chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
猫の腎不全とおつきあい https://blog.kcat.work/20190104_recommended/

2匹(一時は4匹)の愛猫達の、腎不全(慢性腎臓病)、甲状腺機能亢進症、脳腫瘍、口内炎、猫エイズなどの闘病記録です。体調、薬、療法食、サプリ、治療内容等について。備忘録をかねて詳細につづっています。フードやグッズ類の試用レポ多数。

愛猫クロが慢性腎臓病になり闘病生活がスタートしました。近年は甲状腺機能亢進症も併発しています。さらに同居猫シロの腎臓病、チョビの脳腫瘍、保護猫フク(猫エイズ、腎不全、口内炎)の闘病・介護記録も。どこまでがんばってくれるかは、猫達の体力と私のお世話次第。病気の経過、症状改善に役立ちそうなアイテム、フードなどを全て記録に残しています。

フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2014/07/27

1件〜100件

  • 【猫におすすめのビタミンB群サプリメント3選】

    今回は、前回に引き続きビタミンBについてです。猫にオススメのビタミンBサプリメントの具体例をいくつかご紹介します。基本的にどれも粉末なので、猫に使う場合は小さいカプセルなどへ移し替えが必要になるかもしれません。また、ビタミンBは水分を吸いやすく酸化もしやすいので、開封後の保管には十分注意してください。

  • 【ビタミンBが猫の腎臓病にどう作用するのか調べてみた】

    セールで新しいビタミンBサプリを購入したら、なんと成分にアロエが…(アロエは猫に禁忌)。結局アロエ入りの物は使用を中止。元のものに戻しました。そんなことがありまして、これまでずっとなんとなくで使っていたビタミンBでしたが、この機会に改めてちゃんと勉強しようと思います。

  • 【嘔吐頻発でファモチジンを追加~クロの血液検査】

    前回の検査時は体重減少に悩んでいました。その後いくつかの対策が功を奏し、何とか維持しつつ現在に至ります。途中猫風邪の発症もありましたがそちらも無事完治。最近は安定してるなと思いつつ定期検査の予約を入れた途端、なぜか嘔吐を連発…😭

  • 【2021年12月の猫医療費+2021年の年間猫医療費】

    前回8月分の猫医療費を公開したばかりですが、忘れないうちに昨年末の分を。今回は2021年12月分の猫医療費と、年間医療費の合計となります。一昨年2020年はチョビの闘病とクロの甲状腺発症があり、結構な額になりました。では翌2021年は減ったのかというと……結果的には大差ない感じです。すでに2匹とも高齢なので、今後増えることはあっても減ることはないのでしょうね。

  • 【2022年8月の猫医療費:まったり低空飛行の2匹】

    しばらく猫医療費をまとめていませんでした。なんと年末から全くの手つかず。とりあえず把握できている今月分だけを、まずは先行公開です。8月はまだあと数日ありますが、恐らくもう今月は猫達の通院もないと思いますので、ちょっと早いけど総括しちゃいます。

  • 【猫たちの近況~2022年8月】

    お盆休みも終わり、いつもの日常が戻ってきました。相変わらず暑いですが、うちの辺りはここ数日、朝晩多少過ごしやすくなっています。このまま秋になってくれるといいなぁと願いつつ、今回は猫たちの近況です。

  • 【シロも猫風邪?腎臓・肝臓は高値安定~シロの血液検査】

    しばらく前からシロにも鼻水が出始めました。クロの猫風邪とちょっと症状が似ているし、これは移したかも。結局1週間以上たっても良くならず、鼻の穴も腫れてきたので、診察を予約しました。ついでにしばらくやっていない血液検査もお願い。今回はそのご報告です。

  • 【2匹で試食・CIAO for AIM ちゅーる 腎臓の健康維持に配慮 アミノ酸S18ちゅ~るタイプ】

    この6月、AmazonでAIMちゅーるが先行発売されたので試食レポをまとめてみました。AIM配合フードが苦手な猫さんでも、ちゅーるが好きならこれで恩恵に預かれますね。現在入手できるのは「for AIM」単独製品と、腎臓配慮ちゅーるとのセット製品の2パターン。今回私が購入したのは単独製品になります。

  • 【2匹でお試し・投薬用ちゅーる&ちゅーるポケット(動物病院専用)】

    動物病院で投薬補助剤を2種類入手しましたので、今回はその使用レポです。ひとつはゼリータイプの「投薬用ちゅーる」。もうひとつは半生固形タイプの「ちゅーるポケット」です。どちらも動物病院専用らしく、基本的に市販はしていないようでした。こういった便利グッズで、猫も人もストレスなく闘病生活がおくれるようになると良いですね。

  • 【おかげさまでクロの鼻水はおさまりました!+近況】

    前回クロの鼻水について書きましたが、薬で無事治まりました!かなりしつこく続いていたくしゃみも5~6日目くらいにはほぼ消失。仮に腫瘍であれば、持病や体調の関係で精密検査も積極治療もできません。今回は猫風邪(または歯周病)由来の鼻水だったようで胸をなでおろしました。ご心配いただきありがとうございました。

