chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
Free225sys
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2014/10/14

1件〜100件

  • 株の半自動売買:初の利益+2940円!

    長らく動作検証してきた株の半自動売買ですが、初の利益が出ました!今週はたった1回、しかも1銘柄の発注でしたが利益になりました。+2940円という小さな利益ですが、これは大きな一歩だと思います。このシステムはドローダウンを最小化し、小さな利益を積み上げます

  • +44446円(累計+449292円)

    昨夜ナイトの結果です。久しぶりの快勝でした。発動したのは半日足と移動平均線によるナイト専用の寄り引けロジックです。日足だけでは、デイセッションとナイトセッションの傾向がつかめません。半日足を利用することによって、ナイトセッションの勝率が高まります。昨夜は

  • ▲29716円(累計+404864円)

    今日も損益マイナスでした。とはいえ、日中の最後の取引はそれなりの利益が出ました。ただし大引けまで引っ張っていたら、さらに+2万円でした。また、昨夜は一時的に両建てのロジックも発動しました。結果的にはマイナスになりましたが、どちらかに大きくレンジブレイクすれ

  • +22838円(累計+434580円)

    4営業日ぶりの損益プラス。本日の日中に大きく取れました。発動したロジックは日足に基づく寄り引けロジックです。ミニ1枚の売りで3万3千円あまりを取ることができました。本日は月末です。累計利益が43万円強となりました。手数料を差し引いた利益ですので、悪くない

  • ▲20608円(累計+411742円)

    本日の日中の先物の自動売買結果です。ミニ2枚となっていますが、1枚は寄り引き決済のロジックです。もう1枚はレンジブレイクのロジックです。残念ながら、どちらもLCになりました。昨夜のナイトセッションは取引がありませんでした。これでドローダウンは10万円を超

  • ▲28216円(累計+432350円)

    昨夜と日中の結果です。1勝3敗の結果でした。これで3営業日連続、9万円ものドローダウンとなりました。とはいえ、とりあえず想定の範囲内です。最大ドローダウンは10万円前後を想定しているからです。粛々と自動売買を見守りたいと思います。

  • ▲12608円(累計+460566円)

    今日の日中の先物取引の結果です。売りと買いの両建てとなり、どちらもロスカットになりました。今日は上下の乱高下が比較的大きく、方向が定まりませんでした。こういう場面は難しく、裁量トレードではロスカットの連発となりがちです。自動売買なら、両建てにしてリスクを

  • 株の半自動売買:先週は発注1回

    株の半自動売買の結果は、先週は発注1回のみ。約定せずでした。とはいえ1回でも発注したということは収穫だったと思います。いずれ相場にマッチすれば、約定するチャンスは増えるからです。監視する銘柄は自動的に選択され、毎日変わります。設定を変更すれば、より多くの銘

  • ▲15640円(累計+473174円)

    上は留守中の3日間の先物の自動売買結果です。トータルでマイナス1万5千円でした。また個別取引の勝率は4勝6敗。勝率40%となりました。今回は3日間放置したまま、トラブルなく動作したことが大きな収穫でした。赤い枠で囲んだ部分が10万円近いドローダウンです。も

  • 株自動売買ランキング3位!

    (*この記事は6/20に予約投稿したものです)先週、日本ぶろぐ村の「株自動売買」のランキング3位になりました。OUTポイントですが過去最高です。また、INポイントでも4位となっていました。こちらも過去最高です。応援してくださっている読者様には感謝しかありません。よ

  • 3種類の自動売買システム

    (*この記事は6/19に予約投稿したものです)現在、以下の3種類の自動売買システムを作成中です。(1)先物の自動売買システム(2)株の半自動売買システム(3)仮想通貨の自動売買bot(1)は昨年から利用していたもので、現時点の主力システムです。ただしまだ完成とい

  • +30892円(累計+488814円)

    昨夜ナイトの結果です。寝ている間に3万円も稼いでくれました。いまは比較的分かりやすい戻りの局面です。しっかり買いロジックが発動してくれました。今日から3日間、出張のため不在となります。留守中、先物の自動売買システムを見れなくなりますが、24時間自動実行す

  • +60838円(累計+457922円)

