chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
satomurashi
フォロー
住所
青葉区
出身
北区
ブログ村参加

2013/05/21

1件〜100件

arrow_drop_down
  • インフレのご時世でもマンションの管理費を下げられる理由

    11月12日付けの週刊現代ビジネスに、「高額化するタワマンの管理費、放置しておくとこんなに資産価値が下落する!」と題した記事が掲載されていました。 gendai.media 本記事の要約は以下の通りです。 ■ なぜ管理費は高くなってしまうのか?「管理会社」が絶対に知られたくない「闇」について、マンション管理のからくりを知り尽くす3人(マンション管理士、住宅ジャーナリスト、元管理会社社員)が座談会を行った。 ■ タワマンの管理費が高騰している。70平方メートルくらいの物件で、3万円近い金額になっている。 ■ おかしいのは、同じ管理会社のほぼ同様のサービスのマンションでも物件によってはかなりの違い…

  • 財政状況の悪化に悩むマンションへの管理見直しのヒント

    11月19日付けの東洋経済オンラインに「「管理組合の資金難」 築浅も無関係でない深刻理由」と題した記事が掲載されていました。 toyokeizai.net 本記事の要約は以下の通りです。 ■ マンション管理組合が抱える深刻な課題のひとつが財政難である。ほとんどの管理組合の会計は、一般(管理費)会計と特別会計に区分されている。特別会計(修繕工事費)に関しては、新築当初はマンションの修繕積立金が低く見積もられている場合が多く、年数を経るごとに値上がりするケースは少なくない。また近年の人件費や建築コストの上昇などによる支出増が予想されている。 ■ 一方、 一般会計もまた同様に厳しい状況にあり管理組合…

  • マンション管理組合に忍び寄る「所有者不明住戸」問題

    11月15日(火)のNHKニュースで、老朽マンションにおける所有者不明部屋の発生に伴う問題について取り上げられていました。 www3.nhk.or.jp その要旨は以下のとおりです。 ■ 人知れず、マンションの部屋の住人がいなくなる。今、そんなケースが相次いでいることがわかってきた。 ■ この問題で、マンションの管理費の値上げや、建て替えができないという事態にもつながっている。 ■ 築50年年の千葉県内にあるマンション。この部屋に住んでいた高齢の男性といつからか、連絡がとれなくなってしまった。 ■ マンションの理事長が調べた結果、住んでいた男性は、7年ほど前に別の場所で亡くなったらしいことがわ…

  • マンションの機械式駐車場の撤去平面化に立ちはだかる「附置義務条例」の壁

    都内にある顧問先のマンションでは、来月臨時総会を開催し、機械式駐車場の設備更新と平面化工事を実施するための議案を審議する予定です。 このマンションでは、現在全22区画(平置き1区画を含む)の駐車場に対して、月極めの契約数は9台と稼働率は4割強にとどまっています。 マンション内の居住者に利用ニーズを探るためのアンケートも実施しましたが、機械式ならではのサイズ等の制約条件や使い勝手などの問題もあり、今後も稼働率の回復は見込みづらい状況です。 一方、築20年を超えて設備の老朽化が進行しており、今後部品交換などの修繕費が嵩むことが予想されます。そのため、駐車設備の撤去・平面化の検討を開始したのが2年前…

  • 顧問先マンションの「8年間の成果」を見える化!

    私がコンサルタントとして顧問を務めるマンション管理組合(神奈川県・90戸)では、1年毎に理事長が交代するたびにブリーフィングを実施しています。 事業年度ごとのトピックのサマリーを時系列で整理し、その経緯や検討経過、施策の効果などをレポートに纏めた資料をもとに、先日新理事長に説明しました。 このマンションにおける主なトピックとしては以下の項目が挙げられます。 ・管理コストの適正化(管理委託費:従前比33%ダウン) ・機械式駐車場の平面化(86台のパレットを撤去して35台の平置きに改装) ・修繕積立金の増額改定(月額単価 @200円/㎡⇒@300円/㎡) ・屋上防水改修工事の実施(25年の長期保証…

  • 前回の契約更新から5年経ったのに、マンション保険料が大幅に下がったワケ

    顧問先のマンション(神奈川県 31戸 築27年目)では、現在の保険契約が11月1日をもって満了となるため、更新後の契約について検討していました。 大手損保5社から相見積もりを取ったところ、「マンション管理適正化診断サービス」の結果が良好だったため、保険料が大幅に下がることがわかりました。 他の顧問先マンションでは、少しでも保険料の負担増を抑えようと(保険会社の)免責額を増やしたり、過剰と思われる補償をカットするなど苦肉の策を講じているところです。 しかしながら、このマンションについては現状の補償条件を維持したまま2割以上保険料が下がるため内心驚きました。(下記参照) 【保険料(5年分一括払いの…

  • 【申込受付中】マンション管理セミナー 11月開催のお知らせ

    11月に「マンション管理セミナー」を開催いたしますので、ご案内します。 参加人数を絞ったミニセミナーの開催とその後の個別相談会を開催します。 先着5名様の参加を受け付けますので、お早目にごお申し込みください。 記 【日時・会場】 令和 4年 11月 12日(土) 10:30~12:00 LEAGUE 地下1階 ミーティングスペース 東京都中央区銀座3-11-3 東京メトロ「東銀座」駅歩2分 「銀座」駅歩5分 【参加料金】 お一人様 2,000円(税込) ※ ただし、下記のいずれかの条件に該当する方は「無料」とさせていただきます。 ・初めて弊社セミナーに参加される方。 ・弊社に個別にご相談いただ…

  • マンション大規模修繕工事の資金を「無利子」で調達する方法

    顧問先のマンション管理組合に、東京都から「マンション改良利子補給資格及び利子補給交付決定通知」の書面が届きました。(下図参照) いったいどういう助成金なのか? 順を追って説明しましょう。 住宅金融支援機構によるマンション管理組合への融資を行う、 「マンション共用部分リフォーム融資」があります。 この制度の概要は以下の通りです。 ■ 融資対象:マンション共用部の改良工事に要する下記の費用 大規模修繕工事費、 浸水対策工事費、 耐震改修工事費 バルコニー補修費 エレベーター改修費 長期修繕計画の作成費 駐車場修繕費用 、玄関扉交換費用 、耐震診断費用 など ■融資の要件 ・管理組合の名義で借入れ可…

  • 遊休化した機械式駐車場の撤去・平面化は着実に増えている!

    9月10日付けの朝日新聞デジタルに、「機械式駐車場、15%のマンションが平面化 メンテナンスが重荷に」と題した記事が掲載されていました。 digital.asahi.com 本記事の要約は以下の通りです。 ■ 2018年度の国土交通省による調査によると、約32%のマンションに機械式駐車場があるといわれる。 ■ しかしながら、都市部を中心に車を持たないライフスタイルが広がったことや高齢化を背景に、空きが目立つようになり、維持管理に悩む管理組合も少なくない。 ■ 大和ライフネクスト系のシンクタンクは、同社が管理を受託しているマンションのうち機械式駐車場が設置されていたのは2千件のうち、すでに機械式…

  • 「築浅の駅近タワーマンション」がなかなか売れない事情とは?

    9月7日付けの現代ビジネスに、「駅近タワマンなのになかなか売れない…成約寸前でいつもダメになる、意外すぎるワケ」と題した記事が掲載されていました。 gendai.media 本記事の要約は以下の通りです。 =============== ■ 8年ほど前に新築で購入したタワマンに住んでいる50代の夫婦は、より都心に近いエリアに新しいタワマンを買ったため売却しようとしたが、「ある点」がネックとなり、引き合いがあっても成約に至らないと言う。 ■ そのマンションは、山手線から数駅離れたややマイナーな街ではあるが、駅から近く、500戸を超える大規模物件。駅前の再開発も進み、大きなスーパーも近くにあり、住…

  • リゾートマンションの管理会社をリプレイスするのは楽じゃない!

    顧問先の山梨県のリゾートマンション(築30年目・50戸弱)で先日通常総会が開催され、管理会社のリプレイスの議案が承認されました。 このマンションの歴史を紐解くと、現在の管理会社は3社目です。 分譲したデベロッパーに系列の管理会社がなかったため、 最初の管理会社は独立系大手のN社でした。 当初は管理人が住み込み方式でしたが、リゾート用のため居住者が少なくチェックの目が行き届かないのをいいことに管理人が勤務をサボっていたことが露見して、管理会社に賠償請求するトラブルに発展しました。 その後、大手管理会社のM社に変わりましたが、2年前にM社からリゾート物件からの撤退を理由に解約の申し入れがあり、現在…

  • 「理事会なしマンション」が増える業界事情と管理組合が抱えるリスクを考える

    8月18日付の日本経済新聞に、『「理事会なし」マンション増える事情 三井不動産、住友不動産が試験導入』と題した記事が掲載されていました。 www.nikkei.com 本記事の要約は、以下の通りです。 ■ 管理会社が理事会に代わってマンションを維持管理する「第三者管理方式」の導入が広がっている。 ■ 管理組合に設置された理事会が、管理会社や工事会社との折衝に当たる「理事会方式」を採用しているのが一般的。組合の理事長は「管理者」と呼ばれ、マンション管理の最高責任者と位置づけられる。■「 第三者管理方式」とは、区分所有者の代わりに外部の専門家が管理者となってマンションの維持管理に責任を負うしくみの…

  • 【申込受付中】マンション管理セミナー 9月開催のお知らせ

    9月度の「マンション管理セミナー」を開催いたしますので、ご案内します。 参加人数を絞ったミニセミナーの開催とその後の個別相談会を開催します。 先着5名様の参加を受け付けますので、お早目にごお申し込みください。 記 【日時・会場】 令和 4年 9月 10日(土) 10:30~12:00 LEAGUE 地下1階 ミーティングスペース 東京都中央区銀座3-11-3 東京メトロ「東銀座」駅歩2分 「銀座」駅歩5分 【参加料金】 お一人様 2,000円(税込) ※ ただし、下記のいずれかの条件に該当する方は「無料」とさせていただきます。 ・初めて弊社セミナーに参加される方。 ・弊社に個別にご相談いただけ…

  • 10月から増額改定!?マンション保険料の抑制に成功した事例を紹介!

