searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

クラキンさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

これまでOCNで作成していたブログをGooブログへ引っ越しました

ブログタイトル
自己満足日記~Kurakinのささやかな道楽三昧~
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kurakin1220
ブログ紹介文
クラキンのささやかな道楽三昧、自己満足の世界の気儘な日記です。 プラモデル、釣り、旅行、グルメ・・
更新頻度(1年)

159回 / 365日(平均3.0回/週)

ブログ村参加:2014/10/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、クラキンさんの読者になりませんか?

ハンドル名
クラキンさん
ブログタイトル
自己満足日記~Kurakinのささやかな道楽三昧~
更新頻度
159回 / 365日(平均3.0回/週)
読者になる
自己満足日記~Kurakinのささやかな道楽三昧~

クラキンさんの新着記事

1件〜30件

  • アオシマ1/50 EF18 製作記 その18

    釣りの後片付けも終わり、昨日は梅雨明けを思わせるような晴天に恵まれましたので、大凡10日ぶりくらいで布団を干しました。お陰様で、夜はサラサラの布団で気持ちよく眠れました。そんな訳で、EF18の製作も再開しました。車体内部のパーツの塗装が終っていましたので、本日はウォシングとドライブラシで立体感と使用感を出す作業からです。グリーンのパーツはMr.ウェザリングカラーのマルチブラックで、ブラックのパーツは同じくマルチグレーでウォシングし、専用薄め液で拭き取って乾燥させた後、クレオスのガンクロームでドライブラシしました。これらのパーツを車体床パーツに接着していきます。パーツの合いは結構良いのでスラスラと進みます。運転席部分です。補助灯の電飾の都合上、コンソール部分は仮組みです。緑の部屋のようなのが抵抗器で、その前の黒い...アオシマ1/50EF18製作記その18

  • イサキ尽くしの夕飯

    4ケ月振りの釣行で、数は少ないものの良型のイサキを釣ることができたので、昨晩はイサキ尽くしの夕飯でした。真向かって左から、青い小鉢はイサキの「なめろう」です。イサキのなめろうは初めて作りましたが、アジよりもサッパリしていて美味です。(これにウニなんか和えたら最高だと思います)その右上はご覧の通りお刺身です。流石に旬だけあって、最高の食味です。わさび醤油で頂きました。その右下は塩焼きです。ふっくらと柔らかく、ほのかな甘みと旨味があって、絶品です!今回の夕飯の中でピカイチです。その右上の小鉢はモズクとほうれん草のサラダ・・・イサキとは関係なし。その右隣は一見ただの味噌汁に見えますが、イサキのアラ汁です。出汁が出て旨いですよ。アラ汁の下はマカロニとキャベツのサラダで、これはイサキとは関係ないですね。最後に写真には写っ...イサキ尽くしの夕飯

  • 4ケ月振りの釣行

    コロナ禍本格化直前の3月上旬に相模湾の五目釣りに行って以来、実に4ケ月振りに釣行しました。場所はいつもの松輪港のお馴染みの船宿です。釣り物は今が旬のイサキ、ポイントは東京湾入口の松輪瀬です。行き帰りは勿論マイカーで、船の上も三密とは無縁でコロナ感染の心配はありません。潮は中潮で、天候は曇りのち晴れ、波は1~1.5mくらいで、南西の風10mちょっとという感じで、ちょっと波が高かったです。5:30出港で20分程でポイントに着いて、開始です。最初の1時間程は殆ど食わず、イヤな感じの出だしでしたが、だんだんと当たり始め、30cmオーバーの良型も上がり始めました。一瞬、入れ食いタイムもありましたが、長続きはしませんでした。11:00頃には更に風、波共に強くなってきたので、予定より2時間近く早く納竿となりました。私の釣果は...4ケ月振りの釣行

  • 今週末は釣りに行けるでしょうか・・・

    コロナ禍以来、自粛していた釣り、そろそろ大丈夫かと思い、先週釣行を計画していましたが、悪天候で今週末に延期しました。ところが、東京都のコロナ感染者が再度増加に転じて連日3桁になり、本日は遂に過去最高の224名になってしまいました。二期目に入った小池都知事も不要不急の都外への移動を自粛するよう要請されていますので、果たしてどうしたものか・・・・。悩んでおりますが、明日の感染者数と土曜日の天候次第で決めようと思います。一応、支度は整えました。行くとすれば剣崎沖のイサキ釣りになりますが、都外への不要不急の移動になりますよね??今週末は釣りに行けるでしょうか・・・

