searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Mさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

愛猫クロが腎不全(慢性腎臓病)になり闘病生活がスタートしました。 同居猫シロも腎不全を発症し2頭介護。 さらに同居猫チョビの脳腫瘍介護も現在進行形。 保護猫フクが亡くなるまでの2年弱の介護記録も。 フクは猫エイズ、腎不全、口内炎で治療していました。 どこまでがんばってくれるかは、猫達の体力と私のお世話次第。 病気の経過、症状改善に役立ちそうなアイテム、フードなどを記録に残しています。

ブログタイトル
猫の腎不全とおつきあい
ブログURL
https://blog.kcat.work/
ブログ紹介文
3匹(一時は4匹)の愛猫達の、腎不全(慢性腎臓病)、脳腫瘍、口内炎、猫エイズなどの闘病記録です。体調、薬、療法食、サプリ、治療内容等について。備忘録をかねて詳細につづっています。フードやグッズ類の試用レポ多数。
更新頻度(1年)

47回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2014/07/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Mさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Mさん
ブログタイトル
猫の腎不全とおつきあい
更新頻度
47回 / 365日(平均0.9回/週)
読者になる
猫の腎不全とおつきあい

Mさんの新着記事

1件〜30件

  • 【クロの後ろ足に突然の不調~原因不明の跛行を発症】

    クロが突然、跛行を発症しました。後ろ足がびっこを引く状態です。現在まだ原因不明なのですが、とりあえず緊急性はないと病院で言われてすこしだけ安心しました。今回はその発症時の様子と、途中経過を記録しておきます。

  • 【2匹で試食・フォルツァ10アクティウェットフラットフィッシュ(腎臓用)】

    フォルツァ10の腎臓用ウェットフードにお魚タイプが出ていました。なかなか試せなかったのですが、先日ようやく入手。クロとシロに試食してもらいました。あげてみるとウェットぎらいのクロがパクパクとよく食べます!うちではかなり好評のようでした。

  • 【2020年9月の猫医療費:クロの甲状腺検査で出費がかさむ】

    9月分の猫医療費をまとめました。引き続き、クロの甲状腺機能亢進症で薬の微調整。「検査→投薬」のくりかえしはお金が出ていくばかりで、私も貯金が底を尽きそうでしたが、月末になってようやく確定してくれました。あとはシロの謎の皮膚炎治療もあったり。

  • 【ようやく甲状腺の薬が確定~クロの血液検査】

    クロは今回の通院でようやく甲状腺の薬の量が確定しました。前回の薬を2週間続けてきて、腎臓にどのくらい影響があったかを調べる検査で判定します。改善~維持であればこの量で継続。腎臓が悪化していれば甲状腺治療は中止です。

  • 【チョビの脳腫瘍闘病:介護とグッズ編】

    チョビが亡くなり、まもなく5ヶ月がたとうとしています。「チョビの介護とグッズ編」が未公開だったので、この機会に完成させました。チョビに実際に使った介護用品や使わなければ良かった物、あれば良かった物などを率直な感想とともにまとめています。

  • 【状況次第では甲状腺の治療が中止?~クロの血液検査】

    新しい現在病院に通い始めてまもなく2ヶ月。ようやく先生ともうまくコミュニケーションがとれるようになりました。その一方でクロの甲状腺治療は相変わらず難航中。腎臓の数値が少しずつ悪化しているので、この量でさらに2週間続けたあと検査をし、結果次第で甲状腺は治療中止も有り得るとのことです。

  • 【シリンジ方式の輸液に初挑戦~詳細手順メモ】

    猫の皮下輸液は大きくわけると重力落下式とシリンジ式の2種類があります。ただそれぞれ微妙に違うパーツや組み合わせがあるので、バリエーションは無数。これまですっと慣れ親しんだやり方をいきなり変更するのは容易ではありませんでした。今回は、私が初めて経験したシリンジ方式について詳しく記録しておきます。

  • 【2020年5~8月の猫医療費:クロの甲状腺機能亢進症以降】

    今回は甲状腺機能亢進症が分かった5月から8月までの猫医療費です。転院を経験してみると、薬や検査の代金が病院によって結構違うのを実感します。病院の比較ポイントは通院や相談のしやすさ、治療内容、設備、コスト等々ありますが、最終的には「何を一番重視するか」で決まるのかもしれません。