    先物の自動売買システム、ナイトと日中で4回のエントリで全勝でした。わずかミニ1枚で6万円を超える利益です。先物の威力を感じました。それだけに負けるときにも一気にもっていかれます。いろいろな意味で先物は非常に怖いと感じます。システムなら怖さを感じることなく

  • ▲23162円(累計+397084円)

    今日の日中は先物の自動売買システムで3回エントリしました。結果は1勝2敗。2万円あまりの損失となりました。現状の先物の自動売買システムは日ベースでの勝率は6割くらいです。このところ荒稼ぎしていたので、今日の損失は想定の範囲内です。ナイトでも早速、寄りでミ

  • 株の半自動売買:先週は発注なし

    株の半自動売買は先週から実資金で運用開始しました。結果はすべて見送りで発注はありませんでした。このシステムの最大の特徴は「見送り」ができることです。リスクのある局面を徹底的に避ける安全重視のシステムです。そのためドローダウンも少なく、安定的に右上がりの損

  • +6946円(累計+420246円)

    昨夜のナイトセッションの先物自動売買の結果。ほぼ寄り引けトレードでした。ナイトの場合、直前のデイセッションの動きを見て寄付きで仕掛けます。寄り引けトレードの弱点は大きなロスカットになりがちなことです。ミニ1枚でも5~6万のロスカットなど珍しいことではあり

  • +81338円(累計+413300円)

    昨夜ナイトと今日の日中、日経225先物ミニ1枚で自動売買の結果です。3回の取引があり、損益は+8万円を超えました。ナイトも日中も、うまくトレンドをフォローすることができました。裁量トレードでもできるのですが、24時間起きていることはできません。またコンピュー

  • +30392円(累計+331962円)

    3月7日以来、3か月以上のブランク後の先物の自動売買です。昨日の日中、ナイトの合算で+3万円強となりました。アクティブ先物取引なので必要証拠金はミニ1枚64500円です。あえてギリギリに入金しました。日中はミニ1枚買いで含み益になった時点で両建て、買いをトントン

  • 株と先物の自動売買:今日から実売買開始

    株と先物の(半)自動売買を今日から開始しました。株の半自動売買は見送りでした。先物の自動売買は日中は見送り、ナイトは寄り付きで売りエントリしています。現状では数千円の含み損ですが、小動きなのでまだ分かりません。株も先物も取引自体は完全自動なので、これからの

  • 株の半自動売買:明日より実売買

    長かった様子見期間が終わり、明日から株の半自動売買の実売買を開始します。今日もエントリしていれば損益プラスでした。日経は暴落気味、為替も記録的な円高です。ですが、自動売買システムにとってはやりやすい相場付きと思います。明日の結果が楽しみです。

  • 株の半自動売買:本日は見送り

    日経は836円もの暴落。夜間の先物も300円以上下げています。株の半自動売買は、売り1銘柄でしたが、これは約定せず。結果的に見送りとなりました。これだけ日経が下げると、つい先物にも手を出したくなります。「二兎を追う者は一兎をも得ず」そうならないよう、まず

  • ICO(Initial Coin Offering)とは

    --------------------------------------------------------Initial coin offering(ICO、イニシャル・コイン・オファリング)とは、コイン(デジタルトークン・暗号通貨)の発行による資金調達である。--------------------------------------------------------Wikipedia|

  • デバッグ三昧

    今日も1日仮想通貨botのデバッグでした。プログラミングはモノづくりと似ています。はたからみてものすごく単純に見えることでも実際に作っている当事者からみればそこには大変な時間と労力が注ぎ込まれています。作る側 vs 使う側このギャップは想像以上に大きいと思います

  • 自動売買bot起動までのハードル

    今日はビットコイン用の自動売買ボットを起動しました。以下のような手順です。(1)ボットで残高表示 (2)ボットで買い注文(3)ボットで自動売買最初はすべて失敗しました。(1)は現物取引の日本円を先物FXの証拠金に振り替えるのを見落としていました。これを解

