プロフィールPROFILE

山心 花心 湯心さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
山心 花心 湯心
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yoshi423mo
ブログ紹介文
山や山野草、名湯を求めて,九州を中心にうろついてます。 四季を感じれる山の景色や花などを届けたいと
更新頻度(1年)

116回 / 329日(平均2.5回/週)

ブログ村参加:2014/10/28

山心 花心 湯心さんのプロフィール
読者になる

山心 花心 湯心さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(IN) 44,789位 45,329位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,088サイト
INポイント 0 10 0 0 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 723位 737位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,946サイト
軽登山・トレッキング 54位 55位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 658サイト
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(OUT) 83,011位 84,190位 84,043位 83,990位 83,939位 84,084位 84,289位 980,088サイト
INポイント 0 10 0 0 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 1,458位 1,475位 1,468位 1,466位 1,479位 1,478位 1,478位 11,946サイト
軽登山・トレッキング 89位 91位 90位 90位 90位 87位 88位 658サイト
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,088サイト
INポイント 0 10 0 0 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,946サイト
軽登山・トレッキング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 658サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、山心 花心 湯心さんの読者になりませんか?

ハンドル名
山心 花心 湯心さん
ブログタイトル
山心 花心 湯心
更新頻度
116回 / 329日(平均2.5回/週)
読者になる
山心 花心 湯心

山心 花心 湯心さんの新着記事

1件〜30件

  • 「ロバート・キャパ展」を見に行く!(今年最後の花散策「ゲンカイイワレンゲ」も!)

    ー11月30日(土)ー地域の写真愛好家の人たちと「ロバート・キャパ展」を見に行った。スペイン内戦時に撮影した「崩れ落ちる兵士」が特に有名で、1954年4月には3週間ほど日本に滞在し各地を取材した後、第1次インドシナ戦争を撮影中に地雷に触れ、40歳で死亡。8時半に家を出て、田川市美術館へと向かった。田川市美術館に来るのは初めてかもしれない。入り口周辺までは撮影できたので、カメラを向けた。主催者のごあいさつ。「ロバート・キャパ展」-THEFACE-のチラシに寄ると、戦争写真家として知られるロバート・キャパは、第二次世界大戦などの五つの戦争を命がけで取材し、歴史的な場面をカメラに収めてきたことで知られている。キャパと謂えば戦場の第一線で撮影された写真のイメージが強いが、一方で、激動する1900年代を生きる市民の姿を写...「ロバート・キャパ展」を見に行く!(今年最後の花散策「ゲンカイイワレンゲ」も!)

  • 晩秋の飯盛山~叶ヶ嶽を周回する!

    ー11月28日(木)ー地域の中高年の登山愛好家の人たちとの山登り。早朝まで雨音が聞こえていたので、少し心配ではあったけれど、集合時間の9時半には、雨は上がってどうにか登れそうになった。9:50ストレッチの後、小学校前からスタート。10:22飯盛神社で小休止文殊堂のところから、山道へ。雨は上がっているが、ヒンヤリとした空気感が感じが良い!総勢18名の中高年登山隊。地獄谷を通過。カブト虫の森で小休止。南登山道に入っていく。真っ赤な紅葉とはいかないが、黄色い晩秋の気配がいい!さぁ、飯盛山への急登がはじまった。雨上がりの濡れた登山道を気をつけて、「根っこに気をつけて!」あと一息で頂上だよ!11:50「飯盛山」頂上にとうちゃこ!ちょっと早いけど、こんな景色を見ながら昼食タイム。12:16叶ヶ嶽に向けて出発。すぐに急な下り...晩秋の飯盛山~叶ヶ嶽を周回する!

  • 初めてのマゼノ渓谷の紅葉。(少し前のことですが。)

    ー11月17日(日)ー22日(金)から26日の今日まで、横浜の方まで行ってたので、ブログ更新が大幅に遅れてしまって、十日も前のことになるので、紅葉の参考には全くなりません。来年への記録としてアップします。地域の写真愛好家の人たちとの紅葉狩り。9時前に福岡を出て、11時ちょっと過ぎに南小国に着いた。マゼノ渓谷は、私としては初めてのところで、そんなところがあったのか?何て、思いながらも、事前情報によると、紅葉がとってもいいという。期待を持ちながら歩きはじめた。初めてのところなので、わくわくしているが、う~ん!色づいているね!真っ赤というよりは、黄葉という感じ!南小国にこんなところがあったんだ!普段は、公開されていなくて、黄葉の季節だけオープンしているという。そして、マゼノの滝にとうちゃこ!小さな滝なんだけれど、なか...初めてのマゼノ渓谷の紅葉。(少し前のことですが。)

  • 晩秋の「多良岳」を周回する!(来期への下見も兼ねて!)

