searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ジョーさんのプロフィール

住所
カナダ
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Java Joe
ブログURL
https://javajoe.hatenablog.com/
ブログ紹介文
カナダで暮らすギター好きなオヤジのブログです
更新頻度(1年)

30回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2012/06/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ジョーさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ジョーさん
ブログタイトル
Java Joe
更新頻度
30回 / 365日(平均0.6回/週)
読者になる
Java Joe

ジョーさんの新着記事

1件〜30件

  • BOSS SY-1000

    色は青が好きです。メタリックな青ならなおさらです。エフェクターも青色が好きです。青メタなら即買いです。 そんなワケでBOSSのSY-1000を手に入れました。ギターシンセに手を出すのは、約20年振りか?実を言うと当初はSY-300を手に入れようと思っていた。専用のピックアップ不要ってコトでおもしろそうだなぁと。で色々調べたら、上位機種のSY-1000ってのがあって、機能が全然違うと分かり、どうせなら良い方を、となった次第。ちょっと気になったのは、SY-1000も専用PU無しで使えるようだけど、それがどの程度なのかってコト。で、手に入れてみたら、やっぱり専用PUT無しでは全然使えませぬ。ギターモ…

  • 山本リンダ「狙い撃ち」

    カナダにもケーブルテレビに日本語専用チャンネルがあって、日本の番組を見ることが出来る。チャンネルは1つだけで、NHKの番組を中心に、民放のドラマ、アニメなんかも放送してる。北米向けの放送局なのだけど、時間は東部標準時(ニューヨークやトロントの時間帯)を基準としていて、日曜の夜には大河ドラマを放送してたり。で、日曜夕方には「ちびまる子ちゃん」もやってます。日本より数年遅れの放送内容っぽいんだけど、ちびまる子と同世代のオヤジとしては、やっぱり見てしまうワケ。日曜夕方にちびまる子ちゃんを見て、過ぎ去りし幼少のみぎりに想いを寄せつつ、翌日から始まる1週間を憂う・・・軽~くサザエさん症候群はいってますな…

  • 浜田麻里 “Heart & Soul”

    浜田麻里の“Heart & Soul”をカバー。NHKのソウルオリンピック・イメージソングだった曲。浜田麻里さん、この曲のヒットで知名度アップ、その後の活躍に繋がったのだそう。 ソウル五輪てアテネの前だから20年前か?なんて思ったらそうじゃなくて1988年開催で32年も前!アタマの老朽化は時間の感覚を奪うのですな。ソウル五輪だからHeart & ソウル、ってコトらしい。コノ曲、聞いたことはあったけど、五輪イメージソングだったのは知らなかった。32年前は、あまりテレビ見てなかったのかも。少なくともNHKは見てなかったのだと思われます。今回はKeitaさん、K'coさんとのコラボでありました。3人…

  • HammerFall / Any Means Necessary

    ハンマーフォールの“Any Means Necessary”をカバーしました。以前カバーした RATT / Lay It Down と同じく、MTの歌姫K'coさんから、私とG Forceさんに与えられた新たなミッション(リクエスト)というコトでカバーした次第であります。 北欧メタルなるジャンルがあるのは知ってたけど、恥ずかしながらこのバンドのことは知りませんでした。母国スウェーデンでは結構有名なバンドみたいですな。90年代のデビューとあるから、すでにキャリア20年以上。存じ上げずにスミマセンでした。初めて聴いたバンド&曲でしたが、良いですねこの感じ!HR&HMが、より過激に、よりテクニカルに…

  • ジミ・ヘンドリックス “All Along The Watchtower”

    G侍コラボ#11は名曲「見張塔からずっと」“All Along The Watchtower”です。今回もまたインストであります。そして今回から新メンバー、テイルピースさんが加わりました!テイルピースさんとはブログつながりで、数年前にコラボさせて頂いたことがあるのですが、また新たな形でご一緒出来るとは!新体制一発目と言うことで、テイルピースさん発案で、お題がこの曲に決まりました。テイルピースさんのブログはコチラ↓ テイルピースの気ままな写真とギターのブログ コレ、元はボブ・ディランの曲なんですな。ギター弾きにとってウォッチタワーと言えば、それはもうジミ・ヘンドリックス。ってことでジミヘン版をカ…

  • AC/DC "Back in Black"