  • アオシマ1/50 EF18 製作記 その17

    今年の夏も痛ましい水害が起こってしまいました。亡くなられた方々のご冥福をお祈りすると共に、被災された方々に心からお見舞い申し上げます。我が家の近所の公園には大きな七夕飾りが飾られていて、自由に短冊を付けられるようになっていますが、やはりコロナ終息を願う短冊が多いです。さて、EF18はノンビリと製作続行です。自作のヘッドライトハウジングにLEDを仕込み、車体とのジョイントの真鍮パイプ(2mm)を取り付けて、LEDのコードを通しました。砲弾型LEDを入れるスペースが無いので、今回はチップLEDにしました。テスト点灯はOKです。運転席のコンソールや計器盤、隔壁の塗り分けと組み立てが終りました。この後、ウォッシングとドライブラシで立体感を出します。車体内部の黒塗装の補器類を塗装しました。これもこの後、ウォッシングとドラ...アオシマ1/50EF18製作記その17

  • オナガの撮影成功

    コロナ禍→在宅勤務→運動不足解消のための仕事前の早朝散歩、という流れで我が家の近所でオナガの営巣地を発見しました。Wikipediaよりオナガ(尾長、Cyanopicacyanus)、スズメ目カラス科オナガ属で、保存状況評価では「低危険種」です。日本では分布を狭めており、1970年代までは本州全土および九州の一部で観察されたが、1980年代以降西日本で繁殖は確認されておらず、留鳥として姿を見ることはなくなった。現在は本州の福井県以東、神奈川県以北で観察されるのみとなっている。わずか10年足らずで西日本の個体群が姿を消した原因はまったくわかっていない。(中略)このように分布域を狭めてはいるが、東日本に残された群の個体数は減少どころか増加の傾向にある。自宅から歩いて5~6分のところにある高さ10m以上の高木が茂る雑...オナガの撮影成功

  • 2020年上期 自己満足道楽の総括

    今年のお正月はまだ平和でしたが、2月に入ってから雲行きが怪しくなり、3月に入ると一気に「コロナ禍」に突入し、全てが一変してしまいました。3月以降はとにかく我慢、忍耐と警戒の日々ですが、段々とWithコロナの新しい生活の仕方も判ってきたので、徐々に活動再開し始めまています。そうは言いましても、私の棲み処である東京都については最近感染者が右肩上がりで、緊急事態宣言下と変わらないような状況になりつつあるので、まだまだ油断はできず、人混みと夜の街は絶対に避けなければなりませんね。近所の散歩や釣り、人混みにならない所への遠出や旅行からお楽しみを再開です。インドアのプラモデル作りや自宅の手入れや庭仕事は全然OKです。それでは、今年の上期の自己満足道楽の総括です。先ずはプラモデルからです。【購入】(積み、又は罪とも言います・...2020年上期自己満足道楽の総括

  • エレール1/72 LEO451ゲット

    ムライ博士さんのブログで秀作キットであることが判ったので、ネットで探していたら、アマゾンにありました!送料、税込みで3000円ちょっとというリーズナブルなお値段だったので、即ポチってしまいました。それが届きました。早速、中身を見てみましたが、非常にシャープなパーツでモールドも綺麗で、いかにもエレール往年の名作という感じです。若干バリが多いのは仕方ないでしょう。主脚カバーが閉状態でエンジンナセルと一体化されているので、飛行姿勢で作るにはうってつけです。乗員のフィギュアが付いていないので、何とかしなければいけませんが、ハセガワ72の旧日本軍の爆撃機乗員のフィギュアにちょっと手を加えて、塗装で誤魔化せば何とかなりそうです。作るのはかなり先になりそうですが、プロペラモーターライズ+電飾の飛行姿勢で作りたいと思います。ム...エレール1/72LEO451ゲット