    ー11月14日(木)ーいつもの山仲間との、いつものような山登り。この日は、中々日程調整が出来なくて、平日での山行。早朝からの出発が出来にくく、7時前に家を出て、順に拾って、8時に太宰府から高速へ。武雄北方で下りる予定を、不注意にも通り過ぎて、嬉野で下りた。鹿島からオレンジ道路を通って、金泉寺の登山口へ。11:08登山口から出発。少し時間が落ちているので、急ぎ気味に歩きはじめた。この季節登るのが初めてで、紅葉がどうなっているのか?そこそこ色づいているようだ。平日なので、金泉寺は誰もいなかった。金泉寺のいわれを確認。そして「多良岳」に。「役行者(えんのぎょうじゃ)」。こんなのは必ずといっていいほどカメラを向ける。先を急ごう!登っていくと、たくさんの石仏さんの登場。野仏さんは、とっても好きなんだよね!緑色のカツラ!石...晩秋の「多良岳」を周回する!(来期への下見も兼ねて!)

  • 今津にも、「クロツラヘラサギ」がやって来た!(室見川カワセミ日記107)

    ー11月9日ーそろそろ「クロツラさん」もやってくる時期なのでは!ネットでも、東与賀などいくつかアップされているようだ。「クロツラヘラサギ」と言ったら、私には今津なので、時間がとれた昼過ぎから、今津へと行ってみた。クロツラさんだけでなく、もう一つ目的があるのだけれど、そうは上手くいかなくて、「カワラヒワ」が出てきた。よく見ると、「カワラヒワ」もなかなかのイケメン!モズのお仲間さんはこの日も見かけなかったので、干潟に行くと、「アオアシシギ」がいた。遠くには、「ダイシャクシギ」?。そして、「ミサゴ」も!おっと!「もしかすると?」でも、違った⤵そして、遠くの向こう岸近くに!急いで回り込んで、30羽ほどの「クロツラヘラサギ」の群。夕暮れの前のゆったりとした一時なのかも?これほどの群を、これほどの近くでじっくりと見れたのは...今津にも、「クロツラヘラサギ」がやって来た!(室見川カワセミ日記107)

  • 近場のお山で紅葉狩りと花散策!(キッコウハグマとセンブリ!)

    ー11月10日ー近場のお山に、「キッコウハグマ」とセンブリを見に行った。ここには毎年通っているのだけれど、どちらも一番最後に咲くところ。何故だか理由はわからないが、他のところが終わった頃に咲いてくれる。「キッコウハグマ」は、今ではどこでも見れるのだが、一番に咲くのが、作礼山。そして、最後がこの近場のお山である。といったことは置いといて、さぁ、登ってみよう。もう少ししたら、ここもきれいに黄葉するのだけれど、少し歩くと、「アキノキリンソウ」が咲いていた。オ!すぐ側に「キッコウハグマ」が咲いていた。そして、しばらく登っていくと、「キッコウハグマ」の咲くところへ着いた。この花をきれいに撮るのは、けっこう難しい!光の加減と、絞りの操作を上手くコントロールできないのだ。それこそ何枚も撮って、良いのをチョイスしてアップしてい...近場のお山で紅葉狩りと花散策!(キッコウハグマとセンブリ!)

  • 「ダルマギク」を見に行く!(三ヶ所めぐり第三弾!)

    ー11月5日ー一日三毛作といってもいいような、三ヶ所での花散策。最後に訪れたのは、芥屋大門。この何年かは、必ず「芥屋大門のダルマギク」を見に行っている。本当は、山口の角島に行きたいところではあるが、時間的な余裕がない。角島には、かつて一度だけ行ったことがあるが、12月だったので、ダルマギクで埋め尽くされた海岸をまだ見ていない。いつの日にか……。そうは言っても、この地も決して侮れない。近場ではあるが、素晴らしいところだ。まずは、向こうに火山が見える「弊の松原(にぎのまつばら)」から、少し歩けば、すぐに「ダルマギク」の登場。時期的には、ちょうど良い時に来たようだ。おっと、「鳥」さんがお出迎え!遠かったので、よくわからないが、「ジョビコ」?そうだった、橋は花散策なのだ!「ツワブキ」とのコラボも!そして、ここの一番のお...「ダルマギク」を見に行く!(三ヶ所めぐり第三弾!)

