幅で選びます。 ほとんど幅寸法だけで選べるようにしてあるから、間違えることなんか今まで一人もいないと思うってぐらい簡単に選べるはず。 っで、その幅についてなんですけど、要するに「社の幅」ということになるわけだ。 だって、扉の内側に取り付けるから出っ張る…

  • 見たい見せたい 破魔矢の機能美をとことん引き出そう

    見せびらかしたいの一歩手前で留まる勇気があると長く楽しめる 自分が好きな物事ってどうしても人に知ってもらいたい衝動にかられてしまうことがあって、見たい段階から見せたいに変わって、しまいには見せびらかしたくなるわけなんだけど、それ、まだまだお子様です、気分だけでも子供が良いなんて大の大人が口走ってはいけないな。 ただし、それが自分の中だけで完結するようなことであれば、ひっそり、しみじみも味わい深いはずだから、家族に限らず他人にも口出し無用の世界は作っておきたい。 邪魔をされない、触れられない自分の領域は少なからずあったほうが楽しいはず。 神仏がらみのものはちょっとその傾向が強い気もしているんだけ…

  • 三宝の使い方として神饌を乗せるとき白紙一枚敷いておくといい

    祭壇向けの三宝になります 八足台・祖霊舎などで使うランク 三宝はピンキリになるから、今回のような祭壇向け三宝の場合には、お供物を乗せる時に紙を一枚敷いてから乗せるようにしておくと、天板部分にくすみが生じないので真新しいときには是非やってみて。 様々な三宝が売られていて、どうしょうもない粗悪品も多々あって、でもそれで良い使い方もあるので、適材適所で選んでおくことだと思います。 ところで、その三宝なんですけど、セトモノ類(水玉・平子・皿など)を乗せるだけではなくて、家庭においても果物、野菜などを乗せて使うことがある。 頻度としては年に一回、二回程度が多いんでしょうけど、1日、15日にはやってるよと…

ブログリーダー」を活用して、おまかせ工房さんをフォローしませんか?

ハンドル名
おまかせ工房さん
ブログタイトル
おまかせ工房店長ブログ
フォロー
おまかせ工房店長ブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用