  • アオシマ1/50 EF18 製作記 その16

    合歓の木が満開です。昨日(6月29日)の東京は未明から夕方まで本格的な雨が降り続きました。九州は連日の大雨で心配ですが、今のところ大きな被害は出ていないようなので一安心です。今日で6月も終わり、明日からは7月、今年も風水害の季節がやってきましたが、Withコロナの中での風水害シーズンなので厄介です。大きな台風が来ないことを祈ります・・・さて、EF18製作記も16回目になりましたが、未だに亀の歩みです。32号車か34号車にするために前後の補助灯の位置と形を変えなくてはなりません。このキットは車体側面のエアフィルターは32・34号車用のエッチングパーツが付いていますが、補助灯はスルーしていますので、自分で改造という事になります。33号車だと提灯のような形で左右の端っこの下の方についていますが、32・34号車はもっと...アオシマ1/50EF18製作記その16

  • 内陸部でイソヒヨドリ?

    先日、仕事帰りに最寄り駅前の街灯の鉄柱の上に留まって囀っている鳥に目が留まりました。この辺りでは見かけない鳥です。最初はヒヨドリかと思いましたが、色や鳴き声が明らかに違います。直ぐに10年ほど前に伊豆旅行した時に観て、写真に収めたイソヒヨドリを思い出しました。↓10年前に撮ったイソヒヨドリの写真です。首から上が青くて、お腹が赤い特徴や細長い嘴、全体の大きさなどがそっくりです。でも、ヒソヒヨドリ(本当はヒヨドリとは別種)は海岸地帯に居る物と思っていたので、別の鳥だと思いましたが、念のためにネットで調べてみると、最近は内陸部にも進出して、Wikipediaによると(「」内は引用)、「日本ではかつては(中略)海岸周辺が主要な生息地域であったが、1980年頃から内陸部の地方都市で繁殖が確認されるようになり、2000年代...内陸部でイソヒヨドリ?

  • アオシマ1/50 EF18 製作記 その15

    東京都は今日も50人以上のコロナ感染者が出てしまい、まだまだ油断できない状況ですが、近所の散歩は三密とは無縁なので安心です。今日は珍しいコシアキトンボに出会いました。紫陽花には熊蜂も来ていました。プラモデル作りもステイホームでできる道楽です。EF18の製作は車体に取り掛かっています整形の終わったパーツにサフを吹きました。パーツ数も多いですし、大きなパーツもあるのでサフの減りが早いです。(笑)車体の床パーツと前後のデッキにもサフを吹きました。EF18の32号車か34号車にする予定なので、車体側面の通気口を縦型のエッチングパーツに交換しました。次回は車体内部パーツの塗装です。青島文化教材社1/50電気機関車シリーズNo.2電気機関車EF18プラモデル組み立て塗装が必要なプラモデル。別途、工具、塗料等が必要。青島文化...アオシマ1/50EF18製作記その15

  • ボチボチ活動開始か

    東京はまだまだコロナ感染者が多くて毎日何十人も出ていますが、全国的にはかなり落ち着いてきました。仕事の方も一時は殆ど在宅勤務だったのが、今週から在宅2:出社3くらいの比率になってきました。ボチボチ道楽も活動開始でしょうか・・・。プラモデル作りと近所のお散歩は問題なしなので、先ずは釣りからです。手始めに剣崎沖のイサキかアジ釣り、その次は新島あたりのシマアジ遠征。8月に入ったら相模湾のキハダマグロです。プラモデルはサークルの例会が7月から再開です。このままの勢いで秋の展示会まで雪崩込めれば良いのですが・・・。9月以降は旅行も再開したいですね。バスや電車はちょっと怖いので、取り敢えずマイカー旅行からですね。感染状況と睨めっこしながら、あくまでも自嘲しつつ・・・ですね。ボチボチ活動開始か