  • 【シロの血液検査~かかりつけ病院へいったん出戻り】

    転院候補先がお盆休みに入ってしまい、シロを連れて行けないまま薬が在庫切れに。とりあえず一旦再開したかかりつけへ戻り、検査して薬をもらってきました。前回の検査で腎臓などの数値が軒並み悪化していたため、点滴等の対策で数値が改善されたどうかが気になります。

  • 【甲状腺の数値がなかなか安定してくれない~クロの血液検査】

    かかりつけ病院が長期休診となり、新しい病院にクロの甲状腺治療の引き継ぎをお願いしました。現在は投薬と検査を繰り返しながら適量を探しています。今回の検査でやっと基準値内に入ってきましたが、先生としては、腎臓とのバランスを見ながらもう少しだけ量を減らしたいということでした。次回の検査は二週間後です。

  • 【新旧の病院による皮下点滴の方法を比較~新方式になじめない!】

    かかりつけ動物病院が長期休診となり、現在進行形で転院候補先を物色中。病院が変わると大抵の場合治療方針なども変わります。今の候補先では皮下点滴の方式が変更になりましたが、まさか点滴方式の変更くらいでここまで四苦八苦させられるとは思ってもみませんでした。

  • 【シニア用介護ベッドを購入してみた~unage 体圧分散シニアローベッド】

    ネットで見かけるたびに欲しいなーと思っていた介護用のunageシニアローベッド。先日入手したので使用レポをまとめました。今回購入したのはSサイズ。手で押すと適度なクッションが気持ち良く、これなら猫もイチコロね!と思ったのですが……届いた直後は超塩対応されてメゲました。今はわりと使ってくれてます。

  • 【転院候補先の偵察をかねて、クロの血液検査へ】

    前回の検査で甲状腺の数値が下がりすぎ、減薬中のクロです。その後、数値がどう変わったかを検査してもらうはずだったのですが……かかりつけ病院の、突然の長期休診。あわてて転院候補先の病院へ診察予約し、検査をしてもらってきました。

  • 【転院ドキュメント1~かかりつけの長期休診】

    クロは甲状腺の治療を始めてから一気に老け込んできました。それでもお薬でバランスがとれればそれでいいかと吞気に構えていたのですが……ここにきて予想もしない事態に直面。かかりつけ動物病院の突然の休業です。(しかも再開時期未定)

  • 【チョビの脳腫瘍闘病:使ったサプリメント編(抗炎症、免疫向上など)】

    チョビが脳腫瘍の闘病で使っていたサプリメント類をまとめました。症状や診断に応じて使うものが変化していき、加齢対策→抗炎症+免疫系という変遷です。(おまけで介護中の人用に疲労回復サプリも紹介)

  • 【甲状腺のコントロールはトライ&エラー~クロの血液検査】

    前回甲状腺異常が見つかったため、今回は経過チェックの検査です。甲状腺の薬の効き具合と、いつもの腎臓や肝臓を調べました。(あとついでに肛門腺絞りも。)すると甲状腺のホルモン量が極端に低下していました。どうも薬がちょっと多すぎたみたいで、微調整が必要です。

  • 【チョビ子猫時代のブログ記事と写真を発掘】

    過去書き散らかした他ブログの中に子猫時代のチョビについて書かれた物がいくつかありました。内容的にはただの日常記録なんですが、懐かしい物はこちらに移しておこうと思います。転載分は、チョビが家に来る少し前から、避妊手術をした時期までとなります。

  • 【腎臓と電解質の数値が悪化~シロの血液検査】

    低空飛行気味とはいえ、特に悪化もせずそれなりに安定していたシロの体調。ですが、そろそろ大きな転機がやってきたかもしれません。今回の検査結果が思ったよりも悪めだったので、今後の治療方針もみなおす必要が出てきました。

  • 「猫の腎臓病がわかる本」を読んでみた~お世話係必読本!

