住所
出身
ハンドル名
クラキンさん
ブログタイトル
自己満足日記~Kurakinのささやかな道楽三昧~
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kurakin1220
ブログ紹介文
クラキンのささやかな道楽三昧、自己満足の世界の気儘な日記です。 プラモデル、釣り、旅行、グルメ・・
自由文
これまでOCNで作成していたブログをGooブログへ引っ越しました
更新頻度(1年)

60回 / 129日(平均3.3回/週)

ブログ村参加:2014/10/12

クラキンさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 03/18 03/17 03/16 03/15 03/14 03/13 全参加数
総合ランキング(IN) 27,430位 30,710位 33,208位 30,186位 21,715位 18,698位 17,498位 952,667サイト
INポイント 10 10 20 0 0 10 10 60/週
OUTポイント 60 20 10 0 20 0 0 110/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 2,265位 2,369位 2,474位 2,362位 2,085位 1,880位 1,821位 41,832サイト
国内旅行 140位 153位 166位 151位 128位 117位 117位 3,487サイト
その他趣味ブログ 463位 512位 581位 508位 404位 327位 310位 16,690サイト
模型 21位 22位 26位 21位 17位 14位 13位 954サイト
釣りブログ 1,008位 1,152位 1,246位 1,140位 988位 930位 865位 17,008サイト
船釣り 30位 33位 39位 35位 29位 26位 24位 681サイト
今日 03/18 03/17 03/16 03/15 03/14 03/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 40,776位 57,568位 48,655位 36,194位 32,830位 33,854位 28,822位 952,667サイト
INポイント 10 10 20 0 0 10 10 60/週
OUTポイント 60 20 10 0 20 0 0 110/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 3,478位 4,564位 4,119位 3,267位 3,087位 3,171位 2,818位 41,832サイト
国内旅行 178位 247位 226位 169位 151位 154位 141位 3,487サイト
その他趣味ブログ 607位 978位 768位 488位 426位 455位 347位 16,690サイト
模型 21位 56位 38位 17位 12位 13位 9位 954サイト
釣りブログ 2,446位 2,856位 2,739位 2,346位 2,276位 2,321位 2,172位 17,008サイト
船釣り 95位 106位 108位 94位 89位 93位 85位 681サイト
今日 03/18 03/17 03/16 03/15 03/14 03/13 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 952,667サイト
INポイント 10 10 20 0 0 10 10 60/週
OUTポイント 60 20 10 0 20 0 0 110/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 41,832サイト
国内旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,487サイト
その他趣味ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 16,690サイト
模型 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 954サイト
釣りブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 17,008サイト
船釣り 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 681サイト

クラキンさんのブログ記事

?
  • アポロ11号司令船コロンビア製作記 その2

    。あと1ケ月くらいこの苦しみが続きます。(´;ω;`)さて都心では桜が咲き始め、我が家の周辺でも桜の蕾が少し膨らみ始めています。そんな小春日和の中、毎日花粉症に悩まされている私は家に引き籠ってプラモデル作りです。アポロ11号の司令船コロンビアのパーツを全てランナーから切り離し、ゲート処理、パーティングラインやバリ取りして整形し、洗浄しました。今回から新兵器として、超音波洗浄機を使用しました。よく眼鏡屋さんの店先で眼鏡の洗浄に使われているヤツと同じです。プラの削り粕やゴミが綺麗に取れます。洗浄の終わったパーツを部位毎に仕分けしました。司令船のボディと機械船のメインロケット噴射口です。この金メッキを活かすか、剥がして塗装にするか悩んでいます。機械船のボディパーツです。高さ15cm、直径12cmくらいの大きさです。司...アポロ11号司令船コロンビア製作記その2