  • アオシマ1/50 EF18 製作記 その14

    昨日は梅雨の中休みでしたが、今日は雨のち曇りというはっきりしないお天気でした。他府県への移動も解禁されて、一気に帰省や行楽に人の移動が始まったようです。これで2~3週間後に感染者が急増しなければ良いのですが、ちょっと心配です。そんな訳で、私は後2~3週間様子を見て、大丈夫そうなら少しづつお出掛けしようかな・・・と思っています。釣りや日帰り温泉にも行きたいです。そう言えば、東京では任期満了に伴う都知事選挙が始まりましたが、事実上の小池知事の信任選挙なので、投票に行くかどうか微妙です。さて、EF18の製作も14回目になり、ようやく車体の製作に取り掛かっています。湿度が高いので塗装は後回しにして、パーツの成形(バリ取り、パーティングライン取りなどなど・・・)と、塗装前に組み立てるべきパーツの組み立てです。先ず、車体内...アオシマ1/50EF18製作記その14

  • アオシマ1/50 EF18 製作記 その13

    関東甲信地方も先週の木曜日に梅雨入りしました。昨日も今日も、ずっと雨です。梅雨と言えば、やっぱり紫陽花ですね。我が家の近所でも真っ盛りで綺麗です。さて、EF18の製作は13回目にしてようやく台車部分が完成しました。前回でほぼ完成か・・・と思いましたが、意外と細かいパーツが沢山残っていて(砂袋、ブレーキ、ロッドなど)、これらの取付に手こづりました。写真で見ると前回と何も変わっていないようにしか見えませんね。(-_-;)それにしても、写真で見るとバリの取り忘れがアチコチに残っています。台車が完成したので、次の「車体内部」の製作に取り掛かりました。いつものように、パーツをランナーから切り離して、盛大なバリやパーティングラインを取って本来の形に成形し、組み立てられる部分は組み立てていきます。ヘッドライト、スモールライト...アオシマ1/50EF18製作記その13

  • アオシマ1/50 EF18 製作記 その12

    長い間続いた在宅勤務ですが、休み明けの明日からは在宅勤務と出社が半々になります。都心へ出社する日は朝の7:30~16:00までの時差勤務で通勤混雑を避けるようにします。更に往復共に私鉄利用区間(約40km)はガラ空きの全席指定の通勤ライナーを使い、片道約3.5kmのJR区間は徒歩にすることにより、三密を回避します。但し、先日から東京の感染者数が増加傾向になり、東京アラートが発令されている状況なので、まだまだ先行き不透明です。更に先日は三浦半島から横浜に掛けて異臭騒ぎがありましたが、未だ原因不明です。(私の自宅のあたりでも一瞬異臭がしました)硫化水素のような匂いだったので、素人の私は最近の地震多発と結び付けて考えてしまいます。あぁ~~くわばらくわばら・・・何事もおきませんように・・・。そう言えば、調布市にある神代...アオシマ1/50EF18製作記その12

  • アオシマ1/50 EF18 製作記 その11

    コロナはまだまだ終息の気配はありませんし、アメリカはWHO脱退や暴動、日本はそこらじゅうで地震・・・なんだか世界中どこを見ても不穏なことばかりで、ちょっと憂鬱になってしまいます。まだまだ釣りにも旅行にも温泉にも行ける状況、気分ではありませんし、サークルの例会も毎月中止続き・・・こちらも八方塞がりみたいな感じです。そんな中、プラモデル作りとご近所のウォーキングだけが楽しみな状態です。でも、緊急事態宣言解除を受けて、来週からは在宅勤務も少し減りますし、日帰り温泉や都営植物園も再開ということで、少しづつ「普通の暮らし」に戻り始めそうです。もう少し我慢すれば、釣りにも行けそうな気もしますが、果たしてどうなりますやら・・・。昨日の近所のウォーキングでのスナップから。ようやくスイレンが咲きました。紫陽花も咲き始めて、キリギ...アオシマ1/50EF18製作記その11

  • アオシマ1/50 EF18 製作記 その10

    EF18の製作記が早くも10回目になってしまいましたが、未だに台車すら形になっていないという超スローペース(-_-;)どこかの国のマスクの配布みたいです・・・。錆止めもどきのブラウンで全塗装した台車フレームにいよいよ黒を塗ります。まず最初は、ブラック+ホワイト少々+僅かに銀という、殆ど黒に近いブレンド色を斜め下方からエアブラシで吹きます。エア量を絞って、ニードルも絞って、少しづつ吹いていきます。写真は斜め下方向から見たところです。上から見ると、殆ど茶色のままです。次にMrカラー339番のエンジングレーを斜め上方から同じような要領で吹きました。これではちょっと明る過ぎるので、この後、ジャーマングレーをマダラに吹いていく予定です。最後に、一番最初に吹いた黒に近いブレンド色を遠目から全体に吹く予定です。何だかとっても...アオシマ1/50EF18製作記その10

