chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
AZU WORLD https://kokoro-iyasuwa.jimdosite.com

心と身体と魂のヒーリングサロン・RUACH[ルーア]心のセラピストAZUの幸せになるメッセージ

東京都出身。2001年からヒプノセラピストとしてのキャリアをスタート。2009年鍼灸師でhealerの夫と沖縄へ移住。トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄を夫婦で経営。2022年、夫と琉球犬mixの保護犬「おかあさん」とともに、信州諏訪へ再び移住。ヒプノセラピー、心理カウンセリング、レイキヒーリング、奇跡講座を教科書にした意識の仕組みの講座を行っています。

AZU
フォロー
住所
岡谷市
出身
狛江市
ブログ村参加

2013/08/23

1件〜100件

arrow_drop_down
  • トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]よりお知らせです

    こんにちは。お知らせが2点あります。 トータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]のAZUとSanctuaryの山田美那子さんとでオンラインでグループミーティングを開催します。 ご参加資格はAZUの「究極の意識の仕組みを学ぶ奇跡の講座」を受講中、受講してくださった方と、 山田美那子さんから「心の仕組みとともに学ぶ奇跡の講座」を受講中、受講してくださった方、 です。 ミーティングの主旨は奇跡講座の言葉を借りて一言で申し上げるなら神の延長の一助として、心を共有することを目的としています。 みなさんがご自由につながっていただける母体として、また体験談、質疑応答などのシェアリングの場として、ご活用い…

  • 内なるキリストからの一番大切な私への教え

    意識の仕組み。 心には4つの領域がある。 〇を描いて、それを心とする。 こんなふうに、4つの領域に分ける。 ①一番外の薄い皮の所が、顕在意識。 ②次の果肉みたいな所が潜在意識。 ③真ん中に近い芯の所が魂=超意識。 ④中心の点が内なる神=宇宙意識。 ①顕在意識 私たちが認識している部分。 考え、思考。 潜在意識との対比で1:10とか1:100とか1:100万と表現される1の部分。 こうだとわかっていると私たちが知っていることは、それくらいちっぽけだということ。 ②潜在意識 無意識、半無意識の領域。 つまり私たちが実は知っているが無自覚のうちに使われたり、眠ったままになっている記憶。 その成り立ち…

  • 今あなたが抱えている痛みを教えて。

    人類の持つ不条理の筆頭に戦争があると思う。 人類のほどんどにとって百害あって一利なしなはずなのに、なぜか人類史上一秒たりとも止まったことがない戦争。 正論には何の効力もないということを私たちに見せつけ、善悪の基準を覆し、不条理を飲み込んでみろと突き付けてくる。 どうしたらこの事案を整理し、理解へと進めることができるだろう。 多くの人が試みていると思うが、その答えは共有されていない。 私と夫が結婚して間もなく沖縄へ行く決断をしたきっかけは、戦争だった。 終戦記念日に沖縄へ行こうと決めた。 そして私たち、特に夫は、その生き証人たちの生の声をたくさん聴いた。 沖縄で私はいわゆる私と同じような心の痛み…

  • そろそろ愛とはなにかについて明らかにしよう

    この世にすべての人を救うことができる手段はあるだろうか。 その前にそもそも、人は救われたいと願っているのだろうか。 そもそも救われたいなどと思うことが負けている感じがするかもしれない。 救われたい以前に、人は勝ちたいと願っているのかもしれない。 勝った者だけが救われ、救うこともできると信じられているかもしれない。 救われたいという願いがそもそも、負けた人の思考だと言われるかもしれない。 勝っている、負けている、というところを気にするうちは、救われたいと願わないのかもしれない。 自分は勝ち負けなど気にしないと思っていても、芯から気にしない人はそうそういない。 いざ負けを感じた時、人は少なからず動…

  • 月と浄化と前世療法

    みなさん、いかがお過ごしでしょうか。 先日の月のショーはやはり大勢の方が注目していたようですね。 ロマンとしてという方もいれば、天体観測的に、歴史的に、エネルギーに着目している方もいると思います。 私の夫の見地(中医学的鍼灸)で言えば、森羅万象は大宇宙・マクロと小宇宙・ミクロで相関しているので、影響を受けない生き物は無いということになります。 ただし法則を言うなら、外側がこうだから小さき私たちはこうなる、という見方はやはり誤りであると言えます。 現象はすべて意識の投影であり、現象は投影のもととなる想念を探る機会となればいいものでそれ以上のことはないと私は理解しています。 月は特に、それだけで歓…

  • 月と浄化と前世療法

    みなさん、いかがお過ごしでしょうか。 先日の月のショーはやはり大勢の方が注目していたようですね。 ロマンとしてという方もいれば、天体観測的に、歴史的に、エネルギーに着目している方もいると思います。 私の夫の見地(中医学的鍼灸)で言えば、森羅万象は大宇宙・マクロと小宇宙・ミクロで相関しているので、影響を受けない生き物は無いということになります。 ただし法則を言うなら、外側がこうだから小さき私たちはこうなる、という見方はやはり誤りであると言えます。 現象はすべて意識の投影であり、現象は投影のもととなる想念を探る機会となればいいものでそれ以上のことはないと私は理解しています。 月は特に、それだけで歓…

  • 2022・11・8 月と星のイベントの祈りについて

    明日11月8日は、かなり大掛かりな天体ショーがあるとのことで、エネルギーの大変化がある、と少し前から言われています。 みんなが一斉に空の一点を見上げて心を開けば、いつだってなんだって変えることはできると私は思います。 でも逆に言えば、人々の「前進したい」という集合的な意欲の総和と宇宙の磁力が相まって、ひとつの頂点をなすタイミングがこういうイベントで、それが大局の目的への導きなのだろうと理解しています。 明日、私たちが大規模な舞台装置を与えられ、共に祈るのであればいったいどのように望めばいいのだろうか、ということを考察してみました。 というのも、私たちが心をひとつにしてひとつの目的に向かった時、…

  • 太鼓に教わった魂のこと

    SNSのほうで、諏訪・八ヶ岳地域で開催されている諏訪神仏プロジェクトについて度々書いています。概要は下記ページをどうぞ。 suwa-tabi.jp ちょっとだけ、私が興味を惹かれ、そして深く納得した要点を書きますと、 神仏習合の神と仏は、どっちもあり、どっちもいい、というような並びではなく、 「神社に祀られる神々様も仏法という真理の中に生きている」 というように、全体でひとつの世界として理解され信仰されていたそうなのです。 そしてその信仰は1000年余り続いていました。 宗教はいつの世も政治と結びついていますが、為政者が与えた印象が強かった神仏習合の別の側面、つまり民衆が求めた神の世の在り様を…

  • 奇跡ノススメ

    奇跡講座が気になっていて、いつか、取り組もうかな、と思われている方がいらしたら、もしくは取り組んでみたけれどちょっと手に負えない、と思われている方がいらしたら、参考になると嬉しいです。 もちろん全然知らなかった方が知ってくださるきっかけになればなによりです。 私と夫はかれこれ13年余り、取り組んでいます。 日本に書籍が出ていなかった頃からです。 修道女の田中百合子さんという方がご厚意で翻訳されたものを分けてくださるという噂を聞いてご連絡し、いただいたデータを自宅のプリンターでプリントアウトして取り組んでいました。 13年を超えて、今わが家で一番熱いのは、やはり奇跡講座です。 取り組めば取り組む…

  • ほんものを見分ける

    この世界には魅力的なものがたくさんあるかに見えます。 自然だったり、科学だったり、歴史だったり、 技術だったり芸術だったり。 けれど、美しいと感じたものが一斉に色あせて見えたり、 逆にすべてが輝いて見えたり。 そういう体験を多くの人がしているのではないでしょうか。 私は高校生の頃、桜が嫌いでした。 それも、恐怖に追い立てられていたたまれない、というくらいに。 今はきれいだとしか思えませんが。 この間にある違いはなんでしょう。 高校生の頃は病んでいて今が正常、と言われればそれまでですが(笑) ではなぜ人は病み、そして治るのでしょう。 あの人の見ている青と、私の見ているそれは まったく同色なのでし…

  • THE REIKI!