  • 都心の桜が🌸開花しました

    今朝、東京都心の桜🌸が開花しているのを見つけました。都心の桜が🌸開花しました

  • ブログ開設10周年

    すっかり春めいてまいりました。皆様、ご機嫌如何でしょうか。お陰様で当ブログ「自己満足日記~クラキンのささやかな道楽三昧~」は本日で開設10周年を迎えました。この10年間でアップした日記は1441回になりました。閲覧数は180万PV、ご訪問者数は58万IPを超えました。ブログを始めたきっかけは11年前に職場の人事異動で少し楽な部署になり余暇時間が増えたので、「片手間でできるような何か新しいことを始めよう」と思ったことです。「面白くなければ止めればいい」くらいの軽い気持ちでしたから、まさか10年も続くとは思ってもいませんでした。コンセプトは正にタイトル通りで、「ささやかな自己満足道楽が少しでも他人様を楽しませたりお役に立てれば幸い。」というようなことですから、ネタは道楽に関することだけで、オピニオン的なネタは一切な...ブログ開設10周年

  • 印象深い映画

    再び映画の想い出話し・・・長々とお付き合い頂きましたが、これで一旦お仕舞です。よくよく考えてみると、余程の駄作でない限り、映画を見終わった直後は大抵の映画は良く思えますが、後で思い出しても「良かったなぁ、もう一度観たいなぁ」と思う映画が自分にとって本当に良い映画なんでしょうね。フランス映画、ニューシネマ、シリーズもの、戦争ものということでこれまで観てきた中で印象的な作品を列挙してきましたが、そういう意味で他にも印象深い作品が沢山ありますので、代表的なものを挙げてみます。皆様それぞれに想い出深い映画があると思いますが、何か共通点がありましたら嬉しいですね😊。・12人の怒れる男(未だ色褪せない裁判映画の最高傑作)・ベンハー(スペクタクル映画の最高傑作、私の古代ローマ好きを決定付けた映画)・シザーハンズ(ティム・バー...印象深い映画

  • アポロ11号司令船コロンビア製作記 その1

    昨日から花粉の飛散が急増しているようで、花粉症三年生の私も昨日から大変なことになってます。昨日一日でティッシュ一箱を使い切り、鼻の下が真っ赤です。家の中でもマスクをしています。(笑)さて昨年末から掛かっていたフォードGT40の3台同時製作がようやく終了しましたので、もうひとつの50周年であるアポロ11号の製作に取り掛かります。アポロ11号は昨年レベル1/48の着陸船イーグルを完成させていますが、今回はモノグラム1/32の司令船コロンビアです。アームストロングとオルドリンが月面着陸している間、3人目のコリンズの操縦で月周回軌道上で待機していたコロンビア(司令船と機械船の合体)です。内部構造が作り込まれていて、クリアパーツのボディが付く、いわゆるスケルトンキットです。モノグラムお家芸の勿論出来の良い3名の飛行士のフ...アポロ11号司令船コロンビア製作記その1

  • フォードGT40 3台完成

    昨年11月末から製作を続けていたフジミ1/24のフォードGT40、ル・マン24時間耐久レースシリーズ3台がようやく全て完成しました。(GT40の「40」というのは車高が40インチ(1016mm)であることからきている俗称で、正式にはフォードGTMk.ナンチャラです。)これで旧作も合わせると、1966年の1ー2ー3フィニッシュ3台、68年の優勝車、69年の優勝車の合計5台が完成しました。(67年はフォードGTマークIVが優勝したのでGT40ではありません。)キットは全て素組みです。研ぎ出しはせず、ミスターカラーのスーパークリアⅡを砂吹き含めて5回程度吹いた後、コンパウンド磨きとモデリングワックスで仕上げました。まずは66年からです。この年は7リッターV8、475馬力のMk.Ⅱワークスマシン8台が出場し、ル・マン初...フォードGT403台完成

  • 注目のニュース

    モデルアートの最新4月号のイベントレポートとして「シュピーレヴァーレンメッセ2019」(日本の静岡ホビーショーみたいな感じでしょうか・・)の記事が出ていましたが、その中で注目のニュースが二つありました。ひとつ目は嬉しいニュースで、エアフィックスから1/48でデハビランド・タイガーモスが発表されたようです。既に72では新製品が発売されて高評価を得ていますが、老眼モデラーにはキツイので諦めていました。でも48なら問題ありません。このキットは既にエアフィックスのHPに出ているので、国内での予約開始は時間の問題です。予約開始と同時に「買い」です。ふたつ目はビックリニュースです。トランペッターからナント😵1/200という超ビックスケールのタイタニックが発表されたようです。俄には信じ難いニュースですが、今後の展開を注視した...注目のニュース