  • 「ヤツガシラ」を見に行く!(三ヶ所めぐりの第二弾!)

    ー11月5日(火)ー予想以上の「ウチワダイモンジソウ」の咲きぶりに大満足したあと、黒髪山系へと向かった。ここは、稀少種がたくさんあるのだが、クロカミランなど、盗掘直後の現場を目撃するなど、悲しみの地でもある。それでも、季節毎に足繁く通ってしまう。山に入っていくと、「ヤマラッキョウ」がお出迎え。「イブキジャッコウ」も、そして、「ヤツガシラ」の登場!「ヤツガシラ」は、ツメレンゲの変種で黒髪山系でしか見れない。でも、今年は気候の関係なのか、何だか数も少ないし、大きさも小粒の感じ!良さそうなのを切り撮ってみるが、少し心配になってくる。しかし、それなりには美しい!それでも、良さそうなのを選んで、パチリ!うーん!いいね!天空の「ヤツガシラ」!ヤツガシラは、青空がよく似合う!「○○ギク」なども撮しながら「ヤマラッキョウ」もね...「ヤツガシラ」を見に行く!(三ヶ所めぐりの第二弾!)

  • 「ウチワダイモンジソウ」を見に行く!(三ヶ所めぐりの第一弾。)

    ー11月5日ー忙しくしてる割には、いろいろとうろついていて、ブログアップが滞っている。室見川カワセミ日記関係が4回分、これは遅れても季節感がずれにくいが、「ツユクサシュスランとオケラ」、「井原すそ野散策」、「二見ヶ浦」、などが出番を待って待機中で、どれから整理するかが大変!と、悩んでいても仕方がないので、準備が出来たのからと、取りあえず、最新のものからアップすることにします。この日は、佐賀の方での花散策。まずは、「ウチワダイモンジソウ」から。西区の某所で待ち合わせをして、西の方に車を走らせた。黄葉は,今からだよね!もうすでに終わってるかも?一抹の不安を抱えていたので、良かった!まだ咲いていてくれた。まだまだ元気!「ダイモンジソウ」との違いが微妙だけれど、多分、「ウチワダイモンジソウ」だと思う。湿った岩肌を覆うよ...「ウチワダイモンジソウ」を見に行く!(三ヶ所めぐりの第一弾。)

  • 近場の飯盛の近頃の景色!(雨のち時々晴れ!)

    職場の近くの飯盛には、昼休みや仕事帰りに時々うろついている。3回分ほどが滞っているので、取りまとめて一つの記事にしてみた。まずは雨上がりの文殊堂から。文殊堂は、とってもお気に入りの場所。このお百度と灯籠もいい感じ。さらに、梵字の刻まれた古い石碑も情緒がある。特に、雨上がりがいい!この人々の思いが詰まった絵馬もまたいい!これはこの頃気がついた灯籠。この地蔵さんもまたいい!少し場所を移動して、「オトコオミナエシ」?「ヤマジソ」?昨年は、数が多かった「コシオガマ」は今年は激減状態。来年は、数を増やして欲しいもんだ。「セイタカアワダチソウ」に、アサギマダラがよく似合う。「マツヨイグサ」もいい感じ!中腹まで歩いて行くと、こんなところにも出会う。避難所と掲げてはいるが、休憩できそうにもなく!私のカメラの練習素材となってしま...近場の飯盛の近頃の景色!(雨のち時々晴れ!)

  • またまた、西の方の島に行ってきた。(「イトラッキョウ」にも出会えて!)