  • アオシマ1/50 EF18 製作記 その9

    残っていた首都圏の4都県と北海道の緊急事態宣言が解除されますが、今日も在宅勤務でした。今週一杯は在宅が続きそうです。なので、今朝も近所をウォーキングで、近所の公園で今では珍しくなった野生のメダカを見つけました。(スマホの写真なので画質悪いです)タテハ蝶の一種でコミスジという蝶々にも出会いました。EF18の製作記も9回目になりましたが、ようやく台車の塗装に掛かりました。まず、インストをよぉ~~く見て、どこまでなら組み立てて大丈夫かを確かめながら、組み立てられるところは塗装前に組み立てて接着してしまいます。その上で下地としてMrカラー7番のブラウンで塗装しました。錆止めのつもりです・・・(笑)写真に写っているのは主要パーツだけで、これ以外にも細々したパーツが沢山あります。動輪台車のフレームです。向かって左の方が中央...アオシマ1/50EF18製作記その9

  • アオシマ1/50 EF18 製作記 その8

    今日は久々に気持ちの良い快晴に恵まれましたので、拡張工事の終わった町田市立薬師池公園へ久し振りで行ってきました。とても空いていて、三密とは無縁の散策を楽しむことが出来ました。珍しいユキノシタが咲いていました。菖蒲も咲き始めています。正確な名前は判りませんが小さなカエルが恋を成就していました。この写真のどこに居るか、見つけて下さい。スッポンも優雅に泳いでいます。ジャノメ蝶です。保護色ですねぇ。池にはカイツブリも居ました。カワセミも見かけましたが写真には撮れませんでした。前置きが長くなってしまいましたが、EF18の製作の続きです。ようやく台車周りの塗装と組み立てを開始しました。先ずは、寸足らずの先導輪のシャフトの延長です。シャフトをほぼ中央で切断し、1mm厚のプラ板を挟んで再度接着して延長しました。写真の一番手前が...アオシマ1/50EF18製作記その8

  • アオシマ1/50 EF18 製作記 その7

    EF18の製作記も7回目というのに、未だに台車も組み立てられていません。本当に亀の歩みですね。台車を組み立てる前に必須となる「軌道」(兼、展示台)がようやく完成しました。・・・と言いましても、表面だけで、電飾用の電源は全く手付かずですから、本当の意味の完成ではありません。前回との違いは、以下の3点だけです。・軌道部分の側面をダークアースで塗装したこと。・展示台部分をブラックで塗装し、クリアコーティングしたこと。・線路を接着したこと。写真の車輪は仮組みで、大きい方が動輪で、小さい方が先導輪です。動輪は線路幅とピッタリです。先導輪は線路幅よりもちょっと幅が狭いので、調整が必要です。EF15×EF58(イカロス・ムック機関車ハンドブック)松尾よしたかイカロス出版アオシマ1/50EF18製作記その7

  • アオシマ1/50 EF18 製作記 その6

    今日は雨上がりの気持ちの良い晴天だったので、朝から家内と一緒に近所をウォーキングしました。珍しい花や蝶々を見つけました。蝶々は、名前が正しいかどうか100%自信はありませんが、多分「アカホシゴマダラ」だと思います。だとすると「準絶滅危惧種」なので貴重です。花は「ガンゼキラン」だと思います。これは絶滅危惧Ⅱ類で環境省のレッドリストに載っている種で、本当なら東京の多摩地区には無い筈の花ではないかと思います。私の見立てが正しければ「超!レア」です。😲もうひとつは、特に珍しくはありませんがホオノキの花です。とても大きな花です。さてさて、午後からはEF18の製作の続きです。整形の終わった展示台と軌道を塗装前に合体、接着しました。イモ付けなので、塗装前に接着しないと頑丈に付かないと思いました。サフをやや厚めに吹いてから、先...アオシマ1/50EF18製作記その6

