searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

tuttobene-2009さんのプロフィール

住所
糸島市
出身
糸島市

これからは食と環境の時代、「地産地食」の道に取り組み、楽しさと創造からモチベーションを高めています。パート? H23.1

ブログタイトル
トットベーネ日記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/tutto_2009
ブログ紹介文
リタイアしRe-start。「食と農」、「マイライフ」を育んで人生を味わっています。
更新頻度(1年)

47回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2012/08/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、tuttobene-2009さんの読者になりませんか?

ハンドル名
tuttobene-2009さん
ブログタイトル
トットベーネ日記
更新頻度
47回 / 365日(平均0.9回/週)
読者になる
トットベーネ日記

tuttobene-2009さんの新着記事

1件〜30件

  • ブログ トットベーネ日記

    閲覧してくれる人とのコミュニケーションついにコロナ感染者の急増で福岡県も緊急事態宣言がなされ、外出自粛や時短要請など日本社会全体が焦りや困惑が広がっています。不要不急の外出の要請が強くなされていますが、私には急用などは全く無くステイホームはできるもののそのステイホームが苦痛でたまりませんので何とか心身のストレスを解消したいものです。ところでリタイアすると暇があることが最大の資産でありますが、ライフスタイルは変わり自分と向き合う時間はたっぷりあり備忘録としてまた趣味としてブログを楽しみたいと思い始めました。2009(平成21年).8.14に始めたトットベーネ日記のブログは11年4か月過ぎましたが週一前後でアップしたブログはトータル訪問数238、450UUトータル閲覧数477、202PV、そして、ユーチューブチャン...ブログトットベーネ日記

  • 縁起を担ぐ

    大宰府の御神牛正月明けの4日は好転に恵まれたので今年の縁起を担ぐため桜井二見ヶ浦の参拝と大宰府の御神牛を触りに行ってきました。この大宰府の御神牛があるのは色々な説があるそうですが、牛の頭を撫でたあとに自分の頭を撫でると頭がよくなる、自分の体の具合の悪い部分を撫でたあとに牛の同じ場所を撫でると悪いところが牛に移って病気が治ると言われており、私も菅原道真も丑年あることから何かご利益があるのではないかと思っています。お正月には神社に詣り、結婚式はキリスト教の教会で挙げ、お葬式は仏教にのっとり、こういった生活の中にいくつもの宗教が混在する日本人の宗教観を世界の人はどう思っているかわかりませんが、何かを本当に尊い、力のあるものだと思いその前で礼儀を失わないようにしていますね。とにかく、コロナが早く終息してほしいと願う毎日...縁起を担ぐ

  • 新型コロナは最悪の大晦日

    2021年は丑年新年あけましておめでとうございます。2020年は東京オリンピックの年でもありましたが新型コロナウイルスの感染拡大によって、こんなことがあるのかと思うようなこれまでとは全く違った1年になりました。新型コロナは最悪の大晦日となり不安な状況はなかなか解消されませんが一日も早い終息を願うばかりです。2021年(令和3年)は私の干支.丑年で6回りの72歳なります。今年はウイズコロナ社会の正念場になると思われますが、丑年には、先を急がず目前のことを着実に進めることがいいといわれていますのでなるべく笑顔でそうしたいですね。新型コロナは最悪の大晦日

  • コロナが一転させた一年

    一日も早い終息を今年2020年は新型コロナが一気に全世界に蔓延しコロナが一転させた年になりました。、最初武漢でニュースになった時はなんの危機感も持っていませんでしたが、皆さんも同じでしょうがウイルスが生命と生活をこんなに脅かすとは思ってもいませんでした。そして日常の当たり前がが奪われるなどコロナ中心に回った世の中でした。今年もあと少し、私はあとは年越しそばを作るだけ、でも、コロナの不安な状況はなかなか解消されませんが、こんな時だからこそといつもの日常と一層頑張る人たちなどによって来年は一日も早い終息を願うばかりです。コロナが一転させた一年

  • 急に冬が来た

    鶴首かぼちゃあざやかな紅葉の季節が終わり急に冬が来たような寒さになり、高齢者としては夏がいいなぁと思いながら温かい蕎麦などを食べて体に気を付けて過ごさなければいけないようになりました。そして、新型コロナウイルス感染症ワクチンの接種が始まりましたが、早く安心できるワクチンが日本でもその効果を発揮してほしいものです。今年は鶴首かぼちゃを初めて植えましたが、鶴の首に似ていることからそう呼ばれるようになったようです。夏かぼちゃは収穫して9月まで保存できますがその後のかぼちゃとしてスープや煮物など重宝しています。鶴首かぼちゃは生育が旺盛で手入らずで12月末まで収穫ができますが、難点は皮に筋が入って食べられませんのでカットする必要があります。また大根も豊作で漬物を美味しく食べています。急に冬が来た