    猫の腎臓病に特化した本を買ってみたので簡単にご紹介。腎臓病とはどういうものか、悪化させないヒント、腎臓病と言われたら知っておくべきこと、症状とうまくつきあう具体的な方法、等が書かれていました。予備知識として知っておくと役に立つことがたくさん詰まっています。病院で腎臓病と診断されたら一度は読んで損のない本でしょう。

  • 【チョビの脳腫瘍闘病:使ったお薬編(内服、点滴、注射など)】

    今回はチョビの脳腫瘍発症以降に使用した薬についてのまとめです。点滴やビタミン剤についてもこちらに入れています。もの凄くたくさん薬を使っていた気分でしたが、こうして並べると思ったより少なかったです。脳腫瘍がガンの一種だといっても、抗がん剤や放射線治療でもしない限り、緩和治療で使える薬はそんなにはないんでしょうね…。

  • 【肝臓かと思いきや…甲状腺機能亢進症~クロの血液検査】

    クロは最近、腎臓だけでなく肝臓の数値まで悪くなってきていました。急いで検査するほどではないそうですが、原因がわかれば早めに対処できます。そこで思い切って一度詳しく調べてもらうことにしました。結論から言えば、病名はなんと甲状腺機能亢進症!今回はその検査のご報告となります。

  • 【肝臓かと思いきや…甲状腺機能亢進症~クロの血液検査】

    クロは最近、腎臓だけでなく肝臓の数値まで悪くなってきていました。急いで検査するほどではないそうですが、原因がわかれば早めに対処できます。そこで思い切って一度詳しく調べてもらうことにしました。結論から言えば、病名はなんと甲状腺機能亢進症!今回はその検査のご報告となります。

  • 【チョビの脳腫瘍闘病:悲しみへの対処編】

    今回のチョビの闘病では私も初めて経験することがたくさんありました。忘れないうちにメモしておこうとまとめ始めたら思った以上に書きたいことが山盛り…。一つにまとめるのは諦め、今回はその中から、チョビが亡くなってからの精神面等についまとめてみました。

  • 【2019年12月猫医療費~脳腫瘍確定検査にはいくらかかる?】

    久々に過去の猫医療費の集計を行いました。今回は、チョビの脳腫瘍が判明した2019年12月分です。精密検査の詳細な明細もあるので、今後猫ちゃんの検査を予定されている方なども参考にどうぞ。

  • 【BUNと肝臓の数値上昇で要観察~クロの血液検査】

    3月下旬、クロの定期血液検査に行きました。チョビの再発でまとめる時間がとれなかったため、約2か月遅れの公開です。尿素窒素(BUN)と肝臓の数値が悪くなってきているので、一度エコー検査してもいいかもしれないとのことでした。

  • 【チョビの脳腫瘍経過まとめ~3月末から亡くなるまで】

    すでにお知らせしましたが、チョビは病気発覚から4か月の脳腫瘍闘病を終え、4月26日に眠りにつきました。ツイッターやインスタグラムからの引用を交え、3月終わりから亡くなるまでのチョビの経過をまとめました。

  • 【おしらせ:チョビが息をひきとりました】

    2020年4月26日日曜日、午前9時15分。年末からの脳腫瘍の闘病を終え、家族全員が見守る中、チョビは大好きな父の膝の上で息をひきとりました。眠るようにとはいきませんでしたが、比較的静かな、穏やかな最期であったと思います。享年15歳。今年の9月がくれば16歳になるはずでした。

  • 【チョビに経鼻カテーテル~しばらく安定していた脳腫瘍が再発】

    今月半ば以降チョビの体調が悪化しています。備忘録を兼ね、急変から現状までを、ツイッターやインスタグラムの投稿を引用しながらまとめました。今はチョビの辛さ軽減を最優先し、できるだけしんどくない時間を長く作ることを目標にしています。

  • 【3匹で試食・ロイヤルカナンユリナリーS/Oオルファクトリーライトドライ(下部尿路疾患用療法食)】

    嗜好性高めかつ低カロリーの、下部尿路疾患用ドライフードを先日譲っていただきました。ストルバイトとシュウ酸カルシウムの両方に対応した療法食で、治療にも予防にも使えます。うちの猫達の体調に必ずしも合ってはいないのですが、量が多過ぎなければいいと病院からもOK出ました(クロ以外)。

  • 【シロの血液検査~心雑音の悪化、安定の腎臓・肝臓】

    今回は2ヶ月ぶりのシロの血液検査のご報告。腎臓や肝臓、高脂血症についてはまあまあOKもらえたのですが、心雑音がまたひどくなってきていると言われてしまいました。可能性としては弁膜症が考えられるとのこと。

カテゴリー一覧
商用