    こんにちは。心のセラピストAZUです。東京から沖縄の幸せな13年半を経て、今、信州諏訪・岡谷市で暮らしています。 たった今、沖縄のレイキマスターさんと電話会議してきたところです。楽しくて燃え上がった勢いで書いています(笑)。 セッションを受けていただいた方からのご質問は変わらず、できうる限り全力でお応えしています。沖縄でセッションを受けてくださったみなさん、地続きでなくなっても同じ体制でスタンバっていますので、必要な時はお声かけてください。 東京での一番古いキャリアのラディアンス時代にセッションを受けていただいた方との再会(オンラインですが)も去年ありました。20年ぶりでした。覚えていただてい…

  • 見えないものを見ること

    心のセラピストAZUです。東京から沖縄の幸せな日々を経て、信州諏訪・岡谷市で暮らしています。 沖縄にはそこかしこに拝所(うがんじょ・聖所)があります。 移住してからというもの、夫と一緒になんとはなしに出掛けてみると、導かれるようにそういう場所に連れていかれました。そしてよく、出かけた翌日にその地域からお客さまが来てくれたりしました。 そういうことを期待していたわけではないのですが、いつも自然にそうなっていたので「エネルギー的ななにか」が働いているんだろうと思っていましたが、だんだんとそれを「ご先祖さま(家族)が子孫(家族)を思っての導き」をしてくださっていると、直覚的に感じるようになりました。…

  • 心の探究のススメ

    こんにちは。心のセラピストAZUです。東京から沖縄、そして日本の真ん中信州諏訪・岡谷市で暮らさせていただいています。 奇跡講座を教科書とした意識の仕組みの講座を続けさせていただいています。 もちろんヒプノセラピー、レイキヒーリング、カウンセリングのセッションもずーっと変わらずさせていただいています。 講座は月2回×6か月を継続してお受けいただくので、その他のセッションとはまた圧倒的に違った学びがあります。 あまりに怒涛すぎて、もうかなり以前からずっとずっと、続いているような感覚です。 振り返ったら、昨年3月からスタートしたということに気づいて驚いています。 でもおかげさまでたくさんの方と考えら…

  • 世界がこうである原因

    以前の記事に、映画『ああ野麦峠』のことをちらっと書いたのですが、そのせいなのか(?)YouTubeのおすすめ動画に『ああ野麦峠 完全版』が出てきました。 あの頃はきっと、金曜ロードショーかなにかで放映されたのを見たのではないかと思います。 1979年の作品。私、12歳。 今回は夫と一緒に観ました。 これを観た当時、私もこうなりたい、というか、わたしこれだ、と思ったほどなのです。 政井みねという役と大竹しのぶを両方合わせて新工(新人工女)の年頃の私はそんな風に感じました。 役者さんたちみんな力あります。 シーンのすべてが生きていて、惜しみないテンポで押し寄せてきます。 調べてみると劇団民藝で舞台…

  • 実りの秋の収穫は

    みなさん、こんにちは。 心のセラピストAZUです。 東京から夫婦で移住し13年半の沖縄暮らしを経て信州諏訪に参りました。 夫の車のナンバープレートはまだ沖縄のままで、 子供たちが「沖縄だ!沖縄だって!」と楽しそうに指さしてくれたり、 諏訪湖の駐車場では犬連れのおとうさんから 「沖縄から来たの?いい人生送ってるなあ!」 と声をかけてもらったり。 多くの方から 「なんでこの寒いところに来たの?!」 「沖縄こそあこがれなのに!なんで?」 と、第一声をいただいています。 身に余る贅沢をさせていただいている気がします。 夫と一緒に引越しをするのは、結婚前に全面的に手伝ってもらったのを含めて6回目。 毎回…

  • RUACH[ルーア]よりお知らせです

    みなさん、AZU WORLDにお越しくださりありがとうございます。 オープンしたばかりのルーアですが、 ただいまインターネットのプロバイダ変更に伴い 24日までお電話が使えなくなっています。 ご用の方はe-mailかWhatsAppにご一報ください。 お電話番号をお知らせいただければこちらからお電話いたします。 ご不便をおかけしますがよろしくお願いいたします。 24日からは電話番号か変わり0266-75-2179となります。 e-mailは以前のままです。 WhatsAppは kokoro-iyasuwa.jimdosite.com に記載されています。おかげさまでだいぶできてきました。 写真…

  • 岡谷のルーアができました。

    みなさん、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。 信州諏訪地方、岡谷市からお届けしています。 沖縄のみなさん、お元気でしょうか。 台風情報や選挙の様子などネットを通してうかがっています。 また、私の移動をまたいで継続して「究極の意識の仕組みを学ぶ奇跡の講座」をお受けいただいている方、遠隔やオンラインセッションをご依頼いただいている方、SNSでつながってくださっている方との交流を通して、日々沖縄を感じずにはいられません。 みなさん本当にありがとうございます。 つい先日は、なんとルーア沖縄での瞑想会に通ってくださっていたTさんが岡谷のルーアまでいらしてくださいました。常連のみなさんなら懐かしく思っ…

  • 戦いの終わりの日に。2000キロの旅、その2

    さて、前回は6月9日(なんとすでに2か月が経過)までの、怒涛の大移動をお送りしました。移動の機会のたびに思うのですが、この世はなんでもスピーディになったように見えて本当の移動、つまりエネルギーの様々な次元でのすべてが移動完了するには結局のところ徒歩か、最速馬で移動するくらいの時間がかかるのでは、と。 9日に庄内川の河川敷をお散歩し、高速道路に乗り、途中駒ヶ岳のパーキングでドッグランをみつけ、おかあさんのご機嫌をうかがいながら連れていくと、おかあさんは嬉しそうに空中の匂いを嗅いでから笑顔でゆっくりと探索し始めました。 沖縄とは植物も土の匂いもあまりに違うので、おかあさんがなにもかもにびっくりする…

  • 2000キロの旅、その1

    みなさん、ご無沙汰しております。 2022年6月もあとわずかです。 お元気にお過ごしでしょうか。 13年半、RUACHとともに暮らした沖縄からたびだち、長野に無事着地しております。 ごあいさつを兼ねてここまでを振り返ってみたいと思います。 5月22日に沖縄での最後の対面セッションをさせていただき、そこから6月6日の荷物搬出までは、ぎりぎりまでひたすら荷造り作業に追われました。 2か月前からコツコツとやっていたつもりでしたが、最後までまったく余裕はありませんでした。 島外への引っ越しは、荷物の移動が1週間以上かかります。 この1週間をどのように移動し過ごすのか。 人間だけならなんとでもなるのです…

  • 出発をまえに

    みなさん、こんにちは。 いよいよ、沖縄を出発する日が近づいてきました。 沖縄で暮らしたのは13年半。 少し前には思いもよらなかった感覚が溢れてきます。 来たばかりのことが、本当につい最近のように鮮やかに蘇り、すべては一瞬のようにも感じられます。 時間は存在しない、ただ、記憶があるだけ、ということが身に沁みます。 結婚して2年足らずでこちらへ移ったので、結婚生活のほとんどは沖縄での暮らしです。 書きたいことはいくらでもあるのに、結局のところ、感謝しか残っていない、というのが本当の本当のところです。 夫とも、この会話を何度も繰り返しています。 沖縄へ来ることができ、沖縄で暮らせたこと、そのすべてが…

  • 移転のお知らせとごあいさつ

    みなさん、こんにちは。 気がつけば前回投稿から1か月以上が過ぎています。 その間に、この世界では世界中を激震させるような事件が起こり、多くの人の心を揺さぶっていることと思います。 なぜ人と人は、対立し、戦うのでしょうか。 それは、この世界が対立によって存在している世界だからなのでしょう。 この世の最も美しいものから醜いものまで、すべては対立によって成り立っています。 そして対立するもののすべては、なんらかの形を持っています。 形あるものはいつかは失われます。 同時に形は存続することを目的としています。 この世界においては、肉体の命が最大の目的です。 私たちが肉体の命を最大の目的としている限り、…

  • 現役の探究者

    先日のハイヤーセルフのセッションがあまりにすばらしかった。インナーチャイルド、過去世のワークを体験されて、ハイヤーセルフがまだの方はぜひぜひ、体験してほしいと改めて思います。 ハイヤーセルフは文字通り、より高い自己意識です。 自己を自我(個別の自分)と認識していれば、ハイヤーセルフはより高度な自我ということになります。でも真の自己はみんなとおんなじひとつですから、ハイヤーセルフはみんなとおんなじひとつと、個別に見えているそれぞれをつないで、それぞれをひとつへと導いている霊(スピリット)です。 ですからやはり、奇跡のコースで言うなら、聖霊(ホーリースピリット)です。 私のなかでそれがクリアになれ…

  • 潜在意識は自我の図書館

    潜在意識はほとんど誤解されていると思う。 潜在意識の中身を厳密に吟味したことがあるだろうか。 確かに理性(と私たちが認識しているもの)と潜在意識はおおむね対立し、対立すれば必ず潜在意識が勝つ。 顕在している意識と無意識では無意識が大きく、ゆえに強い。 早起きしたい 規則正しく暮らしたい 間食をやめたい 勉強に集中したい ダイエットを成功させたい 業績を上げたい 対人関係が苦しい お金が欲しい 好きなことをやりたい 好きなことで稼ぎたい 恋愛を成就したい 結婚したい 子供が欲しい 子育てが苦しい 配偶者との関係がつまらない 親類縁者ともめている 病気を治したい 長生きしたい 健康でいたい 認めら…

  • 聖霊とわたし。

    実のところ、聖霊を唯一無二の実在するエネルギーだと確信するようになったのは最近のことのように思う。 聖霊とは神の働きそのものであり、神と自我のすべてを知り尽くしていて、神へと還る私たちの道を真理によって完全に導いてくれる。 「聖霊にお願いしてください。聖霊にじゃないと、だめなんです」と 究極の意識の仕組みを学ぶ奇跡の講座で、ある方にお伝えした。 そんな言い方をしたことがなかったので自分でも少し意外だった。 「ほんとに?そんなこと言っちゃっていいの?」 という自分ツッコミの声をかすかに聞かなかったわけではない。 その直後その方は一瞥体験とも呼べるような、鮮烈な目覚めを体験された。 それは恐らく、…