  • 農機具もイノベーション

    新しく作り変える、改善する来週からは寒くなるそうですが、日中はぽかぽか陽気の師走になり花壇の植え替えや庭木の手入れを終わることができました。ところでそば栽培においては足ふみ脱穀機や唐箕などが大活躍していますが、そば会が嬉野温泉で反省会をした帰りに多久市民族資料館に行って昔の農具や漁具などを見てきました。農業分野においても最新鋭の農機具施設は省力化や高品質の生産加工に目を見張るものがありますが、先人の人たちは時代によって既にあるものを利用して新しく作り変える、改善するといったイノベーションを繰り返してきたことがよくわかりました。農機具もイノベーション

  • 新そばの食味

    水回しでパーフェクト2020年産蕎麦をようやく食することができました。今年は8月下旬から9月にかけての長雨で最悪の収量になりましたが早刈りによる黒化率50%以下などによって黄緑色した風味のいい美味しい蕎麦になりました。そば打ちは一番重要といわれる水回しを餅つき機の羽を味噌ように変えるアイデアが上手くいったことによりパーフェクトで簡単にできます。コロナのせいで蕎麦食べ会もそば会などしかできませんが年越し蕎麦も限定数量なるのでその分を回したいと思います。見れない場合は右をクリック⇒https://www.youtube.com/watch?v=iGx6XWQGDzw&feature=emb_logo新そばの食味

  • 日本文化の伝統

    日本の魅力近頃は人を巻き込んで棚田のロケーションや営みにハマっていますが、大分県農業文化公園があることを聞いたので行ってきました。糸島にもファームパークがありますが、農業を知る(発見)、農業で遊ぶ(参加)、自然と親しむ(癒し)の3つをテーマに様々な施設があり、特に農業・農村が果たす役割りのアピールが印象的でした。そして、日本画の巨匠である横山大観の作品は島根県安来市にある足立美術館が有名ですが、日出町にある二階堂美術館でもコレクションの特別展特別展があっていましたので行ってきました。芸術はさっぱりの私ですが、掛け軸の日本画はいいなぁと思いほしいものでした。また、鬼滅の刃が空前の人気となっていますが、主人公の姓と同じ「竈門」の名が付く別府市の「八幡竈門神社」に行きましたが聖地巡礼する人などで盛り上がっており、頼ま...日本文化の伝統

  • 雄大な自然を満喫

    大自然が包み込んでくれる近頃は快晴が続き心地よい晩秋ですが、兄と共同作業で割と上手くできた玉ねぎ苗の植え付けが終わり来年の春の収穫が楽しみです。そして、紅葉狩りに阿蘇くじゅう国立公園、菊池渓谷、九重夢大吊橋などに行ってきましたが雄大な自然を満喫することができました。コロナ禍やインバウンド観光が無い中でしたがかなりの人出があり、日々のうっぷんを晴らしてくれるように大自然が包み込んでくれる感じでした。見れない場合は右をクリック⇒https://www.youtube.com/watch?v=p_pmWKcZ2NI雄大な自然を満喫

  • 蕎麦の収穫調整―石、泥抜き・磨き

    収量が少ない秋も終盤となり紅葉の季節となりました。蕎麦収穫の最終調整の水分管理、石・泥抜き(揺動板による比重選別)と磨き(コメの精米機を蕎麦用に改造し循環擦り合わせによる作業)を行いました。これは蕎麦の不純物を取り除くもので、昔の田舎蕎麦は黒くブツブツで、もさもさするイメージがありますが黒いのは蕎麦殻を粉に混ぜ込むもので栄養価も高く、ブツブツ・もさもさは蕎麦の製粉時に汚れが入ってしまうからだと思われます。京都地方では川で水洗いをするそうですが、この二つの機械で完ぺきに触感のいい蕎麦になります。収量は101キログラムで来年の種子を半分確保しなければならず、今年は年越しそばを皆さんに届けることができず残念です。話しは変わって水稲の収穫も終わり水路の水も少なくなりメダカ,ハヤそしてヌマエビを捕ってきて鑑賞していますが...蕎麦の収穫調整―石、泥抜き・磨き

