プロフィールPROFILE

ブログタイトル
たぬき日和
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/qqtp2u7d
ブログ紹介文
更新頻度(1年)

176回 / 365日(平均3.4回/週)

ブログ村参加:2014/01/05

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、bergerさんの読者になりませんか?

ハンドル名
bergerさん
ブログタイトル
たぬき日和
更新頻度
176回 / 365日(平均3.4回/週)
読者になる
たぬき日和

bergerさんの新着記事

1件〜30件

  • 狸寝入り中

    本日より、12/21まで当ブログを狸寝入り致します。『狸寝入り10連弾』超寒がりの私なので、温そうな狸っちと添い寝したいと思う私です。冬の到来やインフルエンザの早期蔓延など、体調を崩し易い時期なので皆様も十分に気を付けて下さい。狸寝入り中

  • 11月の鳥撮り『ノスリ』他

    11月に撮影した鳥写真です。岬や田園地帯では、渡って来たノスリを見掛けます。『ノスリ』体長55cm両翼130mタカ目タカ科冬鳥ドングリ体型がトレードマークです。岬の崖登り飛行も披露してくれました。ハイタカに比べると撮影し易いです。近くまで接近してくれました。海面を飛ぶ場面も狙います。逆光で、落第点でした。「PCで、チャイチャイしてみる」も「ダメですね~」でした。『ノスリandヨット』蜃気楼ボケと・・・・・・「水平線が・・・」で、失敗作でした。トビ同様に近くを飛んでくれることが多々あります。曇り空バックですが、至近距離でカバーでした。秋の撮影練習の教官として、この方にもお願いしています。チョウゲンボウ教官に比べれば、少しお手柔らかです。主に飛び出し練習を鍛えてもらっています。(ここで、ピント外れて・・・違うシーン...11月の鳥撮り『ノスリ』他

  • 11月の鳥撮り『チョウゲンボウ』

    毎年秋になるとこの方に、撮影練習をさせて頂いています。『チョウゲンボウ』体長35cm両翼75cmハヤブサ目ハヤブサ科冬鳥本格的な冬シーズンを前に、チョウゲンボウ教官に空中戦の練習をさせて貰っています。此処での飛来が、今年は1ヵ月以上も遅れていたので心配していましたが、無事に到着してくれました。「空中戦の技術(飛び物撮影)は、常に磨いておかなければいけない」で、秋はこの教官に特訓を受けています。「飛び出し練習」や「高速飛行でのカメラの振り方」に、「ピントの取り直し」をメインに技術を磨きます。「しまった~ピントが抜けた」で、取り直した時には、草原ダイブでした。ショウリョウバッタを狩っていました。小鳥も狩る事がありますが、昆虫類が主食になります。『草原飛び出し』電線から降下して、草むらに飛び込んで獲物をねらいましたが...11月の鳥撮り『チョウゲンボウ』

  • (2019.11.2)の鳥撮り『岬のハイタカ』

    11/2(土)です。「今日は、冬タカの渡りを撮影しに行く」で、蒲生田岬へ向かいます。AM6:00からスタートでしたが「早すぎました」で、辺りは薄暗く鳥1羽も飛びません。ラジオ体操に朝日撮影をして、ようやく飛び始めたトビでウオーミングアップでした。崖下から急上昇するハイタカをイメージして、カメラの素振りを10分ほどすれば、ハイタカが飛び始めます。『ハイタカ』体長29cmタカ目タカ科冬鳥越冬地を目指して、東方面に移動していきます。四国本土最東端の岬なので、東に位置する伊島を目指して海に飛び出します。強風の時は渡りきれずに、海上スレスレを飛んで崖を急上昇するので「そこを狙います」で至近距離の目の前に浮かんだり、頭越しに飛ぶこともあり、撮影難易度も高いですが「アクロバティック飛行に、スリリングな撮影のチャンスがあり」で...(2019.11.2)の鳥撮り『岬のハイタカ』