  • 【とつぜん出始めた鼻水~診察待ちの辛い日々】

    ある日突然、クロに謎の鼻水が出始めました。一時的なものかと少し様子をみたものの結局良くならず……。すぐにでも診察を受けたかったのですが、その時点で私の濃厚接触者認定(新型コロナ)という問題が発生。いつ診察に連れて行けるのか全く予定がたたなくなってしまいました。

  • 【ちょっと京都にいってきました(2022)】

    しばらく更新お休みしてしまいすみません。突発的に京都へ行って参りました。ほかに書きたいことも色々あるのですが、とりあえず今回は旅の備忘録です。猫情報はほとんどないのでお時間のある方のみどうぞ。

  • 【ステロイド減薬は厳しいか/シロは食欲がダウン】

    前回先生にステロイドを減らすことを提案されましたが…やっぱり食べないですね。これはもう諦めて、毎日のステロイドに戻したほうがいいのかな。一方シロは、日曜からあまり食欲がありません。それでも父は「もう少し様子をみる」と言っています。

  • 【尿検査でステロイドの影響を確認~ステロイド減薬へ】

    前回の病院で尿検査を指示されたのですが、忙しかったためおしっこのチャンスを逃してばかり…。ようやく採尿できたのは前回のお薬が終わるまさにその日の朝でした。尿検査の結果を見ながら、今後の薬についても先生と相談してきました。

  • 【2022年6月現在の殿堂入り愛用品まとめ】

    今回は長年あれこれ使ってきて定番化した製品の最新版をまとめました。8年もブログやってるとけっこうな量のサプリやらフードやら試してますね。それでも残ったのはこれだけというのはちょっと感慨深いです。

  • 【食欲不振への対応・その後~体調をみながら薬の微調整中】

    まだ5月だというのに、日曜日は室内も31度超え……とくにクロはすでにかなり高齢なので、例年暑さ対策には気を使いますね。心配していたクロの食欲低下ですが…とりあえず出されたお薬の効きめがある間はよく食べてました。体重もほぼ以前とおなじレベルま

  • 【2匹で試食・ベッツワンベテリナリー腎臓ケア チキン)】

    クロの食欲と体重低下が進み何度目かのフードジプシーをしてました。その時注文したこちらのフードが好評だったのでまとめておきます。今回試したのは100gの小袋タイプ。この量だと万一食べてくれなくても痛手は少ないでね。ただ、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)や保存料(ソルビン酸カリウム)が天然由来でないのはちょっと気になります。

  • 【食欲減退でステロイドとレメロン増量+胃薬追加~クロの血液検査】

    4月後半からクロの食欲低下に拍車がかかり、じわじわと体重減少が進んでいきました。次回の薬をもらいに行くまで放置すると体重がさらに減りそうです。どうすべきか迷いかかりつけの先生に電話で相談。その結果、5月末予定だった血液検査を少し早め、出た結果を見ながら対策を考えることなりました。

  • 【クロの食欲がふたたび減退、体重も減少中】

    最近はそれなりに安定していたクロですが、ここ数日食欲低下がとまりません。年齢を考えると食べる量が減っていくのは仕方ないことかもしれませんが、急激な体重減少は腎臓にダメージを与えます。どう対応していくのが良いのか、一度かかりつけで先生と相談する必要がありそうです。

  • 【猫たちの近況と、シロの治療方針その後】

    先週とりあえず父抜きで、シロのかかりつけ病院へ今後の治療方針等を相談しに行きました。父の「治療費を抑えたい」という意向に看護士さんからいただいた提案は、ラプロス中止+フォルテコール継続。動物病院によってはラプロス否定派の先生もいらっしゃるので、ラプロスを使わないという選択肢もありだということでした。

  • 【シロの治療方針について、父とケンカしたこと】

    2週間ぶりの更新となりました。おひさしぶりです。みなさまの猫さんにおかれましては、おかわりありませんでしょうか。私はとりあえず、目先の締め切りはほぼ乗り越えました。(小さいのは来月にむけてまだちらほらあります)ここしばらくの猫たちの状況クロ

  • 【肝臓・腎臓ともに数値が悪化~シロの血液検査】

    今回は四か月ぶりになるシロの血液検査の報告です。結論からいえば、肝臓も腎臓も数値が悪化。新たにアンチノールを始めることになりました。前回検査から、お世話の内容自体はあまり変わっていません。ただ一月後半から私が忙しくなってしまい、少々手ぬきになっていたのも悪化の一要因かもしれません。

  • 【腎萎縮・腎のう胞がエコーとレントゲンで発覚~クロの血液検査】

    前回の通院は昨年11月なので、3か月ぶりの血液検査です。今回のエコーやレントゲンでは腎萎縮+腎のう胞ありとi言われてしまい…。普段の様子はあまり変わらないようでも、体の中では少しずつ進行していたんですね。あとどれくらい一緒に、穏やかな時間が過ごせるのかな。