  • 蕎麦の収穫―脱穀・調整

    農具の世界も先人の創意工夫の歴史蕎麦栽培を始めて11年目にして最大の不作となりましたが、お陰というか年を重ねての収穫作業は段々大変になっていたので正直なところいとも簡単に終わり体力的には喜んでいます。最終的な収量はわかりませんが、大正時代に出現した回転式の足踏脱穀機で茎から実殻をはずしたあと、風力を起こしてゴミや殻が風で外に出されて実だけが下に落ちる仕組みの唐箕(とうみい)の昔の農具が大活躍し、そして、最新の水分測定器で「香り」や「味」が最も良いといわれる15パーセント前後に天日乾燥調製をしました。農具の世界も先人の創意工夫の歴史があって今日のコンバインなどが作られてきたことがよくわかります。見れない場合は右をクリック⇒https://www.youtube.com/watch?v=0ikV6scfgWw蕎麦の収穫―脱穀・調整

  • 蕎麦の刈り取り・野積み

    減収に追い打ちかけて鳩がいよいよ蕎麦の収穫となり刈り取りと野積みを行いましたが、文句ない天気に恵まれ作業は順調に終わりました。しかし、発芽時の天候不順による湿害により成長がうまくいかず収量は例年の四分の一以下ではないかと兄は言っています。従姉妹夫婦も毎年そば栽培をやっていますが、一回目の播種が発芽せず、そして撒き直しをしましたがまたも発芽せず今年は諦めたようですが、そのことを考えると今年の出来はしょうがないと思っています。そして、追い打ちをかけるように平和の使者と言われる鳩が蕎麦の実を狙って毎年のことですが大挙して押し寄せます。西九州道の高架下のパイプをねぐらとしているようですが、稲がコンバインにより実が飛散することなく収穫され食べ物に困っているようあり、野積みした後全体をネットで覆っていましたが鳩がこの網に引...蕎麦の刈り取り・野積み

  • 蕎麦の花が赤い実に しかし

    気がかり真っ白な蕎麦の花が赤い実を付けてきました。白の小さな花をたくさん付けるので花を見ただけで満足するものですが、収穫後は香り豊かなものを美味しく味わうことができ2度楽しめ蕎麦はいいな~といつも思います。しかし、虫などによって花が実になる受粉率は計算上で最大50%と言われていますが天候の不順によって草丈も伸びずに不揃いでどれだけ実をつけてくれるのか気がかりです。気がかりと言えば最近はコロナやアメリカ大統領選挙が気になる一方、お腹のでっぱりや寂しくなってきた頭にニューモを使うかどうかなどに悩ましいことがありますが秋晴れの良き日の関門海峡を船で渡ってきましたが心地よいものでした。見れない場合は右をクリック⇒https://www.youtube.com/watch?v=-yLvDxpuipg蕎麦の花が赤い実にしかし

  • 島原半島巡り 

    とてもいい千々石の棚田田んぼが一面黄金色に輝き、いよいよ稲刈りの時期になりましたが、千々石の棚田がある島原半島巡りをしてきました。千々石の棚田の稲もこれから本格的に収穫時期になり、コンバインが動き始めていましたが、年代を重ねた趣ある石積み、圧巻の広さなどそのロケーションに感動してきました。そして、島原半島は雲仙岳が周囲の海に囲まれ、温泉街や島原市では湧水もありとてもいい自然景観に出会うことができ満喫してきました。見れない場合は右をクリック⇒https://www.youtube.com/watch?v=RhfSu-oK-KQ島原半島巡り

  • 篠原そばの花が満開

    当たり前の日常昨日10月1日は中秋の名月、この日の夜には、世界各地で五穀豊穣に感謝をする日でもあるということですが、一年で一番は満月が美しいとされている見事な月を見ることができました。篠原そばも満開になりましたが、天候不順のため草丈も短く不揃いのところもありますが千白花を楽しむことができたことを良しとしなければなりません。玉ねぎ苗などの家庭菜園野菜たちも順調に発芽し、特に今年は貰った生姜とちりめんの佃煮が上手にできて美味しく食べています。そして、福岡県のコロナ感染も一桁が続いており、窓を開けるなどコロナ対策をしての麻雀も再開することができこのまま当たり前の日常になってほしいものです。見れない場合は右をクリック⇒https://www.youtube.com/watch?v=n2YRD-84fs4篠原そばの花が満開