  • フォードGT40製作記 その15 最終回

    長々と続いたフジミ1/24フォードGT40ル・マン優勝車シリーズの最終回です。1966年の表彰台独占の第3位、ゼッケン5が完成しました。これも素組みです。研ぎ出しはせずに、クリアラッカーのドバ吹き&コンパウンド+モデリングワックス仕上げです。1966年。68年、69年のル・マン優勝車勢揃いの完成写真は後日(土曜日撮影予定)アップいたします。本日はゼッケン5だけの簡易撮影写真です。次は、モノグラム1/32のアポロ司令船です。(5月の静岡に間に合うか???)24時間戦争クリエーター情報なしメーカー情報なしフォードGT40製作記その15最終回

  • 戦争映画

    凝りもせずに、またもや映画のお話しですみません・・・_(._.)_映画と言えばやはり戦争物は無視できません。私が今まで観てきた戦争映画を振り返ってみると、以下の5パターンがあるのかな・・・と思います。1.戦争の悲惨さ、狂気、馬鹿々々しさを訴えるもの(硫黄島からの手紙、プライベートライアンなど)2.歴史スペクタクルとして描くもの(空軍大戦略など)3.特定の人物を描くもの(パットン大戦車軍団やブルーマックス、アラビアのロレンス、ヒトラー最期の12日間など)4.戦時を舞台にしたドラマ、アクション(ダークブルーなど)5.特定のエピソード(史実)をドキュメンタリー風に描いたもの(ダンケルクなど)ハリウッドの勧善懲悪、アメリカや白人が善で、その他は悪、自分たちが仕掛けた戦争は正義、・・・こういう作品は鼻について嫌ですが、そ...戦争映画

  • フォードGT40製作記 その14

    フジミのフォードGT40、ル・マン入賞車シリーズのゼッケン1、66年の2位入賞車が完成しました。66年のル・マンはゼッケン2が優勝、今回完成のゼッケン1が2位、もうすぐ完成のゼッケン5が3位という1-2-3フィニッシュを決め、宿敵フェラーリを打ち破った記念すべき年です。ちゃんとした完成写真は3台揃ったところでアップしますが、今回は室内で撮った簡易版です。いつもの通り、完全素組みで、研ぎ出しパスです。クレオスのスーパークリアⅡを5回くらい吹いて、最後はシャブシャブに薄めたものをドバ吹きして表面張力で艶を出しました。乾燥後、コンパウンド(細目→仕上げ目)で磨いて、モデリングワックスで仕上げました。次はゼッケン5を仕上げます。フジミ模型1/24リアルスポーツカーシリーズNo.48フェラーリ330P4クリエーター情報な...フォードGT40製作記その14

  • フォードGT40製作記 その13

    早くも1年の1/6が終わり、3月に突入です。かなり暖かくなってきましたし、関東のカラカラ天気も収まってきました。我が家の河津桜も3分咲です。フォードGT40Mk.Ⅱの製作続行です。ゼッケン5、ゼッケン1共にデカール貼りが終わり、クリア掛けの準備ができました。ゼッケン5のピンク部分はキットのデカールを使用しましたが、ゼッケン1の赤部分はデカールを型紙にしてマスキング→塗装です。いよいよ緊張のクリア吹きです。フジミ1/24フォードGT40マーク2シルクスクリーンデカールエッチングパーツ付クリエーター情報なしフジミ模型フォードGT40製作記その13

  • クレオス スーパーメタリックシリーズ復活

    愛用していたクレオスのスーパーメタリックシリーズが昨年廃番になってガッカリしていましたが、見事復活してくれました。まだ買ってきたばかりで使っていないので判りませんが、モデルアート4月号によると単なる復活ではなくリニューアルのようです。従来品より若干輝度が増して、金属感がアップしているように見えます。(そのように期待しているからそう見える??)瓶のサイズは従来の18mlから今回は他のミスターカラーと同様の10mlになりましたが、お値段はそれ以上に安くなっているので嬉しいです。(ヨドバシで1瓶291円でした。)使ってみるのが楽しみです。アポロ司令船で早速使ってみます。写真上段の大きな瓶が昨年廃番になった従来品、小さいのが今回リニューアルした新製品です。使用量の多そうなスーパーファインシルバーとスーパークロームシルバ...クレオススーパーメタリックシリーズ復活