  • 自動売買botの設置

    今日、仮想通貨の自動売買botを設置した。取引所は bitFlyer Lightning。取引通貨はBTC-FX/JPY。イーサリアムにも対応可能なbotだが当面はBTC専用。本日、無事に設置が完了した。同時に入金、認証、その他の必要な作業を終えた。早ければ明日にでも実資金で試験運用開始。ビ

  • 半自動売買:新機能の追加

    株の半自動売買は、5月末に間に合わなかった機能を新たに組み込むことにしました。それにより勝率がアップします。おそらくそれが最終バージョンとなります。そのため今週はデータ取り込みのみとし、週末にアップデートしたいと思います。来週からはそれを使って実売買を開

  • 半自動売買:+3500円(シミュレーション)

    まだシミュレーション売買の段階ですが7816スノーピーク 買い結果は+3500でした。4営業日でやっとプラスになったのですが、念のため明日もう1日様子を見ることになりました。明日、問題なく損益プラスになれば、いよいよ明後日から実資金での売買開始です。

  • 半自動売買:3日連続のドローダウン

    株の半自動売買は3日連続のドローダウンでした。これは十分に想定できたことです。勝率90%でも、3日連続の負けは珍しくありません。実資金を投入していない分、大成功だと思っています。明日は損益プラスになる可能性が高いと思います。「もう明日から実資金で動かして

  • 1万アクセス達成!

    今日ふと見たら、累計アクセス数が1万回を超えていました。トレーダーの習性として、こういう数字の達成は嬉しく思います。訪問してくださった方々に感謝の気持ちをお伝えします。ありがとうございました m(_ _)m

  • 株、225先物、仮想通貨の自動売買システム

    現在、以下の3つの自動売買システムを持っています。(1)株の半自動売買システム(2)225先物の完全自動売買システム(3)仮想通貨の自動売買bot(1)はすでに2名のモニターが実資金で運用中です(2営業日見送り)。(2)は中~長期的には損益プラスですが、月単位

  • 半自動売買:2日連続のドローダウン

    昨日に続いて、本日も損益マイナスの日でした。2日連続のドローダウンです。実売買ではないので、資金を温存できました。これは「勝ち」に等しいと思っています。半自動売買システムが完成したら、心情的にはすぐ運用したくなります。ですが、それが命取りとなります。相場

  • 半自動売買:2日目も見送り

    今日も小動き相場。半自動売買システムがピックアップしたのはわずか1銘柄。しかも損失。なので明日損益プラスになれば、週明け月曜日に実資金で売買開始。「見送り」がきちんとできるというのが半自動売買システムの強味。

  • 半自動売買:初日は見送り

    本日から実資金での株の半自動売買システムの運用を開始しました。初日は無条件で見送りです。なぜなら日ベースでの勝率は約90%だからです。10日に1回は負ける日が出てきます。それが初日にならないようにするための措置です。以下のような勝敗の場合、負けた翌々日つ

  • 時代とともに変化すること

    現在、テニスの全仏オープンが行なわれています。ラケットが進化したせいで、どの選手もハードヒットし、ボールスピードがアップしています。もともと全仏オープンのクレーコートは球足が遅く、エースが決めにくいため、長いラリーが続く傾向がありました。それはラケットが

  • 運用開始まであと2日

    最終確認中の半自動売買システム。問題なければあさってから実資金で運用開始。

  • 半自動売買システムは最終段階

    現在作成中の株の半自動売買システムは最終段階です。今月末までの2日間でバグや不具合が見つからなければ完成です。運用開始は2022年6月1日(水)を予定しています。完成とはいっても、日々設定を見直すマンマシンシステムなので使いこなすまでは時間がかかります。

  • もし明日が最後の1日だったら

    時々こんなことを考えます。「もし明日が寿命の尽きる最後の1日だったら何をするだろう」私だったらトレードはしません。その代わり、今まで作ってきた半自動売買システムの引継ぎをします。無償モニターをやって頂くお二人にシステムを引き継いでもらいます。それが私の遺産

  • 日々の設定について

    今週は小動き相場でした。こういう相場のときは・ロスカットを大きく・利益確定を小さくが基本です。大きな利益が見込めないので、小さな利益をコツコツと狙います。ロスカットを大きくするのは勝率を高めるためです。もともと小動き相場なので、ロスカットにかかる確率は低