  • 蕎麦の開花、 しかし・・ 

    歴史を感じるヒガンバナの棚田すっかり秋めいてきて蕎麦が開花しましたが、しかし、8月末の高温乾燥、9月の台風などの影響によりまばらな咲き方となっています。蕎麦は湿気に弱く、山間の畑や焼き畑など傾斜がある開墾地などのやせ地でも良く育つといわれています。とにかく今年は湿気状態が畑の高低差などによって、咲いているもの今から咲くものそして茎丈が不揃いで収量が心配されます。この頃の心地よい秋風を満喫するために、うきは市の「つづら棚田」のヒガンバナが見ごろを迎えているということを聞いたので行ってきました。山の石を使ったりして畔の管理をして長い歴史をずっと維持管理をされて何とも言えない棚田の風景が広がるつづら棚田、こういう癒しを与えてもらうことに感謝しながら、道の駅で買った550円の弁当を美味しく食べてきました。見れない場合は...蕎麦の開花、しかし・・

  • 何故だか 

    いいニュース昼夜の気温もしのぎやすくなり生姜や梨をもらったり、兄が作ったかりんとうを食べると秋を感じます。思いがけなく首相の交代劇がありましたが、負の部分では官僚の忖度の横行による隠蔽や公文書偽造、資料破棄、首相に都合のいい法律の解釈などが次々に起こり、なぜだか忖度しない官僚は平気で使い捨てられていた人もいましたが、菅首相は国民のために働く行動内閣と言ってあり期待できるような気がしませんか。また、2019年までは日米二重国籍だったが、22歳の誕生日を迎えるにあたり日本国籍を選択し選手登録は日本となっている大阪なおみ選手が激闘を制し2度目の全米女王となりましたが、最近、あまりいいニュースがなかったので本当に良かったです。見れない場合は右をクリック⇒https://www.youtube.com/watch?v=W...何故だか

  • 蕎麦の発芽と台風

    日本人の原風景と言える棚田8月は異常高温が続き蕎麦の発芽を心配していましたが、台風9、10号がらみの雨でようやく一斉に芽が出て一安心です。今回の台風、早い段階から強く警戒が発せられ飲料水や食料の買い入れ、窓の補強や地域防災員として発電機の確保したりして危機感を持って備えをしましたが、思ったより空振り状態でよかったです。「台風10号警戒大げさすぎたか」という話しもありますが、近ごろの災害状況を見ると何も言うことがありません。話しは変わって田植え時期と収穫前の棚田の見ごろの時期であり、武雄市と嬉野市の棚田を見に行ってきました。守りたい日本人の原風景と言える棚田、うねる曲線の畔で作られた輝く風景は何事にも代えがたい自然の美しさを見せてくれます。癒しを与えてくれる棚田を守る人の苦労を考えると災害によって傷跡を残さないよ...蕎麦の発芽と台風

  • いろんな出来事が・・

    人生「山あり谷あり」コロナウイルスもワクチンの開発が見通せない中で新たな日常が強いられますが、その上世の中にはいろんな出来事が有りすぎます。安倍政権の突然の幕引き、米中対立は大統領選挙を睨んで一段と激化そして大阪なおみ選手も怒った人種差別など、でも、白血病乗り越えてレース復帰した池江璃花子選手、日本勢42年ぶりメジャー制覇に沸いた去年の全英女子オープンでまさかの予選落ちしたシブコプレイヤー、ラウンド後の会見では現在の“悩み”からメジャーチャンプとしての“責任感”などその胸中が語られ、ここからは気持ちを切り替え、米国ツアー転戦に挑んでいくという決意でした。人生「山あり谷あり」と言われ、いろんな出来事が有ったが生き抜いてきたという人がほとんどであり、私の場合いろいろあったときは近くの雷山行くと本物の山と谷があり癒さ...いろんな出来事が・・

  • 猛暑が続きます

    蕎麦の播種が完了お盆が過ぎると蕎麦の種蒔きになりますが、いつの間にか兄が約5,000㎡の畑に播種を終えていました。兄は畑に行くのが一番のストレス解消になると言っていますが、この暑さでも変わらないのには感心するばかり、そのためにも雨が降って一斉に芽が出るのを願っています。好感が持てる福岡県知事が「コロナ感染後自宅療養中の感染者が無罪放免となる方がいる」という発言をされ、記者から無罪の意図を聞かれ謝罪されているニュースがあっていましたがコロナについてはいろいろ考えさせられます。この暑さでの巣ごもりに気が滅入ることもありNさんを誘って三瀬のマッちゃんのざる豆腐とブドウを買いに、ついでに小城の清水の滝と江利山の棚田に行ってきましたが、自然の中は気持ちいいものでした。見れない場合は右をクリック⇒https://www.y...猛暑が続きます