  • シリーズもの映画

    またもや映画のお話で恐れ入ります・・・。同じ主人公やテーマで続く「シリーズもの」映画も沢山ありますね。邦画なら「寅さん」と「釣りバカ日誌」、「ゴジラ」が代表格でしょう。アニメまで拡げると「ルパン三世」、「ドラえもん」、「クレヨンしんちゃん」もいいですね。この辺は全部テレビかDVDです。ちょっと横道に逸れますが、先日ファーストマンを観た時に幕間の予告編で東宝の「怪獣大戦争」がハリウッドでリメイクされることを知りました。大迫力リアルCGバリバリのキングギドラやモスラとゴジラが暴れまわるみたいです。(ワーナー映画で”Godzilla:KingoftheMonsters”というタイトル、渡辺謙も出ているようです。https://www.youtube.com/watch?v=wVDtmouV9kM)ポケモンもハリウッド...シリーズもの映画

  • フォードGT40製作記 その12

    先週金曜日から3週先まで、毎週末飲み会が続きます。平日は酒断ちしているので肝臓は大丈夫ですが、土曜日に寝不足と疲れが残ってプラモデル造りが捗りません。(・・・なんて、飲み会のせいにしてしまいます・・・(笑))フォードGT40の残り2台の製作続行です。66年に初めてル・マンを制して、1-2-3フィニッシュを達成した時の2位のゼッケン5、ゴールドのGT40Mk.Ⅱです。基本塗装が終わっていましたので、デカール貼りを進めました。ちょっと面白いカラーリングですね。この後、クリア吹きに掛かります。その前に、同年の3位に入ったゼッケン1、こちらはライトブルーに明るめのレッドをあしらったカラリングです。先ずは、レッド部分を塗装しています。赤とオレンジを混ぜて調合した色です。この後、赤の分をマスキングしてからライトブルーに取り...フォードGT40製作記その12

  • マカロニ・ウェスタン

    懲りずに映画のお話です。西部劇と言えばハリウッドでジョン・ウェインとなりますが、いやいや・・・もうひとつマカロニ・ウェスタンというのがあります。皆さん、ご記憶にありますでしょうか。イタリアで作られた西部劇なので日本では「マカロニ・ウェスタン」と呼ばれていますが、アメリカやイギリスでは「スパゲティ・ウェスタン」と呼ばれているそうです。もう何十年も新作は公開されていませんが、ハリウッド西部劇には無い、汗臭さ、埃っぽさ、血生臭さ、陰湿さが魅力でした。エンリオ・モリコ-ネの哀愁を帯びた音楽も良かったです。やたらと脂ぎった顔のアップが多いのも特徴です。殆どの作品がアメリカ南部とメキシコの国境辺りが舞台になってるような感じです。先ずはジュリアーノ・ジェンマでしょう。「荒野の1ドル銀貨」、「用心棒」シリーズが有名です。その次...マカロニ・ウェスタン

  • フジミ エンスージアストモデル No.24

    無事63歳を迎えました。カーモデルファンなら必ず知っている有名なシリーズ、フジミエンスージアストモデルシリーズNo.24、フェラーリ365GTS/4デイトナスパイダーをゲットしました。インストの著作権マークが1988年になっているので、パッケージは発売当初のものではないかと思います。1/24ですがパーツ数は180点以上あり、エンジン、サス、コックピットなどフルディテールです。きちんと完成させられるかどうか自信はありませんが、できるだけ早いうちに作りたいと思います。(でも・・・いつになるやら・・・)フジミ模型EM365GTSエンスージアストモデル1/24フェラーリ365GTS4デイトナスパイダーイエロークリエーター情報なしフジミ模型(FUJIMI)フジミエンスージアストモデルNo.24