    AC/DCの"Back in Black"をカバーしました。例によってインストでございます。例によってコラボであります。コラボのお相手はtaka_sixstarさん。Music Trackに名を馳せたスゴ腕のギタリスト様であります。一度コラボさせて頂きたかったんですよね。でもギター弾き同士のコラボってなかなか難しい。なので、こんなインストバージョンでのコラボと相成りました。ロックギタリスト同士、楽しい感じでコラボするにはAC/DCなんかちょうど良いんじゃないかってコトで。 ソロ演奏は私が最初で次にtaka_sixstarさんの順で交互に弾いてます。バッキングは右側がtakaさん、左が私です。私…

  • 石川さゆり「天城越え」

    石川さゆりさんの「天城越え」をカバーしました。この曲、昨年の紅白で布袋さんとの共演が記憶に新しいところですが、天城越えのロック版と言えば絶対にこっちの方。そう、マーティ・フリードマン版。コチラが元祖だと思うのです。そんな思いをぶつけるべく、マーティ版「天城越え」をカバーした次第。元ネタはYouTubeのビデオですが、この曲、マーティさんのアルバム“TOKYO JUKEBOX”に、歌無しのインスト版が収められているのですな。そちらをカバーして、そいつに歌を乗せてもらったというワケです。 歌って頂いたのはおなじみヘビーメタル・クイーンであらせられるK'coさんです。コノ曲、普通に歌っても難しいのに…

  • 世良公則「別れの朝」(インスト)

    久々のギター侍コラボであります!久々すぎて何のこっちゃ分からんと思うので改めて説明するとですな、Music Trackというサイトで知り合ったギター弾きによる共演、コラボでして、ギター侍なんぞと大仰な呼称を名乗っておりますが、ギターバトルとかそんな気合いが入ったモノではありませんのであしからず。今回は3人のコラボなので、まあチャンバラトリオですな(by電気じぃじさん)。お題は「別れの朝」昔むかしにペドロ&カプリシャスというグループが歌っていた曲です。 コレ、調べたら、彼らのオリジナルではなくて洋楽のカバーだったのですな。P&カプリシャスは、高橋真梨子さんがボーカルだったんですけど、この曲は彼女…

  • Salyu “emergency sign”

    Salyuの“emergency sign”をカバーしました。 この曲、良い曲なのですがちょっとマイナーですわな。調べたら2010年にリリースされたアルバムに収められてた曲で、My Little Loverの小林武史さん作詞&作曲&編曲。そう言われればMy Little Loverの雰囲気に似てるような、そしてミスチルのイメージにも重なるような気がする。なぜコノ曲をカバーすることになったかと言うと、いつもお世話になってる歌姫、K'coさんからリクエストを頂いたから。コノ曲、NHKの某ドキュメンタリー番組で使われたらしく、それをご覧になったK'coさんが歌いたいと所望された故、ワタクシめの所に下…

  • 八神純子「みずいろの雨」(インスト)

    歌ったつもりで弾いてみた(仮称)第2弾であります。お題は八神純子の「みずいろの雨」。 この曲、良いですよね。振り返ること数十年、車の運転初心者マークだった頃(すでに初心者マークがあった頃)、車で八神純子をよく聴いてたんです。運転してたのはもちろん親の車。年式の古いカリーナで、確かカセットデッキは後付けだったような。最初から付いてたのはAMラジオのみ。そんな時代でした。赤いファミリアが大人気だった頃の話です。で、コノ曲、出だしがどこかで聞いた風なのは元ネタがあります。コチラ↓できれば私の演奏を聞いた後でご覧下さい。比べられると悲しいので・・・。(曲が始まるのは1:45あたりから) マーティー・フ…

  • 桜坂(インスト)

    今回は自分で歌ってみた。もちろんギターで歌ってみたってコト。ってか、ヤマハのMIDI音源鳴らして、それに合わせてギター弾いただけであります。 お題は季節を意識して福山雅治氏の「桜坂」。福山雅治って歌を始めた頃は何だか素人っぽくて趣味でやってるのかとか思ったけど、その後ヒット曲を連発!本気モードでミュージシャンやってるのが分かって、好感持てました。お高いギターもたくさん使ってるし、バックに今剛さん使ってるし、なんと言っても奥さんは吹石一恵だし、ホント素晴らしい。で、ギターの話をすれば、やっと最近五十肩が治まってきたので、真面目に練習せねばと思っているところ。しばらくチカラ入れられなかったんで、や…