  • アオシマ1/50 EF18 製作記 その5

    殆どの県の緊急事態宣言が解除されましたが、東京は未だ緊急事態宣言下のままです。世の中、一気に自粛緩和ムードで経済面では一時的に良い方向へ向かうかも知れませんが、再度感染拡大→医療崩壊ということにならないかどうか心配でもあります。ワクチンと特効薬の開発、承認が待ち遠しいですね。私は今週月曜日に32日振りで都心の勤め先に1日だけ出社しましたが、その後、再度在宅勤務に戻っていて、暫くは在宅が続きます。さて、EF18の製作、亀の歩みで続けています。台車周りの塗装と組み立てに掛かろうと思っていましたが、その前に台車を乗せる「軌道」を作っておかないと色々な調整が出来ないことが判り、予定変更です。(段取りが悪いですね・・・(-_-;))一番下の展示台の全長が約50cmもあるので、2分割パーツを繋げる作りになっています。パーツ...アオシマ1/50EF18製作記その5

  • アオシマ1/50 EF18 製作記 その4

    先ずは台車周りのパーツの切り出しと整形が終わったので、一旦、塗装に取り掛かります。車輪からです。色々考えた結果、新しいやり方に挑戦しました。先にサフ、下地黒無しで直にクレオスのメッキシルバーネクストを外周部分に吹きます。線路と接触する部分だけを残して他の部分に艶消し黒を吹くために、ボール紙を丸くくり抜いたマスキング用プレートを作ります。ここにシルバー塗装の終わった車輪を写真のように嵌めます。この状態で艶消し黒(白と赤を若干混ぜて調色したもの)を吹きます。出来上がりはこうなります。同じ方法で全部塗り終わりました。大成功です。台車周りの他のパーツにも全てサフを吹きました。次回は台車周りの本格的な塗装です。アオシマ1/50EF18製作記その4

  • アオシマ1/50 EF18 製作記 その3

    EF18の製作続行です。相変わらず、パーツの切り出しと整形、組み立てを進めています。今回は車輪です。動輪が12個と先導輪が8個、合計20個の車輪を、各2個のパーツを組み立てて作っていきます。ゲートが多いですし、バリやパーティングラインも多いので整形に時間が掛かります。車輪の裏側に押出ピン跡がかなり盛大にありますが、数も多いですし、完成してしまえばまず見えない所なのでパテ埋めせずに進めます。(見えない所は手を抜く・・・私流の作り方です(笑))動輪です。下半分が組み立て前です。輪になっているのが外周部分で元々はメッキパーツでしたが、メッキを剥がしました。この外周パーツにスポーク部分をはめて接着します。組み上がったのが上の5個です。先導輪も同じように整形→組み立てを繰り返します。動輪と先導輪のシャフトです。これもパー...アオシマ1/50EF18製作記その3

  • 近況

    世界中が新型コロナと戦っている中、皆様は如何お過ごしでしょうか。感染され、治療中の方には心からお見舞い申し上げますと共に、一日も早い御快癒をお祈りいたします。また、不幸にもお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。私の近況を少し。お陰様で感染の兆候もなく、至って健康に過ごしております。4月8日から休暇を挟んで続いていた在宅勤務が昨日でようやく中断となりました。週明けの11日は32日振りに電車に乗って都心の勤め先に出勤します。土日や祭日を挟んで通算15日間の在宅勤務になりました。32日間も職場へ行かないのは社会人になってから初めての事です。入院した時ももっと短かったですから・・・。でも、火曜日からは再び在宅勤務に戻ります。32日間で出掛けたのは近所のスーパーやホームセンター等への買い物とウォーキングだけ...近況