  • 夏の忘れ物(野鳥写真)

    今日(11/16)は、家で休養日でした。(中枢神経がヤバイので・・・)部屋の掃除やら冬服を出したりで、体を動かした程度でした。PC内の写真も「ここぞとばかりに、整理」でした。(写真を整理して「外付けHDに保存したり」や「ダメ写真を削除」でした。)ブログ用で「いつかアップしよう」と思っておいてた写真(今夏に撮影した夏鳥・留鳥)が・・・放置していたので「折角なので、上げておきます」です。『キビタキ』画質は悪い(照度不足の長距離)ですが、雄1羽と雌2羽です。雌に2羽が「恋のバトルかな❓❓❓」で、近くで雄が近く寄って行って見ているを繰り返していました。木上では睨み合い、地上では取っ組み合いでした。雄は後から付いて行ってオロオロしていた❓❓でした。キビタキと言えば「出島野鳥園名物❓❓❓のキビタキのトラロープ止まり」です。...夏の忘れ物(野鳥写真)

  • (2019.5.18)のアジリティー競技会『ダイジエスト』その2

    今回で最終回です。今回も乱れ貼りです。『ラブラドール・レトリバー』とてもフレンドリーなので、競技犬としても人気者です。「いつ見ても、楽しそうに競技をします」です。競技を始める時は「まずはラブ君から」と言われるほどの方です。時には、子供や老人の遊び相手もする良犬です。『ホワイト・シェパード』「体格を生かした動き」と「しなやかな動きを併せ持っている」で、ジャンプなどは呆気ないほどにクリアしてしまいます。純白の毛皮と大きな体は、圧倒的な存在感を見せつけてくれます。『ジャーマンシェパード』この方も体格を生かした競技で魅せてくれました。『〇〇犬』ジャンプも難無く決めました。競技中でタイムアタック中ですが・・・・ポテポテ歩いて、ニコニコしていました。スピードは無かったですが、ミスも無くマイペースな方でした。あまり見かけ無い...(2019.5.18)のアジリティー競技会『ダイジエスト』その2

  • (2019.5.18)のアジリティー競技会『ダイジェスト』 その1

    5/18に撮影したアジリティー競技会のダイジェストです。乱れ貼りでお送りします。『シェット・ランド・シープドック』イギリス(シェトランド諸島)が原産です。コリーに似ますが、コリーより小型です。牧畜犬(主に牧羊犬)なので、優れた能力を発揮します。高い忠実性を兼ね備え、闘志あふれる競技が魅力的なシェットシー君です。『エアデール・テリア』イギリス原産です。テリア種の中でも最大級の体格なので「テリアの王様」と呼ばれています。気難しい性格ですが、猟犬などの様々な作業をこなせます。カワウソ猟で、水の中でも作業できるように仕込まれたので「水のテリア」とも呼ばれます。「王様顔みたい」でした。『パグ』ブサカワの中国原産です。「ブサカワだけとは言わせない」で、競技でも魅せてくれます。ジャンプもお手の物でした。『ポメラニアン』ポメラ...(2019.5.18)のアジリティー競技会『ダイジェスト』その1

  • 秋が終わる頃・・・

    『秋が終わる頃』最初で最後かも知れない出逢いに感謝する秋秋が終わる頃・・・

  • 『ボーダーコリー』 その2

    『ボーダーコリー』の続きです。1時間も連続で撮影すれば、2000~3000枚にもなります。セーブしながら撮影していますが「後で確認するのが面倒なほど撮ってしまう」で、撮影➡休憩しながら競技を見学➡カメラ内で写真の整理・悪い写真は削除➡撮影を繰り返します。SS・・・1/1000F値・・・6.3ISO・・・200中央1点フォーカスポイントPCで少しトリミングをしています。5mのジャンプだったので、カメラを振りながら連写撮影でした。大ジャンプの時は「直感で、シャッターを切るタイミングを計っています」です。このボーダー君は、大ジャンプを多用していました。「飛んで飛んで飛ぶ~」でした。アグレッシブ走りとアクロバティックジャンプが魅力的です。ハンドラーの動きにも注目です。高速で動き回るボーダー君をコントロール出来るかも見所...『ボーダーコリー』その2

