searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

シイナさんのプロフィール

住所
埼玉県
出身
東京都

「裏のイタリアにいます」改めて、こっそりやっています。 海外に行ったせいか、他人とちょっとピントがズレたようです。 そんなブログです。

ブログタイトル
こっそりやっています
ブログURL
https://s417.hatenadiary.org/
ブログ紹介文
昔は「裏のイタリアにいます」というブログをやっていました。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2013/08/08

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、シイナさんの読者になりませんか?

ハンドル名
シイナさん
ブログタイトル
こっそりやっています
更新頻度
集計中
読者になる
こっそりやっています

シイナさんの新着記事

1件〜30件

  • 探してた本

    開口健のエピソードで、特に印象に残っている話がある。 八王子の山奥の部落に住んでいる老人が、豚を一匹密殺してそれを掘った穴に入れて焼いて食おうと言うエピソードである。なぜこの話が印象に残っているかは分からないが、どの本に載っていたのかは分からなかった。 なので、本屋の開口健文庫コーナーでは、いつもパラパラしながら探していたが見つからなかった。所が、先日ふらりと入った古本屋の芸術コーナーを見ていると、なぜかそれらの本の上に開口健の文庫が数冊置いてあった。 タイトルは白いページ、全三巻である。 ふとこの本ではなかったかな?と思い、ペラペラめくると、あった。 三巻目の、消えるの項目だ。 老人の名は、…

  • ハロウィン

    友人のブログを見て土着のハロウィンから思いついた話です。「東北の出羽三山の村々では、雪が降る前の時期になると、山伏が山より降りてきて、どぶろく徳利片手に「徳利をば取ろうぞ!」と叫び家々の前に立つ。 村人たちはその徳利に酒を注ぎ、その後山伏の祈祷を受ける。 村人はこの風習を「春憂い」と呼び、その年の冬安全に過ごせるよう祈るのである。 この風習の起源は、浜で助けた天狗から伝えられた物だとされるが、この時だけ山伏の頭襟が小さな南瓜に変わる理由は誰も知らない。」

  • モータープール

    車で走っているとモータープールと言う文字が目に入った。 小さい頃に読んだ漫画のこち亀でモータープールと言う言葉が出てきたのを思い出した。 あの頃はモーターと言うタミヤ的な響きとプールと言う楽しそうな単語との組み合わせに勝手な妄想を膨らませ、きっと遊園地のような面白い所なんだろうなと興奮した。 しかし大人になってみればモータープールとはただ単に駐車場を指す言葉だと理解し、子供のようなときめきは感じない。 モータープール、いつか億万長者になったらそういう名前のレジャーランドを作って、少年の頃の私の誤解を無きものにしてやろう。

  • 英国王のスピーチ (字幕版)発売日: 2013/11/26メディア: Prime Videoこの商品を含むブログを見る久々にいい映画でした。 しかしネット時代の悪いところは、見終わったあとにウィキペディアで調べてしまうことですね。 大体史実通りですが、いくつかは時系列が変えられてたようです。 シナリオを面白くするためなのでしょうが。

  • 絵本のカセットテープ

    この前実家に帰ったときに、絵本のカセットテープの話になった。 そのカセットテープは両親が実際に読んで吹き込んだ物だったのだが、自分も小さい頃に聞いた覚えがある。 子供に絵本に興味を持って貰うために二人で作ったのかなと思っていたのだけど、母親の話によるとあのテープは兄のために作られたものらしい。兄が3歳頃に自分がお腹の中にいたのだが、流産しそうだったので母親はかなり長い間入院していた。その間兄の面倒は父が見ていたのだが、忙しいので兄の面倒を見る時間がなかなか取れない。 しかし絵本を読まないと兄は寝付けないので、考えたのが絵本の朗読のテープだった。 不思議なことにカセットテープに吹き込まれた朗読で…

  • 立ち読み

    学芸大学駅を降りて目黒まで歩いた。 そこそこ人通りの溢れる商店街を歩くと、古本屋が気になったので入ってみる。 お婆さんが店番をしている。もう1人の客のお婆さんが、「何を探しに来たのか、忘れちゃったねぇ。」と言うと、店のお婆さんがアメをすすめて会話が始まった。 「…連れ合いが亡くなってもう一年になるかしらねぇ。」 「あなたもそうなんですか?私もだいぶ前に亡くしましてねぇ。」 「今でも、ふとした時にそこにいるような気になっちゃうんですけど、3年たたないとダメって言いますよねぇ。」 「そうですねぇ、あの人は歌謡曲の番組を見るのが好きだったけど良くそのまま眠ちゃって、でもテレビ消すのもかわいそうだから…