  • 半自動売買開始の注意点

    いよいよ6月からは株の半自動売買を再開します。現在、2名にモニターを依頼しています。本日、お二人に以下のようなメールをしました。【実売買開始に関する注意点】損益がマイナスからプラスに転じたタイミングで実売買を開始することを強くお勧めします。これは初回の

  • 「信用しないこと」

    トレードは技術だけでなくメンタルも重要です。メンタルにおいて一番大事なことは「信用しないこと」だと考えています。これには3つの意味があります。(1)相場を信用しないこと(2)自分を信用しないこと(3)他人(手法)を信用しないこと(1)の相場はつねに急変し

  • 言うは易しく行なうは難し

    SNSで以下の英文を見かけた:原文:you start with 1$ and make 1% every day. By 2023 you will be a trillionaire. What's your excuse?大意:1ドルから始めて、複利運用で毎日1%ずつ利益を出すとします。すると2023年までにあなたは1兆ドルの大富豪になります。いかがで

  • トレーダーの敵

    以前、トレーダーの友人たちと話したとき「トレーダーの敵」という話題で盛り上がりました。中でも全員一致だったのが以下です。・いきなり鳴る電話・「ピンポーン」と宅配便が来る・家族が話しかける・マウスやキーボードの電池切れ・マシンが固まる当時は全員が裁量トレー

  • 株の半自動売買システム

    仮想通貨botとは別に、株の半自動売買システムも現在作成中です。いろいろ試行錯誤の上、なんとか今月末には完成しそうです。通常の自動売買システムとは異なり、人間のトレーダーが日々の設定を見直します。それにより、機械(=コンピュータ)では判断しにくい部分を人間が

  • 仮想通貨botの完成

    本日、Pythonを使った仮想通貨用の自動売買botが完成しました。過去にC言語、BASIC、FORTRANなどのプログラミング経験はあるのですが、Pythonはとても使いやすい言語でした。一応、現状のままでも動作可能です。対象通貨はビットコインとイーサリアムです。取引

  • 「自由億り人」を目指す動機

    【問題】世界で1日の生活費が日本円で250円以下で暮らしている人の割合は?a. 10%未満  b. 10~20%c. 20~30%d. 30~40%e. 40~50%f. 50%以上(答え) f【解説】世界人口は2022年現在で約80億人。そのうちの半数以上、すなわち40億人以上が日本円で250円以下で暮らして

  • 仮想通貨の落とし穴

    ビットコインなどの仮想通貨はまだまだ一般の人には未知の世界です。時には、普通の感覚では想像もできないような落とし穴があります。その一例として、送金先アドレスを間違って送金するケースがあります。その大半はコインが消滅してしまいます。銀行口座であれば、送金を

  • 新規投資を開始!

    本日、海外に新規投資しました。投下した金額は日本円で15万円、初の海外銘柄です。回収できる予想利益はその数倍~100倍以上です。投資期間は半年程度を予想しています。以下は以前書いた「歴史は繰り返す」という記事です。https://free225sys.livedoor.blog/archives/1451

  • 投資は自己責任

    投資に関しては書籍、ブログ、情報商材、オンラインセミナーなど、これまでさまざまな媒体で学習してきました。役に立ったものもあれば、そうでないものもありました。いろいろ学習してきた実感としては「投資は自己責任」という言葉に尽きます。要するに、誰かに頼ろうとい

  • 相場は常に正しい

    冬の間に赤い実を付ける植物があります。南天、千両、万両などです。鳥たちは冬の間、あまり赤い実を食べません。どうやらあまり好きではないようなのです。ところが食糧が少ない年は、鳥たちは赤い実をたくさん食べます。すると翌年は鳥たちが食べたフンの中の種が発芽しま

  • 寝ている間の膨大な処理

    今日はオフデーでした。ですが休んでいる=何もしないではありません。休んでいるときにこそ脳内ではいろいろと次の戦略やロジックを考えています。目が覚めると重要なトレードのヒントがピンと閃くことも一度や二度ではありません。それはあたかもコンピュータのバックグラ