    今年の10月から、損保各社が一斉に保険料率を改定する予定です。 (ただし、日新火災は来年1月以降) 現在の保険契約の満期が近づいている顧問先マンションでは、更新後の保険料負担を少しでも抑えようとそれぞれ工夫を凝らしています。 今回は、その一部を実例としてご紹介しましょう。 (1)神奈川県のマンション(31戸・築26年目)の場合 ■火災保険金 <旧>2億4,000万円 ⇒ <新>変更なし (その他付帯する賠償保険についても変更なし) ■現保険料(5年分)<旧>約128万円 ⇒<新> 約98万円 このマンションでは、築年数が5年増えているにもかかわらず、保険料が30万円も下がりました。 その理由は…

  • マンション内での孤独死の発生に対応した損害保険が登場!?

    「シンニチ保険WEB」に、7月19日付けで「東京海上日動 マンション管理組合事故対応費用保険の提供開始」と題した記事が掲載されていました。 www.shinnihon-ins.co.jp 本記事の要約は以下の通りです。 ■ 東京海上日動は、分譲マンションの戸室において孤独死等が発生したことによって管理組合が被る損害を補償する「マンション管理組合事故対応費用保険」の提供を開始した。 ■ 商品開発の経緯 (1) 高齢者の単身世帯の増加に伴い、高齢者の社会的孤立や孤独死が社会課題となっている。 (2) マンションにおいても、高経年化とともに居住者の高齢化が進み、孤独死が発生するリスクが高まっている。…

  • コンサルタント冥利に尽きるお言葉に感謝!

    当社をコンサルタントとして管理組合にご紹介いただき、その後2期にわたってお世話になった前の理事長さんから、総会後にお礼のメールをいただきました。 ==========(原文ママ)=========== 理事としてお会いするのが本日で最後となりましたが、およそ一年半前にコンサルティングを依頼させていただいてから今までの間大変お世話になりました。 そして様々な課題を有言実行で解決に導いて頂き感謝しております。本当にありがとうございました。 村上様の管理会社に対する厳しい姿勢や指導はコンサルティング契約前とは変わり、当マンションには良い方向に変化したと認識しています(未だ問題は多々ありそうてすが…)…

  • 所在不明者が増えるほどマンション管理組合の総会決議が困難になるワケ

    6月29日付けの日経新聞に、「マンション所有者「不明」増加 管理組合決議から除外案」と題した記事が掲載されていました。 www.nikkei.com 本記事の要約は以下の通りです。 ======== ■ 東京都ではマンションの空室状況に関する聞き取り調査の結果、2021年末時点で1万棟弱の約30%が空室を抱えており、「空室割合が不明」と答えたマンションも約1割の1,000棟以上もあることがわかった。 ■ 2018年度に実施した国交省による全国調査においても、回答した管理組合の約3割に空室があり、4%弱は所有者の所在なども不明であることがわかった。その後の老朽マンションの増加を踏まえると、所在の…

  • 【理事長のギモン】区分所有者と連絡が取れない時にはどうすればいいの?

    皆さんのマンションの管理費や修繕積立金の納付方法は、振り込みですか? それとも自動振替えですか? 現在のスタンダードは、 区分所有者の指定する口座からの毎月自動振替えと思います。 顧問先のマンションでは管理会社のリプレイスが決まったことから、この自動振替えの変更手続きが必要になりました。 これについては、区分所有者全員の手続きが必要になるので、届出用紙を各住戸に送付し、署名捺印のうえ返送してもらうことになったのですが、1名だけ音信不通の方が残ってしまいました。 管理会社に電話してもらったり、役員さんが訪問したり、玄関ドアにお手紙を挟んだりするなど、いろいろ接触を試みたもののいずれも失敗に終わり…

  • リプレイスして判明した大手管理会社のお粗末な仕事ぶり

    都内にある顧問先のマンション(築35年)では、この5月から管理会社が変更となりました。(経緯については下の記事を参照ください) <参考記事> yonaoshi-honpo.hatenablog.com 今月の理事会では、新たな管理会社とともに、前管理会社の決算報告や組合関係資料の引き継ぎ状況を確認しました。 ちなみに、前管理会社は誰もがその名を聞いたことがある有名なDです。 <下の記事の当事者でもあります> yonaoshi-honpo.hatenablog.com その結果、彼らのお粗末な仕事ぶりがいくつも明らかになってきました。 (1)資料の保管状況 築35年のマンションですが、過去の総会…

  • 【理事長のギモン】「マンション管理計画認定制度」の認定を受けるメリットって何?

    不動産経済研究所が運営する情報サイト「R.E.por」に、「マンション管理計画認定制度、板橋区が初の認定」と題した記事が掲載されていました。 www.re-port.net 本記事の要約は以下の通りです。 ■ 国土交通省は、2022年4月から開始した「マンション管理計画認定制度」で、全国初の認定事例として、東京都板橋区の「高島平ハイツ」が取得したことを発表した。 ■ 同制度は、マンション管理組合の管理者等がマンションの管理計画を作成し、マンション管理適正化推進計画を策定した都道府県等に提出し、一定の基準を満たす場合、認定を受けることができるもの。 ■ 認定を取得したマンションは、住宅金融支援機…

  • 【申込受付中】マンション管理セミナー 7月開催のお知らせ

    7月度の「マンション管理セミナー」を開催いたしますので、ご案内します。 コロナ禍の中、集会形式のセミナーを自粛してきましたが、かなり状況も落ち着いてきたため、参加人数を絞って会場開催とその後の個別相談会を再開します。 先着5名様の参加を受け付けますので、お早目にごお申し込みください。 記 【日時・会場】 令和 4年 7月 16日(土) 10:30~12:00 LEAGUE 地下1階 ミーティングスペース 東京都中央区銀座3-11-3 東京メトロ「東銀座」駅歩2分 「銀座」駅歩5分 【参加料金】 お一人様 2,000円(税込) ※ ただし、下記のいずれかの条件に該当する方は「無料」とさせていただ…

  • マンションの機械警備費の適正化が一筋縄ではいかない理由

    これまで多くのマンションで管理委託費の適正化のコンサルティングで成果を挙げてきましたが、機械警備費も例に漏れず割高なケースが多い項目の一つです。 まず、マンションの機械警備とは、そもそもどのような仕組みなのかを説明します。 マンションの共用設備の不具合や住戸内で発生した火災・ガス漏れなどの事故は、管理室内に設置された監視盤で異常信号を常時受信しています。 機械警備を導入している場合、その異常信号が即時警備会社のコントロールセンターに移報され、受信から25分以内に警備員が現場に駆けつけて対応することになります。(下図参照) この機械警備の費用ですが、マンションの規模や監視対象の箇所数によってかな…

  • 【理事長のギモン】管理組合の決算で毎月徴収していた町内会費が「消えた」ワケ

    顧問先のマンションの理事会で、管理会社が今期の決算状況を説明しました。 このマンションの管理費会計では、収入科目の一つに「町内会費」があり、今期の予算として43,200円を計上していました。 実際には、毎月戸あたり@100円徴収を徴収し、36戸分で計3,600円を収入として計上していました。 ところが、月次会計収支で期末の3月でこれまでの徴収した金額だけマイナス計上して取り消し、年間の収入はゼロになっていました。(下図参照) なぜこんな処理になったのか? 43,200円はどこへ「消えた」のか? この「謎」をすぐに解くことができませんでした。 今年度は、「コロナ禍で活動休止したため町内会費を徴収…

  • マンションの大規模修繕工事で外壁タイルの不具合が異常に多かった理由とは?

    顧問先のマンション(築16年目)では、今年の2月から第1回目の大規模修繕工事が始まりました。 ただ、3月に入って施工業者から外壁の下地補修のため不具合箇所を集計したところ、当初見込んでいた数よりもはるかに不具合の箇所が多いことが判明しました。 実は、着工の1年半前にこのマンションでは外壁の全面打診を実施しましたが、その際にすでに約2万枚もの浮きが見つかっていました。 そのため、今回の工事では3万枚の貼り替えを見込んでいたのですが、実際には4万枚を有に超えてしまったのです。 貼替え用のタイルは、通常1万枚単位で窯焼きによって製作します。 また、納期までに1ヶ月程度の時間がかかります。 施工業者か…

  • マンション管理委託費の適正化には「管理仕様の見直し」も効果的!