  • 【食欲低下時の、食欲増進剤(レメロン)の間隔について病院で相談】

    体重が増えて喜んだのも束の間、薬を元に戻したらクロの食欲もまたじわりと低下。病院で薬をもらうついでに改めて、食欲低下時の対応の相談をしてきました。今回のケースでは毎日のレメロンで体重が戻ったので、その方法でまだ何とかなることは確認済み。それでダメならステロイドも増量かと思いましたが、そちらは大丈夫そうです。

  • 【外泊後のクロの食欲減退と体重減少~復活までの過程メモ】

    先日から何となくクロの食事量が減り、食べても吐くことが増えました。体重は4kgを切るのも目前。そのうち戻るかとのんびり構えていた私もさすがに焦りはじめ、体重増量計画を開始しました。ここ数日はようやく元のレベルにまで戻ってきたので、念のため今回の過程などメモしておきます。

  • 【皮下輸液(点滴)のコツなどまとめ:2022年版】

    先日SNSにクロの最近の点滴の様子をアップしたのですが、案外反響がありまして…(点滴やるよと呼びかけると、自分からベッドにきて待ってる件です。)インスタのほうでは「コツが知りたい」というコメントまでいただきました。...

  • 【2022年が始まりました~ごあいさつがてらの近況など】

    年も明け、本日すでに10日目です。新年早々更新が遅れまくりましたが、本年もよろしくお願いいたします。この春が迎えられればクロも19歳。クロもシロも病気を抱え、何かと綱渡りの日々ですが……一日一日、一緒に過ごす時間を大切にしていけたらと思います。

  • 【2021年もありがとうございました~今年をふりかえる】

    慌ただしい空気漂う年末、皆様いかがお過ごしでしょうか。今回は今年一年の猫達を振り返り、新年に向けてのご挨拶とさせていただきます。(我が家は今だ大掃除全く手付かずで、いつものように猫がそこここ走り回ってます)

  • 【2021年10月・11月の猫医療費:2匹で腎臓と肝臓の検査】

    今回は10~11月分の猫医療費のまとめです。シロは10月、久しぶりに一通りの血液検査。クロは11月に、甲状腺と腎臓・肝臓中心で血液検査がありました。2匹とも現在は小康状態となっております。直近の懸念材料は年始旅行時の病院預かり。元日はその準備で終わりそうです。

  • 【猫たちの近況と年始の予定(パニック不可避)】

    私の多忙中もクロの体調は安定しており、とても助かりました。シロは体重減少が心配でしたが、食欲はあるのですぐ戻せそうです。年始は妹一家から温泉旅行のお誘いが。例年私は猫の世話で残りますが、今回ばかりは参加です。これを逃すともう姪っ子達と一緒の旅行なんてないかもしれないので。猫たちのストレスを考えると苦渋の選択ですが、病院で1泊預かりしてもらいます。

  • 【数値異常の肝臓は様子見に~シロの血液検査】

    前回の検査で肝臓の数値が高くでてしまい、一か月後の再検査を言い渡されたシロです。私の多忙で後ろにずれこんでしまいましたが、本日再検査となりました。この前から「やせないよう気を付けて」とシロ担当の父には言っていたのですが…結果的には前回よりもさらに体重が減少。一方で肝臓はさらに悪化することもなく、小康状態でした。

  • 【いいぐあいに体調安定中(とてもありがたい)~クロの血液検査】

    今回は3ヶ月ぶりにおこなった血液検査のご報告。前回から時間もたっているので甲状腺も含め一通りのチェックをお願いしました。腎臓関係は前回よりちょっと高めですが、それなりに維持と考えて良さそうです。肝臓もまあまあ現状維持。甲状腺も基準値内。おおむね変化なしということで、先生からも特に指示はありませんでした。

  • 【ふたたびの近況報告(猫たちは元気ですが世話係はメゲそう)】

    最近こればかりで申し訳ないのですが今回も猫たち(+α)の近況報告です。ちょっと仕事がのっぴきならない状況で、来月までまたしばらくこんな感じかも。クロは体重・食欲とも現状維持でがんばってます。シロは肝臓のその後が気になりますが、来月の検査までは様子見予定。

  • 【肝臓の数値が異常に上昇~シロの血液検査】

    金銭的な理由でシロの通院を渋る父を説得し、4カ月ぶりの血液検査へ。結果からいえば肝臓に数値の異常が見つかってしまいました。せめて前回(夏)の通院時に今回並みの検査をしておくべきだったと反省。この年齢と体調であれば、最低でも年1回は一通りの検査が必要ですね。

  • 【検査のはざまで特筆事項なし…(近況報告など)】

    再び人間のほうがゴタゴタしてきました。新しいフード探しなどもしたいしたいと思いつつできないまま。猫達の検査や通院もこの週末以降の予定なので、ちょうど今は書くことがない状態です。とりあえず今回は、猫達の近況報告などを。