  • 常識の罠

    東京都では99.9%以上が病院で出産します。ですが妊婦さんは「病気」ではありません。自然界の全ての動物は誰の力も借りず、自力で出産または産卵します。また都内で亡くなる方の92%は病院で亡くなります。本来、自然界の全ての生物は自然の中で亡くなります。多くの鳥類や

  • 勝率だけでは分からないこと

    以前、裁量トレードをしていたとき、以下の対照的な結果がありました。・勝率9割で最後の1回に大負けして損益マイナス・勝率5割未満だが小さく負けて勝つとき大きく損益プラスつまり単純に勝率だけ見ても最終的な損益は分からないのです。それに加えて・1回の負けトレード

  • 売買ロジックの考え方

    私の場合、売買ロジックのアイデアは人間心理を読むことを出発点にしています。その道具としてチャート、出来高、各種指標などを使います。具体的には人間心理を読んでそれを逆手に取るという売買ロジックを好みます。たとえて言えば、多くの人が買っている時に「売り」で挑

  • バックテストの効用

    現在、過去のOHLCデータ(始値、高値、安値、終値)を入手して、仮想通貨のバックテストを行なっています。今はビットコインがメインですが、イーサリアムも視野に入れています。実際に過去数年分のバックテストしてみると、意外な事実が次々と判明します。いままで株や先物

  • トレード手法とメンタル

    トレードの8割はメンタルが左右すると言われます。ただし裁量トレード、システムトレード、(半)自動売買では、それぞれメンタルの性質が違います。以下、それぞれについて個人的な印象をまとめてみます。■裁量トレード主にメンタルの疲れによる判断ミスが大きい。また損

  • 実践、実践、実践

    この本をことあるごとに読み返しています。実際にPythonでプログラムを作成したあとに読み返してみると、最初に読んだときに分からなかったことが前よりも深く理解できるようになっています。この本を読むと、著者がどれだけ集中して機械学習に没頭したかがよくわかります。

  • 早期撤退のメリット

    私がトレード戦略において最も重視しているのは以下の2点です:(1)見送り(2)早期撤退この2点でこれまでどれだけ救われたか計り知れません。(1)はすこしでも不安や迷いがあったらエントリしないことです。そういうときはたいてい失敗するからです。(2)はロスカッ

  • バックテストの方法

    今日は以下の(6)をやっていました。(1)Python(anaconda)のインストール(2)各種ライブラリのインストール(3)BitflyerのAPIキーとAPIシークレットの入手(4)Pythonからの注文・取り消し・残高照会等(5)ロジックの選定(6)機械学習によるバックテスト(7

  • トレーダーと機械学習

    今日、仮想通貨用の自動売買botのプログラム本体が完成しました。以下の自動売買botの作成スケジュールの(5)まで完了したことになります。(1)Python(anaconda)のインストール(2)各種ライブラリのインストール(3)BitflyerのAPIキーとAPIシークレットの入手(4

  • 自動売買botの作成スケジュール

    GWは集中的にPythonの学習をしています。目的は仮想通貨の自動売買botの作成です。以下、自動売買botの作成スケジュールです。(1)Python(anaconda)のインストール(2)各種ライブラリのインストール(3)BitflyerのAPIキーとAPIシークレットの入手(4)Pythonからの

  • 「タイム・イズ・マネー」

    「タイム・イズ・マネー」という言葉があります。ある意味で時間はお金以上に大切な「財産」です。個人的には「人の時間を奪う」という行為は、「時間」という限りある貴重な財産を盗むことと同じことであり、「他人の財産=時間」を奪う窃盗行為だと思っています。私が最も

  • 人生は短く〇〇は長し

    「〇〇」の部分には「芸術」が入ることが多い。だが実際は古代ギリシャのヒポクラテスが「医術」と言ったのが語源。「長し」の意味は、1つは個人の寿命を超えて長く残ること。もう1つの意味は、何かを極めるには人生は短すぎること。いまは「投資」「トレード」について同

  • 歴史は繰り返す

    アメリカのamazon株が上場したのは1997年5月。当時の株価は1.73ドルだった。2021年12月の株価は約3400ドルとなり、24年間で2000倍近くになっている。つまりAmazon株を1万円買っておけば、24年後に2000万円になっていたのだ。たとえば1997年に新入社員だった人がアマゾン株を