  • どうしようもない

    暑い毎日魚たちもリフレッシュシニア生活はなんといっても時間があることが最大の資産と思っていましたが思わぬコロナの感染拡大によって時間を持て余すステイホーム中心の生活がもったいなく、また、どうしようにもないと感じるようになっています。そして、ネットの広告で内臓脂肪の減らし方や耳鳴りがすぐ直る、記憶力の低下などが目に付くと思わずクリックをしサプリメントや漢方、健康食品などを見ており、食べ過ぎなど食生活の改善の忠告がありますがなかなか実行できません。巣ごもり生活の中でもメリハリのある生活はしなければと思いお盆を前にDIYで作った魚たちの水槽などの清掃をしましたが、暑い毎日の魚たちもリフレッシュして元気を取り戻し気持ちがよさそうに見えました。見れない場合は右をクリック⇒https://www.youtube.com/w...どうしようもない

  • 感染拡大止まりません。

    不安を抱えながらの日常第二波と思われるコロナの感染者の増大は先行きどうなるのという思いが皆さんにありますが、仏様神様にお願いしたい気持ちです。地域経済にまで影響を及ぼしているコロナ、どのようにして防ぐのという不安を抱えながらの日常になっていますが収束をさせるために、PCR検査を徹底的にして感染を広げない、3密回避の実行ができない人への訴えなど国の対応の計画性、説得性がないという人が多くなりましたね。梅雨が明け夏真っ盛り今の時期は毎年唐津市呼子に海水浴に行っていましたが、今年は例年の夏にはなりません。それでも気分晴らしドライブに出かけたところ、やはり人出はありませんでしたが「呼子カトリック教会」があったのでお祈りしてきました。見れない人は右をクリックhttps://www.youtube.com/watch?v=...感染拡大止まりません。

  • コロナの影響

    当たり前だったものを福岡でも第二波かと思われるコロナの感染拡大は、これ以上に影響をまだ受けるのかと思うと元気が出ない毎日です。かって松江市で上司だった娘さんもニューヨークから帰省ができず、会いたい人にも会えずじっと我慢している人などストレスを感じているなど皆な同じようなことになっています。コロナの影響は、これまで親交があった高品質な胡蝶蘭を大掛かりに経営しているMさんがTVで放映されていましたが、順調であった販売のスタイルを変えなければいけないと言っていました。糸島は地域の資源を生かして新たな経済活動が展開され注目されて来ました、コロナ禍の中でこれまで当たり前だったものを見直さなければいけなくなりめげずにチャレンジがまだまだ続きますね。見れない場合は右をクリック⇒https://www.youtube.com/...コロナの影響

  • オンライン化

    新生活の展開夏本番になったというのに社会を一変させているコロナが第二波ともとれる東京、大阪の感染者数となっています。ワクチンがなかなか開発されず長期戦となるといわれていますが、社会変動のうねりの年に様変わりしています。その中もでスマホやPC、タブレットをオンラインにすることにより新生活の展開がされておりますが、あれこれあって慎重さも必要でありついていけないのではと心配の面もあります。楽しみである健康麻雀もいまだに中止したままであり、メンバーの3人もオンライン麻雀で腕を磨き再開を待ちわびているようですで、私も目薬を差しながらネットで不健康麻雀をしています。見れない場合は右をクリック⇒https://www.youtube.com/watch?v=-wNHcbt-CBgオンライン化

  • 気が滅入る

    治水対策などではなす術(すべ)もない自然災害異常な前線停滞の影響による大雨で、九州を中心に大きな被害が出ました。多数の犠牲者、浸水、ライフラインなど損壊などはこれまでくり返される災害に備えきたものがこれまでに経験したことがない幾つもの新しい課題を私たちに突きつけました。地球温暖化の影響によるものと言われている自然災害は世界中でも図り知れないものとなっており、そして治水対策などではなす術(すべ)もない状態でとなり一旦遭遇した時に身を守る状況判断ができるどうかを問われると思いました。またコロナも第2波の様相を呈しており、被災地は複合災害となって大変な目に遭ってあり、米中の動きも含めてこれから世の中がどうなるのかなどを考えると気が滅入ります。雨も続きステイホームの毎日もキツイところがありますが、合間を見て庭木の剪定や...気が滅入る