    顧問先のマンション(神奈川県所在 築26年目・55戸)では、昨秋からコンサルティングに着手しましたが、その後管理会社との交渉を経て主要コストの管理委託費や電気料金を適正化できる目処が立ったため、今月下旬の通常総会に議案を上程することになりました。 この半年あまりの期間での成果をまとめると以下のようになります。 戸あたり平均に換算すると、ざっと年間47,000円弱の経済効果となります。 特に最も大きな比重を占める管理委託費は、現状と比べて29%のダウンとなりました。 管理業界も、昨今は人件費高騰によるコスト漸増の傾向は否めませんが、まだこんなに大幅なコスト削減ができる物件もあることを証明しました…

  • 値上げは避けられる!料率一斉改定前のマンション保険の見直し方

    今年の10月以降、マンション保険の料率が値上げになることはすでに本ブログでもお知らせしていますが、顧問先の管理組合でも今年に入って次々と更改しています。 その実例を以下で紹介しましょう。 ケース1【神奈川県所在のマンション(築26年・55戸)の場合】 現在の保険契約が今年5月初旬に満期を迎えるため、現在の代理店(管理会社と同じ系列)に見積もりを依頼したところ、いずれの保険会社を選んでも現状比で3割〜5割保険料が増加するとの説明を受けました。 そのため、当社が別の相乗り代理店から提案を受けたところ、保険会社の変更に加えて現契約に付帯する施設賠償責任保険や地震保険の減額ならびに(保険会社の)免責額…

  • 【受付中】マンション管理見直し本舗 オンラインセミナー(5月)開催のご案内

    5月度の「マンション管理セミナー」についてご案内します。 新型ウィルス感染防止のため、今回も「オンライン形式」で開催します。 ネット接続環境があれば、首都圏以外にお住いの方も気軽に受講できます。 先着10名様のお申し込みを受け付けております。 どうぞお早目にお申し込みください。 記 【日時・会場】 令和 4年 5月 21日(土) 10:00~11:30 【参加料金】 お一人様 2,000円(税込) ※ ただし、下記のいずれかの条件に該当する方は「無料」とさせていただきます。 ・初めて弊社セミナーに参加される方。 ・弊社に個別にご相談いただける方 【内 容】 「管理コストを3割削減するための見直…

  • 4月にスタートした「マンション管理認定計画制度」について管理組合が知っておくべきこと

    4/13付けの「Yahoo!ニュース」に、「4月スタート「マンション管理計画認定制度」の六つの課題は?」と題した記事が掲載されていました。 <参考記事> news.yahoo.co.jp 本記事の要約は以下の通りです。 ■ 改正マンション管理適正化法の施行を受け、今年4月からマンションの管理状況を地方自治体がチェックする「管理計画認定制度」がスタートした。 ■ ただ、この制度を実際に機能させるには課題が多く見受けられ、以下6つの課題を指摘したい。 <課題 その1> 「情報難民の組合」への周知方法 ほとんどの自治体はこの制度の根拠である「管理適正化推進計画」の作成や周知まで手が回っていないのが実…

  • 管理委託費の値上げを「リプレイス」で回避したマンションの話

    4月2日付の日経新聞に「マンション、管理費値上げ折り合えず 住民ら困惑」と題した記事が掲載されていました。 www.nikkei.com 本記事の要約は以下の通りです。 ■ 管理組合が、管理会社から契約更新を拒否されるケースが相次いでいる。人件費が高騰する中、管理費の値上げ交渉で折り合いがつかないケースが目立つ。 ■ 2021年秋、築30年超の大規模マンションの管理組合は管理会社から契約の打ち切りを通告された。■ 管理人や清掃スタッフなどの人件費高騰を理由に、管理費の値上げを提案されていたが、住民の意見がまとまらないうちに更新を拒まれた。 ■ 予算内で契約が結べる別の管理会社を見つけたが、住民…

  • 【理事長のギモン】「マンション管理計画認定制度」とはどんな仕組み?管理組合は何をどうすればいい?

    いよいよ4月1日から「マンション管理計画認定制度」が施行されます。 この制度で認定手続支援サービスを担うマンション管理士として、私もマンション管理センター主催の講習(e-Learning)を受け、昨日修了しました。 この制度の概要やしくみについては、下記のイメージ図や過去の執筆記事をご参照ください。 <参考記事> yonaoshi-honpo.hatenablog.com aplug.ykkap.co.jp 今回は、管理組合の役員さんが知っておくべき情報・知識として、自らのマンションの管理計画について認定を受けるために手続きや認定の要件について概要をご紹介します。 【1】認定を受けるための要件…

  • マンション管理組合が「新電力」との契約が続けられくなった時どうすればよいか?

    都内の顧問先マンションで起きたばかりの話です。 現在高圧で受電しているマンションで、管理会社より「契約中の新電力からいきなり契約解除の協力願いという文書が届いた。」との連絡がありました。 その内容を要約すると以下の通りです。 ■ 2018年8月から契約している某新電力会社より、「契約解除のご協力のお願い」という書面が届いた。 ■ エネルギー価格の高騰により、料金単価を改定することとなり、改定後は類を見ないほどに高くなるので、供給契約解除をお勧めするとのこと。(書面では、現在の料金単価が3倍強に跳ね上がる内容となっている) ■ 料金改定をして契約を継続する場合、料金承諾期日が今から「4日後」に設…

  • マンション管理士 ついに「業務独占資格」へ昇格か!?

    先日、(公財)マンション管理センターが、「管理計画認定手続支援サービス」の開始及び「事前確認講習」の実施についてホームページで発表しました。 これによると、マンション管理センターでは、本年4月より、管理計画認定の申請をオンラインで実施することを可能にするとともに、管理計画の認定基準への適合状況を事前確認講習を受けたマンション管理士が事前に確認する「管理計画認定手続支援サービス」の提供を開始する、とのことです。 また、管理計画の認定基準への適合状況を事前に確認するマンション管理士を対象とした講習(事前確認講習)を実施することになりました。 さっそく、私もこの講習の受講を申し込みました。 と、ここ…

  • 【理事長のギモン】マンション修繕積立金の改定は「特別決議事項」なのか?

    これから紹介するのは、当社が顧問に就任する前に起こったマンション管理組合での実話です。 このマンションでは長らく修繕積立金の徴収額が低い水準にとどまっており、このままでは2回目の大規模修繕工事の際に借入金で資金調達せざるを得ない状況のため、従来の3倍に増額改定する議案を上程しました。 総会前に、増額検討の経緯を含めて理解してもらうために住民説明会も開催されており、出席者からは概ね賛同してもらえる感触が得られていたそうです。 ところが、実際の総会では賛成票が足らなかったために否決されました。 その議案書を読んでいたところ、この議案が「特別決議事項」(総組合員数および総議決権数の各4分の3以上の賛…

  • マンションの大規模修繕工事が割高になる原因は、住民の無知・無関心にあり!

    2月15日付の「朝日新聞デジタル」に、「6千万円の大規模修繕、3分の1で出来た? マージン取る管理会社も」と題した記事が掲載されていました。 digital.asahi.com 本記事の要約は以下の通りです。 =============== ■ 1年ほど前。築25年以上の関西のマンションでは、2回目の大規模修繕の時期を迎えようとしていた。 ■ 管理組合は、設計や監理など中心的な役割を担うコンサルタントを選び終え、施工をどの業者にするか決める段階になっていた。 ■ 受注する業者の最終提示額は、6435万円。ただ、1回目の大規模修繕工事は3045万円。しかも、工事業者、工事内容は前回とほぼ同じだっ…

  • 【受付中】マンション管理見直し本舗 オンラインセミナーのご案内(3月)

    新年最初の「マンション管理セミナー」についてご案内します。 新型ウィルス感染防止のため、今回も「オンライン形式」で開催します。 ネット接続環境があれば、首都圏以外にお住いの方も気軽に受講できます。 先着10名様のお申し込みを受け付けておりますが、 本日現在であと5名様の空きがあります。 どうぞお早目にお申し込みください。 記 【日時・会場】 令和 4年 3月 19日(土) 13:30~15:00 【参加料金】 お一人様 2,000円(税込) ※ ただし、下記のいずれかの条件に該当する方は「無料」とさせていただきます。 ・初めて弊社セミナーに参加される方。 ・弊社に個別にご相談いただける方 【内…

  • 【マンション保険の見直し】保険金の設定を1億円増やしたけど保険料が増えなかったワケ

    先日、顧問先のマンションで通常総会が開催され、現在加入中のマンション保険を満期を迎える1年前に中途解約して、新たな保険に入り直す議案が承認されました。 現状の契約を保険代理店にチェックしてもらったところ、以下のとおり2つのリスクを抱えていることがわかりました。 (1) 適正な保険金額は建物評価額(共用部)の5~6割程度とされているところ、現状では建物評価額に対して2割の付保率にとどまっており、甚大な被害に遭った際に十分な補償が受けられないリスクがある。 (2) 地域ハザートマップによると、当マンションの立地するエリアは高潮( 3m 以上)、洪水(50cm~3m)による浸水リスク、ならびに地震等…

  • 10年前とココが変わった!改訂版「修繕積立金ガイドライン」

    昨秋、国土交通省が10年ぶりに修繕積立金に関するガイドラインの改訂版を公表しました。 これについては、本ブログでも10月22日のブログでも紹介しています。 <参考記事> yonaoshi-honpo.hatenablog.com ただ、今回の改定版をよく読んでみたところ、「修繕積立金の額の目安」の計算方法が以前と大きく変わっていることに気づきました。 変更のあった箇所を抜粋すると以下の通りです。 【旧ガイドライン(2011年)】 【新ガイドライン(2021年)】 計画期間全体における修繕積立金(m²当たり月単価)の平均額(Z)の算出方法は、以下の通りです。 Z=(A+B+C)÷X÷Y A:計画…

  • マンションの管理状態を評価するのは、自治体?管理会社?マンション管理士?