  • 奇跡だけを選ぶ

    私自身が奇跡を自分のものとして身近に引き寄せた時、仲間たちもまた、それに引き寄せられる。 離れたところに置いておけば、仲間たちも離れている。 奇跡を選ぶか、自我のやり方を続けるか。 この二択である。 私は長いこと、神の道具になることの訓練を受けたと思う。 神の道具になることは、奇跡を受け入れることだ。 奇跡を受け取る権限はすべての人が持っている。 だが奇跡は誤解され、曖昧に捉えられ、その価値を理解されずにいる。 この世界で奇跡は、道理を超えた、つまり法則に反することだと思われている。 でも奇跡は、愛という絶対的な法則がもたらす、原則原理の結果に過ぎない。 自我の作ったこの世界と天国の法はこのよ…

  • 究極の救い

    真理において死はない。あるのは永遠無限の命だけです。 それは私たちの知っているこの世界とはかけ離れ過ぎていますから、遠い別の世界のこととしてうっすら知っていることとするか、或いは科学が未発達だった、今よりも迷信が横行していた時代に信じられていた劣った考え方と位置付けるか、或いは弱い人間に必要とされる生きる知恵の一種として、最後の手段としてなるべく近寄りたくないエリアに置いておくのか。 とにかく自分ごととしてそれを取り上げることを後回しにされるもののように思います。 私は子供の頃、生きるには恐怖心がつきまとうと感じていたので、死は恐怖の終わりであってほしいと願っていました。ですから死後の世界があ…

  • 見たいものはなんですか。

    2022年賀はがき おかあさん(犬)がなんとか正面を向いて笑ってくれました。 寅年にふさわしく、トラ模様がもう少しくっきり映ったら完璧だったな~などと思いつつ、作りました。改めまして今年もどうぞよろしくお願いいたします。 おかあさん久々の登場ですが、元気です。 うちに来てくれてから6年半となりました。年々かわいくなり、通じるようになり、そしておもしろくなっていて、よく笑わせてくれます。そして私たちが笑うとおかあさんも笑います。時にはおもしろい声で、明らかにしゃべっているつもりのようです。 私たちが県外に出かける時は井上愛犬訓練所というところにあずかっていただくのですが、お迎えに行って車に乗ると…

  • 2021年ありがとう。2022年、ようこそ!

    2021年を終えて、すでに確信することがひとつある。極めて個人的感想だが、この一年はこれまでで最も幸せに満ちていた。 それは神からの応答をこれまでにないほどクリアにダイレクトに親密に体験できたことに尽きる。神に満ちた一年だった。 癒しという道を歩んできた。自分のため。家族を思うなか。そしてすべての人を思うなかで。 人とは、人生とは、そしてその幸せを決定づける心とはなんなのか。 自分の個人的な体験とそこからの学びがいつか普遍的なものへと拡大し、人の幸せと直に関わることが可能になっていった。 出会う人の苦しみを理解することは、世界を理解することにつながる。 世界は閉ざされた心による陰影で成り立って…

  • みつからないところに探してきたもの

    「自分が知らないということを知ること」は心に自由をもたらす。 真理もそう語る。 「きわめて重要なことは、自分は何も知らないと学ぶことである」と。 夜空や大地を眺めて感じる壮大さは、自分が小さき者であることを想起させ、安堵させる。 しかしひとたび等身大の自分に戻れば社会とその中の小さな役割を背負い、その小さな役割の中でつぶされそうな自分に出会う。 そうではなく「自分は宇宙に等しい壮大な存在で、ただそれを思い出すだけでいい」 というのが真理だ。 そこで人は、「だからこのままでいいのか」と思ってみたり 「神たる自分なのだから思うように生きれば良かったのだ」と思ってみたりする。 或いは「神たる自分の神…

  • ただ選びなおす

    今、平安ですか? その平安に理由はありますか? 神は神の子である私たちに平安であるように求めます。 そうすると私たちが神のもとに戻ってこられるからです。 平安であるために、私たちはその条件を整えようとします。 平安を乱すものから逃げたり、戦ったり。 問題が無いふりをしたり、感じないようにしたり。 かたっぱしから解決を挑んだり。 どんどんこじらせています。 すると神を求めるのは難しいことだと勘違いしていまいます。 自我の知っている平安は条件付き、期限付きであり、外側への反応、反射です。 神の平安は無制限で恒久的で無条件です。 これが違いです。 求めるなら神の平安にかぎります。 探すべき場所は私た…

  • すべての人が等しく持つ権限

    世界を変える権限をすべての人が等しく持っているとしたら、あなたはどのように行使するでしょうか。 世界は確かに私たちの想念の投影の総和によって立ち上がっています。 その世界では、社会的な権力や力の強さ、身体の能力、持ち物の量などという「差異」によってその権限に強弱があると考えられています。 それらをけん制しあって、或いは利用しあって、世界は動いていると信じられています。 今のところそれがこの世界です。 でもそれは、それが信じられ共有されている間だけです。 それよりも、等しくすべての人が持っている権限のほうを自然にみんなが受け入れるようになれば世界はそのようになります。 「自然に受け入れるようにな…

  • わずかな意欲でいい

    究極の意識の仕組みを学ぶ奇跡の講座、本当にやってよかったです。受講してくださった皆さん、受講してくださっている皆さん、受講を選んでくださった皆さん、本当にありがとうございます。 第一期受講者さんの中で、癒しに関わるお仕事に携わることを目標とされていた方が軒並みでデビューされ前進なさるお姿など、究極の奇跡を見るようでした。 すべては心なのです。心が私たちを創造し、そして確実に導くのです。 講座の中で交わした言葉がいつも私を励まし後押ししてくれます。 前回の記事でご紹介した山田美那子さんのブログにある 『相手の方のお話から引き出された私の言葉は、そのまま、私が今、受け取るべき言葉だったことに気づき…

  • 人は人の心に生きる

    2016年に東京で勉強会を何度かさせていただきました。 ご参加くださったみなさま、その節はありがとうございました。 あれから5年、早いです。 その時のテーマ、気づきを振り返って、セラピストの山田美那子さんが秀逸な文章を書いてくださったので、今朝はそれをシェアしたいなと思いながらパソコンを開きました。 そこでFacebookを開くと、父(声優の故・仲村秀生)と東京アナウンス学院で父が教えていた時に親交があった大学の先輩の記事が目に飛び込みました。 埴生先輩は舞台美術、舞台進行の仕事、スタジオ経営などされているのですが、YouTubeに朗読の動画を作っておられ、そこに『朗読の師匠であった、声優の故…

  • 人生の意味

    インナーチャイルドに傷を与えるとされる事例の筆頭に 「お母さんの気分によって良い悪いの基準が変わってしまう」ことで こどもが混乱するというのがあります。 言い換えると 「首尾一貫しないものごとは心を混乱させ傷を作る」。 確かにそうです。 しかし、首尾一貫した人間などこの世にいるのでしょうか。 生きた人はみな、学びの途上にあるがゆえに未熟です。 首尾一貫するためには止まっていなければなりません。 完全に止まっている人は完全に目覚めた人ですから きっと別の役割をしているでしょうね。 つまりこの世に生まれてきた人は、みんな傷つくようにできているのです。 傷つかなければならない。 そしてその傷がおとな…

  • インナーチャイルドを癒すのに必要なこと

    インナーチャイルドへの取り組み、勉強されている方とても多い印象です。 私も30年来、探究しています。 セッションを受けてくださる子育て世代の方は、意識の仕組みのお話をさせていただくと 「・・・自分のこと以上に自分のこどもへの対応が気になるんです」 とおっしゃることが多いです。 インナーチャイルドの形成期、この世界で最も影響を受ける存在はお母さん。 それは間違いありません。 しかし声を大にして言わせていただきたいのですが、それを言うならそこだけ切り取って考えてはいけません。そのやり方は不幸になるだけだからです。 潜在意識はこの世に来る前、すでに多くの情報を刷り込まれてこの肉体に持ってこられていま…

  • 愛に戻る。

    愛について私たちはほとんど誤解していますが、だからと言ってまったく知らないわけではないんです。当然ながら。 多くの人が愛を口にし愛を語り、なにかしらを愛と認識しています。 でもだからこそ、知っているものを愛だと信じてしまう。 或いは逆に、愛はよくわからない、世の中に言う愛を信じられないから、という人もいます。わからないものだから触りたくない、というスタンス。 そしてその両者ともが、愛をもっと知ろうとしないんです。 ですよね。 でも愛は、求めないとわかりません。 愛は人生の必須項目の何番目かに出てくるトピックではありません。 愛はすべてです。 神と愛と真理は一つ、ということをここで強調しておきた…