  • 冬ですね~

    私が冬を感じる時・・・・これが店頭に並び始める頃に「私には冬の到来を告げます」です。少し前から、冬を感じていました・・・。平日は基本的に、禁酒していますが「昨晩の寝酒の梅酒で、朝まで快眠出来たので・・・」をもう1回のお願いでした。晩ご飯前の「本日のお勤めご苦労様でのリラックスタイム」なので、「北海の幸をアテで、ビールをキュ~とな」です。冬の北海の幸と言えば・・・・「ウニとホタテやな」で、しかも期間限定品を用意でした。⇩⇩⇩⇩⇩で、小市民派の私なので「このレベルが妥当」でした。「夏大好きな私で、冬は超苦手な私」なので・・・、今から景気付けでした。冬ですね~

  • 『ボーダーコリー』 その1

    今回の撮影は、約3時間でした。最も撮影時間を使ったのが、アジリティー競技会の花形選手の『ボーダーコリー』圧倒的な身体能力を生かした競技に注目します。特に「ボーダーコリーの最大の武器は、目の良さ」で、ジャンプなどではギリギリを見極めて飛びます。「綺麗な体さばき」でした。常に、ハンドラーを見て指示を見逃したりはしません。ハンドラーも素早い合図が求められています。ミスしてもハンドラーが原因になっている場合も多々あります。カメラを下ろして、腕を休憩しながら競技を見入っていると「ハンドラーも凄く頑張っている」と素人の私でも感じ取れます。難易度の高いジャンプを次々と繰り出します。「紙一重のジャンプ」の表現が、よく合います。毛は触れても体には当たらないので、バーを落としません。撮影も楽しめます。障害物が被りながらの撮影になる...『ボーダーコリー』その1

  • 只今、勉強中

    秋の夜長に、読書ついでに勉強中です。「こんな勉強をしています」夜中に勉強だから・・・・「夜食も必要やね~」で、「勉強がはかどります」只今、勉強中

  • (2019.5.18)のアジリティー競技会『コーギー』

    アジリティー競技会の続きです。この日は、強風と時折雨が降る気象条件でした。障害物が倒れて、競技が一時中断するなどの影響も出ました。悪条件にも関係なく、競技犬もハンドラーさんも熱競技を連発でした。私も「雨風に負けず、しっかり撮影」です。牧牛犬の『コーギー』です。牛の蹴りを交わすために、背が低い体型になっています。胴長の体型から瞬発力が生み出されます。脚は大型犬に見劣りしない太足です。コーギー君なので、ハードルの高さは小型犬用に設定されています。大きなジャンプは見せてくれませんが、低空弾丸飛びのコーギージャンプも目を見張ります。笑顔でリンクを走り回るのもコーギー君の魅力です。コーギー君の走る姿は「堪りません」です。豪快なジャンプ❓❓❓も披露です。コーギー区間に入ったので、連続して登場してくれます。職業犬なので、忠実...(2019.5.18)のアジリティー競技会『コーギー』

  • (2019.5.18)のアジリティー競技会『柴犬』

    前回の続きです。日本代表の『柴犬』です。競技犬では少数派ですが、登場すると注目が集まります。がっしりした体型なので、ジクザクポールは苦戦していました。この日は、3匹のシバさんが登場してくれました。最近よく見掛ける柴君です。安定した走りが定評です。柴犬にしては、大きなジャンプを見せてくれます。踏み切りのタイミング・空中姿勢・着地が素晴らしい安定したジャンプでした。調子も尻上がりに出てきます。障害物をクリアするごとに、表情も変わり始めて動きもキレも増していきます。切れ味鋭く、トンネルに飛び込みました。臆する事なく、飛び込みました。次々に障害物を難なくクリアしていきます。青色の部分を踏んでいなければ、失格なので「ギリギリのナイスタイミング」でした。ハンドラーをしっかり見ていたので、良いタイミングでした。洋犬に比べると...(2019.5.18)のアジリティー競技会『柴犬』

