searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

人生楽しく6026さんのプロフィール

住所
神奈川県
出身
神奈川県

家族旅行、読んだ本、釣行記、ちょっとした出来事、など、人生を楽しんでいるおじさんの勝手な日記。 主な活動は、少年野球(たまに審判)、草野球、草サッカー、釣、そして、仕事。

ブログタイトル
人生楽しく6026のブログ
ブログURL
https://plaza.rakuten.co.jp/enjoymywork/
ブログ紹介文
生涯熱中、人生を楽しむおじさんのブログ
更新頻度(1年)

29回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2014/05/24

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、人生楽しく6026さんの読者になりませんか?

ハンドル名
人生楽しく6026さん
ブログタイトル
人生楽しく6026のブログ
更新頻度
29回 / 365日(平均0.6回/週)
読者になる
人生楽しく6026のブログ

人生楽しく6026さんの新着記事

1件〜30件

  • リーダーシップの旅~見えないものを見る~

    大きなプロジェクトのリーダーとして、 組織のリーダとして、また、リーダーを育成する立場となり、 最近、優れたリーダーとは何ぞやと考えることが多くなった 成果を優先させて結果を残すのがよいのか、 結果

  • MINDSETマインドセット「やればできる!」の研究

    本書は2008年の発刊された ”「やればできる!」の研究 能力を開花させるマインドセットの力” の増補改訂版。 世界的なベストセラーであり、日本での人気も高かったので、 期待して読んでみたのだが、、、 ”

  • 修身教授録【現代に甦る人間学の要諦】

    あるセミナーで紹介されていた本書「修身教授学」 昭和14年に刊行された本の復刻版として 平成元年に発行されたとても古い本 著者である森氏の大阪天王寺師範(現:大阪教育大)での 論理・哲学の授業を生徒が

  • サブスクリプション・マーケティング モノが売れない時代の顧客との関わり方

    2か月半ぶりの投稿... 通勤時間に本を読んでいたので、 新型コロナの影響で自宅勤務となりリズムが狂った… 自宅勤務で時間ができて本もたくさん読めて…となるのでしょうが、 自宅であまり本を読む習慣がなか

  • 社員の力で最高のチームをつくる 1分間エンパワーメント

    星野リゾートの星野氏が最も大切な教科書として推薦する本書。 私にとっても大切な教科書になりそうな予感 リーダーとして、エンパワーメントはそれなりに意識していて、 情報公開、責任の委譲と実施してきてい

  • ホモ・デウス(下) テクノロジーとサピエンスの未来

    ホモ・デウスの下巻。いやいや面白かった。 上巻よりも下巻の方が断然面白い... 上巻を読んだときは、ページ数も多く、内容も難しいのに、 なぜ売れているとと思ったけど、 下巻を読んで売れている理由がわか

  • 心脳マーケティング 顧客の無意識を解き明かす

    会社で受講させてもらっているGLOBISの研修の一部として、 グロービズ学び放題が半年間受講でき、 試しにいくつか受講したところ結構面白く、勉強になっている。 なんだかんだで10本ぐらいは閲覧して もっと若

  • 40cmの良型カレイを堤防投げ釣りでゲット(2020年02月29日@三崎港)

    2019年は仕事と息子の応援が忙しすぎて3回の釣行のみで、 お持ち帰りはカワハギ1匹と釣りに関しては全然ダメダメ 今年もスポーツボランティア関係のイベントと 仕事や研修が忙しすぎて、2か月間ノーフィッシン

  • 人脈起業 人間関係でやりたいことは全てできる!

    人と接するのが少し苦手で、人脈もあまりないので、 老後に向けて少しでも改善したく、人脈作りに励んでいる。 まぁ昨年後半から始めたばかりなので、 頑張ってはいるけど、すぐにできるわけもなく、 まだまだこ

  • 絶対にミスをしない人の脳の習慣

    昔からうっかりミスが多かったが、 今年に入って、 幹部との打ち合わせをすっぱかしたり、 客先の訪問場所を間違えたり、 うっかりですまされないミスが連続していた 少しでも改善したく、期待して読んでみた

  • 本号は必読!! 戦略を実行につなげる組織 DHBR 2020年3月号

    2020年3月号の特集は「戦略を実行につなげる組織」で、 「目先の数字にとらわれていないか?」がサブタイトル。 特集のサブタイトルが「目標設定のあり方を問い直す」とある 今の私の状況にマッチして非常に面白

  • 最高のリーダーは何もしない 内向き型人間が最強のチームとつくる!