  • 愛でいさせてください。

    なぜ私はこんなにも「仕組み」のことを伝えたいのだろう。 先日、夫がこう言ってくれた。 「だから結局、仕組みに戻ることができないと本当には学べないんだよね。」 目の前に次々やって来る出来事はみんな違って見える。 でも結局これとあれは同じことをしているだけなんだ、と心でわかることがいわば仕組み戻っていることだ。 その同じことが本当に価値のあることなのであれば何度も繰り返す意味があるし、価値のないことなのであればそれは手放す必要がある。それが人間の本当の成長であり乗り越えるということの意味だ。 目の前にやって来るものごと自体に意味はない。起こったことに意味はない。 そこからなにを学ぶかだけに意味があ…

  • 究極の仕組みとは

    「究極の意識の仕組みを学ぶ奇跡の講座」という講座を今年の3月から始めさせていただきました。受講してくださっているみなさん、そして卒業してくださったみなさん、本当にありがとうございます。また第2期スタートに早速応じてくださった方との学びが始まり、深く喜びを感じています。前回同様に、私の時間とエネルギーと相談しながら募集をさせいていただいています。みなさんの内なる導きとの波長とタイミングとが合いましたら、ぜひご応募ください。お問い合わせも歓迎です。 これまで20年あまり個人セッションをさせていただいて、その内容は私が探究と体験を通して学んだ仕組みに基づいていることに違いはありません。けれども講座を…

  • 過去をまるごと癒し、無限の愛へ

    自信がない。 自己肯定感が足りない。 ポジティブになれない。 だから、成果が得られない。 成果を得るためにはないもの、足りないもの、できないものを、手に入れろ。 これがこの世の成功哲学であり、この世的原因と結果の法則といえるもの。 そもそもないもの、足りないもの、できないものを、どうやって手に入れるのだろう。 そのためにはそうなった原因を探して、遡って、そしてそれを、克服する。 できる人に倣いできる人のまねをして訓練しなおす。 そうやって、欠けている自分を鍛え続ける。 ないものを求め続けるの法則。 その法則が見せてくれるのは、 「ないという現実に出会い続ける」という結果だけだ。 そんな法則は法…

  • カンは、最高の道具

    沖縄では台風対策、というのが日常生活の作業のひとつです。 風で飛びそうなものを全部片づけて、風で痛んでしまいそうな木の葉(ヤシなど)を紐で縛ってまとめ、サッシに布を詰め、数日分の食べ物を備蓄します。スーパーのパンやポテチやカップラーメンの棚はからっぽになります。 電動ポンプが止まると水も出なくなる建物もあるので、水や電灯の準備はもちろんです。 長引くときは、台風の目に入ったとたん、買い出しの車があちこちのおうちから出ていきます。東京育ちの私から見ると、すごい勇気とカンで、かっこいいです。天気予報でそんなこと言わないし、なにしろ停電だから情報ないし、海人さんが海に出るみたいで、すごいなーと思いま…

  • 世の光

    3月から奇跡の講座(究極の意識の仕組みを学ぶ奇跡の講座)を始めさせていただき、講座は後半を折り返し、また終盤へ向かいつつあります。 「教えることは学ぶこと」と言いますがそのことをどこまでもとことん教えられている私がいます。 奇跡のコースは、究極の仕組みを私たちが理解するのに必要な手がかりだと私は思っています。そう、言葉は単に手がかりなのです。しかし言葉の背後には神が直接私たちに語りかける愛というエネルギーに満ちています。その愛を受け取り、そして神への愛を私たちが思い出し実際にそうするようになるための道がそこに横たわっています。 手がかりは取り出され、解凍し、そして口にして味わい、飲み下してそし…

  • ワンダフル・ワールド

    みなさん、こんにちは。ご無沙汰しています。 沖縄では長く激しい梅雨もようやく明けて、そうそう、夏ってこれだったと思い出すことができました。今日も目の前に美しい空と海、緑が広がっています。 ですが緊急事態宣言は残念ながら明けませんね。 情報の混乱は相変わらずのようです。 情報の混乱は散らかったお部屋にいるようで、私は個人的に疲れます。 きっとみなさんそれぞれいろんな意味で疲れもおありと思います。 疲れたまんまものごとを観るとなにかと咎めたくなるものです。 そうすればますます世界は窮屈になり、結果自分に重石が乗っかっていきます。 疲れにはもっと疲れる状況が引き寄せられるっていう、あれですね。 でも…

  • ヒーラーというおしごと

    みなさん、こんにちは。 今日はレイキ・ヒーリングについて少し。 レイキの成り立ちは、深い瞑想と純粋で誠実な意図によってもたらされています。 その源は間違いなく、内なる神です。 レイキの源は一般によく宇宙の生命エネルギー、というふうに伝わっていると思いますが、それは物理宇宙のことではなくて、意識エネルギーのことです。 内なる神は宇宙意識とも呼ばれます。 その仕組みを順を追ってお伝えするとみなさん、「わかりやすいです!」「シンプルですね!」と言ってくださいます。 遠隔ヒーリングがなんの努力もなく可能になるのは、それが真実の原理に基づいているからです。 そうです。真実はいつもシンプルです。 そのこと…

  • 心はなんでも知っている

    みなさん、こんにちは。 前回の記事をたくさんシェアしていただけてとても嬉しいです。 世の混乱が多くの人の心に負担をかけていると思いますが、一緒にがんばっていきましょうね。私もがんばります。 私たちの内なる探究の道はすべて、内なる神(神という言葉が嫌な人は愛に置き換えて読んでください)に還るゴールに続いています。神の子であった自分、神が創ったままの自分を思い出すことです。 私のセッションはその神のやり方での癒しを体験していただくものです。神の泉から湧く泉の水を実際に飲んでいただくこと。それによって、命が再生する体験をしていただくことだと思っています。 しかし私たちは普段の生活の中で、神の泉が私た…

  • 愛というコミュニケーション

    コミュニケーションって難しい、という言葉をよくうかがいます。一見いろいろな形があるように見えて、重要なのは、愛におけるそれだと思います。 人はみな、私の思う愛と相手の思う愛の違いに戸惑います。でも違いというのは自我の次元にしかないので、戸惑いの原因は愛ではなく自我にあります。 愛に近づこうとすると自我の問題が浮上してくるというのがその実態です。それで、ああもう、愛に近づくのは危険だからやめよう、と自我は思うのです。そうすると霊的前進が止まってしまいます。 インナーチャイルドの問題を探っていくと、子供の潜在意識の形成に多大な影響を与えるのはお母さんとの関係と言われます。その仕組みに怯えているお母…

  • すべての人への呼びかけ

    瞑想のちからというのは本当にすごいんです。 瞑想を身近にしていただきたくて、定期瞑想会を毎月3年間行っていました。 誘導瞑想をして、ご参加者のみなさんにシェアリングをしていただく、という形は、考え抜いたわけでもなく自然に「起こり」ました。 毎回毎回、奇跡に直接立ち会うようで、みなさんからも「このシェアリングが聞けるのがすごく楽しみ」という声もいただいていました。 すごい、すばらしい、というお話ばかりでなく、時には心のうちにあったネガティブなエネルギーが浮上して苦しいとお感じの方もいらっしゃいました。 シェアしていただくことさえ許していただければ、必ずそれも昇華することができました。なによりそう…

  • 目的は一つ。原因も一つ。

    基本に立ち返ります。 私たちは、常に変わる必要があります。なにを変えるのか、それは意識です。 そのゴールは、神と同質同等の意識となることです。 神とは愛であり、真理です。 そしてそれは私たちのこころの本質であり、そもそも内側に等しく備わっているものです。 その質は無限であり完全であり分離と対極がありません。 そもそも持っているというのになぜ私たちは変わらなければならないのでしょう。 変わる、というのは戻るという意味です。 しかしながら、戻るという言葉から私たちが想起するものは既知の知覚に戻ることです。 すると私たちは既知のもののなかに愛を探してしまいます。 そこには愛はみつかりません。ありませ…

  • メールのご返信待ちの方へお知らせです

    みなさん、お読みいただいてありがとうございます。 今日は緊急のお知らせです。 こちらからのメールのご返信が届いていないことがあるようです。 現在いただいたメールのお返事はすべてさせていただいています。 もしお返事をお待ちの方がいらっしゃいましたら、迷惑メールフォルダをご確認いただき、届いていないようでしたらお手数ですがお電話でご連絡ください。 どうぞよろしくお願いいたします。 感謝とともに AZU

  • 誰かを癒したい人のために

    前回の なにが癒すかと訊かれて「愛です」と答えられる人は多いはずです。 にもかかわらず私たちは結局なにもわかっていないのです。仕組みを理解し、直接体験するまでは。 についてです。 私たちが「自分が癒されたように他者を癒したい」と望むことこそが学びの始まりです。そしてそれを職業にするかどうかという問題はまったく別のことです。 私は自分が癒されるよりずっと以前からそのことを望んでいました。 それは今にして思えば、すべての人の内に神がいるということへの答えです。(ただし職業にしたいとは全く思っていませんでした。) 昨日セラピスト同士のお話の中で 「自分が癒されたように癒したい」と思うことが良くないこ…