  • 【今年も猫の冬支度をスタート~飲み水保温とこたつ生活】

    猫達は突然やってきた朝晩の冷え込みに右往左往。我が家でも少しずつ冬支度を開始しました。こたつを出したとたんクロは吸い込まれるように入っていきました…。さらに寒くなってくるとどうしても飲水量が減るので、猫たちの水入れには今年も保温グッズをセットしています。

  • 【2021年7月・8月・9月の猫医療費:クロの食欲不振に悩まされる】

    今回は7月~9月の猫医療費をまとめました。クロの7月は引き続き食欲不振治療。8月に方針が決定し9月に安定化しましたが、治療が定まるまではけっこう費用がかさみました。シロは7月から9月まで継続して安定です。

  • 【近況報告:モデム交換待機中(まともにネットできません)】

    ツイッターやインスタを見ている方は既にご存じかもしれませんが、我が家では現在PCがネットに繋がっておりません。2週連続で更新お休みするのも悲しいので、今回は裏技使ってます。なんと、スマホをデスクトップPCに繋げてテザリング!こんなことができるなんて私も知りませんでした。先日詳しく教えて頂いたので、何とかその方法でやってみました。

  • 【2匹で試食・ピュリナ ベテリナリーダイエット(NF腎臓ケア中期)ウェット※獣医師専用・猫用療法食】

    先日たまたまネットで、以前試したピュリナの療法食シリーズからウェットが出ていることを知りました。(以前はドライしかなかった。)病院で取り寄せ可能か聞くとたまたま在庫があったので即購入。今回はその試食レポとなります。結論からいうと、嗜好性が高くかなり好評なフードでした!

  • 【2021年6月の猫医療費:クロの甲状腺悪化と食欲低下】

    今回は6月にかかった猫医療費のまとめです。6月はクロの甲状腺が再び不安定になりました。薬を増やした結果、食欲まで低下するという悪循環…。通院の回数に比例して医療費も増えてます。当のクロは、食欲不振と薬の相次ぐ変更でぼんやり気味ではありましたが、そこそこふだん通りに過ごしていました。

  • 【ようやく体調安定か~シロの血液検査】

    シロの前回の血液検査をまだまとめていませんでした。今回は6月分の公開となります。最近のシロはまあまあ体調も落ち着いているようで嬉しい限りです。このまま異変がなければ、次回検査は9月以降にするとのことでした。(父談)

  • 【腎臓・肝臓へのステロイドの影響をチェック~クロの血液検査】

    今回は二ヵ月ぶりにおこなった血液検査のご報告です。6月以降食欲不振に悩んでいたクロですが、紆余曲折の末ステロイドで回復しました。今回はステロイドによる影響の有無をみるため腎臓・肝臓をメインに。しばらくみていなかった甲状腺も調べてもらってます。

  • 【なんとか食欲復活?~最近のクロのごはん事情】

    クロはこの数か月でずいぶん薬がふえましたが、体調は多少落ち着いたように見えます。今回は、食欲低下からここまででお世話になったフードを感想も含めてまとめてみました。猫の好みはかなり個体差があるので、ほかの猫さんの参考にはならないかもしれませんが……。

  • 【このひと月の食欲不振への対応+クロの血液検査】

    腎臓と甲状腺のコントロールに加え、先月からは食欲不振。対応に右往左往のひと月でした。食べない原因がわからず薬も目まぐるしく変わります。自分でもだんだん混乱してきたので、またこの辺で一旦流れをまとめたいと思います。

  • 【2021年4月・5月の猫医療費:シロの安定、クロの悪化】

    今回は4月と5月の猫医療費のまとめです。4月はクロの食欲も安定し体重が復活。2匹の検査結果も落ち着いていました。ところが5月に入るとクロに異変が出始めます。徐々に食欲が落ちていき、現在に至るまで強制給餌が継続中です。

  • 【スプーンによるウェットの強制給餌~クロの場合】

    クロは今も強制給餌が続いています。先日SNSに上げたクロの(スプーンによる)強制給餌の動画に少し反響がありまして、いくつか質問もいただいたので、今回はその手順等を解説してみたいと思います。

  • 【食欲が戻らず、薬を戻して強制給餌をスタート】

    甲状腺のメルカゾールを増やしてからというもの、クロの体調が不安定です。今現在どんな状況かというと……ほとんど自力で食べないので1日4回の強制給餌。トイレの失敗は増え、ひたすら眠ってます。夜鳴きや興奮は減りました。

  • 【甲状腺の数値はふたたび乱高下~クロの血液検査+尿検査】

    前回甲状腺が上がっていたのでお薬をほんの少し増やし、今回は主にその経過をみてもらったのですが…なんと今度は逆に下がり過ぎてしまいました。一緒に尿検査もしたので、そちらの結果もご報告。それにしても甲状腺って、一度症状が出るとこんなにずーっと悩まされるものなんですねぇ……

  • 【クロの甲状腺がまた悪化していた】

    クロの甲状腺検査の結果がでました。2月に調べたときよりもかなり上がっていました。薬をちょうど良い量に調整しても4か月も持たないんだなーと少々がっくり。確定はできませんが、先日の夜中の絶叫騒動は甲状腺由来ではないかということで落ち着きそうです。