  • 8月11日 朝起きると腹の調子が良くない。くだしている。 どうも疲労気味で胃が疲れているところに暴飲暴食が効いたようだ。 ミケーレたちも昨晩はジュリオが夜中に何回もぐずったらしく、あまり寝ていないようで疲れている。 結局朝飯を食べたあと、昼まで寝ることにした。 お昼に何を食べるという話になり、お粥が良いからリゾットにしてくれと言ったら、ミケーレのお母さんはイタリアでは炊いた白米を食べるというので、そうなってしまった。ミケーレは以前にうちの実家に来た時にやはり腹を壊してお粥を食べたことがあるので、日本人はそうなんだよ、と言ってもイタリア流の病人食がお昼に採用された。 炊き上がったご飯には若干塩味…

  • 酒飲んでるときにくしゃみすると、アルコールが鼻に回ってむっちゃ痛い。 …すみません、来週にはもうちょっと頑張ってイタリア旅行記アップします。

  • 8月10日 朝起きて、のそのそとご飯を頂く。ご飯といっても牛乳とビスケットとエスプレッソ。イタリア人の朝食は大体こんなものらしい。以前ミケーレは、朝飯を食べると良くないと言っていたが、まだそうなのか?と聞くと、今はちゃんと食べているようだ。だが、お母さんのスンタはほとんど食べないらしい。起きて胃にものを入れるのは体に悪いという考えなのどうかは分からないが、エスプレッソを飲むぐらいのようだ。 ちなみに牛乳の他に、大豆の豆乳と向日葵の豆乳というパックがあったが、向日葵の豆乳を試しに飲んだらくっそまずい。ミケーレになぜ豆乳を飲むのか?と聞いたが、まあ習慣だと言うあやふやな答えが返ってきた。 エスプレ…

  • 2015年8月8日から16日まで休暇を取り、イタリア人の友人ミケーレの実家プーリア州のバーリに遊びに行くことになりました。場所的にはイタリアのかかとの付け根辺りになります。 日にちごとに分けて、日記形式でここに書きます。 8/8日、出発。富山→羽田→ 富山空港を夕方18時にANA便で出発。 羽田で乗り換えエールフランスの受付で搭乗手続きをしたら、持っているお金をほとんどユーロに両替して出国手続き、免税エリアで夜飯に六厘舎のつけ麺を食べたら、出発までぶらぶらして待つ。23時にパリに向け、羽田を出発。 8/9日、到着、早速トラブル。→パリ→ローマ→バーリ 12時間以上というハードな移動を終え朝4時…

  • パリで乗り換え

    朝にパリに着いたので、これからローマ行きに乗り換えます。 正直、英語がまともに喋れないし、フランス語も話せないのでどうしたものかと思ったけど、コミュニケーションで大事なのは伝えることよりも話すことだと気づいたので、イタリア語で喋ってます。 まあ荷物検査のゴタゴタぐらいなら日本語でも大丈夫な気がします。これからパリ→ローマ→バーリです。あと7時間ぐらいか…家を出発して24時間ぐらいたっているなぁ。

  • 短期、裏のイタリアにいます、復活

    来週の土曜から9日間、イタリアに行ってきます。 今回はローマから入って、すぐさま踵の付け根のトゥルッリで有名なプーリアのバーリに飛んで、ミケーレの実家でお世話になります。 だいぶイタリア語忘れたのでこっそり勉強していましたが、もともとそんなにしゃべれるほうではなかっと気付いたので安心しました。 言い回しとかやっぱり日本語と違いますね、busuuというアプリの無料分を使ってやっていましたが、作文では現地のひとが添削してくれるという仕組みが良かったです。

  • 自転車が盗まれた

    アパートの駐輪場に置いといた折りたたみ自転車が盗まれた。 とても悲しい。 盗んだヤツには、その自転車に乗っているときに前輪が外れて、前歯4本と鼻の骨が折れるぐらいの天罰が下ればいいと思う。 そして盗まれた俺には、とてつもない幸運が舞い降りれば良いと思う。

  • ブリヂストンのCMは日曜日の夕方

    最近タイヤのブリヂストンのCMが日曜日に良くやっているような気がする。 企業のサイトを調べてみると、やはり日曜日ははずしてない気がする、しかも夜だ。 http://www.bridgestone.co.jp/corporate/cm/ J-WAVEでも日曜日の夕方にピストン西沢がブリヂストン提供の番組をやっている。 たぶん、週末クルマで出かけたユーザーにドライビングの感覚が体に残っている日曜日の夜のうちにタイヤのCMを見せてタイヤを意識させる方法だと仮定した。