  • せいれいのいうとおり

    みなさん、こんにちは。心のセラピストAZUです。沖縄は梅雨に入ってしまったみたいなむちゃむちゃするお天気が続いております。 昨日とうとう開花しました。幸福の木です。激烈にいいかおり。 3月20日から順次、奇跡の講座が始まり、ご参加者の方の1回目が終了しました。 なんと言っても私自身が怒涛の学びを体験させられております。まさに奇跡のコース、聖霊の言う通り。 すべての方が個人レッスンですので私の準備が間に合うか、時間が足りるのか、などと少しでも思おうものなら「時間は無い」というレッスンがやってきます。「だから足りないということはあり得ない」という意味。 そして講座ではなく個人セッション、プライベー…

  • 幸福の風

    春分を迎え、沖縄はお花があちこちで開きカラフルです。そんな中、わが家の、というかRUACH[ルーア]のエントランスの中心に坐する幸福の木が、7年ぶり2度目の開花となりました。 開花は珍しく、それだけで貴重と言われるようですね。 この木は私が東京から持ってきた植物唯一の生き残りです。しかも元は母の雑貨店の開店祝いにいただいて、母曰くあまりに大きくなったので一部をのこぎりで切って捨てようとしていたら根っこが生えてきたそう。「美緒ちゃん持ってく?」と私にくれて、高円寺の日当たりのない部屋の蛍光灯で育ったという経歴の持ち主。引っ越しは5回経験しています。 みなさんにも春の良い風が後押しとなりますように…

  • 世界への希望

    世の中が東日本大震災から10年について語っています。正直、特別視する感覚がありません。というのも今というのはあの10年前を起点にある意味一続きでつながっていると感じているからです。 世の中のブームはあっちへこっちへと流されます。その間にこどもからおとなになる人がいたり、この世に生まれてくる人がいたり、この世を去る人がいたりします。 そして人間はなかなか本質にまっすぐ進まないものです。 なぜそのようなことが起こるのか、知りたいと願えば私たちは導かれます。知る、ということに。でも知ってるつもりになって放っておけば、私たちはただ見たいものを見るだけです。 知りたい、というのは愛の一つの表れだなあと私…

  • 奇跡の講座

    みなさん、こんにちは。 昨日お知らせしました、講座の詳細を告知させていただきます。 ヒプノセラピストとしてお仕事をスタートしてから、昨年で20年が経ちました。とてもハイペースだった時期もあればスローな時期もありましたが、沖縄へ来て12年はコンスタントにセッションを行えるよう導かれました。みなさんが私をみつけて足を運んでくださり、またお顔も知らないまま遠隔地からコンタクトしてくださった、すべてが奇跡と深く感謝しています。 またヒプノセラピーを私から学び、世界を癒す使徒として歩んでくださる魂の仲間にも恵まれました。 何度も何度も、未知で未開な世界に丸腰で飛び込むことを命じられてきました。その度に、…

  • 良き春のために

    みなさん、こんにちは。ご無沙汰してしまいました。 久しぶりなのでこれを書き始める前に azworld.hateblo.jp をちょっと読み返したのですが、結構すごいことが書いてあって(笑)「それで?どうなるの?ああ、本当にそうだなぁ」などと改めて共感してしまいました。おめでたいと言われそうですが。(笑) 実はご報告が遅くなりましたが、定期瞑想会を昨年いっぱいで一旦終了させていただきました。まる3年間、終盤はコロナに負けず毎月開催させていただき、いらしていただいたすべての方がたに本当に感謝しております。 任務を完遂できた、と感じています。というのも、瞑想はこの3年を見ても本当に広まりました。瞑想…

  • 覚醒してみる?

    最初にお知らせです。 AZUの対面セッションはすべてオンラインでお受けいただけるようになりました。ぜひご利用ください。よろしくお願いいたします。詳しくはホームページで。 覚醒っていう言葉、動画界隈で出回っていますよね。覚醒、なんかかっこよさげです。覚醒するとどうなるんでしょうか。 ニューアースという本、日本で発売当初(2008年)全米で300万だか500万部だったかな、売れたと聞いていました。この本のテーマはずばり覚醒。 じゃあ、覚醒ってなに?というと、これまで当たり前だと思っていた世界が本当じゃなかった、と気づくことです。「意識を変える。世界が変わる。」この本のキャッチコピーでした。 意識を…

  • 魂の伴侶

    みなさん、こんにちは。心のセラピストAZUです。 今日は夫の、44歳の誕生日です。 出会った時、彼は26歳でした。割と最近まで、出会った頃とあまり変わらないなーと思っていたのですが、さすがにおとなっぽく(笑)なってきました。 私はハイリー・センシティブなアダルトチャイルドでしたので、恋愛では本当に苦労しました。絶対に必要なのに得られる気がしないもの、それがパートナーであり、絶対に大切なのにうまくできる気がしないものがパートナーシップでした。 心の仕組み、意識とエネルギーついて全力で学び、それから神さまに思いっきりリクエストして、そして来てくれたのが彼です。 彼と出会った頃には、愛やパートナーシ…

  • 奇跡の道を行く

    みなさん、こんにちは。心のセラピストAZUです。 ホームページのおすすめ書籍を参考にしてくださってありがとうございます。 正直、けっこう凄まじい量の本を読んできました。その中から今手元に残り、そしてこれからも残しておきたい、と思う本だけを掲載しています。それらは恐らく、それ以上のなにかを必要としないほど、パワフルな本たちです。 私にとって、本はエネルギーです。真理という不変のエネルギーが込められた本は、私たちを真実という平安に引き戻すパワーを持っています。 それらの種の本は、読み終えることを目的としない本です。触れていることが重要なのです。神に対する態度と同じです。 「奇跡のコース」という本(…

  • 環境を超えるもの

    みなさん、こんにちは。心のセラピストAZUです。 昨年は地球上の人類が一つの病原体に脅かされる一年となりました。 わが家の稼業は最も揺さぶられる種のフリーランスのエッセンシャルワーカーです。RUACH[ルーア]ではとにかくみなさんに安心していらしていただけるために情報収集と対応に全力を尽くし駆け抜けました。 しかしこれにあまりに没頭すると、すべての人が同じような苦境に立たされているような錯覚に陥ります。 そんな中で何度も私の目を開かせてくれたのは、コロナ禍にあって普段より幸せに暮らしているという方々の生の声でした。 そのわけの多くは、丁寧な暮らしと家族との時間でした。 また普段以上の勇気を出し…

  • すべてが好転するには

    みなさんこんにちは。心のセラピストAZUです。 昨日は早速「エネルギーを毎日受け取ります」とご連絡をいただきとても嬉しかったです。今日も祈りと瞑想とともに送らせていただきました。夜中にもまたやります。 それにどんな意味があるのかとお考えの方もいるかもしれません。 そうです。私がやっていることは無為です。 そしておそらく、無為でなければならないのです。 例えばヒーリングでは、意図を明確に行うことは有効だと言えます。 同時に意図を明確にするということには多くの罠があります。 現状はこうで、求める結果はこう、ということを頭で認識するとなると、当然ながら自分の価値観のものさしで結果の良し悪しを測ること…

  • 2021年、新年によせて。

    心のセラピストAZUです。新年おめでとうございます! 知念村に住んで8回目のお正月にしてようやく、初日の出をまちぶせすることができました。 ベランダからのいつもの風景ですが、お正月はなんといっても気が違っています。澄み切って神々しい。人々の気合が違うからでしょうね。人の意識エネルギーはすごい影響力。いつも驚かされます。天気予報も軽く裏切ってました。 水平線に少し雲がかかっていましたから少し待ちましたが、見事なご来光。 ベランダから周辺の神々さまにごあいさつをし、お部屋に戻って窓からガンガンに照らすお日さまに 「その光でこれまでの総てを浄化してください」 と願ってから夫と二人瞑想に入りました。 …

  • みな一緒の旅

    2020年もあとわずかとなりました。 今年は格別にまた 「私たちは一つの大きな船に乗り合わせている」 ことを痛感した年でした。 同じ船に乗っているというのは、自分の幸せとみんなの幸せは同じでありひとつである、ということです。 自分だけが幸せになってはいけないのではなく、自分だけが幸せでいることは不可能なんだ、とつくづく思います。 幸せって、愛に満たされていることです。 でも愛に満たされているかどうかは、感じることでしかわかりません。 感じるという機能を開かなくては幸せにはなれません。 でも感じる機能を開いていると、生きづらいのです。損します。 世の中というのはそういうものです。 世の中は椅子取…

  • 祝福

    海を眺める窓から、小山が二つ並ぶのが見える。 主人の鍼灸を受けにご両親と来てくれた小さな女の子が それぞれの小山に「金の神さまと銀の神さまがいる」 と教えてくれた。 ここ、RUACHとわが家はそういう地の神さまにぐるっと取り囲まれたところにある。 行事の日には部落の男の人たちがうちの周りのあちこちで拝み(うがみ)をされる。 どこか違う土地からも重箱を持った家族がうちの前に車を止めて拝みをされている。 拝ん所(うがんじょ)がいくつもある。 金の神さまと銀の神さまの所は拝ん所ではないが、その裏手にはある。 たった今、金の神さまの頂の大樹のすべての葉が光で輝くのを見た。 巨大なクリスマスツリーに無数…