    1月17日付けのYahoo!ニュースに、「マンションの管理状態を自治体が評価する「マンション管理適正化法」とは?」と題した記事が掲載されています。 news.yahoo.co.jp 本記事の要約は以下の通りです。 ■ 国土交通省は、マンション管理の現状について以下4つの課題があると指摘している。 ・高齢化・非居住化、管理組合の担い手不足 ・マンションの大規模化 ・既存住宅流通量の増加、管理情報の不足 ・適切な長期修繕計画・修繕積立金の不足 ■ 特に、築40年超の老朽マンションは10年後に200万戸近くになるとされており、再生や建て替えも大きな課題になっている。 ■ このようなマンションを取り巻…

  • 【受付中】マンション管理見直し本舗 オンラインセミナー(1月)のご案内

    新年最初の「マンション管理セミナー」についてご案内します。 新型ウィルス感染防止のため、今回も「オンライン形式」で開催します。 ネット接続環境があれば、首都圏以外にお住いの方も気軽に受講できます。 先着10名様のお申し込みを受け付けておりますが、 本日現在であと5名様の空きがあります。 どうぞお早目にお申し込みください。 記 【日時・会場】 令和 4年 1月 15日(土) 13:30~15:00 【参加料金】 お一人様 2,000円(税込) ※ ただし、下記のいずれかの条件に該当する方は「無料」とさせていただきます。 ・初めて弊社セミナーに参加される方。 ・弊社に個別にご相談いただける方 【内…

  • 新年早々、管理会社リプレイスのための臨時総会が2件!

    今年もコロナ禍に振り回された1年でしたが、いよいよ年の瀬が押し迫る中、顧問先のマンション2件で管理会社をリプレイス(変更)することになりました。 どちらも新年早々に臨時総会を開催することになったのですが、折り悪しく年末年始の連休に入る間際での意思決定だったこともあり、候補先の管理会社の現地調査やプレゼン会の段取り、総会議案書ドラフトの作成などのため、先週まで忙しい日々を送っていました。 2つの管理組合が管理会社の切り替えに踏み切った事情は異なります。 1件目の都内にある投資用マンションでは、 管理会社に対する理事会の積年の不満が燻ぶっていました。 今年の通常総会では、監事の署名捺印した監査報告…

  • 来年4月から始まる「マンション管理計画認定制度」ってナニ?

    11月30日に、国土交通省が「マンション管理計画認定制度」に関する事務手続きに関するガイドラインを策定し、公表しました。 <参考記事> www.mlit.go.jp そもそも、本制度はいかなる趣旨で創設されたのか? そこから説明しましょう。 国土交通省によれば、 築40年超のマンションは、2018年末の81.4万戸から10年後の2028年末には2.4倍の約198万戸、38年末には4.5倍の約367万戸となる見込みです。 <2020年末時点のマンションストック総数は、約675万戸> これに伴い、建物の老朽化や管理組合の担い手不足に悩む高経年マンションが急増すると予想されます。 そのため、2022…

  • 【理事長のギモン】区分所有者の迷惑行為にマンション管理組合はどう対処すべきか?

    現在コンサルティング中のマンションの理事長さんから、以下のような相談を受けました。 ・総会で承認された修繕工事の実施の際に、クレーマーである組合員による妨害行為によって工事の中断等が発生したため、こうした行為に対する措置を定めるための管理規約の改正を検討したい。 ・上記の妨害行為によって工事の見積金額が増えた場合や、清掃員の管理室への入室を妨害する行為、樹木の伐採に対する嫌がらせ等に関しては、管理規約では禁止事項として具体的に規定していない。 上記のような行為は、区分所有法における「共同利益背反行為」に該当するため、管理組合としての対処方法が規定(第57条〜60条)されています。 また、当該マ…

  • 超低金利時代の今だからこそ、「マンションすまい・る債」活用のススメ

    住宅金融支援機構が、 2021 年度におけるマンション管理組合向けの債券「マンションすまい・る債」の積立てに関する募集結果を報告しました。 www.jutaku-s.com 本報告内容の要約は、以下の通りです。 ■ 2021 年度新規募集の結果・応募組合数:1,704 (対前年比 +12%) ・応募口数は 10万5,244 口 (対前年比 +21.4%) :過去最大 「1口 50万円」なので、総額525億円 ■ 増加した要因 (1)応募受付期間を約1か月延長(5ヶ月→6ヶ月)したこと。(2) 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、昨年度は多くのマンションで管理組合の総会を延期していたが、今年…

  • <速報>2022年10月にマンション保険料が一斉に増額改定されます!

    当社がお付き合いしている保険代理店から、来年秋にマンション保険料が増額改定されることが決まったとの連絡がありました。 ■ 値上げの背景 (1) 2019年度から2020年度において大規模な自然災害が発生したこと (2) リスクの高い築年数の古い住宅の割合が増加したこと 以上を踏まえ、損害保険料率算出機構が、本年5月に金融庁に対して火災保険の参考純率(=事故が発生したときに、保険会社が支払う保険金に充てられる部分)変更の届出を行ったところ、同 6月に金融庁より適合性審査結果通知を受領したため、改定が決定した。 ■ 値上げ率 住宅総合平均で+10.9% ただし、改定内容の詳細は、2022年春頃に…

  • マンション管理組合への請求なのに、管理会社の名義で振り込んでくるヒジョーシキ

    当社の顧問先の管理組合には、定期的に当社がその報酬の請求書を発行していますが、その際には組合の事務管理業務を受託している管理会社のフロント担当者宛てに送付しています。 顧問先の中には、たまたま管理会社が同じ場合もあるのですが、 大手のD社とT社については、現在3件ずつ管理委託先が重なっています。 一方、当社は期日までに請求した報酬が入金されているかを確認するには、こちらの通帳に記帳結果で確認するしかありませんが、上記の2社については、(それぞれの管理組合の名義ではなく)自社の名義で振り込んできます。 請求した全額が滞りなく入金された場合はそれでも特に問題はありません。 厄介なのは、一部入金が漏…

  • 「住民が頼れるマンション管理会社ランキング」に異議アリ!

    10月23日付の週刊東洋経済に、「サービスを低下させない上位100社はここだ!<住民が頼れる>マンション管理会社ランキング」と題した記事が掲載されています。 premium.toyokeizai.net 本記事の要約は以下の通りです。 ======== ■ 住民は頼れるマンション管理会社をどのように評価すればよいか。管理会社を「業務主任者1人当たり棟数」と「管理部門売上高」の2つの指標を用いて独自にランキングした。 ■ マンション住民へのサービスを維持できるかを探る指標の1つが、「管理業務主任者1人当たりの物件棟数」だ。 ■ 管理業務主任者は、管理会社が管理組合と契約を結ぶときに必要な国家資格…

  • 10年ぶりの改訂!「マンション修繕積立金ガイドライン」

    10月20日付けの「スーモジャーナル」に、「あなたのマンションは大丈夫? 国交省が長期修繕計画、修繕積立金に関するガイドラインを改定」と題した記事が掲載されていました。 suumo.jp 本記事の要約は、以下の通りです。 ■ 2021年9月28日、国土交通省がマンションの長期修繕計画作成や修繕積立金に関するガイドラインの改訂版を公表した。 ■ 本ガイドラインは来年4月からスタートするマンション管理計画認定制度の認定基準となる予定でもあり、マンション所有者も購入予定者もその概要は知っておきたい。 ■自分の住む(購入しようとする)マンションの長期修繕計画が適切なものなのか、修繕積立金が十分なのかを…

  • 最近管理組合から相談の多いマンションの共通点とは?

    この1年で当社に相談をいただいたマンションにはひとつの共通点があります。 それは、管理会社が大手のD社ということです。 相談する管理組合側の不満要素で目立つのは、 ・修繕費の見積もりが高い。 ・フロント担当者の対応が悪い(レスポンスが少ない・対応が遅いか、しない) の2点です。 当社の顧問先にもD社が管理受託しているマンションがいくつかありますが、 たしかにご指摘の通りだと思います。 そのほかに私が感じているところでは、 1)月次会計報告書が非常に見づらい。 電算システム時代の頃のままの古い書式で、管理費会計の収支表が1枚で収まりきらず、複数枚に及んでいます。 また文字数の制限もあり、相手先の…

  • 【受付中】マンション管理見直し本舗 オンラインセミナー(11月)のご案内

    11月度の「マンション管理セミナー」についてご案内します。 新型ウィルス感染防止のため、今回も「オンライン形式」で開催します。 ネット接続環境があれば、首都圏以外にお住いの方も気軽に受講できます。 先着10名様のお申し込みを受け付けております。 どうぞお早目にお申し込みください。 記 【日時・会場】 令和 3年 11月 13日(土) 13:30~15:00 【参加料金】 お一人様 2,000円(税込) ※ ただし、下記のいずれかの条件に該当する方は「無料」とさせていただきます。 ・初めて弊社セミナーに参加される方。 ・弊社に個別にご相談いただける方 【内 容】 「管理コストを3割削減するための…

  • 機械式駐車場の撤去・平面化は、管理組合にとってもはや「特別な選択」ではなくなった

    7月27日に、大和ライフネクストの出資するシンクタンク「マンションみらい価値研究所」が、「消えゆく機械式駐車場」と題したレポートを発表しているので紹介します。 <参考記事> www.daiwalifenext.co.jp その要約は以下の通りです。 ■ 車保有人口の減少に伴い、マンションの駐車場の契約者数も減少傾向にある。契約が減少すれば、駐車場使用料収入も減るので管理組合の財政を圧迫する。 ■ 一方、機械式駐車場は月々のメンテナンスコストや、一定年数を経過すると装置の入替えが必要となるなど維持費がかかる。 ■ そのため、管理組合でも将来の維持費削減を目的として機械式駐車場を撤去する「平面化工…

  • 【理事長のギモン】大規模修繕工事の資金が足らない時はどうすればよい?