  • 恐ろしくついていない日

    行けると思っていたものが、ダメだとかなりダメージがでかいです。 しかも回りの期待もでかかった分、その破壊力は絶大です。 こういうときのストレスの発散のしかたが良くわからないのですが、とりあえず仕事をサボって旅に出たいです。 京都に行きたいです、人は傷心旅行に京都に行きたくなるのはなぜでしょう。 とりあえずこのブログを読んだ人にもれなく不幸を分け与える呪いをかけようかと思いましたが、今日のところは幸せの呪いにしておきます、くそったれ。

  • 揺揺

    百鬼園随筆を読んでいる。 昭和初期の随筆ブームの先駆けになったそうだが、共感できる部分が多いのでそれで流行ったのも分かる。 本の中で、揺揺と言うおもちゃがある。ようようと読む。百輭が酔ってこれで遊ぶと空を飛んでいるような気になるらしい。 どんな物か気になってネットで調べるが、分からない。 読みすすめていくと、指頭から垂れ下がった長い糸の尖に転々して、とのくだりがありヨーヨーのことだとやっと分かる。 酔ってヨーヨーで遊ぶと、ヨーヨーが上下しているのか、逆にヨーヨーを固定して見てみると人間が上下している感覚になるみたいなことが書いてある。 なんじゃそりゃと思って読むと、他の人に話しても共感してもら…

  • 割引ジジイ

    近所のスーパーに夜七時台に行くと、肉売り場と惣菜売り場の間のドアから割引ジジイが登場する。 手には二割引と半額のシールを持っていて、彼を見ると売り場の客たちは落ち着かなくなり、シールを貼っていく彼のあとに付いて出来合いの惣菜の前をうろうろする。これを俺はボーナスタイムと呼び、ファミコンのゲームのようだと思う。 扉より登場したキャラ割引ジジイにより売り場のBGMは楽しげな音楽に変わり、割引ジジイが商品の前を通ると商品の値段は二割引半額と変わり、それのあとを付いていく客がゲットする。 今日は半額ブリの刺身をGETしたぜ。

  • 歩くひと (小学館文庫)作者: 谷口ジロー出版社/メーカー: 小学館発売日: 1998/09/01メディア: 文庫 クリック: 2回この商品を含むブログ (6件) を見る孤独のグルメにはまったので、似たような感じだというので買ったのが歩くひと。 風景がどうも前住んでいた所沢周辺に似ていると思い読んでいたら、西武線の脇の多摩湖自転車道が出てきたのでそうだと思った。 話の中で主人公が、この町にも富士山があったという台詞があるけど、それも調べてみると荒幡富士という小さな山が下山口駅の南の方にあったのでそれだと思った。しかし、あの辺りは本当に散歩していて楽しいので気持ちがわかる。 住宅街と畑や森が適度…

  • 風立ちぬを見て、カプローニについて調べました

    主人公堀越次郎の夢に何回か出てくるカプローニ伯爵だけど、飛行機黎明期らしい奇抜な飛行機をいくつも作っていて調べたら面白かった。 伯爵のWikipediaを見ると、ミュンヘン工科大学を出ていたのでミラノ工科大学ではないのか?と思うとトレント出身となっていた。 ミラノ北東にあるアルプス山間のトレントは第一次世界大戦までオーストリア領で、そのあとイタリアに変わったのでなんとなく納得した気がしたが、どうだろう。 トレントは広い範囲ではいわゆるチロル地方に含まれるが、トレント出身の友人アンドレアは良く「俺たちはオーストリア人だ、イタリア人は下品だ特に南は」と言っていた、どうやら第一次世界大戦後にイタリア…

  • 革ジャン買った

    革ジャンを買ったので一日着て外出をしてみて帰ってきたら、肘の内側が筋肉痛になった。 バイク乗りが着そうないわゆるライダーズジャケットと言うものを買ったのだが、ネットで調べたらサイズはピッチリで着て革が段々とのび着やすくなると書いてあったので、そういうものかと思って着たが肘が曲がらない。車で曲がるときにハンドルを回しすぎると苦しい。 これでもバッファロー革なのでまだ柔らかいほうらしいが、今まで合皮のジャケットしか着たことの無い人には硬い。 馬はもっと硬いようだし、ネットには寝るときにも着て馴染ませる人もいると書いてあったが、恐ろしい世界だ。 しかも大して暖かくない、風避けにはなるらしいので中に着…

  • 侘しいふりかけ

    一人暮らしをすると食事がローテーション化する。 朝飯はもっぱら、サンドイッチか卵かけ納豆ごはん、たまにシリアル。 卵かけ納豆ごはんは、文字通り納豆にごはんを入れて生卵でかき混ぜるのだがよ、それだけでは寂しいのでふりかけを入れるようにしてる。 これでキュウリのキューちゃんと一緒に食べればパーフェクトな朝食なのだが、ふりかけはコストパフォーマンスが良い丸美屋の袋ふりかけ味道楽を使う、のりたまより鰹節が多めなのが納豆に合う気がする。しかしたまにすき焼き味を買ってしまうことが何回かある、こういう場合は大抵この味だけ安い場合だ。 しかし食べてみるとこれが肉の風味を出そうとしているのか、生臭い。 例えるな…