  • 『Pythonではじめる機械学習』

    今読んでいる本がこれ。GW中はPythonプログラミング三昧。Pythonで仮想通貨の自動売買botを作るのはそんなにむずかしくない。本当に難しいのは使える売買ロジックを見つけること。そのために機械学習を繰り返して有効なロジックを発見する必要がある。新しいことを学ぶのは楽

  • 2022年4月末までの成績

    以下、本日時点の累計損益です:株および先物の(半)自動売買:累計+266995円新ジャンル(ファンド等)の収益:+34575円(日本円換算)-------------------------------------------------合計 +301570円ファンド等の収益はドルでの利益になりますが、実際に日本円として

  • 株、先物、仮想通貨について

    株と先物については、どちらも完全自動売買にトライしたことがあります。現在は半自動売買システムを作成中です。仮想通貨については、botという形で完全自動売買システムをPythonで作る予定です。仮想通貨の取引はこれまでやったことがないのですが、なんとなく株や先物より

  • 当初資金について

    以下は個人的な考えです。当初資金は少なければ少ないほど良いと考えています。なぜなら小さな資金を殖やせなければ、大きな資金で勝てるわけがないからです。また、資金が少なければ、全額失っても被害は軽微です。ですが大きな資金だと、それらを失ったときの痛手は大きい

  • ブログタイトルを変更しました

    以下の通り、ブログタイトルを変更しました。「半自動売買で1億円を目指す!」       ↓「半自動売買で自由億り人を目指す!」まずは当面の目標として1億円を目指します。ですが本当の目標はその先にあります。GWはそのための準備、勉強、システム開発などにたっぷり

  • Python関連の参考書

    上の画像は今読んでいるPython関連の参考書の一部です。まだまだ分からないことが多いですが、なんとなくイメージはつかめてきました。GWにはまとめて時間を取ってPythonプログラミングに挑戦したいと思います。いまはいくら時間があっても足りません。新しいことを学ぶのは

  • 努力とは

    *今日の記事は完全に主観的なものです。昨夜からずっと集中してPythonプログラミングの勉強をしていました。飲まず食わずで、ふと気がついたら20時間くらい経っていました。おかげで夕方から激しく吐血しました。胃の消化液が胃壁を傷つけてしまったようです。20回近く吐き

  • 「自由億り人」とは

    以前、「億り人」という言葉が流行りました。億り人とは、住宅ローンなどの負債を除いた純資産で1億円以上を達成したトレーダのことで、映画「送り人」をもじったものです。そこからさらに利益を増やして10億円の資産を達成した場合、それを「自由億(じゆうおく≒じゅうお

  • 半自動売買とする理由

    当ブログのタイトルで「半自動売買」とうたっていますが、これは裁量トレード⇒シストレ⇒完全自動売買⇒半自動売買という段階を経て最終的にゆきついた結論です。もともと裁量トレードで十分な利益が出ていました。ただし裁量トレードは以下のようなデメリットがありました

  • Python、機械学習、自動売買botなど

    本日、上記の本を読み終わりました。具体的な売買ロジックや機械学習のことは書いてありませんでしたが、自動売買botで稼ぐbotterのイメージをつかむのには最適な本でした。Python(パイソン)というプログラミング言語を使って暗号通貨の自動売買botを作るのは、あと数年も

  • 「事前設定ファイル」について

    1つ前の記事の続きです。開発中の半自動売買システムは、自動売買プログラムがメインではありません。むしろ、事前設定ファイルをストラテジーの中心と位置づけています。事前設定ファイルとは、過去データに基づいてどの設定値がよいかをシミュレーションし、最適な設定値

  • 半自動売買システムのロジック

    全面改訂中の半自動売買システムのβ版がまもなく完成します。その売買ロジックは3つあります。1つは伝統的な順張りロジックです。これは特に「買い」に強味を発揮するので買い専用のロジックとして採用しています。もう1つは逆張りロジックです。これは特に「売り」に強

  • 世界一の大富豪とは

    現在の世界一の大富豪をご存知でしょうか?2021年1月、それまで1位だったアマゾン創業者のジェフ・ベゾスを抜いてテスラ社CEOのイーロン・マスクが世界一になりました。イーロン・マスクの現時点での純資産は34兆円とも言われています。そんなイーロン・マスクが先日、ツ