  • フォードGT40製作記 その11

    68年型Mk.Iを先行させたので中断していた66年型Mk.IIの製作を再開します。ゼッケン5の2位とゼッケン1の3位の2台です。シャシーとコックピットは3台同時に作ってあるので、いきなりボディの塗装から再開です。向かって左がゼッケン5、右がゼッケン1です。ゼッケン5はボディがゴールドなので、サフの上から下地のグロスブラックを吹きます。ゼッケン1はライトブルーなのでサフの上からゼッケンの下地の白を吹いて、ゼッケン部分をマスキングしてあります。ゼッケン5に下地のシルバー(ガイアのミラークローム)を吹きました。ミラークロームの上からクリアオレンジとクリアイエローを混色したものを吹きました。ゴールドに見えますでしょうか?今日はここまでで、次はゼッケン1の塗装です。おもちゃホビーExotoRacingLegends1/1...フォードGT40製作記その11

  • Pink Floyd

    今日も音楽のお話で恐縮です。これも私の大好きなバンド。所謂プログレッシブ・ロックの元祖のようなバンドですが、ルーツは間違いなくブルースです。ここが他のプログレバンドと違うところ!ピンク・フロイドというバンド名からしてピンク・アンダーソンとフロイド・カウンシルというアメリカ人ブルースミュージシャンの名前が由来です。誰か飛びぬけたテクニシャンや音楽家がいるわけではありませんが、一人一人が粒揃いで個性的でありながらバンドとしてのコンビネーション、アイデア(例えば、アナログ時代にテープの逆回しのトリックを使ったり)、曲・アルバムの構成などが秀逸なところが凄いです。また「リラックスして聴ける」貴重なプログレバンドです。ギルモアのストラトキャスターの音色を最大限に活かしたギターもいいですし、メイスンのちょっと遅れ気味のよう...PinkFloyd

  • Creedence Clearwater Revival

    C.C.R.って略してしまうのが嫌で、中学生のころに一生懸命スペルを憶えました。皆さん憶えておられますか?ジョン・フォガティの器用さと才能が突出していたことと、実兄のトムが抜けてしまったために空中分解してしまった感がありますが、60~70年代のアメリカで間違いなく最高峰のバンドでした。彼らがいなければイーグルスもレイナードも無かったかもしれません。当時はアルバム重視のバンドが多い中でシングルヒットを大切にした点でも大好きでした。(元祖パンク??)オリジナル曲だけではなく、「スージーQ」や「悲しい噂」などのカバー曲の選曲も渋かったです。カントリー、ブルース、ゴスペル、ロックンロールなど色んな顔を持ち、それぞれが交じり合いながら、それぞれ純粋消化している点も凄いです。一部ではサザンロックやスワンプロックの元祖だとか...CreedenceClearwaterRevival

  • またもや珍キット衝動買い

    駿河屋のHPを観ていて、思わずポチってしまいました。グレンコモデルズ1/48のカバードワゴン・・・つまり幌牛車です。この頃はワゴンを引くのは馬又は牛だったそうで、これは牛版です。ワゴンと牛2頭、馬1頭、父母と男の子の一家のセットです。アメリカ大陸を西へ西へ新天地を求めて旅する開拓者の一家です。中身です。パーツ数はそれほど多くありません。50個程度でしょうか?一家のフィギュアや牛、馬、車輪や樽などのパーツを見る限り、かなりいい感じです。特にフィギュアは相当出来が良さそうです。ゲテもの覚悟でポチったんですが、案外「当たり」だったようです。是非ともジオラマ仕立てで作りたいものです。余計なことですが、ハセガワさんは銀行から飛行機キットの新作を禁止されたそうなので、こういう分野を開拓するのも一考かと思いますが・・・プラッ...またもや珍キット衝動買い

  • 19年 春の訪れ

    先週の土曜日は雪が降り、日曜日の朝は我が家の周辺でも薄っすらと雪化粧になりました。月曜日もとっても寒かったですが、それでも春は確実に訪れています。これは日曜日の朝10時ころ、まだ雪が残っています。でも梅や蝋梅、木瓜、水仙、福寿草などが咲き始めました。小鳥も元気になってきました。ずっと凍り付いていた池の水も解け始めました。日の出はまだまだ遅いですが、日没はかなり遅くなってきました。インフルの患者数も少し減り始めてきたようで、もう少しの辛抱です。池江選手も病に負けず、頑張ってください!あなたの悔しさを思うと言葉も出ませんが、あなたならきっと復活できます。力にはなれませんが、応援しています。19年春の訪れ