  • ちあきなおみ「喝采」

    昭和の名曲、ちあきなおみの「喝采」をカバーしました。 歌ってくださったのは、美空ひばり「悲しい酒」に引き続き、きら☆さんです。悲しい酒がドハマりだったので、自分の中では昭和の名曲はきら☆さんというイメージなのであります。今回もまた、曲の雰囲気にピッタリな歌声を聴かせて下さいました。グーグル先生によるとこの曲は1972年、昭和47年のリリースで、同年のレコード大賞受賞曲。更に調べると昭和47年は「ガッチャマン」「デビルマン」「マジンガーZ」等々が放映されていた年なのですな。当時はそんなアニメに夢中になってたハナタレ小僧だった私ですが、この歌はなぜか強く印相に残っております。確か当時は、ちあきなお…

  • 「ロック・タウンは恋の街」 ストレイ・キャッツ

    ストレイ・キャッツの“Rock This Town”をカバーしました。たぶんギター人生初のロカビリーカバーであります。 いつもステキな歌声を聞かせてくださるG Forceさんからリクエストを頂き、ギター&ミックスを担当することに。コレ、さすがに有名な曲なので、何となく知ってはおりました。で、リクエストを頂いて安請け合いしてしまったのですが、よくよ~く聞いてみればコレが意外と難しい!まず、基本のリズムに乗れない・・・こんなハネたリズムってダメなんです。なにせ演歌の国の人なもので頑張ってハネて弾いたつもりが、ベタな8ビートに聞こえちゃう。身体全体で弾く感覚でノリを再現しないと、全く雰囲気が出せませ…

  • 「天使よ故郷を見よ」アン・ルイス

    アン・ルイスの「天使よ故郷を見よ」をカバーしました。 この曲、実はアン・ルイスの中では一番好きな曲だったりします。いつかカバーしたいと思ってました。歌って下さったのは前作のPEARL “Cry My Boy”に引き続き、K'coさんであります。K'coさんのおかげで、ずっとやりたいと思っていた曲をやっとカバーすることが出来ました。コレ、ギターがカッコ良いんですよね~。弾いてるのは北島健二さんだと思うのですが、独特のセンスを感じますな。特にソロは、エンドレスに続くメロディとでも言いましょうか、1つのフレーズが小節をまたいで区切りなしに続いてる感じ、そして独特のタメがカッコ良いんです。つまりはコピ…

  • PEARL “Cry My Boy”

    R2、令和2年最初のカバーはPEARLの“Cry My Boy”であります。 PEARLはいまいちマイナーだけど、レベッカやBOOWYと同時期に活躍した日本のバンド。ボーカルの田村直美を中心に結成され、バンド解体後は、田村さんのソロ活動名義となった模様。1997年にはあの北島健二さんやカーマイン・アピスを迎え、新生PEARLとしても活動したそうな。それは知らなかった・・・。レベッカには土橋安騎夫、BOOWYには布袋寅泰がいたように、ボーカリスト以外にもキーパーソンがいないとバンドは永くは続かないモノなんですな。かく言う自分もPEARLは確かCD1枚持っていたような気がするけど、ほとんど印象に残…

  • HAPPY NEW YEAR!!

    今年は戌年。・・・じゃない?子年でしたか。それは失礼。ちなみに我が家の犬は名前を「ハル」と申します。ハルを迎えた正月で「迎春」・・・なんちって。こんなおバカなブログですが、今年も現状維持を目指して頑張る所存ですので、どうぞよろしくお願いします。ブログランキング参加中です。良ければクリック願います。(ランキングページに飛びます) にほんブログ村 人気ブログランキングへ

  • 2019年に手に入れた物ども その2

    そう言えば今年は令和元年だったのですな。海外暮らしだと元号を使う機会がないので何かピンとこない。んなワケで令和元年に手に入れた物どもの続きです。まずはコレ、“Eventide H9” ご存じEventideのマルチエフェクター。Eventideって空間系エフェクトの王様という気がしてるのは私だけではありますまい。でもコイツはHarmonizerという位置付けなのですな。空間系、揺れ系、何でも入ってるのに、なんでハーモナイザーと言うのかよく分からん。もちろん音は良いです。空間系のみならず揺れ系も良い音。特殊な物を除いておよそギターの音なら何でも出せる感じ。でもコレ、一度に1つのエフェクトしか使え…

  • 2019年に手に入れた物ども その1

    12月も、はや18日、ってか今年も残りわずか2週間。早すぎますな。誰かなんとかしてください。ってコトで今年も一年を振り返り浪費を反省する時期に。まずは今年手に入れた歪みペダルどもを振り返る。最初はコレ、“OVALTONE GD-013 ver. 2.0” 昨年から今年の前半にかけてネット上、特にTwitter界隈でやたらとOVALTONEが噂になってたので手に入れてみた次第。で、ウワサ通りのヤツでした。何というか新世代の音がする。Modeスイッチを切り替えると全然違う音になるのが楽しいです。TONEツマミも効きが強くて、12時以上と以下では全然違う音になる。オーバードライブ~ディストーションな…