    ー10月26日ー数年前になるが、西の方の島の途或山に登った。その時は頂には立てず途中で引き返した。機会があり、再チャレンジすることに。今回は違うルートで。朝、この橋を渡った。登りはじめると、いまだ「ダンギク」は咲いていた。「ダンギク」は、いつ見ても美しい!少し終盤ではあるが、岩場に咲くこの花に見とれてしまう。毎年通っている。この花を見るために。だから、来年も西の方の島に行くのだろう。季節外れの「ヤマツツジ」が咲いている。そして、この花は今が盛りのようだ。「チョウセンノギク」は、あちらこちらと群生していた。頂上付近の群生がとても良かった!下山時に気がついた群生はさらにグット!足下の花もナイス!このお山にもラン系の植物が生息しているみたい。「イブキジャッコウ」もまだまだ元気!そして、「イトラッキョウ」!「オトメラッ...またまた、西の方の島に行ってきた。(「イトラッキョウ」にも出会えて!)

  • 博多千年煌夜に行ってみた。(夜景モ-ドは難しい!)

    -10月14日-また、少し前のことで来年にしか参考にならないのはお許しください。この日は、クラブ対抗の囲碁の試合があって幸運に2連勝。気分を良くして「博多千年煌夜」に行くことにした。もちろんはじめからそのつもりで、ザックの中には一眼を入れている。3年ぶりかも知れないが、夜景モードなどを駆使しながらできるだけきれいに切り撮れるように頑張ってみる。どこから回ったかは、パンフを無くしたので説明できないが、2時間ほどうろついた。まずは、こんな所に行ってみた。三脚を使用していないので、できるだけぶれないようにカメラをしっかりと構えた。もう少しきれいだったんだけどね!次の所ではこんなのを見つけた。鬼語なのでよく分らないと思うけど、ちゃんと訳が付いていた。「鬼からひと言。車であおる?何を考えている!我慢を忘れたか?ゆずりあえ...博多千年煌夜に行ってみた。(夜景モ-ドは難しい!)

  • 雨の英彦山で「花散策」!(「ツメレンゲ」や「センダイソウ」など)

    ー10月19日(土)ー中々写真の整理などがはかどらず、今回もまた、少し前のこと。19日の天気予報は、「曇りのち晴れ。」出来たら雨は避けたい。天候を気にしながら、潔く撤退もあると「英彦山」に行ってみた。別所の駐車場では、雨は降ってはいないがガスの中。取りあえず、登ることにした。「○○アザミ」や「サラシナショウマ」や、「トリカブト」などをパチリとしながら歩きはじめた。「ツワブキ」が咲きはじめると、花シーズンの終盤。ガスった階段も中々趣はあるんだよね!奉幣殿もガスの中。うーん!雨が落ちなければいいんだけれど。英彦山もとっても奥が深いので、こんな石仏に出会うと、必ずカメラを構えてしまう。霧雨みたいに天気の中でも、「キッコウハグマ」をみっけ!そして、本日楽しみにしていたこの花も!天気が良ければと思ってしまうが、「ツメレン...雨の英彦山で「花散策」!(「ツメレンゲ」や「センダイソウ」など)

  • 弾丸日帰りで、錦秋の「傾山」へ!(とっても良かったが、疲れた!)

    -10月22日(火)-ネットでは、あふれるばかりの紅葉の山々。特に久住が多い。三俣の大鍋や、大船の御池などが今年は素晴らしいようだ!それで、私たちもどこに登るかを検討していた。昨年は、大船、一昨年は祖母の北谷コース。その前が大船。今年は、少しばかり喧噪の山を避けて「傾」に行こうということになった。ただ、「傾」は日帰りを主としている私たちにもとっても遠い。少しばかり不安もあったが、結論として「傾」がおいらを呼んでいる!と相成った。諸事情もあり、5時45分に家を出て、順に拾って6時50分には太宰府から高速に。基本的に安全運転で、松橋ICで高速を出て、8時前には「アグリ豊野」で休憩と弁当を仕入れる。それから、218号を走って日之影町の「道の駅青雲橋」で休憩し、黒仁田林道へ。家を出てから、約5時間強。やっと登山口にとう...弾丸日帰りで、錦秋の「傾山」へ!(とっても良かったが、疲れた!)

  • 白岳で花散策!(そして、また西の島へ!)