  • 横浜モデラーズクラブ合同展示会2019 3回目

    大変遅くなってしまって、申し訳ありません。2月2日~3日に横浜ワールドポーターズで開催された「横浜モデラーズクラブ合同展示会2019」のレポート最終回です。2回目に引き続き、参加各クラブの出品作品の中から私の好み、つまり印象に残った作品や気になった作品をご紹介いたします。以下、2回目と同様です。・クラブ名が間違っているものがあるかも知れませんが、どうか失礼をお許し下さい。・念のため作者のお名前はニックネーム以外は全て伏せさせて頂きます。・キットのメーカー名やスケールなども記録しきれていませんので、確実に判るものだけ記載させて頂きます。※小さなサムネイル画像はクリックすると大きくなります。【トライアングルさん】トランペ1/48のU-92です。内部までフルディテールで凄い迫力です。1/32の鍾馗。凄みのある銀塗装が...横浜モデラーズクラブ合同展示会20193回目

  • フォードGT40製作記 その10 1台完成

    チンタラ進めていたフジミ1/24のフォードGT40の3台同時製作ですが、ようやく1台完成しました。完成したのは1968年のル・マン24H耐久レースで優勝したゼッケン9ガルフブルーのMk.Ⅰです。※因みに、1966年~69年までフォードGTがル・マン4連覇を達成してから今年で50年になります。そんなこともあって、GT40を作っています。完全素組みですが、オレンジのストライプとゼッケンの白丸は塗装です。ガルフブルーはクレオスの5番ブルーと白を混ぜて、赤をほんの少し加えて調色しました。ボディの仕上げはボディカラー塗装後、デカールを貼り、クレオスのGX100スーパークリアⅢを砂吹き含めて5回ほど吹きました。最後はシャブシャブに薄めたクリアを垂れる寸前のドバ吹きで艶を出しました。数日乾燥後、コンパウンド(仕上げ目)とモデ...フォードGT40製作記その101台完成

  • ファーストマン

    今年は人類初のアポロ11号月面着陸(未だ捏造説が絶えませんが・・・)から50周年ということで、船長のニール・アームストロングを主人公とした映画「ファーストマン」が公開されました。https://firstman.jp/TVに噛り付いてリアルタイムで観た世代としては見逃せない映画ということで早速観てきました。捏造説の影響か、或いは既に歴史上の出来事のひとつになってしまったせいか、客席はガラガラでした。特に有名な俳優が出ている訳ではなく、映像はドキュメンタリータッチをかなり意識したもので、私の年代にはちょっと目が疲れます。映画全体としてはアポロ計画のプロセスを描くことに重点が置かれ、11号の着陸自体を描くことにはあまりウェイトが置かれていません。また、主人公と妻との再会以外は地球への帰還やその後のことも殆ど描かれて...ファーストマン

  • 横浜モデラーズクラブ合同展示会2019 2回目

    レポートの2回目は参加各クラブの出品作品の中から私の好み、つまり印象に残った作品や気になった作品をご紹介いたします。量が多いので2回に分けてご紹介します。尚、クラブ名が間違っているものがあるかも知れませんが、どうか失礼をお許し下さい。また、念のため作者のお名前はニックネーム以外は全て伏せさせて頂きます。キットのメーカー名やスケールなども記録しきれていませんので、確実に判るものだけ記載させて頂きます。【BMCさん】72のヴィクター2作、塗装が素晴らしいです。同じく72のTu-95、大きいですが間延びしていません。凄く味のある作品です。48ランカスターで電動です。スタンドも大変そうです。鳥獣戯画!畳と屏風も秀逸です。美味しそう!勿論粘土やシリコンでフルスクラッチです。【FCMAさん】MA誌などでも有名な長谷川迷人さ...横浜モデラーズクラブ合同展示会20192回目