    9月23日付けの東京新聞に、<プロに聞く くらしとお金の相談室>マンション修繕費が不安」と題した記事が掲載されています。 <参考記事>www.tokyo-np.co.jp 本記事の要約は以下の通りです。 <相談内容> マンション管理組合の役員に就任することになった。今後、建物の老朽化とともに修繕や改修工事が必要になるが、その資金を準備できるかどうか不安。資金繰りに困ったらどう対処すればよいか? <回 答> マンションは建物の劣化に加え、所有者の住民も高齢化するという二つの老いの問題を抱えているため、修繕計画をもと早いうちから資金準備を始める必要がある。 共用部分の修繕項目は、給水管や排水管の更…

  • マンション管理会社の契約更新拒否は、「従来のビジネスモデルの終焉」の始まり

    9月12日付の朝日新聞に、「マンション「管理拒否」されないためには カギは管理会社よりも住民」と題した記事が掲載されていました。 <参考記事> www.asahi.com 本記事の要約は以下の通りです。 ■ 管理コストの上昇や建物の老朽化を背景に、管理組合が管理会社から管理を断られるケースが、都市部を中心に問題になっている。 今後のマンション管理はどうすればいいのか、横浜市立大学の斉藤教授にインタビューを行なった。 ■ 管理を拒否される背景として、管理人の人手不足などでコストが高騰している管理会社側の事情もあるが、マンションの管理が困難、もしくは管理不全の状態に陥っていることもある。 ■ 管理…

  • マンションが抱える「7つの大問題」のうち、まだ世間で認識されていないのは?

    9月21日号の「週刊女性」に、「住人とともに“老いる”マンションの高齢化、相続放棄に修繕費「7つの大問題」」と題した記事が掲載されています。 <参考記事> www.jprime.jp 本記事の要約は以下の通りです。 ■ 大問題(1)購入時と話が違う! 膨れ上がる修繕費 本来は長期修繕計画にしたがって必要な修繕費を滞りなく住人が積み立てることが理想だが、現実はそうではない。計画どおりに進まない原因は、分譲マンションの販売業者は修繕積立金の金額をわざと安く見積もってお得感があるように見せているからだ。 国交省では、修繕積立金月額を平米単価200円を推奨しているが、ネットなどで見ると現実にはその半分…

  • あなたのマンションに必要な修繕積立金は本当はいくらか計算してみましょう!

    ARUHIマガジンに、「マンションの管理費・修繕積立金の目安は? 特に注意したい修繕積立金の額の妥当性」と題した記事が掲載されています。 <参考記事> magazine.aruhi-corp.co.jp 本記事の要約は以下のとおりです。 ▪️マイホームでは、住む期間に応じた維持費がかかる。マンションを購入した場合は、住宅ローンに加えて管理費や修繕積立金を負担していくことになるので、家計に無理がないかあらかじめ確認しておく必要がある。この管理費や修繕積立金について、それぞれ目安はどのくらいなのだろうか? ▪️管理費は、管理員の人件費や共用部分の清掃費用、植栽費用、法定点検費用などに充当される。管…

  • マンション管理会社からの委託費増額改定の申入れに憤慨!

    顧問先マンション(30戸)では、本年11月末をもって期間満了となる管理委託契約の更新にあたり、管理会社から7月の理事会で業務委託費の改定について申し入れがあり、9月に予定されている通常総会の議案に上程したいとの提案がありました。 具体的には現状の管理委託費を14%強増額したいとのことで、管理組合にとっては年間30万円強の負担増となります。 ただ、増額する理由について「人件費や外注費の増加のため」と簡単な口頭の説明で済まそうとしたため、増額について組合側の理解を得るべく、その経緯や理由を記載した書面を提示すべきではないかと指摘しました。 そのため、今月の理事会では、増額の申入れを書面にしたためて…

  • 【申込受付中】9月度マンション管理セミナー(オンライン)のご案内

    9月度「マンション管理セミナー」を開催いたしますので、ご案内します。 新型ウィルス感染防止のため、今回も「オンライン形式」で開催します。 ネット接続環境があれば、首都圏以外にお住いの方も気軽に受講できます。 先着10名様のお申し込みを受け付けております。 どうぞお早目にお申し込みください。 記 【日時・会場】 令和 3年 9月 18日(土) 13:30~15:00 【参加料金】 お一人様 2,000円(税込) ※ ただし、下記のいずれかの条件に該当する方は「無料」とさせていただきます。 ・初めて弊社セミナーに参加される方。 ・弊社に個別にご相談いただける方 【内 容】 「管理コストを3割削減す…

  • マンション大規模修繕工事の相見積もりを取得する手順と注意点

    当社の顧問先マンション(築15年目)では、来年初めに大規模修繕工事の実施を想定し、施工業者5社から相見積もりを先日取得しました。 その結果は、以下の通りです。 各社の見積条件を見ると、 総額は税別4千万円強のところ最大170万円の僅差に収まりました。 工事総額に対する比率は、たったの2%に過ぎません。 各社が犇めき合った接戦であったことが伺えます。 管理組合側で事前に想定していた予算額(税別4,500万円)と比べると、1割強下回ることができたことになるので、うまく「競争原理の導入による経済効果」が得られたと言えるでしょう。 さて、マンションの大規模修繕工事において、多くの管理組合にとって悩まし…

  • 老朽マンションの建替え促進策として、国が容積率割増しの要件を緩和!?

    7月14日付の読売新聞に、「老朽マンションの建て替え促進策導入へ…階数増やせる特例で「新陳代謝」進める」と題した記事が掲載されていました。 www.yomiuri.co.jp 本記事の要約は以下の通りです。 ■ マンション建替えには区分所有者の8割以上の合意が必要だが、建て替えの費用負担がネックとなって合意できず、そのまま老朽化が進むケースが後を絶たない。しかし、老朽化が放置されたままでは、壁面の崩落や廃虚化に伴う事故、治安悪化を招くことが懸念される。 ■ 国土交通省は、老朽マンションの増加に歯止めをかけるため、マンションの建て替え促進策を導入し、関係する省令・告示を年内に改正する予定。 ■ …

  • 電気料金削減コンサル業者の「アンフェアなやり口」と対抗策

    前回に引き続いて、「電気料金削減コンサル業者」のC社と手を切るためのサポートを行なった際のエピソードをご紹介します。 <前回記事> yonaoshi-honpo.hatenablog.com 当社の助言にもとづいて中途解約に向けて管理組合が動いたところ、C社から機器買取りプランの見積もりと注意喚起の文書が届きました。 機器の値段は当社で紹介した別業者に比べてやや割高な水準でした。 なお、買取りに切り替える場合でも、現契約の残期間分の中途解約費用(電気料金削減成果に応じたシステム利用料の7割相当)は確実に請求される、ということがわかりました。 問題は、一緒に送付されてきた「注意喚起」の文書です。…

  • マンション管理組合は要注意!「電気料金削減コンサル業者」の商法

    当社がコンサルしている都内のマンションでは、「電気料金削減コンサルタント」と称する会社と10年間におよぶ長期契約を締結していることがわかりました。 その契約の基本的なスキームは以下のとおりです。 (このコンサルタントを「C社」と称します。) (1)電子ブレーカーならびに蓄熱式暖房機の導入による共用部電力料金削減に関するシステム利用契約(10年間)を締結。 (2)C社は、マンション共用部に「電子ブレーカー」と「蓄熱式暖房機」を設置。 (3)上記機器の設置後に、C社は受電契約変更の手続きを代行する。 (4)(2)の契約変更によって、共用部の電気料金負担が減少する。 (5)管理組合は成果報酬型の契約…

  • コロナ禍でもマンション管理委託費を3割削減できました!

    先日、コンサルティングしている都内のマンション(築24年・ファミリータイプ 36戸) で通常総会が開催され、管理委託費の3割削減が実現しました。 今回は、当社へのご相談の経緯からコスト削減が実現するまでの経過についてご紹介しましょう。 1. きっかけは「集合インターホン」更新工事の見積もりから! 竣工後24年を経過し、マンションの集合インターホンで不具合が相次いで発生していたうえ、メーカーの部品生産もすでに終了していることがわかりました。 そのため、管理会社を通じて設備更新のための見積もりを取得しましたが、適正な金額を確認するため、当社の下記サイトページを見つけた理事長さんから昨年10月に相見…

  • 早わかり!2021年6月改正「マンション標準管理規約」の改正ポイント

    6月22日付で、国交省が改正版「マンション標準管理規約」を公表しました。 www.mlit.go.jp 今回の改正のポイントは以下の2つです。 (1)新型コロナウィルス感染症の感染拡大等の社会情勢の変化への対応 (2)マンション管理適正化法及びマンション建替え円滑化法の改正への対応 国交省がリリースした「マンション標準管理規約の改正について(概要)」と題した資料によると、具体的な変更点は以下のように要約できます。 ================= 1.IT を活用した総会(以下「オンライン総会」)の開催方法と留意点 ■ 「オンライン総会」が実施可能なことを明記するとともに、留意事項等も記載。…

  • マンション大規模修繕工事の際は、事前の「アスベスト調査」がマストに!