  • 【コロナで甲状腺検査が外注になる~クロの血液検査】

    先月のクロの絶叫騒動の原因を探るべく、かかりつけ病院へ検査に行ってきました。ところがもろもろあって甲状腺の検査結果が出ていないため、原因究明もまだ進んでいません。多分今週中には結果がわかるので、詳細は後日改めて。今回はわかっている範囲のみのご報告です。

  • 【猫たちの近況と人間のコロナワクチン】

    来週早々にクロの通院予約を入れましたが、それまでは特に予定もないため猫達の近況などを。クロは今のところ異変もなく元気に過ごしてます。シロも変わりありません。人間は、高齢の父がコロナワクチン一回目を打ちました。

  • 【2021年3月の猫医療費:シロの数値悪化とクロの小康状態】

    今回は3月の猫医療費のまとめです。クロの検査・通院はお休みの月でした。体調はわりと安定しているようです。シロは2か月ぶりの血液検査で、この時腎臓の数値悪化を指摘されました。(とりあえず現時点では、悪化は食い止めることができています)

  • 【リンが基準値内になり悪化を回避~シロの血液検査】

    4月に血液検査したシロの結果がまだ未公開だったのでアップしておきます。結論からいうと、前回大幅に悪化したリンは無事基準値内に戻りました!尿素窒素やクレアチニンもそこそこ安定。このまま悪化の一途かと心配していましたが、ひとまず息がつけそうです。

  • 【真夜中に原因不明の絶叫と興奮~クロになにが起こったのか?】

    数日前、クロにちょっとした異変が起こりました。(それ以降は症状もなく落ち着いています。)今後体調が急変することもありうるので、念のためブログにも詳細を記録しておきます。その翌日はかかりつけ病院に薬をもらいに行ったため、先生にも色々相談してきました。

  • 【チョビの一周忌、これまでの思い出写真を見返した】

    4月26日はチョビの一周忌でした。PC内のチョビフォルダから、おそらくブログ未公開と思われる写真を探してみました。お時間のある方はどうぞ見てやってください。今回の写真は2006年頃から、脳腫瘍発覚のちょっと前、2019年までのものなります。

  • 【2021年2月の猫医療費:クロの甲状腺薬の再調整】

    今回は猫医療費メモの2月分です。クロは1月から引き続き甲状腺薬の量の見直し。月初めに薬の量の調整をし、2月半ばには確定しています。このまましばらく経過観察となりました。一方シロは通院お休みの月でした。

  • 【腎臓、肝臓、甲状腺はおおむね安定~クロの血液検査】

    前回の検査から大きな変化もなく無事2カ月が経過。定期の血液検査で病院に行ってきました。朝のペリアクチンを増やした効果がじわじわと出てます。前夜に点滴をしたとはいえ4.3kg近くまで増量していてびっくり。このままなんとか、できるだけ長く落ち着いて過ごせることを祈ります。

  • 【2匹で試食・MediMousse(メディムース)猫用腎臓サポート】

    先日ネットを物色していると、使ったことのない猫用ウェットフードが目につきました。腎臓用とあったので新しい療法食かな?と思いましたが、どうやら区分は一般食のよう。それでも食べてくれる可能性があるものは確認しておきたい!ちょうど送料無料のセットがあったので、試しに注文してみました。今回はその試食レポになります。

  • 【2021年1月の猫医療費:甲状腺と腎臓のあいだに

    2021年1月分の猫医療費まとめです。クロもシロもここ数年落ち着いていましたが、高齢になりじんわりと変化が出てきた気がします。シロは腎臓、クロは甲状腺と腎臓で数値が安定せず、検査や投薬の見直しが続きました。

  • 【ペット用アミノ酸アミノファインを3カ月試してみた】

    体重増加を期待しつつ続けているアミノ酸サプリメント「アミノファイン」。3ヶ月以上使っても体調悪化はありません。腎臓などの数値も維持しつつそれなりに元気です。アミノ酸で体重は増えませんでしたが、今は「臓器をいたわりつつ体力を少し底上げしてくれるもの」くらいの位置づけで使用を継続しています。

  • 【今度はリンの数値が悪化(BUNは安定)~シロの血液検査】

    前回最高値を更新してしまったBUNはすこし落ち着いて30台へ。その代わり今度はリンが最高値を更新してしまいました。BUNの安定は点滴を4日に1回から3日に1回に増やしたおかげかも。リンはおそらく吸着剤の失態(量不足)で上昇したと思われます。

  • 【東日本大震災から10年~今思い出すあの頃のこと】

    この3月11日は、東日本大震災から10年の節目でした。今回は当時の思い出を少しばかり。震災のあった少し前の1~2月頃、前年から庭に住み着いていたシロが寒さで体調を崩しました。それをきっかけに病院へ連れていき、そのまま室内で暮らすようになったわけです。偶然とはいえ、今思えば絶妙のタイミングだったかもしれません。