    1000人以上のトップリーダにインタビューした経験をもつ著者の藤沢氏が、 現代のリーダーシップについて述べている本書。 著者が感じている 「求められるリーダーシップの変化」を 「いま最前線で活躍している

  • TED TALKS スーパープレゼンを学ぶTED公式ガイド

    TED Conference(TEDカンファレンス)はTEDの活動の中心的イベントで、 TEDTalksは、ネットを通じて行なわれている動画の無料配信プロジェクトのこと。 このプレゼンの極意を本書では説明。 先日、役員会議で久し

  • 意思決定の教科書 先端理論を駆使してバイアスを排して意思決定力を磨く

    ハーバードビジネスレビューの論文集で前々から読みたいと思っていた本書。 論文にもだいぶ慣れてきたけど、やっぱり難しい... まだまだと自分のレベルを感じた一冊。 「ニアミス:隠れた災いの種」では、 注

  • amazon 世界最先端の戦略がわかる

    本書は、元マイクロソフト社長である成毛氏が書いた本で、 様々な面からamazonが手掛けているビジネスを解説。 凄い、凄いとべた褒めが多すぎて素直に入ってこなかったけど、 amazonが ・何をしているのか ・

  • デュアルキャリア・カップルの幸福論 DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー 2020年 2月号

    2020年2月号の特集は「デュアルキャリア・カップルの幸福論」で、 「仕事のプロとして、パートナーとして、親として、働き方を再考する」がサブタイトル。 「デュアルキャリア・カップル」とは、 夫婦ともに高

  • NEW POWER これからの世界の「新しい力」を手に入れろ

    残念ながら昨年中に読み切れず、 元旦に読み終わって、2020年度の1冊目 SNSなどのツールをつかってムーブメントを起こすニューパワーについて 「#ミートゥー」や「ウーバー」など、様々なケースともに、 オー

  • チーズはどこへ消えた?

    何度も耳にしたことがある本書。 先日受講したセミナーでも話題となり、 読んだことあるような... と思いつつ読んでみた。 よかった。非常によかった。 単純でページ数も少ないが、大事なセンテンスが濃縮さ

  • 顧客体験は進化する Harvard Business Review 2020年1月号

    2020年1月号の特集は「顧客体験は進化する」で、 「常時接続の時代にビジネスはどう変わるか」がサブタイトル。 仕事がらとても魅かれるタイトルであったけど、 内容はあまりタイトルに関連していないような気

  • OPTION B 逆境、レジリエンス、そして喜び

    いつも読んでいるビジネス書とはちょっと毛色が違う本書。 冒頭に 「この本は、人間精神に備わった、  がんばり抜く力についての本である」 と述べられていた。 がんばり抜く力というよりは、 突然の襲っ

  • ホモ・デウス(上) テクノロジーとサピエンスの未来

    35カ国以上で刊行され、600万部突破のベストセラーである本書。 人間が神になるとか、宗教の話とか、 個人的にはタブーじゃないかと思われることが、 真正面から述べられていて、なんか凄い... うーんと唸る

  • 頭に来てもアホとは戦うな 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法

    元議員の田村氏の本で、かなり売れているみたい。 3日で読めるぐらい軽い本だったけど、 読みやすく、共感しやすく、納得しやすい。 これでベストセラーになるなら…なんて思ったりして 私が日頃思っていること

  • 信頼させる経営 Harvard Business Review 2019年12月号

    2019年12月号の特集は「信頼される経営」で、 「SNS時代に問われる一人ひとりの誠実さ」がサブタイトル。 信頼について考えさせられる出来事が続いていて興味をもって読んでみたが、 本号の論文は、考え方、視

  • 一冊で分かる! ESG/SDGs入門

    最近よく聞くESGとSDGs。 CSRとあわせて、何となくわかっているような、わかっていないような、 よくわからない状態 どれも似たような意味で、単に環境に対する取り組み程度かなの認識。 少し勉強した方がい

  • ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学

    本と研修で少しは経営学を学んでいるが、 まだまだ、上っ面だけで、本質が見えていない。 ビジネススクールの准教授が述べる経営学とはどんなものかと読んでみた。 本書はHBRの読者が選ぶ2016ベスト経営書みた

  • 「従業員エンゲージメント」 いまの会社に”働きがい”はありますか Harvard Business Review 2019年11月号

    2019年11月号の特集は「従業員エンゲージメント」、 「いまの会社に”働きがい”はありますか」とあり、 サブタイトルがとても興味深い 従業員エンゲージメントなので、 従業員の会社に対する愛着心や思い入れ。

  • サブスクリプション 「顧客の成功」が収益を生む新時代のビジネスモデル

    多くの人に読まれている本だけあって、 読みやすく、読んでいるだけで、 これからは「サブスクリプション」だね。 すぐにこれやろうと、思わせてくれる本書。 なるほどと思うフレーズも多く、 これは良い本だ

  • ヤル気の科学 行動経済学が教える成功の秘訣

    人がなぜ目標に達成できないのか? 長期的な利益よりも、短期的な誘惑に弱いから… それを防ぐための「コミットメント契約」と続く… コミットメント契約は、自分の気持ち、モチベーションを 切らさないようにす

  • 「戦略採用」 Harvard Business Review 2019年10月号

    2019年10月号の特集は「戦略採用」。 ”事業は人”で、優秀な人が多いほど、よいものができると思っている。 よって、できるだけ優秀な人をたくさん集めたい。 集めるためには、魅力的な事業や環境が必要。 魅力

  • 競争優位を実現する ファイブ・ウェイ・ポジショニング戦略

    本書を含め事業戦略に関する本を何冊か読んだけど、 今の自分の悩みにマッチする記述が多いので参考になる。 事業戦略はこの先もずっと続く課題だから、 もっともっと学びが必要なんだなと思いながら読んだ 本

カテゴリー一覧
商用