  • 心を再調整すると

    みなさん、こんにちは。 前回記事にて、臼井レイキとクンダリーニレイキのマニュアルの差し替えをご案内させていただきました。 お申し出くださったみなさま、ご連絡をありがとうございました。 今後もいつでも、思い立った時にご連絡ください。 沖縄に来て12年になろうとしていますが、懐かしい方々からもご連絡いただき、時空を超えた感じがいたしました。 距離を超えて本土や海外からご依頼くださった方はもちろん、沖縄のみなさんと心を交えておつきあいさせていただけていることに勇気づけられます。 世の中が揺れ動き、人間の存在や生きる価値を問われ、様々なことを突き付けられる時期にあると思います。 苦境にある方もおいでと…

  • レイキ・アチューンメントをお受けいただいたみなさまにお知らせ

    今日はレイキヒーラーのみなさまにご連絡です。 RUACHにてレイキアチューンメントをお受けただいたみなさま。 臼井レイキ、クンダリーニレイキのマニュアルを、お化粧直ししました。 といっても内容などに変更はありません。 フォントを整え、誤字脱字を見直し、送り仮名など不揃いになっていたものを修正しました。 またクンダリーニレイキの冒頭の文言は、そのままですとマスターのみなさんの孫子の代まで使いにくいものとなってしまいますので、気持ちよくお使いいただけるよう、変更を加えました。 差し替えをご希望くだされば、メールに添付してお送りします。 レイキの種類と、いつ頃お受けいただいたかだいたいの時期をお書き…

  • すべてを可能に

    ハイヤーセルフとつながりたい、と望んでいる人の本当の望みとはなんだろう。 正しい道を歩みたい、安心でありたい、守られたい、楽になりたい、幸せになりたい、自分には可能だということを知りたい・・・ それらのすべては、かなえられると思う。 ハイヤーセルフは、神、真理、愛へと導く。つまり聖霊と同じ働きをする。同じなのかもしれない、と最近思い至った。 すべては可能でありすべては知り得る。 ただ私たちが、それを選ぶのかどうか、同意するのかどうか、問題はそれだけということになる。 実際、真理はすべてを可能にする。 そして真理は、すべての人のうちにある。 「本当に本当に、何もかも、すべてなの?本当に例外はない…

  • 聖霊は導く

    私は過去世にはあまり、というかほとんど興味がなかった。 今がすべてでしょ、という考えだったから。 同じ意味で、インナーチャイルドにも興味がなかった。 どちらも、過去だから。 そのスタンスのままヒプノセラピストをやり始めた。 しかしやり始めてわかったのは、どちらにも圧倒的な効果があったことだ。 効果とは、あるべき変化のこと。 過去の浄化。過去の完了。 すると今と出会う。それが変化。 セラピストを始めて、確かお二人目のクライアントであった方のハイヤーセルフのセッション中、ハイヤーセルフをチャネルしているクライアントさんの言葉が突然私に向けられた。 「あなたもまた、この仕組みの総てを知らない。 それ…

  • インナーチャイルドの謎を解く

    心がもやもやし、わさわさし、いらいらし、落ち着かない。 それを解決しようとするとき、人はその理由を探します。 理由を突き止め、原因を排除すれば、解決になると。 インナーチャイルドに取り組むときみなさんはそんなふうに方針を立てます。知的な人ほど綿密に。 内側にちらかっている感情を整理する。整理するとき人は、それに名前を付けてラベルを貼ります。 体験に名前を付ける。それですっきりするはず。前に進めた。 でも少し経つと同じことをやっている。 生きていると自分の中に名前がどんどん増える。 自己イメージがカテゴライズになっていく。 本当のインナーチャイルドワークは、そのやり方では辿り着きません。さかさま…

  • 世界がひっくり返る変化

    人生の良し悪しの基準はなんでしょうか。 私は「結果がすべて」と考える人間でした。 でもその結果の良し悪しの基準とは? それは自分の環境や体験に根差したものであり、 既知のものさしでしか測れないものです。 そして多くの人は、結果というものは、 「自分を取り囲む要素がはっきりと変わることである」 と認識されているようです。 そんなことよりなにより、ご自身が完全に変化していても 「まだ大きな変化はないんですけど」 とおっしゃる方はとても多いです。 私たちはそれくらい、 周囲によって自分を測ることが常識になっています。 変わるというのは、そういった感覚、価値観ごと変わることです。 「周囲がこうであるか…

  • こんなときこそ。

    長きにわたる緊張、繰り返される危機は精神にダメージを与えます。 今は世界規模でこんな状態が続いています。 知らず知らずに攻撃的になったり防衛過剰になったり、多くの方がそういう傾向にあるように感じます。 心の警報を解除できない状態なのです。 休んでいるつもりだけど休めていない状態、神経が高ぶった状態になり、普段よりわずかな刺激にも反応し続けて悪循環に陥ります。 瞑想を続けている方も、静寂に入りきれなかったり瞑想する気が起きないと感じている方も多いのではないでしょうか。 私たちは意識の奥で互いにつながっています。だからこそ、自分の中に平和を築くことは世界のためになります。 その選択を誰もが選んだと…

  • 本質へ至る導き

    もう10年になりますが、夫と一緒に毎週数本の映画を観ます。 映画のブログでも書いた方がいいのではと思うほどです。 私は子供の頃から映画が好きですし、父の仕事がら、テレビは父の仕事道具でもあり、母も10代の頃から映画3本だてを観に毎週映画館に通ったという人。家風でもあります。 夫と映画を観始めた頃は、観点が互いに全く違いました。 夫は、この女優はかわいいな、とか(笑)興味のあるストーリーに惹かれるとか、映画にそれ以上の意味を求めなという価値観だったのかもしれません。 でも創作には創作の法則があり、それを知っていると観点が違ってきます。より本質を受け取ることができるようになると思います。 俳優であ…

  • アクエリアスを実感するできごと

    ヒプノセラピーのセッションが終わったところで、お客さまが 「今日のセッションは彼からのプレゼントなんです」 と教えてくださいました。 なんてすてき!そして新しい! ロビーでお待ちの彼氏さんに感謝をお伝えすると 「物っていつか無くなっちゃうけど、こういうものはずっと残るから。せっかくのプレゼントだからずっと残るものを贈りたくて」 と、お言葉をいただきました。 よくわかっていらっしゃる。 でもすごくないですか?! 形あるものはいつか消える。 心の中のものは永遠に残る。 これ、真理です。 アクエリアスの時代の先端を歩む若者らしい在り方を目の当たりにさせていただいて、新しい時代からの呼び声を聴いた気が…

  • 過去世、魂の壮大な旅。

    ヒプノセラピストをやり続けて20年になる。 インナーチャイルドももちろんそうだが、前世がこの人生にどう影響していて、どう扱うべきなのかを学ばせられ続けてきた。それだけでもとんでもない量と質の情報だと思う。余すところなく人の役に立てたいけれど、書くだけでは到底伝わらないということを痛いほどわかっている。 体験者にしか飲み込めない質の情報だから。 前世療法は前世を知るためのものだと思われていると思う。 もちろん知れることは知れるが、それ自体にそこまで意味はないと思う。前世というと多くの人が「なにを(な)した人物か」に視点を置くからだ。 ほんとうは「なにを思い知ったか」が現在のあなたと潜在的に関係し…

  • 自己実現の実際

    望む未来、と言われたら、なにを思いますか? その時わき上がって来るエネルギーが、次の今を創ります。 その時、なにを所有しているかよりはなにをしているか。 またもっと強力なのは「どんな想いでいるか」のイメージです。 結婚したい!という時、生活とか結婚相手をイメージするよりも 私は誰かととても愛し合っていて、こんなふうに満ちたりた気持ちで生活している、というほうがエネルギーそのものと共振しやすいのです。 この業種に就いているというより、こんな気持ちでこんなリズム、こんなスタイルで仕事をしている、周囲の人と交流しているとこんな気分でいられる、こんな想いで分かち合っている。 私たちの心が求めているのは…

  • 知念村から

    今朝のあかばなー(ハイビスカス) 台風9号で、ささやかなうちの庭の、大きく育ったブーゲンビリアと、花壇に勝手に生えた桑の木の葉は完全に落ちてしまいました。 その他、周囲もしばらく赤茶けていましたが、ぐんぐん新しい芽を出し、このところの澄んだ空と相まって新緑の季節のような美しさです。 ブーゲンビリアは10年以上前、糸満のおばあが自宅のベランダに置いていた古い鉢を夫がいただいたもの。知念村に来て、しばらくはそれほどでもなかったのにある時「わたし、たいぼくになります」と言って一気に屋根の上まで伸びてしまった。 桑は、みなさんの駐車場の奥に、アレカヤシと並んで生えています。 時々伸びすぎて駐車のお邪魔…