    「アスベスト」とは、天然の鉱物繊維で「石綿(いしわた)」とも呼ばれています。 その名の通り、繊維は綿のように軽くて柔らかく、耐熱性・耐火性・防音性・絶縁性に優れている特徴を持っていることから、建物の建材だけでなく、自動車や家電製品・家庭用品など、広い分野で使われていました。 しかしながら、万一空中に飛散したアスベスト繊維を吸い込んでしまうと、肺ガンや中皮腫のリスクが高くなることが判明したため、2006年9月にアスベスト製品の製造・使用が禁止されました。 ただ、言い換えれば、2006年9月以前に建設された建物にはアスベストを含んだ建材が使われている可能性がある、ということです。 そのため、有害な…

  • 「おカネのかかるタワマン」苦肉の経済対策とは

    6月2日付けの「ダイヤモンドオンライン」に、「タワマンの豪華施設を活用する新ビジネスが熱い!共有部が「最高のショールーム」に」と題した記事が掲載されています。 diamond.jp 本記事の要約は以下の通りです。 ■ タワマンの豪華な共用施設を有効活用する新サービスが、東京湾岸や神奈川・武蔵小杉のタワマンに広がりつつある。 ■いま、 タワマン住民に急速に広がっているのが、4月に事業を開始したベンチャーが提供する、タワマンの「共用施設活用サービス」だ。 ■ 展望ラウンジやバー、キッチン付きのパーティースペース、住民専用のスポーツジムなど、タワマンの代名詞ともいえる豪華な共用施設は、入居直後こそ喜…

  • マンション管理会社が保険代理店になることを前提とした委託契約にNO!

    先日、顧問先マンションの通常総会が開催され、管理委託契約の更新に際して管理組合がかねてより要望していた契約条文の一部変更が実現しました。 従前の管理委託契約では、共用部を対象とするマンション保険に関する契約の手続きや、保険金の請求申請の代行業務については、以下のように管理会社が保険代理店となる場合を想定した記載となっていました。 =============<従前の条文>================ 管理組合が契約者となる共用部分の火災保険等に関して、管理会社が代理店となってこれを取り扱う場合、組合の指示に基づき管理会社は次の業務を行う。 a. 保険契約の申込手続・変更手続 b. 保険金の請…

  • いい加減な会計処理を続けようとするマンション管理会社の「詭弁」に呆れる

    顧問先マンションでは、管理会社による月次会計報告において運営の実態を反映しない処理が行われていることが判明しました。 具体的には以下のような状況です。 ■ 年度の初月に、毎月計上されるべき費用(水光熱費など)がゼロになっている。 ■ 毎月定額の費用項目にもかかわらず、月別の費用計上の金額がまちまち。 ■ 駐車場や自転車置場等の専用使用料が、実際の稼働状況と符合しない。 その原因は、管理会社が月次の会計処理を「現金主義」にもとづいて行っていることに原因があります。 たとえば、共用部の水光熱費などは組合名義の銀行口座からの自動振替えで精算していますが、会計報告の期限(翌月末まで)には引き落とされな…

  • 国がマンション組合総会のオンライン開催を容認へ!その条件と注意点とは?

    4月30日付けの日本経済新聞に、「マンション総会もオンライン 出席率向上、勤務先からも 国も後押し」と題した記事が掲載されていました。 www.nikkei.com 本記事の要約は以下の通りです。 ■ 管理組合の総会や理事会をオンラインで開く動きが広がっている。コロナ対策などの観点から国もこうした試みを認める方針を示して後押ししている。 ■ 4月初旬、横浜市の某マンションの一室で定例の理事会が開かれた。目を引くのは室内スクリーンに映った画面。この日、出席した11人の理事らのうち、3人はウェブ会議「Zoom」を使い、画面越しにマンションの自室などから参加した。 ■ このマンションでは、2020年…

  • マンション管理会社からの「管理委託費の値上げ要求」は本当に避けられないのか?

    4月29日付の「ダイヤモンド・オンライン」で、「管理委託契約を「人質」に取るマンション管理会社の値上げ要求と戦う方法は?」と題した記事が掲載されていました。 diamond.jp 本記事の要約は以下の通りです。 ■ 最低賃金引き上げの流れを受け、管理会社が管理委託費の値上げを要求するケースが増えている。 ■ 近年の東京都における最低賃金について推移を見てみると、2015年:907円から 2020年:1013円に上昇している。 ■ 2019年の記事の時点では、デベロッパー系の管理会社が管理委託費の値上げを要求するケースが多く見られた。しかし、最近では独立系の管理会社も値上げを申し入れるケースが増…

  • 【理事長のギモン】マンション管理会社の「緊急対応業務費」って、いくらが妥当なの?

    先日、「Yahoo! 知恵袋」でマンション管理組合の理事から以下の質問が掲載されていました。 【お尋ねの内容】 私は都内のある分譲マンションの管理組合の理事をやっています。 管理費の委託業務費の中に「緊急対応業務費」というものがあって24時間緊急の事態に対して色々と対処してくれるシステムです。 管理会社に支払っている金額が年間100万近いのですが非常に高いと思っています。 相場がよく分からないのでマンション管理に精通している方のご意見を聞きたいです。 残念ながら、このマンションの規模(住戸数)すら不明のため「年間100万円」という費用の水準が割高かどうかの判断はつきかねます。 ただ、都内の顧問…

  • 【受付中】オンラインセミナー開催(5月)のお知らせ

    5月度「マンション管理セミナー」を開催いたしますので、ご案内します。 新型ウィルス感染防止のため、今回も「オンライン形式」で開催します。 ネット接続環境があれば、首都圏以外にお住いの方も気軽に受講できます。 先着10名様のお申し込みを受け付けております。 どうぞお早目にお申し込みください。 記 【日時・会場】 令和 3年 5月 20日(土) 13:30~15:00 【参加料金】 お一人様 2,000円(税込) ※ ただし、下記のいずれかの条件に該当する方は「無料」とさせていただきます。 ・初めて弊社セミナーに参加される方。 ・弊社に個別にご相談いただける方 【内 容】 「管理コストを3割削減す…

  • マンションの修繕積立金を値上げする前にやるべきことがあるでしょ?

    4月10日 付けの日経新聞に、「老いるマンション 修繕に備え計画点検、積立金上げも」と題した記事が掲載されていました。 www.nikkei.com 本記事の要約は以下の通りです。 ■ マンション管理士会によると、都内の管理組合から「修繕費が予想以上に膨らんで積立金が足りない」という相談が増えていると言う。 ■ 特に「築年数が30年超で大規模修繕が3回目以上」のマンションで目立つ。国交省の調査で、積立金が計画に比べ「不足している」と回答した割合は3割強あった。 ■ 分譲マンションの大規模修繕工事は12年ほどの周期で実施する例が多い。2回目の大規模修繕までは計画通りに実施することが多いが、次の3…

  • 25年の長期保証が付帯する屋上防水工事の現場を見学してきました!

    昨日、3月末から着工した顧問先マンション(築25年)の屋上防水工事を見学してきました。 このマンションでは、10年保証が一般的とされる屋上防水工事において、今回25年の長期保証が付帯する工法を採用することになり、先日着工しました。(発注の経緯等については下の記事をご参照ください。) <参考記事> aplug.ykkap.co.jp この工法では、ドイツ最大の総合化学メーカー「BASF」が開発した「ポリフィン3018」という素材を使用しています。 この「ポリフィン3018」は、既存工法(アスファルト、ウレタン、塩ビシートなど)とは異なる特徴があります。 まず、既存の防水工法の素材に大量に含まれて…

  • 駐車場の空き区画の増加に悩むマンションはどのような対策を検討しているか?

    昨今、駐車場の空き区画の増加に悩んでいる管理組合が増えています。 私の顧問先でも、すでに2件のマンションで平面化を実施しており、現在別のマンションでも鋭意検討中です。 都内にある顧問先マンションでは、機械式駐車場9台のうち7台が長らく空き区画となっていたため、足掛け4年の検討期間を経て、今年に入ってようやく設備の撤去・平面化工事を実施しました。 <参考記事> aplug.ykkap.co.jp yonaoshi-honpo.hatenablog.com マンション内の駐車場については、「第2の管理費」として使用料金を徴収し、管理組合の重要な収益源として維持管理や修繕の費用に充てているのが一般的…

  • マンションの修繕積立金を一括前払いで貸してくれる金融商品が登場!?

    3月9日付けで、住宅金融支援機構が事務局を務める「マンションの価値向上に資する金融支援の実施協議会」において、今年度の取組結果と今後の方向性をとりまとた内容をリリースしました。 その中でめぼしいニュースとしてメディアで取り上げられたのは、 修繕積立金を一括払いする区分所有者向けリバースモーゲージ融資の開始 です。 www.jutaku-s.com 記事の要約は以下の通りです。 ■ 高経年マンションでは、入居者の高齢化が収入の低下を引き起こし、修繕積立金の支払いが滞るケースがある。一方、高経年になれば修繕積立金の引き上げが課題となる。 ■ リバースモーゲージは借入人が死亡したときに担保としていた…

  • 「マンション大規模修繕の標準周期は12年」はなぜ「ジョーシキ」になったのか?

    3月4日付けの朝日新聞に、「マンション大規模修繕12年→18年周期 居住者負担減」という記事が掲載されていました。 digital.asahi.com 本記事の要約は以下の通りです。 ■ 大規模修繕は12年ごとが一般的だが、最長18年ごとで済む修繕サービスが普及し始めた。安全を保ちつつ回数を減らせれば、住民が負担する月々の修繕積立金の負担を軽くすることが可能という。 ■ 不動産管理会社の東急コミュニティーはこのほど、仕様や工法などを工夫することで、最長18年に1回で済む修繕サービスを発表した。 ■ マンションの建替えを判断する目安は、築60年。この間に行う大規模な修繕工事を4回から3回に減らせ…

  • 小規模マンションでも「合わせ技」で電気料金を26%削減できる!