    ー10月13日ー昨日は、遠くの「傾山」に登って、その前には「雨の英彦山」。などなどいろいろと行きまくっているので、ブログアップが追いつかない。なので、写真の整理や準備が出来たものからアップしたいと思ってます。すでに花は終わっているなど、季節外れや順不同になりますがご容赦ください。少し気になる花があったので、北松浦の白岳に行ってみた。この日は、とってもいい秋晴れの天気。白岳の駐車場に着くと、白い車が止ってて、「あれ?」と思った。「higetaisさん」だった。白岳に登られて次のところへと移動されるところだった。そして、少しだけあれこれとお話しをさせていただいた。そして、白岳へ。「タカクマヒキオコシ」?がお出迎え。そして、もう「ツワブキ」が咲きはじめていた。ゆっくりと登っていく。岩稜帯になると、「ヤマラッキョウ」が...白岳で花散策!(そして、また西の島へ!)

  • 佐賀の途或ところに「ナメラダイモンジソウ」を見に行く。(樫原湿原にもね!)

    ー10月11日(金)ーそれこそ、今の季節、あっちこっちと行ってるので、ブログアップが遅れている。なので、旬な情報ということではないけれど、すみません。この日は、午前中で仕事が終わったので、気になるお花のところへ!まずは、この季節にあまり行ったことのない「樫原湿原」に。冬枯れ一歩手前というところだろうか。草刈りが行われていた。湿原には、この花がまだ咲いていた。「ヒツジグサ」なんだけれど、いいね!「え!」と、思ったけれど、「サワギキョウ」がいっぱい!なんだか、とっても得した気分!この日は、この花を見に来たのだった。「ウメバチソウ」。久住あたりではたくさんあるのだけれど。さぁ、次の途或所へと向かおう。松の木に止まった「カワウ」が、見送ってくれた。そして、移動の途中でも、シラヤマギク?、ヨメナ?そして、道ばたにこの花が...佐賀の途或ところに「ナメラダイモンジソウ」を見に行く。(樫原湿原にもね!)

  • 弾丸日帰りで、憧れの加江田渓谷へ!(「キバナのホトトギス」や「ツユクサシュスラン」など)

    -10月6日(日)-だいぶ前から噂には聞いていた。それはそれは魅惑の渓谷だと。ただ、なかなか行く機会がなくて、憧れの地となっていた。それが、加江田に行ってみようかなと思ったのは、「ツユクサシュスラン」が咲いていると聞いたからかな。それで、花友のAさんと「加江田」は良いそうですよ!と話したら、トントン拍子に話が進んで、弾丸日帰り花散策が整った。朝5:00に自宅を出て、順に皆さんを拾って太宰府から高速へ。一路九州道を南下する。広川と山江で休憩しながら、9:00には、加江田渓谷の駐車場に到着。準備をしてから出発。早速、「シロバナサクラタデ」?がお出迎え。この日は、Aさんのお仲間の花に詳しい人も一緒なので心強い。名前を教えてもらったが、失念!(情けない!)トロッコの軌道跡を歩いて行くのだが、左手は渓谷。なので、花探しは...弾丸日帰りで、憧れの加江田渓谷へ!(「キバナのホトトギス」や「ツユクサシュスラン」など)

  • 天山で白花の「ムラサキセンブリ」が咲いていた!(「トリカブト」などもね!)

    ー10月9日ー毎年、天山に「ムラサキセンブリ」を見に行っている。もうそろそろかな?何て思いながらぐずぐずしていた。そうすると、信さんのブログで「白花」の記事がアップされた。「え!今年は白花が出ている!」。そうなると、いかずばなるまい!(なんのこっちゃ!)夜型勤務を活用して、Aさんと行ってきました「天山」へ。先日の佐賀の水害時に、天山へのアプローチもだいぶ影響があるようだ。天山閣への分岐のところで通行止め。歩き出すとすぐに、こんな道路状況。ゆっくりと、天川登山口へと歩いて行く。「○○ギク」キョロキョロと花を愛でながら、歩いていると、「ジンジソウ」や「アケボノソウ」は、天山ではじめて見た。その時は、大感動だったんだけれど……。今ではね……。立派な「アキノキリンソウ」も登場。というように、歩いていると、なんと!こんな...天山で白花の「ムラサキセンブリ」が咲いていた!(「トリカブト」などもね!)