  • 【最近買ったものと、セールで買う予定の猫用品】

    セールで猫用品のまとめ買いを計画中。うちで最近買ったものや今回買う予定のものをピックアップしてみました。わが家ですでに定番のもの、定番になりそうなものを始め、購入予定のもの、今後試してみたいものをご紹介します。

  • 【今のところは現状維持?でも食欲は低下傾向~クロの血液検査】

    今回の病院は通常ならお薬だけの予定でしたが、先週からクロがお尻を気にしていたので肛門嚢の破裂を心配し、とりあえず一緒に連れて行くことにしました。先生の提案でついでに腎臓も検査してもらってます。食欲の方はあまり芳しくないですが、以前よりは食べているので体重も少し復活しました。

  • 【2020年12月の猫医療費+2020年の年間猫医療費】

    今回は2020年12月分の猫医療費。2020年の年間額も出たので一緒に公開します。金額増大の原因は何といってもクロの甲状腺機能亢進症ですね。チョビの医療費もかさんだ記憶がありましたが、年間でみるとそちらは意外とそうでもなかったです。

  • 【甲状腺は基準値内へ!でも食欲・体重は…?~クロの血液検査】

    前回3ヶ月ぶりの血液検査では甲状腺の数値が再上昇。薬(メルカゾール)を調整して1週間たったので、効果の確認に行ってきました。結果、T4は一気に基準値内へ。薬はほんのわずかしか増やしていないのに思ったよりも下がっています。この微妙なコントロール……甲状腺は難しいですね。

  • 【甲状腺の数値がふたたび上昇、再調整へ~クロの血液検査】

    前回から3ヶ月、久々の血液検査です。大きな変化はないものの食欲と体重がジリ貧のクロ。今回は食欲増進剤を増やしてもらうつもりでした。ところが検査では腎臓よりも甲状腺の数値が再上昇。もしかして、食欲不振の原因は腎臓ではなくて、甲状腺だったのかも……?

  • 【BUNが最高値を更新してしまった~シロの血液検査】

    前回かなり良好だったシロの数値ですが、今回はあちこち悪化していて先生も驚いていました。これまで30台だったBUNもいっきに大台。思い当たるふしといえば……(結構あった)。前回が良かったのでちょっと気が緩んでたかも。対応の見直しで、次回までには何とか立て直したいものです。

  • 【最近買ったものについて~ペット用アミノ酸、50mlシリンジなど】

    ようやく色々一段落したので今回は気の向くままに。最近買ったものの感想などを書きちらしてます。猫関連ではペット用アミノ酸や点滴用50mlシリンジ、pHチェッカーやヒルズシニア14歳以上用について。おまけで自分用に買った持続型ビタミンCや鼻腔内洗浄器などについても。

  • 【2匹で試食・ピュリナワン健康マルチケア15歳チキン~高齢猫用腎臓系ケアフード】

    ピュリナワンマルチケアシリーズは、加齢にともなってあらわれる不調にまとめて対応、というのがコンセプト。 分類的には高齢猫用総合栄養食であるため、腎臓病用の療法食ではありません。しかも、腎臓系ケアフード/療法食のなかでもたんぱく質量がダントツに多いです。ただし昨今の腎臓用療法食の傾向をみると、これでも多すぎにはあたらないのかもしれません。

  • 【2021年もよろしくお願いいたします】

    いよいよ2021年が始まりました。クロの腎不全闘病生活もついに7年目に突入。ということはこのブログも7年目ということですね。クロの腎臓病発覚直後は絶望しかありませんでしたが、こんなにがんばってくれるとは正直予想外。本当に感無量です。

  • 【苦い薬とたくさんの薬はカプセルが便利!~最適サイズメモ】

    クロは昔からわりとすんなり錠剤を飲んでくれる猫でした。おかげでこれまで、あまり投薬では苦労してきていません。クロの食欲がおちて食欲増進剤(レメロン)を始めたときが、わが家のカプセル使用のスタートでした。空カプセルを使うのがおすすめの状況とは

  • 【2020年11月の猫医療費:新病院で薬だけ(診療なし)+近況】

    今回は2020年11月分の猫医療費まとめです。めずらしく通院なしの月だったので、今回はめちゃくちゃあっさりです。あっさりすぎたのでおまけに猫と私の近況報告を入れたら、そちらのほうがボリューム増えてしまいました。おまけ部分はおひまなときなどにどうぞ。

  • 【2匹で試食・メディファスアドバンス腎臓の健康維持(ケアフード)】

    クロが食べそうなフードを探していたとき、メディファスの新製品が未チェックだったことに気付きました。今回は久々のヒットだったので詳細をまとめておきます。たんぱく質量はヒルズk/d、リンも腎ケアとほぼ同じくらい。ナトリウムはプロベットリーナルと同じです。ケアフードのなかでもかなり療法食に近い印象ですね。

  • 【2019-2020年 購入して良かったもの~フード・グッズ・サプリメント】

    2019~2020年に買った中から良かった物を厳選チョイス。各種年末セールでの、購入品選びにお役立ていただければ幸いです。今年は細かい分類なしの全猫ジャンルからのおすすめとなります。(昨年の今頃はチョビの発病でまとめる余裕がなかったため、2019年分も一緒にアップしました。)