  • 「知恵はどんな富にもまさる」

    以下、ネットで拾った格言です。「知恵はどんな富にもまさる」(Wisdom outweighs any wealth.)あなたがどんなにお金を持っていても知恵がなければ遅かれ早かれその金を失う可能性が高いあなたに知恵さえあれば最初はお金がなくとも遅かれ早かれいくらでも富を生み出すこと

  • 継続の力=メンタルの力

    このブログは昨年10月に開始して以来、1日も休まず記事を更新しています。記事の内容はともかく、物事は継続するだけでも価値があると感じます。なぜなら継続するだけでも相当なメンタルの力が要るからです。トレーダーの実力の2割は技術、8割はメンタルと言われます。そ

  • つねに最悪のケースを予測すること

    いまはWeb3.0で始まる大変革の時代。トレーダーのスタイルも大きく変貌しつつあります。 1つの投資案件、投資ジャンルにこだわらないことが一番大切だと考えています。「これだ!」と思い込むのが一番危険です。 株、先物、仮想通貨、その他の投資案件すべてについてです

  • Python(パイソン)について

    現在、暗号通貨のbotter(ボッター)で有名になったPython(パイソン)というプログラミング言語を独習中です。このプログラミング言語は「コンピュータを自動化するプログラム開発用」という目的で作られ、特にAI(人工知能)や機械学習と相性が良かったため、世界中でたち

  • 開発中の半自動売買システム

    3月にプログラマさんに依頼した株用の半自動売買システム、現在も開発を継続中です。株の場合、上げるときはじわじわと上がり、下げるときは足が速いので「買い」と「売り」で異なるロジックを採用しています。そのため、買いのプログラムと売りのプログラムは別々に開発・

  • 今日は完全オフデー

    「疑う余地のない純粋の歓びの一つは、勤勉の後の休息である」               イマヌエル・カント(哲学者)

  • HYIP (ハイプ) とは

    HYIP (ハイプ) という言葉をご存知でしょうか。HYPEは『High Yield Investment Program』の略語で、日本語で『高利回り投資案件』の意味です。HYIP (ハイプ) の投資案件は、仮想通貨の世界で2017年頃から流行し始めました。最大の特徴は従来にはない超高利回りの投資案件であ

  • Think、think、think!

    上のプレートは1991年にIBMの標語「Think」を記念して作成されたものだそうです。金属製でずっしりとした重みがあります。レプリカではありません。当時の経営者が作成し、実際にVIPたちに贈呈したものです。持ち主としては、私で三代目です。一代目の持ち主は米国のCEOです

  • トレードにおいて特に心がけていること

    賛否両論あると思いますが、私がトレードにおいて特に心がけていることはたった1つの収入源(銘柄、ポジション等)に執着しないことです。複数の収入源に分散すれば、リスクの少ないトレードが実現できます。1か所への集中投資は危険なだけでなく、他のもっと良い投資チャ

  • 自動売買トレーダーのランク

    上記の本によると、仮想通貨の自動売買トレーダーであるbotter(ボッター)の世界では、以下のようなランク分けが存在するそうです。B級ボッター 月+10万円以上A級ボッター 月+100万円以上S級ボッター 月+1000万円以上SS級ボッター 月+1億円以上SSS級ボッター 月+1

  • 新ジャンルの投資スタート!

    いまネットの世界は数十年に一度という大変革期を迎えています。その主役となるのが ・Web3.0・DeFi・NFT の3つです。どの1つをとってもインターネットやスマホの登場以上の社会的インパクトがあり、全世界でバブルの様相を呈してきています。取り残されている

  • 私の投資スキームの原点

    本日、海外ファンドの2口目を購入できました。明細は以下の通りです:投資額(元本):日本円1万円金融商品:1口あたり約9000円(75ドル)送金手数料:約千円運用開始日:2022年3月1日元本回収までの日数:26日(3月26日)2口目購入までの日数:38日(4月7日)す