  • アオシマ1/50 EF18 製作記 その2 

    最後に都心の勤め先へ通勤したのが4月8日で、それ以来電車にもバスにも乗らず、近所のウォーキングと食料品の買い物以外は「お籠り」生活を続けています。仕事は全てテレワークです。こんな生活も、もうすぐ1ケ月になります。そろそろ、この生活が「普通」になりつつあって、毎日のように通勤電車に乗って片道1時間以上かけて都心まで通っていたのは、何だったんだろう??65歳雇止めを目前にして貴重な経験をさせて頂いています。ステイホーム→エンジョイホーム→エンジョイファミリー→エンジョイ初夏の自然・・・という感じで、この生活を楽しむのも良いでしょう。それが世の中のためにもなる訳ですから。そんな訳で、プラモデル製作が少しづつ進んでいます。アオシマ1/50のEF18の製作が始まりました。インストの手順に沿って、台車周りから始めます。台車...アオシマ1/50EF18製作記その2

  • 最高の在宅ワーク

    世の中がコロナ禍で殺気立っている中で、著名なアーティストやアスリート達がネットを駆使した様々な取り組み、アピールを行っていますが、その中でも超豪華な「在宅ワーク」(笑)。皆さん、普段は絶対に観られないご自宅でのリラックスパフォーマンスが最高に良いです。中でもローリング・ストーンズ、最高選曲もいいです。”YouCan'tAlwaysGetWhatYouWant"いつも欲しいものが手に入れられるわけじゃないよ、今は我慢だよ・・・是非、一度ご覧ください。https://www.arban-mag.com/article/54320アフターコロナはこういう事が普通になるかも知れませんね。最高の在宅ワーク

  • アオシマ1/50 EF18 製作開始

    旧日本軍機を4連発で作った後、日本丸に戻ろうと思ったのですが、いつもの浮気癖が出て、他に何か作りたくなってしまいました。ハセガワ72の九六陸攻に手を出し掛けたのですが、「また日本軍機じゃ面白くないなぁ・・・」と思い留まりました。来年の静岡(多分開催できるでしょう!)は「スケルトン」というテーマでの出品計画もあるので、内部が作り込まれているキットにしました。アオシマ1/50のEF18です。旧オオタキのキットをアオシマが引き継いで、何度か再販していますが、エッチングパーツ付きで再販した物を8年前に購入しました。同じころに母体となったEF58も購入しています。元々のキットがかなり古いので、金型も多少荒れてきてバリやキズが多くなっていますが、まだ十分に製作に耐えられるレベルのようです。この機関車は私が子供の頃、国鉄時代...アオシマ1/50EF18製作開始

  • ちょっと不思議な事

    船釣りが趣味なので、定期的に船宿のHPをチェックしていますが、ちょっと不思議な現象が起きています。新型コロナ緊急事態宣言への対応が神奈川県と静岡県、千葉県の船宿で大きく違っています。勿論全ての船宿HPを確認した訳ではなく、私がブックマークしている船宿だけのお話ですが、静岡県(伊豆、駿河湾周辺)の船宿は軒並み5月6日まで営業自粛で「休業」です。千葉県(外房)では船宿によって色々という感じです。一方、神奈川(相模湾、東京湾周辺)は通常通りの営業継続です。勿論、神奈川の船宿でも三密防止のために対策をHPでPRしているところもありますが、そういうPRは全くない所もあります。神奈川については湘南地区の休日の人出が問題になり、黒岩知事が「湘南には来ないでください!」と記者会見で強くアピールした事がマスコミでも大きく取り上げ...ちょっと不思議な事

  • 隼&鍾馗 製作記 その5

    新型コロナ禍に影響で在宅勤務が拡大する中、オジンで重篤化リスクが高いと判断された私は、遂に100%在宅勤務になってしまいました。お陰で、16日間、電車に乗っていません。このままだと、少なくとも28日間電車離れになりそうです。近所のスーパーと早朝ウォ-キング以外は完全お籠り状態です。それにしても、昨日の岡江久美子さんご逝去のニュースはショックでした。私の家内と同い年なので、他人事とは思えません。本当に怖いですね。心からご冥福をお祈りいたします。そんな中、一式戦隼と二式戦鍾馗の同時製作を進めていましたが、めでたく完成いたしました。プロペラ電動以外は、完全素組みです。どちらもハセガワ1/72で、隼がちょっと古くて動翼以外は凸モールド、鍾馗はちょっと新し目で全て凹モールドで、どちらも再販版です。共にパーツ精度は良好で、...隼&鍾馗製作記その5

カテゴリー一覧
商用