  • フォードGT40製作記 その9

    フジミ1/24のフォードGT40の3台同時製作のうち、68年ル・マン優勝のMk.Ⅰが少し進みました。前回迄でボディのクリア吹きが終わりましたので、完全乾燥後、コンパウンド(タミヤの仕上げ目)で磨いて、更にモデリングワックスでコーティングしました。ほぼ満足のいく艶になりました。いよいよ、シャシーにボディを取り付けます。マスキングテープで抑えて、接着剤の乾燥を待ちます。この後、クリアパーツと小物を取り付ければ完成です。フジミ模型1/24リアルスポーツカーシリーズNo.32フォードGT40Mk-II'66ル・マン2位プラモデルクリエーター情報なしフジミ模型(FUJIMI)フォードGT40製作記その9

  • 横浜モデラーズクラブ合同展示会2019 1回目

    UAMC開催年以外、毎年横浜で開催されている「横浜モデラーズクラブ合同展示会2019」に参加してきました。私は2016年に初参加して、今回で3回目の参加になります。http://kym-hama.wixsite.com/yokohamamodelers※小さなサムネイル写真はクリックすると大きくなります。1日目の朝、会場へ向かう途中で撮った写真です。気持ちの良い晴天です。ランドマークタワーの根元の左側に見えるマストは日本丸です。会場となったワールドポーターズです。このショッピングセンターの6階が会場です。奥に見える低い屋根は赤レンガ倉庫です。会場入り口のポスターです。会場入口の様子。会場のほぼ全景です。初日の会場の様子です。ご覧の通りの大盛況です。今年も横浜モデラーズクラブ合同展示会限定の「昭和ワンダバ倶楽部」...横浜モデラーズクラブ合同展示会20191回目

  • 珍キット衝動買い

    2週間ほど前にプラモデル倶楽部の新年会で久し振りに秋葉原へ行きました。電飾用のパーツを色々と買い込んで、ラジオ会館のボークスを覗いてみたら、面白い物を見つけてしまいました。造形村が水木プロから版権を買って作ったらしき鬼太郎とねずみ男のプラモデルキットです。スケールは書かれていませんが、大凡1/30くらいでしょうか?ボール紙の箱ではなく、透明ポリのパウチ容器に入っていて、それぞれランナー1枚で、900円です。これは面白そう!ってなもんで、思わず衝動買いしてしまいました。箱絵はイラストではなく、完成品(作例)写真です。ちゃんと水木プロの著作権マークが入っています。中身です。先ずは鬼太郎から。目玉おやじと一緒に妖怪ポストに寄りかかって座っている場面のジオラマ仕立てになっています。成型色はグレー一色でデカールも付いてい...珍キット衝動買い

  • フォードGT40製作記 その8

    このところ珍しく仕事が忙しくてプラモデル製作が止まっていましたが、昨日はちょっとだけ進みました。GT40Mk.Ⅰの68年優勝車の製作の続きです。前回までで、基本塗装とデカール貼り迄終わっていましたので、クリア吹きです。クレオスGX100スーパークリアⅢを使用しました。最初はデカール保護のために砂吹きを2度行い、その後、少し多めに1回。これでデカールは十分保護されます。3回目から本格的に吹きます。最後はレベリング薄め液でシャブシャブに薄めたものを垂れる寸前までドバ吹きして乾燥させます。写真がその状態です。これで数日間完全乾燥させたら、コンパウンドで磨きます。今回はここまでです。今日と明日は横浜モデラーズクラブ合同作品展に参加してきます。濃厚な2日間になりそうです。フジミ1/24フォードGT40マーク21966年ル...フォードGT40製作記その8

  • Grand Funk Railroad

    早くも1年の1/12が終わってしまいました。もうすぐ立春です。インフルエンザが猛威を振るっていますが、皆様お変わりないでしょうか。私の職場でも1/6の率でインフル患者が出ていますが、私は予防接種と節制の効果か、今のところ無事です。さて、映画の話題が続きましたが、久し振りに音楽のお話です。いつもの「勝手情報」で恐縮です。GrandFunkRailroad(スペル間違ってませんね?(笑))同時代の他のロックバンドと比べると評価が低いような気がしますが、昔からお気に入りのバンドです。とにかく「これ以上ない」という位のストレートでシンプルなブルースとハードロックがいいです。ツェッペリンのアメリカ公演の前座で、ツェッペリンを食ってしまったのは有名なお話しです。ごく初期のころはライヴでも3人だけで、マーク・ファーナーがギタ...GrandFunkRailroad