  • 生きながら生まれ変わる。何度でも。

    小学校の6年間は、同じ学校に通いながら大きな変化を体験していく。 入った時と出る時では別人みたいだ。 身体もそうだが意識はどんどん変わる。 その変わっていく意識を今も結構覚えている。 学校に毎日通っているうちに、自分のキャラと自分の中身がずれていく感覚をよく感じた。 ただずれるのではなく、自分が古びて汚れていくような、嫌なほうに傾いていくような感覚だった。慣れて、雑になる感じ。 特になにが起こったわけではないけれど、このままの自分でいるのは嫌だな、と感じる。自分に疲れる、というような。 周囲の影響や、自意識の成長に伴う排泄物が積もり溜まっていっていたのだと思う。 その時に発明した乗り越え方。 …

  • 変化に乗るために

    今朝のベランダから みなさん、こんにちは。いかがおすごしでしょうか。 ここ数日空が澄み切って穏やかです。日差しは焼けるようですが風はちょっと涼しい。 最高です。 さて、世界がどんどん変化しています。 からだは全力でエネルギーの変化に追いつこうとしています。 疲れも出ます。知らない感覚も出てきます。 それを整理し把握しようと思考も全力で働いています。 眠っている間にメンテ完了してすっきりリセットできていればいいのですが それほど簡単にはいかないものです。 時間が解決してくれればいいのですが からだにだって今日には今日の仕事があります。 追いつくには、もっと別の進化が必要になります。 こうやって、…

  • RUACHよりご連絡です。

    e-mailにて9月1日にご連絡いただきました那覇市のOさま、何度かご案内をお送りしておりますがご返信がいただけていません。 こちらからのメールが届かない設定かと存じます。 ご希望日が迫っておりますので、お店までご連絡いただければと思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 kokoro-iyasi.jimdosite.com 感謝とともに AZU拝

  • 命の連帯という働き

    先週に続き台風10号が来ました。太平洋の真正面に構えるわが家とRUACH[ルーア]は今回は強風に晒されることなく静かに見送ることができました。 SNSではたくさんの知人友人が心配し、応援し、無事を祈ってくれました。神が皆さんを通して働いてくれ、奇跡を見せてくれた気がします。出会うすべてのことに神を見たいという常日ごろからの願いに応えてもらえた思いです。 今回の台風を通して感じられた連帯は、私たちが進むべき道に希望を感じさせてくれました。私たちは全体の一部であり大いなるひとつの一側面です。そして何かと向き合い受け入れ立ち向かう時、問題は全体のものであり、その成果も分かち合えるということです。 新…

  • 変化

    台風9号のお見舞い申し上げます。 知念具志堅方面は奇跡的に電気が来ていますが、今日はトータルヒーリングスペースRUACH[ルーア]沖縄はお休みをいただいています。 今年は初旬から新型コロナの災厄に見舞われ、地球の大半が被災している状況と言っていもいいかもしれません。 またこの状況に対して様々な見解があります。大きな変化の最中です。 前回8月の定期瞑想会で、 「疲れている自覚はなかったけれど、こうして内面に入って改めて感じてみると 自分は疲れていたんだとわかりました」というご意見を伺いました。 瞑想でそんなふうに感じるものなのかと思われる方もおられるかもしれません。 またそれに気づくことになんの…

  • 本当の自分を生きるとは

    私の20代を決算するなら「挫折」がふさわしい。プロの俳優の娘として生まれ育ち、ごく自然に表現の道を選んだ。傲慢な意味ではなく自分の中に才能があるのがわかっていて、やりたいことがはっきりとしていて、それがゆえになにを努力すべきかもわかっていて、その努力がとてつもなく好きだった。 運良く、周囲の助けによって、自分では選ぶはずのない大学で演劇を学ぶことができた。学校の教育はすばらしく、私は生き返った。高校までに身に着けた世俗の垢を落とし、純粋になることができた。純粋な良き事に没頭できた。私にとっての演劇は神聖だった。舞台の板に乗るとき、何一つ持たずにただ私の生命を預けることができた。神さま、どうかこ…

  • いつかは来ない

    自分の人生の中で最も闇が深かったとき、どうやってその濃い闇から浮上したのかを振り返ると、それは自分の力と思われていたもの、例えば合理性、正しさ、強さ、頭の良さや特別な能力、まじめさ、優しさでさえ、まったく歯が立たなかったと認めざるを得ない。 その頃は既に自分なりの祈りも瞑想もそして自己統制や内なる指針にも興味を持っていた。しかし当時は、自分が正しいと信じているもの、つまり自分が既にかけているメガネを通して判断した上での神や愛を求めていただけだった。 良い子にして悪いことをしないで待っていたら、いつか神さまが私がこの世にいたことを思い出し、選んでくれて自分は楽になれる、というような感覚に近かった…

  • どうぞ、お受け取りください。

    セッションで奇跡的だと思うのは、外的な要素に何一つ変化がないのに問題を解決することができるということです。 人が苦しみを感じる時、まずは「問題は周囲に(あるいは肉体に)起きている」と感じます。 そしてそう感じている間は「解決法は外側にある」と信じています。 それが第一段階。 その段階で私のところにみえる方はほとんどいません。多くの方が、問題はそこではないと知り、自分と向き合うことでそれに取り組んでいるか、そうしようと思っていらっしゃいます。 でも、心の中に何かを責める思いがあるうちは、向き合うことはとても困難です。なぜなら向き合うということは、受け入れなくてはならないからです。責めるということ…

  • 命について思うこと

    生きていくために必要なことをわたしたちは学びながらおとなになります。そして、生きていくために必要なことをやり続け、必要なものを手に入れ続けながら生きます。 あたかも生きるとは、生きるために必要なことをやり続け、生きるのに必要なものを手に入れ続けることであるかのように。 それが生きることの意味だとしたら、生きることは疲れます。わたしは、生きることの本当の意味がみつかるまで、生きることにいつも疲れていました。 ただできることをやり続け、ただ手に入れ続け、いのちと時間を消費することが生きることの正体だとしたら、人生とは絶望するまでのゲームに過ぎません。目減りしていく希望とともに生命力が消費され、最終…

  • 瞑想会で引き出されたガイダンス

    みなさん、こんにちは。 今日は31回目を迎えた定期瞑想会を開催させていただきました。今日もなかみの濃いミーティングとなり、お集りくださったみなさんに感謝でいっぱいです。 みなさんが今どこにいてなにを望んでいようと、それがどんなに困難で希望の見えない道であったとしても、今そこから、次の一歩を踏み出さなくてはなりません。 まずは呼吸をする、水を飲む、眠る。たとえそれしかできないとしても、そのすべての行為の質を上げてくれるのが瞑想です。 何もかもを失ってしまったと思える時でも、呼吸をしています。 その呼吸の質を上げればエネルギーは必然的に変化します。 その変化があらゆる前進につながっています。 「呼…

  • 自然から愛へ

    みなさんこんにちは。心のセラピストAZUです。 ブログを書き始めた2002年(18年書いてる!)から、ひと月書かないなんてことは初めてでした。今日、夫のほうに「AZUさんはいますか?」とお声をかけていただいたそうです。いなくなってないですよね?と。気にかけてくださって嬉しいです。ありがとうございます。ちゃんといました。(笑) 正直コロナ対策でお掃除に使う時間とパワーが多く、なかなか書くモードになれないというか、実際に体力と時間が足りないというか。なので思い切ってブログを手放してみました。でもそろそろ、書きたかったです。 改めまして、みなさんいかがお過ごしでしょうか。 本当に大きな変化の波が来て…

  • 究極のヒーリングエネルギー

    3つのレイキのうちの3つめ、ライタリアン・レイキは、臼井レイキの発展系と言われ、波動帯域を無限に高める可能性を秘めています。 RUACH[ルーア]の公式サイトにも書いていますが、臼井レイキとクンダリーニレイキで自己ヒーリングをどんどんやっていくうちに、意識のフィルターがどんどんおそうじされていき、様々なことに対する理解がやってくるようになりました。 こういうのをひらめきというふうに表現することもあるのかもしれませんが、私からすると、自分が冴えて能力が高まったという感じではまったくなく、本当はそこにただあったものが視界がクリアになったことによって目に入っただけ、という感じに近いのです。 超常的に…

  • レイキ・ヒーリングについてのあれこれ

    レイキについて書きます。 レイキというと通常では臼井レイキを指します。 世の中には数多くのエネルギー・ワークがありますが、臼井レイキは大正時代を生きた先達が世に降ろしてくれた「道」であり現代ヒーリングの礎です。 私は複数種のレイキ・アチューメント(伝授)を受け、これぞと思う3種のレイキをお客様に伝授させていただいています。 その内2種は誰もがいつでも伝授を受けられるもので、伝授を受ければ「エネルギー・ヒーリング」が行えるようになります。不思議ですが、エネルギーの原則とはそういうものです。 これを資格のように取り扱っている人もいますが、私に言わせればそれは厳密なエネルギー・システムのことであり、…

  • 穏やかに、でもどんどん進みましょう!