  • 三郡山系に「タカネハンショウヅル」を見に行く!(「タカクマヒキオコシ」もたくさん。)

    午前中に、「ツルギキョウ」を愛でた後、美味しいチャンポンを食べて、「タカネハンショウヅル」の咲くところへと向かった。まずは、お地蔵さんのお出迎え。先輩からアザミというアザミはない。必ず「○○アザミ」と教わった。これは、何アザミだろうか?そして、所狭しと咲いているのは、割ときれいな「タカクマヒキオコシ」。「ミズヒキ」とのコラボも中々!そして、アップにも耐えるんだよね!たまには、「クロホウジャク」?もやってくる!長い口を使って、蜜を吸う。わずかではあったが、ここにも「マツカゼソウ」があった。そして、思いもかけずこの蝶に!今年は、あまり「アサギマダラ」と会わなかった気がする。なので、急いでカメラを向けていた!そうしていると、こんなのが目に入った。キノコの一種だろうが、何だろう?まるで、ワッペンでも貼ってる感じ!そして...三郡山系に「タカネハンショウヅル」を見に行く!(「タカクマヒキオコシ」もたくさん。)

  • 東のお山に「ツルギキョウ」を見に行く!(「ハナカヅラ」も見れたけど……)

    ー10月5日ー本当にこの季節は、忙しい!仕事も何だけど、花を愛でるのがとっても忙しい!いまだ、あの「天山」にも行けずにいる。「ムラサキセンブリ」も咲いているというのに!そうはいうものの、ちょっとだけは花を愛でに行っている。まずは、金曜日の仕事帰りに水無まで行ってみた時のこと。瑞梅寺に向かっていると、きれいな虹が現れた。仕事帰りなので、暗くて風も吹いていて、「レイジンソウ」はこれから。「サラシナショウマ」も今から。一応、水無まで行ってみると、「オタカラコウ」は終盤。もう少し前なら、きれいだったろうなぁ?そして、土曜日に東のお山に行った時のこと。登山口には、「シロバナヒガンバナ」がお出迎え。ゆっくりと登っていく。低いお山ではあるが、多くの人が登っている。取りあえずは、頂上まで行くことに。このお山の頂上からの見晴らし...東のお山に「ツルギキョウ」を見に行く!(「ハナカヅラ」も見れたけど……)

  • 佐賀で花探しのつもりが、「平戸」まで!(今年も「シマシャジン」に会えた!)

    ー9月28日(土)-土曜日は雨の予報だったので、山歩きは計画してなくて、佐賀の西の方に、ある花を探しに出かけた。この花は、福岡の東の方でも見れるんだけれど、出来ればもう1ヶ所くらい、見れるところがあれば良いな!何て思って。10時過ぎに西九州自動車道を走って、その地に着いて、お茶の木とヒガンバナそれから、「ツマグロヒョウモン」♀「ヒメウラナミジャノメ」などを撮っているということは、そう!空振り!どうしようかな、と思っていると、ふと、ここから平戸は近い!と、突然思い立った。それから一路平戸へ!そして、平戸に着いて「シマシャジン」の咲くところに。え!或ブログには「今年は良いよ!」とのことだったが、「アキノノゲシ」なんかは咲いてるが、「ヤマジノギク」も撮ったりするが、肝心のが見えない!あっちこっちと探してみると、崖の上...佐賀で花探しのつもりが、「平戸」まで!(今年も「シマシャジン」に会えた!)

  • 背振山系の「アケボノシュスラン」!(今年は、とんでもなく豊作だ!)

    九千部周辺で、「クサヤツデ」や「シュスラン」を見た後、車を走らせて、毎年見たい花のところへと向かった。まずは、ごあいさつ。そして、ここらの「花」をいくつか。隠れて咲いていた「メハジキ」も終わりかな?「キンミズヒキ」や「○○ギク」そして、これは「オオヒナノウスツボ」と聞いたんだけれど?「ヒナノウスツボ」との違いがよくわからない……昨年の今頃、この「カワミドリ」にブルー・ビーがいたんだっけ!ここまで来ると、この花も見なくっちゃ!果たして、来期も咲いてくれるか?ちょっと心配だな。そして、この花のところに!何とまぁ、とんでもなく咲いている!もう5年くらい続けて、見に来ているけれど、かつてなく、咲き誇っていた。まるで、「アケボノ祭りだ!ワッショイ!ワッショイ!年によって、こんなにも違うなんて!自然のなせることとはいえ!そ...背振山系の「アケボノシュスラン」!(今年は、とんでもなく豊作だ!)

  • 九千部に「クサヤツデ」や「シュスラン」を見に行く!(紅白のツリフネなども!)