  • (2019.5.18)のアジリティー競技会『ビーグル』『ジャックラッセルテリア』

    11/11のワンワンの犬の日なので、今週は犬写真になります。5/18(土)に行われた、アジリティー競技会です。県下でも年2回ほど開催されています。アジリティー競技会・・・決められたルートを障害物をクリアしながらタイムを競う競技です。バーを落としたり、順番を間違えば失格になる厳しいルールです。競技犬の能力は勿論の事、ハンドラー(指示を出す人)の能力も試されます。まずは「お気に入りの方から」です。『ビーグル』スヌーピーのモデルです。猟犬でもあるビーグルなので、優れた競技犬としても見所が沢山あります。ジャンプもしっかり決めます。「少しピントがズレてしまいました」でした。SS・・・1/800F値・・・6.3ISO・・・200中央1点フォーカスポイントPCで、露出補正とトリミングをしています。身軽な体型なので、滞空時間の...(2019.5.18)のアジリティー競技会『ビーグル』『ジャックラッセルテリア』

  • (2019.11.10)の写真『猟犬と鹿』

    今日は、朝からカメラを持って活動でした。(中枢神経が深刻なので、人に出会わない活動でした・・・)岬近辺で探鳥中に、出撃前の猟犬に遭遇でした。ハンター(害獣駆除)もスタンバイしていました。軽く会釈程度で、済ませます。ハンターさんは笑顔で合わせてくれましたが、猟犬は戦闘モードの状態なので「いつもなら了解を得て撮影」ですが、今回は、直ぐにその場を後にしました。30分後に、2山向こうの田園地帯で鳥撮りをしていると・・・・山から降りて来たシカが疾走していきました。近くに草刈り中の腰の曲がったオバちゃんが居ましたが、互いに気付かずでした。(衝突していたら大惨事でした・・・)疾走して行く、鹿を撮影でした。SS・・・1/800F値・・・6.3ISO・・・630全てノントリでした。魅力的なお尻を翻して、山に戻って行きました。少し...(2019.11.10)の写真『猟犬と鹿』

  • (2019.10.20)の投げ釣り「キス釣り❓❓ルアー釣り❓❓」

    10/20(日)です。前日は雨で、晩酌用の肴を確保できていなかったので「釣行からスタート」です。「揚げたての天麩羅で、ビールをキュ~と至福時間を妄想してしまった」ので、キス釣りです。最近は「今年の秋の実りは、不作やね~」の海です。夜明け前に、晩酌保険をかけておくか・・・で、AM4:00~タチウオとカマス狙いで2時間ほど爆風の中で、ルアーを投げましたが・・・ボウズでした。風裏を考えて、蒲生田岬の毎度お馴染みの場所でした。曇り空で強風が吹いていますが、山が風をブロックしてくれてさほど気になりません。タックルも毎度お馴染みでした。竿…スカイサーフT30リール…トーナメントサーフZ35道糸…PE0.8号(ショックリーダー・・・ナイロン12~2号)オモリ…20~25号針…アスリートキス(6号)・ビクトルキス(5号)・掛け...(2019.10.20)の投げ釣り「キス釣り❓❓ルアー釣り❓❓」

  • ゴロたぬき中

    ゴロたぬき中今日は、寝る予定なしでゴロゴロしています。持病の症状が酷く、寝る時間をまともに与えられない状況なので「寝るより、起きている方が楽」です。草木が眠る丑三つ時に、活動開始になりそうです。今週は釣り週末にして、出来る限り一人で過ごさなくては・・・・ゴロたぬき中