  • 日常生活のリズム

    受け流す力も今日熊本県などに集中豪雨が発生、見通しのつかないコロナ感染の状況の中で今年も大きな災害が起こりました。コロナウイルスと自然災害と重なる事態となり、どこででも起きうる災害発生を考えると落ち着いた状態を維持するのは誰でも難しいものがあると思います。しかし、日常生活のリズムの体内時計を何とか維持しながら、「人間万事塞翁が馬」を頭の真ん中に置いて何事にも乗り越えていきたいものです。しかし、世の中に毎日いろんな出来事があり過ぎその出来事をあまり深く考えず受け流す力も必要だなぁと考えるようになり、何事にもぼちぼち丁寧にやることで受け流す力をつけようと思っています。日常生活のリズム

  • 2020年を境に新しい生活スタイル

    「やることがない」「暇だ」コロナウイルスの終息はいまだに見えてきませんが、世の中の動きをみると2020年を境に新しい生活スタイルになるのが感じられます。報道でフランスの紹介がされていましたが、プラスチック素材のマスクのポイ捨てによる河川や海の汚染など、犯罪防止のためマスクをしてはいけない法律との整合性など日本とは事情が違いますが、手の消毒を店に入るときにしないで帰る時だけするなどモラルも問われる社会になりそうです。梅雨の真っただ中で雨の合間を縫って野菜の手入れや庭木の剪定、そして、水量の多い滝を七山観音の滝に行ってきましたが流れ落ちる水量の迫力がありました。ようやく女子ツアーも開幕しましたが、シブコ選手がまさかの予選落ちをして「やることがない」「暇だ」というのに土日に見れないのが残念です。見れない場合は右をクリ...2020年を境に新しい生活スタイル

  • 夏マスク

    さすが芸人ほぼ田植えも終わり気候も食べ物も風景も夏らしくなりました。やっと19日からは移動制限や営業自粛が解除されたものの引き続きウイズコロナでいかなければなりませんが早く海外との往来もできるようになってほしいものです。気温の上昇で、マスクをつけたまま過ごすのがつらい季節になってきましたが、マスクをすれば他人を守り自分も守ることであり、うっかりマスクを着けないで店などに入るとひんしゅくの目で見られているような気がします。接触冷感や速乾性があるものなど快適マスクも出てきましたが、私は上手に叔母さんに作ってもらったものを愛用しています。そして、まだまだスティホーム主体の日々ですが、社会は急速にテレワークや授業や飲み会までもオンラインが進んおり、私はユーチューブでナイツ、サンドウィッチマン、中川家、博多華丸大吉などの...夏マスク

  • 人間社会

    もう一度滝を見て帰りました。いまだコロナウイルスの世界感染拡大が終息せず、百年に一度の人類の危機と言われる中でも分断社会が作られようとする衝撃的なニュースが流されています。人間をとりまくいろんな問題が複雑になっているかってない人間社会ですが、何故争いごとを止めて平和に暮らそうとはしないのでしょうか。いよいよ梅雨の時期となり今はビワとアジサイの季節となりましたが、兄のビワはたくさん実を付けているのに、5年位前に庭に植えていたのにまだ実を付けませんがその原因がわかりません。アジサイは唐津市相知町の見帰りの滝に行って雄大な滝とアジサイ渓谷を見てきましたが、最後にもう一度滝を見て帰りました。人間社会

  • 丁寧に野菜作り

    x;">持て余す時間コロナウイルスは北九州市は再び感染が拡大し感染が広がった場所などは特に大変な思いをしてありますが、再び行動範囲を制限しながらの日々の生活となりました。ようやく碁や麻雀も再開できるようになってきたと思っていたのにまだ3密の生活が続きそうです。時間を持て余す毎日になっていますが、ゴルフはロッカーと風呂無し、弁当ランチによるコロナ対策をしたシンプルゴルフに出かけることができ、それでも退屈な毎日は10年間で一番丁寧な野菜作りをやっていると思います。そして、折角動画編集のモザイク入れを覚えたのに皆んながマスクだけはきちんとやっているので、操作の発揮ができなくなりました。丁寧に野菜作り

カテゴリー一覧
商用