    -9月26日(木)-すでに終わっているかも?何て思いながらも、九千部に「クサヤツデ」と「シュスラン」を見に行った。けっこう忙しくて、花友のAさんとMさんの3人で平日に行くことに。近場なので、9時過ぎに家を出て、カワセミの里で弁当を購入。現地について車を停めると、知り合いの車が止っていた。やはりこの時期、皆さんお目当ては一緒なんだろうね!早速歩きはじめる。取りあえずは、この日のお目当てのところに「「クサヤツデ」は、大好きな花の一つ。この「クルリン」がとっても愛らしい!小さな花なので、マクロで迫る!風に揺れて、切り撮るのに難儀した。そして、次のテーマの、「ツリフネ」の3色!まずは普通の赤。これは、桃色。これだけが、きれいなのが咲いてなくて、ちょっとわかりにくいかな?そして、白花のツリフネ。多分、特別変異だろうね!エ...九千部に「クサヤツデ」や「シュスラン」を見に行く!(紅白のツリフネなども!)

  • 再度「ナンバンハコベ」を探しに行く!(金山の近くで花散策!)

    昨年、ヒガンバナの咲く頃、金山の麓でとても会いたかった花と出会った。その花はというと、「ナンバンハコベ」。平尾台や、久住方面での情報は知っているが、まだ見ぬ花だった。それが、何と近場の金山の麓で咲いているという。そして、心躍らせて見に行き、それはそれは素晴らしい一時だった。それが、今年はどこにも見当たらないという情報が入っていた。それでもあきらめきれず、2週間前に未練がましく探しに行った。まずは、その時の様子から話を進めたい。室見川を上っていくと、「ゴイサギ」の幼鳥?が目に入った。そして、ちょっとだけ寄り道をして「ホテイアオイ」もなかなかの美しさ。金山の麓を移動していると、何だろう?「アキノタムラソウ」「イチモンジチョウ」これは、「メドハギ」で良いのかな?「ヤマトシジミ」?蝶々は勉強中。この花も何だろう?といっ...再度「ナンバンハコベ」を探しに行く!(金山の近くで花散策!)

  • 囲碁の敗退の後に、花散策!(「バアソブ」を見に行く!)

    -9月15日(日)-この日は朝から、櫛田本因坊戦に参加した。7年ほど前に、Bクラス(3.4段)で優勝したことがあり、昨年、初めてAクラス(5段以上)で出場して、早々に敗退して花散策に行った。今年も、私の会社枠から出場することになった。ただ、善戦あるのみ。翌日の西日本新聞に、その様子が掲載されたんだけど、何とまぁ、いつ撮られたのか気づかなかったが、私の姿が。まぁ、悪いことでの新聞紙上への登場ではないので、良しとしよう。といったことは、前置きで、今年も早々に敗退。ならば時間が出来たということ。昨年と同じパターン!ということで、12時前には櫛田神社から「バアソブ」の咲くところへ。1時半には,登山口について参加者に配られた弁当と食べてから、その地へと向かう。歩きはじめると、すぐに「ツルボ」が。よく見ると、けっこう美しい...囲碁の敗退の後に、花散策!(「バアソブ」を見に行く!)

  • 白岩山の帰りに「シノノメソウ」を見に行く!(ついでに、白水の滝も!)

    -9月14日(土)-霧に包まれた白岩山で花々を楽しんだが、雨が降りはじめたので、予定を変更して、早めに下山した。ということは、少し時間が出来たということ。そこで、どうするかを考えた?先日、南阿蘇にダイサギソウを見にいた折、諦めていた花があった。それは、この3年続けて見に行っている「シノノメソウ」!五ヶ瀬まで来ているのだから、少しだけ遠回りではあるが、行けないことはない。ということで、14:00にはゴボウ畑を出発し、緩木山の麓を目指した。ナビを頼りに行ったんだけれど、思ったよりは時間がかかり、結局のところ、15:15にその地へとたどり着いた。まずは、あたり一面の「マツカゼソウ」の群落!ごあいさつ程度にカメラを向けてみる!ところが、昨年「シノノメソウ」が咲いてたところを覗くが、全くない!「え!そんな馬鹿な?」と、周...白岩山の帰りに「シノノメソウ」を見に行く!(ついでに、白水の滝も!)

  • 霧立はガスの中!(白岩山で「イワギク」などを愛でる!)