  • 2019.9月の鳥撮り『堰の野鳥』

    9~10月に撮影した堰の野鳥です。猛禽類では、ミサゴ・ハヤブサ・トビです。(例年なら、チュウヒ・オオタカ・ノスリ・ハイタカも見られますが、今年は遅れているようで、飛来せず)サギ類・鵜などの水鳥も落ち鮎を狙って集まってきます。『カワウアオサギ』アオサギが良型の鮎を捕まえて、鵜が横取りに走ります。「ん岩海苔で包んで調理した❓❓❓」で、グルメなアオサギ君でした。アオサギの正面に回り込んで「俺にも食わせろ~」でした。渡すまいと、華麗なバックジャンプを披露してくれました。体長がカワウ80cm・アオサギ90cmなので、争うと迫力があります。自慢の嘴が使えないので、逃走するしかないアオサギです。執拗に「俺にも、くれ~」をしていたカワウでしたが、横取りできずでした。逃げ足は、アオサギの方が速かったです。『カワウカワウ』早い者勝...2019.9月の鳥撮り『堰の野鳥』

  • (2019.10.27)の鳥撮り『ミサゴ』

    10/27(日)です。前日の昼に堰を訪れた時に、水量がベストに近かったので「ミサゴダイブに丁度良いかも」とAM6:40に向かいます。狙いは当たりましたが・・・・・「雨曇り空で、撮影条件が悪い」でした。開始1時間で、20回ほどのダイブを披露してくれましたが・・・・・・「今年は天候に泣かされる日・・・」で、照度不足でNG写真ばかりでした。AM7:30頃に、色が悪いが何とか写真になるで「ダイブのピークは過ぎたものの、ここから」でした。AM7:30~の2時間で、10ダイブほどでした。飛び込みの瞬間は「今日は全滅(ピンボケ)で、飛び出し後が中心の写真」です。ダムが放流していて水量が十分だったので、鮎もよく落ちてきていました。激流絡みの写真狙いでしたが・・・・手前の流れの緩やかな場所に鮎が溜まっていたので、其処ばかりでした...(2019.10.27)の鳥撮り『ミサゴ』

  • 釣行❓❓❓狸撮り❓❓❓の日

    9/28(土)です。「週末の休日は、狸君撮りと釣行は欠かせない秋の日」です。D野鳥園で、狸くんと遊んで貰って、夕方~ナイト釣行です。例年とは様相が違う、今年の海です。何時ものタックルで、アオリイカとタチウオを狙います。PM5:00過ぎにアオリイカ狙いで、一投目から掛かりますが・・・・・「食欲の秋の私の胃」と「好晩酌食材のアオリイカ」でも・・・・・「クーラーボックスに入れるには・・・」の超小型で、リリース(海帰す)でした。「まだ、一投目の始まったばかり」なので、それから4時間近く・・・・のノーフィシュでした。9月下旬の多くの魚が釣れる好時期ですが・・・・・タチウオ釣り師も「全く釣れない」と「何故この時間帯に気配すら無い」と続々と帰って行きます。アオリイカも全く気配すら無いで、今年の海は・・・・明らかに変です。日が...釣行❓❓❓狸撮り❓❓❓の日

  • (2019.10.13)のルアー釣り『台風後のメッキアジ』

    台風通過の週末です。暴風が残っていますが、波は落ち着いているので「晩酌の肴を確保」です。「土曜日は家に閉じ込められたので、今日は無理やり活動」でした。風を避けて、椿泊か蒲生田の湾奥でルアー釣りでした。夜明け前の椿泊で、タチウオ釣りで「何とか一太刀」でした。指幅3.5本で、この爆風で良く釣ったでした。「この爆風では、30分が限度」で、対岸の蒲生田へ移動です。車が風で揺れ過ぎるほどだったので、様子見で1時間ほど仮眠します。夜が明けてきたので、メッキアジを狙います。先行者がいましたが「タチウオは、全く気配無し」で、入れ替わります。開始から数投後に、小型メッキが釣れました。10cmほどのお子ちゃまサイズでした。先週同様に「ここのメッキアジも手強いね」で、喰い渋ります。ルアーをローテションしながら狙えば、何とか釣れました...(2019.10.13)のルアー釣り『台風後のメッキアジ』