    いかがお過ごしでしょうか。 私はおかげさまでなんとか元気に暮らしております。 私のことを気にかけてご心配くださった方々に心から感謝しております。 本当にありがとうございます。 自粛で普段よりゆっくり過ごされている方も多いのでしょうか。 育児で負担が大きいという声もうかがっています。 わが家はなにかと、普段よりもやはり大変です。 とにかくウイルス対策に手間がかかるし神経も使います。 情報収集と考える時間はいくらあってもあっという間に過ぎてしまいます。 気がつくとマラソンしながら一日が終わるように感じる日もあります。 それでもみなさんとのつながりほど、この世でありがたいものはないと改めて思います。…

  • 今ここで選ぶ豊かさへの道

    ダイヤモンド・プリンセス号が今年2月1日に那覇港に着岸してからこちら、新型コロナはすっかり自分ごととなった。すでに3か月あまりが過ぎようとしている。 周知されるまではとにかく勇み足にならないよう気をつけた。そうでないと恐怖を振りまくオオカミ少年になってしまう。 しかしその間もわが家とわが家で営むサロン、RUACH[ルーア]ではリサーチと準備を重ね続けてきた。 これは第二次世界大戦以来の人類の歴史に残るであろうイベントであることに間違いない。 それから2か月近く、日本はまだオリンピックを完全な形でやる、などと言い張っていた。不可能だと多くの人が思い始めてまもなく延期が決まった。 この決定はリーダ…

  • stay home with love

    私は小さきもの。 神を知り、神に近づくほど「私」は小さくなっていく。 生き物は強くなりたがるが 内側に神があるのを知る人は 強さは神の中にあると知るので 私に強さを求めなくなる。 私が小さくなると愛が大きくなる。 私が弱まると神が強まる。 私の中に愛はない。 すべては神の愛がする。 私がやっていると思う人の愛は小さい。 私ではなく神がなさると知っている人の愛は大きい。 当然ながらその力は強い。 災いがあると 人は急に神を語りだす。 良いときは自分のてがらで、災難苦難は神が起こすとでも言いたげに。 神と闘っているとでも言いたげに。 そういう認識こそがいかにもエゴらしい。 不都合を消し去るために愛…

  • カルマの法則とコロナ考、そして未来へのビジョンについて

    今日は新型コロナウィルについて触れさせていただきます。 というのもセッション時に複数の方から、AZUさんはどう観ますか?というご質問をいただいたからです。 コロナになんの意味があるか、というご質問があります。 そのご質問の意図には「すべての出来事には意味がある」と言われていることがあると思います。実際ネットでも、いろいろな解釈を目にします。 意味、と言いますのは、受け取る側が色づけするものです。 「出来事に意味がある」の示すところは「出来事は単なる偶然ではなく、必然である」のことでしょう。これは因果律のこと。原因と結果の法則です。 整理します。 コロナは生き物(或いは物質)として生きよう(あろ…

  • 天使がくれた時間

    今朝、久しぶりに「ああああぁよかった~」という気持ちで目が覚めました。 ここのところは目が覚めると現実(コロナを取り巻く世の中)にがっかりし、自分を立ち上げるところから一日が始まるパターンでした。 なぜ良かったかと言いますと、夢のお話ですが、私は夢の中で長い結婚生活を終えたところ。(相手は小中学校の同級生で、恋愛感情やらなにやらのまったくない男子。) 夢の中では相手と暮らしてきた実感があまりにないので一生懸命思い出そうとしてみたり、ここまでのいきさつを整理しようとしてみたり。 それでなんとか今の現実を受け入れてみたりしていました。 そうしているうちにものすごい虚無感と孤独感が押し寄せてきました…

  • RUACHより重要なお知らせ

    みなさんこんにちは。前回のブログから3週間近く過ぎました。 日々一刻一刻と明らかになることがあります。 まずRUACH[ルーア]よりいくつかご報告しなくてはなりません。 ■今月に入り、県外からのセッションご希望のお客さまを一時的にお断りさせていただいております。ご予定、ご検討してくださった方、本当に申し訳ございません。 セラピスト人生始まって以来の苦渋の決断でした。 島内の情勢では、県外への渡航歴がある方の発症が多いことからの判断です。 島外へ渡航された方も、戻られてから2週間開けてご来院くださるようお願いいたします。 県外の方も2週間滞在された方はもちろんお申込みを承ります。 大変心苦しいの…

  • 地図と現在地と内なる指針

    真の平和が国境を超える前に、新型コロナウィルスが地球に蔓延しつつあります。 ニュースになった最初の地点から注目していましたが、予測のつかない変化がもたらされる時に来ているのが現状だろうと思っています。 今のところできる対処は基本的で、ほとんど誰にでも実践可能なこと、手洗い、うがいのような衛生管理と、そして免疫力など生命力を高めること、などでしょう。ちなみにマスクに効果がないという意見をよく目にしますが、無症状の例が多いことから、自分から拡散しない助けにはなると理解しています。 これは、人がしあわせでいるための努力とも似ています。 誰かが特効薬を発明し、やがて医療や市販の流通が解決すると望んでい…

  • 自分への愛、誰かとの愛

    どんな理由があったとしても、 怒りはなにかを攻撃し、恐れはなにかから防御しようとします。 攻撃と防御がある限り愛は狭められ覆い隠されてしまいます。 愛から離れると私たちは落ちづかず、 感じること、受容すること、そしてただ在ることが難しくなります。 攻撃は防御を引き寄せ、 防御は理解と調和を分断してしまいます。 そこに平和はもたらされません。 もし心からあらゆる次元で平和を望むのであれば、 内にある怒りと恐れに気づいて手放す必要があります。 自分と向き合うときの課題はそれです。 一見どんなに複雑に見えたとしても、 根にある問題はそこに集約できます。 なにがいや? なにがこわい? ただそう問いかけ…

  • うまくいってる?

    「何度でも、何度でも、何度でも、何度でも。」 芝居をやっていた頃、私がいただいたセリフ。 このセリフがとても好きです。 このセリフを言うたびに思いが頂点まで満ちて感極まります。 何度失敗しても、何度壊れても、何度忘れても、何度生まれ変わっても。 それでも、何度でも。・・・ 私たちは立ち上がってきたのだと思います。 何度でも、何度でも。 永遠のものを本当に見つけるまで、それと永遠にひとつになるまで、何度でも。 魂が私たちにそうさせるのです。 思考はそれをバカだと言い、潜在意識は覚えたことを繰り返えそうとする。 でも魂は違う選択を私たちに与えます。 「潜在意識を使えば、うまくいきますよね?」 「前…

  • 創造の元素

    毎週金曜日の心の勉強会。 心に思い切り思いを注ぐ時間を、定期的に、あるいは繰り返し取ってあげること。 何より自分への愛の表現だと思っています。 「こういうお話を、自分とAZUさんだけでなく、他の人とも共有してみたい。」 そんなふうに使っていただきたくて、毎週!場と時間を作ってみました。 前々回からテーマはパートナーシップというところへ。 これは私自身がとても大事に探究してきたテーマです。 そして恐らくこれは人類史上でも最新で直接未来に向けたテーマであると密かに確信しています。 ただ簡単にそこに進みたくないという思いもありました。 パートナーシップ(恋愛)というテーマにはどうしても、こういう場合…

  • 私の居場所

    私にとってパートナーとは、この世の生きる場のようなものです。主人と知り合った頃はまだ、この世に着地できていなくて(35歳すぎていましたが)この先、地球のどこかに自分の居場所があるのだろうか、という気持ちでいました。 実際に夫と高円寺の商店街を歩きながらそう口に出したことがあります。その時夫が「なに言ってるの、怒るよ。俺がいるじゃない」と言いました。夫は忘れているみたいですが、私はしつこく覚えています。多分それが一番求めていた言葉だったからだと思います。 仕事、お金、持ち物のバランスがとれていれば居場所があると思われるかもしれません。でもそうでしょうか? 私にとって自分の居場所とは、「私の愛が機…

  • コミュニケーションの元素

    インナーチャイルドの問題となるのは愛の欠如だと知ると、多くのお母さんは与える愛について考えます。その時に自己の内の欠如に気づくかもしれません。 両親から与えられるべきだったものを充分に受け取っていないと焦るかもしれません。 でも、お母さんとなった人はその時点で既に一つのハードルをクリアしています。それは、パートナーを得ているということです。(たとえその後に失ったとしても。) あれをしてはいけない、この言葉をいってはいけない、というふうに制限することで子供にネガティブなエネルギーを与えないようにしたい気持ちはわかります。でも、愛はあらゆることから学ばれます。お母さんがなにかを制限したことによって…

  • インナーチャイルドに還る

    自己への取り組みはインナーチャイルドに始まりインナーチャイルドに還ると思っています。私たちのなかに成長する部分がそこしかないからです。 インナーチャイルドを狭義に捉えるということは、私たちという存在自体を狭義に捉えることと同じです。 インナーチャイルドに様々な問題を抱えていると感じている方がいるかもしれません。 でもインナーチャイルドの問題はたったひとつしかありません。 それは愛の欠如です。 そしてそれは究極的には与える側の問題ではなく、受け取る側の問題です。 さらに、私たちはその問題を解決することが可能です。 なぜなら私たちの愛は、内側に在るからです。あるいは私たちは最初から、愛の内にいるか…

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、AZUさんをフォローしませんか?

ハンドル名
AZUさん
ブログタイトル
AZU WORLD
フォロー
AZU WORLD

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用