  • 【2020年10月の猫医療費:足の不調で休日診療へ(その後治りました)】

    10月分の猫医療費まとめです。現在クロは転院先で治療中、シロのみ元のかかりつけ病院へ通院継続中です。内容的にはクロとシロの血液検査。さらにクロの跛行で休日診療を受けました。

  • 【甲状腺コントロールは順調、でも体重は減少~クロの血液検査】

    順番が前後しますが、クロに足の不調が出る直前、血液検査に行っていました。甲状腺薬の確定一ヶ月後に、経過をみるため一度検査したいと言われたためです。今回はその記録となりますが、特に大きな問題はありませんでした。甲状腺コントロールも順調です。

  • 「まんがで読むはじめての猫のターミナルケア・看取り」を読んでみた~複数視点による看取り本

    以前から読みたいと思っていたこちらの本。構成はマンガがメインなので、本が苦手な人や細かい字が苦手な人でもさくっと読めます。まず主人公が直面した問題がマンガで描かれ、それについて獣医師とベテラン飼い主さんそれぞれがアドバイスしてくれる感じです。

  • 【シロの血液検査~腎臓の数値が劇的に改善!(でも心当たりなし…)】

    今回はシロの検査です。電解質のオーバーがちょっと気になるものの…腎臓系はなかなかいい線いってるのでは?前回の検査から今回までで特に変えたことはないので、理由はちょっとわかりません。でも先生もびっくりしてました。

  • 【クロの後ろ足に突然の不調~原因不明の跛行を発症】

    クロが突然、跛行を発症しました。後ろ足がびっこを引く状態です。現在まだ原因不明なのですが、とりあえず緊急性はないと病院で言われてすこしだけ安心しました。今回はその発症時の様子と、途中経過を記録しておきます。

  • 【2匹で試食・フォルツァ10アクティウェットフラットフィッシュ(腎臓用)】

    フォルツァ10の腎臓用ウェットフードにお魚タイプが出ていました。なかなか試せなかったのですが、先日ようやく入手。クロとシロに試食してもらいました。あげてみるとウェットぎらいのクロがパクパクとよく食べます!うちではかなり好評のようでした。

  • 【2020年9月の猫医療費:クロの甲状腺検査で出費がかさむ】

    9月分の猫医療費をまとめました。引き続き、クロの甲状腺機能亢進症で薬の微調整。「検査→投薬」のくりかえしはお金が出ていくばかりで、私も貯金が底を尽きそうでしたが、月末になってようやく確定してくれました。あとはシロの謎の皮膚炎治療もあったり。

  • 【ようやく甲状腺の薬が確定~クロの血液検査】

    クロは今回の通院でようやく甲状腺の薬の量が確定しました。前回の薬を2週間続けてきて、腎臓にどのくらい影響があったかを調べる検査で判定します。改善~維持であればこの量で継続。腎臓が悪化していれば甲状腺治療は中止です。

  • 【チョビの脳腫瘍闘病:介護とグッズ編】

    チョビが亡くなり、まもなく5ヶ月がたとうとしています。「チョビの介護とグッズ編」が未公開だったので、この機会に完成させました。チョビに実際に使った介護用品や使わなければ良かった物、あれば良かった物などを率直な感想とともにまとめています。

  • 【状況次第では甲状腺の治療が中止?~クロの血液検査】

    新しい現在病院に通い始めてまもなく2ヶ月。ようやく先生ともうまくコミュニケーションがとれるようになりました。その一方でクロの甲状腺治療は相変わらず難航中。腎臓の数値が少しずつ悪化しているので、この量でさらに2週間続けたあと検査をし、結果次第で甲状腺は治療中止も有り得るとのことです。

  • 【シリンジ方式の輸液に初挑戦~詳細手順メモ】

    猫の皮下輸液は大きくわけると重力落下式とシリンジ式の2種類があります。ただそれぞれ微妙に違うパーツや組み合わせがあるので、バリエーションは無数。これまですっと慣れ親しんだやり方をいきなり変更するのは容易ではありませんでした。今回は、私が初めて経験したシリンジ方式について詳しく記録しておきます。

  • 【2020年5~8月の猫医療費:クロの甲状腺機能亢進症以降】

    今回は甲状腺機能亢進症が分かった5月から8月までの猫医療費です。転院を経験してみると、薬や検査の代金が病院によって結構違うのを実感します。病院の比較ポイントは通院や相談のしやすさ、治療内容、設備、コスト等々ありますが、最終的には「何を一番重視するか」で決まるのかもしれません。

  • 【シロの血液検査~かかりつけ病院へいったん出戻り】

    転院候補先がお盆休みに入ってしまい、シロを連れて行けないまま薬が在庫切れに。とりあえず一旦再開したかかりつけへ戻り、検査して薬をもらってきました。前回の検査で腎臓などの数値が軒並み悪化していたため、点滴等の対策で数値が改善されたどうかが気になります。