  • 金沢の霊柩車

    金沢を歩いていたら、霊柩車が通ってビックリした。 宮の部分が異様にデカイ、二段ベッドが入っているんじゃないかというぐらい高いのだ。 色々調べてみると、金沢型と言うのは派手らしい。 しかしレトロな車の霊柩車はかっこいいな。 外国人のそばを通ったら、ジャパニーズテンプルカー!ビューティフォー!とか言って写真バンバン撮りそう。

  • 筋トレ

    筋トレをしているが結構続いてる。 しかし腕立て伏せは最初は負担がないように膝をついて四つん這いでやっていたが、ふと気が付くと土下座の練習をしているみたいなのでちゃんとやるようにした。

  • リアルに声を出してしまうCM

    CMを見ていて、最後に聖⭕新聞とテロップが出るとリアルに「うえっ!」って声が出てしまう。 歩いていて不意にウンコを踏んだ気分だ。

  • こえーなこの動画は

    http://alfalfalfa.com/archives/7503944.html 怖さを感じつつ笑えます

  • 妙な接骨院

    自転車に乗ると膝がいたくなってしまい、会社の人のお薦めする接骨院にいってきました。 話には聞いていたけど、まず痛い場所を診断するに当たって電気コードがついた不思議な棒を当てていました。そして悪い患部に来ると棒が焼けるように痛かったです。 で電気治療とマッサージを受け、仕上げに黒い円錐の石を2つ膝に当ててゆっくり擦りまたあの棒を当てると熱くなくなっていました。その証拠にまだ仕上げしていない左膝に棒を当てると熱かったです。 先生はこの行為を調整といっていました。 そして普段はご飯食べるときに胡座をかいているというと、あぐらをかいた状態で例の棒を当てられると熱かったです。先生いわく、膝が歪んだ状態で…

  • むなかたしこう

    棟方志功が好きではない。 日本民芸館が好きだが、あそこで棟方志功を扱うのはゆかりがあるからだと思うが、残念だ。何故こんなことを書くかというと、今いる富山のデパートで棟方志功の展覧会をやたらと宣伝しているから、苦々しいと思っているのです。円空彫りは良いけどね、それに比べると棟方志功は媚びてる気がする。 と思って調べてみたら、富山にもゆかりがありました。 白黒は良いかもしれないが、極彩色がセンスがないんだと思います。

  • 驚愕、地方生活

    今東京を離れて北陸に住んでいます。テレビを見ていたら5分の地方ニュースがあり、橋の欄干がなんメートルにもわたって傷がつけられていたと報じていました。 見ると手すりのような所に鍵で引っ掻いたような線が付いていてそれをわざわざレポートしていましたが、かなりカルチャーショックを受けました。 あんなん事件として扱うんだな。 リアルペンギン村だと思いました。下手すると俺もテレビに映りかねないから気を付けよう。

  • カナル型イヤホンのゴムパッド

    電車に乗って音楽を聞くことが多いのでカナル型イヤホンを使っていますが、難点はゴムパッドが知らぬ内に外れて無くなることでした。 外れるとその日はイヤホンが役に立たなくなるので落ち着きません。 どうやらポケットから出す時に外れてなくなるようです。 いろいろ買ううちにパナソニックのは、ゴムパッドが取り付く部分の形状を円ではなく楕円にしてゴムを引っ張る形状にして外れにくくしてました。 これはなかなかの工夫だと思いその通りはずれにくかったのですが、ある時外れて無くなりました。 最近使っているのはソニーの物で、これはゴム自体をやわらかくして外れそうになるとゴムがめくれるので、たまにめくれて裏の緑色の部分が…

  • 父と娘

    帰りの電車で座っていて朝霞台駅に着いたら、新聞読んでた隣のおじさんが急に「ユウコ」と言った。すると入口付近に立っていた女子高生が「うん」と言った。 一瞬よく分からなかったが、おじさんも女子高生も降りて行った。あれはきっと、親父さんが乗っている途中で娘さんが乗ってきたのに気付いたのだが、声をかけるタイミングが分からなくて降りる前にかけたのだと思う。 娘さんも親父さんには気付いていたが、電車の中で声かけるのは恥ずかしかったのだろう。 しかし笑いの沸点が下がってるのかな? こんなのでいくつか大笑いしてしまった。 http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/462…

カテゴリー一覧
商用