  • (2019.11.3)の鳥撮り『チュウヒ』『クイナ』『スズガモ』

    11/3(日)です。今日も鳥撮り日で、夜明け前から岬でタカ渡り撮影でした。(昼までの滞在で、絶不調で・・・日向ぼっこでした。)PM1:30過ぎから出島野鳥園で、撮影の続きです。東観察舎に付くとKさんより「1分前にチュウヒが飛んで、枯れ松の前に降りている」でした。少し待った14:00ジャストに、飛び出してくれました。『チュウヒ』「前日に見た個体と違うような・・・・同じようなで、判別できず」でした。羽の欠損の無い、成鳥の雌のチュウヒでした。葦原から飛び出して、1分足らずの飛行で、東沼に降りました。(トビにちょっかいを受けていました。)5分後に戻って来て、至近距離を飛んでくれましたが「曇り空背景などで、真っ黒写真でした。」チュウヒが東沼に帰ってった後、目の前の茂みからクイナが飛び出してくれました。『クイナ』体長29c...(2019.11.3)の鳥撮り『チュウヒ』『クイナ』『スズガモ』

  • (2019.11.2)の鳥撮り『ヒクイナ』『コサギ』『チュウヒ』

    11/2(土)です。冬鳥が飛来し始めているので「今週は、鳥撮り週末」です。(釣り曜日を入れていますが「先週に痛恨ボウズで、疲れすぎた」ので、今週は釣行無しです)世間は3連休ですが、私は2連休なので「2日で、3日分を遊ぶぞ」で、ハードスケジュールの鳥撮り休日です。まずは「夜明け時間に合わせて、岬で冬タカ狙い」でした。(写真の現像が間に合わないので、後日です)昼まで岬で過ごして、帰り道の出島野鳥園で「冬タカの『チュウヒ』と『オオタカ』狙い」です。PM1:00から、スタートしますが・・・・猛禽類の気配は薄かったです・・・。夕暮れ時に、『ヒクイナ』体長23cmツル目クイナ科留鳥ほぼ10ヵ月ぶりの撮影でした。何時見ても「クイナが身近な場所で、見られるのは不思議」と思ってしまいます。出島野鳥園では、繁殖もしています。SS・...(2019.11.2)の鳥撮り『ヒクイナ』『コサギ』『チュウヒ』

  • マイバック

    9月から徳島県内の主要スーパーなどで、レジ袋が有料化されました。一袋3~5円の有料化になりました。「徳島県が進んでいる❓❓❓」か「徳島県もようやく、海洋廃プラ問題に前向きになった❓❓❓」か分かりませんが・・・私も海の恵みも大きく受けているので、マイバックを持参して買い物をしています。折り畳み式のポケットサイズを準備しています。大きい方で、買い物カゴが半分ほど入ります。いつもバックの片隅に入れて、持ち歩いています。レジ袋を購入しても経済的に問題は有りませんが・・・・・「取り組みには、進んで参加」です。マイホームグランドの椿泊湾にも、海洋廃プラが沢山おし寄せています。大きな物(発泡スチロールやブイ等)~ペットボトルまで、様々な廃プラが目に付きます。粉状になって海面を漂う廃プラをサバやアジが夢中で食べているのも見掛け...マイバック