  • 【甲状腺の数値がなかなか安定してくれない~クロの血液検査】

    かかりつけ病院が長期休診となり、新しい病院にクロの甲状腺治療の引き継ぎをお願いしました。現在は投薬と検査を繰り返しながら適量を探しています。今回の検査でやっと基準値内に入ってきましたが、先生としては、腎臓とのバランスを見ながらもう少しだけ量を減らしたいということでした。次回の検査は二週間後です。

  • 【新旧の病院による皮下点滴の方法を比較~新方式になじめない!】

    かかりつけ動物病院が長期休診となり、現在進行形で転院候補先を物色中。病院が変わると大抵の場合治療方針なども変わります。今の候補先では皮下点滴の方式が変更になりましたが、まさか点滴方式の変更くらいでここまで四苦八苦させられるとは思ってもみませんでした。

  • 【シニア用介護ベッドを購入してみた~unage 体圧分散シニアローベッド】

    ネットで見かけるたびに欲しいなーと思っていた介護用のunageシニアローベッド。先日入手したので使用レポをまとめました。今回購入したのはSサイズ。手で押すと適度なクッションが気持ち良く、これなら猫もイチコロね!と思ったのですが……届いた直後は超塩対応されてメゲました。今はわりと使ってくれてます。

  • 【転院候補先の偵察をかねて、クロの血液検査へ】

    前回の検査で甲状腺の数値が下がりすぎ、減薬中のクロです。その後、数値がどう変わったかを検査してもらうはずだったのですが……かかりつけ病院の、突然の長期休診。あわてて転院候補先の病院へ診察予約し、検査をしてもらってきました。

  • 【転院ドキュメント1~かかりつけの長期休診】

    クロは甲状腺の治療を始めてから一気に老け込んできました。それでもお薬でバランスがとれればそれでいいかと吞気に構えていたのですが……ここにきて予想もしない事態に直面。かかりつけ動物病院の突然の休業です。(しかも再開時期未定)

  • 【チョビの脳腫瘍闘病:使ったサプリメント編(抗炎症、免疫向上など)】

    チョビが脳腫瘍の闘病で使っていたサプリメント類をまとめました。症状や診断に応じて使うものが変化していき、加齢対策→抗炎症+免疫系という変遷です。(おまけで介護中の人用に疲労回復サプリも紹介)

  • 【甲状腺のコントロールはトライ&エラー~クロの血液検査】

    前回甲状腺異常が見つかったため、今回は経過チェックの検査です。甲状腺の薬の効き具合と、いつもの腎臓や肝臓を調べました。(あとついでに肛門腺絞りも。)すると甲状腺のホルモン量が極端に低下していました。どうも薬がちょっと多すぎたみたいで、微調整が必要です。

  • 【チョビ子猫時代のブログ記事と写真を発掘】

    過去書き散らかした他ブログの中に子猫時代のチョビについて書かれた物がいくつかありました。内容的にはただの日常記録なんですが、懐かしい物はこちらに移しておこうと思います。転載分は、チョビが家に来る少し前から、避妊手術をした時期までとなります。

  • 【腎臓と電解質の数値が悪化~シロの血液検査】

    低空飛行気味とはいえ、特に悪化もせずそれなりに安定していたシロの体調。ですが、そろそろ大きな転機がやってきたかもしれません。今回の検査結果が思ったよりも悪めだったので、今後の治療方針もみなおす必要が出てきました。

  • 「猫の腎臓病がわかる本」を読んでみた~お世話係必読本!

    猫の腎臓病に特化した本を買ってみたので簡単にご紹介。腎臓病とはどういうものか、悪化させないヒント、腎臓病と言われたら知っておくべきこと、症状とうまくつきあう具体的な方法、等が書かれていました。予備知識として知っておくと役に立つことがたくさん詰まっています。病院で腎臓病と診断されたら一度は読んで損のない本でしょう。

  • 【チョビの脳腫瘍闘病:使ったお薬編(内服、点滴、注射など)】

    今回はチョビの脳腫瘍発症以降に使用した薬についてのまとめです。点滴やビタミン剤についてもこちらに入れています。もの凄くたくさん薬を使っていた気分でしたが、こうして並べると思ったより少なかったです。脳腫瘍がガンの一種だといっても、抗がん剤や放射線治療でもしない限り、緩和治療で使える薬はそんなにはないんでしょうね…。

  • 【肝臓かと思いきや…甲状腺機能亢進症~クロの血液検査】

    クロは最近、腎臓だけでなく肝臓の数値まで悪くなってきていました。急いで検査するほどではないそうですが、原因がわかれば早めに対処できます。そこで思い切って一度詳しく調べてもらうことにしました。結論から言えば、病名はなんと甲状腺機能亢進症!今回はその検査のご報告となります。

ブログリーダー」を活用して、Mさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Mさん
ブログタイトル
猫の腎不全とおつきあい
フォロー
猫の腎不全とおつきあい

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用