    私の顧問先に、10戸未満の小規模マンション(築38年)があります。 この管理組合では、2年前から管理委託費やマンション保険の適正化に取り組んだ結果、管理費会計に年間100万円近い剰余金が生じるまでに財政状況が改善し、当面の間は、修繕積立金の増額改定の必要がなくなりました。 一方、電気料金については、年間30万円に届かないレベル(27万円)のため、新電力に切り替えても1割程度(=3万円弱)くらいの削減効果しか出ないだろうな・・と思っていました。 ところが、です。 今回、あらためて検討した結果、想像以上に大きなコスト削減が可能なことが分かったのです。 以下で、その種明かしをしましょう。 (1)電子…

  • YKKAP(株)のサイト「A-PLUG」にマンション管理組合の記事を寄稿しています!

    今回は、お知らせです。 このたび、YKK AP(株)が運営する工務店・リフォーム店向けの情報サイト「A−PLUG」に、マンション管理組合の運営・管理に関する記事を寄稿することになりました。 本日時点で2本の記事がリリースされていますので、ぜひご一読ください。 (会員制のため最初に登録は必要ですが、記事の閲覧自体は「無料」です) マンション管理会社や大規模修繕工事の施工会社といったプロフェッショナルの方々にも読み応えのある記事を目指しているので、この「はてなブログ」よりも専門性が高く、少々長めかつ濃い目の内容になっています。 なお、本日時点でリーリース済みの記事は以下の通りです。 第1回 「マン…

  • 【申込受付中】3月もオンラインでセミナーを開催します!

    3月度「マンション管理セミナー」を開催いたしますので、ご案内します。 新型ウィルス感染防止のため、今回も「オンライン形式」で開催します。 ネット接続環境があれば、首都圏以外にお住いの方も気軽に受講できます。 先着10名様のお申し込みを受け付けております。 どうぞお早目にお申し込みください。 記 【日時・会場】 令和 3年 3月 20日(土・祝) 13:30~15:00 【参加料金】 お一人様 2,000円(税込) ※ ただし、下記のいずれかの条件に該当する方は「無料」とさせていただきます。 ・初めて弊社セミナーに参加される方。 ・弊社に個別にご相談いただける方 【内 容】 「管理コストを3割削…

  • 管理状況の「見える化」が進むと、中古マンションの評価軸が変わる!?

    2月3日付けで、不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を提供する(株)ライフルが、以下の内容のプレスリリースをしました。 「LIFULL HOME'S」国内不動産ポータルサイト初!プロが評価したマンションの管理状況がわかる『マンション管理評価』を提供開始」 prtimes.jp 本記事の要約は以下の通りです。 ■ 日本マンシヨン管理士会連合会と提携し、国内不動産ポータルサイトで初となる、国家資格を持つマンション管理のプロが評価した管理状況の結果をサイト上で確認できる新サービス『マンション管理評価』の提供を今月3日から開始した。 ■ 本サイトでは、管理組合の運営状況や共用部分をはじ…

  • マンション住戸内で漏水が発生!その「意外な原因」と対策とは?

    都内にある顧問先のマンションでは、昨年居室内の天井から漏水が発生しました。 その後、原因を調査したところ、 当該住戸の上階の住戸内洗濯パンの排水口に詰まりが発生していたことが判明しました。 一方、雑排水管の清掃作業を先日実施したところ、洗濯パンの排水口の清掃ができなかった住戸がマンション全体の6割近くもありました。 そして、案の定と言うべきか、 冒頭で紹介した漏水の原因となった住戸も、長年洗濯パンの排水口を洗浄していなかったことが判明しました。 洗濯パンの排水口を洗浄できない理由は、 従来より大型の「ドラム式洗濯機」を設置する世帯が増えたため、洗濯機と排水口の間の隙間が狭くなり、高圧洗浄機のホ…

  • マンション管理組合でセカンド・オピニオンが必要なのは、大規模修繕だけじゃない!

    1月18日付けの産経新聞に、「マンション修繕費用は適正か 「ミス」で4000万円「値引き」」と題した記事が掲載されていました。 www.sankei.com 本記事の要約は以下の通りです。 ■ 大阪市の大規模分譲マンション(築40年超 600戸超)ではこの2年間、大規模修繕工事をめぐって大きく揺れた。 ■ 関係者等によると、大規模修繕が必要となったため管理組合のサポート役として管理会社がコンサル業務を請け負うことが決定された。 ■ 併せて、工事額が適正かどうかの検証を専門機関に求める「セカンドオピニオン」の経費50万円を計上した。ただ、住民の中には「セカンドオピニオンは不要」と主張する人もあり…

  • 緊急事態宣言の発令に伴う管理員の「在宅勤務」ってどういこと!?

    1月12日付けのマイナビニュースに、「マンションのコロナ対策は大丈夫? 共用部から専有部までポイントを整理」と題した記事が掲載されていました。 news.mynavi.jp 本記事の要約は以下の通りです。 共用部から専有部まで、マンション住まいのコロナ対策を改めて整理してみた。 (1)管理組合の活動で「3密」を避ける対策総会については、委任状や議決権行使書の提出を依頼することによって「3密」を避けて議決権を行使できる仕組みを採用する。 理事会に関してはリモートでの開催を増やすなどが有効。 (2)共用部の消毒を徹底する 1.エントランス等にアルコール消毒液を配備する 2.エントランスのドアを開け…

  • 空き区画の目立つ機械式駐車場の平面化工事の実施までに足掛け4年!

    都内の顧問先マンション(28戸)で、今週から機械式駐車場の撤去ならびに平面化工事に着手することになりました。 私の顧問先マンションの中では2つ目の事例となります。 このマンションの機械式駐車場は9台(3段ピット式・3区画)ですが、 現状たった2台の契約しかありません。 この遊休化した設備をすべて撤去した後、ピット内に梁と柱を組み立て、その上に鋼製板を敷き込むことによって、3台の平面区画にするわけです。 工事費用としては、約4百万円かかります。 ただ、このマンションの長期修繕計画では、この機械設備の更新費を含め、 今後20年間で約14百万円もの支出が見込まれていました。 また、築21年目を迎えて…

  • マンション保険を見直して地震保険を外すことを決めた管理組合

    顧問先の管理組合(123戸)では、現在加入しているマンション保険が来年7月に満期を迎えることになっていました。 ただ、来年1月以降、各損保が保険料率の増額改定を行うため、なるべくコスト増を抑えるべく中途更改を検討することになりました。 損保5社からの相見積もりを代理店に依頼したところ、満期で更改した場合は現在の保険料が2倍近くも増えることがわかりました。 そのため、料率改定前の年内での契約更改が得策と判断し、損保5社からの相見積り取得したところ、最も保険料が廉価であるN社を選択する方針としました。 ただ、現契約条件を維持した場合、 最も安いN社でも現状比で保険料が50%増えてしまいます。 そこ…

  • 【申込み受付中】新年オンラインセミナー開催のお知らせ

    新年1月度「マンション管理セミナー」を開催いたしますので、ご案内します。 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、「オンライン形式」で開催します。 ネット接続環境があれば、首都圏以外にお住いの方も気軽に受講できます。 先着10名様のお申し込みを受け付けております。 どうぞお早目にお申し込みください。 記 【日時・会場】 令和 3年 1月 16日(土) 13:30~15:00 【参加料金】 お一人様 2,000円(税込) ※ ただし、下記のいずれかの条件に該当する方は「無料」とさせていただきます。 ・初めて弊社セミナーに参加される方。 ・弊社に個別にご相談いただける方 【内 容】 「管理コストを3…

  • マンション管理組合の「オンライン総会」は実現するのか?

    (一社)マンション管理業協会が、今般のコロナ禍及び今後のIT利活用の拡大を視野に、本年9月「ITを活用した総会の在り方検討会」を立ち上げ、法的・実務的論点を整理し、それに対する考え方をとりまとめた報告書を、12月1日にリリースしました。 www.kanrikyo.or.jp その要約は以下の通りです。 ■ AIやIoTといった先進技術の発達を通じた社会構造の変化により、マンションを取り巻く環境は大きく変 化しつつある。また、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から「新しい生活様式」への適応を求められる中、管理組合運営においても、大きな変革が求められている。 ■ 特に、理事会や総会については、…

  • マンション保険の見直しに役立つベスト記事をご紹介!

    「2021年1月 マンション総合保険は値上げに!保険料削減の5つの対策」と題した記事が掲載されていました。 損保業界の動向や、今後管理組合がとるべき対策がとても分かりやすく解説されているので、ご紹介します。 cube-c.com 本記事の要約は、以下の通りです。 ・2021年1月1日から火災保険料が値上げになるが、以下のような相談が寄せられている。「2020年中に切り替えた方がお得なのか?」「2021年2月に更新を迎えるが、更新後の保険料が2倍になった。どうにかならないか?」 ・そのため、下記3つのテーマについて解説します。 ①マンション保険は2021年1月にどれだけ値上げになるのか ②マンシ…

  • 高経年マンションほど照明灯をLED化していない!?

    当社が今年コンサルティングした物件では、築40年を超える高経年マンションが2件ありました。 驚いたことに、その2物件とも照明灯のLED化はもちろんのこと、照明器具の交換すらまだしていませんでした。 照明器具の更新は、長期修繕計画では築20年目で実施するよう想定しているのが一般的です。 築40年超ということは、すでにその更新周期を2回分経過していることになります。 都内にある築47年目のマンション(48戸)では、電気料金の削減余地を査定するため、以下の3つの施策を検討しました。 (1)電子ブレーカーの導入 (2)照明灯のLED化 (3)新電力への切り替え その結果、この3つを同時に実施した場合、…

  • 無料の「マンションライフサイクルシミュレーション」をさっそく試してみた!