  • 海外ファンドの税金

    海外に投資する前の準備として、海外ファンドの利益にどの程度の税金がかかるかを把握しておく必要があります。結論からいえば、投資利益に適用される税率は当該ファンドの目論見書の内容によります。その内容が海外で上場している株式等への投資運用であれば株式投資信託と

  • 「botter(ボッター)」と機械学習

    先月からずっと上の本を読んでいます。「botter(ボッター)」とは、仮想通貨の自動売買を行なう人のことです。ボット(bot)と呼ばれる自動売買システムを用います。Phythonというプログラミング言語を用いて機械学習するプログラムを作成し、システムが自動的に最適な売買

  • 美味しい話の見つけ方

    今日は令和4年4月4日。「444」のぞろ目。帯状疱疹が悪化し、熱も高いので今日はオフデーです。明日からまた次のトレード戦略を検討します。海外ファンドは今日も順調に利益を積み上げています。確定した利益だけが分配されるので、キャピタルゲインと違って利益が減る

  • 複利運用の第一歩

    1つ前の記事に挙げた通り、今年は生まれて初めての経験が目白押しです。3月1日に日本円1万円を送金して1口から運用開始したファンド、すでに100ドルの元本を回収し、現在は利益のみで運用しています。昨日の時点で75ドルの利益が出ていたので、もう1口を購入しました

  • 生まれて初めての経験

    2月から3月にかけて、以下のことを行ないました。・国内仮想通貨取引口座の開設・海外取引口座の開設・海外への送金・ビットコインの購入および送金・海外CEOとの英文メールでのやりとり・ドル建て海外ファンドの購入・ドルの利益ゲット・WinAuthを利用したGoogle2段階認証

  • 本来のトレードの在り方

    トレードとはあまり関係ないかもしれませんが、私の場合、「生まれて初めてやること」をできるかぎり毎日1つやるように心がけています。特に海外への投資は初めての経験の連続でした。海外への送金は手数料が非常に高いのが特徴ですが、最初の投資案件ではドルだけでなく、

  • 4月からの投資戦略

    私は何か大きな決断をする時、その対象のみならず周囲の状況も重視します。3月は半自動売買システムの改良に多大の時間、労力、資金を費やしました。プログラマさんが作ってくれたプログラムを徹夜でチェックしたり、膨大なロジックの組み合わせを最適化するための機械学習(

  • 孫子に学ぶトレード戦略

    孫子は「不敗」すなわち負けないことを最重要視しました。すなわち(1)圧倒的に有利な時だけ戦う(2)そうでない時は戦わない(3)逃げる勇気、やめる勇気を持つを繰り返し強調し、ムダな戦いを厳に戒めています。これをトレードに応用すると(1)圧倒的に有利な場面だ

  • トレードで勝つために必要な唯一のこと

    AさんとBさんという人がいるとします。二人とも極貧の生活で、手元には残り千円しか現金がありません。3日後には滞納した借金、ローン、税金などの返済期限が迫っています。それが返済できなければ家は差し押さえられ、自己破産しかありません。二人とも失業状態です。コロ

  • 海外の金融商品の注意点

    現在、海外のファンドに投資し、毎日ドルの収益があります。元の投資額は日本円で約9000円(73ドル)でした。わずか26日で元金を回収し、いまは利益を再投資している段階です。利益は毎日ドルで口座に入ってきます。そのドルが73ドル以上になったら再投資できます。つまり

  • 「半自動売買」の定義

    当ブログでは「半自動売買」という言葉をタイトルにも使用しています。この言葉は自分で作った造語なので、その定義を以下にご紹介します。---------------------------------------------------半自動売買の定義:通常の自動売買とは異なり、次のような売買システムのこと。

  • ノーリスクトレード成功!

    本日、海外に投資中の金融商品の元本を回収できました。明細は以下の通りです:投資額(元本):日本円1万円金融商品:1枚あたり約9000円送金手数料:約千円運用開始日:2022年3月1日元本回収までの日数:26日本日時点で累積利益が100ドルに達しました。現在の為替レー

ブログリーダー」を活用して、Free225sysさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Free225sysさん
ブログタイトル
半自動売買で自由億り人を目指す!
フォロー
半自動売買で自由億り人を目指す!

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用