  • 美空ひばり「悲しい酒」

    美空ひばりさんの「悲しい酒」をカバーしました。先日「ウイスキーが、お好きでしょ」をカバーした際に、次はこの曲をとリクエストを頂きまして、無謀にもチャレンジしてみた次第。 軽~い気持ちでリクエストを受けたモノの、この曲、ちゃんと聴いてみれば結構クセ者。演歌をなめてはイカンですな。ってかこの曲を演歌と言っていいのだろうか?まず3拍子ってコトに驚いた。ワルツじゃん!ネットでコード譜見つけて、それを参考にしたのだけど、3拍目だけ違うコードとか、ピンポイントで変化してるから、簡単なコード譜だとコードが変わるタイミングが全くつかめんのです。これは絶対に演歌ではない、そう確信したのでありました。ヒントを求め…

  • RATT / Lay It Down

    RATTの“Lay It Down”をカバーしました。初のLAメタル・カバーであります。なぜかLAメタルは聞く機会がなかったんですよね。 歌って頂いたのは、ASIAの“Don't Cry”に引き続きG Forceさんです。Don't Cryをコラボした時に、Music TrackというサイトのフレンドでボーカリストのK'coさんから、次はコノ曲を、とのリクエストを頂いたのでした。早速取りかかったモノの、コレがとっても難し~!LAメタルをなめたらアカン。イントロのリフに低~い音が入ってると思ったらドロップDチューニングだし、一箇所だけ低音の音が違うと思ったら人差し指で5フレット押さえながらの薬指…

  • Suhr Modern Custom

    ギターもう1本手に入れる予算&認可を経理担当から得られたので、早速手配。次の獲物はピックアップがHSHのダイレクトマウント(以下DM)だと、以前から狙っていたのであります。最近、DMピックアップのモデルが増えましたよね。ピックガードのないギターはエスカッション・マウントってパターンは、もう古いんでしょうか?もちろん音の違いで人気なんだろうけど、自分のような宅録専門のヘッドフォンでちまちま弾いてる環境だと、PUのマウント方式による音の違いってのは、気にならない。ってか、よく分かりませぬ。じゃあなんでDMモデルが欲しかったのかと言えば、それは見た目がカッコ良いから・・・ってのが理由の4割。あとの3…

  • Hole “Celebrity Skin”

    Holeの“Celebrity Skin”をカバーしました。知名度ちょっと低いバンド&曲ですがコレ、映画「キャプテン・マーベル」の劇中歌です。 映画見てたら途中でコレが流れて、聞いたことあるけど何だっけなぁと気になって調べたら、Holeというバンドの曲でした。何だかニルバーナっぽいなとも思ったら、Holeのボーカル、コートニー・ラブは、カート・コバーンの奥さんだった人なんですな。グランジ系に詳しい人なら常識なんでしょうけど、自分は全く知らなかったですスミマセン。グランジってニルバーナくらいしか聞いたことがなかった・・・そんなワケでグランジはよく分かりませんが、この曲は良いですよね。こんなハイゲ…

  • 石川さゆり「ウイスキーが、お好きでしょ」

    CMソングとしても有名な石川さゆりの「ウイスキーが、お好きでしょ」をカバーしました。 歌ってくださったのは、浜田麻里「Fantasia」に引き続き、K'coさんです。ちょっと前にこの曲を偶然耳にした時「あぁ、これはK'coさんだな」と思ったんですよね。K'coさんはヘビメタだけでなく、こんなおしゃれなバラード系もOK。お上手な方は何を歌わせてもお上手なのですな。早速ヤマハのMIDIデータを手に入れてオケのデモを作り、彼女にお願いしてみました。が、その時はとてもお忙しそうだったので、多分歌うのは無理だろうと思って、オケは作り込む前のデモ版で打診してみた次第。結果、やっぱりNGとのご返答でした。と…

  • 相川七瀬 “Break Out!”