    集合住宅管理新聞「Amenity」に、「大規模修繕工事費と資金計画の試算ツール「マンションライフサイクルシュミレーション」をネット上で無料公開 /(独)住宅金融支援機構」と題した記事が掲載されていました。 www.mansion.co.jp 本記事の要約は以下の通りです。 ■ 大規模修繕工事はマンション管理組合にとって一大事業であるが、十数年単位で行われる事業のため、管理組合内でその知見が蓄積されにくい側面がある。 ■ 1回目、2回目と回を重ねるごとに、必要な工事内容も変わるため、施工会社から見積もりをとっても、その内容及び費用の妥当性を管理組合が判断するのは困難なことが多い。 ■ このような…

  • 普通預金に1千万円以上預けているマンション管理組合は今すぐ見直そう!

    不動産流通研究所が発行している「不動産ニュース」で「『マンションすまい・る債』の応募は8万6,684口」と題した記事が掲載されていました。 www.re-port.net 本記事の内容は以下の通りです。 ■ 住宅金融支援機構は4月から募集を行なっていた「マンションすまい・る債」の募集結果を発表した。 ■「マンションすまい・る債」は、マンションの修繕積立金の計画的な積み立てと適切な管理をサポートすることを目的に、同機構がマンション管理組合向けに発行する債券。 ■ 今回の募集口数15万口(1口50万円・総額750億円)に対し、応募口数は8万6,684口(対前年度比8.7%減)、応募組合数は1,52…

  • 管理会社を変えなくても、管理コストの適正化は実現できる!

    10/17付けの朝日新聞に、「マンション管理会社の変更 増える相談 実はリスクも」と題した記事が掲載されていました。 digital.asahi.com その要約は以下の通りです。 ■ コロナ禍で自宅にいる時間が長くなる中、 日中も家で過ごす時間が増え、マンションの管理状況が気になるようになり、管理会社の変更の相談が増えている。 ■ 管理会社を変える理由として多いのが「コストダウン」。コロナの影響で先行きが見えない中、管理費などのコストを下げられるのなら下げたいというニーズが増えているという。管理委託費を下げて浮いたお金を大規模修繕に使うための資金に回すこともできる。 ■ 管理会社の変更自体は…

  • 【セミナー緊急開催決定】来年1月の保険料増額改定に備えて、マンション保険を賢く見直す方法教えます!

    近年地震や台風などの大雨等による大規模な災害が頻発しており、損保会社の収支状況が悪化していることから、2021年1月よりマンション保険料が各社一斉に増額改定される予定です。 マンション管理組合にとって頭の痛い話ですが、特に来年中に契約更改を控えていらっしゃる場合には、値上げ前の中途更改を検討されることをお勧めします。 一方、マンション保険の契約には、専門知識に乏しい管理組合では知り得ない「しくみ」が実は隠されており、いま現在割高な保険料を負担させられているケースも少なくないことがわかりました。そのポイントを必要に応じて見直すことで保険料を「適正化」できるため、コスト上昇を最小限に抑えることも可…

  • 「マンション管理セミナー」11月開催のお知らせ

    11月度の「マンション管理セミナー」を開催いたしますので、ご案内します。 コロナ禍の中、集会形式のセミナーを自粛してきましたが、状況も落ち着いてきたため、参加人数を絞ったうえで、セミナーならびに個別相談会を再開します。 なお、地方在住者や感染予防などの事情にも鑑みて、 ご希望の方はオンライン(Zoom)で受講することができます。 「会場参加」の方は先着5名様、「オンライン受講」は先着10名様 のお申し込みをそれぞれ受け付けます。 どうぞお早目にご応募ください。 記 【日時・会場】 令和 2年 11月 2 1日(土) 13:30~15:00 LEAGUE 地下1階 ミーティングスペース 東京都中…

  • 「ペット飼育OK」のマンションが、今どきの「常識」か?

    先日、顧問先のマンションで通常総会が開催され、上程された議案はすべて特に問題なく承認されました。 最後に、議長である理事長さんから「何かご意見があればどうぞ」と議場に問いかけたところ、出席者の一人から以下のような発言がありました。 「このマンションの使用細則では、ペットの飼育は不可となっているが、これを見直してもらえないか。」 「世間一般では、制約条件はあるにしても、犬・猫等の小動物の飼育は認めるマンションの方が多いと思う。」 <参考記事> financial-field.com 実は、別の顧問先のマンションで、昨年同じような話がありました。 このマンションも竣工当初からペット飼育は「不可」な…

  • 高経年・小規模マンションでも管理会社のリプレイスはできる!

    都内にある顧問先マンション(築46年目・17戸)では、あまりにも管理会社の怠慢ぶりが酷いため、管理会社変更(=リプレイス)の検討をしています。 具体的にはこのような状況です。 (1)建物の老朽化に伴う修繕・更新等について見積りの提出などが一切なく、計画的な修繕がほとんど行われていない。 (2)管理会社の担当者への依頼事項のほとんどが放置されるか、大幅に遅延している。 (3)理事会開催の提案、(法定義務である)月次会計報告書の提出、管理委託契約の更新の申出もなされない。 (4)管理費の長期滞納者がいるのに、督促等の進捗報告や回収の提案がなされない。 (5)住込みの管理人が勤務時間中にもかかわらず…

  • ご存知ですか?マンション大規模修繕工事の資金を「無利子」で調達する方法

    都内のワンルームマンション(築16年目)では、2年前に「第三者管理」に変更となり、現在マンション管理士である私が理事長を務めています。 この7月に、このマンションで1回目の大規模修繕工事が竣工したのですが、資金繰りで苦労したので、その体験談をご紹介します。 この大規模修繕工事のために3千万円の負担を強いられることになりました。 ただ、このマンションには繰越剰余金が1千万円強しかありませんでした。 また、築15年を超えると、大規模修繕以外にも、給水ポンプ、集合インターホン、消防設備、照明器具といった各種共用設備の耐用年数に到達し、そろそろ更新が必要な時期を迎えます。 それを考えると、一定の剰余金…

  • 保険代理店にマンション管理会社を選ぶと、なぜ「損する」のか?

    先日、築40年のマンションでの保険契約更改にあたってご相談があり、契約の見直しをサポートすることになりました。 現在の保険証券で契約内容を確認したところ、「1年契約」となっています。 この段階で「ん?」と思いました。 通常は、5年の長期契約を選択するのが一般的(常識)だからです。 その理由は、2つあります。 第1に、長期契約の方が保険料が「お得」です。 5年契約で保険料を一括前払いした場合には、1年契約に比べて保険料が1割以上ディスカウントされるからです。 第2に、保険料の増額リスクから(契約期間中は)解放されます。 近年、大雨や暴風の発生による損害が大幅に増えているため、各損保会社は保険料を…

  • マンションの「金食い虫」=「機械式駐車場」とうまく付き合う方法はあるか?

    ダイヤモンドオンラインで、「マンションの金食い虫「機械式駐車場」とうまくつき合う方法とは」と題した記事が掲載されていました。 diamond.jp 本記事の要約は以下の通りです。 ■ 機械式駐車場は、「附置義務」との兼ね合いもあり、必要がないからといって簡単に取り壊せるものでもなく、管理費や修繕積立金に重い負担をかけ続けている。 ■ 機械式駐車場にかかる費用を見直す一つの方法として、「リース+フルメンテナンス契約」というものがある。 ■機械式駐車場のメンテナンスには、主にフルメンテナンスとPOGという2種類の保守契約がある。フルメンテナンス契約とは、点検、調整や部品交換など必要なメンテナンスを…

  • 名古屋のマンションで管理コスト適正化がスムーズに実現できたワケ

    昨年冬からコンサルティングしている名古屋市内のマンション(築18年目 34戸)では、先日の通常総会にて管理委託契約の変更が賛成多数で決議されました。 単純減額の他に、一部過剰だった仕様の標準レベルへの変更、そして一部委託先変更のミックスポリシーによって、従前の委託費に比べて約24%のコスト削減となりました。(年額94万円の削減) ちなみに、これに先行してマンション保険も当社のアドバイスにもとづき見直しており、年あたりの保険料が10万円が減っています。(従前比25%ダウン) これを合わせると 年額104万円の削減となるので、戸当たりでは平均3万円の経済効果となります。 その結果、コスト削減で生ま…

  • マンション管理組合の「役員報酬」と「組合活動協力金」の相場はどれくらい?

    管理組合の役員報酬制度と、外部区分所有者による管理組合活動協力金制度の実態について、マンション管理会社「大和ライフネクスト」の系列下にある「マンションみらい価値研究所」が調査結果をまとめたレポートをリリースしました。 レポートの要約は以下の通りです。 ■組合の役員報酬制度や外部所有者からの協力金徴収制度から、マンション管理組合が抱える問題の数々が浮き彫りとなった。 ■大和ライフネクストが受託する管理組合(3,900)のうち、役員報酬制度がある管理組合は9%。管理組合活動に直接的に協力できない外部区分所有者から、協力金を募る管理組合は6%であった。 ■築年数別の割合でみると、高経年マンションほど…

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、satomurashiさんをフォローしませんか?

ハンドル名
satomurashiさん
ブログタイトル
マンション管理士|村上智史の「士魂商才」
フォロー
マンション管理士|村上智史の「士魂商才」

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用