    9月14日(土)この前、霧立に行ったのは何時のことだったろうか?思い出しても中々出てこなかったが、Yさん曰く「9年前です!」「えー、まさか!」。そんなにも大昔のことだったんだね!本当ならば、盆の周辺の「キレンゲショウマ」を見たかったが、そんなこと言ってるといつまでも行けないようなので、思い立ったが吉日、ということで、行ってきました「白岩山」に!同行者は、いつものYさん、花友のAさん、そして久しぶりのMさん。家を5:40に出て、順に拾って7:00には太宰府から高速に。9:40ゴボウ畑からスタート。福岡を出る時は、快晴!大きなお日さまがお出ましだった。ただ、天気予報は宮崎は降水確率100パーセント!(ほんまかいな?)熊本を過ぎ、蘇陽町でも快晴。五ヶ瀬に入ると、山に雲がかかっていた。雨は降っていないが、あたり一面ガス...霧立はガスの中!(白岩山で「イワギク」などを愛でる!)

  • 久しぶりに「カワセミ」を見かける!「ササゴイ」も!(室見川カワセミ日記106)

    久しぶりの「カワセミ日記」です。1週間ほど前のこと。長雨で、えさ獲りができたか?室見川のカワセミは元気にしてるだろうか?ちょっと心配だったので、仕事帰りの夕刻、いつもの室見川を訪れた。まずは、土手に咲いてる「ツルボ」さんをパチリ。長雨で増水している川では、魚をえさとしている鳥は、狩りが出来ず、カワセミもいつものポイントでは見かけない。探していると、「コサギ」があちこちと飛び回るので、少しだけ追ってみることに。アオサギなどは、「待ち!」の構えだが、「コサギ」は、あちこちと飛び回る!カメラ機能で,ここまで位しか撮れないが、夕暮れ時の室見川で、いつもこんな光景が繰り広げられてるんだろうね!そんなことをしていると、雨上がりの室見川に「虹」が!私のカメラではあまり上手く切り撮れなかったけれど、こんな場面に出会うのもそんな...久しぶりに「カワセミ」を見かける!「ササゴイ」も!(室見川カワセミ日記106)

  • 「金山」で花散策!(「モミジハグマ」や「ナガバノコウヤボウキ」など)

    -9月8日(日)-夏山遠征から早くも一月が経とうとしている。せっかく,そこそこ脚力が付いたというのに、雨が降ったり、何かと用事があって、山に登れていない。この日も,朝と夕方に用事があるが、昼間の約6時間は自由になった。そうなると、近場の「金山」ならどうにか登れるようだ。今の季節、「金山」で見たい花と探したい花がある。ということで、福岡の方からのコースでなく、佐賀方面から登ることに。これまで登ったことのない最短コースを選択した。これが結構荒れていて、慎重にルートを確認しながら進む。最初に見かけた花は、「ヌスビトハギ」所々に赤いテープはあるものの、踏み跡が薄くて、何度か道を見失う。そんな時、何と!「ナッちゃん」が咲いていた!とってもうれしい!稜線を目指して先へと進む。ナメコのようなキノコがびっしり。さらに上に上がっ...「金山」で花散策!(「モミジハグマ」や「ナガバノコウヤボウキ」など)

  • 南阿蘇などで花散策!(「ナベナ」や「ロクオンソウ」など!)

    南阿蘇で、「ダイサギソウ」に酔いしれた後、いくつかのところを回ってみた。最初に出会ったのは、この花、オトコエシかなとも思ったが、違うようで「ヒメシオン」?どうも違うかな?「カラスノゴマ」。そして、初めて遭遇する花、「ロクオンソウ」だそうだが、稀少種だそうだ。少しだけ工夫をして、逆光で撮ってみると、なかなかの姿をしているね!この小さなお花は、「アイナエ」。そして、だいぶ移動して福岡県に戻ってきて、「ミゾソバ」。「ミズタマソウ」、「ツリフネソウ」などを撮りながら、途或花を探したんだけれど、2度目も空振り。その代りと言ってはなんだけれど、「スズムシバナ」。それだけでなく、このお花も初めて見たのでは?あなたのお名前は「ナベナ」!ほんと、山野草の世界ってとっても奥が深いね!そおいう意味では、私なんてほんの駆け出しなんだろ...南阿蘇などで花散策!(「ナベナ」や「ロクオンソウ」など!)

カテゴリー一覧
商用