  • (2019.10.5)のルアー釣り『四国東南部のメッキ釣り』

    10/5(土)です。県南の方でメッキアジが釣れている情報だったので「今季初のメッキロードを行く」でした。まずは、ウォーミングアップで夜明け前のタチウオ釣りです。(日が明けてからのメッキなので、興奮しすぎて・・・朝まで待たずして、出撃して時間潰しでした。)1時間ほどで、指幅3本を2匹でした。ミノーを棒引きで、サクサクと釣りました。夜が明け始めたAM5:30頃から1時間ほどのドライブで、スタート場所となる『宍喰漁港』で、AM7:00からスタートフィシングです。ここから高知県側に入って、主要ポイントをランガンします。タックルは「ここでも、毎度お馴染の」でした。竿…ソルティスRUNGUN81リール…トーナメントZ2500LBDライン…PE0.6号+ショックリーダー・フロロ2号ルアー…5.5cmシンキングミノー・テールス...(2019.10.5)のルアー釣り『四国東南部のメッキ釣り』

  • 続・令和元年たぬき日和 その7

    今回で最終回です。「今年の夏は、沢山撮らせてくれたね~」の6タヌキッズでした。適当に、より抜きタヌキでお送りします。『寝グセ狸』ゴロ狸をして❓❓❓、派手に寝グセが付いていました。『土俵際の攻防』熱戦続きの狸相撲が連日見られました。カメラを握る手にも力が入りました。『お~ソコソコ』極上のマッサージを受けて、うっとり気分に浸っていました。『タヌキ・ジャンプの練習❓❓❓』スパルタコーチの特訓を受けているみたいでした。『木登りの練習❓❓❓』「狸相撲のテッポウの練習かな❓❓❓」か「高い場所から食べ物を探そうとしていたの❓❓❓」でした。『亀は苦手❓❓❓』亀に通せんぼされて、困っタヌキさんをしていました。仲間にヘルプ❓❓していたみたいでしたが・・・・援軍は来ずでした。2~3分間を固まっていましたが・・・・・亀が退いてくれまし...続・令和元年たぬき日和その7

  • タヌキ・アッパーカット

    グベシタヌキ・カウンターの瞬間「先週の金曜日の私」で・・・・2カ月も、そのダメージをひこずる事が確定。特に意味なしタヌキ・アッパーカット

  • 第15回 むれ源平石あかりロード

    9月某日に、ナイト撮影でした。平日で次の日も仕事ですが・・・・・「ストレスが溜まりすぎている時は・・・」で、仕事を終えて、シャワーを浴びてから車を1時間ほど走らせて隣県まで移動です。第15回目を迎えた『むれ源平石あかりロード』です。148点の石の彫刻が並べられています。駐車場近辺からスタートします。『真実の石』今日は雨上がりのタイミングだったので、人が少なかったです。毎年ここでは、おばちゃん連中が口の中に手を突っ込んでバカ笑している場面ばかり見ていましたが、今年は人が居なく強面を披露してくれました。「日頃の行いが悪い私」なので・・・手は入れず、撮影のみでした。過去の作品がほとんどで、年1回の撮影なので、飽きません。数年前のグランプリ作品です。今年の干支も飾られていました。多くの展示物は販売されています。これは、...第15回むれ源平石あかりロード

  • (2019.9.21)のルアー釣り『アオリイカand狸』

    9/21(土)です。台風が九州沖にいますが、徳島県には影響が少ないので「嵐の前に、肴(魚)を確保」です。油断は大敵で、安全に配慮して湾内の『椿泊』で「タチウオ・アオリイカ狙い」です。日付が替わる頃から雨予定なので、夕方~日付が替わるまで釣行です。「少しの雨なら濡れて行こう」と「クーラー一杯になったら終了」です。出島野鳥園で、昼過ぎ~PM4:00まで狸撮りをして「撮った狸の皮算用をしてから」移動でした。PM5:30からエギングで、アオリイカ狙いからスタートです。竿…ソルティスRUNGUN81リール…トーナメントZ2500LBDライン…PE0.6号+ショックリーダー・フロロ2号ルアー…エギ(ダートマックス)海は穏やかです、湾内とはいえ「穏やか過ぎるな」でした。まだ明るい時間帯ですが、タチウオ釣り師が多く居ます。アジ...(2019.9.21)のルアー釣り『アオリイカand狸』

カテゴリー一覧
商用