    相川七瀬の“Break Out!”をカバーしました。 相川七瀬、良いですよねぇ。でも歌える人がなかなかいないのでカバーするのは難しかったのだけど、なんとotoharuさんが歌ってくださいました。 アン・ルイス (Honery Dripper)に引き続き、otoharuさんが歌う女性ロックボーカリスト・シリーズ(仮称)第2弾であります。男性が歌う、ということでキーを2音下げたので、ちょっとヘヴィーな感じが増しております。当初はそのヘビーなイメージで、前回のアンルイス同様、ルーズでラフな感じにギターを弾いたら、コレがまったく合わない!このリズム、ノリには、もっともっとタイトでシャープな感じじゃない…

  • ASIA “Don't Cry”

    ASIAの“Don't Cry”をカバーしました。G Forceさんとのコラボ第4弾であります。 プログレには疎い自分でも、さすがにエイジアの名前は知ってました。でも元イエスだとか、キングクリムゾンだとか言われても何のことやら、って感じ。エイジアにしてもヒット曲"Heat Of The Moment"が記憶に残っていたぐらい。いつもお世話になっているボーカリストのK'coさんから、この曲のリクエストを頂きまして、G Forceさんに打診したところ、これまたご快諾頂き、このコラボとあいなった次第であります。とは言え、この曲、鍵盤類がたっぷりのアレンジ。シンセもストリングス系とブラス系とベース系が…

  • Queenの名曲

    我々世代にとって、ブライアン・メイは音作りの教科書に載っているような存在ですよね。ギターを始めたばかりの頃、クラプトンもペイジもベックもすでに大物だったけれど、ブライアン・メイは(ヴァンヘイレン、ルカサーも)まだ売り出し中の新人。段々ビックネームになっていく様子を見ていたので、その分より身近に感じますな。そんなワケでクイーンも、いつかカバーしたいと思っていたのだけど、やはりボーカルの難しさがネックですわな。フレディさんの歌は、音程が高いし、早口言葉みたいな独特の言い回し。歌唱力に加えて英語力もある人でないと歌えません。そんな不安を解消して下さったのが、G Forceさんです。前回の“Separ…

  • 浜田麻里「Fantasia」

    浜田麻里の“Fantasia”をカバーしました。 浜田麻里さんのカバーは “Momentalia” に続き2曲目。歌ってくださったのはMomentaliaと同じくK'coさんであります。Momentaliaをやった時に、実はFantasiaも候補に挙がってて、両方やりたいと思ってました。が、Momentaliaのコラボに自分もK'coさんもかなりの労力を掛けたので、即2曲目を、という訳にもいかず機会を逃して今日に至る。で、ちょっと前にまとまった時間ができたので、これを機にオケを録ってしまおうと思い立った次第。取りかかったらコレが楽しくて一気に作ってしまいました。 ↑ この “30th Anni…

  • Journey “Separate Ways”

    ジャーニーの“Separate Ways”であります。 ’80年前後をルーツとする自分にとって、ジャーニーも避けては通れないバンド。当時の3大ギタリストをあげろと言われれば、ヴァンヘイレンとルカサー、そしてニール・ショーンだと思うのです。超絶テクという面では他の2人に比べ地味ではあるけど、ツボを押さえたバッキング、メロディアスなソロが素晴らしい!バンドに特化した感のある演奏もまた好感が持てます。今回カバーするに当たって思ったのだけど、例えばヴァンヘイレンならブラウンサウンドを再現しなくちゃいけない、ってのがある。でもジャーニー(TOTOも)にはそんなイメージ、縛りがないような気がする。ニール・…

  • Foreigner “Double Vision”

    フォリナーの“Double Vision”をカバーしました。 フォリナーも好きだったんですよね。昔、LPでアルバムを何枚か持っていたような気がする。でもフォリナーってちょっとマイナー?調べたら、フォリナーはデビューアルバムからいきなりミリオンセラー連発。デビュー即全盛期って感じで、ピークが短かったんですな。で、彼らの全盛期に自分はまだギター始めたばかりのエレキ小僧。周りはツエッペリンやパープルの信者、あるいはビートルズ世代の残党が多く、商業ロックなどと揶揄されてたフォリナーが好きだとは、ちょっと言えない雰囲気がありました。当時のロックは、反体制とか大人の音楽とか、そんなイメージがまだ残ってまし…

  • アン・ルイス「Honery Dripper」

    アン・ルイスの知る人ぞ知る名曲「Honey Dripper」をカバーしました。 歌って頂いたのは前回のLemonに引き続き、otoharuさんであります。otoharuさん、ハイトーンボイスが魅力ですが、さすがに女声Voの歌は厳しいとのことで、オリジナルよりキーを下げてカバーしてます。キーも下げたし、男性が歌うことで曲のイメージも変わるしってコトで、いつもは「オリジナルのイメージの再現」を至上命題としているのですが、今回は好きにカバーさせてもらいました。まぁ、ギターがコピー出来そうになかったというのも理由の一つ、ってかそれが一番の理由だったり。この曲、オリジナルは北島健二さんがギター弾いてるの…

カテゴリー一覧
商用